【OMEN 25L】画像生成インストール

AIで写真のような画像やイラストを生成できる【Stable Diffusion Web UI】を、ローカルPCにインストールする手順をご紹介します!
84x84_吹き出し用アイコン-1px_191225_01a


最終更新日:2024年4月3日


600_7OFFクーポンQRコード_230301_詳しくはこちら_01 600x12_空白 600_お得なキャンペーンについて_220820_01_ピンク 600x12_空白 600_HPパソコンの納期について_2208020_01 600x12_空白 600_OMEN 45L_改造計画_RTX 4080 SUPER_240323_03







Stable Diffusion Web UI(AUTOMATIC1111)について


スクリーンショット 2024-04-03 095900w

Stable Diffusion Web UI(AUTOMATIC1111)について


・個人のコンピュータ上で「Stable Diffusion」を使用するための環境を構築
・Webブラウザ上で画像生成が可能
専門的な知識不要で、誰でも無料で写真のような画像やイラストを作成することができる

この記事では、Stable Diffusion Web UI(AUTOMATIC1111)をPCにダウンロードして、インストールする手順をご紹介します。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a





Stable Diffusionの推奨スペック


OMEN 45L 40L 25L Desktop_イラスト_2024

Stable Diffusionの推奨スペック(ローカル環境)


・Windows(64bit)
・最新モデルのCore i5以上、Ryzen 5以上
・メモリは16GB以上(※学習を行う場合は32GB 以上)
NVIDIA グラフィックスカード(ビデオメモリは最低12GB、16GB以上推奨)
・SSDは512GB以上を推奨(※可能なら1TB以上)

※ローカル環境で高解像度の画像をを生成する場合は、それなりに高性能なPCが必要です。

推奨スペックを満たさなくても画像生成は可能ですが、スペック不足の場合は画像生成に時間がかったり、画質が低いものが生成される場合があります。

OMENのゲーミングPCは、Stable Diffusionの推奨スペックを十分満たしていますね。

OMENのゲーミングPCは、Stable Diffusionの推奨スペックを十分満たしていますね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



600_OMEN 25L_実機レビュー_RTX 4070 Ti SUPER_240401_02
「RTX 4070 Ti SUPER」を搭載したOMEN 25L(2024年モデル)は、Stable Diffusionで快適に画像生成を行うことができる性能を備えています。

【実機レビュー】

◆OMEN 25L(2024年モデル:Core i7-14700F、RTX 4070 Ti SUPER)




「Stable Diffusion Web UI」をインストールする手順


■「Stable Diffusion Web UI」をインストールときの大まかな流れ
 1)Pythonをインストールする
 2)Gitをインストールする
 3)Stable Diffusion Web UI(AUTOMATIC1111)をダウンロードする

画像を使いながらインストールする手順をご説明します。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



1)Pythonをインストールする


この記事では「Python 3.10.6」をインストールします。

パソコンにWindows 11(64bit)がインストールされていることを前提として作業を進めています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



2024-04-02 (8)

下記のPythonの公式サイトから「Python 3.10.6」のインストーラーをダウンロードします。

Python 3.10.6 ダウンロードページ
https://www.python.org/downloads/release/python-3106/


2024-04-02 (9)t
 
「Python 3.10.6」のダウンロードページで下の方にスクロールして、Windows installer(64-bit)をクリックするとインストーラーがダウンロードされます。



スクリーンショット 2024-04-02 135803b

ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックします。



2024-04-02 (8)s

【Add Python 3.10 to PATH】にチェックを入れた後、【Install Now】をクリックします。



2024-04-02 (10)s

Setup was successful が表示されたら、Pythonのインストールは完了です。次は「Git」をインストールします。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



2)Gitをインストールする


2024-04-02 (11)s

Gitの公式サイトから「64-bit Git for Windows Setup」のインストーラーをダウンロードします。

Git ダウンロードページ
https://git-scm.com/download/win?_fsi=JIpG20MZ



2024-04-02 (12)s

ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックして実行し、「Next」ボタンをクリックしていきます。(※全て初期設定のまま進めていきます。)



2024-04-02 (27)s

インストールが完了したら「Finish」をクリックします。これでGit のインストール作業は終了です。




3)Stable Diffusion Web UI(AUTOMATIC1111)をダウンロードする


2024-04-03 (21)s

「Stable Diffusion WebUI」をインストールするための任意のフォルダーを開きます。(※この記事では「ピクチャ」フォルダーを選択。)

フォルダー内を右クリックしたときに表示されるメニューの「その他オプションを確認」を選択します。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



2024-04-03 (22)s

メニューが切り替わったら「Open Git Bash Here」をクリック。



スクリーンショット 2024-04-03 125235_s
git clone https://github.com/AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui.git
ターミナルが起動したら、上記のコマンドを入力します。



スクリーンショット 2024-04-03 125139_s
 
マウスの右クリックでコマンドをコピーして、ターミナルにペースト(貼り付け)しました。「Enter」をクリックするとダウンロードが始まります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



スクリーンショット 2024-04-03 125314s

ダウンロードが完了!



スクリーンショット 2024-04-03 085054s
指定したフォルダー(※この記事では「ピクチャ」)に「stable-diffusion-webui」のフォルダーが作成されています。



2024-04-03 (4)s

「stable-diffusion-webui」のフォルダーを開いて、【webui-user.bat】をダブルクリックするとインストールが始まります。(※少し時間がかかるので、しばらく待ちます。)

※Stable Diffusion Web UIを再び使いたいときは、【webui-user.bat】をダブルクリックすると起動します。



2024-04-03 (20)

インストールが完了!ターミナルは「Running on local URL: http://127.0.0.1:7860」と表示され、ブラウザで「Stable Diffusion WebUI」が自動的に起動します。

自動的に起動しない場合は、ブラウザのアドレスバーに http://127.0.0.1:7860 を入力して「Enterキー」を押してみてください。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




プロンプトを入力して動作を確認


画像生成スクリーンショット 2024-04-03 101347

プロンプトを入力して動作を確認します。

cat on computer(パソコンに乗る猫)と入力して画像を生成してみました。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



スクリーンショット 2024-04-03 095900wt_bach_w

Bach count の数を増やすと、まとめて画像を生成することができます。





生成した画像が保存される場所/生成画像を保存する方法


2024-04-03 (29)保存フォルダー

生成した画像は自動的に保存されます。

■生成した画像が保存されているフォルダー
stable-diffusion-webui >output > txt2img-images※ >日付(今回は2024-04-03)

今回はテキストから画像を生成したので「txt2img-images」に画像が保存されましたが、生成方法によって別のフォルダーが作成されます。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



手動で生成した画像を保存する方法


保存 スクリーンショット 2024-04-03 101810_ts

生成した画像を保存するする場合は、生成画像の下にあるアイコンをクリックして、画像サイズのところをクリックするとダウンロードすることができます。



600_OMEN 25L_実機レビュー_RTX 4070 Ti SUPER_240401_02

タグ