HP ENVY Phoenix 810 | お気に入りHPパソコン

【実機レビュー】HP ENVY Phoenix 810-180jpの外観・内部 

810-180jp_Top_02_20140605173544601.png

インテルCore i7 4770k プロセッサー、NVIDIA Geforce GTX 770を搭載した日本HPゲーミングPC「HP ENVY Phoenix 810-180jp/CT の外観・内部のレビューです。

▼続きを読む

テーマ : デスクトップパソコン
ジャンル : コンピュータ

HP ENVY Phoenix 810-290jp/CTのオプションについて

468x210_HP ENVY Phoenix 810-290jp_hp_02b

HP ENVY Phoenix 810-290jp/CTは、インテル Core i7プロセッサー「IvyBridge-E」、インテル X79 Expressチップセット、水冷CPUクーラーを搭載した日本HPの最上位のデスクトップPCです。

468x110_810-290jp_実機レビュー_01

◆【実機レビュー】HP ENVY Phoenix 810-290jpのデザイン・外観・内部
◆【ベンチマーク】Phoenix 810-290jp(Core i7-4960X-EE、GTX 770 搭載)
◆Core i7-4960X-EE、GTX 770でWatch_Dogsをプレイ!
◆GRID Autosportのベンチマーク



■リカバリメディア
リカバリメディアキットを購入しなくても、DVDメディアやUSBフラッシュドライブなどを使用して自分で作成することができます。

◆HPパソコンのリカバリメディア作成について




■プロセッサー
このモデルでは、コンシューマー向けハイエンドクラスの「IvyBridge-E」が採用されています。

 CPUCore i7-4960XCore i7-4930KCore i7-4820K
開発コードIvy Bridge-EIvy Bridge-EIvy Bridge-E
製造プロセス22nm22nm22nm
動作クロック3.6GHz3.4GHz3.7GHz
Turbo Boostクロック(最大)4GHz3.9GHz3.9GHz
CPUコア数664
スレッド数12128
3次キャッシュ15MB12MB10MB
対応メモリーDDR3 1866MHzDDR3 1866MHzDDR3 1866MHz
TDP130W130W130W

マルチコアに対応しているグラフィック関連や動画編集、3Dレンダリングなどのソフトを使用するのなら6コア/12スレッドの Core i7-4930K、 Core i7-4960X-EEは威力を発揮すると思います。


■PassMark - CPU Mark - Updated 23rd of July 2014
 プロセッサー ベンチマークスコア シングルスレッド
 Intel Core i7-4960X-EE 14083 2085
 Intel Core i7-4930K 13204 2000
 Intel Core i7-4820K 9870 2015
http://www.cpubenchmark.net/high_end_cpus.html

PassMark - CPU Markのベンチマークスコアは、動作周波数が高く、 コア・スレッド数が多いプロセッサーが良い結果を出しています。

シングルスレッドの性能を重視するのなら、コアが新しい世代のCore i7-4790(Haswell Refresh)を搭載したHP ENVY 700-360jpのほうが良いかもしれませんが、Core i7-4790と i7-4820kの性能差はわずかで、違いを体感する事はできないと思います。

◆【参考サイト】 Intel Core i7 4790 vs I7 4820k




■オーバークロックについて
型番に「K」または「X」が付いているプロセッサーはオーバークロックが可能ですが、オーバークロックに起因する故障は保証対象外となります。

◆Core i7-4960X-EEのオーバークロックに挑戦!(810-190jp)




■メモリ
PC3-12800 (1600MHz) のメモリを最大32GBまで搭載可能です。
・8GB(4GB×2)
・16GB(8GB×2),
・32GB(8GB×4)

◆どれくらいパソコンにメモリを搭載すればよいのか?




■ストレージ
ツールレスHDDベイには3台までストレージを搭載できます。起動ドライブには、データの読み込み書き込み速度がHDDよりも非常に速いSSDがお勧めです。

・128GB / 256GB SSD
・1TB ハードドライブ (SATA, 7200回転) + 16GB SSD キャッシュ
・1TB / 2TB / 3TB / 4TB(2TB×3/RAID5) ハードドライブ (SATA, 7200回転)

◆起動ディスクにパーティションを作成する方法
◆HP ENVY 700シリーズのツールレスHDDベイにHDDを増設!

※Phoenix 810-290jpにはHP ENVY 700と同じストレージベイが搭載されています。




■オプティカルドライブ(光学ドライブ)
オプティカルドライブは下記の3種類から選択できます。

・DVDスーパーマルチドライブ
・ブルーレイROMドライブ(DVDスーパーマルチドライブ機能搭載)
・ブルーレイディスクドライブ(BDXL対応、DVDスーパーマルチドライブ機能搭載)

◆オプティカルドライブ(光学ドライブ)の種類・機能について




■グラフィックスカード
選択できるグラフィックスカードは下記の2種類で、旧モデルからの変更はありません。NVIDIA GeForce GTX 760(1.5GB)はメモリインターフェイスが192bitのOEM版で、GTX660相当の性能になります。

・NVIDIA GeForce GTX 760 OEM(192bit、1.5GB GDDR5)
・NVIDIA GeForce GTX 770 (2GB GDDR5)

HPのパソコンで「バトルフィールド4」「Watch_Dogs」をプレイするのなら、GTX 760 OEMよりもGTX 770のほうが性能が高いので高画質でプレイ可能です。




■このようなパソコンを探している人におススメ

・マルチコア対応のグラフィック関連、動画のエンコード、3Dレンダリングソフトを使用する。
・バトルフィールド4、ウォッチドッグスのような3Dゲームをプレイする。
・PC内部の拡張性が必要。(SSDやHDDを増設したい)
・購入時にSSD(オプション)を搭載したい。
・水冷式CPUクーラーを搭載パソコンが欲しい。

マルチコアに対応のグラフィック関連、動画編集、3Dレンダリングソフトを使用していて、6コア/12スレッドのCore i7-4930K、 Core i7-4960X-EEの高い処理能力を必要としている人向けのモデルです。

ゲームがメインの用途なら、NVIDIA GeForce GTX 770を選択することができるハイエンドモデルのHP ENVY 700-360jpでも十分だと思います。

【関連記事】
◆Core i7-4960X-EE、GTX 770でバトルフィールド4をプレイ!(810-190jp)
◆Core i7-4960X-EEのオーバークロックに挑戦!(810-190jp)




■前モデル(810-190jp)からの主な変更点

●Windows 8.1 (64bit)※Windows 8.1 Update適用

●電源容量が600W→500Wになりました。
インテル Core i7-4960X EEとNVIDIA GeForce GTX 770のベンチでは最大消費電力が321Wだったので、HPでカスタマイズした構成なら500Wの電源でも問題ありません。

●水冷CPUクーラー搭載。インテル Core i7プロセッサー「IvyBridge-E」、
インテル X79 Express チップセットの変更はありません。

インテル Core i7-4960X プロセッサー エクストリームエディション
(3.60GHz-4.00GHz,インテルスマート・キャッシュ12MB, 6コア/12スレッド)
インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0

インテル Core i7-4930Kプロセッサー
(3.40GHz-3.90GHz,インテルスマート・キャッシュ12MB, 6コア/12スレッド)
インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0

インテル Core i7-4820Kプロセッサー 
(3.70GHz-3.90GHz,インテルスマート・キャッシュ10MB, 4コア/8スレッド)
インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0

◆HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT [2014年夏モデル]製品詳細icon
◆HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT(スペックPDF)
◆HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT サポート(製品情報・ユーザーガイド)icon
◆マザーボードの仕様、IPIWB-PB (Pittsburgh2)icon

▼続きを読む

テーマ : デスクトップパソコン
ジャンル : コンピュータ

Core i7-4960X Extreme Editionのオーバークロックに挑戦!

810-190jp_Top_02b.png

HP ENVY Phoenix 810-190jp/CT東京生産 ゲーマーズモデル搭載されているインテル Core i7-4960X-EE プロセッサーのオーバークロックに挑戦!

※2014年夏モデルのHP ENVY Phoenix 810-290jp/CTも同じ手順でオーバークロックが可能です。

※ オーバークロックに起因する故障に関しては製品保証の対象外となります。日本HPの公式サイトでもオーバークロック設定方法やツールのサポートなどは行っていませんので、あらかじめご了承下さい。

▼続きを読む

テーマ : デスクトップパソコン
ジャンル : コンピュータ

HP ENVY Phoenix 810-190jpのベンチマークテスト

810-190jp_Top_06b.png

Ivy Bridge-Eの最上位「インテル Core i7-4960X Extreme Edition」、NVIDIA Geforce GTX 770(2GB)を搭載した日本HPのハイエンドPC「HP ENVY Phoenix 810-190jp 東京生産 ゲーマーズモデル」のベンチマークです。消費電力やCPU、GPUの温度なども測定しています。

▼続きを読む

テーマ : デスクトップパソコン
ジャンル : コンピュータ

【実機レビュー】HP ENVY Phoenix 810-190jpの外観・内部

810-190jp_top_03_2014040908105459c.png

日本HPのハイスペック・ゲーミングPC「HP ENVY Phoenix 810-190jp/CT 東京生産 ゲーマーズモデル」の外観・内部のレビューです。Ivy Bridge-E最上位のインテルCore i7 4960X Extreme Edition プロセッサー、水冷CPUクーラー、NVIDIA Geforce GTX 770を搭載!

▼続きを読む

テーマ : デスクトップパソコン
ジャンル : コンピュータ

HP ENVY Phoenix 810-190jp/CT

468x210_HP ENVY Phoenix 810-190jp_hp

HP ENVY Phoenix 810-190jp/CTは、HPのデスクトップPCで最上位の位置付けになるハイスペック・ゲーミングシリーズです。
イルミネーションが赤く光る「水冷CPUクーラ」を採用。電源容量は600Wで、電力をより効率的に使用できるActive PFCを搭載しています。プリインストールされているOSはWindows 8.1 (64bit) です。

810-180jpとの違いはCPUとチップセットです。CPUは「Sandy Bridge-E」、チップセットは「インテル X79 Express チップセット」 が採用されています。


Ivy Bridge-Eの最上位のCore i7-4960X Extreme Edition、i7-4930K、Core i7-4820Kのスペックを下記の表にまとめました。

 CPU Core i7-4960X Core i7-4930K Core i7-4820K
開発コード Ivy Bridge-E Ivy Bridge-E Ivy Bridge-E
製造プロセス 22nm 22nm 22nm
動作クロック 3.6GHz 3.4GHz 3.7GHz
Turbo Boostクロック(最大) 4GHz 3.9GHz 3.9GHz
CPUコア数 6 6 4
スレッド数 12 12 8
3次キャッシュ 15MB 12MB 10MB
対応メモリー DDR3 1866MHz DDR3 1866MHz DDR3 1866MHz
TDP 130W 130W 130W


810-190jp_プロセッサー

選択できるプロセッサーの中でコストパフォーマンスが良いのはi7-4930Kで、最上位のCore i7-4960Xとの違いは動作周波数(最大ブーストクロック)が若干低く、キャッシュ容量が少ない部分です。6コア、12スレッドは同じです。

Core i7-4820Kは4コア・8スレッドで、下記の記事のベンチマークテストではCore i7-4770(4コア・8スレッド)よりも性能が低いようです。

マルチコア対応のクリエイティブ関連ソフトやエンコード等などの用途で、高性能なCPUが必要なら6コア・12スレッドのCore i7-4960X、i7-4930K。ゲームメインの用途なら810-180jpのCore i7-4770、i7-4770kで良いと思います。

グラフィックスカードは810-180jpと同じで、NVIDIA GeForce GTX760 (1.5GB)とGeForce GTX770(2GB)が選択可能です。
GTX 760はOEM版(メモリ インターフェイスが192bit、ビデオメモリ1.5GB)ですが、GTX 770に関してはリファレンス仕様となっています。

◆【実機レビュー】HP ENVY Phoenix 810-190jpの外観・内部
◆【実機レビュー】HP ENVY Phoenix 810-190jpのベンチマークテスト
◆【実機レビュー】Core i7-4960X-EE のオーバークロックに挑戦!
◆【実機レビュー】HP ENVY Phoenix 810-190jpでBF4、F1 2013をプレイ!

■最小構成時の主な仕様
【OS】 Windows 8.1 (64bit)
【CPU】インテル Core i7 -4820K プロセッサー
【水冷CPUクーラー】水冷CPUクーラー (レッド・イルミネーション付)
【チップセット】インテル X79 Express チップセット
【メモリ】16GB (8GB×2)
【ストレージ】1TB HDD
【オプティカル】DVDスーパーマルチドライブ
【グラフィック】NVIDIA GeForce GTX760 (192bit、1.5GB)
【電源】600W Active PFC搭載
¥142,800 (税抜)~

◆HP ENVY Phoenix 810-190jp/CT 製品詳細
icon
◆HP ENVY Phoenix 810-190jp/CT(スペックPDF)
◆810-190jp/CT サポート(ドライバー、製品情報、ユーザーガイドなど)
icon
◆マザーボードの仕様、IPIWB-PB (Pittsburgh2)
icon

▼続きを読む

テーマ : デスクトップパソコン
ジャンル : コンピュータ

日本HPのゲーミングPC『HP ENVY Phoenix 810-180jp/CT』

HP ENVY Phoenix 810-180jp_top_01

リンクシェアのイベント「パソコンフェア2013秋」で展示されていた2013年冬モデルの「HP ENVY Phoenix 810-180jp/CT」は、筐体のデザインが新しくなりました。 旧モデルと比較すると、アグレッシブなデザインになり精悍さが増した印象です。

※照明の関係で色見は実物と少し異なっています。
※ピアノブラックのパネルに撮影者や、筐体のデザインの一部に見えるような
映り込み(パーテーションの隙間の細いライン)があったので画像処理しています。

▼続きを読む

テーマ : デスクトップパソコン
ジャンル : コンピュータ

HP ENVY Phoenix 810-180jp/CT

468x210_HP ENVY Phoenix 810-180jp_hp

HP ENVY Phoenix 810シリーズはインテル Core i7 -4770 プロセッサー、 Z87 Express チップセット、水冷CPUクーラー、600W電源などを搭載しているHPデスクトップ型PCの上位機種です。

グラフィックスカードに関しては、GeForce GTX 770はリファレンス仕様なので問題ありませんが、NVIDIA GeForce GTX760 (1.5GB)はメモリインターフェイスが192bitのOEM版なのでGTX 660相当の性能になります。ゲーム目的なら性能が高いGeForce GTX 770の方を選択したほうが良いと思います。

インテル Core i7-4770k プロセッサーは、4コア倍率上限を4.1 GHzにオーバークロックされた状態で出荷されており、倍率がロックされているモデルとの差別化が図られています。

インテル Core i7-4770K プロセッサー、Z87 Express チップセット搭載
◆【実機レビュー】HP ENVY Phoenix 810-180jpの外観・内部 
◆【実機レビュー】HP ENVY Phoenix 810-180jpのオーバークロック設定方法
◆【実機レビュー】HP ENVY Phoenix 810-180jpのベンチマーク

■Phoenix 810-180jpと810-190jpの違い
筐体のデザインや水冷CPUクーラーは同じですが、CPUとチップセットが主な違いです。810-180jpは4コア/8スレッドのインテル Core i7-4770、 Core i7-4770k、インテル Z87 Express チップセットですが、810-190jpはIvy Bridge-EのCore i7-4820K、i7-4930K、i7-4960Xプロセッサー、インテル X79 Express チップセットを搭載しています。

◆HP ENVY Phoenix 810-180jp/CT 製品詳細
icon
◆HP ENVY Phoenix 810-180jp/CT(スペックPDF)
◆HP ENVY Phoenix 810-180jp/CT サポート(ドライバー・ユーザーガイド)
icon
◆マザーボードの仕様、MS-7826 (Kaili)
icon

▼続きを読む

テーマ : デスクトップパソコン
ジャンル : コンピュータ

検索フォーム
最新記事
HPパソコンがお得!【7%OFFクーポン】プレゼント 2019/06/26
パームレストに本物の木を採用した『HP Envy Wood Series』 2019/06/25
HP ENVY x360 15(第2世代 Ryzen 搭載)の製品特徴・新旧モデルの違い 2019/06/24
日本HPパソコン最新売れ筋ランキング2019 2019/06/21
第2世代 Ryzenを搭載した『HP ENVY x360 13』の製品特徴・新旧モデル比較 2019/06/19
【レビュー】オシャレなデザインのHP 15.6 プレミアムアーバンバックパック 2019/06/15
【2019年版】HP Spectre (2018年10月モデル)3機種の特徴や使い勝手を比較 2019/06/05
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

★注目記事ピックアップ
250_HPパソコンを安く買う方法_190425_04a

250x60_週間売れ筋ランキング_190425_03a

250x60_HPパソコンの納期について_190429_01a

ソーシャルブックマーク【シェアする】
カテゴリ
プロフィール

お気に入りHPパソコン

Author:お気に入りHPパソコン

当サイトでは、HPパソコンの「人気製品」を美麗な写真でご紹介しています!

以前はMacユーザーでしたがHPパソコンのデザインの良さに一目ぼれしてWindowsに移行しました。お気に入りはSpectre(スペクトル)シリーズです。

イラスト作成や写真編集などはゲーミングPCの「OMEN by HP Desktop 880」で行っています。

Twitter
Twitterでは、ブログ記事の更新通知やお得な情報、HPパソコンに関することを発信しています。
メモリ搭載量について
Spectreシリーズの壁紙
CPU/GPU性能比較表
VRベンチマーク
CPUオーバークロックツール
250_CPUオーバークロックツール
「インテル XTU」は、ソフトウェアでCPU倍率設定や電圧などを細かく調整することができるCPUオーバークロックツールです。

■Core i7-5820Kをオーバークロック!
【レビュー】Windows Mixed Reality Headset
ザ・シムズ 4 (The Sims 4)
★HPの特別クーポン!
250x600_HPクーポン_190601_06c
お気に入りHPパソコン QRコード
QR
RSSリンクの表示
◆免責事項
ブログに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。本ブログの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。

◆プライバシーポリシー
★HPパソコン割引クーポン(個人向け)
250_HP個人向けパソコン割引クーポン_190601_Spectre_002a

当サイトでは、日本HPの個人向けパソコンを12万円(税抜)以上ご購入で7%OFFになる「割引クーポン」をプレゼントしています!実施期間は6月30日(日)まで。

◆クーポンの詳細はこちら
★HPパソコン割引クーポン(法人向け)
250_HP法人向けクーポン_190601_05b
★HP公式ストアのお得なキャンペーン!
【レビュー】PCバックパック
【レビュー】HP Pavilion 24-xa0000jp
【レビュー】HP Pavilion 13-an0000
【レビュー】OMEN by HP 15-dc1000
【レビュー】Spectre x360 13-ap0000
【レビュー】Spectre x360 15-df0000
【レビュー】Spectre Folio 13-ak0000
【レビュー】OMEN by HP 15-dc0000
OMEN by HP 880-160jp
【レビュー】Pavilion Gaming 15-cx0000
★英語キーボードの使い方
【レビュー】HP Spectre 13-af000
◆美しく丈夫なプレミアムPC