USBフラッシュメモリーを使用して、HP ENVY 700-060jp(Windows 8)のリカバリ メディアを作成しました。

600x100_クーポンバナー_spectre_191201_03a_QR



ENVY700リカバリー作成_130715_01s

HP ENVY 700-060jpのリカバリイメージのサイズが11.2GBなので、16GBのUSBフラッシュメモリーを購入しました。

HPのサポートページでは、リカバリメディアを作成する前に「インターネット接続を解除し、他のソフトウェアをすべて終了します。」 と書かれてあります。自分はインターネット接続をしたままリカバリメディアを作成しましたが、サポートの通りにした方が安全です。

リカバリ ディスクを作成する、またはリカバリ イメージを USB フラッシュドライブに保存する (Windows 8)





ENVY700リカバリー作成_130715_02s

Windows キーと Q キーを同時に押して [アプリ] メニューを開き、[リカバリ マネージャ] をクリックします。




ENVY700リカバリー作成_130715_03

「USBフラッシュドライブでリカバリメディアを作成」を選択。




ENVY700リカバリー作成_130715_05

挿入したUSBフラッシュドライブを選択し「次へ」をクリックします。




ENVY700リカバリー作成_130715_07

リカバリメディアの作成が始まります。




ENVY700リカバリー作成_130715_08

ファイルのコピーと確認で約30分かかりました。リカバリ作成は1回のみです。

下記のHPサポートページを参考にして、今回作成したUSBのリカバリメディアが起動することを確認しました。

システムリカバリー の実行 (Windows 8)




今回は下記のUSBフラッシュメモリーを使用しました。

Transcend スライド式USBメモリ 【ドラゴンクエストX動作確認済み】 500シリーズ 16GB 永久保証 [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] TS16GJF500E

関連記事

カテゴリ
タグ