0T5A0818w.png

OMEN 45L(2022年モデル ⇒ ◆実機レビュー)のコンポーネントを入れ替える「改造計画」を進行中!⇒ ◆関連記事

この記事では、1200Wの電源ユニット(CORSAIR HX1200)を取り付ける手順をご紹介しています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_191225_01a


最終更新日:2024年2月15日


600_7OFFクーポンQRコード_230301_詳しくはこちら_01 600x12_空白 600_お得なキャンペーンについて_220820_01_ピンク 600x12_空白 600_HPパソコンの納期について_2208020_01 600x12_空白 600_OMEN 45L_改造計画_RTX 4080 SUPER_240323_03






OMEN 45L「改造計画」について(2022年モデル)

 
0T5A0284-2w_2024011610063375a.png

この記事では、OMEN 45L(2022年モデル)に電源ユニットを取り付ける手順をご紹介。

標準の電源ユニットは800Wですが、今回はさらに大容量の1200Wの電源ユニットを取り付けます。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a






PCパーツを取り扱うときの注意点


■PCパーツを取り扱うときの注意点
・PCの電源をオフにして、電源コードを取り外してから作業します。
・PCパーツを取り扱うときは「静電気」にご注意ください。
・作業前に金属物に触れて自身の静電気を逃がしてください。
・ケーブルを強く引っ張ったり、無理に折り曲げたりしないようにします。
・金属の部分に触れる場合があるのでケガにご注意ください。





「電源ユニット」の作業で必要なツール


プラスドライバー No2_20210125_084803513bw

「電源ユニット」の取り付け作業では、プラスドライバー(No.2)を使用します。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 



静電気防止手袋_IMG_230712_01aw

静電気に弱いPCパーツや基盤などに直接ふれる作業では、「静電気防止手袋」があると安心です。

「静電気防止手袋」を着用する前に、体を金属に触れて静電気を逃がしておくとより安全ですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 





新たに取り付ける 「1200W ATX 電源ユニット」について


0T5A0748w.png

新たに取り付ける 1200WのATX 電源ユニットは、コルセア製の「HX 1200」です。

■1200WのATX 電源ユニット「HX 1200」の主な仕様
・CORSAIR製
80 PLUS PLATINUMの変換効率
・定格出力1200W
・ケーブルは脱着可能なフルモジュラー式
・国産の 105℃コンデンサを採用
・必要になるまでファンが回転しない「ゼロ RPM ファンモード」
・シングル(+12V レール)とマルチ( +12V レール)モードを切り替え可能

【Amazon.co.jp】
◆CORSAIR HX1200 1200W PC電源ユニット [80PLUS PLATINUM] RTX4090/4080シリーズ推奨電源 PS677 CP-9020140-JP


0T5A0752-2_スイッチ

パフォーマンスを重視する場合は、電源ユニットの最大出力である +12V レールをあらゆるコネクタで利用できる「シングル」が適しています。



PXL_20240115_181248057w.png

コルセア製の電源ユニットには多数のケーブルが付属していますが、「RTX 4000シリーズ」のグラフィックスカードのケーブルは、スッキリと接続できる「12VHPWR ケーブル」を別途用意しました。

「12VHPWR ケーブル」は電源と同じコルセア製です。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a





0T5A0772_名称_b
 
電源ユニットに必要なケーブルを接続します。(※12VHPWR ケーブル以外は電源ユニットの同梱品です。



0T5A0776w.png

電源ユニットにケーブル類を接続した状態。




「電源ユニット」を取り付ける手順


0T5A0789w.png

電源ユニットを取り付ける手順を写真を使って説明します。



0T5A0792-2w_矢印

ケーブル類を装着した電源ユニットを筐体の内部に入れます。



0T5A0798w.png

電源ユニットを筐体の内部に入れた状態。



0T5A0815_ネジ

側面のネジ穴に「ストッパー」を取り付けます。800Wの電源ユニットの場合は2か所のネジで固定されていましたが、1200Wの場合はサイズが大きいので1か所のネジで固定します。



0T5A0818_ネジ

「ストッパー」を固定した状態(左側)。紛失防止のため、余ったネジ(右側)も取り付けておきました。



0T5A0807w_ネジ

4ヶ所の穴にネジを取り付けて、電源ユニットを筐体に固定します。



0T5A0810w.png

これで電源ユニットの取り付け作業は完了です。

特に困ったことはありませんでしたが、CPUの電源ケーブル(8ピン)は「延長ケーブル」が必要になりそうです。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



600_OMEN 45L_改造計画_RTX 4080 SUPER_240323_02b
【関連記事】
◆【OMEN 45L 改造計画 完】2年前の製品が最新スペックに!
◆【OMEN 45L 改造計画 ⑬】12VHPWR 90度角度コネクタを試す
◆【OMEN 45L 改造計画 ⑫】Windows 11をインストール(USB メモリ)
◆【OMEN 45L 改造計画 ⑪】リアファンをLED付きに変更
◆【OMEN 45L 改造計画 ⑩】前面のOMEN ロゴマークを点灯させる
◆【OMEN 45L 改造計画 ⑨】グラフィックスボードの取り付け
◆【OMEN 45L 改造計画 ⑧】簡易水冷CPUクーラーの取り付け
◆【OMEN 45L 改造計画 ⑦】フロントARGBファンの取り付け
◆【OMEN 45L 改造計画 ⑥】マザーボードの取り付け
⇒ ◆【OMEN 45L 改造計画 ⑤】1200W ATX 電源ユニットの取り付け
◆【OMEN 45L 改造計画 ④】フロント「ARGB ファン」の取り外し
◆【OMEN 45L 改造計画 ③】電源ユニットの取り外し
◆【OMEN 45L 改造計画 ②】水冷CPUクーラーの取り外し
◆【OMEN 45L 改造計画 ①】マザーボードの取り外し

【実機レビュー】
◆OMEN 45L (2023年:Core i9-13900K、RTX 4090)
◆OMEN 45L (2023年:Core i7-13700K、RTX 4080)
◆OMEN 45L (2022年:Core i7-12700K、RTX 3080 Ti) ★改造計画

■レビューについて

※商品仕様/価格については、最終更新日時点のものです。
※製品仕様やPCパーツのメーカーは販売時期により変更になる場合があります。
※パソコンの色味は照明や環境によって少し違って見える場合があります。


関連記事

タグ