GTX 980 でバトルフィールドハードラインをプレイ! | お気に入りHPパソコン

GTX 980 でバトルフィールドハードラインをプレイ!

810-480jp_Battlefield Hardline_01

インテル Core i7-4790K, NVIDIA GeForce GTX 980を搭載した日本HPのゲーミングPC 『HP ENVY Phoenix 810-480jp』で、バトルフィールド ハードラインをプレイしたときのフレームレートを計測しました。プレイ中のPCパーツの温度や消費電力も測定しています。



100x60_ランキング_Phoenix 810シリーズ  HP ENVY Phoenix 810-480jp/CTicon
日本HPはCore i7-4790Kを最大4.0GHzに設定して出荷していますが、このテストではCore i7-4790K本来の動作周波数・最大4.4GHzにクロックアップしています。
◆実機ベンチマーク

ベンチマークで使用するHP ENVY Phoenix 810-480jpのスペック
 OS  Windows 8.1 Update(64bit)
 プロセッサー  インテル Core i7-4790K プロセッサー
 チップセット  インテル Z97 チップセット
 メモリ  16GB (8GBx2) PC3-12800
 ストレージ  512GB SSD
 グラフィック  NVIDIA GeForce GTX 980 (4GB, GDDR5)
 電源  500W ATX 電源 (80PLUS BRONZE)
※NVIDIA ドライバーのバージョンは 347.88 です。



■ベンチマークで使用するPCについて

Phoenix 810-480jp_02

今回のテストでは日本HPの「HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT」を使用します。インテル Core i7-4790K プロセッサー、水冷CPUクーラー(レッド・イルミネーション付)、NVIDIA GeForce GTX 980を搭載したゲーミングPCです。

【実機レビュー】
◆HP ENVY Phoenix 810-480jpの外観・内部
◆HP ENVY Phoenix 810-480jp(i7-4790K, GTX 980搭載)ベンチマーク
◆日本HPのNVIDIA GeForce GTX 980のスペック詳細




■バトルフィールド ハードライン のフレームレートを測定

BFH_キャンペーン  

バトルフィールド ハードライン(※EA公式サイト)は警察vs犯罪者の世界をバトルフィールドスタイルで楽しめるアクションシューティングゲームです。

今回は「キャンペーンモード」プレイ時のフレームレート、PCパーツの温度、消費電力などを測定しました。ゲームにはベンチマークモードがないので、プレイしながらMSI Afterburner(※ソフトウェア詳細)で計測します。


※捜査情報は全て完了していませんがエピソードは全てクリアしています。
※プレイ状況によってフレームレートは若干違いが出てくるかもしれません。
※プレイしていて気になる点があったら随時修正します。



bfh_2015_03_24_14_37_50_401.png

【プレイ時の画面設定】1920x1080 フルスクリーン
【垂直同期(VSYNC)】オフ
【グラフィック設定のプリセット】最高



bfh_2015_03_24_14_45_16_106.png

bfh_2015_03_24_15_04_55_617.png

bfh_2015_03_30_04_36_19_826.png

bfh_2015_03_25_23_19_47_484.png

レームレートは状況や場所によって変わりますが、60~150fpsの間で推移していました。フレームレートは状況や場所によって変わります。一通りエピソードをクリアしましたが60fps台まで下がる場面は少なく、大体70fps以上は出ていました。



bfh_2015_03_24_15_35_44_768.png

エピソードの最初の方で仲間を守らなければいけないシーン(自分は動き回ることができず銃のみ操作可能な状況)で60fps前後まで下がりました。



bfh_2015_03_25_20_10_39_703.png

戦車で激しく撃ち合うシーンも60fps台になることがありました。50fps台まで下がることはありませんでしたが、状況によっては60fpsを切ることがあるかもしれません。



bfh_2015_03_25_17_33_59_280.png  

ムービーシーンは30fps前後に制限されます。



ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 24℃】
 温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、  
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
インテル Core i7-4790K プロセッサー(最大4.4 GHz)
 プロセッサーの温度  67.0℃   アイドル時 30.0℃前後
NVIDIA Geforce GTX 980 (4GB)
 GPUの温度  81.0℃   アイドル時 33.0℃前後
 GPU コアクロック  1277.9 MHz   アイドル時 135.0 MHz
 GPU メモリクロック  1752.8 MHz   アイドル時 162.0 MHz
 GPUクーラーのファンスピード  2226 RPM  アイドル時 1080 RPM
 ビデオメモリ使用量  2694 MB
ベンチマーク中のPC全体の消費電力(モニターを除く)
最大 270W
※ベンチマーク中の計測値はテスト環境により変動します。




468x210_HP ENVY Phoenix 810-480jp_hp_01a


■今回のテストのまとめ

【プレイ時の画面設定】1920x1080 フルスクリーン
【垂直同期(VSYNC)】オフ
【グラフィック設定のプリセット】最高
【キャンペーンモードをプレイしたときのフレームレート】60~150fps 

Core i7-4790Kプロセッサー、GTX 980を搭載したHP ENVY Phoenix 810-480jpは、『バトルフィールド ハードライン』のキャンペーンモードをフルHD、フルスクリーンモード、最高画質で60fps以上でプレイ可能でした。

プレイ状況によっては瞬間的に60fpsを切ることがあるかもしれませんが、大体70fps以上出ていて60fps台になる場面は少なかったです。

【製品情報】
◆HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT 製品詳細icon
◆HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT (スペックPDF)

【サポート&トラブルシューティング】
◆HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT サポートicon

【実機レビュー】
◆HP ENVY Phoenix 810-480jpの外観・内部
◆HP ENVY Phoenix 810-480jp(i7-4790K, GTX 980搭載)ベンチマーク
◆日本HPのNVIDIA GeForce GTX 980のスペック詳細



■レビューについて
※商品仕様/価格については2015年4月5日時点のものです。
※製品仕様やPCパーツのメーカーは販売時期により変更になる場合があります。
※温度や消費電力の測定値は目安です。使用状況や環境によって違う結果が出る場合があります。。
※できるだけ客観的にレビューしようと心がけていますが、実際の商品を見たり使用したときの感じ方には個人差があります。


関連記事

テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

検索フォーム
最新記事
日本HPパソコン最新売れ筋ランキング2019 2019/05/17
米HPが新型ゲーミングノート「OMEN X 2S」を発表!製品特徴・主なスペックまとめ 2019/05/17
【実機レビュー】HP Pavilion All-in-One 24-xa0000jpのデザイン・性能について 2019/05/15
HPパソコンがお得!【7%OFFクーポン】プレゼント 2019/05/15
サイト名の変更について 2019/05/15
「HP Spectre x360 13-ap0000」がキャンペーンでお買い得!クーポンでさらにお得! 2019/04/27
【実機レビュー】HP Pavilion 13-an0000 『SAKURA』 のデザイン・性能について 2019/04/22
★注目記事ピックアップ
250_HPパソコンを安く買う方法_190425_04a

250x60_週間売れ筋ランキング_190425_03a

250x60_HPパソコンの納期について_190429_01a

ソーシャルブックマーク【シェアする】
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

お気に入りHPパソコン

Author:お気に入りHPパソコン

HPパソコンの「人気製品」を美麗な写真でご紹介!以前はMacユーザーでしたがHPパソコンのデザインの良さに一目ぼれしてWindowsに移行しました。お気に入りは「Spectre シリーズ」です。

◆免責事項
ブログに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。本ブログの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。

◆プライバシーポリシー
メモリ搭載量について
Spectreシリーズの壁紙
CPU/GPU性能比較表
VRベンチマーク
CPUオーバークロックツール
250_CPUオーバークロックツール
「インテル XTU」は、ソフトウェアでCPU倍率設定や電圧などを細かく調整することができるCPUオーバークロックツールです。

■Core i7-5820Kをオーバークロック!
【レビュー】Windows Mixed Reality Headset
★よく読まれている記事
お気に入りHPパソコン QRコード
QR
RSSリンクの表示
★HPパソコン割引クーポン(個人向け)
250_HP個人向け割引クーポン_190515_Spectre_st_01a

当サイトでは、日本HPの個人向けパソコンをお得に購入できる「7%OFFクーポン」をプレゼントしています!実施期間は5月31日(金)まで。

◆クーポンの詳細はこちら
★HPパソコン割引クーポン(法人向け)
★HP公式ストアのお得なキャンペーン!
★注目キャンペーン!
【レビュー】HP Pavilion 24-xa0000jp
【レビュー】HP Pavilion 13-an0000
【レビュー】OMEN by HP 15-dc1000
【レビュー】Spectre x360 13-ap0000
【レビュー】Spectre x360 15-df0000
【レビュー】Spectre Folio 13-ak0000
【レビュー】OMEN by HP 15-dc0000
OMEN by HP 880-160jp
【レビュー】Pavilion Gaming 15-cx0000
★英語キーボードの使い方
【レビュー】HP Spectre 13-af000
◆美しく丈夫なプレミアムPC