810-480jp_F1 2014_01

コードマスターズのレースゲーム『F1 2014』ベンチマークです。テストではインテル Core i7-4790K プロセッサー、NVIDIA GeForce GTX 980を搭載した日本HPのゲーミングPC「HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT」を使用。ゲームベンチマークだけでなく実際にプレイしたときのフレームレートも計測しました。



100x60_ランキング_Phoenix 810シリーズ  HP ENVY Phoenix 810-480jp/CTicon
日本HPはCore i7-4790Kを最大4.0GHzに設定して出荷していますが、このテストではCore i7-4790K本来の動作周波数・最大4.4GHzにクロックアップしています。
◆ベンチマーク

ベンチマークで使用するHP ENVY Phoenix 810-480jpのスペック
 OS  Windows 8.1 Update(64bit)
 プロセッサー  インテル Core i7-4790K プロセッサー
 チップセット  インテル Z97 チップセット
 メモリ  16GB (8GBx2) PC3-12800
 ストレージ  512GB SSD
 グラフィック  NVIDIA GeForce GTX 980 (4GB, GDDR5)
 電源  500W ATX 電源 (80PLUS BRONZE)
※NVIDIA ドライバーのバージョンはは 347.09 です。


600x100_クーポンバナー_spectre_191201_03a_QR





■F1 2014のベンチマークテスト

810-480jp_GTX980_F1 2014_グラフィック設定

ビデオモードは画面解像度1920x1080(フルHD)、フルスクリーンモード、垂直同期 オフ、マルチサンプリング「8 x MSAA 」、グラフィック設定は「超高解像度」でベンチマークを行います。

■グラフィック設定のプリセット

・超高解像度
・高解像度
・普通
・低解像度
・超解像度

■マルチサンプリング(アンチエイリアシング)
・8 x MSAA
・4 x MSAA
・2 x MSAA
・オフ



810-480jp_GTX980_F1 2014_ベンチマーク_02

 画面解像度 1920x1080(フルHD)
 スクリーンモード設定 フルスクリーンモード
 垂直同期 オフ
 マルチサンプリング 8 x MSAA
 グラフィック設定 ウルトラ
 平均描画速度 110
 最小描画速度 85
 サンプル 14877





■最高設定で実際にプレイしたときのフレームレート

実際にプレイしたときに最高設定でどれくらいのフレームレートが出るのかをチェックします。

※フレームレートは走行しているときのみ計測。
※メニュー画面や走行していないときのフレームレートは除外しています。


f1_2014 ベンチマーク_シンガポール

シンガポール市街地サーキット(快晴)でレースをしているときのフレームレートは98~124fpsでした。



810-480jp_GTX980_F1 2014_ベンチマーク_02  

鈴鹿サーキット(曇り)でレースをしているときのフレームレートは110~125fpsでした。100fps以上を余裕でキープ。



810-480jp_GTX980_F1 2014_ベンチマーク_03  

鈴鹿サーキット(大雨)でレースをしているときのフレームレートは90~120fpsでした。最低フレームレートは天候が晴れや曇りの時より20fpsほど低い数値ですが、それでも90fps以上をキープ。



f1_2014 ベンチマーク_モナコ

モナコ(大雨)ででレースをしているときのフレームレートは76~120fpsでした。最低フレームレートは鈴鹿サーキット(大雨)よりも少し下がりました。混雑してクラッシュしたときに70fps台になりましたが余裕で60fps以上を維持していました。



ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 24℃】
 温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、  
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
インテル Core i7-4790K プロセッサー(最大4.4 GHz)
 プロセッサーの温度  62.0℃   アイドル時 30.0℃前後
NVIDIA Geforce GTX 980 (4GB)
 GPUの温度  80.0℃   アイドル時 33.0℃前後
 GPU コアクロック  1277.9 MHz   アイドル時 135.0 MHz
 GPU メモリクロック  1752.8 MHz   アイドル時 162.0 MHz
 GPUクーラーのファンスピード  2143 RPM  アイドル時 1080 RPM
 ビデオメモリ使用量  1630 MB
ベンチマーク中のPC全体の消費電力(モニターを除く)
最大237W
※ベンチマーク中の計測値はテスト環境により変動します。




468x210_HP ENVY Phoenix 810-480jp_hp_01a

インテル Core i7-4790Kプロセッサー、NVIDIA GeForce GTX 980を搭載したHP ENVY Phoenix 810-480jpは、『F1 2014』をフルHD(1920x1080)、フルスクリーンモード、最高画質(ウルトラ)設定で60fps以上でプレイ可能です。


【製品情報】
◆HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT 製品詳細icon
◆HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT (スペックPDF)

【サポート&トラブルシューティング】
◆HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT サポートicon

【関連記事】
◆【ベンチマーク】HP ENVY Phoenix 810-480jp(i7-4790K, GTX 980搭載)
◆【解説】HP ENVY Phoenix 810-480jp (Windows8.1搭載) 新旧モデル比較
◆【解説】ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア 推奨パソコン



■レビューについて
※商品仕様/価格については2015年1月20日時点のものです。
※製品仕様やPCパーツのメーカーは販売時期により変更になる場合があります。
※温度や消費電力の測定値は目安です。使用状況や環境によって変わります。
※できるだけ客観的にレビューしようと心がけていますが、実際の商品を見たり使用したときの感じ方には個人差があります。

関連記事

タグ