600_OMEN by HP 45L Desktop_OMEN Gaming Hub_220318_02

OMENのゲーミングPCにプリインストールされている「OMEN Gaming Hub」の使い方を詳しく解説!この記事は「OMEN 45L」で作成していますが、一部を除いて「OMEN 40L」でも参考になる内容になっています。

アップデートで「Eコア」の動作周波数が変更可能になり、「ポンプファン」の設定も追加されています。(9/13)
84x84_吹き出し用アイコン-1px_191225_01a


最終更新日:2022年9月13日


600_7OFFクーポンQRコード_221001_01_詳しくはこちら 600x12_空白 600_お得なキャンペーンについて_220820_01_ピンク 600x12_空白 600_HPパソコンの納期について_221001_01_オレンジ 600x12_空白 600x50_お得なキャンペーン_「OMEN 40L」RTX 3070 Ti 割引クーポン_221003 600x12_空白


■目次(ページ内リンク)

◆「OMEN Gaming Hub」の主な機能
◆「OMEN 45L」はオーバークロックやLEDの変更、パフォーマンスの設定が可能

◆システムモニター

◆CPUのオーバークロック
 ・アンダーボルトについて
 ・メモリのオーバークロック
 ・アップデートで「Eコア」のオーバークロックが可能に! ※9/13追記

◆ネットワーク

◆LEDコントロール
 ・設定可能なゾーンについて
 ・色のモードについて(常時点灯)
 ・色のモードについて(アニメーション)
 ・色のモードについて(消灯)
 ・スリープ時のLEDの設定(前面のOMENロゴマーク)

◆パフォーマンスコントロール
 ・冷却ファンの回転数を手動で設定する
 ・アップデートで「ポンプファン」の設定が追加 ※9/13追記

◆電源オプション





「OMEN Gaming Hub」について


OMEN Gaming Hub_ホーム

「OMEN Gaming Hub」はHP製のゲーミングPCにインストールされている設定アプリです。

ホーム画面では下記のサービスが利用できます。

・壁紙のダウンロードができる「ギャラリー」
・ゲームのランチャー機能「マイゲーム」
・カスタムLEDの作成ができる「LIGHT STUDIO」
・仲間で楽しめる「OASIS LIVE」
・システムをクリンナップできる「OPTIMIZER」
・AIベースのコーチングでレベルアップできる「コーチング」

使用中のPCやOMENシリーズの周辺機器などは自動的に認識されます。(アイコンをクリックすると設定画面に移動)
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




「OMEN 45L」はオーバークロックやLEDの変更、パフォーマンスの設定が可能


OMEN 45L_外観_20220310_193807081_tw

「OMEN Gaming Hub」で設定可能な項目は機種によって異なります。

■「OMEN 45L」で設定できる項目
・システムモニター
・オーバークロック
・ネットワーク
・LEDコントロール
・パフォーマンスコントロール
・電源オプション

OMEN 45Lは倍率ロックフリーのCPUを搭載しているので「オーバークロック」が可能です。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a






システムモニター


システムモニター_01s

「システムモニター」では、PCパーツの使用率や温度、現在の設定(パフォーマンス、オーバークロックなど)、ネットワークの速度、動作中のプロセスなどが表示されます。



システムモニター_02s

左上のアイコン(中央)をクリックすると、より詳しい情報が表示されます。



システムモニター_03s

左上のアイコン(右側)をクリックすると、シリアル番号やPCの仕様が表示されます。




CPUのオーバークロック


【初回】OMEN Gaming Hub_オーバークロック_01

「オーバークロック」の項目では、ベンチマークの測定やCPUの設定を変更することができます。



【初回】OMEN Gaming Hub_オーバークロック_02

初回はチュートリアルの画面が表示されます。(※スキップ可)



【初回】OMEN Gaming Hub_オーバークロック_03

ベンチマークを実行するとスコアが記録されます。

最大5回分の結果が記録されるので、オーバークロックしたときにどれくらい性能が向上したのかを確認することができます。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



オーバークロック_設定_02s2  

CPUコアレシオ、CPUコアの電圧のオフセット、キャッシュレシオの変更が可能です。CPUコアレシオの初期設定は「47x」になっています。

「47x」の部分を変更すると全てのコアを一括でオーバークロックすることができますが、「その他オプションを表示」をクリックすると8コア(Pコア)の動作周波数を個別に設定可能です。
 
Core i7-12700Kは、8コアのPコア(Performanceコア)と4コアのEコア(Efficientコア)を備えていますが、オーバークロックできるのはPコアのみです。

動作周波数を変更後、「適用」をクリックすると設定が反映されます。(再起動は不要です。)
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



オーバークロック_設定_04
 
上の画像はあくまでも参考例ですが、同時に動作するコアが少ないほど高いクロック数で動作するような設定が可能です。

オーバークロックに失敗すると自動的にPC再起動します。いきなり故障することはないと思いますが、自己責任でお試しください。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




アンダーボルトについて


アンダーボルト_-0050v_s
 
■アンダーボルトについて
CPUの消費電力や発熱を下げたい場合は電圧を下げる「アンダーボルト」が有効です。ただし、やりすぎるとPCの動作が不安定になる場合があります。

※下記の記事で「アンダーボルト」で発熱や消費電力などがどれくらい下がるかを検証しています。
◆【実機レビュー】OMEN 45L (Core i9-12900K, RTX 3090)のベンチマーク

CPUには個体差があるので、同じように設定しても思ったような効果が得られない場合があります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




メモリのオーバークロック


メモリオーバークロック_設定_01s

右上の「メモリのアイコン」をクリックすると、メモリのオーバークロック設定の画面が表示されます。初期設定は3200MT/sですが、オーバークロック設定で3733MT/sで動作します。

メモリの設定変更は再起動する必要があります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a





アップデートで「Eコア」のオーバークロックが可能に!


アップデートでEコアの設定が追加s2

以前は、「Pコア」のみ動作周波数の変更が可能でしたが、アップデートで「Eコア」も変更できるようになっています。





ネットワーク


ネットワーク_01s

「ネットワーク」の項目では、ネットワークの最適化やデュアルフォースの設定が可能です。

左上のアイコンでモードを切り替えることができます。(※初期設定はOFF)
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



 ネットワーク_02_デュアルフォースON_s

2つの回線(有線LANとWiFi)をPCにつないでいる状態で「カスタム」を選択すると「デュアルフォース」をONにすることができます。

スピードが速い回線が必要なゲームは「有線LAN」、遅くても良いアプリは「WiFi」のように手動で振り分けることができます。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



 ネットワーク_04_デュアルフォース設定_s

右上の「設定」のアイコンをクリックすると、「デュアルフォース」の設定画面が表示されます。

デュアルフォース設定(有線LANとWiFiの割り当て)を変更する場合は、一旦デュアルフォースをOFFにします。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




LEDコントロール


LEDコントロール_01

「LEDコントロール」の項目で、イルミネーションの色変更や消灯の設定が可能です。

LEDの「明るさ」を変更することもできます。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




設定可能なゾーンについて


LEDコントロール_01_ゾーン1

ゾーンのアイコンをクリックすると、変更可能な場所が表示されます。

最も左のゾーンでは「前面のOMENロゴマーク」と「筐体上部のLED」の設定が可能です。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



カラー_ゾーン2_CPU_s

左から2番目のゾーンは、CPUに取り付けられている水冷ヘッドのLEDの設定変更が可能です。



カラー_ゾーン3_前面の3連ファン_s

左から3番目のゾーンは、前面の3連ファンの設定変更が可能です。

ライティングボードの1番が下のLEDで、2番が真ん中、3番が上になります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



カラー_ゾーン4_メモリ

左から4番目のゾーン(メモリのマーク)は、メモリの設定変更が可能です。



色のモードについて(常時点灯)


LEDコントロール_01_常時点灯_01

色変更は3つのモードが用意されています。左が「常時点灯」、真ん中が「アニメーション」、右は「消灯」です。



 LEDコントロール_カラーの設定変更_all

ベーシック(初期設定)はあらかじめ用意されたカラーを選ぶことができます。



カラー_詳細設定s_2
 
右上の「詳細設定」をクリックすると自由に色を作成することができます。

詳細設定は画像処理ソフトのように「色相」と「明るさ」を自由に調整することができます。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




色のモードについて(アニメーション)


LEDコントロール_01_アニメーション_01

色のモードの真ん中は「アニメーション」の設定変更が可能です。



カラー_アニメーション_s

LEDのアニメーションはあらかじめ用意されている4つのテーマがあります。

色が変わる速度も変更可能です。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



カラー_アニメーション_カスタム_s

カスタムを選択すると、色が順番に変わる4つのカラーを自由に選択することができます。「ベーシック」はあらかじめ用意されたカラーから選びます。



カラー_アニメーション_カスタム_詳細設定_s

詳細設定をクリックすると、自分好みの色にカスタマイズ可能です。
 


アニメーションの種類について

 
カラー_5つのアニメーション_

カラーのアニメーションは5つ用意されています。



ブリージング_点滅しながら色が変わる_s

「ブリージング」はLEDが点滅しながら色が変わっていきます。



カラーサイクル_色が順番に変わっていく_s

「カラーサイクル」はLEDの色が順番に変わっていきます。(色の切り変わりがスムーズ)



ブリンキング_点灯と消灯を繰り返しながら色が変わる_s

「ブリンキング」は、点灯と消灯を繰り返しながら色が変わります。(LEDのON/OFFがはっきりとした感じ)



サウンドパルス_オーディオに合わせてLRDが点灯したり点滅する_s

「オーディオパルス」は、サウンドに合わせてLEDが点灯したり点滅します。低音と高音の設定が可能。



システムモニター_パーツの使用率や温度に合わせて色が変わる_s

「システムモニター」は、CPUやGPUの使用率や温度に合わせて色が変わります。(※色を自由に変更することはできません。)



色のモードについて(消灯)


カラー_消灯_s

全てのゾーンのLEDはオフ(消灯)にすることができます。



OMEN 45L_「GEFORCE RTX」は消灯不可_01_t
 
グラフィックスカードのLED(GEFORCE RTX)は、OMENのアプリでオフにすることはできませんが、PCがスリープ状態になると自動的に消灯します。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




スリープ時のLEDの設定(前面のOMENロゴマーク)


スリーブ時のライティング_s

右上の「スリープのマーク」をクリックすると、スリープ時のLED(前面のOMENロゴマーク)の設定画面が表示されます。色のモードは「常時点灯」「アニメーション」「消灯」を選択することが可能です。

スリープ時のLEDを「消灯」にすると、見た目ではスリープ状態なのか電源オフなのかわからなくなるのでご注意ください。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




パフォーマンスコントロール


パフォーマンスコントロール_01

「パフォーマンスコントロール」で、パフォーマンスの設定や冷却ファンの制御方法を変更することが可能です。

・「最適」はパフォーマンスが控えめになりますが、CPUの動作温度や消費電力などが下がります。
・「パフォーマンス」はCPUの最大限の性能を引き出すので、発熱や消費電力は増加します。
 
※こちらの記事で「最適」と「「パフォーマンス」の違いを検証しています。⇒ ◆【実機レビュー】OMEN 45L (Core i9-12900K, RTX 3090)のベンチマーク

電源モードの「パフォーマンス」を選択すると、温度コントロールは「パフォーマンス」しか選択できなくなります。

ゲームやクリエイティブな作業は「パフォーマンス」が適していますね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




冷却ファンの回転数を手動で設定する

 
パフォーマンスコントロール_02_ファン設定 手動s

ファンの回転数は手動で設定することができます。温度に応じた回転数の調整も可能です。



ファン_手動_01s2

この項目で数値(RPM)を指定すると、ファンは一定の速度で回転します。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



ファン_動的コントロール_01s

右側の「動的ファンカーブ」を選択すると、CPUの温度に応じた回転数を変更することができます。

上の画像は「CPUファン」の設定ですが、「シャーシの吸気ファン」と「シャーシの排気ファン」も同様に「動的ファンカーブ」の変更が可能です。
 
■動的ファンカーブの初期設定(CPUの動作温度とファンの回転数)
90℃:40%以上
85℃:35%
80℃:30%
75℃:25%
70℃~65℃:20%
50℃~60℃:10%
※設定可能なファンの最大回転数は5200RPMです。

計算上では40%の回転数は2080RPMになりますが、連続負荷テストでCPUの温度が90℃くらいの状態が続くと、2500~2700RPMくらいでファンが回転していました。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



動的ファンカーブ_220502_02_s

上の画像は85℃でファンが50%で回転するように調整したものです。

ファンの回転数を上げると冷却性能は向上しますが、ファンの動作音は大きくなります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



スクリーンショット_シャーシの吸気ファン_s2

「シャーシの吸気ファン」の動的ファンカーブ。(初期設定)



スクリーンショット_シャーシの排気ファン_s

「シャーシの排気ファン」動的ファンカーブ。(初期設定)





アップデートで「ポンプファン」の設定が追加

 
アップデートでファンの設定が追加s
 
■アップデート前の設定項目
CPUファン、シャシーの吸気ファン、シャシーの排気ファン

■アップデート後の設定項目
CPUファン(2ヶ所)、ポンプファン(追加)、シャシーの吸気ファン(3ヶ所)、シャシーの排気ファン

アップデートでファンの回転数を個別に変更可能になり、「ポンプファン」の設定が追加されています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



スクリーンショット_ポンプファン_回転数_220913_1553_s

冷却ファンの回転数も見れるようになりました。負荷をかけると回転数が自動的に制御されているのがわかります。

「ポンプファン」の回転数は通常は1800 RPMですが、CINEBENCH R23のベンチマークを行うと3200 RPMまで上がりました。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



スクリーンショット_ポンプファン_固定s

手動設定で「ポンプファン」の回転数を一定に保つことが可能です。




電源オプション

 
電源オプション_s

「ライティングコントロール」をONにすると、アイドル状態(何も操作しない状態)が5分続いた場合にLEDが消灯します。

動画を視聴していて何も操作しない状態が5分続くとLEDがオフになりました。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a


600x100_OMEN 45L_実機レビュー_220318_01


関連記事

カテゴリ
タグ