Wave 600-000jp_IMG_7894

新品のSSDやHDDをパソコンに取り付けた場合は、「ディスクの管理で」初期化して使用できる状態にする必要があります。説明で使用しているOSはWindows 10 で、ストレージは6TB HDDを使用しています。



600x100_クーポンバナー_spectre_191201_03a_QR



WD 6TB 初期化_00

 
コントロールパネルの管理ツール「ハードディスク パーティションの作成とフォーマット」を選択します。
 



WD 6TB 初期化_01s

 
ディスクの管理画面に取り付けた新規のディスク(初期化されていない状態)が表示されています。

※大事なデータが入っているディスクを初期化しないようにご注意ください。
 


WD 6TB 初期化_02_右クリック_s

 
不明と表示されている部分を「右クリック」して「ディスクの初期化」を選択します。
 



WD 6TB 初期化_03_GPT

 
GPTで初期化します。「OK」をクリックするとディスクが初期化されます。次は「シンプルボリューム」を追加します。
 



WD 6TB シンプルボリュームの作成_01_右クリック_s

 
ディスクの未割当(斜線部分)を右クリックして「新しいシンプルボリューム」を選択します。
 



WD 6TB シンプルボリュームの作成_03_s

 
今回は6TBのHDDを使用していますが、実際に使用できる容量は若干少なくなります。そのままでよければボリュームのサイズは変更しないで「次へ」をクリックします。
 



WD 6TB シンプルボリュームの作成_04_s

 
ドライブの文字は自動的に割り当てられますが、任意の文字に変更することが可能です。ドライブの文字が決まったら「次へ」をクリックして進みます。

※ドライブの文字は後から変更することが可能です。
 



WD 6TB シンプルボリュームの作成_05_s

 
フォーマットの選択画面です。初期の設定ではファイルシステムはNTFSになっています。変更する必要はないので「次へ」をクリックして進みます。
 



WD 6TB シンプルボリュームの作成_06_s

 
新しいシンプル ボリューム ウィザードが完了しました。「完了」をクリックしてウィザードを終了します。
 



WD 6TB シンプルボリュームの作成_07_s

 
ディスクの管理画面を確認すると、増設したHDDが使用できる状態になっています。
 



WD 6TB _実際に使える容量_s

 
今回取り付けたのは6TBのHDDですが、実際に使用できるのは5.45TBになります。
 



関連記事

カテゴリ
タグ