HP Elite Folio_レビュー_top__211120_01a

ARM版Windowsを搭載した法人向けの2in1コンバーチブルPC「HP Elite Folio」の実機レビュー!

レビュー機は日本仕様です。Windows 10、Snapdragon 8cx Gen2、16GBメモリ、日本語キーボードを搭載しています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 
最終更新日:2021年11月28日


600_7OFFクーポンQRコード_221201_02_詳しくはこちら_01 600x12_空白 600_HPパソコンの納期について_2208020_01 600x12_空白 600_お得なキャンペーンについて_220820_01_ピンク 600x12_空白 600x50_お得なキャンペーン_「OMEN 40L」 10OFFクーポン_221205_01 600x12_空白



■目次(ページ内リンク)
下記のリンクをクリックすると目的の場所に移動します。

HP Elite Folio(法人向けモデル)の製品特徴
◆クロスオーバー2in1デバイス「HP Elite Folio」の注目ポイント
◆レビュー機のスペック
◆ARMアーキテクチャについて
◆Windows11で「x64エミュレーション」に対応

外観/カラー/ボディの素材について
◆外観について:スタイリッシュで上質な手帳のようなノートブック
◆カラーリングについて:ブラックでまとめたシックなカラー
◆素材について:ヴィーガンレザー& マグネシウムのボディ
◆サイズや重さについて

液晶ディスプレイについて
◆13.5インチ(3:2) WUXGA+・IPSディスプレイのスペック/使用感
◆ディスプレイの色域(sRGB、AdobeRGB、DCI-P3)を測定
◆ディスプレイを回転しなくてもタブレットに変形できる独特の機構
◆「メディアモード」または「タブレットモード」利用時のスリープからの復帰について

Webカメラについて
◆720p HD Webカメラ・IRカメラ・プライバシーシャッター付き

各部分の仕様/使い勝手について
◆バックライトキーボード(日本語配列、防滴機能付き)
◆クリックパッド(タッチジェスチャー対応)
◆インターフェース
◆指紋認証センサー(非搭載)
◆サウンド&オーディオ
◆底面のデザイン/冷却機構について

4G LTE/5G について
◆nano SIM カードスロットについて ※デュアルSIM構成
◆4G LTE/5Gの対応バンド 

HP Elite Folioの性能について
◆プロセッサーのベンチマーク [Geekbench5]
◆メモリの仕様/搭載量について
◆SSD のベンチマーク
◆グラフィックスのベンチマーク[Night Raid]
◆バッテリー駆動時間のテスト(Youtubeを視聴)
◆ベンチマーク時の動作温度について
◆高負荷時のキーボードの温度について
◆冷却ファンの音について(ファンレスなので静か)

同梱品に関すること
◆同梱品について
◆専用化粧箱について
◆PCリサイクルラベルについて
◆65W スマートACアダプター
◆HP Elite スリム アクティブペン
 
お役立ち情報
◆サポートページ:トラブルシューティング・ドライバー・取扱説明書
◆回復ドライブの作成について

製品の仕様・価格について

◆「HP Elite Folio」のスペック・販売価格
◆キャンペーン:お得なクーポン!
 
まとめ
◆「HP Elite Folio」の評価

※製品写真は当サイトで撮影したものです。パソコンの色味は照明や環境によって少し違って見える場合があります。◆デスクトップの背景について
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a





クロスオーバー2in1デバイス「HP Elite Folio」の注目ポイント

 
HP Elite Folio_ヴィーガンレザー_20211113_002815637w
 

「HP Elite Folio」の主な特徴・注目ポイント

 
クロスオーバー2in1デバイス(PC⇒タブレットに変形)
・ボディのカバーに「ヴィーガンレザー」を使用
・高い耐久性(MIL-STD 810Hの19項目ものテストをパス)
ARMアーキテクチャを採用
静音性に優れる「ファンレス」仕様
・オルウェイズ コネクテッド(常時接続)
・高速な「Wi-Fi 6」を搭載
「5G」通信に対応
・顔認証でログイン可
・Audio by Bang &Olufsenのスピーカーを4つ搭載
・アクティブペンの「充電機能付き格納庫(トレー)」を搭載

PCからタブレットに変形可能なクロスオーバー2in1デバイス「HP Elite Folio」は、上質な手帳のような外観とARMアーキテクチャを採用していることが大きな特徴です。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 



レビュー機のスペック

 
HP Elite Folio_ヒンジ部分_20211113_002238094w
 

レビュー機(16GBメモリ搭載モデル)の主なスペック

 
・Windows 10 Pro(64bit)
13.5インチ・IPSタッチディスプレイ、WUXGA+(1920×1280)
Qualcomm Snapdragon 8cx Gen28コア、4MBキャッシュ、最大 3.0GHz)
・オンボード16GB(8GB x 2)LPDDR4X
512GB M.2 SSD(PCIe Gen3x4 NVMe)
・Qualcomm Adreno 690 Graphics
nano SIM カードスロット
・Wi-Fi 6  + Bluetooth 5
・リチウムイオンポリマーバッテリ(4セル、46WHr、高耐久性)
・バッテリ駆動時間:最大 約21.1時間
 




ARMアーキテクチャについて

 
ARMアーキテクチャ搭載機は、64 bit (x64) アプリが動作しないという制約があります。
 
64 bit (x64) アプリが動作しない。64bit(ARM64)アプリ、32bit(ARM32)アプリ、または 32bit(x86)アプリが必要。

Windows 10 ARM ベースの PC 用に設計されているハードウェア、ゲーム、ウイルス対策ソフトウェア、およびアプリ用のドライバーのみ動作。

■ベータ版のPhotoshop は Windows10(64bit)のARMデバイスにおいてネイティブ動作(2021年5月の時点)⇒ ◆Photoshop ARM プロセッサーのサポート

■Lightroom 4.1 は、ARMプロセッサーの Windows コンピューターのネイティブ環境で動作 ⇒ ◆アドビのアプリは ARM プロセッサーの Windows コンピューターで動作しますか?

■Microsoft Office マクロソフト オフィス)は32ビット版を選択すればARMベースのプロセッサで動作します。32bit版アドインは使えますが、64bit版アドインは64bit版のOfficeでしか使えません。⇒ ◆64 ビット版または 32 ビット版の Office を選択する
 
実際に使ってみると「64bit版アプリ」が使えないのは不便に感じますね・・・。この記事でいつも使用しているベンチマークソフト(CINEBENCHやFireStrikeなど)やペイントソフトで使えないものがありました。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 



Windows11で「x64エミュレーション」に対応

 
「Windows用のx64エミュレーション」を利用する場合はWindows 11へのアップデートが必須。(※Windows 10は対象外。)

※記事掲載時点では、HP Elite Folioの製品詳細ページに「x64エミュレーション」に関する記載はありません。

【関連記事】
◆「Windows 11 on ARM」のx64エミュレーションが正式リリース
 
「x64エミュレーション」が使えるのなら、この機種の評価は大きく変わりそうですね。多少動作が遅くても、64bitのアプリが「使える」「使えない」の違いはかなり大きいと思います。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 



外観・デザインについて

 
HP Elite Folio_外観_20211111_195435865

スタイリッシュで上質な手帳のようなノートブック


上質な手帳のような外観
・スタイリッシュなデザイン
・側面はディスプレイを開きやすい形状
 
■外観・デザインの評価
「HP Elite Folio」は手帳のような外観が大きな特徴です。基本的には以前に販売されていたHP Spectre Folio(⇒ ◆実機レビュー)とほぼ同じようなデザインですが、カラーがブラックになりパームレスト部分が金属に変更されて、精悍でスタイリッシュな印象に仕上がっています。

他のノートパソコンとは大きく異なる外観は「特別感」がありますね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



HP Elite Folio_外観_G1A8941w

ディスプレイを閉じると「上質な手帳」のような雰囲気。⇒ ◆素材について



HP Elite Folio_スピーカー_20211111_201503273w

側面は内側が「くの字」になっています。指の引っ掛かりが良いのでディスプレイを開きやすいですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



HP Elite Folio_左側面_インターフェース_20211111_202435698w

インターフェースはかなり割り切った仕様で、USB Type-Cとオーディオ端子のみ搭載 ⇒ ◆インターフェースについて



HP Elite Folio_外観_20211111_140500978w

天面にはプレミアムPC向けの「スラッシュロゴ」が刻まれています。
 


HP Elite Folio_ヒンジ部分_20211113_002359456w

独特な変形機構を備えたヒンジ部分。⇒ ◆変形について



HP Elite Folio_メディアモード_後部_20211112_204643125w

「メディアモード」に変形した状態。⇒ ◆変形について



HP Elite Folio_ディスプレイ_20211110_161841422w

ディスプレイのサイズ13.5インチで、アスペクト比は3:2を採用。⇒ ◆ディスプレイについて




カラーリングについて

 
HP Elite Folio_外観_20211111_141158390

ブラックでまとめたシックなカラー


・ヴィーガンレザー:ブラック
・キーボード&パームレスト:ブラック
・アクセントカラー:ステッチ部分(白色)
・ロゴマーク(ディスプレイ下部):光沢感が少な目のシルバー
※色味は光の当たり方や見る角度よって変わります。

■カラーリングの評価
ヴィーガンレザー(天面と底面)とキーボード部分に「ブラック」を採用しているのでシックで精悍な印象です。「ブラック」はSpectre シリーズのアッシュブラック(⇒ 実機レビュー)よりも濃い目の色合いになります。

光輝く部分は一切ありませんが、その代わりに天面の一部にアクセントとして「白色のステッチ」が採用されています。

折り目の付近にさりげない感じでつけられている「白色のステッチ」がオシャレですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 


 HP Elite Folio_素材_20211111_141254495w

ステッチ以外は全て「ブラック」で統一。



HP Elite Folio_HPスラッシュロゴ_20211112_205007042w

刻印スタンプで作成された「スラッシュロゴ」。



HPスラッシュロゴ_G1A8914
 
ディスプレイ下部のロゴマークは光沢感が控えめなシルバーです。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
  




ボディの素材について

 
HP Elite Folio_素材_20211113_002524398w
 

ヴィーガンレザー& 軽量で丈夫なマグネシウムのボディ


ボディにヴィーガンレザー(ポリ塩化ビニル)を採用
・ボディの90%はリサイクルされた「マグネシウム素材」を使用
・キートップはDVDからリサイクルされた素材を50%使用
・スピーカーBOXはオーシャンバウンド・プラスチックを使用
高耐久性(※HP独自のテストとMIL-STD 810Hテストをパス)
 
■ボディの素材について
HP Spectre Folio(⇒ ◆実機レビュー)は本革でしたが、HP Elite Folioは「ヴィーガンレザー」を採用。ポリ塩化ビニル製なのでフェイクレザーになりますが、手で触れた時の質感が良く、持った時に滑りにくいことが特徴です。

HP Spectre Folioはパームレストの部分まで本革で覆われていましたが、HP Elite Folioは天面と底面のみ「ヴィーガンレザー」を採用し、パームレストの部分は金属(マグネシウム)になっています。

「ヴィーガンレザー」は本革のような使うほどの味わい(経年変化)を楽しむことができませんが、お手入れが不要なので扱いやすいですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
  


HP Elite Folio_素材_20211111_140116187w

上質な手触りの「ヴィーガンレザー」を採用。



HP Elite Folio_キーボード_20211110_221305346w
 
「マグネシウム素材」で剛性が高いキーボード部分。法人向けのノートPCは要求が厳しいテストをクリアしているので、個人向け製品よりも耐久性が高くなっています。

キーボード上部に「アクティブペン」を収納できるようになっています。⇒ ◆アクティブペンについて
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 


HP Elite Folio_ロゴマーク_20211110_220752581w

HP Spectre Folio(⇒ ◆実機レビュー)はパームレスト部分が「本革」で覆われていましたが、「HP Elite Folio」は金属です。

キーボード部分は「たわみ」がとても少ないので、しっかりとタイピングすることができますね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 




サイズや重さについて

 
HP Elite Folio_外観_20211114_054352284

カバー付きであることを考慮すれば妥当な重さ

 
・サイズ:298.6 mm(幅)× 229.6 mm(奥行き)
・高さ(厚み):16.1 mm
・質量:約1.33kg (公称値)

■サイズ・重さの評価
「HP Elite Folio」は外側にカバーが付いているので重さは約1.33kgありますが、同じ13.5インチのHP Spectre x360 14(⇒ ◆実機レビュー)とほぼ同じサイズ・重さになります。

「1kg前後のHP製ノートパソコン」と比較すると少し重く感じられますが、十分に持ち運び可能な重さです。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 


HP Elite Folio_質量 1336g_20211113_130015920w

16GBメモリ搭載モデルの実測値は約1.336kg


 
機種名幅(mm)奥行き(mm)高さ(mm)質量
HP Pavilion Aero 13-be
※13.3インチ
29820918.9約957g
HP Elite Dragonfly G2
※13.3インチ
304.3197.516.1約989g
※2セルバッテリ
約1.15kg
※4セルバッテリ
HP Elite Dragonfly
※13.3インチ
304.3197.516.1約999g
※2セルバッテリ
約1.13kg
※4セルバッテリ
HP Spectre x360 13
※13.3インチ
307194.516(最薄部)
18.5(最厚部)
1.24kg
HP ENVY x360 13
※13.3インチ
30619415.5(最薄部)
16.5(最厚部)
1.25kg
HP Elite Folio
※13.5インチ
298.6229.616.11.33kg
HP Spectre x360 14
※13.5インチ
298.37220.1416.991.36kg

 
外側にカバーが付いていてPCバッグ(約200~300g)が不要であることを考慮すると、HP Spectre x360 14でPCバッグ(⇒ ◆HP RENEW スリーブケース14)を使う場合よりも軽いですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 



13.5インチ(3:2) WUXGA+(光沢)・IPSディスプレイのスペック/使用感

 
HP Elite Folio_ディスプレイ_G1A8733_02

HP Elite Folioに搭載されているディスプレイの特徴


・画面のサイズ:13.5インチ
・アスペクト比:3:2
・画面の表示領域:幅 286mm、高さ 190mm ※実測値
・画面解像度:1920×1280(WUXGA+)
・表面処理:光沢
・視野角が広い「IPS方式」
・輝度:400nit
・画素密度:非公開
・色域:非公開
・画面のぎらつき感:少なめですが他のHP製個人向けノートと比較すると少しあり
・ベゼルの幅(黒い部分):上部13mm、左右4mm、下部10mm ※実測値
・タッチ対応
・ペン入力対応(※ワコムAES)
プライバシーモード(覗き見防止機能):非搭載
 
■ディスプレイの評価
HP Elite Folioのディスプレイは、フルHD(1920x1080)よりも縦の表示領域が広い13.5インチ(3:2)を採用。画面をスクロールする頻度が減るの作業時の快適さが向上します。

色域が「非公開」なのでクリエイティブな用途ではお勧めしにくいのですが、色味や発色などは良いので日常的な作業(Webサイトの閲覧や動画視聴など)やビジネス用途で十分使えるレベルです。

このモデルは斜めからの覗き見を防止する「プライバシーモード」が非搭載であることは評価が分かれるかもしれません。公共の場所で使いたい方にとっては気になるところですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 

ディスプレイの使用感について

 
HP Elite Folio_ディスプレイ_20211116_054806504

■表面処理(映り込み)について
「光沢」パネルなので、場所によっては「映り込み」が発生して画面が見にくくなる場合があります。

■視野角について
「IPSパネル」は視野角が広く斜めから見た時の色調の変化が少なめです。

■色域について
いつもレビューで使用している機材が互換性の問題で使用できなかったので、目視で色味をチェックしました。⇒ ◆ディスプレイの色域について

■カラーバランスについて
画面は少し寒色系の色合いに見えますが「極端な青っぽさ」はありません。一般的な使用やビジネス用途では問題ないと思います。

■ぎらつき感
画面のギラつきは「少なめ」です。シビアに評価すると、これまでレビューしてきた他のHP製個人向けノートと比較すると少しありますが、気になるほどではありません。

■輝度(画面の明るさ)について
明るさを最大にした場合でも「まぶしい」と感じることはありませんでしたが、長時間使用する場合は少し明るさを下げた方が目に優しいと思います。
 



ディスプレイの色域について

 
カラー_20211113_213458165w

いつもレビューで使用しているカラーマネージメントツールの「Spyder5 Elite」が互換性の問題で使用できなかったので、目視で色味をチェックしました。

sRGBの色域が70%のディスプレイは色がくすんで見えるのですが、「HP Elite Folio」のディスプレイは色域が100%のHP Pavilion Aero 13-beと同じような色に見えました。

目視で正確な色域は判断できませんが、「HP Elite Folio」のディスプレイは発色が良く鮮やかな色味なのでsRGBカバー率は90%以上だと思われます。
 
sRGBの色域が70%と90%以上のディスプレイは、「色の鮮やかさ」に大きな違いがあるので見た瞬間にわかります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 



ディスプレイを回転しなくてもタブレットに変形できる独特の機構

 
HP Elite Folio_右側面_インターフェース_20211111_202239504

「HP Elite Folio」は、ディスプレイを回転させなくても「タブレットモード」にできる独特の変形機構を備えていることが大きな特徴です。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 


ノートブックモード_変形_20211113_163708497
通常使用する「ノートPCモード」。


 変形_20211113_164436639
「メディアモード」や「タブレットモード」に変形する場合は、ディスプレイの下部を開いて前の方に倒していきます。


メディアモード_変形_20211113_163824236
マグネットが内蔵されているタッチパッドの上側にディスプレイを置くと「メディアモード」になります。


変形_20211113_163842737
「タブレットモード」にする場合は、ディスプレイを前方に引きながら寝かせていきます。

タブレットモード_変形_20211113_191542009
ディスプレイを回転させることなく「タブレットモード」にすることができます。

ディスプレイを回転させることなく変形できるので、電車の席に座っているような窮屈な状態でも「タブレットモード」することができますね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 



「メディアモード」または「タブレットモード」利用時のスリープからの復帰について

 
HP Elite Folio_スリープ_20211116_023849522

「メディアモード」または「タブレットモード」利用時のスリープからの復帰について

・メディアモード
・タブレットモード

この製品は「電源スイッチ」が側面ではなくキーボード上にあるので、上記のモードを利用しているときにスリープ状態になってしまった場合は、キーボード上のキーを押してスリープから復帰させる必要があります。
 
タブレットに変形するコンバーチブルPCは「電源スイッチ」は側面にある方が良いですね。今のところ、スリープ状態になるまでの時間を少し長めに設定するしかなさそうです。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 



720p HD Webカメラ・IRカメラ・プライバシーシャッター付き

 
HP Elite Folio_Webカメラ_ON_20211111_142515904sHP Elite Folio_Webカメラ_OFF_20211111_142515904s
シャッターOFF
(撮影可)
シャッターON
(撮影不可)

Webカメラの仕様・特徴について


・720p HD Webカメラ(固定焦点レンズ)
・静止画:92万画素
・動画:92万画素
・IRカメラ:Windows Hello対応(顔認能機能あり)
・プライバシーシャッター:カメラを隠シャッター

カメラのシャッターはシンプルな「手動式」です。シャッターを閉じるとカメラの部分が白くなります。見た目でカメラが使えない状態だとがわかるので安心ですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




バックライトキーボード(日本語配列、防滴機能付き)

 
HP Elite Folio_日本語キーボード__G1A8692c
※画像をクリックすると拡大表示します。

標準的な配列で使いやすいキーボード


日本語配列(JIS標準準拠、OADG準拠配列、85キー)
・キーピッチ:約18.4×18.4mm
・キーストローク:約1.3mm
・スクリーンショットは Fn + 右shift(prt scr)
防滴機能付き
・バックライト付き(※f 11でON/OFF、2段階調光
・バックライトは何も操作しない状況が約15秒続くと自動的に消灯
 
■キーボードの評価
HPの個人向けノートPCにはキーボードの右端に1列がある特殊な配列の製品がありますが、法人向けの「HP Elite Folio」は標準的な配列が採用されています。キーピッチやキーストローク、「適度なクリック感」がある押し心地などは他のHP製品と同じような感じです。

法人向け製品は標準的な配列なので使いやすいですね。「防滴機能」は少し水がかかる程度なら役に立ちそうです。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 


HP Elite Folio_キーボード_20211115_045319769w

矢印キーは大きめのサイズで、押しやすい凸型の配置。



バックライト_20211113_004313391
 
バックライトは何も操作しない状態が約15秒続くと自動的に消灯します。(※何かキーを押すと再び点灯)

[f 11]キーで、点灯(明るい)>点灯(暗め)>OFF の順に切り替わります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 



クリックパッド(タッチジェスチャー対応)

 
HP Elite Folio_タッチパッド_20211110_220919706w

滑らかな触り心地のクリックパッド


・クリックパッドのサイズ:幅110mm、高さ65mm ※実測値
・表面は滑らかな触り心地
・「カチッ」とした押し心地の左下/右下クリック
・タッチジェスチャー対応

クリックパッドは「大きめのサイズ」で滑らかな触り心地です。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a





インターフェース

 
■インターフェースの評価
HPの法人向け製品は「HDMI出力端子」や従来の「USB Type-A」を備えているものが多いのですが、「HP Elite Folio」はUSB Type-C x2とヘッドフォン端子のみ搭載しています。充電は左右どちらのUSB Type-C 端子でも可能です。

※USB Type-C・・・端子の向きを気にする必要がない最新規格の端子
※HP Fast Charge(急速充電)対応

かなり割り切った仕様なので、従来のUSB機器を接続する場合は「変換アダプタ」や「USB Type-C スマートハブ」のようなものが必要になります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



左側面のインターフェース


HP Elite Folio_左側面_各部名称_01
・USB Type-C(5Gbps高速転送、USB Power Delivery、DisplayPort 1.4機能付き)
・スピーカー

※5Gbps=625MB/s 理論値



右側面のインターフェース


HP Elite Folio_右側面_各部名称_01
・スピーカー
・USB Type-C(5Gbps高速転送、USB Power Delivery、DisplayPort 1.4機能付き)
・コンボステレオヘッドフォン/マイクジャック

薄型のモバイルノートPCなので光学ドライブ(DVDやブルーレイ)やメディアカードスロットは非搭載です。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 



指紋認証センサー

  
「指紋認証センサー」は非搭載です。指紋認証でログインすることはできませんが顔認証は可能です。⇒ ◆Webカメラ・IRカメラについて
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




サウンド&オーディオ

 
HP Elite Folio_スピーカー_20211113_082742787w

「Bang & Olufsen」のスピーカーを4基搭載

 
・サウンドはオーディオメーカーの老舗「Bang & Olufsen」
クアッドスピーカー(キーボードの両端に2基、側面に2基

スピーカーはキーボードの両端に2基、底面に2基搭載しています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a

 
HP Elite Folio_オーディオ_20211115_045848852w
 
キーボードの両端に搭載されているスピーカー。




底面のデザイン/冷却機構について


HP Elite Folio_底面_G1A8720 

底面のデザインについて


・フラットな底面
・吸気口やゴム足などがない
 
ファンレス仕様(冷却ファン非搭載)なので、底面に吸気口はありません。ゴム足もなくフラットな形状になっています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




nano SIM カードスロットについて

 
SIMスロット_G1A8979_2sw

「nanoSIM カード スロット」はペンの収納部分に搭載されています。



SIMスロット_トレイ_G1A8981b_t_2w
 
nanoSIM カードスロットは押すと少し飛び出す仕組みなので「SIMピン」は不要です。

スロットが側面ではなく狭いスペースに搭載されているので、SIMカードを乗せた状態のトレイを差し込みにくいですね。少し手元が狂うとトレイからSIMが外れてしまうことがありました。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 


デュアルSIM仕様(8GB/16GBメモリ搭載モデル)


SIM1_202111201202509fb.pngSIM2.png
SIM1(nanoSIM)SIM2(eSIM)

販売されている2モデル(8GBまたは16GBメモリ搭載モデル)はデュアルSIM構成になっています。SIM1は「nanoSIM」、SIM2は「eSIM」を使用可能です。

「eSIM」はスマートフォンやPCに内蔵された本体一体型のSIMです。オンラインで開通手続きが可能で、SIMカードを差し替える必要がありません。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 

※NanoSIMカードは電源OFFの状態で抜き差しを行ってください。




4G LTE/5Gの対応バンド

 
※SIMカードは本体に同梱されません。
※4G LTE/5G通信を利用するためには、通信キャリアとの通信契約が必要となります。

HP Elite Folioは、4G LTE/5Gに対応しています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 


「Qualcomm Snapdragon X55 5G Modem」のカバーする通信方式及び周波数帯、通信速度


■周波数
•LTE (FDD)
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/
B12/B13/B14/B17/B18/B19/B20/B25/B26/B28/B29/B30/B66

•Penta-band:
DC-HSPA+/HSPA+/HSPA/UMTS
B1/B2/B4/B5/B6/B8/B9/B19

•5GNR Sub 6GHz(5Gモバイルネットワーク)
n1/n2/n3/n5/n7/n8/n12/n20/n28/n38/n41/n66/n77/n78/n79
※国内で利用されていない周波数帯は、海外での利用時(ローミング時または現地SIMカード利用時)に有効となります。ファームウェア更新が必要となることがあります。


■通信速度
•WCDMA PS: UL (384 kbps)/ DL (384 kbps)
•DC-HSPA+ :UL (5.76 Mbps)/ DL (42 Mbps)
•LTE : UL (150 Mbps)/ DL (2Gbps) @5CA CAT20
※規格上の最高速度であり実行有効速度が同様の結果とならない場合があります。
 
 



 プロセッサーのベンチマーク[Geekbench5]

 
Geekbench5_211120_01.png

Geekbench 5 ベンチマーク(室温24℃)


・プロセッサーの性能テスト
・Snapdragon 8cx Gen2(最大3.0GHz、8コア8スレッド)
・マルチスレッドのスコア「3159」※全コアの性能
・シングルスレッドのスコア「798」※1コアの性能
 ※C=コア T=スレッド

ARMアーキテクチャの「Snapdragon 8cx Gen2」は、インターネットや動画の視聴、文書作成などをこなせる性能を備えています。
 
AMD Ryzen 7 5800Uプロセッサー(⇒ ◆実機レビュー)と比較すると6割くらいの性能ですが、少し古め(3年くらい前)のCore i5-7200Uと比較するとマルチスレッドは約2倍も高性能です。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 



メモリについて

 
タスクマネージャー_メモリ
 

メモリの仕様・容量について


・メモリのタイプ:LPDDR4X
・容量:16GB(2 x 8 GB)
オンボード(※マザーボード直付け、交換不可)
 
「HP Elite Folio」は8GBと16GBのメモリを搭載した2モデル用意されています。

インターネットや動画視聴、文書作成なら8GBメモリで十分ですが、画像処理や動画編集などで大きいサイズのデータを取り扱う場合は容量が大きい16GBの方が快適に作業することができます。(※取り扱うデータサイズが小さければ8GBもメモリでも作業可能です。)
 
ビジネス用途では8GBのメモリを搭載したモデルで問題ないと思います。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 





SSDの性能について

 
SSD bench_02_s

512GB SSD (PCIe NVMe M.2) の仕様・ベンチマーク


■大容量ファイルの転送速度(SEQ1M Q8T1)
連続読み込み:約3133 MB/s
連続書き込み:約1270 MB/s

■小さいファイルのランダムアクセス(RAND4K Q1T1)
ランダム読み込み:約30 MB/s
ランダム書き込み:約52 MB/s
 
■起動時間
電源スイッチを押してからデスクトップ画面が表示されるまで約44~50秒
 
「HP Elite Folio」に搭載されている512GB SSDは、他のHPノートPCと同じくらいの性能です。大容量ファイルの転送速度(連続読み込み)は高速な部類になります。
起動時間は何回テストしても約44~50秒くらいかかりました。起動が速い機種は約10~12秒くらい、遅い機種でも20秒くらいで起動しますが、それと比較するとかなり遅めです。スマートフォンのようにスリープで運用することを前提にしているのだと思われます。

プロセッサーがそれほど高性能でなくても、高速なSSDを搭載していれば結構快適に使えますね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 

※レビュー機のSSDの型番は「WDC PC SN730 SDBPNTY-512G-1006」
※販売時期によってメーカーが変更される場合があります。テスト結果はあくまでも参考としてご覧ください。




グラフィックスの性能について

 
Night Raid_211121_01
 

3DMARK「Night Raid」ベンチマーク


・統合GPU向けのベンチマークテスト
Qualcomm Adreno 690 GPU(プロセッサーに内蔵)
・グラフィックステストのスコア「8725」
・テスト1のフレームレート「34.73 FPS」
・テスト2のフレームレート「48.41 FPS」

「Qualcomm Adreno 690 GPU」のグラフィックスは、Iris Xe Graphics(Core i5-1135G7)と比較すると約45%くらいの性能です。
 
ゲーム性能は最新のインテルやAMDのプロセッサー内蔵GPUよりも低い性能ですが、全画面表示でのYouTubeの動画視聴は問題なくこなせる性能を備えています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a





バッテリー駆動時間のテスト(Youtubeを視聴)

 
HP Elite Folio_バッテリー駆動時間_211121_01a
 
■YouTubeのフルHD動画を1時間再生したときのバッテリー残量
【バッテリ残量】94%
※計算上の視聴可能時間は約16時間40分

※バッテリー駆動時間(メーカー公称値)は 最大約21.1時間(JEITA測定法Ver2.0)
※PCの使い方や設定によって駆動時間は変わります。

テスト結果はメーカー公称値の8割くらいの駆動時間でしたが、他のHP製ノートPCは10~12時間くらいが多いので、それと比較すると「HP Elite Folio」の駆動時間は長めですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a


■テスト条件
・YouTubeのフルHD動画を1時間再生
・動画はフルスクリーンで表示
・ディスプレイの明るさ(輝度)を30%に設定
・インターネット接続はWi-Fi経由
・WebブラウザはMicrosoft Edge (マイクロソフト エッジ) を使用
・バッテリー節約機能ON
・BluetoothはON
・キーボードのバックライトをOFF
・音量は10に設定

※メーカーのテスト方法とは異なるのであくまでも目安としてご覧ください。




ベンチマーク時の動作温度について

 
Open Haedware Monitor_01_t

いくつかのアプリで試してみましたが、「Snapdragon 8cx Gen2」の動作温度は測定はできないようです。キーボードの温度から推測すると、それほど熱くならないようですが・・・。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 




高負荷時のキーボードの温度について

 
HP Elite Folio_ディスプレイ_20211110_220359858

 ベンチマーク時のキーボード面の温度(室温24℃)


・ 最も温度が高くなる場所:キーボードの中央(6.7.8キー)付近
・Night Raid  ベンチマーク時の温度:最大38.2℃(※高負荷時)
・動画視聴時の温度:最大32.1℃(※低負荷時)
 
キーボード表面の温度が38℃くらいになると少し熱さ感じられますが、32℃くらいならほんの少し温かい程度です。
 
ゲームをするとキーボード面が少し熱くなりますが、インターネットや文書作成、動画の視聴などではそれほど熱くなりません。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a





冷却ファンの音について

 
HP Elite Folio_外観_デザイン_20211114_054318914

 ベンチマーク時の動作音(冷却ファンの音)について


ファンレス仕様なので「無音」
・静かな場所でも安心して使える

「HP Elite Folio」は冷却ファンを搭載していないので動作音はしません。

かなり静かな場所でもファンの音を気にせず安心して使えますね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




同梱品について


HP Elite Folio_付属品_20211113_132414507
 
■同梱品一覧
HP Elite Folioの専用化粧箱
・ACアダプター
・電源コード(※保護キャップ付き)
・ダッグヘッド
・冊子類(※画面右上の黒い箱に入っています)
・アクティブペン(※PC本体に収納)⇒ ◆アクティブペンについて
替え芯x1、芯抜きx1(※小さくて黒い箱に入っています)
 
保証書は梱包箱の赤い袋に入っています。 ⇒ 参考画像
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 


HP Elite Folio_冊子類_20211113_132808173w

冊子類は薄い箱の中に収められています。



替え芯_芯抜き_PXL_20211113_130203227w

替え芯と芯抜きはそれぞれ1つづつ同梱されています。




専用化粧箱について

 
598_HP Elite Folio_専用化粧箱_20211113_123804389
プレミアム感がある専用化粧箱
HP Elite Folio_専用化粧箱_20211113_132726630HP Elite Folio_専用化粧箱_内部_20211113_160523503t
専用化粧箱の外観専用化粧箱の中身
 
法人向け製品はシンプルな箱に入っていることが多いのですが、「HP Elite Folio」の場合は個人向け製品のSpectre シリーズのような「専用化粧箱」にPC本体や同梱品が収められています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 



PCリサイクルラベルについて

 
スクリーンショット_リサイクルラベル_211127

 
法人向け製品はオプションで「PCリサイクルラベル」を選択可能です。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 





【同梱品】65W スマートACアダプター

 
590_HP Elite Folio_ACアダプター_20211113_133030037
65W スマートACアダプター(約195g)
HP Elite Folio_電源コード_20211113_133124373HP Elite Folio_ダックヘッド_20211113_133238154
電源コード
(長さ1m、約107g)
※日本国内専用
ダックヘッド
(約41g)

65W スマートACアダプターの特徴


・コンパクトなサイズのACアダプター
・最大消費電力 65W
・サイズ:幅 88mm、奥行き 53mm、厚み 20mm
・質量:約195g
急速充電対応
※サイズや重さは実測値。

ACアダプターは「USB Type-C端子」でPCに接続します。左右どちらのUSB-Cポートでも充電可能です。電源ケーブル(コンセント側 2ピン)は取り外し可能で、コンパクトサイズの「ダッグヘッド」も同梱されています。

アダプターのケーブル(ファブリック素材)は本体に巻き付けることができます。コンパクトに収納できるので持ち運ぶときに便利ですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a




【同梱品】HP Elite スリム アクティブペン

 
HP Elite Folio_アクティブペン_20211112_185238514
 

「HP Elite スリム アクティブペン」について

 
「ワコムAESテクノロジ」を採用
・筆圧レベル:4096段階
傾き検知対応
・サイズ:145mm(長さ)× 10mm(幅)× 5mm(厚み)
・質量:11g
・キーボード上部のトレーに収納できる(※充電も可)
 
HP Elite Folioに付属している「HP Elite スリム アクティブペン」は、ワコムAESテクノロジを採用し、筆圧レベルは4096段階、傾き検知にも対応しています。ペンはキーボード上部のトレーに収納&充電が可能。マグネットで収納部にくっつくので逆さになっても落ちません。

ペンをトレーに収納すると充電もできるので便利ですね。電池切れの心配がなく使いたいときにいつでも使えます。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



595_アクティブペン_0G1A9024
アクティブペンの外観
598_アクティブペン_サイドボタン_0G1A9026
サイドボタン
アクティブペン_サイドペン先_20211113_185614454tアクティブペン_サイド後部_20211113_185635782t
ペン先 上部のボタン

ペンの持ち方には個人差があると思いますが、円筒ではなく「少し平べったい形」なので少し独特な持ち心地です。「サイドボタン」は押しにくい印象を持ちました。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



ペンのアプリは標準でインストール済み

 
ペン設定_01

「ペン設定」のアプリはあらかじめインストールされています。アクティブペンを初めて画面に触れたときにアクティブ化され設定が可能になります。

ペン自体はBluetoothでPCと接続(ペアリング)しなくても使えますが、上部のボタンはペアリングすると使えるようになります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



ペンのアプリでボタンの割り当てが可能


pen設定項目_ボタン_01
ボタンの割り当て
pen設定項目_ラジアルメニュー_01pen設定項目_a_01
ラジアルメニューポケットの設定

ペンのアプリで筆圧や傾きの感度の調節、「ボタン」や「ラジアルメニュー」の割り当てを変更することができます。

「ポケットの設定」でアプリを指定すると、ペンを本体から取り外したときに起動します。標準では「Windows Ink ワークスペース」が指定されています。(※無効化も可能)
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a



ペンの描き心地について

 
ホワイトボード_01

ペン先は「やや硬め」ですが、ペンの筆圧や傾きなどの反応は良好です。筆圧や傾きの感度を最大に設定すると、線の強弱がつけやすく弱い筆圧にも反応します。

ペンはメモ書きや簡単なスケッチなどを十分にこなせる性能を備えていますが、お絵描きやイラストの作成で使う場合はアプリの互換性やPCの処理能力などがネックになりそうです。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 



サポートページ(トラブルシューティング・ドライバー・取扱説明書など)


 
スクリーンショット_HP Elite Folio 2-in-1ノートブックPC
 




回復ドライブの作成について

 
HP Elite Folio_リカバリメディア_20211111_203300943w
 
PCを初期状態に戻すときに必要な「回復ドライブ」は、USB メモリ(Type-C)で作成可能です。

実際に作成で使用した容量は7.73GB(⇒ ◆参考画像)でした。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 
 




「HP Elite Folio」のスペック・販売価格

 
HP Elite Folio_外観_20211113_001617341w

 「HP Elite Folio」はメモリとSSDの容量が異なる2モデル用意されています。いずれも「デュアルSIM構成」となっています。⇒ ◆nano SIM カードスロットについて
 
【Directplus専用モデル】HP Elite Folioの主なスペック
OSWindows 10 Pro
ディスプレイ13.5インチ(3:2) WUXGA+ (1920×1280)IPS液晶
マルチタッチ対応、Corning Gorilla Glass 5
プロセッサーQualcomm Snapdragon 8cx Gen2
(8コア、4MBキャッシュ、 最大 3.0GHz)
メモリオンボード8GB
 LPDDR4X
オンボード16GB
LPDDR4X
ストレージ256GB M.2 SSD
(PCIe Gen3x4 NVMe)
512GB M.2 SSD
(PCIe Gen3x4 NVMe)
GPUQualcomm Adreno 690 Graphics
無線Wi-Fi 6 + Bluetooth5
WWANQualcomm Snapdragon X55 5G
インターフェースUSB 3.0 Type-C×2
5Gbps、USB Power Delivery、DisplayPort 1.4機能付き)
コンボステレオヘッドフォン/マイクジャック ×1
サイズ298.6 × 229.6 × 16.1mm
(幅×奥行き×高さ)
質量約1.33kg
指紋認証センサーなし
バッテリ
駆動時間
最大 約21.1時間
※JEITA測定法Ver2.0
販売価格¥184,580(税込)~¥197,780(税込)~
※販売価格は2021年11月27日の時点

2モデルの違いはメモリとSSDの容量のみ。ビジネス用途なら8GBで十分だと思いますが、写真や動画データを取り扱う場合はSSDやメモリの容量が多いモデルの方が適しています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 
 




キャンペーン:お得なクーポン!

 
HP Elite Folio_外観_デザイン_20211117_012909037b

「HP Elite Folio」は法人向けの製品ですが、個人の方でも購入可能です。77,000円(税込)以上で【4%OFFクーポン】をご利用することができます。 ⇒ ◆HPクーポンの詳細はこちら
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_02a




HP Elite Folio(16GBメモリ搭載モデル)の評価

 
HP Elite Folio_アクティブペン_20211113_003158382w
 

「HP Elite Folio」のデザインはとても魅力的。アプリの互換性問題はWindows 11の「エミュレーション機能」に期待。


【良いところ】

他にはない「上質な手帳」のようなデザイン
・ディスプレイを回転させなくてもタブレットモードに変更できる
静音性に優れる「ファンレス」仕様
・HP製ノートPCの中ではバッテリー駆動時間が長め
アクティブペンをキーボード上部に収納できる(※充電も可能)
・デュアルSIM構成(nanoSIN、eSIM)※5G対応

【気になるところ】
アプリの互換性問題(※Windows 11で x64エミュレーション機能が利用可能)
・販売価格が高め
 
「HP Elite Folio」は上質な手帳のようなデザイン、独特な変形機構、ペンを収納&充電できる点など、他のPCにはない特徴を持っていることが魅力的。Snapdragonを搭載しているのでパフォーマンス面ではIntelやAMDに劣りますが、ベンチマークテストではビジネス向けアプリを十分にこなせる性能を備えていて、バッテリー駆動時間は比較的長めでした。

ARMアーキテクチャは「64 bit版の アプリが動作しない」という点がデメリットです。実際に使用してみると、いつも記事作成で利用しているアプリで使えないものがいくつかあり不便に感じましたが、「x64エミュレーション機能」が利用可能になったWindows 11で「64bit版アプリ」がそこそこ快適に使えるのなら大きく評価が変わるかもしれません。

※この記事は「Windows 10」搭載機の評価になります。
 
記事掲載時点(2021年11月)では、製品詳細ページにWindows 11やエミュレーション機能に関する記載がありません。特別な理由がないのなら、Windows機(インテル/AMD)を選択した方が無難だと思います。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_文字あり_01a
 
 

600x100_HP Elite Dragonfly G2_実機レビュー_210621_01c

600x100_HP 65W USB-C スリムACアダプター(USBポート付き)_200524_01d

 
■レビューについて
※商品仕様/価格については最終更新日時点のものです。
※製品仕様やPCパーツのメーカーは販売時期により変更になる場合があります。
※温度や消費電力の測定値は目安です。使用状況や環境によって変わります。
※できるだけ客観的にレビューしようと心がけていますが、実際の商品を見たり使用したときの感じ方には個人差があります。
 

カテゴリ
タグ