OMEN 45L_RTX 4080_実機レビュー_230625_08a_スペック表記_03

インテル Core i7-13700K プロセッサー、NVIDIA GeForce RTX 4080 を搭載した「OMEN 45L ハイパフォーマンスモデル」の実機レビュー!

この記事では「RTX 4080 搭載モデル」と上位の「RTX 4090 搭載モデル」の性能を比較検証します!
84x84_吹き出し用アイコン-1px_191225_01a

 
【値下げ情報】
◆アウトレットセール!icon
OMEN 45Lの旧モデルがアウトレットで最終販売!

OMEN 45L Desktop(第13世代インテル、RTX 4080)
【7台限定】¥405,000(税込)~
  
【関連記事】
◆OMEN 45L のほぼ全てのパーツを入れ替える改造計画 NEW!
◆「第14世代 インテル」搭載モデルについて(新旧モデル比較) NEW!
◆「RTX 4090 搭載モデル」の実機レビュー
◆【2023年版】OMEN 45L/40L/25Lの違いを実機で比較!

【貸出機材提供:株式会社日本HP】
・OMEN 45L(Core i7-13700k、RTX 4080 搭載モデル)

最終更新日:2024年3月15日


600_7OFFクーポンQRコード_230301_詳しくはこちら_01 600x12_空白 600_お得なキャンペーンについて_220820_01_ピンク 600x12_空白 600_HPパソコンの納期について_2208020_01 600x12_空白 600_OMEN 45L_改造計画_RTX 4080 SUPER_240323_03


■目次(ページ内リンク)
下記のリンクをクリックすると目的の場所に移動します。

まとめ:OMEN 45L ハイパフォーマンスモデル(RTX 4080)の評価
◆前世代の「RTX 3080」から飛躍的に性能が向上!4K・最高画質で快適にプレイできる高性能ゲーミングPC

OMEN 45L(RTX 40 シリーズ)の販売価格
◆販売価格・お得なキャンペーン! ★7%OFFクーポン!

OMEN 45L(RTX 4080)の製品特徴
◆ハイパフォーマンスモデル(RTX 4080)の主なスペック
◆「RTX 4080 搭載モデル」と「RTX 4090 搭載モデル」の違いについて

OMEN 45Lのデザインに・内部ついて
◆外観・デザインについて
◆「RTX 4080 搭載モデル」の内部について

「インテル Core i7-13700K プロセッサー」の性能をチェック!
◆「Core i7-13700K」の仕様・スペック
◆プロセッサーのベンチマーク 【CINEBENCH R23】
◆動画エンコードのベンチマーク 【x264 FHD Benchmark】
◆3DMARK【CPU Profile】

「NVIDIA GeForce RTX 4080 グラフィックス」の性能をチェック!
◆「RTX 4080」の仕様・スペック
◆3DMARK【Time Spy Extreme】
◆3DMARK【Time Spy】
◆3DMARK【Fire Strike Ultra】 
◆3DMARK【Fire Strike Extreme】 
◆3DMARK【Fire Strike】

レイトレーシングの性能をチェック!
◆3DMARK【Poat Royal】
◆3DMARK【DirectX Raytracing feature test】
◆3DMARK【Speed Way】

DLSSの効果を検証!
◆3DMARK【NVIDIA DLSS feature test】

ゲームベンチマーク
◆『FF14:暁月のフィナーレ』ベンチマーク
◆『F1 22』ベンチマーク ★DLSS 3 対応
◆『Forza Horizon 5』ベンチマーク ★DLSS 3 対応
◆『サイバーパンク2077』ベンチマーク ★DLSS 3 対応
◆その他ベンチマークテスト(ゲーム・クリエイティブ関連) ★6/20更新

SSDの性能をチェック!
◆CrystalDiskMark
◆3DMARK【STORAGE BENCHMARK】

メモリについて
◆メモリの仕様/搭載量について

ストレステストで「360mm 水冷クーラー」の冷却性能を検証!
◆【CINEBENCH R23】を10分間連続でテストして冷却性能をチェック!

動作温度や消費電力、ファンの音について
◆ベンチマーク時の動作温度について
◆ベンチマーク時の消費電力について
◆冷却ファンの音について

付属ソフトについて
◆様々な設定の変更ができる「OMEN Gaming Hub」
◆ベンチマークテスト時の設定について

サポートページ・お役立ち情報
◆トラブルシューティング・ドライバー・取扱説明書・リカバリメディアの作成について

同梱品について
◆同梱品について(ユーザーガイド・保証書・電源ケーブルなど)
600_OMEN_実機比較_230719_01




OMEN 45L(RTX 4080 搭載モデル)の実機レビューまとめ

 
【RTX 4080】0T5A9622t

OMEN 45L  ハイパフォーマンスモデル(RTX 4080)の評価


◆前世代の「RTX 3080」から飛躍的に性能が向上!4K・最高画質で快適にプレイできる高性能ゲーミングPC

【筐体について】
・ガラスパネルを採用した高級感があるデザイン
・メンテナンス性に優れる設計
「RTX 4080」をガッチリ支える金属製のサポートバー

Core i7-13700Kの性能について】
・マルチスレッド性能は「Core i9-13900K」と比較すると約8割
・前世代のCore i7-12700Kと比較した場合は約30%性能UP!

【GeForce RTX 4080 の性能について】
・「RTX 4090」と比較した場合は7~8割くらいの性能(3DMARK ベンチマーク)
・前世代の「RTX 3080」と比較した場合は約1.4~1.7倍フレームレートが向上!

メモリ搭載量について】
・ゲームやクリエイティブな作業を快適にこなせる32GBのメモリ。

【冷却性能について】
・高負荷時でも十分冷却できる360mmの水冷クーラーを搭載。

【動作音について】
・CPUの負荷が高い処理は動作音が大きめ。
・GPUによるハードウェアエンコード時は静か。
・ゲームはCPUの使用率次第ですが比較的静かな印象。

【電源ユニット・消費電力について】
・電源ユニットが1200Wなので高負荷時・ゲームプレイ時でもかなり余裕あり。
・最大消費電力は562 Wで、RTX 3090 を搭載した旧モデル(最大627 W)よりも省電力。
・ゲームベンチマークでは40~50%くらいの負荷率。
 
OMEN 45L  ハイパフォーマンスモデルの筐体や内部(グラフィックスカードやサポートバー)などのデザインは上位の「RTX 4090搭載モデル」と同じですが、DDR5 メモリの容量が半分の32GB、M.2 SSDの容量も半分の1TBになっている点が大きな違いです。

この機種は360mmの水冷クーラーを搭載しているので、120mm水冷クーラーのOMEN 40L(⇒ ◆実機レビュー)よりも冷却性能が優れています。10分間連続テストを行った場合でも、発熱によるパフォーマンスの低下は少なめでした。
 
「RTX 4080」は前世代の「RTX 3080」と比較すると大幅に性能がアップ!特にフレーム生成が可能な「DLSS 3」対応ゲームでフレームレートが飛躍的に向上しています。

上位の「RTX 4090」と比較すると少し性能は控えめですが、非常に重いゲームの「サイバーパンク 2077」を4K・最高画質で快適にプレイできる性能を備えています。
 

「RTX 4090 搭載モデル」は、価格が高くても最高の性能が欲しい方向けの製品ですが、「RTX 4080 搭載モデル」は少しコストを抑えつつ、4Kで快適にプレイできる性能を求める方向けですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a


600_OMEN 45L_RTX 4090_実機レビュー_230501_01



キャンペーン:お得なクーポン!

 
OMEN_クーポン_イラスト_230323_01a_条件記載
 

お得なセール・キャンペーン!


◆HPパソコンが7%OFFになる割引クーポン
当サイトのクーポンでOMEN 45Lが大幅値引き!

◆OMEN 45L Desktop 製品詳細icon
現在は後継機(第14世代インテル)が販売中です。「快適パソコンライフ!」と記載されるキャンペーンは、7%OFFクーポンを利用することができます。

OMEN 45L(RTX 4080 搭載モデル)の販売価格(税込)
※2024年3月15日更新
スペックキャンペーン販売価格
75x150_OMEN 45L_RTX 4080_01◆アウトレットセール!icon¥405,000~
 
この製品は販売が終了していますが、アウトレットのページに掲載される場合があります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 
「OMEN 45L」はスペックが異なる2種類のモデルが用意されています。カスタマイズでパーツの変更はできませんが、周辺機器や長期保証などは選択可能です。

【HP公式ストア】

◆OMEN 45L Desktop 製品詳細icon
◆OMEN by HP 45L Desktop GT22-1000jp スペックPDF

※製品の入荷や納期に関する情報はこちらのページをご覧ください。
◆OMEN 45Lの販売状況について




ハイパフォーマンスモデル(RTX 4080)の主なスペック


スクリーンショット 2023-04-26 024509
 

OMEN 45L ハイパフォーマンスモデル(RTX 4080)の主なスペック


【モデル名】
OMEN by HP 45L Desktop GT22-1780jp
・2023年3月16日より販売開始

【旧モデルからの変更点】
・プロセッサー:第12世代 インテル ⇒ 第13世代 インテル
・チップセット:Z690 ⇒ Z790
・Cooler Master 水冷クーラー RGB:240mm ⇒ 360mm
・メモリ:DDR4-3733MHz ⇒ DDR5-5200MHz
・メモリ搭載量:32GB ⇒ 変更なし(※上位モデルは64GB)
・メモリの最大搭載容量:64GB ⇒ 128GB
・グラフィックス:RTX 30 シリーズ ⇒ RTX 40 シリーズ
・M.2 SSD (PCIe Gen4x4 NVMe)の容量:2TB ⇒ 1TB(※上位モデルは2TB)
・ATX 電源ユニット:800W ⇒ 1200W
・2TB ハードドライブ (SATA, 7200回転) ※追加
・USB ポート(Type-A)が2基追加(USB ポート合計は12に増加)
・ 無線LAN:Wi-Fi 6 ⇒ Wi-Fi 6E

【旧モデルから引き続き採用されている仕様・機能】
・筐体(ATXケース)
・OMEN Cryo チェンバー(※OMEN独自の冷却機構)
 
「OMEN 45L」の2023年モデルは、旧モデルと同じデザインの筐体を引き続き採用していますが、水冷CPUクーラーを360mmに変更して冷却性能が向上!
◆参考記事:「OMEN Cryo チェンバー」について

最新世代のCPUやGPUを搭載し処理能力やゲーム性能が向上。メモリは高速なDDR5になり、電源ユニットは大容量の1200Wに強化されています。最新の「Wi-Fi 6E」に対応した点や、2TB HDDが追加された点も旧モデルと異なるところです。

USBポートの数が旧モデルよりも2つ増えています。多数の周辺機器を接続する方にとってはうれしい変更点ですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 



「RTX 4080 搭載モデル」と「RTX 4090 搭載モデル」の違いについて

 
2023年に登場した「OMEN 45L」のハイパフォーマンスモデル(RTX 4080 搭載モデル)とエクストリームモデル(RTX 4090 搭載モデル)の主な違いは下記のとおりです。
 
・プロセッサーの性能(Core i7-13700K/Core i9-13900K)
・グラフィックスの性能(RTX 4080/RTX 4090)
・DDR5 メモリの容量(32GB/64GB)
・M.2 SSDの容量(1TB/2TB)

「RTX 4080 搭載モデル」のメモリの容量は32GB、M.2 SSDは1TBで、「RTX 4090 搭載モデル」の半分の容量になっています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 


OMEN 45L(2023年モデル)スペック比較
125_OMEN 45L_RTX 4080_230427125_OMEN 45L_RTX 4090_230328
RTX 4080 搭載モデル
OMEN 45L Desktop
GT22-1780jp
 
RTX 4090 搭載モデル
OMEN 45L Desktop
GT22-1990jp
◆実機レビュー
Windows 11 ProWindows 11 Pro
Core i7-13700KCore i9-13900K
インテル Z790チップセットインテル Z790チップセット
OMEN Cryo チェンバー
Cooler Master
水冷クーラー
RGB 360mm
OMEN Cryo チェンバー
Cooler Master
水冷クーラー
RGB 360mm
Shin-Etsu Micro SI Extreme
(熱伝導素材)
Shin-Etsu Micro SI Extreme
(熱伝導素材)
Kingston FURY
DDR5-5200MHz
XMP対応 RGB
32GB (16GB×2)
(最大128GB)
Kingston FURY
DDR5-5200MHz
XMP対応 RGB
64GB (16GB×4)
(最大128GB)
4スロット (DIMM)4スロット (DIMM)
Western Digital
WD_Black  1TB M.2 SSD
(PCIe Gen 4x4 NVMe)
Western Digital
WD_Black 2TB M.2 SSD
(PCIe Gen 4x4 NVMe)
2TB ハードドライブ
(SATA, 7200回転)
2TB ハードドライブ
(SATA, 7200回転)
GeForce RTX 4080
16GB (GDDR6X)
 GeForce RTX 4090
24GB (GDDR6X)

IEEE 802.11ax
(Wi-Fi 6E対応)
Bluetooth 5.3
IEEE 802.11ax
(Wi-Fi 6E対応)
Bluetooth 5.3
【ドライブベイ】
3.5インチ/2.5インチ兼用 ×2 (空1)
2.5インチ ×2 (空2)
【ドライブベイ】
3.5インチ/2.5インチ兼用 ×2 (空1)
2.5インチ ×2 (空2)
1200W ATX電源
80PLUS Gold
ATX3.0、PCIe 5.0
12VHPWR対応
1200W ATX電源
80PLUS Gold
ATX3.0、PCIe 5.0
12VHPWR対応
◆スペックPDF
 
この記事では主な仕様や変更点のみピックアップしています。詳細はこちらの記事をご覧ください。⇒ ◆OMEN 45L(2023)の新旧モデルスペック比較!
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 



外観・デザインについて

 
【OMEN 45L】実機レビュー_外観_0T5A4880
 
■OMEN 45L(RTX 40 シリーズ搭載)の外観・デザインについて
この記事は、ハイパフォーマンスモデル(RTX 4080 搭載モデル)とエクストリームモデル(RTX 4090 搭載モデル)の性能比較を中心とした内容になっています。外観や内部の詳細は最新の2023年モデル(RTX 4090)のレビューをご覧ください。

【参考記事】
◆OMEN 45L(RTX 4090)実機レビュー
◆天面のインターフェース/各部名称
◆背面のインターフェース/各部名称

「OMEN 45L」のケースはカッコイイだけでなく、メンテナンス性も優れています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




「RTX 4080 搭載モデル」の内部について

 
OMEN 45L_内部アクセスボタン_左側面_まとめ_03

左側面のガラスパネルは、筐体にあるボタンを押すと取り外すことができます。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



OMEN 45L ハイパフォーマンスモデル(RTX 4080)の内部


【RTX 4080】内部_0T5A9286

【筐体の特長】
・パーツの区画を分けた「デュアルコンパートメントシャーシ」
重いグラフィックスを支える「サポートバー」を装備

【PCパーツの仕様】
・インテル Core i7-13700K プロセッサー
・Kingston FURY 32GB (16GB×2) DDR5-5200MHz
・Western Digital WD_Black 1TB M.2 SSD (PCIe Gen 4x4 NVMe)
・NVIDIA GeForce RTX 4080(3スロット占有)

【TIM(熱伝導素材)】
・Shin-Etsu Micro SI Extreme(熱伝導率:5.4W/mk

【拡張スロット】
・PCI Express Gen5 x16 × 1スロット (空0)
・PCI Express Gen3 x4 × 1スロット (空1)
・M.2 × 3スロット (空1)
 
【参考記事:OMEN 45L RTX 4090 搭載モデル】
◆筐体の内部について
◆ドライブベイについて



【RTX 4080】0T5A9458
「OMEN 45L」は、メンテナンス不要の「簡易水冷CPUクーラー」を搭載。四角いシンプルなデザインで、周囲にはLEDが付いています。

「RTX 4080 搭載モデル」の筐体やマザーボードはRTX 4090 搭載モデル(⇒ ◆実機レビュー)と同じですが、DDR5メモリの容量が32GB(16GBx2)なので、スロットに2枚のみ装着されています。

2023年モデルのグラフィックスカードは大型化して3スロットを占有するサイズになりました。金属製のサポートバーが筐体と一体化して、重いグラフィックスカード(※約1.7kg)をしっかりと支えるような構造になっています。

マザーボードの画像(グラフィックスカードを取り外した状態)はこちらをご覧ください。⇒ ◆【参考】OMEN 45Lのマザーボード
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



【OMEN 45L】RTX 4090_グラフィックスカード_0T5A8759w
 
「RTX 4090」と「RTX 4080」グラフィックスカードの外観は同じです。3スロットを占有するのでかなり分厚くなっています。

グラフィックスカードを取り外す手順はこちらの記事でご紹介しています。⇒ ◆グラフィックスカードを取り外す手順・製品写真
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



裏配線側の内部について


OMEN 45L_内部アクセスボタン_右側面_まとめ_02

裏配線側のパネルも、筐体のボタンを押すと取り外すことが可能です。



【OMEN 45L】内部_裏配線側_0T5A4181_名称w

裏配線側の内部。「2.5インチ/3.5インチ兼用ストレージベイ」と「2.5インチ専用ストレージベイ」を備えていて、合計4台のストレージを搭載可能です。RTX 4090 搭載モデルと同じ1200Wの電源ユニットを搭載しています。




 第13世代「Core i7-13700K」のスペック

 
「Core i7-13700K」と 「Core i9-13900K」のスペックを比較。

CPUのスペック比較
CPU-Zスクリーンショット 2023-04-26 032921CPU-Z_Core i9-13900K_01
プロセッサー名Core i7-13700KCore i9-13900K
開発コード名Raptor Lake
(第 13 世代)
Raptor Lake
(第 13 世代)
コアの数1624
P-core88
E-core816
スレッド数2432
ターボ・ブースト
利用時の最大周波数
5.40 GHz5.80 GHz
P-core
最大周波数
5.30 GHz5.40 GHz
E-core
最大周波数
4.20 GHz4.30 GHz
P-core
ベース周波数
3.40 GHz3.00 GHz
E-core
ベース周波数
2.50 GHz2.20 GHz
キャッシュ30 MB36 MB
L2キャッシュ24 MB32 MB
ベースパワー125 W125 W
最大
ターボパワー
253 W253 W
実機レビューこの記事◆OMEN 45L
2023年モデル

「Core i7-13700K」は、「Core i9-13900K」と比較するとE-coreが半分の8コアになり、スレッド数は2475%。キャッシュは約83%、L2キャッシュは75%になります。

最大動作周波数は「Core i9-13900K」の方が高いのですが、ベース周波数は「Core i7-13700K」の方が少し高めですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



アイドル時 2023-04-29 (6)_電力制限_Core i7-13700K

実機の「Core i7-13700K」の電力制限は、PL1がベースパワー(125W)よりも高めの200W、PL2(最大ターボパワー)はインテルの仕様と同じ253Wに設定されています。



スクリーンショット 2023-04-29 111637

「OMEN Gaming Hub」でCPUの設定を変更することができます。簡易的なベンチマークも可能です。Pコアの初期設定は1~2コア動作時は最大5.4GHz、3~8コア動作時は最大5.3GHzに設定されています。(※バージョン:V.1101.2304.1.0)
 
アプリの詳細や使い方はこちらの記事をご覧ください。⇒ ◆「OMEN Gaming Hub」の使い方
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




 プロセッサーのベンチマーク【CINEBENCH R23】

 
OMEN 45L_Core i7-13700K_CINEBENCH R23_比較_230427_02
 
CINEBENCH R23 ベンチマークスコア
マルチスレッドのスコア
(全コアの性能)
29239★【RTX 4080】CINEBENCH R23_室温25_2023-04-26 211647t
シングルスレッドのスコア
(1コアの性能)
2079

・プロセッサーの性能を測定
・Core i7-13700K ⇒ ◆スペック詳細
 ※C=コア T=スレッド
 ※Pコア:Performanceコア(高性能)
 ※Eコア:Efficientコア(高効率)
 
「Core i7-13700K」は、マルチコアのテストで前世代の「Core i7-12700K」と比較すると約128%、シングルスレッドは約115%のスコアを記録!

同じ「Core i7-13700K」でもスコアに機種によって差があるのは、「OMEN 40L」よりも「OMEN 45L」の方が冷却性能が高いことが影響していると考えられます。
 
「Core i9-13900K」と比較すると、マルチコアのテストで約82%、シングルスレッドは約93%のスコアになります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 

⇒  ◆「CINEBENCH R23」の実機ベンチマークまとめ
※ベンチマークテストはテスト環境(室温)やPCの冷却性能などがスコアに影響する場合があります。あくまでも目安としてご覧ください。




動画エンコードのベンチマーク【x264 FHD Benchmark】

 
OMEN 45L_Core i7-13700K_x264_比較_230427_02

x264 FHD Benchmark ベンチマークスコア
ベンチマークのスコア
(フレームレート)
116.80 fps★スクリーンショット 2023-04-27 225116
エンコード時間21 秒

・H.264形式の動画(フルHD)をエンコードするテスト
・Core i7-13700K ⇒ ◆スペック詳細
 ※C=コア T=スレッド
 ※Pコア:Performanceコア(高性能)
 ※Eコア:Efficientコア(高効率)
 
「Core i7-13700K」は21秒で処理を完了!前世代の「Core i7-12700K」と比較すると7秒も短い時間で処理が完了しています。

「Core i9-13900K」と比較した場合は約89%のスコアになります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 

⇒  ◆『x264 FHD Benchmark 』の実機ベンチマークまとめ
※ベンチマークテストはあくまでも目安としてご覧ください。




3DMARK【CPU Profile】ベンチマーク


OMEN 45L_Core i7-13700K_CPU Profile_比較_230427_02

CPU Profile ベンチマークスコア
MAXスレッド12526
16スレッド10983
8スレッド8376
4スレッド4436
2スレッド2259
1スレッド1127

・CPUの性能のみを測定するベンチマーク
・Core i7-13700K ⇒ ◆スペック詳細
 ※C=コア T=スレッド
 ※Pコア:Performanceコア(高性能)
 ※Eコア:Efficientコア(高効率)
 
「Core i7-13700K」は、MAXスレッドのテストで前世代の「Core i7-12700K」と比較すると約123%、シングルスレッドは約112%のスコアを記録!

「Core i9-13900K」と比較した場合は、MAXスレッドは約83%、シングルスレッドは約92%のスコアになります
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 


【RTX 4080】CPU Profile_室温25_2023-04-26 084352
 
CPUの温度は、MAXスレッドのテストで瞬間的に87℃くらいまで上がっていますが、テスト中のコアの数が少なくなるにつれて動作温度が下がっています。

⇒  ◆『CPU Profile 』の実機ベンチマークまとめ
※ベンチマークテストはあくまでも目安としてご覧ください。




「GeForce RTX 4080」のスペック


 「RTX 4090」と「RTX 4080」のスペックを比較。

GPUのスペック比較
GPU-Zスクリーンショット 2023-04-26 034656GPU-Z_RTX 4090_01
GPURTX 4080RTX 4090
CUDA コア972816384
ブースト
クロック
(GHz)
2.512.52
ベース
クロック
(GHz)
2.212.23
ビデオメモリ16 GB24 GB
メモリタイプGDDR6XGDDR6X
メモリインター
フェイス幅
256bit384bit
RT コア第 3 世代第 3 世代
Tensor コア第 4 世代第 4 世代
NVIDIA
アーキテクチャ
Ada LovelaceAda Lovelace
    NVIDIA DLSS33
    NVIDIA Reflex対応対応
グラフィックス
カード電力
320 W450 W
最小システム電力750 W850 W
実機レビューこの記事◆OMEN 45L
2023年モデル
 
「RTX 4080」は「RTX 4090」の次に高性能なGPUです。CUDA コアや動作周波数、メモリインターフェイス幅などは少し控えめなスペックになります。

「RTX 4080」の最小システム電力は750 Wなので、OMEN 45Lの1200Wの電源はかなり余裕がありますね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a






3DMark【Time Spy Extreme】ベンチマーク

 
OMEN 45L_RRTX 4080_Time Spy Extreme_比較_230427
 
Time Spy Extreme ベンチマークスコア
総合スコア13072【RTX 4080】Time Spy Extreme_2023-04-26 071657
Graphics Score13841
CPU Score9943
Graphics Test 187.94 FPS
Graphics  Test 281.21 FPS

・GeForce RTX 4080(16GB, GDDR6X) ⇒ ◆スペック詳細
DirectX 12世代のGPU性能テスト
・テスト解像度:3840×2160(4K)
 
「RTX 4080」は、前世代の「RTX 3080」と比較すると約1.6倍のスコアを記録!

「RTX 4090」と比較した場合は約71%のフレームレートになります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



【RTX 4080】Time Spy Extreme_2023-04-26 071717

CPUは大体において50~60℃くらいで動作していますが、後半の「CPU テスト」で90~95℃くらいまで上がっています。GPUの最高温度は約70℃です。
 




3DMark【Time Spy】ベンチマーク

 
OMEN 45L_RRTX 4080_Time Spy_比較_230427
 
Time Spy ベンチマークスコア
総合スコア25248【RTX 4080】Time Spy_室温25_2023-04-26 073136
Graphics Score27704
CPU Score17807
Graphics Test 1183.11 FPS
Graphics  Test 2156.91 FPS

・GeForce RTX 4080(16GB, GDDR6X) ⇒ ◆スペック詳細
DirectX 12世代のGPU性能テスト
・テスト解像度:2560×1440(QHD)

「RTX 4080」は前世代の「RTX 3080」と比較すると約1.6倍のスコアを記録!

「RTX 4090」と比較した場合は約79%のフレームレートになります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



【RTX 4080】Time Spy_室温25_2023-04-26 073155

最後のテストでCPUの温度が90℃を超えていますが、テストの大半は50~70℃の間で推移。GPUは最高で70℃くらいに収まっています。
 




3DMark【Fire Strike Ultra】ベンチマーク

 
OMEN 45L_RRTX 4080_Fire Strike Ultra_比較_230427

Fire Strike Ultra ベンチマークスコア
総合スコア17188【RTX 4080】Fire Strike Ultra_室温25_2023-04-26 074351
Graphics Score16961
Physics Score43464
Combined Score9515
Graphics Test 194.13 FPS
Graphics  Test 260.62 FPS

・GeForce RTX 4080(16GB, GDDR6X) ⇒ ◆スペック詳細
DirectX 11世代のGPU性能テスト
・テスト解像度:3840×2160(4K)
 
4Kのテストで「RTX 4080」は「RTX 3080」と比較すると約1.67倍のスコアを記録!

「RTX 4090」と比較した場合は約75%のフレームレートになります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



【RTX 4080】Fire Strike Ultra_室温25_2023-04-26 074410
 
最後のCPUテスト(Physics Test)で80℃台中盤くらいまで上がっています。GPUの最高温度は70℃くらいです。
 




3DMark【Fire Strike Extreme】ベンチマーク


OMEN 45L_RRTX 4080_Fire Strike Extreme_比較_230427
 
Fire Strike Extreme ベンチマークスコア
総合スコア31499【RTX 4080】Fire Strike Extreme_室温25_スクリーンショット 2023-04-26 080142
Graphics Score33013
Physics Score43372
Combined Score17955
Graphics Test 1175.89 FPS
Graphics  Test 2121.23 FPS

・GeForce RTX 4080(16GB, GDDR6X) ⇒ ◆スペック詳細
DirectX 11世代のGPU性能テスト
・テスト解像度:2560×1440(QHD)
 
「RTX 4080」は「RTX 3080」と比較すると約1.66倍のスコアを記録!
 
「RTX 4090」と比較した場合は約81%のフレームレートになります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



【RTX 4080】Fire Strike Extreme_室温25_2023-04-26 080205

CPUは後半のテストで85℃くらいまで上がっています。GPUは最高70℃くらい。
 




3DMark【Fire Strike】ベンチマーク

 
OMEN 45L_RRTX 4080_Fire Strike_比較_230427

Fire Strike ベンチマークスコア
総合スコア48673
【RTX 4080】Fire Strike_室温25_2023-04-26 080955
Graphics Score65026
Physics Score43507
Combined Score17975
Graphics Test 1314.38 FPS
Graphics  Test 2256.86 FPS

・GeForce RTX 4080(16GB, GDDR6X) ⇒ ◆スペック詳細
DirectX 11世代のGPU性能テスト
・テスト解像度:1920×1080(フルHD)

負荷が軽めのGraphics  Test 1で「RTX 4090」はフレームレートが伸びないので、「RTX 4080」が大幅に上回るスコアを出しています。「RTX 3080」と比較すると約1.6倍のスコアを記録!
 
負荷が高いGraphics  Test 2で「RTX 4090」と比較した場合は約81%のフレームレートになります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



 【RTX 4080】Fire Strike_室温25_2023-04-26 081016

CPUの温度は、終盤のテストで約85℃まで上がりました。GPUは最高66℃くらいに収まっています。
 




3DMARK【Poat Royal】ベンチマーク


OMEN 45L_RRTX 4080_Port Royal_比較_230427
 
Poat Royal ベンチマークスコア
Graphics Score17561【RTX 4080】Port Royal_室温25_2023-04-26 065356
Graphics  Test81.30 FPS

・GeForce RTX 4080(16GB, GDDR6X) ⇒ ◆スペック詳細
DXRベースのレイトレーシングテスト

「RTX 4080」は「RTX 3080」と比較すると約1.58倍のスコアを記録!

「RTX 4090」と比較した場合は約68%のフレームレートになります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



【RTX 4080】Port Royal_室温25_2023-04-26 065411

CPUの温度は、テスト開始直後の60℃が最高。GPUは60℃後半~70℃くらいで安定しています。
 




3DMARK【DirectX Raytracing feature test】


OMEN 45L_RRTX 4080_Direct X_比較_230427

DirectX Raytracing feature test ベンチマークスコア
平均フレームレート84.15 FPS【RTX 4080】Direct X_室温25_2023-04-26 091529

・GeForce RTX 4080(16GB, GDDR6X) ⇒ ◆スペック詳細
純粋なレイトレーシング性能を計測するテスト
・レンダリング解像度:2560×1440ドット

「RTX 4080」は「RTX 3080」と比較すると約1.77倍のフレームレートを記録!

「RTX 4090」と比較した場合は約60%のフレームレートになります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




【RTX 4080】Direct X_室温25_2023-04-26 091529

CPUはほぼ35~45℃、GPUは45~65℃くらいで推移しています。





3DMARK【Speed Way】

 
OMEN 45L_RRTX 4080_Speed Way_比較_230427

Speed Way ベンチマークスコア
Graphics Score7107【RTX 4080】Speed Way_室温25_2023-04-26 064642
平均フレームレート71.07 FPS

・GeForce RTX 4080(16GB, GDDR6X) ⇒ ◆スペック詳細
DirectX 12 Ultimateの機能(メッシュシェーダーや可変レートシェーディングなど)を使ったパフォーマンスを計測。
・レンダリング解像度:2560×1440ドット

「RTX 4080」は「RTX 3080」と比較すると約1.56倍のスコアを記録!
 
「RTX 4090」と比較した場合は約71%のフレームレートになります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



【RTX 4080】Speed Way_室温25_2023-04-26 064700

CPUは瞬間的に50℃くらいまで上がりますが、大体において40℃台で推移。GPUは50℃からスタートして、最終的には62℃くらいまで上がっています。





3DMARK【NVIDIA DLSS feature test】

 
OMEN 45L_RRTX 4080_DLSS 3 パフォーマンス_比較_230428

DLSS feature test
4K:パフォーマンス
DLSS offDLSS onONとOFFの違い
RTX 4080
【DLSS 3】
38.54131.133.40倍

・GeForce RTX 4080(16GB, GDDR6X) ⇒ ◆スペック詳細
・DLSSのバージョン:DLSS 3
・テスト解像度:3840×2160(4K)
・DLSSの品質:パフォーマンス
 ※RTX 40 シリーズは【DLSS 3】、RTX 30 シリーズは【DLSS 2】に対応。

「RTX 4080」は、DLSSをONにするとフレームレートが約3.4倍に向上!「DLSS 3」はフレーム生成が可能なので【DLSS 2】よりもパフォーマンスが大きく向上します。
 
「RTX 4090」と比較した場合は約75%のフレームレートになります。(※DLSS onの場合)
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



 OMEN 45L_RRTX 4080_DLSS 3 クオリティ_比較_230428
 
DLSS feature test
4K:クオリティ
DLSS offDLSS onONとOFFの違い
RTX 4080
【DLSS 3】
38.5196.502.50倍

・GeForce RTX 4080(16GB, GDDR6X) ⇒ ◆スペック詳細
・DLSSのバージョン:DLSS 3
・テスト解像度:3840×2160(4K)
・DLSSの品質:クオリティ
 
DLSSの品質を「クオリティ」にすると、「パフォーマンス」の7割くらいのパフォーマンスになりますが、ゲームをとても滑らかににプレイできるフレームレートが出ています。
 
「RTX 4090」と比較した場合は約71%のフレームレートになります。(※DLSS onの場合)
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a






『ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ』ベンチマーク

 
OMEN 45L_RRTX 4080_FF14暁_比較_230428

FF14:暁月のフィナーレ ベンチマーク
画面解像度4K
3840 x 2160
QHD
2560 x 1440
フルHD
1920 x 1080
スコア20919
非常に快適
31079
非常に快適
35335
非常に快適
平均フレームレート140 FPS 220 FPS251 FPS
 
■ベンチマークの設定
・GeForce RTX 4080(16GB, GDDR6X) ⇒ ◆スペック詳細
・DirectX 11
最高品質

■「FF14 暁月のフィナーレ」のベンチマーク結果
4K・「最高品質」で【非常に快適】にプレイ可能!

「RTX 4080」は4Kのテストで「RTX 3080」の約1.4倍のスコアを記録!「RTX 4090」と比較した場合は約75%のスコアになります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a






『F1 22』ベンチマーク

 
OMEN 45L_RRTX 4080_F1 22_比較_230428
 
『F1 22』ベンチマーク
画面解像度4K
3840 x 2160
QHD
2560 x 1440
フルHD
1920 x 1080
平均フレームレート
★フレーム生成ON
123
(128%)
221
(142%)
304
(185%)
平均フレームレート
★フレーム生成OFF
96155162
 
■「F1 22」ベンチマークの設定について
・GeForce RTX 4080(16GB, GDDR6X) ⇒ ◆スペック詳細
・プリセット:超高(最高画質)
・DirectX 12
・サーキット:マイアミ・インターナショナル・オートドローム
・天候:晴天(ドライ)
・異方性フィルタリング:16X
・アンチエイリアス:NVIDIA DLSS(品質:クオリティ)
・フレーム生成:オン
・カメラモード:切り替え
 ※このゲームは「DLSS 3」に対応しているので、RTX 40シリーズは「フレーム生成」を利用可能です。

■「F1 22」のベンチマーク結果
4K・超高・DLSS(クオリティ ):フレーム生成ONで【非常に快適】にプレイ可能!

4Kのテストで「RTX 4090」と比較した場合は約74%、「RTX 3080」と比較した場合は約2倍のフレームレートが出ています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a

 




『Forza Horizon 5』ベンチマーク


OMEN 45L_RRTX 4080_Forza Horizon 5_比較_230428
 
『Forza Horizon 5』ベンチマーク
画面解像度4K
3840 x 2160
QHD
2560 x 1440
フルHD
1920 x 1080
平均フレームレート
(達成済み)
★フレーム生成ON
162
(119%)
224
(144%)
271
(162%)
平均フレームレート
(達成済み)
★フレーム生成OFF
136155167
 
■ベンチマークの設定について
・GeForce RTX 4080(16GB, GDDR6X) ⇒ ◆スペック詳細
・プリセット:エクストリーム
・解像度スケーリング:NVIDIA DLSS(オート)
・DirectX 12
※このゲームは2023年3月末のアップデートで「DLSS 3」に対応し、「フレーム生成」が利用可能になりました。
 
■「Forza Horizon 5」のベンチマーク結果
4K・エクストリーム・ DLSS(オート)・フレーム生成ONで【非常に快適】にプレイ可能!

4Kのテストで「RTX 4090」と比較した場合は約78%のフレームレートになりますが、非常に滑らかな動きでプレイすることができますね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a

 




『サイバーパンク2077』ベンチマーク

 
OMEN 45L_RRTX 4080_サイバーパンク2077_比較_230428
 
「サイバーパンク 2077」ベンチマーク
画面解像度4K
3840 x 2160
QHD
2560 x 1440
フルHD
1920 x 1080
平均フレームレート
★フレーム生成ON
109
(139%)
168
(150%)
207
(168%)
平均フレームレート
★フレーム生成OFF
78112123
 
■ベンチマークの設定

・GeForce RTX 4080(16GB, GDDR6X) ⇒ ◆スペック詳細
・プリセット:レイトレーシング ウルトラ
・DirectX 12
・レイトレーシングON
・DLSS 自動
※「DLSS 3」に対応しているRTX 40シリーズは「フレーム生成」を利用可能です。

■「サイバーパンク 2077」のベンチマーク結果
4K・レイトレーシング ウルトラ・DLSS(自動: フレーム生成ON)で【非常に快適】にプレイ可能!

4Kのテストで「RTX 4090」と比較した場合は約76%、「RTX 3080」と比較した場合は約2.1倍のフレームレートが出ています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a

 

【OD】サイバーパンク 2077_比較_RTX 4080_230618_01

「サイバーパンク 2077」オーバードライブモード
画面解像度4K
3840 x 2160
QHD
2560 x 1440
フルHD
1920 x 1080
平均フレームレート
★フレーム生成ON
72
(160%)
113
(163%)
143
(166%)
平均フレームレート
★フレーム生成OFF
456986
 
これまでよりもリアルな表現が可能になった【オーバードライブモード】で、「RTX 4080 搭載モデル」は72FPSを記録!(※4K、フレーム生成ON)





その他ベンチマークテスト(ゲーム・クリエイティブ関連)

 
【性能比較】Microsoft Flight Simulator_230510_01b

当サイトでは、この記事以外でも様々なベンチマークテストを行っています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a


【ゲームベンチマーク】
◆『Microsoft Flight Simulator』のフレームレートを測定!
※4K・ウルトラ(DLSS:自動)フレーム生成ONで110FPS以上でプレイ可能!

◆『ホグワーツ・レガシー』のフレームレートを計測!
※4K・最高画質(DLSS:バランス)で平均100FPSでプレイ可能!

◆『スパイダーマン リマスター』のフレームレートを計測!
※4K・最高画質(DLSS:バランス)フレーム生成ONで平均130FPSでプレイ可能!

◆『アセットコルサ』ベンチマーク
※4K・最高画質で平均150FPSを記録!

◆『Need For Speed Unbound』のフレームレートを計測! NEW!
※4K・ウルトラ(DLSS:バランス、フレーム生成ON)で平均140FPS台を記録!


【クリエイティブ関連のベンチマーク】
◆Blender Benchmark
※レンダリング速度を測定。 CPUスコア:406、GPUスコア:9744(※バージョン 3.5.0)

◆『Adobe Premiere Pro』でエンコード時間を測定!
※約3GBの動画をGPUによるエンコード(クイック書き出し:高品質 2160p 4K)を行った場合、約1分52秒で処理が完了。

◆『PugetBench for Premiere Pro』 のベンチマーク
ファイルの書き出し、プレビュー画面の表示、エフェクトをかけた時のパフォーマンスを測定。




SSDのベンチマーク【CrystalDiskMark 8】

 
2023-04-26 (62)_s

2TB SSD(PCIe Gen4x4 NVMe M.2)のベンチマーク
SSDの型番WD_BLACK Gen4
SDCPNRZ-1T00-1106
容量1TB
連続したデータの転送速度(SEQ1M Q8T1)
連続読み込み6979 MB/s
連続書き込み5322 MB/s
小さいファイルのランダムアクセス(RAND4K Q1T1)
ランダム読み込み60 MB/s
ランダム書き込み243 MB/s
その他テスト
テスト時の動作温度最大50℃
起動時間約21秒(最短)

※起動時間は電源スイッチを押してからデスクトップ画面が表示されるまでの時間。
※テスト結果はあくまでも参考としてご覧ください。

連続読み込みは非常に高速で7000 MB/sに近い数値を記録。連続書き込みは少し控えめですが5000 MB/s以上出ています。

※WD製SSDの健康状態の確認はこちらの記事をご覧ください。
◆『Western Digital ダッシュボード』について
 
この製品は3.5インチの2TB HDDも搭載されています。⇒ ◆ベンチマーク
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 



3DMARK【STORAGE BENCHMARK】

 
【RTX 4080】Storage Benchmark_室温25_2023-04-26 091015
 
3DMARKの「STORAGE BENCHMARK」で、ゲーム時のSSD性能を測定します。

SSDベンチマークのスコアは平均よりも良い2516でした。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




メモリについて


スクリーンショット 2023-04-26 032940_OMEN 45L RTX 4080
 

メモリの仕様・容量について


・Kingston FURY Beast
・メモリのタイプ:DDR5-5200MHz
・容量:32GB(16GBx2)
・4スロット(※最大128GB)
デュアルチャネルで動作
XMP 3.0 対応(オーバークロック対応)
◆ArcticOC マザーボードの仕様

「DDR5 メモリ」の初期設定は4400MHzですが、アプリでオーバークロックすると5200MHzで動作します。ゲーム用途では32GBのメモリはかなり余裕がありますし、クリエイティブな作業も快適にこなすことができる容量です。
 
メモリの増設は相性の問題が発生する可能性があります。この機種にこだわりがあり64GBのメモリが必要な場合は、お値段が高くなりますが上位の「RTX 4090搭載モデル」が選択肢になります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 



スクリーンショット 2023-04-29 045031

メモリの設定は、「OMEN Gaming Hub」のオーバークロックの項目で変更することができます。初期設定は32GB(16GBx2)の場合は4400MHz、64GB(16GBx4)の場合は4000MHzになります。

設定変更を反映させる場合は、PCを再起動する必要があります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 



【CINEBENCH R23】を10分間連続でテストして冷却性能をチェック!

 
Core i7-13700KCINEBENCH R23
1回のみ
CINEBENCH R23
10分連続
スコア(マルチコア)2923927994
(95%)
動作温度(最高)94℃97℃
動作温度(平均)87℃83℃
消費電力(最大)266 W272 W
消費電力(平均)241 W206W
サーマルスロットリングなしあり

CINEBENCH R23で10分間連続でテストしたときの「Core i7-13700K」の動作温度や動作周波数を「HWiNFO64 Pro」で計測。(室温:約25℃

同じ「Core i7-13700K」で120mmの水冷クーラーを搭載したOMEN 40L(2023年モデル ⇒ ◆実機レビュー)の温度は最高 98℃(平均 83℃)でスコアは26149でした。(※10分連続テスト)

この機種の場合でも動作温度は同じくらいですが、冷却性能が高い360mm 水冷クーラーを搭載していてパフォーマンスを維持することができるので、同じCPUを搭載している「OMEN 40L」よりも7%くらいスコアが高くなっています。

同じ機種のCore i9-13900Kを搭載した上位モデル(⇒ ◆実機レビュー)と比較した場合は、平均温度は5℃、消費電力も10Wくらい高くなっています。

「Core i7-13700K」の温度や消費電力が高いというよりも、「Core i9-13900K 搭載モデル」はパフォーマンスを控えめ(動作温度が上がらないように)に制御しているのかもしれません。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



R23 ストレステスト_Core i7-13700K_温度

テスト中のCPUの動作温度。テスト序盤(1分30秒くらい)は90~97℃くらいまで上がりますが、それ以降は80~83℃くらいで動作しています。



R23 ストレステスト_Core i7-13700K_動作周波数

Pコアの動作周波数は5.1GHzくらいまで上がりますが、1分30秒以降は平均4.7GHzくらいで推移。Eコアも序盤は高めの4.0GHzで動作していますが、途中から平均3.8GHzくらいで動作しています。



R23 ストレステスト_Core i7-13700K_消費電力

CPUの消費電力は、テスト開始から1分30秒くらいまでは250W前後ですが、それ以降は平均200Wくらいで推移しています。




ベンチマーク時の動作温度について

 
スクリーンショット 2023-04-29 111714

ベンチマーク時の動作温度をまとめました。ファンの設定は【自動】で、テスト時の室温は約25℃です。

CPUとGPUの温度は「HWiNFO64 Pro」で測定した数値を記載しているので、3DMARKのモニタリングの測定値と少し異なる場合があります。
 

75x75_OMEN 45L_01CPUの動作温度
Core i7-13700K
GPUの動作温度
RTX 4080
最高
(℃)
平均
(℃)
最高
(℃)
平均
(℃)
CINEBENCH R2394℃87℃
CPUストレステスト
※CINEBENCH R23
97℃83℃
x264 FHD Benchmark92℃82℃
CPU Profile96℃57℃
Time Spy Extreme95℃62℃69.9℃52.4℃
Time Spy86℃61℃67.8℃53.3℃
Fire Strike Ultra 87℃53℃71.0℃56.2℃
Fire Strike Extreme96℃57℃69.9℃55.5℃
Fire Strike87℃59℃65.4℃52.5℃
Poat Royal87℃53℃70.0℃59.1℃
FF14 暁月のフィナーレ73℃57℃68.5℃62.8℃
F1 2265℃60℃68.3℃63.1℃
Forza Horizon 572℃64℃62.6℃59.4℃
サイバーパンク207775℃67℃65.9℃61.0℃
Youtube視聴時50℃45℃32.8℃31.9℃
アイドル時41℃ 前後30℃ 前後

「Core i7-13700K」の動作温度は最高 97℃で、負荷が高いCPUテストで高くなる傾向があります。「RTX 4080」の動作温度は最高 71℃でCPUよりも低めの温度です。

Core i9-13900K 搭載モデル(⇒ ◆実機レビュー)と比較した場合は、CPUの動作温度は「Core i7-13700K」の方が少し高めです。パフォーマンスと温度の制御方法が違うのかもしれません。

「Core i9-13900K 搭載モデル」は、とにかく90℃を超えないようにコントロールしている印象ですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 




ベンチマーク時の消費電力について

 
ベンチマーク時の消費電力をまとめました。CPUとGPUの消費電力は「HWiNFO64 Pro」、PC全体の消費電力は「ワットチェッカー REX-BTWATTCH1」で計測した数値を記載しています。
 
75x75_OMEN 45L_01最大消費電力
CPU
Core i7-13700K
GPU
RTX 4080
PC全体
CINEBENCH R23266 W430 W
CPUストレステスト
※CINEBENCH R23
272 W416 W
x264 FHD Benchmark266 W393 W
CPU Profile253 W376 W
Time Spy Extreme239 W316 W533 W
Time Spy234 W314 W542 W
Fire Strike Ultra 249 W317 W473 W
Fire Strike Extreme244 W311 W562 W
Fire Strike221 W294 W508 W
Poat Royal237 W319 W469 W
FF14 暁月のフィナーレ114 W308 W543 W
F1 22101 W306 W505 W
Forza Horizon 5152 W263 W493 W
サイバーパンク2077167 W298 W516 W
Youtube視聴時30 W44 W120 W
アイドル時(LED点灯)13 W43 W58 W
アイドル時(LED消灯)12 W43 W48 W
起動時W

Core i9-13900K、RTX 4090 搭載モデル(⇒ ◆実機レビュー)のPC全体の消費電力は最大702Wですが、この記事でテストしているCore i7-13900K、RTX 4080 搭載モデルの最大消費電力(PC全体)は562 Wでした。



スクリーンショット 2023-07-16 OMEN 45L 4080 消費電力

PC全体の消費電力が最も高かったのは「Fire Strike Extreme」で、テスト終盤に562 Wを記録。

この機種は1200Wの電源ユニットを搭載しているので、負荷率は約46%になります。十分すぎるくらい余裕がありますね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 




冷却ファンの音について

 
「OMEN 45L」の動作音を測定器(Sutekus GM1356)でチェックします。測定値は音の発生源から離れるほど低くなります。
 
測定器(Sutekus GM1356)で騒音をチェック
テスト測定場所測定値
CPUテスト時
CINEBENCH R23
天面ファンから
約5cm
71 db 前後
天面ファンから
約30cm
63 db 前後
ゲーム時
サイバーパンク 2077
天面ファンから
約5cm
52 db 前後
天面ファンから
約30cm
45 db 前後
動画エンコード
Adobe Premiere Pro
天面ファンから
約5cm
47 db 前後
天面ファンから
約30cm
43 db 前後
動画視聴時
Youtube
天面ファンから
約5cm
48 db 前後
天面ファンから
約30cm
43 db 前後

※CPUテスト時・・・CINEBENCH R23ストレステスト(10分間)したときの動作音。
※ゲーム時・・・サイバーパンク2077をプレイしたときの動作音
※動画視聴時・・・Youtube動画を視聴したときの動作音。
※動画エンコード時・・・Adobe Premiere ProでGPUによるハードウェアエンコードを行ったときの動作音。
※測定値は最も高い数値を記載
※室内の環境:38db前後

■ ベンチマーク時の動作音(冷却ファンの音)について
CPUの負荷が高い処理を行うと、ファンの回転音や風切り音が大きくなる。
・ゲーム時は比較的静か。
・動画の視聴時はとても静か。
・回転軸の金属音(耳ざわりな甲高い音)は少な目。(※個体差あり)

動作音が大きくなるかどうかはCPUの使用率次第です。CPUのコアを全て使うような処理は動作音が大きくなりますし、比較的静かと評価しているゲーム時でも、CPUの使用率次第では動作音が大きくなる場合があります。

通常は耳ざわりな音は少なめですが、CPUの負荷が高い処理を行ったり、手動でファンの回転数を高くした場合などはそのような音が出やすくなります。

同じ機種を数台レビューしていますが、ファンには個体差があるので動作音が少々気になる製品がありました。必ず症状が改善されるわけではありませんが、ファンを固定しているネジを一旦緩めて、様子を見ながら締め直すと少し騒音が軽減したケースがあります。

音の感じ方は個人差があります。あくまでも参考としてご覧ください。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a


■測定器(Sutekus GM1356)で騒音をチェック
※測定値はあくまでも目安としてご覧ください。

※60db・・・普通の会話・チャイム・時速40キロで走る自動車の内部
※50db・・・エアコンの室外機・静かな事務所
※40db・・・静かな住宅地・深夜の市内・図書館
 



様々な設定の変更ができる「OMEN Gaming Hub」

 
スクリーンショット 2023-03-26 135728

「OMEN Gaming Hub」で、PCのステータスを確認したり、CPUやメモリのオーバークロック、ネットワークの最適化、イルミネーションの設定(色変更、消灯など)、パフォーマンスや冷却の設定などを変更することができます。

アップデートで予告なく、機能や設定項目が変更される場合があります。

アプリの詳細や使い方はこちらの記事をご覧ください。⇒ ◆OMEN Gaming Hub の使い方
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




ベンチマークテスト時の設定について

 
パフォーマンス

ベンチマークテストは下記の設定で行っています。
 
ベンチマークテスト時の設定
CPUオーバークロックCore i7-13700K
初期設定の5.3GHz
メモリオーバークロック5200 MT/s
電源モード
パフォーマンス
温度コントロールパフォーマンス

電源モードは「パフォーマンス」なので、【パワーリミット制限あり】の状態になります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




サポートページ(トラブルシューティング・ドライバー・取扱説明書など)


スクリーンショット 2023-02-16_OMEN by HP 45LゲーミングデスクトップPC GT22-1000i (6C1R8AV)
 
【トラブルシューティング・ドライバー・使用方法など】
◆OMEN by HP 45LゲーミングデスクトップPC GT22-1000i (6C1R8AV)
◆ユーザーガイド(PDF)
◆ハードウェア リファレンス ガイド(PDF) ※取扱説明書
◆アップグレードガイド(PDF) ※パーツの交換・増設

【HP カスタマー・ケア - ナレッジベース】
◆OMEN by HP 45L GT22-1780jp ゲーミングデスクトップ PC製品仕様
◆ArcticOC マザーボードの仕様
◆HP OMEN PC – HPが検証していないXMP互換メモリを構成する

【HP公式動画:Youtube】
◆Removing & Replacing Parts OMEN by HP 45L Gaming Desktop PC
※筐体からパーツを全て取り外す分解動画。

【お役立ち情報】
◆HPパソコンが届いたらすぐにやっておきたいこと
◆HP Care Pack(長期保証)について

【リカバリメディアの作成】
◆USBメモリで「Windowsの回復ドライブ」を作成する
◆HPクラウドリカバリツールで「USB回復ドライブ」を作成する方法

OMEN 45Lの取扱説明書は、上記のサポートページからダウンロードすることができます。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 



同梱品について(ユーザーガイド・保証書・電源ケーブルなど)


2023032615011808d_20230629060208278.png

■同梱品一覧
・クイックセットアップガイド
・冊子(未来につながるともに歩く-HPとあなたと世界のお話)
・サポートガイドブック
・サポートガイド(保証規定)
・ギフト券が当たるアンケート
・電源ケーブル
・保証書

電源ケーブルは、アース棒が付いている「3Pプラグ」です。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 



600_OMEN 45L_RTX 4090_実機レビュー_230501_01
600x12_空白
600_OMEN 45L_RTX 4080_実機レビュー_230501_01
600x12_空白
600_OMEN 40L_RTX 4070 Ti_実機レビュー_230501_01
600x12_空白
■レビューについて
※商品仕様/価格については最終更新日時点のものです。
※製品仕様やPCパーツのメーカーは販売時期により変更になる場合があります。
※温度や消費電力の測定値は目安です。使用状況や環境によって変わります。
※できるだけ客観的にレビューしようと心がけていますが、実際の商品を見たり使用したときの感じ方には個人差があります。
※製品写真は当サイトで撮影したものです。パソコンの色味は照明や環境によって少し違って見える場合があります。

関連記事

カテゴリ
タグ