スクリーンショット DirectX

当サイトで行った3DMARK 『DirectX Raytracing feature test』 の実機ベンチマーク結果をまとめました。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_02a

最終更新日:2022年6月18日


196x190_クーポン_220514_02b196x190_お得な情報_220301_01a196x190_納期について_220301_01a








3DMARK 『DirectX Raytracing feature test』 ベンチマークについて

 
★DirectX_室温24_220526_01_再取得

『DirectX Raytracing feature test』 は純粋なレイトレーシング性能を計測するテスト。レンダリング解像度は 2560×1440ドットです。

このテストでは「レイトレーシング専用のコア」の性能を測定。影や反射のみレイトレーシングを利用する「Port Royal」とは異なり、シーン全体をレイトレーシングで処理します。 
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




実機ベンチマークの結果


当サイトで行った「DirectX Raytracing feature test」のベンチマーク結果をまとめました。


DirectX Raytracing feature test ベンチマーク性能比較
プロセッサー
※リンク先はベンチマーク記事
フレームレート
(FPS)
RTX 3090
OMEN 45L
55.33
RTX 3080 Ti
OMEN 45L
54.07
RTX 3080
⇒ OMEN 40L
47.34
RTX 3070 Ti
OMEN 40L
33.18
RTX 3070 Laptop
OMEN 17-ck
26.97
RTX 3060 Ti
⇒ OMEN 25L
26.31
RTX 3070 Laptop
OMEN 16-c(AMD)
24.32
RTX 3060 Laptop
Victus 16-e
19.52
RTX 3050 Laptop
Victus 16-d
11.15
 
レイトレーシングのテストは非常に重いので高性能なGPUでも50FPS台にとどまっています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 
関連記事