CPU Profile_実機ベンチマーク

当サイトで行った「3DMARK:CPU Profile」の実機ベンチマーク結果をまとめました。

84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_02a

最終更新日:2022年4月23日


196x190_クーポン_220514_02b196x190_お得な情報_220301_01a196x190_納期について_220301_01a








3DMARK『CPU Profile』ベンチマークについて

 
水冷CPUクーラー_20201228_173759121

3DMARK『CPU PROFILE』ベンチマークについて

 
・2021年6月24日に公開(※フィンランド時間)
CPUの性能のみ計測
6通りのスレッド数でテスト(最大,16,8,4,2,1)
・有料版「Advanced Edition」と「Professional Edition」に追加

3DMarkの有料版に、CPUの性能を計測する新しいテスト「CPU Profile」(CPUプロファイル)が追加されました。⇒ ◆Steam:3D Mark について
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_02a



★【Core i9-10850K】CPU PROFILE_Intel_210626_05_temp

ベンチマークでは、CPUの性能測定だけでなくテスト中の動作周波数や温度なども記録されます。


 
カスタムラン_02
 
カスタム設定で不要な項目をオフにしてからテストを実施することができます。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_02a




ベンチマークスコアの評価について

 
★【Core i9-10850K】CPU PROFILE_Intel_210626_05

ベンチマークスコアの目安・評価について

 
【最大スレッド】

CPUのすべてのコア・スレッドをテスト。スコアが高いほど高性能です。

【16スレッド以上】
画像や動画の編集、3D CG制作のようなどコンテンツ制作や、CPU負荷の高い科学技術計算、シミュレーションなどの処理で参考になるテスト。

【8スレッド】
マルチコアを有効に活用できる「DirectX 12世代」のゲームで参考になるテスト。

【2~4スレッド】
古めのゲームエンジン(DirectX 9世代)を利用するゲームで参考になるテスト。

【1スレッド】
1コアのみの性能を測定。

クリエイティブな用途(動画編集、3Dレンダリングなど)は【16スレッド】以上のスコア、DirectX 12世代のゲームは【8スレッド】のスコアが参考になります。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_02a





『CPU Profile』ベンチマーク結果まとめ

 
HPパソコンで『CPU Profile』ベンチマークを行った結果をまとめました。


プロセッサー名
※コア=C
スレッド=T
スレッド数
MAX168421
Core i7-12700K
(最大5.0GHz, 12C 20T)
◆OMEN 45L
10106
(436%)
9417
(402%)
7249
(320%)
3712
(223%)
1890
(160%)
1003
(150%
Core i9-10850K
(最大5.2GHz, 10C 20T)
◆OMEN 30L
9034
(390%)
8505
(363%)
6328
(279%)
3348
(201%)
1693
(143%)
850
(127%)
Core i7-11800H
(最大4.6GHz, 8C 16T)
◆OMEN 17-ck
75327518586933691796922
AMD Ryzen 7 5800H
(最大4.4GHz、8C16T)
◆Victus 16-e
62726276547730961571785
Core i5-11400H
(最大4.5GHz, 6C12T)
◆Victus 16-d
56225451473032881775908
Core i9-9880H
(最大4.8GHz, 8C 16T)
◆OMEN X 2S 15
54065385443827131441744
Ryzen 7 5700U
(最大4.3GHz, 8C 16T)
◆HP ENVY x360 15-ee
52815263475627851436731
Ryzen 5 5600H
(最大4.2GHz, 6C 12T)
◆Victus 16-e
51185073454730441588828
Core i7-8750H
(最大5.0GHz, 6C 12T)
◆OMEN 15-dc
40194115351525131323674
Ryzen 7 5800U
(最大4.4GHz, 8C 16T)
◆HP Pavilion Aero 13
39083952340824461516857
Core i7-10750H
(最大5.0GHz, 6C 12T)
◆HP Spectre x360 15-eb
37493809307322671332719
Core i5-1135G7
(最大4.2GHz, 4C 8T)
◆HP Spectre x360 14-ea
28062587262422561497832
Core i5-1135G7
(最大4.2GHz, 4C 8T)
◆HP Elite Dragonfly G2
25822280188316831248798
Core i7-1065G7
(最大4.2GHz, 4C 8T)
◆HP Spectre x360 13-aw
2315
(100%)
2339
(100%)
2264
(100%)
1660
(100%)
1177
(100%)
665
(100%)

コアが多いCPUはマルチスレッドの処理能力が高いので、クリエイティブな用途(特に動画編集や3Dレンダリングなど)に適しています。

ゲーム用途では4~8コアのスコアが目安になるので、コスパを考慮すると無理して高額な10コア以上のプロセッサーを選ぶ必要はなさそうですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_02a


※Core i9-10850Kは「OMEN Gaming  Hub」の初期設定(最大4.9GHz)で動作。

関連記事