第2世代 Ryzenを搭載した『HP ENVY x360 13』の製品特徴・新旧モデル比較 | お気に入りHPパソコン

第2世代 Ryzenを搭載した『HP ENVY x360 13』の製品特徴・新旧モデル比較

HP-ENVY-x360-13-ar0000_製品特徴_190621_01a

2019年6月19日より、日本HPが第2世代 Ryzen(Picasso)を搭載した新製品「HP ENVY x360 13」の販売を開始!製品の特徴を簡潔にまとめました。
 
実機ベンチマークでは、スタンダードモデル(Ryzen 5 3500U)とパフォーマンスモデル(Ryzen 7 3700U)の性能を比較しています!




■目次(ページ内リンク)
下記のリンクをクリックすると目的の場所にジャンプします。

【新製品の特徴・新旧モデル比較】
◆13.3インチ・HP ENVY x360 13-ar0000 シリーズの製品特徴
◆新モデルの特徴・旧モデルからの主な変更点
◆新旧モデルスペック比較
◆ディスプレイの比較(sRGBの色域をチェック)※7/24更新
◆第2世代 Ryzen APU(Picasso)の性能について

【AMD Ryzen 7 3700U、Ryzen 5 3500Uプロセッサーの実機ベンチマーク】
◆プロセッサーの性能テスト(CINEBENCH R15)
◆プロセッサーの性能テスト(PCMARK10)
◆SSDの性能テスト(CrystalDiskMark 6)
◆Radeon Vega 8、RX Vega 10グラフィックスの性能テスト(Fire Strike、ドラクエX)
◆バッテリー駆動時間のテスト

◆まとめ:より洗練されたデザイン&高性能になった新モデル



 HP ENVY x360 13-ar0000 シリーズの製品特徴
 
HP ENVY x360 13-ar0000の外観

2018年6月に登場したHP ENVY x360 13-ag0000(旧モデル)はコストパフォーマンスが高くとても人気がある製品ですが、約1年経過した2019年6月19日に第2世代 Ryzenを搭載した新モデル「HP ENVY x360 13-ar0000」の販売が開始されました。

「HP ENVY x360 13シリーズ」は、優れたデザイン、高級感があるアルミニウム削り出しのボディ、日常の作業を快適にこなせる性能を備えた13.3インチ・コンバーチブルPCです。ディスプレイが360度回転することが大きな特徴で、通常のノートPCだけでなくタブレットとしても使うことができます。
 
【HP ENVY x360 13シリーズ 新旧モデル共通の特徴】
・スタイリッシュなデザイン
・2in1コンバーチブルPC
・質感が高いアルミニウム削り出しのボディ
・AMD Ryzen モバイル・プロセッサー
・13.3インチワイドのIPSディスプレイ(タッチ・ペン入力対応)
・持ち運ぶことができるコンパクトなサイズ
・お手軽な価格設定(※コストパフォーマンスが高い)
HP ENVY x360 13-ar0000_0G1A1096-2

新製品は3モデル展開で、ベーシックモデルはAMD Ryzen 3 3300U、スタンダードモデルはAMD Ryzen 5 3500U、上位モデルのパフォーマンスモデルはAMD Ryzen 7 3700Uを搭載。(◆スタンダードモデル :AMD Ryzen 5 3500U搭載 のベンチマーク

メモリの規格はDR4-2400MHzで、ベーシックモデルとスタンダードモデルが8GB、パフォーマンスモデルのみ大容量の16GBメモリを搭載。マザーボード直付け(オンボード)なので増設や交換はできません。

超高速な規格「NVMe」を採用したM.2 SSDは、スタンダードモデルのみ256GB / 512GB SSDの選択(カスタマイズ)が可能です。
 
インターフェースは従来のUSB周辺機器が使える「USB 3.1 Type-A」、端子の向きを気にする必要がない「USB 3.1 Type-C」、microSDカードスロット、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポートなどを備えていますが、オプティカルドライブ(DVDやブルーレイ)は非搭載です。


HP ENVY x360 13-ar0000_ディスプレイ

ディスプレイは視野角が広い「IPSパネル」で、画面解像度はフルHD(1920x1080)、表面処理は「光沢」、タッチやペン入力(N-trig)に対応。アクティブペンは付属していませんが、オプションでSpectre アクティブペン(電池式)、Spectre アクティブペン2(充電式)が用意されています。
 
■ディスプレイの色域について

スペックPDFにはディスプレイの色域の情報が記載されていませんが、展示機を見る限り「発色は良い感じ」に見えました。下記の項目で実機の色域(sRGB)を測定しています。

◆ディスプレイの比較(sRGBの色域をチェック)

HP ENVY x360 13-ar0000 シリーズ
ナイトフォールブラック
ベーシックモデルスタンダードモデルパフォーマンスモデル
Windows 10 Home (64bit)
AMD Ryzen 3 3300UAMD Ryzen 5 3500UAMD Ryzen 7 3700U
8GB メモリ16GB メモリ
256GB SSD
(PCIe NVMe M.2)
256GB / 512GB SSD
(PCIe NVMe M.2)
512GB SSD
(PCIe NVMe M.2)
AMD Radeon
Vega 6 Graphics
AMD Radeon
Vega 8 Graphics
AMD Radeon RX
Vega 10 Graphics
13.3インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ
(1920×1080 / 最大1677万色 )
HP Wide Vision HD Webcam (約92万画素)
※プライバシー スイッチ対応
USB3.1 Gen1 ×2 (うち1ポートは電源オフUSBチャージ機能対応)
USB Type-C 3.1 Gen1 ×1 (電源オフUSBチャージ機能、Power Delivery3.0対応)
ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
microSDカードスロット
指紋認証センサー
IEEE802.11a/b/g/n/ac 、 Bluetooth 4.2 、機内モードオン/オフボタン付き
日本語キーボード(バックライト付)
約 306×212×14.5(最薄部)- 16(最厚部)mm 約 1.28 kg
バッテリー駆動時間:最大 14時間30分
¥89,800(税抜)~¥99,800(税抜)~¥129,800(税抜)~
※標準価格は6月19日時点。




 新モデルの特徴・旧モデルからの主な変更点

HP ENVY x360 13-ar0000_ヒンジ部分

新モデル「HP ENVY x360 13-ar0000」と旧モデル「HP ENVY x360 13-ag0000」の違いを簡潔にまとめました。


新モデルの特徴・旧モデルからの主な変更点

・第2世代 Ryzen APU モバイルプロセッサーを搭載
・WebカメラのON/OFFを切替できる「プライバシースイッチ」を搭載
・ダークアッシュブラック→ナイトフォールブラック ※色味はほぼ同じ
・「ダマスカス鋼の模様」を廃止。
・ヒンジ部分のデザインをシンプルな形状に変更
・前方側面が内側を斜めに削ったような形状になりディスプレイを開きやすくなった
・底面の吸気口にジオメトリック(幾何学)模様を採用

・microSDカードスロット搭載位置が左側面から右側面に変更
・キーボードバックライトが2段階調節可能
・顔認証センサー→指紋認証センサーに変更
・右側面の音量調整ボタンを廃止
・バッテリー駆動時間が最大11時間→最大14時間30分

・旧モデルよりもコンパクトなサイズ(奥行と最薄部が短縮)
 約 306(±0)×212(-3mm)×14.5(-0.5mm)- 16mm

・旧モデルよりも30g軽量化
 質量1.28kg(-0.03kg)
 


HP ENVY x360 13-ar0000_新旧モデル比較
展示機を比較。左側が旧モデル、右側が新モデル
新モデルのカラーは「ナイトフォールブラック」と名付けられているので、「ほんの僅かに青みがある」のかと想像していたのですが、実機で新旧モデルを比較するとほぼ同じような色味(無彩色のブラックではなく少しブラウン系のブラック)でした。



0G1A9790.png

日本語配列のキーボードが引き続き採用されていますが、新モデルはバックライトが2段階調節可能になりました。新旧モデルのキーストローク(1.3mm)は同じですが、キーピッチは新モデルの方が僅かに(0.3mm)広くなっています。
 
■HP ENVY x360 13-ar0000
キーピッチ : 約19.0×19.0mm、キーストローク : 約1.3mm、JIS標準準拠[89キー]

■HP ENVY x360 13-ag0000
キーピッチ : 約19.0×18.7mm、キーストローク : 約1.3mm、JIS標準準拠[89キー]


HP ENVY x360 13-ar0000_指紋認証機能

認証機能は顔認証センサーから「指紋認証センサー」に変更。搭載位置はキーボードの右下です。



先端_cam on_0G1A1163_247

前方側面は「内側を斜めに削ったような形状」になっています。このような形状はスタイリッシュでカッコよく見えますが、機能面では「指の引っかかりが良くなりディスプレイを開けやすくなる」というメリットがあります。



HP ENVY x360 13-ar0000_プライバシースイッチ

新モデルはWebカメラのON/OFFを切替可能なプライバシースイッチ(※黄色の枠)を新たに追加。「何か見られているような気がする」方にとってはうれしい機能です。旧モデルの右側面に搭載されていた「音量調整ボタン」は廃止されています。
 
スイッチを左側にスライドさせると「WebカメラがOFF」の状態になり回路が物理的に遮断されます。


0G1A9777.png

底面の吸気口はモダンな印象のジオメトリック(幾何学)模様が採用されています。



 
 新旧モデルのスペック比較

新旧モデルのスペックを表にまとめました。

新モデルはAPUが異なる3モデルが用意されています。旧モデルは4GB メモリ搭載モデルが販売されていたのですが、新モデルでは「今どき4GBのメモリは少ない」という理由で廃止されています。
 
新旧モデルスペック比較
HP ENVY x360 13-ar0000 NEW!HP ENVY x360 13-ag0000
ナイトフォールブラックダークアッシュブラック
Windows 10 Home (64bit)Windows 10 Home (64bit)
AMD Ryzen 3 3300U
AMD Ryzen 5 3500U
AMD Ryzen 7 3700U
AMD Ryzen 3 2300U
AMD Ryzen 5 2500U
8GB / 16GB メモリ4GB / 8GB / 16GB メモリ
256GB / 512GB SSD
(PCIe NVMe M.2)
256GB / 512GB SSD
(PCIe NVMe M.2)
Radeon Vega 6 Graphics
Radeon Vega 8 Graphics
Radeon Vega 10 Graphics
Radeon Vega 6 Graphics
Radeon Vega 8 Graphics
13.3インチワイド
フルHDブライトビュー
IPSタッチディスプレイ
(1920×1080 / 最大1677万色)
13.3インチワイド
フルHDブライトビュー
IPSタッチディスプレイ
(1920×1080 / 最大1677万色)
HP Wide Vision HD Webcam
(約92万画素)
※プライバシー スイッチ対応
HP Wide Vision HD Webcam
 (約92万画素)
 IR カメラ
USB3.1 Gen1 ×2
USB Type-C 3.1 Gen1 ×1
ヘッドフォン出力/
マイク入力コンボポート×1
USB3.1 Gen1 ×2
USB Type-C 3.1 Gen1 ×1
ヘッドフォン出力/
マイク入力コンボポート×1
音量調整ボタン付き
microSDカードスロットmicroSDカードスロット
指紋認証センサー顔認証センサー
IEEE802.11a/b/g/n/ac 
Bluetooth 4.2
IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
Audio by Bang & Olufsen
クアッドスピーカー
Audio by Bang & Olufsen
クアッドスピーカー
日本語キーボード(バックライト付)日本語キーボード(バックライト付)
約 306×212×14.5- 16mm約 306×215×15- 16mm
約 1.28 kg約 1.31 kg
バッテリー駆動時間
最大 14時間30分
バッテリー駆動時間
最大 11時間
 
ベーシックモデル
(Ryzen 3 モデル)
¥72,500(税抜)~

スタンダードモデル
(Ryzen 5 モデル)
¥83,500(税抜)~

パフォーマンスモデル
(Ryzen 7 モデル)
¥106,500(税抜)~
 
ベーシックモデル
(Ryzen 3 モデル)
¥72,000(税抜)~

スタンダードモデル
(Ryzen 5 モデル)
¥82,000(税抜)~
◆製品詳細ページicon
◆スペックPDF
◆製品詳細ページicon
◆スペックPDF
 
※価格は7月1日時点のものです。新旧モデルともにキャンペーン価格になります。


 
 ディスプレイの比較(sRGBの色域をチェック)
 
HP ENVY x360 13-ar0000_正面_0G1A1014_02a

新旧モデルのsRGBの色域を測定しました。カラーマネージメントツールは 「Spyder5 ELETE」を使用しています。下記のグラフの赤い三角がディスプレイの色域で、緑の三角がsRGBの色域になります。


sRGBの色域比較
HP ENVY x360 13-ar0000 NEW!
(パフォーマンスモデル)
HP ENVY x360 13-ag0000
(スタンダードモデル)

sRGB_01t.png

sRGBカバー率 100%
 

HP ENVY x360- 13-ag0010au_sRGB_01t

sRGBカバー率 94%
 

新モデル(パフォーマンスモデル)のsRGBカバー率は「100%」で、ディスプレイの色域とsRGBの色域ほぼ一致。発色が良く色味もきれいに見えます。

旧モデルのディスプレイはカラーバランスあまり良くない感じに見えたので「色域が狭いのではないか?」という印象を持ちましたが、ツールで測定すると「sRGBカバー率 94%」でした。色域は思っていたよりも広めですが、ディスプレイの色域がsRGBの色域を大きくはみ出しています。

【2019年7月24日追記】
スタンダードモデル(新モデル)のsRGBカバー率も「100%」でした。(※スクリーンショット

 
■旧モデルのディスプレイについて

旧モデルのディスプレイは標準の状態(工場出荷時の状態)では、カラーバランスが「やや黄緑っぽく全体的に少し薄い感じ」に見えました。

カラーマネージメントツールでディスプレイのキャリブレーションを行うとそれなりに良い感じになりますが、色の正確さを求めるならsRGBカバー率が高い「新モデル」の方が良いと思います。カラーマネージメントツールを使わなくても色味がキレイです。

「ギラツキ感」に関しては新旧モデルともに少な目です。Spectre x360 13(※実機レビュー)と比較しても大きな違いはありませんでした。
※ディスプレイの色域は、新モデルはスタンダードモデル、パフォーマンスモデル、旧モデルはスタンダードモデルの測定値になります。価格が安い下位モデルも全く同じものが搭載されているかどうかは未確認です。



 
 第2世代 Ryzen APU(Picasso)の性能について
 
スクリーンショット_APU性能比較

HPが行ったベンチマークでは、第2世代 Ryzen APU(Picasso)は、第8世代のインテル製プロセッサーよりも良いスコアを記録しています。



スクリーンショット_グラフィックス性能比較_VEGA

AMD RADEON VEGAグラフィックスは、インテル UHDグラフィックス 620と比較した場合、Radeon Vega 6 Graphicsが165%、Radeon Vega 8 Graphicsが179%、Radeon Vega 10 Graphicsが274%も高性能。(※日本HP調べ:3D Mark-Fire Strike ベンチマーク)
 
Ryzen(Picasso)のCPU性能はインテルプロセッサーよりも少し上回る程度ですが、グラフィックス性能に関してはかなり高性能です。



 
 プロセッサーの性能テスト(CINEBENCH R15、PCMARK10)
 
RIZEN5 2500U_CINEBENCH R15_05

「CINEBENCH R15」でプロセッサーの性能テストを行いました。機種はHP ENVY x360 13の新旧モデルと、HP Spectre x360 13(2018年10月モデル)です。
 

CINEBENCH R15 プロセッサー性能比較
※()内はCore i5-8265Uとの比較
プロセッサーCPU
(マルチコア)
CPU
(1コア)
AMD Ryzen 7 3700U NEW!
(最大4.0GHz, 4コア8スレッド)
666 cb
(121%)
143 cb
(88%)
Intel Core i5-8565U
(最大4.6GHz, 4コア8スレッド)
637 cb
(115%)
181 cb
(111%)
AMD Ryzen 5 3500U NEW!
(最大3.7GHz, 4コア8スレッド)
620 cb
(113%)
142 cb
(87%)
AMD Ryzen 5 2500U ※旧モデル
(最大3.6GHz, 4コア8スレッド)
616 cb
(112%)
139 cb
(85%)
Intel Core i5-8265U
(最大3.9GHz, 4コア8スレッド)
550 cb
(100%)
162 cb
(100%)


■マルチコア(マルチスレッド)のテスト


マルチコアのテストは、プロセッサーのコアやスレッドをフルに活用するベンチマークです。ENVY x360 13パフォーマンスモデルに搭載されるRyzen 7 3700Uは Core i5-8265Uよりも約21%高いスコアを記録。Ryzen 5 2500U(旧モデル)と比較した場合は約6%の違いになります。

スタンダードモデルに搭載されているRyzen 5 3500Uは、旧モデルのRyzen 5 2500Uとほぼ同じくらいのスコアで、Ryzen 7 3700U
と比較した場合は約93%の性能
になります。


シングルコア(1コア)のテスト


1コアのみの性能を測定するテストではCore i7-8565Uのスコアが最も高いという結果になりました。Ryzen 5 3500UとRyzen 7 3700Uは同じくらいのスコア(142~143 cb)で、インテルプロセッサーほどスコアが伸びませんでした。



 
 プロセッサーの性能テスト(PCMARK10)
 
PCMARK10_b.png
 
「PCMark 10」ベンチマークでは、Webサイトの閲覧、ドキュメントの作成、表計算ソフト、写真や動画編集、ゲームなど、様々なテストを行いパソコンの総合的な性能を評価します。


PC MARK 10 性能比較
※()内はRyzen 5 2500Uとの比較
プロセッサースコア
Intel Core i5-8565U
(最大4.6GHz, 4コア8スレッド)
4005(127%)
Intel Core i5-8265U
(最大3.9GHz, 4コア8スレッド)
3761(120%)
AMD Ryzen 7 3700U NEW!
(最大4.0GHz, 4コア8スレッド)
3618(115%)
AMD Ryzen 5 3500U NEW!
(最大3.7GHz, 4コア8スレッド)
3486(110%)
Ryzen 5 2500U ※旧モデル
(最大3.6GHz, 4コア8スレッド)
3142(100%)
 
「PCMark 10」のテストでは、CINEBENCH R15(1コア)の結果が良かったCore i7-8565Uが最も良いスコアを記録。Ryzen 7 3700UとRyzen 5 3500Uの差は約3%です。
 
今回行ったプロセッサーのテストではインテル製とAMD製プロセッサーの得意不得意がはっきりとわかる結果が出ました。

画像処理や動画編集ソフトを使うときの参考になるマルチコアのテストでは、Ryzen 7 3700U、Ryzen 5 2500Uの方がインテルよりも若干良いスコア(体感で違いがわかるほどの性能差はない)が出ましたが、一般的なアプリ(インターネット、文書作成など)を使用することを想定したテストではインテル製プロセッサーの方が良い結果が出ています。




 SSDの性能テスト(CrystalDiskMark 6)

新旧モデルに搭載されているSSDの性能を、SSDのベンチマークソフト「CrystalDiskMark6」で測定します。
 

SSDの性能比較
HP ENVY x360 13-ar0000 NEW!
(パフォーマンスモデル)

512GB SSD(PCIe NVMe M.2)
SAMSUNG
MZVLB512HAJQ-000H1

起動時間:11秒前後
※高速スタートアップ:有効
 
512GB SSD_Bench_04
 
HP ENVY x360 13-ar0000 NEW!
(スタンダードモデル)

256GB SSD(PCIe NVMe M.2)
LITEON CA3-8D256-HP

起動時間:12秒前後
※高速スタートアップ:有効
 
256GB SSD_Bench_01
 

HP ENVY x360 13-ag0000
(※旧モデル:スタンダードモデル)

256GB SSD(PCIe NVMe M.2)
SAMSUNG
MZVLW256HEHP-000H1

起動時間:12秒前後
※高速スタートアップ:有効
 
 
Bench_256GB SSD_02
 
 
新旧モデルともに高速な規格を採用したM.2 SSD(PCIe NVMe)が搭載されています。ベンチマーク結果は旧モデルに搭載されているSSDの方が良い結果が出ていますが起動時間はほぼ同じです。
 
新モデルはパフォーマンスモデルよりもスタンダードモデルに搭載されているSSDの方が高性能でした。ベンチマーク結果は大きな差があるように見えますが、どちらも操作時のレスポンスは高速です。体感では速度の違いがわかりませんでした。
 
※SSDのメーカーは製品出荷時期によって変わる場合があります。あくまでも参考としてご覧ください。



 グラフィックスの性能テスト(3DMark:Fire Strike、ドラゴンクエストX)

Vega10_Fire Strike_01d

3DMarkの「Fire Strike」ベンチマーク(DX11)でグラフィックス性能をテストします。
 
グラフィックススコアテスト1
Graphics test 1
テスト2
Graphics test 2
Radeon RX Vega 10 NEW!
(Ryzen 7 3700U)
2559
(211%)
13.81 FPS9.32 FPS
Radeon Vega 8
(Ryzen 5 2500U)
2123
(175%)
10.81 FPS8.09 FPS
Radeon Vega 8 NEW!
(Ryzen 5 3500U)
2026
(167%)
9.79 FPS8.01 FPS
Intel UHD Graphics 620
(Core i5-8265U)
1208
(100%)
5.73 FPS5.27 FPS
 
Ryzen 7 3700Uに内蔵されている「Radeon Vega 10 Graphics」は、「インテル UHD グラフィックス 620」よりも約2.1倍も高いスコアを記録。旧モデルに搭載されているAMD Ryzen 5 2500Uの「Radeon Vega 8」と比較した場合は20%くらい高性能です。

Ryzen 5 3500Uに内蔵されている「Radeon Vega 8 Graphics」は、「インテル UHD グラフィックス 620」と比較すると約1.67倍も高いスコアが出ました。上位のRyzen 7 3700Uと比較した場合は8割くらいの性能になります。
 
「Radeon Vega 10」や「「Radeon Vega 8」は「インテル UHD グラフィックス 620」よりも高性能ですが、グラフィックス全体の位置付けでは低い部類になります。

美麗なグラフィックスの3Dゲームを快適にプレイするには、OMEN by HP 15-dc1000(※Fire Strike スコア 16913)のような高性能なグラフィックスを搭載したゲーミングPCが必要です。


Vega10_ドラクエ_1920x1080_最高_01

今度は軽めのベンチマーク「ドラゴンクエストX」でグラフィックス性能をチェックします。画質は「最高」、画面解像度はフルHD(1920x1080)、表示方法は「フルスクリーン」です。
 
グラフィックス最高画質
評価
Radeon RX Vega 10 NEW!
(Ryzen 7 3700U)
7110
(140%)
とても快適
Radeon Vega 8
(Ryzen 5 2500U)
6308
(124%)
快適
Radeon Vega 8 NEW!
(Ryzen 5 3500U)
6108
(120%)
快適
Intel UHD Graphics 620
(Core i5-8265U)
5080
(100%)
快適
 
ドラゴンクエストXは「インテル UHD グラフィックス 620」でも動作しますが、「Radeon Vega 10」はそれよりも約40%も高いスコアを記録!評価も一段上の「とても快適」になります。



 
 バッテリー駆動時間のテスト

バッテリー駆動時間のテストは下記の設定で行っています。
 
■バッテリーの駆動時間は下記の条件で行っています。
・YouTubeのフルHD動画を1時間再生
・動画はフルスクリーンで表示
・ディスプレイの明るさ(輝度)を30%に設定
・インターネット接続はWi-Fi経由
・WebブラウザはMicrosoft Edge (マイクロソフト エッジ) を使用
・バッテリー節約機能ON(※最大のバッテリー残量)
・キーボードのバックライトをOFF
・音量は10に設定

※メーカーのテスト方法とは異なりますので、あくまでも参考としてご覧ください。


HP-ENVY-x360-13-ar0000_バッテリー駆動時間_02

HP ENVY x360 13-ar0000 パフォーマンスモデル(Ryzen 7 3700U搭載)は、YouTube動画を1時間再生してバッテリーを11%消費。計算上の駆動時間(バッテリーが0%になるまで)は約9時間5分になります。



HP-ENVY-x360-13-ar0000_Ryzen-5-3500U_バッテリー駆動時間_01a

スタンダードモデル(Ryzen 5 3500U搭載)はパフォーマンスモデルと同じような結果でした。YouTube動画を1時間再生してバッテリーを11%消費。計算上の駆動時間は約9時間5分。



HP-ENVY-x360--13-ag0010au_バッテリー駆動時間_01

旧モデルの「HP ENVY x360 13-ag0000」スタンダードモデル(Ryzen 5 2500U搭載)は、YouTube動画を1時間再生してバッテリーを17%消費しました。計算上の駆動時間は約5時間53分。

 
YouTubeのフルHD動画を1時間再生したときのバッテリーの残量
モデル名輝度バッテリーの残量
※は計算上の駆動時間
バッテリー容量
HP Spectre x360 13-ap0000
 ※ベーシックモデル(フルHD)
3094%
※約16時間40分
62.093 Wh
HP ENVY x360 13-ar0000 NEW!
※パフォーマンスモデル(フルHD)
3089%
※約9時間5分
54.408 Wh
HP ENVY x360 13-ar0000 NEW!
※スタンダードモデル(フルHD)
3089%
※約9時間5分
53.684 Wh
HP ENVY x360 13-ag0000
※旧モデル:スタンダード(フルHD)
3083%
※約5時間53分
53.346 Wh

ENVY x360 13シリーズの新モデルは「省電力パネル」を採用し、旧モデルよりもバッテリー容量が少し大きいので、旧モデルよりも駆動時間が長くなっています。
 
Spectre x360 13(インテル)は、ENVY x360 13(AMD Ryzen)よりもバッテリー容量が大きいので駆動時間もかなり長めです。プロセッサーのメーカーの違いも影響しているかもしれません。
 
※バッテリー容量はHWiNFO(https://www.hwinfo.com/)で確認。



 まとめ:より洗練されたデザイン&高性能になった新モデル

HP ENVY x360 13-ar0000_まとめ

第2世代 Ryzenを搭載した新モデル「HP ENVY x360 13-ar0000」のデザインは、旧モデルから大きな変更はありませんが「ダマスカス鋼の模様」が廃止されたことでスッキリとした印象になり「より洗練されたデザイン」に仕上がっています。

ヒンジ部分はシンプルな形状に変更され「ENVY」のロゴがハッキリと見えるようになりました。最近のHP製品は面が多い形状のデザイン(アンギュラーフォーム)が採用されていますが、今後は少しシンプルな方向性のデザインになりそうです。

新モデルは第2世代の Ryzen プロセッサーを搭載し、バッテリー駆動時間が長くなっている点が旧モデルとの大きな違いです。機能面では指でログインできる「指紋認証センサー」や、WebカメラをOFFにすることができる「プライバシースイッチ」などを新たに搭載し使い勝手が向上しています。

ディスプレイはsRGBカバー率「100%」でカラーバランスが良い新モデルの方が優れていますが、画面の「ギラツキ」に関しては新旧モデル共に少なめです。

AMD Ryzen プロセッサーとインテル プロセッサーのCPU性能は、テスト内容によって優劣がありますし大きな差はないのですが、内蔵グラフィックスの性能はRyzenの方が明らかに上です。Webサイト閲覧や文書作成などがメインの用途ならどちらでもよいのですが、軽めのゲームを楽しみたいのなら「Ryzen 搭載モデル」の方が快適にプレイすることができます。
 
 
■HP ENVY x360 13-ar0000がキャンペーンでお買い得!
※価格は2019年9月30日の時点

ベーシックモデル(Ryzen 3)¥64,500(税抜)~
スタンダードモデル(Ryzen 5)¥73,500(税抜)~
パフォーマンスモデル(Ryzen 7)¥92,500(税抜)~

【メーカー製品詳細ページ】
◆HP ENVY x360 13-ar0000 製品詳細icon
◆HP ENVY x360 13-ar0000(スペックPDF)

【トラブルシューティング・ドライバー・使用方法など】
◆HP ENVY x360 13-ar0000 サポートページicon
◆ユーザーガイドPDF(取扱説明書:コンピューターの概要・使い方)

【実機レビュー】
◆第2世代 Ryzenを搭載した『HP ENVY x360 13』の製品特徴・新旧モデル比較
◆「HP ENVY x360 13-ar0000」外観・デザインの詳細レビュー
◆スタンダードモデル(AMD Ryzen 5 3500U搭載)のベンチマーク
◆内部のレビュ:HP ENVY x360 13-ar0000 の底面カバーの取り外し方
■レビューについて
※商品仕様/価格については2019年8月16日時点のものです。
※製品仕様やPCパーツのメーカーは販売時期により変更になる場合があります。
※温度や消費電力の測定値は目安です。使用状況や環境によって変わります。
※できるだけ客観的にレビューしようと心がけていますが、実際の商品を見たり使用したときの感じ方には個人差があります。

関連記事


テーマ : モバイルノートPC
ジャンル : コンピュータ

検索フォーム
最新記事
日本HPパソコン最新売れ筋ランキング2019 2019/11/16
【性能比較】OMEN X 2S 15(RTX 2080 Max-Q)と OMEN by HP 17(RTX 2080) 2019/11/13
HPパソコンがお得になる【7%OFFクーポン】プレゼント! 2019/11/12
HPゲーミングノートのアクションキーモード(F1~F12)の使い方・BIOSで設定変更 2019/11/10
【実機レビュー】HP OMEN by HP 17-cb0000のデザインや色域、使い勝手をチェック! 2019/11/09
【実機ベンチマーク】OMEN by HP 17-cb0004TX(Core i9-9880H、RTX 2080) 2019/11/08
軽さを追求したビジネスコンバーチブルPC『HP Elite Dragonfly』 の特徴について 2019/11/08
★注目記事ピックアップ
250_HPパソコンを安く買う方法_190425_04a

250x60_週間売れ筋ランキング_190425_03a

250x60_HPパソコンの納期について_190429_01a

ソーシャルブックマーク【シェア】
カテゴリ
プロフィール

お気に入りHPパソコン

Author:お気に入りHPパソコン

数あるHPパソコンの中から選りすぐりの製品をご紹介!

以前はMacユーザーでしたがHP製品のデザインの良さに一目ぼれしてWindowsに移行しました。現在は、モバイル用途やコンテンツの作成などでHP製ノートPCやデスクトップPCなどを活用しています。

プライバシーポリシー
Twitter
◆美しく丈夫なプレミアムPC
Spectreシリーズの壁紙
メモリ搭載量について
★英語キーボードの使い方
CPU/GPU性能比較表
VRベンチマーク
CPUオーバークロックツール
250_CPUオーバークロックツール
「インテル XTU」は、ソフトウェアでCPU倍率設定や電圧などを細かく調整することができるCPUオーバークロックツールです。

■Core i7-5820Kをオーバークロック!
【レビュー】PCバックパック
ザ・シムズ 4 (The Sims 4)
★秋の特別キャンペーン実施中!
250x600_プレミアムPC_クーポン_191001_02a
お気に入りHPパソコン QRコード
QR
RSSリンクの表示
 
★HPパソコン割引クーポン(個人向け)
250_HP個人向けパソコン割引クーポン_191101_Spectre_test_xmas_02b

当サイトでは、日本HPの個人向けパソコンを12万円(税抜)以上ご購入で7%OFFになる「割引クーポン」をプレゼントしています!実施期間は11月30日(土)まで。

◆お得なクーポンの詳細・取得はこちら
★HPパソコン割引クーポン(法人向け)
250_HP法人向けクーポン_191101_02a
★注目キャンペーン!
★HP公式ストアのお得なキャンペーン!
★性能比較レビュー
【レビュー】OMEN by HP 17
【レビュー】OMEN X 2S 15
★最新HPゲーミングノート
【レビュー】HP ENVY All-in-One 27
【レビュー】HP ENVY x360 15-ds0000
【レビュー】HP ENVY x360 13-ar0000
【レビュー】HP EliteBook x360 1040 G5
【レビュー】HP Pavilion 13-an0000
【レビュー】Spectre x360 13-ap0000
【レビュー】Spectre x360 15-df0000
【レビュー】Spectre Folio 13-ak0000
【レビュー】HP Spectre 13-af000