810-480jp_リカバリメディア作成_01

日本HPのゲーミングPC「HP ENVY Phoenix 810-480jp」のリカバリメディアを作成します。


600x100_HPパソコン割引クーポン_200509_03a




■HP Recovery Manager(リカバリマネージャー)
リカバリ作成_810-480jp_03

「HP Recovery Manager」の画面では、リカバリメディアの作成だけでなく、PCのリフレッシュや、Windowsシステムの復元、コンピューターのメンテナンス、リカバリパーティションの削除などを行うことができます。

DVD リカバリメディアキットはHPのパソコン購入時にオプションで選択することができますが、USBフラッシュメモリーを使用して自分でリカバリメディアを作成することが可能です。この記事では「TranscendのUSBメモリ16GB」を使用しています。

リカバリ作成_810-480jp_リカバリ_容量_s
リカバリメディアの作成に必要な容量は最小で12GBなので今回は16GBのUSBフラッシュメモリー(実際に使用できる容量は14.5GB)を用意しました。

※使用許諾条件の制約のためリカバリメディアは1つしか作成できません。
※リカバリメディアの作成に必要な容量はPCによって違います。




■リカバリメディア作成手順(USBフラッシュメモリー)
この記事では最初にUSBフラッシュメモリーをPCに接続した状態で、下記のリカバリメディア作成手順を進めています。

リカバリ作成_810-480jp_デスクトップ

デスクトップ画面の左端にある[Windows]のマークをクリック。



リカバリ作成_810-480jp_スタート_s

スタート画面の左下にある(↓)をクリック。
※この画面が表示されない設定にしてある場合は飛ばしてください。



リカバリ作成_810-480jp_アプリ_s

アプリが表示される画面。名前、インストール日、使用頻度、カテゴリ順で並べ替えが可能です。



リカバリ作成_810-480jp_リカバリマネージャー

セキュリティと保護の項目にある「HP Recovery Manager」をクリック。



リカバリ作成_810-480jp_02s

ユーザーアカウント制御の画面が表示されたら「はい」をクリック。



リカバリ作成_810-480jp_03s

「HP Recovery Manager」の画面。今回はリカバリメディアの作成を選択します。



リカバリ作成_810-480jp_04s

同意しますを選択した後、続行をクリック。



リカバリ作成_810-480jp_05s

リカバリメディアの作成に必要な容量は最小で12GBなので今回は16GBのUSBフラッシュメモリー(実際に使用できる容量は14.5GB)を使用。続行をクリックして次へ。



リカバリ作成_810-480jp_06

リカバリ作成_810-480jp_07

リカバリ作成_810-480jp_08

ここからは操作は必要ありません。自動でディスクの準備、イメージのコピー、ディスクの検証などが行われます。リカバリ メディアが作成されるまでしばらく待ちます。



リカバリ作成_810-480jp_09

リカバリーメディアの作成は約45分で完了しました。



リカバリ作成_810-480jp_04

もう一度リカバリーメディアを作成しようとすると「リカバリメディアは1つしか作成できません」と表示されます。





■作成したリカバリーメディアの起動確認

810-480jp_リカバリメディア起動_01

起動メニュー画面※のF9 ブートデバイスオプションから、作成したリカバリーメディアを選択して起動してみます。

※BIOS(UEFI)の起動メニュー画面は、PC起動時に[Esc]を押す(適度に連打)することで表示されます。




810-480jp_リカバリメディア起動_02


リカバリーメディアから起動すると「HP Recovery Manager」の画面が表示されます。今回は起動確認なので[キャンセル]をクリック。



810-480jp_リカバリメディア起動_03

[リブート]、[シャットダウン]、[キャンセル]を選択する画面が表示されます。




■リカバリーメディア作成で使用したUSBフラッシュメモリー

810-480jp_リカバリメディア作成_USBフラッシュメモリー
【Amazon.co.jp限定】Transcend スライド式USBメモリ 500シリーズ 16GB (無期限保証) TS16GJF500E (FFP)





■換装したドライブを工場出荷状態に復元することは可能か?

標準でHDDを搭載している場合は確認していないので保証はできませんが、最初に搭載していたサンディスクの SSD 512GBをインテルのSSD 240GBやSanDisk SSD Extreme PRO 480GBに換装し、工場出荷状態に復元することは可能でした。

工場出荷状態に復元する場合は、起動ドライブのみ接続し他のデータ用のドライブは全て外して行います。

【関連記事】
◆起動ドライブの換装・リカバリ(工場出荷状態に復元)

関連記事

タグ