Watch_Dogs Deluxe Edition2014-7-8-22-52-50

Core i7-4770、Geforce GTX 660 OEM を搭載したPCで『Watch Dogs』を
プレイしたときのフレームレートをFrapsで計測(目視)しました。


600x100_クーポンバナー_spectre_191201_03a_QR

■テストで使用するPCのスペック
 OS Windows 8.1 (64bit)
 CPU インテル Core i7 -4770 プロセッサー
 メモリ 16GB (8GB×2)
 ストレージ1 Crucial M500 240GB
 ストレージ2 Crucial M500 480GB ※『Watch Dogs』をインストール
 ストレージ3 3TB HDD (7200回転)
 グラフィック NVIDIA GeForce GTX 660 OEM (1.5GB)
 NVIDIAドライバ GeForce 337.88 WHQL


Watch_Dogs 2014-06-27 画面設定

【画面解像度】 1920x1080(フルHD)
【スクリーンモード設定】 フルスクリーンモード
【垂直同期】 オフ
【テクスチャ】 中※
【アンチエイリアス】 SMAA

※「高」で必要ビデオメモリ2GB、「最大」で必要ビデオメモリ3GB。GTX 660 OEMはビデオメモリ1.5GBなので「中」に設定しています。



Watch_Dogs 2014-06-27 fps_02

グラフィック設定のプリセットは「最大」「高」「中」「低」の4種類で、
カスタム設定も可能です。



Watch_Dogs Deluxe Edition2014-7-3-17-59-50

■フレームレート
操作するキャラクターが動いている(車で移動している)状態の数値です。プレイ状況で数値に違いが出てくると思いますが、目視で多く表示されていた範囲をピックアップしました。雨が降っているとfpsが下がり気味になります。

【グラフィック設定】 最大
30fps前後(±7) 

【グラフィック設定】 高
40fps前後(±7) 

【グラフィック設定】 中
60fps前後(±8) 

【グラフィック設定】 低
70fps前後(±10) 

Core i7-4770、Geforce GTX 660、フルHD、グラフィック設定 「中」ならそれなりに綺麗な画質、60fps前後でプレイ可能です。GeForce Experienceで最適化するとグラフィック 「高」に近い設定で、プレイ中のフレームレートは40fps前後になります。




■ウォッチドッグス(Watch Dogs)プレイ中の温度(室温28℃)

ベンチマーク中のGPUクロック周波数(最大値をGPU-Zのログから抜粋)
GPU コアクロック・・・1019.0 MHz
GPU メモリクロック・・・1398.6 MHz

ベンチマーク中の温度(室温 28℃)
CPUの温度(最大値)・・・70.0℃ (アイドル時 33℃)
GPUの温度(最大値)・・・77.0℃ (アイドル時 34℃)

GPUクーラーのファンスピード(最大値)
1830 RPM (アイドリング時 1260 RPM)

ベンチマーク中のビデオメモリ使用量(最大値)
1502 MB

プレイ中のPC全体の消費電力(最大値、モニターを除く)
190W前後



HP Watch_dogs 推奨パソコン

日本ヒューレット・パッカードで「ウォッチドッグス(Watch Dogs)無料ゲームクーポン付推奨パソコン」を販売中!

◆日本HPの『Watch Dogs』無料ゲームクーポン付推奨パソコン!


関連記事

タグ