Painter 2020 ブラシベンチマーク

当サイトで行った『Painter 2020 ブラシベンチマーク』のベンチマーク結果をまとめました。

最終更新日:2019年12月21日

600x100_HPパソコン割引クーポン_200701_01a



『Painter 2020 ブラシベンチマーク 』

 

ブラシの快適度をチェックする『Painter 2020 ブラシベンチマーク』について

 
600_painter 2020_core i7-8565U_4K_02_test

『Painter(ペインター) 2020 ブラシベンチマーク』は、ペイントソフト「Painter 2020」に搭載されているブラシベンチマーク機能で、Painterのブラシが快適に動作するかをチェックします。
 
◆Painter 2020体験版 ダウンロード
※体験版 は30日無料で試すことができます。


ベンチマーク結果はCPUやGPU性能だけでなく画面解像度も影響


当サイトで行ったベンチマーク結果をまとめました。このソフトは「Brush Accelerator」という機能を備えているので、高性能なGPUを搭載しているとブラシのパフォーマンスが大きく向上します。


Painter 2020 ブラシベンチマーク
※()内の%はCore i5-8265Uとの比較
※アクセラレーター(コンポーネントの加速度)数値が大きいほど高性能
プロセッサー
※()内はGPU
画面解像度スコアアクセラ
レーター
評価
Core i9-9880H
RTX 2080)
フルHD12401
(477%)
66.2 x
(479%)
最高
Core i9-9880H
RTX 2080 Max-Q)
フルHD1126959.3 x最高
Core i7-9750H
(RTX 2070 Max-Q)
フルHD1061054.5 x最高
Core i7-7700K
GTX 1080Ti)
※4.7GHzに
オーバークロック
フルHD1005358.8 x最高
Core i7-8750H
GTX 1070 Max-Q)
フルHD861450 x最高
Core i7-9700T
GTX 1050)
QHD467927.7 x最高
Core i7-1065G7
(Iris Plus Graphics 940)
フルHD371321.3 x良好
4K265518.4 x良好
Core i7-8565U
(UHD Graphics 620)
フルHD271512.4 x良好
4K193511.9 x良好
Core i5-8265U
(UHD Graphics 620)
フルHD2597
(100%)
13.8 x
(100%)
良好
 
高性能な Core i9-9880H プロセッサーとRTX 2080 グラフィックスを搭載した17.3インチ・ゲーミングノート「OMEN by HP 17(⇒ 実機レビュー)」が高いスコアを記録。

RTX 2080 Max-Qを搭載した2画面ゲーミングノート「OMEN X 2S 15(⇒ 実機レビュー)」も、それに近いスコアをたたき出しています。

このベンチマークは「画面解像度」がスコアに影響します。「Core i7-1065G7」を搭載したHP Spectre x360 13-aw0000(2019年12月モデル ⇒ 実機レビュー)、「Core i7-8565U」を搭載したHP Spectre x360 13-ap0000(2018年10月モデル ⇒ 実機レビュー)は、4K解像度でテストした場合はスコアが伸びず「フルHDの7割程度」のスコアに留まっています。
 
4Kディスプレイ・・・3840 x 2160
QHDディスプレイ・・・2560×1440
フルHDディスプレイ・・・1920 x 1080

関連記事