600_OMEN-X-2S-15-と-OMEN-by-HP-17の性能比較_191112_07a
 
2画面の15.6インチ・ゲーミングノート OMEN X 2S 15(RTX 2080 Max-Q)と17.3インチ・ゲーミングノート OMEN by HP 17(RTX 2080)の性能を徹底比較!

hpクーポン プレゼント



■目次(ページ内リンク)
下記のリンクをクリックすると目的の場所にジャンプします。

◆OMEN X 2S 15 と OMEN by HP 17のスペックについて

◆プロセッサーの性能比較(CINEBENCH R20/R15、x264 FHD Benchmark)
◆PCMARK10 ベンチマーク(PCの総合的な性能を評価)

◆SSDの性能比較
◆Port Royal(DXRベースのレイトレーシングベンチマーク)
◆Time Spy(DirectX 12、2560×1440)
◆Fire Strike Extreme (DirectX 11、2560x1440)
◆Fire Strike(DirectX 11、フルHD:1920x1080)

◆ファイナルファンタジーXV(FF15)ベンチマーク
◆ファイナルファンタジーXIV(FF14)漆黒のヴィランズ
◆F1 2019 ベンチマーク(DX11)
◆THE DIVISION2(ディビジョン2)ベンチマーク
◆VRMARK(Orange Room)
◆プロセッサーやグラフィックスの動作温度の比較

◆まとめ:強力な冷却性能を備えた『OMEN X 2S 15』、GPU性能が高い『OMEN by HP 17』



OMEN X 2S 15 と OMEN by HP 17のスペックについて

 
OMEN X 2S 15 と OMEN by HP 17(いずれも2019年モデル)の性能比較は、プロセッサーやグラフィックスの純粋な比較ではなく、冷却性能(エアフロー)や熱伝導素材の違いなどを含んだトータルパッケージでの比較になります。

ベンチマーク結果の比較をする前に、OMEN X 2S 15 と OMEN by HP 17のスペックの違いについて簡単にまとめました。主な違い(ベンチマークで影響が出ると思われる部分)は、ヒートスプレッダーの熱伝導素材、ストレージ構成、グラフィックス(GPU)などです。

OMEN by HP 17のメモリは、仕様ではDDR4-2666MHzと記載されているのですが、実際にはOMEN X 2S 15 と同じ「DDR4-3200MHz」が搭載されていたので、メモリの性能は同等と考えられます。


スペック比較

235_OMEN X by HP 2S 15-dg0000_左斜め_0G1A4033-2
OMEN X 2S 15-dg0010TX
エクストリームプラスモデル
 

250_HP OMEN by HP 17-cb0004TX_右斜め_0G1A4947-2
 OMEN by HP 17-cb0004TX
エクストリームモデル

◆実機ベンチマーク◆実機ベンチマーク
Windows 10 Home (64bit)Windows 10 Pro (64bit)
Core i9-9880H
Core i9-9880H
熱伝導素材:液体金属通常のグリス
モバイル インテル
HM370 チップセット
モバイル インテル
HM370 チップセット
32GB (16GB×2)
DDR4-3200MHz
32GB (16GB×2)
DDR4-2666MHz
※DDR4-3200MHz
512GB SSD
(PCIe NVMe M.2)
 QLC NAND 採用
1TB SSD
(PCIe NVMe M.2)
インテル Optane メモリー H10 &
 ソリッドステート・ストレージ
 (32GB / NVMe M.2)
GeForce RTX 2080
with Max-Q Design
GeForce RTX 2080
15.6インチワイド
フルHD非光沢
IPSディスプレイ
144Hz駆動
フルHD(1920×1080)
最大1677万色
輝度:300nit
NVIDIA G-SYNC 対応
※sRGBカバー率96%
17.3インチワイド
フルHD非光沢
IPSディスプレイ
144Hz駆動
フルHD(1920×1080)
最大1677万色
輝度:300nit
NVIDIA G-SYNC 対応
※sRGBカバー率97%
セカンドディスプレイ搭載
外付AC アダプター
最大 230W
外付AC アダプター
最大 330W




プロセッサーの性能比較(CINEBENCH R20/R15、x264 FHD Benchmark)

 
HP OMEN by HP 17-cb0004TX_IMG_20191103_152109b_t

プロセッサーのテストでは、CINEBENCH R20、CINEBENCH R15、x264 FHD Benchmark(H.264形式の動画をエンコード)を使用して性能を比較します。


CINEBENCH R20 ベンチマーク
 
OMEN X 2S 15_core i9-9880H_CINEBENCH R20_01t
 
 
CINEBENCH R20_01t
 
OMEN X 2S 15
(Core i9-9880H)
OMEN by HP 17
(Core i9-9880H)
 マルチコア:3156 cb
シングルコア:467 cb
 
マルチコア:3610 cb
シングルコア:469 cb
 
 
同じプロセッサーを搭載しているのですが、マルチコアテストで14%も差が出ました。

ベンチマーク時の熱の問題(サーマルスロットリング)はどちらのモデルでも発生していませんでしたし、動作温度はOMEN X 2S 15の方が数℃ほど低かったので原因は「熱」以外だと考えられるのですが、限られた時間の中では何が問題なのかわかりませんでした。
  
機会があったら再度テストを行いたいと思います。



CINEBENCH R15 ベンチマーク
 
OMEN X 2S 15_core i9-9880H_CINEBENCH R15_01t
 
 
Core i9-9880H_CINEBENCH R15_01t
 
OMEN X 2S 15
(Core i9-9880H)
OMEN by HP 17
(Core i9-9880H)
 マルチコア:1629cb
シングルコア:198 cb
 
マルチコア:1565 cb
シングルコア:195 cb
 
 
CINEBENCH の旧バージョン「R15」では、マルチコアテストでOMEN X 2S 15の方が4%くらい良いスコアが出ていますが、誤差などを含めるとほぼ同じくらいと考えてよいと思います。




x264 FHD Benchmark ベンチマーク
 
OMEN X 2S 15_core i9-9880H_x264_00b_2
 
 
x264 bench_04
 
OMEN X 2S 15
(Core i9-9880H)
OMEN by HP 17
(Core i9-9880H)
フレームレート:51.5 fps
エンコード時間:48秒
 
フレームレート:47.7 fps
エンコード時間:53秒
 
 
OMEN X 2S 15の方が7%くらい良いスコアが出ていますが、誤差というには少し大きな違いです。ベンチマーク中の動作温度が影響しているのかもしれません。
 



PCMARK10 ベンチマーク(PCの総合的な性能を評価)

 
「PCMark 10」はパソコンの総合的な性能を評価するベンチマークです。
 
・Essentials(PCの基本性能を測定、アプリの起動、Webサイトの閲覧)
・Productivity(文書作成アプリ使用時の性能測定)
・Digital Content Creation(デジタルコンテンツの作成、写真編集、動画編集、3D)


PCMARK 10 ベンチマーク
 
OMEN X 2S 15_core i9-9880H_PCMARK10_01
 
Core i9-9880H_PCMARK10_03
OMEN X 2S 15
(RTX 2080 Max-Q)
OMEN by HP 17
(RTX 2080)
 
 スコア:6311
 Essentials:9567
 Productivity:7911
 DigitalContent:9011
 
 スコア:6340
 Essentials:9082
 Productivity:8004
 DigitalContent:9515
PCMARK10_m_20191123050353a5d.pngスクリーンショット_PCMARK10_m
 
総合スコアはほぼ同じくらいですが、内容に関しては少し異なる結果が出ています。

「Essentials」は日常的な作業(アプリの起動、Webサイトの閲覧)を行ったときのテストです。OMEN X 2S 15の方が5%くらい良いスコアが出ていますが、特にアプリの起動が約13%も速いという結果が出ているので、小さいファイルの転送速度が大きく向上する「インテル Optane メモリー H10」というキャッシュが影響している可能性があります。

事務系のアプリケーションを使用したときの性能を測定する「Productivity」はほぼ同じスコアでした。

DigitalContentCreation(写真編集、動画編集、3D処理)のテストでは、グラフィックス性能が高い「RTX 2080」を搭載しているOMEN by HP 17の方が5%くらい良いスコアを出しています。
 



SSDの性能比較

 
「CrystalDiskMark 6.0.2」でストレージの性能を測定します。


CrystalDiskMark 6.0.2 ベンチマーク
 
20191010185106b87s_20191112121927cd3.png
 
 
2019103121540500d_s.png
 
OMEN X 2S 15
512GB SSD + Optane H10
(PCIe NVMe M.2)
OMEN by HP 17
1TB SSD
(PCIe NVMe M.2)
 
起動時間:11~12秒
 
起動時間:11~12秒
 
このベンチマークの注目ポイントは「Seq Q32T1」と4「KiB Q1T1」の2ヶ所です。

一番上の項目「Seq Q32T1」は動画ファイルのような大きいデータの転送し続けたときの速度になります。書き込み速度はいずれも2000MB/sを超えていますが、書き込み速度に関してはOMEN by HP 17に搭載されているSSDの方が2倍ほど速くなっています。

一番下の項目「4KiB Q1T1」は小さいファイルを転送したときの速度で、日常的な作業(アプリの起動、ファイルの読み書きなど)での体感速度に影響します。

「4KiB Q1T1」のテストでは、高速なキャッシュの「インテル Optane メモリー H10」を搭載しているOMEN X 2S 15の方が圧倒的に速いという結果が出ました。書き込み速度はほぼ同じくらいですが、読み込み速度が3倍くらい速くなっています。起動時間はあまり変わらなかったのでどのような処理でも速くなるわけではなさそうですが、日常的な作業のレスポンス向上が期待できそうです。(※参考動画:HP Spectre x360 with Intel Optane SSD
 
実際の使用(体感)では、通常のSSD (PCIe NVMe M.2)でも十分速く快適なので、512GB SSD + Optaneではなく容量が大きい1TB SSD を選択するのはアリだと思います。(※OMEN X 2S 15の場合)


※高速スタートアップ有効(初期設定)

※起動時間は電源スイッチを押してからデスクトップ画面が表示されるまで。

※上記の起動時間は最も速かったものを掲載。PCの環境(OSやBIOSのバージョン)の違い、PCの設定を変更した場合などは上記のような結果が出ない場合があります。




Port Royal(DXRベースのレイトレーシングベンチマーク)

 
「Port Royal」はDXRベースのレイトレーシングベンチマークで、画面解像度はWQHD(2560x1440)
 
※Graphics Score・・・グラフィック性能を測定するテスト。
※CPU Score ・・・CPUの性能測定に特化したテスト。
 
Port Royal
 
OMEN X 2S 15_RTX 2080 Max-Q_port royal_00b
 
 
Port Royal_03
 
OMEN X 2S 15
(RTX 2080 Max-Q)
OMEN by HP 17
(RTX 2080)
 
スコア:4359
Graphics Score:4359
Graphics Test20.18 FPS
 
スコア:5694
Graphics Score:5694
Graphics Test26.36 FPS
OMEN X 2S 15_RTX 2080 Max-Q_port royal_00b_mPort Royal_02m
 
「RTX 2080」は「RTX 2080 Max-Q」よりも30%くらい高いスコアを出していますが、非常に重いテストなので、高性能なGPUでも30FPSを切っています。




Time Spy(DirectX 12、2560×1440)

 
「Time Spy」は、DirectX 12世代のGPU性能を計測するベンチマークテスト。画面解像度は2560×1440です。
 
※Graphics Score・・・グラフィック性能を測定するテスト。
※CPU Score ・・・CPUの性能測定に特化したテスト。
 
Time Spy
 
OMEN X 2S 15_RTX 2080 Max-Q_Time Spy_00b
 
 
Time Spy_01
 
OMEN X 2S 15
(RTX 2080 Max-Q)
OMEN by HP 17
(RTX 2080)
 
スコア:7691
Graphics Score:7371
CPU Score:
10211
 
スコア:9397
Graphics Score:9480
CPU Score:
8956
Time Spy_モニタリングTime Spy_02m
 
「RTX 2080」は「RTX 2080 Max-Q」よりも28%くらい高いスコアを出しています。CPU Scoreの14%の違いは、冷却性能が影響しているのかもしれません。OMEN by HP 17の方が高めの温度で推移(90℃を超えている)しているので、サーマルスロットリングが発生しパフォーマンスが抑制されている可能性があります。
 

■サーマルスロットリング
CPUが熱くなりすぎて壊れるのを防ぎますが、この
機能が動作するとCPUの動作周波数を下げて発熱を抑えるのでパフォーマンスが低下します。




Fire Strike Extreme (DirectX 11、2560x1440)

 
「Fire Strike Extreme」は、DirectX 11のGPU性能を計測するベンチマークで、画面解像度はWQHD(2560x1440)です。
 
※Graphics Score・・・グラフィック性能を測定するテスト。
Physics Score ・・・CPUの性能測定に特化したテスト。
Combined Score ・・・CPUとGPUを利用したテスト。
 
Fire Strike Extreme
 
OMEN X 2S 15_RTX 2080 Max-Q_Fire strike extreme_00b
 
 
Fire Strike Extreme_01
 
OMEN X 2S 15
(RTX 2080 Max-Q)
OMEN by HP 17
(RTX 2080)
 
スコア:8473
Graphics Score8468
Physics Score
21953
Combined Score
4423

テスト1:
42.41 FPS
テスト2:32.53 FPS
 
スコア:9592
Graphics Score9730
Physics Score
20409
Combined Score
5045

テスト1:
48.64 FPS
テスト2:
37.43 FPS
Fire Strike Extreme_モニタリングFire Strike Extreme_02m
 
「RTX 2080」は「RTX 2080 Max-Q」よりも14%くらい高いスコアを記録。Physics Score(CPUテスト)は、「液体金属」でプロセッサーを強力に冷却するOMEN X 2S 15の方が7%くらい良いスコアを出しています。




Fire Strike(DirectX 11、フルHD:1920x1080)

 
「Fire Strike」は、DirectX 11レベルのグラフィックス機能を用いたゲーミングPC向けの負荷が高いテストです。解像度はフルHD(1920x1080)になります。
 
※Graphics Score・・・グラフィック性能を測定するテスト。
Physics Score ・・・CPUの性能測定に特化したテスト。
Combined Score ・・・CPUとGPUを利用したテスト。
 
Fire Strike
OMEN X 2S 15_RTX 2080 Max-Q_Fire strike_00b 
Fire Strike_02
 
OMEN X 2S 15
(RTX 2080 Max-Q)
OMEN by HP 17
(RTX 2080)
 
スコア:17362
Graphics Score19072
Physics Score
21703
Combined Score
8803

テスト1:90.75 FPS
テスト2:
76.34 FPS

 
スコア:19452
Graphics Score22473
Physics Score
20525
Combined Score
9323

テスト1:108.36 FPS
テスト2:88.97 FPS
Fire Strike_モニタリングFire Strike_02m
 
「RTX 2080」は「RTX 2080 Max-Q」よりも17%くらい高いスコアを記録。Physics Score(CPUテスト)に関しては、OMEN X 2S 15の方が5%くらい良いスコアです。グラフを見ると温度上昇がゆるやかで「液体金属」の熱伝導効率の良さがうかがえます。




ファイナルファンタジーXV(FF15)ベンチマーク

 
「ファイナルファンタジー15」のベンチマークは、画面サイズをフルHD(1920x1080)、グラフィックは高品質に設定。
 
 
ファイナルファンタジーXV ベンチマーク
OMEN X 2S 15_RTX 2080 Max-Q_FF15_フルHD _高品質_01 
RTX 2080_FF15_フルHD_最高_03
 
OMEN X 2S 15
(RTX 2080 Max-Q)
OMEN by HP 17
(RTX 2080)
画面サイズ:1920x1080
グラフィック:高品質
画面サイズ:1920x1080
グラフィック:高品質
 
スコア:8030
評価:快適

最高:121 FPS
平均:82 FPS
最低:51 FPS
 
スコア:9525
評価:とても快適

最高:141 FPS
平均:95 FPS
最低:63 FPS
 
「RTX 2080」は「RTX 2080 Max-Q」よりも約18%高いスコアを記録。平均フレームレートが13FPSくらい高く、最低フレームレートは60FPS以上をキープ。




ファイナルファンタジーXIV(FF14)漆黒のヴィランズ

 
「FF14漆黒のヴィランズ」のベンチマーク(DX11)のテストは、フルHD(1920x1080)、最高画質に設定。
 
 
ファイナルファンタジーXV ベンチマーク
OMEN X 2S 15_RTX 2080 Max-Q_FF14ヴィランス_フルHD _最高_01 
RTX 2080_FF14ヴィランズ_フルHD_最高_05
 
OMEN X 2S 15
(RTX 2080 Max-Q)
OMEN by HP 17
(RTX 2080)
画面サイズ:1920x1080
グラフィック:最高品質
画面サイズ:1920x1080
グラフィック:最高品質
 
スコア:16566
評価:非常に快適

最高:284 FPS
平均:119 FPS
最低:49 FPS
 
スコア:16621
評価:非常に快適

最高:332 FPS
平均:127 FPS
最低:56 FPS

スコアは大きな差が出ませんでしたが、平均フレームレートは6%くらい「RTX 2080」の方が高くなっています。




F1 2019 ベンチマーク(DX11)

 
最新レースゲーム「F1 2019」のベンチマーク。フルHD(1920x1080)・最高画質(超高)でどれくらいのフレームレートでプレイできるのかをチェックします。
 
■F1 2019 ベンチマークの設定
解像度:1920x1080
表示モード:フルスクリーン
Vsync:オフ
アンチエイリアス:TAA
異方性フィルタリング:16x
DirectX 11

■アドバンス設定(グラフィック)
詳細プリセット:超高

20190908194043_1.jpg
 
F1 2019 ベンチマークテスト
DX11・フルHD(1920x1080)・最高画質(超高)
機種名OMEN X 2S 15
(RTX 2080 Max-Q)
OMEN by HP 17
(RTX 2080)
最低平均最高最低平均最高
モナコ718410094118154
イギリス7089103100139172
シンガポール7490103113142163
日本(鈴鹿)7492104105138162
アメリカ7293103111143172
※赤字・・・最高値 ※青字・・・最低値

「RTX 2080」は「RTX 2080 Max-Q」よりも、40~50%も高い平均フレームレートを記録。他のベンチマークよりも大きな差が出ています。



THE DIVISION2(ディビジョン2)ベンチマーク

 
■THE DIVISION2 ベンチマークの設定
解像度:1920x1080
表示モード:フルスクリーン
DirectX 12
垂直同期:オフ
 
THE DIVISION2_フルHD_ウルトラ_01

ベンチマーク結果(平均)
DX12・フルHD(1920x1080)
OMEN X 2S 15
(RTX 2080 Max-Q)
OMEN by HP 17
(RTX 2080)
画質スコアFPS(平均)スコアFPS(平均)
ウルトラ7360829130102
1206013515102169

「RTX 2080」は「RTX 2080 Max-Q」よりも、約25%も高いスコアを記録しました。



VRMARK(Orange Room)

 
「Orange Room」は、現在の標準的な負荷でVR性能を調べるテストです。(※目標フレームレートは109.00 FPS)


Fire Strike
OMEN X 2S 15_RTX 2080 Max-Q_VRMARK orange_01 
VRMARK_orange_01.png
 
OMEN X 2S 15
(RTX 2080 Max-Q)
OMEN by HP 17
(RTX 2080)
 
スコア:10444
平均フレームレート
227.67
FPS
 
スコア:10757
平均フレームレート
234.51
FPS
 
VRのテストでは大きな差が出ませんでしたが、「RTX 2080」は「RTX 2080 Max-Q」よりも、約3%高いスコアを記録。いずれも目標フレームレート(109.00 FPS)の2倍以上のフレームレートを出しています。




プロセッサーやグラフィックスの動作温度の比較

 
OMEN X by HP 2S 15-dg0000_セカンドスクリーン_0G1A4606t

ベンチマーク時のプロセッサーやグラフィックスの動作温度をまとめました。


プロセッサーの動作温度(室温25℃)
OMEN X 2S 15
Core i9-9880H
OMEN by HP 17
Core i9-9880H
ベンチマークテスト名最大平均最大平均
CINEBENCH R2083 ℃67 ℃87 ℃79 ℃
CINEBENCH R1582 ℃68 ℃85 ℃66 ℃
x264 FHD Benchmark83 ℃67 ℃96 ℃86 ℃
PCMARK1092 ℃59 ℃98 ℃58 ℃
Port Royal80 ℃59 ℃97 ℃64 ℃
Time Spy91 ℃65 ℃98 ℃73 ℃
Fire Strike Extreme87 ℃61 ℃98 ℃67 ℃
Fire Strike86 ℃64 ℃99 ℃71 ℃
FF14
漆黒のヴィランズ
79 ℃70 ℃97 ℃80 ℃
FF1586 ℃74 ℃100℃89 ℃
F1 201988 ℃76℃98 ℃74 ℃
THE DIVISION287 ℃73 ℃95 ℃84 ℃
VRMARK80 ℃65 ℃97 ℃74 ℃
アイドル時45 ℃ 前後38℃ 前後
 
「OMEN X 2S 15」はヒートスプレッダーの熱伝導素材に「液体金属」を採用しているので、通常のグリスを使用している「OMEN by HP 17」よりもベンチマーク中の温度は数℃~10℃くらい低めでした。

「液体金属」は負荷をかけた時の温度上昇が緩やかですが、通常のグリスの場合は負荷をかけるとすぐに90℃を超えてしまうケースが多く見られました。

「液体金属」の塗り方は個体差があるかもしれないので、当サイトの結果と全く同じにはならないかもしれませんが、「液体金属」と通常のグリスとの違いはハッキリと分かりました。
 
「液体金属」は通常のグリスよりも熱伝導率が約10倍も優れています。



グラフィックスの動作温度(室温25℃)
OMEN X 2S 15
RTX 2080
(Max-Q)
OMEN by HP 17
RTX 2080
ベンチマークテスト名最大平均最大平均
PCMARK1062 ℃48 ℃63 ℃43 ℃
Port Royal62 ℃56 ℃68 ℃60 ℃
Time Spy65 ℃57 ℃68 ℃58 ℃
Fire Strike Extreme62 ℃56 ℃67 ℃58 ℃
Fire Strike64 ℃59 ℃69 ℃59 ℃
FF14
漆黒のヴィランズ
68 ℃64 ℃73 ℃67 ℃
FF1570 ℃66 ℃75 ℃70 ℃
F1 201971 ℃69 ℃72 ℃65 ℃
THE DIVISION270 ℃66 ℃74 ℃70 ℃
VRMARK66 ℃56 ℃68 ℃57 ℃
アイドル時41 ℃ 前後38℃ 前後
 
グラフィックスの動作温度はプロセッサーよりも低めで、いずれのGPUも80℃以上になることはなく最大でも70℃台中盤くらいに収まっていました。全体的な傾向としては、ベンチマーク専用アプリの「3DMARK」よりもゲームベンチマークの方が動作温度が高めです。




まとめ

 
OMEN-X-2S-15-と-OMEN-by-HP-17の性能比較_191112_03a

強力な冷却性能を備えた『OMEN X 2S 15』、GPU性能が高い『OMEN by HP 17』

 
OMEN X 2S 15 と OMEN by HP 17(2019)を比較してわかったことをまとめました。
  
■OMEN X 2S 15(Core i9-9880H、RTX 2080 Max-Q)
・熱伝導素材に「液体金属」を使用しているので冷却性能が優れている。
・グリスよりも高負荷時の温度上昇が緩やかで、動作温度が5~10℃くらい低め。
・CPUのスコアはOMEN by HP 17よりも数%くらい高いことが多かった。
・Optane メモリは小さいファイルの読み込み速度が非常に速い。
・「RTX 2080 Max-Q」の性能の目安はRTX 2080の7~8割くらい。※1
販売価格 ¥300,000(税抜)~ ※2

■OMEN by HP 17(Core i9-9880H、RTX 2080)
グリスなので高負荷時のCPUの温度はOMEN X 2S 15よりも高め。
・CPUのスコアはOMEN X 2S 15の方が少し良いことが多い。
・SSDは「Optaneメモリなし」ですが十分快適な速さ。
・「RTX 2080」はRTX 2080 Max-Qよりも2~3割くらい高性能。※1
販売価格 ¥250,000(税抜)~ ※2

※1 ベンチマークによってはそれ以上の差が出る場合や、逆に差が付かない場合がありました。
※2 販売価格は2019年11月13日の時点。
性能と価格を考慮するなら、グラフィックスの性能が高い「OMEN by HP 17」の方がコストパフォーマンスは良いと思います。

「OMEN X 2S 15」は薄型のゲーミングノートですが、「液体金属」を採用することで大柄な17.3インチモデルよりも冷却性能が強力。グラフィックスの性能は少し控えめですが最新3Dゲームを快適にプレイできる性能を備えています。2画面を搭載しているので、これまでにない楽しみ方ができることが大きな魅力です。
 



■OMEN X 2S 15  エクストリームプラスモデル(Core i9-9880H、RTX 2080 Max-Q)
¥300,000(税抜)~

【メーカー製品詳細ページ】

◆OMEN X by HP 2S 15-dg0000 シリーズ 製品詳細icon
◆OMEN X by HP 2S 15-dg0000(スペックPDF)

【OMEN X 2S 15 実機レビュー】
◆価格も性能もヤバイ!2画面ゲーミングノート『OMEN X 2S 15』の外観や機能性を徹底レビュー!
◆OMEN X 2S 15(Core i9-9880H、RTX 2080 Max-Q)のベンチマーク




■OMEN by HP 17 エクストリームモデル(Core i9-9880H、RTX 2080)
¥250,000(税抜)~

【メーカー製品詳細ページ】
◆OMEN 15 & OMEN 17 製品詳細icon
◆OMEN by HP 17-cd0000(スペックPDF)

【OMEN by HP 17 実機レビュー】
◆HP OMEN by HP 17-cb0000のデザインや色域、使い勝手をチェック!
◆エクストリームモデル(Core i9-9880H、RTX 2080)のベンチマー


 

■レビューについて

※商品仕様/価格については、記事の最終更新日2019年11月13日時点のものです。
※製品仕様やPCパーツのメーカーは販売時期により変更になる場合があります。
※温度や消費電力の測定値は目安です。使用状況や環境によって変わります。
※できるだけ客観的にレビューしようと心がけていますが、実際の商品を見たり使用したときの感じ方には個人差があります。
 
※デスクトップ画面の壁紙は写真素材【PIXTA】の素材を使用しています。素材番号: 55040574(※参考画像)、53667160(※参考画像)、57649983(※参考画像)、16205520(※参考画像)。

関連記事

カテゴリ
タグ