IMG_2319_OMEN マウス_02

日本HPが「HP X9000 ゲーミングマウス」の販売を開始しました。ゲーミングシリーズのHP ENVY Phoenix 810(※実機レビュー)やゲーミングノートHP OMEN 15 (※実機レビュー)に合わせた赤と黒の配色で、手になじむような形状になっています。

レーザー精度は最大8,200dpi、最大読み取り速度は秒速150インチ、最大加速度は30G、重さは130gです。中央の「DPI」ボタンでカーソルの速度を調整することができます。各種設定や、全ての機能を使用するためのソフトウェアも用意されています。(※要ダウンロードicon

販売価格はマウス単品で¥6,900(税抜)、デスクトップPC(一部の機種を除く)と同時購入すると少しお安くなり、HP ENVY Phoenix 810-480jpと同時に購入した場合は¥5,500(税抜)になりますが、PC本体とは別梱包になるので送料1,000円が別途追加されます。


600x100_HPパソコン割引クーポン_200701_01a



HP X9000ゲーミングマウス_IMG_1308
 
「HP X9000 ゲーミングマウス」は手になじむようなデザインになっていますが、独特な形状をしているので右利き専用になります。
 



IMG_6210_20150605222457374.png

 
スクロールボタン(ホイール)の素材はゴムです。中央のDPIボタンでマウスカーソルの速度(8段階)を調整します。DPIの調整専用のボタンはキーの割り当てはできません。
 



IMG_6203.png

 
サイドのボタンは上下に2つあります。中央部分の素材は滑りにくいゴムを採用。下側のボタンにアクションゲームの「しゃがむ」動作を割り当てると良い感じです。
 



IMG_6241.png

 
ゲーミングシリーズのHP ENVY Phoenix 810(※実機レビュー)やゲーミングノートHP OMEN 15 (※実機レビュー)に合わせた赤いライトと黒のボディで、トライアングル・ドットのテクスチャ・パターンが印刷されています。
 


IMG_6220s.png

 
ナイロンを編み込んだケーブルの長さは約2mあります。
 


HP X9000 OMENマウス_コントロールパネル_01

 
各種設定や、全ての機能を使用するためにはHPのサポートページからドライバーをダウンロードして、PCにインストールする必要があります。OMENマウス・コントロールパネルの右上の「?」をクリックすると使い方の説明書を見ることができます。

ゲーミングノートHP OMEN 15 (※実機レビュー)は初期の状態でドライバーがインストールされているので、「HP X9000 ゲーミングマウス」をつなげるだけで各種設定を行うことができます。

DPI 値
DPI 設定を高くすると、動きに対してマウスがより高感度になります。マウスの上部にある DPI ボタンでも変更することが可能です。400 DPI、800 DPI、1200 DPI、1800 DPI、2400 DPI、3600 DPI、4800 DPI、8200 DPIの8段階で、標準値は1200 DPIです。

ポーリング レート
高くすると、ポインターの動きがより滑らかになります。

■スクロール速度
スクロールボタンで画面をスクロールする速度を調節します。速度を上げる場合はプラス[+]の方へ、速度を下げる場合はマイナス[-]の方に設定します。

感度
1 が最も低感度で10が最も高感度になります。

詳細設定
「X-Y を有効にする」を選択すると、横方向と縦方向の速度を個別に設定することが可能になります。
 

【メーカー製品詳細ページ】
◆HP X9000ゲーミングマウス製品詳細
◆HP X9000 OMENマウス ドライバーicon
◆HP X9000 OMENマウス ユーザーガイドicon
◆ パソコンをより快適するおすすめのオプションはこちら
icon
関連記事