Victus 16-e_実機レビュー_220120_04a

日本HPのカジュアルゲーマー向け16.1インチ・ゲーミングノート『Victus 16 (AMD)』の実機レビュー!

レビュー機は、AMD Ryzen 5 5600H、GeForce GTX 1650 Laptop を搭載したモデレートモデル(16-e0165AX)です。日本向けの製品なので日本語配列キーボード(テンキーあり)を搭載しています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_191225_01a


アドバンスモデル(RTX 3060 Laptop)のレビューはこちらです。⇒ ◆実機レビュー
最終更新日:2022年4月27日


196x190_クーポン_220514_02b196x190_お得な情報_220301_01a196x190_納期について_220301_01a



■目次(ページ内リンク)
下記のリンクをクリックすると目的の場所に移動します。

「Victus by HP 16-e0000 シリーズ」の製品特徴
◆Victus 16 モデレートモデル(AMD)の主な特徴
◆ベンチマークテスト時の設定について

外観/カラーについて
◆外観・デザインについて
◆カラーリングについて
◆ボディの素材&質感について
◆サイズ・重さについて

液晶ディスプレイについて
◆16.1インチワイド・フルHD非光沢・IPSディスプレイのスペック/使用感
◆ディスプレイの色域(sRGB、AdobeRGB、DCI-P3)を測定

Webカメラについて
◆Webカメラ(約92万画素、顔認証機能なし)

各部分の仕様/使い勝手について
◆バックライトキーボード ★日本語配列、テンキー付き
◆タッチパッド(タッチジェスチャー対応)
◆インターフェース
◆サウンド&オーディオ
◆底面のデザインについて

プロセッサーのベンチマーク
◆プロセッサーのベンチマーク [CINEBENCH R23]
◆動画エンコードのベンチマーク [x264_FHD_Benchmark]

グラフィックスのベンチマーク
◆3DMARK【Fire Strike】 ※DX11
◆「ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ」ベンチマーク
◆「レインボーシックスシージ」ベンチマーク
◆「F1 2021」ベンチマーク 
◆「Forza Horizon 5」ベンチマーク

SSDのベンチマーク
◆CrystalDiskMark 7
◆3DMARK【STRAGE BENCHMARK】

メモリについて
◆メモリの仕様/搭載量について

動作温度やファンの音について
◆ベンチマーク時の動作温度について
◆高負荷時のキーボードの温度について
◆冷却ファンの音について

同梱品に関すること
◆同梱品について
◆PCリサイクルラベルについて
◆150W ACアダプター

付属ソフトについて
◆インストールされているアプリについて
◆様々な設定ができる「OMEN Gaming Hub」

お役立ち情報
◆サポートページ:トラブルシューティング・ドライバー・取扱説明書
◆回復ドライブの作成について

製品の仕様・価格について

◆Victus 16(AMD)のスペック・販売価格  ※4/27更新
◆キャンペーン:お得なクーポン!  ★「裏セール」を実施中!
 
まとめ
◆Victus 16 モデレートモデル(AMD, GTX 1650 Laptop)の評価

製品写真は当サイトで撮影したものです。壁紙はゲームのスクリーンショットや「OMEN Gaming Hub」から取得したものを使用しています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




「Victus by HP 16-e0000 シリーズ」の製品特徴

 
Victus 16-e_ディスプレイ_G1A0041_02
 

Victus by HP 16-e モデレートモデル(AMD)の主な特徴


・モデル名:Victus by HP 16-e0165AX
Windows 11 Home (64bit)
16.1インチワイド・IPSディスプレイ(1920×1080, 144Hz, 非光沢)

AMD Ryzen 5 5600H モバイル・プロセッサー
・8GB DDR4-3200MHz(8GB×1)
・512GB SSD (PCIe Gen3×4 NVMe M.2)
NVIDIA GeForce GTX 1650 Laptop グラフィックス(4GB, GDDR6)
・バックライトキーボード (日本語配列、テンキー付き)
・Wi-Fi 6、Bluetooth5.2
・顔認証や指紋認証機能などは非搭載

新しく登場した「Victus」シリーズは、以前販売されていた「Pavilion Gaming」の後継となる新ブランドです。「モデレートモデル」は3モデルの中で最も価格が安い製品になります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 
 




ベンチマークテスト時の設定について

 
OMEN Gaming Hub_パフォーマンスコントロール
 
この記事では「初期設定」でベンチマークテストを行っています。⇒ ◆様々な設定ができる「OMEN Gaming Hub」
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 



外観・デザインについて

 
Victus 16-e_外観_20220117_030249072
 

ゲーミングPCらしさを取り入れつつ「シンプルさ」を追求したデザイン


・シンプルでスタイリッシュな外観
・後部はゲーミングPCらしいデザイン
・ディスプレイを開きやすさを考慮した側面の形状
 
■外観・デザインの評価
全体的にスッキリとした印象でシンプルな外観です。後部は通常のノートブックとは異なる「ゲーミングPCらしい」デザインになっていますが、クセは少なめなので多くの方に受け入れられそうな感じです。側面は斜めに切ったような形状になっていて、ディスプレイを開きやすくなっています。

「Victus 16」は後部のデザインが特徴的でカッコいいですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



 Victus 16-e_外観_20220115_231904078w

直線的なラインで構成されたデザインは、シンプルでスタイリッシュな印象です。

後部はゲーミングPCらしい外観ですが、一時期流行した「個性的でゴツゴツしたデザイン ⇒ 参考画像」と比較するとかなり控えめな感じですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 


Victus 16-e_外観_20220115_225720687w
 
ディスプレイを閉じたイメージ。右側は必要最小限の端子のみ搭載。⇒ ◆インターフェース



Victus 16-e_外観_20220115_225340370bw
 
「Victus」ブランドのロゴマークは「鏡面仕上げ」です。天面下部の中央や、排熱口の右端にもロゴマークがプリントされています。⇒ ◆カラーリングについて
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



Victus 16-e_右側面_ディスプレイを開きやすい形状w

ディスプレイを開きやすくするため、前方は「少し尖ったような形状」になっています。



Victus 16-e_天面_G1A0022w
 
天面(ディスプレイを開いた状態)のイメージ。




カラーリングについて

 
Victus 16-e_カラー_20220115_223440006
 

さわやかな印象の「セラミックホワイト」


・ベースカラー:セラミックホワイト
・ロゴマーク(天面):ダークなカラー(鏡面仕上げ)
・天面下部のロゴマーク:シルバー(半光沢)
・排熱口上部(右側 )のロゴマーク:シルバー(半光沢)
・パームレストのロゴマーク:シルバー(半光沢)
・タッチパッドの周囲の光沢感:なし

■カラーリングの評価
つやが少ない白色の「セラミックホワイト」はとてもさわやかな印象です。ダークカラーの「Victus ロゴマーク」はグレー~黒に近い感じに見えることが多いのですが、「鏡面仕上げ」になっているので光を反射します。

「ホワイト」は手で触ったときに付くヨゴレが目立ちにくいですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 


Victus 16-e_ロゴマーク_20220115_224046244bw

 天面中央の「V」のロゴマークは鏡面仕上げのシルバーです。



Victus 16-e_016ロゴマーク_20220116_022100842w

筐体の大きさを示す「016」のロゴの横には、「DESIGNED AND ENGINEERED BY HP」と表記。

17.3インチのゲーミングノート「OMEN 17-ck」の場合は、パームレストの部分に「017」と表記されています。 ⇒ ◆実機レビュー
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



Victus 16-e_ディスプレイ下部_ロゴマーク_20220115_144331551w

ベゼル部分(中央)のロゴマークは非光沢のグレーです。




ボディの素材&質感について

 
Victus 16-e_ロゴマーク_20220115_230703564w

サステナビリティに配慮したボディ素材


・本体の大部分は「樹脂製」
・スピーカーハウジングに「オーシャンバウンドプラスチック」を採用
・スベスベとした表面処理

■ボディの素材について
Victus シリーズは価格を抑えるため本体に「樹脂」を採用。表面処理は滑らかな仕上がりになっています。

内部の部品なのでお見せすることができませんが、スピーカーハウジングに「再生素材」が使用されています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



Victus 16-e_パームレスト_20220115_144521180_t2w

キーボード&パームレスト部分などは樹脂製ですが、内部はしっかりとした構造になっているのでタイピング時のたわみはほとんど感じられません。



 Victus 16-e_メッシュ_20220115_144537124tw

ディスプレイ周囲のベゼル部分も樹脂製ですが、スムーズな表面の本体とは異なり「梨地」のような細かい凹凸がある仕上がりになっています。

スピーカーグリルのように見えるキーボード上部のメッシュは「ダミー」なので穴は開いていません。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
  



サイズ・重さについて

 
Victus 16-e_外観_20220116_184908294
 

16.1インチなので外に持ち運ぶのはやや不向き

 
・サイズ:370 mm(幅)× 260 mm(奥行き)
・高さ(厚み):23.5 mm
・質量:約 2.46 kg(モデレートモデル)※上位モデルは 約2.48 kg

■サイズ・重さの評価
16.1インチのゲーミングノート「Victus 16」は、モバイル向けノートPCよりもサイズが大きく重いので外に持ち運ぶのは不向きですが、室内での移動は余裕で行えるので好きな場所でWebサイト閲覧や動画鑑賞、ゲームなどを楽しむことができます。

本体とACアダプターの合計の重さは3kg弱くらいになります。しっかりとしたバックパックがあれば持ち運びは不可能ではありませんが、結構重いので体への負担は少し大きくなりますね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 

機種名
(mm)
奥行き
(mm)
高さ
(mm)
質量
OMEN 17-ck0000
※17.3インチ
397.126229.5約 2.78 kg
OMEN 16-b0000
※16.1インチ
369.224823約 2.31 kg
Victus 16-e0000
※16.1インチ
37026023.5約 2.46 kg

「Victus 16」は、「OMEN 16」よりも奥行きが約1.2cm長く、質量は約150g重くなっています。




ディスプレイのスペック/使用感

 
Victus 16-e_ディスプレイ_G1A0041_03

Victus 16(AMD)に搭載されているディスプレイの仕様・特徴


・画面のサイズ:16.1インチワイド
・画面解像度:1920×1080(フルHD)
・アスペクト比「16:9」
・画面の表示領域:幅 354mm、高さ 199mm ※実測値
・表面処理:非光沢
・駆動方式:IPS方式
・輝度:250nit
・リフレッシュレート:144Hz
・応答速度:非公開
・色域:非公開(※sRGB 70% 実測値)
・画素密度:非公開
・画面のぎらつき感:少なめ
・ベゼルの幅(黒い部分):上部9mm、左右5mm、下部27mm ※実測値
 
■ディスプレイの評価
「Victus 16」のディスプレイは、リフレッシュレートが144Hz (1秒間に144コマの表示が可能)なので滑らかな動きでゲームを楽しむことができます。発色に関しては鮮やかさがやや物足りない感じですが、IPS方式なので視野角が広く、映り込みが少なくて画面が見やすい「非光沢」であることは良いところです。

色域が狭いのでクリエイティブな作業をされる方や色にこだわる方には不向きだと思いますが、色味をあまり気にされない方にとっては「それなりにキレイ」に見えるかもしれません。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



ディスプレイの使用感について


Victus 16-e_ディスプレイ_20220115_135137926w

 ■視野角について
IPS方式なので斜めから見ても色の変化は少なめですが、画面の明るさは正面から見た時よりも少し暗く見えます。

■色域について
スペック表では非公開。⇒ ◆ディスプレイの色域を測定

■ぎらつき感
画面のギラつき感は「少なめ」です。(※見え方には個人差があります。)

■輝度(画面の明るさ)について
輝度が250nitというスペックはゲームや作業を行うには十分な明るさですが、標準的な300nitよりも少し低いので人によっては「もう少し明るさが欲しい」と思うかもしれません。

個人的な印象ですが、400nitは「ややまぶしい」、300nitくらいで「丁度良い感じ」ですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



Victus 16-e_ディスプレイ_非光沢_20220116_173926301w

「非光沢」のパネルなので「光沢」よりも光の反射や映り込みがかなり軽減されます。画面が見やすくなるので、ゲームや作業時の目の負担も少なくなります。



Victus 16-e_ディスプレイが開く角度_20220115_233955070w
 
ディスプレイが開く角度は約137度です。床に置いて使うときでも、ほぼ正面から画面を見ることができます。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
  



ディスプレイの色域(sRGB、AdobeRGB、DCI-P3)を測定


Victus 16-e_色域
 
カラーマネージメントツールの「Spyder5 Elite」でディスプレイの色域を測定。
 
「Victus 16」に搭載されているディスプレイの色域は「sRGBカバー率 70%」でした。正確な色味が要求される作業(クリエイティブな用途)には不向きです。

※sRGB(Web向け)、AdobeRGB(写真編集)、DCI-P3(映像:デジタルシネマ規格)
 
カバー率が70%でもそこそこキレイに見えるのですが、特に赤系の発色(鮮やかさ)が物足りない感じですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




Webカメラ(約92万画素、顔認証機能なし)

 
Victus 16-e_Webカメラ_20220116_203422784t_w

Webカメラの仕様・特徴について


・画素数:約92万画素
・顔認能機能:なし
・物理シャッター:なし

Webカメラはシンプルな仕様で、Webカメラを「ON/OFFにするスイッチ」や「顔認能機能」などは非搭載です。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




バックライトキーボード(日本語配列、テンキー付き)

 
Victus 16-e_キーボード_1280_G1A0008-2
※画像をクリックすると拡大表示します。

バックライトキーボードは日本語配列でテンキー付き


日本語配列 ※JIS標準準拠 [74キー]
テンキー付き
・キーピッチ:約18.7×18.4mm
・キーストローク:約1.5mm
・バックライト付き(※明るさ1段階
・キーの押し心地:適度なクリック感がある(※メカニカルスイッチキーボードよりも軽め)
 
■キーボードの評価
ゲーミングノートの中には、ゲームをプレイすることに特化した「英語キーボード(テンキーなし)」を採用した製品(⇒ ◆OMEN 17-ck 実機レビュー)がありますが、「Victus 16」は標準的な配列の「日本語キーボード」でテンキー付きなので、日常的な作業を問題なくこなすことができます。

キーボードの使い心地は普通のノートPCのような感じです。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



Victus 16-e_キーの打ち心地_20220116_180057679w

キーストロークはHPのノートPCの中では標準的な長さで、「適度なクリック感」がある押し心地です。

しっかりとした押し心地のメカニカルスイッチキーボード(⇒ ◆OMEN 17-ck 実機レビュー)よりも、軽めのタッチで入力できるのでなので長時間の作業でも疲れにくいですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



Victus 16-e_キーボード_名称_220122_01a

キーボードの上部に、「電源スイッチ」、「OMEN Gaming Hub」、「電卓」、「PRT SC(スクリーンショット)」などのキーが配置されています。⇒ ◆様々な設定ができる「OMEN Gaming Hub」

最近は大きめのノートPCでも「テンキー」が省かれる製品が増えつつありますが、テンキーが付いていると数値の入力がはかどりますね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



 Victus 16-e_キーボードバックライト_20220115_235431491
 
バックライトのカラーは「白色」です。

FN + F4 キーでバックライトをON/OFFすることができます。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 



タッチパッド(タッチジェスチャー対応)

 
Victus 16-e_タッチパッド_20220117_023514046w
 

大きめサイズのタッチパッド


・タッチパッドのサイズ:幅125mm、高さ80mm ※実測値
・タッチジェスチャー対応
・左下/右下クリックはしっかりとしたした押し心地
・クリックパッドの周囲の光沢感:なし
・スベスベとしたさわり心地

タッチパッドは少し左寄りの配置になっています。大きめなので使いやすいですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




インターフェース

 

左側面のインターフェース


Victus 16-e_左側面_各部名称_01_red
 
・電源コネクタ
・ネットワークポート(RJ45)×1
・HDMI2.0出力端子×1(モデレートモデルのみ)※
・SuperSpeed USB Type-A 5Gbps ×1(電源オフUSBチャージ機能対応)
・SuperSpeed USB Type-C 5Gbps(DisplayPort 1.4, 電源オフUSBチャージ機能)×1
・ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
・SDカードスロット

※モデレートプラスモデルとアドバンスモデルはHDMI 2.1 出力端子 × 1
※5Gbps=625MB/s 理論値

USB Type-Aは、左側面の端子のみ「電源オフUSBチャージ機能」に対応しています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 


右側面のインターフェース


Victus 16-e_右側面_各部名称_01a_red
 
・SuperSpeed USB Type-A 5Gbps×2
※5Gbps=625MB/s 理論値

右側面は必要最小限のUSB端子を2つのみ搭載。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 


■インターフェースの評価
新規格と従来のUSB、外部ディスプレイに接続できるHDMI端子、有線接続のLANポート、SDカードスロットなど、パソコンを使っていて必要だと思う端子は全て備えていますが、オプティカルドライブは搭載していないので、DVDやブルーレイのコンテンツを視聴する場合は別途用意する必要があります。

※USB Type-A・・・従来のUSB機器を接続可能
※USB Type-C・・・端子の向きを気にする必要がない最新規格




サウンド&オーディオ

 
Victus 16-e_スピーカー_20220116_015948872b
 

「B&O Play」のデュアルスピーカーを搭載

 
・サウンドに定評がある「B&O Play」
・「デュアルスピーカー」を搭載

底面の前方に2基のスピーカーを搭載しています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




底面のデザインについて

 
Victus 16-e_底面_吸気口_20220116_020356756

底面のデザインについて


・吸気口のサイズ:300mmx74mm
・スピーカーを2基搭載
・ゴム足:前側x2(高さ 2.5mm)、後側x1(高さ 3mm)
・底面カバーを固定するネジ:8本
・メモリやストレージの交換が可能(※パーツの交換は保証対象外となります)

■Victus 16(AMD)は下記のスロットを備えています
メモリスロット:2スロット (SO-DIMM)  ※最大32GB
M.2スロット:2スロット (PCIe Gen3×4 NVMe M.2) (PCIe Gen3 NVMe M.2 空×1)

※底面パネルを固定しているネジは、通常のプラスドライバー(NO.0)で回すことができます。

パーツの交換は保証対象外となりますが、自分でメモリやSSDを交換できるのは良いですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



 Victus 16-e_底面_G1A0054

吸気口はVictusの「V」をモチーフとしたデザインになっています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




 プロセッサーのベンチマーク[CINEBENCH R23]

 
CINEBENCH R23_Victus 16_220125

CINEBENCH R23 ベンチマーク(室温25℃)

 
・プロセッサーの性能を測定
・AMD Ryzen 5 5600H(最大4.2GHz、6コア12スレッド)⇒ CPU-Z
・マルチスレッドのスコア「9242」※全コアの性能
・シングルスレッドのスコア「1348」※1コアの性能
 ※C=コア T=スレッド

「Ryzen 5 5600H」は、2年くらい前に登場した「Core i9-9880H」とほぼ同じくらいの(シングルでは約14%高い)スコアを記録。OMEN 17(⇒ 実機レビュー)に搭載されている「Core i7-11800H」と比較した場合は約7割くらいの性能です。
 
CPU全体では中間くらいの位置づけになりますが、ゲームやクリエイティブな作業を快適にこなせる性能を備えています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 

※ベンチマークテストはテスト環境(室温)やPCの冷却性能などがスコアに影響する場合があります。あくまでも目安としてご覧ください。




動画エンコードのベンチマーク [x264 FHD Benchmark]

 
x264_Victus 16_220125

x264 FHD Benchmarkで動画エンコード性能を測定

 
・H.264形式の動画(フルHD)をエンコードするテスト
・AMD Ryzen 5 5600H(最大4.2GHz、6コア12スレッド)⇒ CPU-Z
・ベンチマークのスコア「48.13 fps
・エンコード時間 51秒
 ※C=コア T=スレッド

動画のエンコードはマルチスレッドの性能が重要になるので、CINEBBENCH R23のマルチコアテストとほぼ同じような結果になります。

「Ryzen 5 5600H」は1~2世代前のハイエンドCPU(Core i9-10885H、Core i9-9880H)に迫るスコアを記録!
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 

⇒  ◆『x264 FHD Benchmark 』の実機ベンチマークまとめ
※ベンチマークテストはあくまでも目安としてご覧ください。




3DMark「Fire Strike」ベンチマーク

 
Fire Strike_Victus 16_220125_victus専用
 

3DMARK「Fire Strike」ベンチマーク

 
・負荷が高いGPUの性能テスト(DX11、1920×1080)
・NVIDIA GeForce GTX 1650 Laptop ⇒  GPU-Z
・グラフィックステストのスコア「9428」
・テスト1のフレームレート「43.61 FPS」
・テスト2のフレームレート「38.67 FPS」

エントリークラスの「GTX 1650 Laptop」はゲーム向けGPUの中では低い部類になりますが、プロセッサー内蔵グラフィックス(Iris Xe、Radeon Graphicsなど)よりも1.5~2倍くらい高性能です。

快適にプレイできるフレームレートは「60fps以上」がおおよその目安になります。30fpsを切るような状態になると動きが鈍い感じになりますが、40~50fpsくらい出ていればそこそこ動くので十分プレイは可能です。
 
最新3Dゲームを最高画質でプレイするには厳しいスペックですが、画質を中~低にすればとりあえずプレイできる性能は備えています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a






「ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ」ベンチマーク

 
FF14 暁のフィナーレ_最高_1920x1080_01
 
画質設定
※DirectX 11
※1920x1080
最低(FPS)平均(FPS)
最高品質3865.4
高品質(ノートPC)4887.5
標準(ノートPC)
69174.8
 
■「FF14 暁月のフィナーレ」のベンチマーク結果
画面解像度 フルHD(1920×1080)最高画質で「快適」という評価。

このゲームはそれほど重くないので「最高品質」で平均65FPSくらい出ていますが、少し画質を下げた方が滑らかな動きでプレイすることができます。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




「レインボーシックスシージ」ベンチマーク

 
★【最高】Tom Clancys Rainbow Six Siege Screenshot
 
画質設定
※1920x1080
最低
(FPS)
平均
(FPS)
最高
(FPS)
最高品質111154181
超高126159185
128160187
142180212
171194225
 
■「レインボーシックス シージ」のベンチマーク結果
画面解像度 フルHD(1920×1080)最高画質で「快適」にプレイ可能。

軽めのゲームなので「最高品質」でも最低フレームレートが110FPS以上出ていますが、「超高」以上の設定は4GBのVRAMでは少し足りないようです。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




「F1 2021」ベンチマーク

 
【ハイ】F1 2021 Screenshot 2022
 
画質設定
※DirectX 12
※1920x1080
※異方性フィルタリング 2X
※アンチエイリアス TAA
最低
(FPS)
平均
(FPS)
最高
(FPS)
超高435060
ハイ7387101
ミディアム
87103119
ロー91113127
 
■「F1 2021」のベンチマーク結果
画面解像度 フルHD(1920×1080)ハイで「快適」にプレイ可能。

※フレームレートが伸びない傾向のオランダGP(晴天)でテスト。
※起動時にシステムメモリ不足の警告

このゲームは8GBのシステムメモリでは「メモリ不足」のようです。「超高」は少し重いのですが「ハイ」に下げるとそれなりに良い画質で快適にプレイすることができます。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




Forza Horizon 5 ベンチマーク


Forza 5_フルHD_中_設定_02
 
画質設定
※DirectX 12
※1920x1080
※レイトレーシング OFF
最低
(FPS)
平均
(FPS)
最高
(FPS)
エクストリーム※テスト不可
最高19.327.436.6
48.859.969.9
中(推奨)54.767.780.4
73.386.6104.9
 
■「Forza Horizon 5」のベンチマーク結果
画面解像度フルHD(1920×1080)中(推奨プリセット)で快適にプレイ可能。

※エクストリーム:ベンチマーク中に落ちる
※最高設定:システムメモリ不足の警告
 
推奨の「中」で快適にプレイできるフレームレートが出ていますが、「最高」以上の設定は8GBのシステムメモリでは不足していて動作が不安定でした。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a






SSDのベンチマーク [CrystalDiskMark 7]

 
SSD Bench_02_s

512GB SSD(PCIe Gen3x4 NVMe M.2)の仕様・ベンチマーク


■大容量ファイルの転送速度(SEQ1M Q8T1)
連続読み込み:約3607 MB/s
連続書き込み:約3088 MB/s

■小さいファイルのランダムアクセス(RAND4K Q1T1)
ランダム読み込み:約62 MB/s
ランダム書き込み:約151 MB/s
 
■起動時間
最短で約10秒
※電源スイッチを押してからデスクトップ画面が表示されるまでの時間
 
「PCIe Gen3x4」の規格のSSDの中では、転送速度が最も速い部類になります。
 
より高速な規格のSSD(PCIe Gen4x4)を搭載したPC(⇒ ◆OMEN 17-ck 実機レビュー)が登場していますが、Gen3x4のSSDでも十分速いのでとても快適です。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 

※レビュー機に搭載されているSSDの型番は「SK hynix PC711 HFS512GDE9X073N」です。
※販売時期によってメーカーが変更される場合があるので、テスト結果はあくまでも参考としてご覧ください。




3DMARK【STRAGE BENCHMARK】

 
Strage Benchmark_03

3DMARKのゲーム向けSSDベンチマーク「STRAGE BENCHMARK」のスコアは2518でした。

「PCIe Gen3x4」のSSDのスコアは2000前後くらいが多いのですが、Victusに搭載されているSSDはその中でもかなり優秀ですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a


【参考】
SSD(PCIe Gen4x4 NVMe M.2)のスコア:3239 参考画像
◆OMEN 17-ck 実機レビュー





メモリについて

 
Ryzen5 5600H_CPU-Z_03
 

メモリの仕様・容量について


・メモリのタイプ:DDR4-3200MHz
・容量:8GB(8GBx1)
・2スロット (SO-DIMM)  ※最大32GB
シングルチャネルで動作
・メモリを交換可能な設計 ⇒ ◆底面について
 
メモリ搭載量はモデルによって異なります。この記事でテストしたモデレートモデルは8GB、上位のモデレートプラスモデル、アドバンスモデルは16GBのメモリを搭載。

8GBのメモリでもゲームは可能ですが、多くのメモリを要求するゲームをプレイしたときに「メモリ不足の警告」が出る場合がありました。
 
多くのメモリを消費する最新ゲームやクリエイティブな作業をする場合は、最低でも16GB以上のメモリが欲しいですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 






ベンチマーク時の動作温度について

 
★Fire Strike_03_temp

Fire Strike ベンチマーク時の動作温度(室温25℃)


・Ryzen 5 5600H の最大温度「約94℃」
・GTX 1650 Laptop の最大温度「約86℃」

負荷が高い処理を行うとCPUやGPUの動作温度が高くなる場合があります。

負荷が高いCPUのテストでは動作温度が高くなっていますが、それ以外は60~80℃前半くらいに収まっています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 




高負荷時のキーボードの温度について

 
 Victus 16-e_キーボード_20220116_182049258w

 ベンチマーク時のキーボード面の温度(室温25℃)


・ 最も温度が高くなる場所:キーボードの I,O,P キー付近
・Fire Strik  ベンチマーク時の温度:最大39.8℃(※高負荷時)
 ・ゲームで使用するWASDキーは33.3℃

インターネットや動画の視聴などではそれほど熱くなりませんが、負荷の高い処理やゲームをプレイするとキーボードの表面温度が高くなります。
 
33~35℃は「温かさが感じられる」程度ですが、40℃を超えると少し「熱さ」が感じられますね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a





冷却ファンの音について

 
Victus 16-e_底面のデザイン_20220116_183204151

 ベンチマーク時の動作音(冷却ファンの音)について


・インターネットや動画視聴時は「とても静か」
・ゲームをプレイしているときでも「高性能ゲーミングノートよりも静か」

インターネットや動画視聴時の動作音は「とても静か」です。この記事でテストしている「モデレートモデル」は3モデルの中では最も性能が控えめ発熱が少ないので、高負荷時でもファンの回転音や風切り音などは「高性能ゲーミングノートよりも静か」でした。

※高性能なGPUを搭載した上位モデルは発熱が増えるので、「モデレートモデル」よりも少しファンの音が大きくなるかもしれません。

高回転時のファンの動作音は「シャー」というような感じで、耳障りな甲高い音はほとんど聞こえませんでした。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




同梱品について

 
Victus 16-e_同梱品_20220116_025104864
 
■同梱品一覧
・150W ACアダプター
・電源コード
・冊子類(セットアップ手順、サポートガイドブックなど)

製品の「保証書」は梱包箱の赤いビニール袋の中に入っています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 



PCリサイクルラベルについて

 
Victus 16-e_リサイクルマーク_20220116_183500857tw
 
個人向けパソコンには「PCリサイクルラベル」が付属。ノートPCは底面に「リサイクルラベル」がプリントされています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 





【同梱品】150W ACアダプター


Victus 16-e_ACアダプター_20220116_024154669b

150W ACアダプターの特徴


・大容量のACアダプター
・最大消費電力 150W
・サイズ:幅 138mm、奥行き 65mm、厚み 22mm
・質量:約338g
※サイズや重さは実測値。

ゲーミングノートは消費電力が高いので、大容量の150W ACアダプターが付属しています。

ACアダプターはスリムな印象ですが、モバイル向けの(約200g)よりも大きくて重いですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 


ACアダプター_20220115_185230983w

ACアダプターとPCを接続するコードの長さは約1.8m。



Victus 16-e_電源コード_20220115_185024181w

電源コードの長さは約1mで、重さは121g。





インストールされているアプリについて

 
Victus 16-e_アプリ_t

■プリインストールされているアプリ
OMEN Gaming Hub◆関連項目
・HP関連の設定アプリ(HPサポートアシスタント、HP QuickDropを含めて8個)
・Alexa

■ウイルス対策ソフト
・マカフィーリブセーフ(30日版)

■試用版のアプリ
・Dropbox プロモーション
・LastPass
・ExpressVPN など

HPの製品は試用版のアプリは少なめです。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




様々な設定ができる「OMEN Gaming Hub」

 
OMEN Gaming Hub_ホーム

プリインストールされている「OMEN Gaming Hub」で、様々な設定を変更することができます。設定項目は機種によって異なりますが、「Victus 16」の場合はやや少なめです。

HOME画面では現在使用しているPCやOMENの周辺機器などが表示されます。「ギャラリー」には多数の壁紙が多数用意されています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



システムモニター

 
OMEN Gaming Hub_システムモニター
 
「システムモニター」では、PCの動作状況をモニタリングすることができます。


ネットワーク

 
OMEN Gaming Hub_ネットワーク

「ネットワーク」の項目で、プロセスの優先度を割り当てることができます。(※例:ゲームは有線、WebブラウジングはWiFiなど)

「デュアルフォースモード」は、有線と無線でインターネットをつないでいる場合に利用可能です。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



パフォーマンスコントロール

 
OMEN Gaming Hub_パフォーマンスコントロール

パフォーマンスコントロールで、ファンの回転数を抑える「静」と「初期設定」を切り替えることが可能です。(※この記事では「初期設定」でテストを行っています。)

ファンの速度は標準では「自動」に設定されていますが、「最大」で動作させることもできます。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




サポートページ(トラブルシューティング・ドライバー・取扱説明書など)


スクリーンショット_Victus 16 inch Gaming Laptop PC 16-e0000_サポートページ
 
【トラブルシューティング・ドライバー・使用方法など】
◆Victus 16-e0000 サポートページ

【お役立ち情報】
◆HPパソコンが届いたらすぐにやっておきたいこと
◆HP Care Pack(長期保証)について

ユーザーガイド(取扱説明書 PDF)は上記のサポートページからダウンロードすることができます。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




回復ドライブの作成について

 
Victus 16-e_回復ドライブ作成_20220116_020800731w

PCを初期状態に戻す「回復ドライブ」は、USBメモリで作成することができます。

リカバリメディア作成で使用した容量は12.7 GBでした。⇒ ◆スクリーンショット
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 





Victus 16(AMD)のスペック・販売価格

 
Victus 16-e_外観_20220115_135252482bw

「OMEN 16(AMD)」は3モデル用意されています。主な違いは、プロセッサーやグラフィックス、メモリ搭載量、HDMIの仕様、ACアダプターの容量などです。

 
全てのモデルにWindows 11 Home(64bit)がプリインストールされています。価格は2022年4月27日の時点。

■アドバンスモデル【C3】
※AMD Ryzen 7 5800H16GBメモリ、512GB SSD、RTX 3060 Laptop
※HDMI 2.1 出力端子、200W ACアダプター
¥158,000(税込)~

■モデレートプラスモデル【C2】
※AMD Ryzen 5 5600H、16GBメモリ、512GB SSD、RTX 3050 Laptop
※HDMI 2.1 出力端子、200W ACアダプター
¥122,000(税込)~

■モデレートモデル【C1】※この記事でレビュー
※AMD Ryzen 5 5600H、8GBメモリ、512GB SSD、GTX 1650 Laptop
※HDMI 2.0 出力端子、150W ACアダプター
¥104,800(税込)~


【HP公式ストア】
◆Victus 16-e0000(AMD) 製品詳細icon
◆スペックPDF
RTX 3050 Laptop、RTX 3060 Laptopは、リアルな表現が可能になる「レイトレーシング」に対応しています。(※GTX 1650 Laptopは非対応)

クリエイティブな作業をするのなら16GBメモリを搭載した【モデレートプラスモデル】【アドバンスモデル】が適しています。

最新ゲームを楽しみたいのならRTX 3060を搭載した【アドバンスモデル】がオススメですがお値段は高めです。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 



キャンペーン:お得なクーポン!

 
11万円(税込)以上で【5%OFFクーポン】、13万2千円(税込)以上で【7%OFFクーポン】がご利用可能です。 ⇒ ◆HPクーポンの詳細はこちら
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 

■お得なキャンペーン情報
4/20の時点でお得な「ゲーミングPC裏セール」を実施中!実施期間は明記されていないので、予告なく終了する可能性があります。

◆ゲーミングPC裏セール『お得すぎてこっそり開催』icon




Victus 16 モデレートモデル(AMD, GTX 1650 Laptop)の評価

 
Victus 16-e_外観_20220115_220813874b

「Victus 16」はカジュアルゲーマー向けのゲーミングノート


【良いところ】
・シンプルでスタイリッシュな外観
・ヨゴレが目立ちにくいカラー
滑らかな動きを表示可能な高速駆動ディスプレイ(144Hz)
・数値の入力がしやすいテンキー付きの日本語キーボード
メモリやSSDの増設が可能な設計(※パーツの交換は保証対象外となります)
・HPのゲーミングノートの中では価格が安い

【気になるところ・注意点など】
・「GTX 1650 Laptop」はゲーム向けGPUの中では性能が低い部類
・ディスプレイの色域が狭いのでクリエイティブな作業には不向き ⇒ ◆色域について
・メモリが8GBしかないので、作業内容やゲームによってはメモリが不足する場合がある。
 
■Victus 16 モデレートモデル(Ryzen 5 5600H, GTX 1650 Laptop)の評価

「Victus シリーズ」はシンプルな設計のゲーミングノートなので、OMEN 16やOMEN 17(⇒ ◆実機レビュー)などと比較するとゲーム向け機能(イルミネーション、キーのロールオーバー、アンチゴーストなど)などは省かれています。

モデレートモデル【C1】に搭載されている「GTX 1650 Laptop」は、エントリークラスのGPUなので重いゲームをプレイする場合は画質設定を大幅に下げる必要がありますが、軽めのゲームはそれなりに快適にプレイできる性能を備えています。

本格的にゲームやクリエイティブな作業を行うのなら、より高性能なCPUやGPU、16GB以上のメモリを搭載した製品の方が適していると思いますが、予算が限られる方にとっては「Victus 16」は良い選択肢になると思います。
 
 
HPのゲーミングノートで最も価格が安い「Victus 16 モデレートモデル」は、気軽にゲームを楽しみたい方向けの製品です。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 

 

600x100_OMEN 17-ck_実機レビュー_220127_02b

600x100_OMEN by HP VECTOR ワイヤレスマウス_220110_01a

600x100_OMEN-by-HP-OUTPOST-マウスパッド_200827_01a

600x100_HP-Mindframe-PRIME-ヘッドセット_200827_01a

■レビューについて
※商品仕様/価格については最終更新日時点のものです。
※製品仕様やPCパーツのメーカーは販売時期により変更になる場合があります。
※パソコンの色味は照明や環境によって少し違って見える場合があります。
※温度や消費電力の測定値は目安です。使用状況や環境によって変わります。
※できるだけ客観的にレビューしようと心がけていますが、実際の商品を見たり使用したときの感じ方には個人差があります。
 
関連記事

タグ