0T5A9763_w.png

OMEN 45L(2022年モデル ⇒ ◆実機レビュー)のコンポーネントを入れ替える「改造計画」を進行中!⇒ ◆関連記事

この記事では、マザーボード(Micro-ATX)を取り外す手順をご紹介します。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_191225_01a


最終更新日:2024年1月13日


600_7OFFクーポンQRコード_240201_詳しくはこちら_01 600x12_空白 600_お得なキャンペーンについて_220820_01_ピンク 600x12_空白 600_HPパソコンの納期について_2208020_01






OMEN 45L(2022年モデル)について

 
OMEN 45L_外観_0G1A0527dw

この記事では、OMEN 45L(2022年モデル)のマザーボードを交換する手順をご紹介しています。この機種は、筐体から独立しているHP独自の冷却機構「OMEN クライオチェンバー(特許取得済み)」を搭載していることが大きな特徴です。

 主なスペックは、第12世代Core i7-12700K、RTX 3080 Ti、DDR4-3733MHz 32GB、2TB M.2 SSD、800W ATX 電源を搭載しています。⇒ ◆実機レビュー
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



20220326154633adaw_20240104213536043.png
 
標準のマザーボードの規格は「Micro-ATX」ですが、少し大きめの「ATX」のマザーボードを取り付けることが可能です。

交換するマザーボードは、ATX(244mm × 305mm)にする予定です。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



OMEN 45L_右側面_裏配線_0G1A0564t_各部名称_bw

裏配線側はこのようになっています。詳細は下記の実機レビューをご覧ください。






PCパーツを取り扱うときの注意点


■PCパーツを取り扱うときの注意点
・PCの電源をオフにして、電源コードを取り外してから作業します。
・PCパーツを取り扱うときは「静電気」にご注意ください。
・作業前に金属物に触れて自身の静電気を逃がしてください。
・ケーブルを強く引っ張ったり、無理に折り曲げたりしないようにします。
・金属の部分に触れる場合があるのでケガにご注意ください。




マザーボードの取り外しで必要なツール


マザーボードを取り外すときに必要なツールをご紹介します。
 
■分解作業で必要なツールのご紹介

・プラスドライバー:NO.1
 SSDの取り付けで使用します

・プラスドライバー:NO.2
 マザーボードやグラフィックスカードの取り外しで使用。

静電気防止手袋
 静電気から電子機器を守る手袋。


・ネジ滑り止め液

 ネジが固くて回せない場合に使用します。


2種類の大きさのドライバーは必須ですが、「静電気防止手袋」や「ネジ滑り止め液」なども用意しておくと便利ですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



プラスドライバー No2_20210125_084803513bw


マザーボードの取り外しで必要なプラスドライバーのサイズは「No.2」です。

M.2 SSDやLANカードを取り外す場合は、一回り小さい「No.1」を使用します。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 



静電気防止手袋_IMG_230712_01aw

静電気に弱いPCパーツや基盤などに直接ふれるので、「静電気防止手袋」があると安心して作業できますね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 




20211214032509b82_202304170317146b8.png

「ネジ滑り止め液」は必須ではありませんが、たまにネジが固くて回せない場合があるので、用意しておくと役に立つ場合があります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a






マザーボードを取り外す手順


0T5A9756w.png

マザーボードを取り外す手順を簡単に説明していきます。

流用できるものがあれば利用したいので、一応、配線などを確認しながら取り外していきます。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



0T5A9822.png

マザーボードを取り外す前に、サポートバーやグラフィックスカード取り外す必要があります。詳細はこちらの記事で解説しています。⇒ ◆グラフィックスカードの取り外し



0T5A9828_名称_02b
 
M.2 SSDは流用は可能です。マザーボードを外すときは、「M.2 Wifi カード」の筐体に固定されているネジを取り外す必要があります。MUSB(RGBボードに接続)は、自作のマザーボードの場合はUSB2.0の端子に接続します。

「フロントファン1」は、前面の3連ファン(下)に接続されています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




0T5A9844-2_名称

フロントUSB1は「USB Type-A  5 Gbps」、フロントUSB2は「USB 2.0」のコネクター。



0T5A9848_名称

メモリの右側にあるのは「電源コネクター」です。



0T5A9852_名称

マザーボードの右上には、ラジエター用のファンやフロントのファンがあります。「フロントファン3」は前面の3連ファン(上)に接続。「フロントファン2」は、中央のファンに接続されています。

コネクターを外した状態ですが、2つのピンは「電源スイッチ」用です。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



0T5A9853_各部名称

「CPUの電源コネクター」は2つです。画像では隠れてしまっていますが、「後部ファンのコネクター」と「フロント オーディオのコネクター(HD AUDIO)」があります。

交換するマザーボード次第ですが、オーディオのケーブルは長さが足りないかもしれません。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



0T5A9860-2t_取り外し

4ヶ所のネジを取り外すと、「CPU水冷ポンプ」を外すことができます。



0T5A9865t.png

「CPU水冷ポンプ」を取り外して、CPUのグリスをふき取った状態。




PXL_20240101_140536522t_ネジ
 
マザーボードを固定しているネジを取り外します。

マザーボードを外す前に、水冷CPUクーラーを先に取り外した方が作業しやすいかもしれません。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



0T5A9882w.png

取り外したマイクロATX(24.0 x 24.0cm)のマザーボード。(BlizzardOC ⇒ スペック詳細
 



0T5A9894w.png

こちらはマザーボードの裏側。CPUのバックプレートは、非常に強い粘着力で固定されています。

バックプレートの取り外しは、無理すると破損させてしまいそうなので諦めました。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



0T5A9905_w.png

筐体からマザーボードを取り外した状態。

標準の「水冷CPUクーラー」を流用しないのなら、マザーボードよりも先に取り外した方が作業しやすいですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




OMENの「RGBボード」について


PXL_20240108_214424558.png
■OMENの「RGB ボード」について(自作機に接続した場合)
・「OMEN Gaming Hub」で、接続されているLEDは認識する。
筐体の◇のLEDはゆっくり点滅する(※設定変更不可)
・フロントファンは回転するが、LEDが点灯しない。

※マザーボード:Z790M AORUS ELITE AX(⇒ ◆Amazon.co.jp
※動作が改善する方法がわかったら情報を更新します。

自作機(ベンチ台)にOMENの「RGB ボード」を接続してみましたが、正常に動作しないようです。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a


■レビューについて
※商品仕様/価格については、最終更新日時点のものです。
※製品仕様やPCパーツのメーカーは販売時期により変更になる場合があります。
※パソコンの色味は照明や環境によって少し違って見える場合があります。
 
関連記事

タグ