525_Spectre_x360_13_ap0000_0G1A1378c.png
 


この記事では、HPのノートPCのBIOS(UEFI)画面の入り方や、ファンクションキーの変更方法などをご紹介しています。
 

 

HPパソコン割引クーポン 2020年1月



■目次(ページ内リンク)
下記のリンクをクリックすると目的の場所にジャンプします。

◆「アクションキーモード」について
◆アクションキーモードの設定方法(今回は無効に設定する)
 



「アクションキーモード」について

 
Spectre x360 13-ap0000_キーボード左上_ヒンジ_0G1A3440
この記事では、HPパソコンの「アクションキーモード」を変更する方法をご紹介します。

アクションキーモードの設定は機種によって異なります。HPの個人向けノートPCは「有効」になっていることが多いのですが、法人向けモデルやゲーミングノートは逆の設定(無効)になっている場合があります。この設定はBIOS(UEFI)で変更可能です。

【Disabled】アクションキーモード無効:ファンクションキー(f 1~f 12)を優先
【Enabled】アクションキーモード有効:二次的動作を示すアイコンが優先

HP Spectre x360 13-ap0000(※実機レビュー)の場合は初期設定で「Enabled:アクションキーモード有効」になっているので、ファンクションキー (f1からf12)を押すと、二次的動作を示すアイコン(ディスプレイの明るさや音量の調整、キーボードバックライトのON/OFFなど)の操作が優先されます。「F7」キー(全角カタカナに変換)を使いたい場合は「Fn」+「f 7」を押す必要があります。
 
 
1080_OMEN by HP 15-dc1000_キーボード_190327_01a

ゲーミングノートOMEN by HP 15-dc0000(※実機レビュー)やRTX 2070 with Max-Qを搭載しているOMEN by HP 15-dc1000 シリーズ(※実機ベンチマーク)、などは、初期設定で「Disabled:アクションキーモード無効」になっているのでファンクションキー(f 1~f 12)が優先されます。



アクションキーモードの設定方法(今回は無効に設定する)

 
Spectre_x360_13_ap0000_0G1A1378c_esc_2.png
ここからは「HP Spectre x360 13-ap0000」を使用して、アクションキーモードの設定方法(※今回は無効化)をご説明します。※PCの電源がオフの状態から進めます。

・電源スイッチを入れたら(再起動の場合は黒い画面になったら)すぐに「esc」を適度に連打します。(※スタートアップメニュー画面が表示されるまで)
 

 
アクションキーの設定_01s

スタートアップメニュー画面が表示されたら「F10」キーを押します。

 
BIOS設定で言語を変更することができますが、「日本語」が用意されていないので標準設定の「English」で設定を進めます。
 
 
アクションキーの設定_02_0G1A4575-2s

BIOS Setup Utility のメニュー画面(Main)が表示されたら、矢印キーを右に2回押して「Configuration」の項目に移動します。
 
上部のメニュー(タブ)は矢印キーで操作可能ですが、タッチ対応PCの場合は「画面をタッチ」して項目を選ぶことができます。

※機種によってBIOS画面のデザインやレイアウトが少し異なる場合があります。
 
 
アクションキーの設定_03s_b

下矢印キーを3回押して「Action Keys Mode:Enable」の項目に移動し「Enter」を押します。


 
アクションキーの設定_04s

下の方に小さいウインドウが開いたら、矢印キーを上に1回押して「Disabled」を選択し、次に「Enter」を押して決定します。※その後この小さいウインドウは消えます。
 
【Disabled】ファンクションキー(f 1~f 12)を優先
【Enabled】二次的動作を示すアイコンが優先(※初期設定)

 
アクションキーの設定_06s

矢印キーを右に2回押して「Exit」の項目に移動し、一番上の「Save Changes and Exit」が選択されている状態で「Enter」を押します。


 
アクションキーの設定_07_s

「Ignore Changes and Exit?」の画面が表示されたら「Yes」をクリック。その後、PCが再起動し設定が反映されます。これで設定は完了です。
 
アクションキーモード【無効】にしたので、画面の明るさや音量などの調整は「Fn」を押しながらファンクションキーを押すという操作になります。
 
関連記事