OMEN 30L_SSDの交換_windows 11のインストール_220102_01

「OMEN 30L」の起動ドライブ(1TB SSD )を大容量の2TBに交換してWindows11をインストールしました! この記事では、交換手順や必要なツール、注意点などをご紹介しています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 
最終更新日:2022年1月13日


196x190_クーポン_220117_01a196x190_お得な情報_211226_01a196x190_納期について_2020年12月_201204_01a




■目次(ページ内リンク)

【使用するPCについて】
◆ゲーミングデスクトップPC「OMEN 30L」について

【パーツ交換時の注意点について】
◆PCパーツの換装や増設時の注意点
◆SSD交換時に必要なツール

【リカバリメディアの作成について】
◆HP クラウドリカバリでツールで「USBリカバリメディア」を作成

【SSDを交換する手順について】
◆起動ドライブの取り外し
◆SSDのヒートシンクを分解
◆ヒートシンクにSSDを装着する
◆マザーボードにSSDを取り付ける

【OSをインストールする(工場出荷状態に戻す)手順について】
◆「USBリカバリメディア」でPCを工場出荷状態に戻すときの注意点
◆「USBリカバリメディア」でWindows 11をインストール

◆まとめ:作業時の注意点など




ゲーミングデスクトップPC「OMEN 30L」について


OMEN 30L_起動ドライブ_211214_01
 
HPのハイエンド・ゲーミングデスクトップ「OMEN 30L」は、PCパーツの交換ができる仕組みになっています。実機レビューやパーツの交換方法などは下記の記事をご覧ください。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a






PCパーツの換装や増設時の注意点



●静電気にご注意ください
メモリやストレージを増設する前に、金属に触って 静電気を放電してから作業をしてください。

●電源コードを外した上で作業を行ってください
感電の恐れがありますので、電源スイッチOFFにして電源コードを外してから分解・増設作業を行ってください。

●マザーボードや配線などを傷つけないようにする
工具などでマザーボードや部品、配線類を傷つけないようにご注意ください。

●怪我にご注意ください
本体内部には金属製の部品や鋭利な部分があるので、怪我には十分お気を付けください。
 
■免責事項
PCパーツの追加や増設による故障は保証対象外となります。この記事を参考にして破損、故障などが起こったとしても当方は一切責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。
 
PCパーツの追加や増設などは自己責任でお願いいたします。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




SSD交換時に必要なツール

 
プラスドライバー_マグネット付き_20210117_220920459w

SSDを固定しているネジには、プラスドライバー(サイズはNo.1)が適合します。

PCの分解をしていると、グリップが細い精密ドライバーではネジが固くて回せないケースが時々あるので、グリップが太めのドライバーを使うことが多いです。

先の部分がマグネットになっているドライバーは、取り外したネジがくっついて落ちにくいので作業がしやすいですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 


ねじ滑り止め液_20211213_180626894w

ネジが硬くて回せない場合は「ネジ滑り止め液」が役に立ちます。1~2滴くらいドライバーの先やネジの溝につけると、摩擦力が増加して滑りにくくなるのでネジを回しやすくなります。

無理にネジを回すとネジの溝をつぶしてしまうので、そのようなときは作業を一時中断し「ネジ滑り止め液」を用意してから再開することをお勧めします。



ネジ滑り止め液_20211215_112047932tw

今回は「SSDをマザーボードに固定しているネジ」と「ヒートシンクのネジ」が固かったので、「ネジ滑り止め液」がとても役に立ちました。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 





HP クラウドリカバリ ツールで「USBリカバリメディア」を作成

 
USB回復ドライブの作成_20201101_155858590w

SSDを取り外す前にUSBで「リカバリメディア」を作成します。

Windows 10の「回復ドライブの作成」で作ったリカバリメディアは、新規SSDにOSをインストールすることができなかったので、今回は「HP クラウドリカバリ ツール」でUSBのリカバリメディアを作成しました。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a

 
HPクラウドリカバリツールの使い方は下記の記事をご覧ください。
◆USBリカバリメディアの作成手順&リカバリ方法
 


HPクラウドリカバリツール_OMEN 30L_s
 
「HPクラウドリカバリツール」は管理者として実行します。チェックを入れて製品のIDを入力するとリカバリメディアを作成することができるようになります。

※OMEN 30L(RTX 3090)の製品ID:1V7E0AA#ABJ
※記事作成時点(2022年1月)でWindows 11に変更されていました。

本当はWindows 10のリカバリメディアを作成したかったのですが、Windows 11しか選択肢がありませんでした。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 



起動ドライブ(SSD)の取り外し

 
■起動ドライブ(SSD)の取り外しの大まかな流れ

1)作業を始める前にPCの電源をOFFにする。
2)電源が落ちたことを確認後、電源ケーブルを外す。
3)ケース後部のボタンを押してサイドパネルを取り外す。
4)プラスドライバー(No.1)でSSDを固定しているネジを外す。
5)SSDを手でもってスロットから取り外す。
 
SSDの交換は難しい作業ではありませんが、PCの内部に触れるときは静電気にご注意ください。⇒ ◆PCパーツの換装や増設時の注意点
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



OMEN by HP 30L Desktop GT13_サイドパネル_矢印_w

背面のボタンを押してサイドパネルを取り外します。

PCの内部に触れる前に、金属部分に触れて体にたまった静電気を逃がしておきましょう。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



OMEN 30L_SSD交換_20211215_103955441_s

メインのSSDを固定しているネジは、プラスドライバー(No.1)で外すことができます。

少し押し付けながら回すことがコツです。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



OMEN 30L_SSDの取り外し_20211215_115914110_s

プラスドライバーでネジを取り外します。

今回は、ネジがとても固くて回せなかったので「ネジ滑り止め剤」を使用しました。⇒ ◆SSD交換時に必要なツール
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



OMEN 30L_SSDの取り外し_20211215_110417403_引き抜き

ネジを取り外すとSSDが斜めの状態になります。

指でヒートシンクをつかんで矢印の方向にひき抜きぬくと、SSDの取り外し作業は完了です。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




SSDのヒートシンクを分解


OMEN 30L_SSDのヒートシンク_20211215_111723680w

SSDのヒートシンクのサイズは幅 73mm × 奥行 24mm × 高さ 23mm、重さは約73g(※SSDを含む)です。

ヒートシンクかなり厚みがある構造なので放熱性能が高そうですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



OMEN 30L_SSDのヒートシンク_20211215_111715172w

反対側の画像。ヒートシンクは合計4つのネジで固定されています。



OMEN 30L_ヒートシンクの取り付け_20211215_115216836w

ヒートシンクのネジは固くて回せなかったので「ネジ滑り止め液」を使用しました。⇒ ◆SSD交換時に必要なツール
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



OMEN 30L_ヒートシンクの取り付け_20211216_163840232bw

ネジを取り外した後、ヒートシンクを上の方に引き抜きます。

シリコンサーマルパッドにSSDがくっついていて取り外しにくいのですが、片側から慎重に外していけば問題ないと思います。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



OMEN 30L_ヒートシンクの取り外し_20211215_113336442w

ヒートシンクからSSDを取り外した状態。

ネジを紛失しないようにご注意ください。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




ヒートシンクにSSDを装着する


OMEN 30L_ヒートシンクの取り付け_20211215_113329867ws

ヒートシンクとSSDは丸くカットされた部分が同じ側になるようにして装着します。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



OMEN 30L_ヒートシンクの取り付け_20211216_163653994w_注意点

今回は標準のSSDではなく、大容量のサンディスクExtreme Pro 2TB(SDSSDXPM2-2T00-J25)を取り付けました。



OMEN 30L_ヒートシンクの取り付け_20211215_115216836w

4つのネジでヒートシンクを固定します。



OMEN 30L_SSDのヒートシンク_20211215_111602477s

ネジでヒートシンクを固定したら作業完了です




マザーボードにSSDを取り付ける

 
OMEN 30L_SSDの取り外し_20211215_110459724s

M.2の端子にSSDを取り付けます。



OMEN 30L_SSDの取り付け_20211215_110417403_01

SSD&ヒートシンクを斜めの状態で端子部分に差し込みます。



OMEN 30L_SSDの取り付け_20211215_115914110_s_ネジ

SSD&ヒートシンクをマザーボード側に押し付けながらネジで固定します。




「USBリカバリメディア」でPCを工場出荷状態に戻すときの注意点


■重要なデータのバックアップと起動ドライブ以外のストレージの取り外しを推奨
HPクラウドリカバリ作成した「USBリカバリメディア」でPCを初期化すると、全てのドライブのデータが消去されるのでご注意ください。

PCのリカバリ作業(初期化)の前に、「重要なデータのバックアップ」と「起動ドライブ以外のストレージの取り外し」を強くお勧めします。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



ストレージの取り外し_20220112_010721509ws

HDDはケーブル類を取り外せばOK。



SSDの取り外し_20210117_221243205s

グラフィックスカードの下に2nd SSDを搭載している場合は、少々面倒でも取り外しておきます。




「USBリカバリメディア」でWindows 11をインストール


PCに接続する周辺機器を最小限にした状態で、PCを工場出荷状態に戻す作業(Windows 11のインストール)を行います。

操作に必要なディスプレイ、キーボード、マウス、LANケーブルのみ接続した状態で作業を行いました。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



USBリカバリメディアの作成_20201101_155858590_t

リカバリメディアをUSBに挿した状態で電源スイッチを入れます。



【OMEN 30L】Windows11のインストール_220111_01s

PCが起動すると最初に言語を選択する画面が表示されます。好みの言語(この記事では日本語)を選択して「OK」をクリック。



【OMEN 30L】Windows11のインストール_220111_02s

リカバリの説明画面を確認し「次へ」をクリック。



【OMEN 30L】Windows11のインストール_220111_03s

システムの復元で「はい」を選択後、「次へ」をクリック

インストール作業中は、電源を切ったりケーブルを抜かないようにしてください。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



【OMEN 30L】Windows11のインストール_220111_04s

警告メッセージを確認し「OK」をクリック。



【OMEN 30L】Windows11のインストール_220111_05

工場出荷時のイメージ復元の準備が始まるのでしばらく待ちます。



【OMEN 30L】Windows11のインストール_220111_06s

「スキップ」をクリックして次に進みます。



【OMEN 30L】Windows11のインストール_220111_07s

復元の準備が完了したら「続行」をクリック。



【OMEN 30L】Windows11のインストール_220111_08s

「外付けデバイスをコンピューターに取り付けないでください。」の警告を確認し「OK」をクリック。これ以降はインストールが完了するまで操作する必要はありません。

インストール時間の目安は35分くらいですが、SSDやUSBメモリの性能によってはもう少し時間がかかるかもしれません。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



【OMEN 30L】Windows11のインストール_220111_09

OSのインストール中は、数回自動的にPCが再起動します。



【OMEN 30L】Windows11のインストール_220111_11

「復元が完了しました」の画面が表示されたらOSのインストール作業は完了です。
 
2つの選択肢がありますが、「シャットダウン」を選択した方が良いかもしれません。「完了」をクリックして再起動するつもりでしたが、数分待っても画面がブラックアウトしたままだったのでPCの電源を切って起動し直しました。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



600_【OMEN 30L】Windows11のインストール_220111_開始

PCを起動するとWindows 11のセットアップ画面が表示されます。

アカウントの設定や更新プログラムのインストールなどが行われるので、Windows 11が利用できるまで少し時間がかかります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



Windows11_PXL_20220112_030156311.png

OMENのデスクトップ画面が表示されるとWindows 11が使えるようになります。

これでSSDの交換とOSのインストール作業は全て完了です。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a





まとめ

 
OMEN 30L_SSDの取り付け_20211215_115914110_s
 

起動ドライブの交換とPCを工場出荷状態に戻すときの注意点

 
・USBのリカバリメディア作成は「HP クラウドリカバリ ツール」を使用
・SSDやヒートシンクのネジが固いので「ネジ滑り止め液」は必須
PCを工場出荷状態に戻すときは、「データのバックアップ」を強く推奨
 
新規のSSDに交換してと工場出荷状態に戻す(OSのインストール)場合は「ある程度決まった方法」があるのですが、機種によっては異なる方法で行う必要があります。

OMEN 30Lの場合は、Windowsの「回復ドライブの作成」で作ったUSBリカバリメディアでは、新規SSDにOSをインストールすることができなかったので、「HP クラウドリカバリ ツール」を使用。本当はWindows 10をインストールしたかったのですが、記事作成時点でWindows 11に変更されていました。

SSDやヒートシンクの取り外しなどは難しい作業ではありませんが、固定しているネジがとても固かったので「ネジ滑り止め液」が必要でした。

PCを工場出荷状態に戻すと搭載している全てのドライブが初期化されてデータが消去されるので、重要なデータはバックアップしておく必要があります。
 
「起動ドライブ以外を外した状態」で工場出荷状態に戻せばデータが消去されることはないのですが、念のためバックアップしておくことをお勧めします。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a


600x100_OMEN 30L_実機レビュー_201210_02a


関連記事

タグ