タッチキーボードの無効化_00s

Windows 10 でワコムのペンタブレット(intuos4)を使用すると、文字を入力するたびに「タッチキーボード」が表示されます。タスクバーを隠してしまう位置に表示されて邪魔なので「無効化」することにしました。


600x100_クーポンバナー_spectre_191201_03a_QR



■目次(ページ内リンク)

下記のリンクをクリックすると目的の場所にジャンプします。
※[BackSpace]キーでこの位置に戻ります。

◆「タッチキーボード」サービスの停止
◆「タッチキーボード」サービスのスタートアップの種類を無効化
 



 「タッチキーボード」サービスの停止

タッチキーボードの無効化_02_ローカルサービスの表示_s2

タスクバーの左側にあるCortanaにローカルサービスの表示と入力後、上部のウインドウに表示されるローカルサービスの表示(コントロールパネル)を選択します。

※Windows 10 は2015年11月のメジャーアップデートを適用しています。



タッチキーボードの無効化_03_Touch keyboard panel and handwriting panel serviceを選択_s

ローカルサービスのTouch keyboard panel and handwriting panel serviceを選択した後、サービスの停止をクリックします。



タッチキーボードの無効化_04_サービスを停止_s

Touch keyboard panel and handwriting panel serviceのサービスが停止されます。



タッチキーボードの無効化_サービスの開始s

再び「タッチキーボード」を使用する場合は、Touch keyboard panel and handwriting panel serviceを選択した後にサービスの開始をクリックします。



 「タッチキーボード」サービスのスタートアップの種類を無効化

サービスを停止しても「タッチキーボード」が起動してしまう場合は、Touch keyboard panel and handwriting panel serviceのスタートアップの種類も無効化します。



タッチキーボードの無効化_05_プロパティ_s2

Touch keyboard panel and handwriting panel serviceを選択して右クリック→プロパティを選択。



タッチキーボードの無効化_05_スタートアップの種類を無効s

スタートアップの種類の「無効」を選択して、「OK」をクリックします。



タッチキーボードの無効化_06_スタートアップの種類を無効s

この設定でスタートアップの種類が無効化されます。


関連記事

カテゴリ
タグ