HP ENVY Phoenix 810-480jpのリカバリメディア作成 | お気に入りHPパソコン

HP ENVY Phoenix 810-480jpのリカバリメディア作成

810-480jp_リカバリメディア作成_01

日本HPのゲーミングPC「HP ENVY Phoenix 810-480jp」のリカバリメディアを作成します。




■HP Recovery Manager(リカバリマネージャー)
リカバリ作成_810-480jp_03

「HP Recovery Manager」の画面では、リカバリメディアの作成だけでなく、PCのリフレッシュや、Windowsシステムの復元、コンピューターのメンテナンス、リカバリパーティションの削除などを行うことができます。

DVD リカバリメディアキットはHPのパソコン購入時にオプションで選択することができますが、USBフラッシュメモリーを使用して自分でリカバリメディアを作成することが可能です。この記事では「TranscendのUSBメモリ16GB」を使用しています。

リカバリ作成_810-480jp_リカバリ_容量_s
リカバリメディアの作成に必要な容量は最小で12GBなので今回は16GBのUSBフラッシュメモリー(実際に使用できる容量は14.5GB)を用意しました。

※使用許諾条件の制約のためリカバリメディアは1つしか作成できません。
※リカバリメディアの作成に必要な容量はPCによって違います。




■リカバリメディア作成手順(USBフラッシュメモリー)
この記事では最初にUSBフラッシュメモリーをPCに接続した状態で、下記のリカバリメディア作成手順を進めています。

リカバリ作成_810-480jp_デスクトップ

デスクトップ画面の左端にある[Windows]のマークをクリック。



リカバリ作成_810-480jp_スタート_s

スタート画面の左下にある(↓)をクリック。
※この画面が表示されない設定にしてある場合は飛ばしてください。



リカバリ作成_810-480jp_アプリ_s

アプリが表示される画面。名前、インストール日、使用頻度、カテゴリ順で並べ替えが可能です。



リカバリ作成_810-480jp_リカバリマネージャー

セキュリティと保護の項目にある「HP Recovery Manager」をクリック。



リカバリ作成_810-480jp_02s

ユーザーアカウント制御の画面が表示されたら「はい」をクリック。



リカバリ作成_810-480jp_03s

「HP Recovery Manager」の画面。今回はリカバリメディアの作成を選択します。



リカバリ作成_810-480jp_04s

同意しますを選択した後、続行をクリック。



リカバリ作成_810-480jp_05s

リカバリメディアの作成に必要な容量は最小で12GBなので今回は16GBのUSBフラッシュメモリー(実際に使用できる容量は14.5GB)を使用。続行をクリックして次へ。



リカバリ作成_810-480jp_06

リカバリ作成_810-480jp_07

リカバリ作成_810-480jp_08

ここからは操作は必要ありません。自動でディスクの準備、イメージのコピー、ディスクの検証などが行われます。リカバリ メディアが作成されるまでしばらく待ちます。



リカバリ作成_810-480jp_09

リカバリーメディアの作成は約45分で完了しました。



リカバリ作成_810-480jp_04

もう一度リカバリーメディアを作成しようとすると「リカバリメディアは1つしか作成できません」と表示されます。





■作成したリカバリーメディアの起動確認

810-480jp_リカバリメディア起動_01

起動メニュー画面※のF9 ブートデバイスオプションから、作成したリカバリーメディアを選択して起動してみます。

※BIOS(UEFI)の起動メニュー画面は、PC起動時に[Esc]を押す(適度に連打)することで表示されます。




810-480jp_リカバリメディア起動_02


リカバリーメディアから起動すると「HP Recovery Manager」の画面が表示されます。今回は起動確認なので[キャンセル]をクリック。



810-480jp_リカバリメディア起動_03

[リブート]、[シャットダウン]、[キャンセル]を選択する画面が表示されます。




■リカバリーメディア作成で使用したUSBフラッシュメモリー

810-480jp_リカバリメディア作成_USBフラッシュメモリー
【Amazon.co.jp限定】Transcend スライド式USBメモリ 500シリーズ 16GB (無期限保証) TS16GJF500E (FFP)





■換装したドライブを工場出荷状態に復元することは可能か?

標準でHDDを搭載している場合は確認していないので保証はできませんが、最初に搭載していたサンディスクの SSD 512GBをインテルのSSD 240GBやSanDisk SSD Extreme PRO 480GBに換装し、工場出荷状態に復元することは可能でした。

工場出荷状態に復元する場合は、起動ドライブのみ接続し他のデータ用のドライブは全て外して行います。

【関連記事】
◆起動ドライブの換装・リカバリ(工場出荷状態に復元)


関連記事

テーマ : デスクトップパソコン
ジャンル : コンピュータ

検索フォーム
最新記事
日本HPパソコン最新売れ筋ランキング2019 2019/05/17
米HPが新型ゲーミングノート「OMEN X 2S」を発表!製品特徴・主なスペックまとめ 2019/05/17
【実機レビュー】HP Pavilion All-in-One 24-xa0000jpのデザイン・性能について 2019/05/15
HPパソコンがお得!【7%OFFクーポン】プレゼント 2019/05/15
サイト名の変更について 2019/05/15
「HP Spectre x360 13-ap0000」がキャンペーンでお買い得!クーポンでさらにお得! 2019/04/27
【実機レビュー】HP Pavilion 13-an0000 『SAKURA』 のデザイン・性能について 2019/04/22
★注目記事ピックアップ
250_HPパソコンを安く買う方法_190425_04a

250x60_週間売れ筋ランキング_190425_03a

250x60_HPパソコンの納期について_190429_01a

ソーシャルブックマーク【シェアする】
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

お気に入りHPパソコン

Author:お気に入りHPパソコン

HPパソコンの「人気製品」を美麗な写真でご紹介!以前はMacユーザーでしたがHPパソコンのデザインの良さに一目ぼれしてWindowsに移行しました。お気に入りは「Spectre シリーズ」です。

◆免責事項
ブログに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。本ブログの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。

◆プライバシーポリシー
メモリ搭載量について
Spectreシリーズの壁紙
CPU/GPU性能比較表
VRベンチマーク
CPUオーバークロックツール
250_CPUオーバークロックツール
「インテル XTU」は、ソフトウェアでCPU倍率設定や電圧などを細かく調整することができるCPUオーバークロックツールです。

■Core i7-5820Kをオーバークロック!
【レビュー】Windows Mixed Reality Headset
★よく読まれている記事
お気に入りHPパソコン QRコード
QR
RSSリンクの表示
★HPパソコン割引クーポン(個人向け)
250_HP個人向け割引クーポン_190515_Spectre_st_01a

当サイトでは、日本HPの個人向けパソコンをお得に購入できる「7%OFFクーポン」をプレゼントしています!実施期間は5月31日(金)まで。

◆クーポンの詳細はこちら
★HPパソコン割引クーポン(法人向け)
★HP公式ストアのお得なキャンペーン!
★注目キャンペーン!
【レビュー】HP Pavilion 24-xa0000jp
【レビュー】HP Pavilion 13-an0000
【レビュー】OMEN by HP 15-dc1000
【レビュー】Spectre x360 13-ap0000
【レビュー】Spectre x360 15-df0000
【レビュー】Spectre Folio 13-ak0000
【レビュー】OMEN by HP 15-dc0000
OMEN by HP 880-160jp
【レビュー】Pavilion Gaming 15-cx0000
★英語キーボードの使い方
【レビュー】HP Spectre 13-af000
◆美しく丈夫なプレミアムPC