回復ドライブの作成_w

この記事では、USBメモリでHPパソコンの「Windows 回復ドライブ(リカバリメディア)」を作成する方法や注意点、使用可能なUSBメモリなどをご紹介しています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_02a


※ネットワーク経由でUSBリカバリーメディアを作成する方法は下記の記事をご覧ください。
◆HPクラウドリカバリツールで「USB回復ドライブ」を作成する方法
最終更新日:2022年11月9日


600_7OFFクーポンQRコード_221115_01_詳しくはこちら_01 600x12_空白 600_HPパソコンの納期について_2208020_01 600x12_空白 600_お得なキャンペーンについて_220820_01_ピンク 600x12_空白 600x50_ブラックフライデーセール_221124_01a 600x12_空白



■目次(ページ内リンク)

◆まとめ:USBリカバリメディア作成時における注意点や気が付いた点など ※11/9更新

◆この記事で使用するパソコンやOSのバージョン
◆回復ドライブ(リカバリメディア)作成前の確認事項や注意点

◆スリープを無効にする
◆USBメモリをフォーマットする
◆回復ドライブを作成する(Windows 10の場合)
◆回復ドライブを作成する(Windows 11の場合)
◆作成した回復ドライブの中身

◆回復ドライブの作成に失敗した場合

◆作成した「リカバリUSBドライブ」から起動する
◆この記事で使用したUSBメモリ(※回復ドライブ作成や復元の可否) ※11/9更新
◆回復ドライブ作成に必要な容量 ※11/9更新





まとめ


600_Spectre x360 13-ap0000_回復ドライブの作成_0G1A4568

USBリカバリメディア作成時における注意点や気が付いた点など

 
HPのパソコンで「USBリカバリメディア」作成時における注意点を下記にまとめました。
 
・作成時はACアダプターを接続する
・スリープの設定を無効にする
・回復ドライブを作成する前に「USBメモリをフォーマット」する
・必要なUSBメモリの容量は16GB以上
・2022年中盤以降に登場したモデルは32GB以上
新規で用意する場合は32GBがおすすめ
・起動に関してはUSB 2.0、USB 3.0のどちらでもOK
・回復USBドライブは作成したPCでのみ使用可能
回復ドライブの作成回数に制限はない

当サイトの検証ではUSB 2.0、USB 3.0のどちらでも回復ドライブを作成可能でした。

回復ドライブを作成する前にUSBメモリの「フォーマット」を必ず行ってください。使用済みのUSBをフォーマットしないでそのまま使用した場合は失敗する可能性が高くなります。(2回作成して2回失敗)

ほとんどの機種は16GBのUSBメモリで十分な使用量で回復ドライブを作成できたのですが、一部の機種は16GBをオーバーすることがありました。
 
2022年の中盤以降に登場したモデルは、16G以上使用することが多いので32GBのUSBメモリが必要ですね。⇒ ◆回復ドライブ作成に必要な容量
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_02a




この記事で使用するパソコンやOSのバージョン

 
Spectre_x360_13_ap0000_0G1A1619f_201903100341101c8.png 
■HPパソコンのリカバリメディア作成について

HPのパソコンにはUSBメモリでリカバリメディアを作成することができる「HP Recovery Manager」というアプリがインストールされていましたが、HP Spectre シリーズ(2018年10月モデル)はそのようなアプリが廃止され、Windows10の「回復」機能を利用してリカバリメディアを作成するように仕様が変更されています。


■記事作成で使用したパソコン

・HP Spectre x360 13-ap0000(2018年10月モデル) ベーシックモデル(⇒ 実機レビュー
・OS:Windows 10 Home (64bit)
・バージョン:1809

・HP Spectre x360 13-aw0000(2019年12月モデル) パフォーマンスプラスモデル(⇒ 実機レビュー
・OS:Windows 10 Pro(64bit)
・バージョン:1903
 
※他のバージョンでは、画面や手順が少し異なる場合があるかもしれません。



回復ドライブ(リカバリメディア)作成前の確認事項や注意点


Spectre_x360_13_ap0000_ポセイドンブルー_HPファストチャージ_0G1A4502t_b_2
回復ドライブ(リカバリメディア)作成時は以下の点にご注意ください。

・回復ドライブを作成するには「16GB以上のUSBフラッシュメモリー」が必要です。
※必要な容量は機種や使用環境などで変わります。
◆関連項目:回復ドライブ作成で使用したUSBメモリ

・ACアダプターを接続して作業を行ってください。

・コンピューターが「スリープしない」設定で作業を行ってください。
 ◆関連項目:スリープを無効にする

・回復ドライブを作成するとUSBメモリ上のデータはすべて削除されます。
 ※「大切なデータが保存されていないこと」を必ずご確認ください。


・「回復ドライブ作成時に必要がない周辺機器」はすべて取り外してください。



スリープを無効にする

 
電源とスリープ_設定_s

回復ドライブの作成は約1時間くらいかかるので、途中でパソコンがスリープしないように設定しておきます。
 
コントロールパネル>システム>電源とスリープの設定画面で、電源接続時のスリープを「無効(なし)」に設定します。
この設定に変更するのを忘れて作成途中でスリープしたことがありました。特に問題はなく作業は完了し、作成した回復ドライブも問題なさそうでしたが、作成前にスリープを無効化しておくことをお勧めします。




USBメモリをフォーマットする

  
未使用のUSBメモリを使用するには「フォーマット」する必要があります。
 
※メーカーによっては初めて使う場合でも使用可能(フォーマット済み)の場合がありますが、そのまま使用すると失敗する可能性が高いので、回復ドライブを作成する前に「フォーマット」します。

※これまでに使用したことがあるUSBメモリで回復ドライブの作成を行う場合は「大切なデータが保存されていないこと」を必ずご確認ください。
 
スクリーンショット_フォーマット_手動
 
USBを挿した状態でエクスプローラーを開くと「USBドライブ※」が表示されるので、先ずUSBドライブを右クリックした後、「フォーマット」の項目をクリックします。

※ドライブ名は製品によって異なります。
※製品によってはUSBを挿すと自動的に「フォーマットしますか?」の画面が表示される場合があります。(※スクリーンショット
 
USBをフォーマットする_02s

この画面でUSBの情報が表示されますが設定を変更する必要はありません。何も弄らず「開始」をスリックすればOKです。
 
※ファイルシステムは「FAT32(既定)」です。
 
USBをフォーマットする_03s

「フォーマットするとすべてのデータが消去されます。」というメッセージが表示されます。フォーマットする場合は「OK」をクリックします。


 
USBをフォーマットする_04s

フォーマットの時間はそれほど長くかかりません。完了したら「OK」をクリックして終了します。




回復ドライブを作成する

 
回復ドライブの作成_001b_t_s

タスクバーのコルタナ(検索窓)に「コントロールパネル※」と入力した後、ウインドウの右上に表示される「コントロールパネル」をクリックします。
 

※検索窓に「回復ドライブの作成」※スクリーンショット)と入力するといくつかの手順を省略することができます。

検索結果が表示されない場合はスタートメニュー>Windows管理ツール>回復ドライブを選択します。(※スクリーンショット

◆回復メディア作成ツールに移動

 
回復ドライブの作成_002_t

「システムとセキュリティ」の下に表示されている「コンピューターの状態を確認」をクリックします。
 

 
回復ドライブの作成_003_回復をクリック_t

「セキュリティとメンテナンス」の下側に表示されている「回復」をクリックします。


 
回復ドライブの作成_004_t_s

高度な回復ツールに表示されている「回復ドライブの作成」をクリックします。


 
回復ドライブの作成_ユーザーアカウント制御_005s

「ユーザーアカウント制御」の画面が表示された場合は、「はい」をクリックして次に進みます。


 
回復ドライブの作成_006s_t
 
「回復ドライブの作成」の画面では、「システムファイルを回復ドライブにバックアップします。」にチェックが入っていることを確認し、「次へ」をクリック。
 
※初期の状態ではすでにチェックが入っています。

  
お待ちください

「お待ちください」と表示され処理が始まります。
 
※待ち時間は1分くらいでした。(PCやUSBメモリの性能の違いで待ち時間は変わるかもしれません)

 
回復ドライブの作成_必要なUSBメモリの容量

※この画面が表示されない場合は次に進んでください。

「16GB以上のデータが格納できるドライブが必要」というメッセージが表示されました。USBメモリをまだ挿していない場合はこのタイミングで接続します。
 
上記の表現では16GBのUSBメモリ(実際に使える容量は15GB弱)が使えるかどうかは微妙なところです。16GBのUSBメモリを持っているのなら「とりあえず試してみてもよい」かもしれません。新規で買うなら容量が大きい「32GBのUSBメモリ」をお勧めします。

 
回復ドライブの作成_32GBメモリ_ドライブの選択b

「使用可能なドライブ」に使用するUSBメモリが表示されます。今回は使えるドライブが1つしかないので既に選択された状態になっています。問題がなければ「次へ」をクリック。


使用可能なドライブの名前はメーカーによって異なります。トランセンドの場合は(例:Transcend)、SPの場合は(例:SP UFD U3)のように表示されますが、SanDiskのUSBメモリは「ラベルなし」となっていました。

 
回復ドライブの作成_確認_t

回復ドライブを作成するとUSBメモリ上のデータはすべて削除されます。「作成」をクリックすると「回復ドライブの作成」が始まります。



 
回復ドライブの作成_32GBメモリ__コピー中

「回復ドライブの作成中」は多数のシステムファイルをコピーするのでしばらく時間がかかります。
 

 
回復ドライブの作成_32GBメモリ_完了b

「回復ドライブの準備ができました」と表示され回復ドライブの作成が完了! 右下の「完了」をクリックして終了します。
 
※回復ドライブ作成は50分~1時間くらいかかります。





回復ドライブを作成する(Windows 11の場合)


「Windows 11」で回復ドライブを作成する手順をご紹介します。

「USB メモリ」をPCに挿してから回復ドライブを作成作業を進めます。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_02a



Win11_回復ドライブの作成_00s

タスクバーの「検索のマーク」をクリック。



Win11_回復ドライブの作成_01s
 
上部の検索バーに「かいふく」と入力して、右側に「回復ドライブ」のアイコンが表示されたらクリックします。



回復ドライブの作成_02b_はいをクリック_s
 
ユーザーアカウント制御の画面が表示されたら「はい」をクリック。



回復ドライブの作成_03_次へをクリック_s

チェックが入っていることを確認して「次へ」をクリック。



回復ドライブの作成_04_お待ちください

「USBメモリ」が認識されるまでしばらく待ちます。



回復ドライブの作成_05_次へをクリックs2

使用可能なドライブを確認して、問題がなければ「次へ」をクリック。



回復ドライブの作成_06_作成をクリックs

「ドライブ上のすべてのデータが削除されます・・・」の警告を確認したら「作成」をクリック。



回復ドライブの作成_07_作成中

回復ドライブの作成は少し時間がかかります。



回復ドライブの作成_08_完了_s

「回復ドライブの準備ができました」と表示されたら「完了」をクリックします。




作成した回復ドライブの中身

 
回復ドライブの中身

回復ドライブとして使用できるようになったUSBメモリは「回復」と表示されます。
 
回復ドライブの中身は、フォルダが2つ(EFIとsources)とreagent.xmlファイルが入っています。





回復ドライブの作成に失敗した場合

 
20190309150607373_201912191147533de.png

回復ドライブの作成に失敗した場合は「回復ドライブの作成ができません」というメッセージが表示されます。原因は下記のようなケースが考えられます。

・USBメモリの容量が不足している
・USBがフォーマットされていない(⇒ ◆USBメモリをフォーマットする
  
当サイトではUSBメモリのサポートはできませんが、「USBメモリの容量が十分なのに作成に失敗する場合」は下記の方法で対処しています。

1)PCを再起動
2)再度USBメモリをフォーマットする(⇒ ◆USBメモリをフォーマットする
3)回復ドライブを作成する(⇒ ◆回復ドライブを作成する

※何回やっても失敗する場合は、別のUSBメモリで作成するしかないかもしれません。




作成した「リカバリUSBドライブ」から起動する

 
作成した「リカバリUSBドライブ」から起動する手順は、下記のような流れになります。
 
1)コンピューターの電源をオフにする。

2)「リカバリUSBドライブ」をUSBポートに挿入する。

3)コンピューターの電源をオンにする。

4)コンピューターが起動したらすぐにF11を適度に連打する。
 ※「お待ちください」の文字が表示されるまで

5)オプションの選択画面で「デバイスの使用」をクリック。

6)「起動するUSBドライブ」を選択してクリック。(この後、再起動します)

7)言語の選択(※表示されない場合は次へ)

8)キーボードレイアウトの選択画面で「Microsoft IME」をクリック。




この記事で使用したUSBメモリ(※回復ドライブ作成や復元の可否)

 
この項目では、回復ドライブを作成するために使用したUSBメモリをいくつかご紹介します。
 
※当サイトで「回復ドライブ作成」や「作成したUSBでの起動や回復」ができることを確認しましたが、確実性をを保証するものではありません。あらかじめご了承ください。 



シリコンパワー USBメモリ 32GB USB3.1 キャップ式
SP USBメモリ_IMG_20191219_123409
製品名仕様容量回復ドライブ
の作成
USBドライブで起動し
PCを回復(復元)
SP032GBUF3B02V1K
※Anazom.co.jp
USB 3.132GB
 
HP Spectre x360 13-aw0000で回復ドライブを作成したときに一度失敗していますが、USBメモリを再フォーマットして、再度「回復ドライブの作成」を行うことで作成に成功しています。

正常に動作すればどこのメーカーのUSBメモリでも問題ありませんが、当サイトではこのメモリをよく使用しています。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_02a


■下記のPCで作成
・OMEN 16-k0000(⇒ 実機レビュー※11/9追記
・HP ENVY x360 13-bf(⇒ 実機レビュー
・HP Spectre x360 16-f(⇒ 実機レビュー
・HP Spectre x360 14-ef(⇒ 実機レビュー
・Victus 25L Desktop AMD(⇒ 実機レビュー
・OMEN  25L Desktop インテル(⇒ 実機レビュー
・OMEN  25L Desktop AMD(⇒ 実機レビュー
・OMEN 40L Desktop(⇒ 実機レビュー
・OMEN 45L Desktop(⇒ 実機レビュー
・HP ENVY x360 15-ee1000(⇒ 実機レビュー
・OMEN 17-ck(⇒ 実機レビュー
・Victus 16-e AMD(⇒ 実機レビュー
・HP Pavilion Aero 13-be(⇒ 実機レビュー
・HP Elite Dragonfly G2(⇒ 実機レビュー
・HP Chromebook x360 13c(⇒ 実機レビュー
・OMEN by HP 30L Desktop GT13-0704jp エクストリームモデル(⇒ 実機レビュー
・HP Spectre x360 14-ea パフォーマンスプラスモデル(⇒ 実機レビュー
・HP ZBook Create G7 Laptop PC(⇒ 実機レビュー
・HP Pavilion x360 14-dw0000(⇒ 実機レビュー
・HP ENVY x360 13-ay0000 海外仕様モデル(⇒ 実機レビュー
・HP ENVY 15-ep0000 海外仕様モデル(⇒ 実機レビュー
・HP Spectre x360 13-aw0000(⇒ 実機レビュー
・OMEN X 2S 15(⇒ 実機レビュー




シリコンパワー USBメモリ 32GB USB3.1 & USB3.0
ヘアライン仕上げ Blaze B02 ホワイト

525_USBメモリ_PXL_20221015_230039010
製品名仕様容量回復ドライブ
の作成
USBドライブで起動
SP032GBUF3B02V1WJB
※Anazom.co.jp
USB 3.132GB

■下記のPCで作成
・HP ENVY Desktop TE02(⇒ 掲載予定)※10/16追記



シリコンパワー USBメモリ 32GB USB2.0 キャップ式
500_USBメモリ_0G1A4535
製品名仕様容量回復ドライブ
の作成
USBドライブで起動し
PCを回復(復元)
SP032GBUF2U02V1K
※Anazom.co.jp
USB 2.032GB

■下記のPCで作成
・HP Spectre x360 15-eb0000(⇒ 実機レビュー
・HP Elite Dragonfly(⇒ 実機レビュー
・HP ENVY All-in-One 27-b290jp(⇒ 実機レビュー
・HP Spectre x360 13-ap0000(⇒ 2018年10月モデル:実機レビュー



Transcend USB 3.0 16GB
500_USBメモリ_0G1A4513
製品名仕様容量回復ドライブ
の作成
USBドライブで起動し
PCを回復(復元)
TS16GJF700
※Anazom.co.jp
USB 3.016GB

■下記のPCで作成
・OMEN 17-ck1000(⇒ 実機レビュー※10/16追記
・HP Spectre x360 13-ap0000(⇒ 実機レビュー


 
SanDisk Cruzer Glide USB3.0  [海外パッケージ]
500_USBメモリ_0G1A4526-2
製品名仕様容量回復ドライブの作成USBドライブで起動し
PCを回復(復元)
SDCZ600-32G
※Anazom.co.jp
USB 3.032GB

■下記のPCで作成
・OMEN by HP 30L Desktop GT13-0827jp(⇒ 実機レビュー
・HP Spectre x360 13-ap0000(⇒ 実機レビュー
・OMEN by HP 15-dc0000(⇒ 実機レビュー

 

SanDisk USBメモリ 32GB USB 2.0 Cruzer Spark [国内正規品]
500_USBメモリ_0G1A4519-2
製品名仕様容量回復ドライブの作成USBドライブで起動し
PCを回復(復元)
SDCZ61-032G-J57
※Anazom.co.jp
USB 2.032GB

■下記のPCで作成
・HP Spectre x360 13-ap0000(⇒ 実機レビュー



【 サンディスク 正規品 】USBメモリ 32GB USB 3.1 Type-C スライド式
500_SanDisk Ultra SDCZ460-032G-J57_20201002_131008446
製品名仕様容量回復ドライブの作成USBドライブで起動
SanDisk Ultra
SDCZ460-032G-J57
※Anazom.co.jp
USB 3.1
Type-C
32GB
※復元はテスト中

■下記のPCで作成
・HP Elite Folio(⇒ 実機レビュー
・HP ENVY Desktop TE01-1110jp(⇒ 実機レビュー

とりあえず回復ドライブの作成は可能でしたが、Type-Cは最新規格なので予期せぬ問題が発生するかもしれません。現時点では従来のUSB端子のメモリ(USB 3.1、USB 3.0、USB 2.0)をおススメします。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_02a




回復ドライブ作成に必要な容量

  
回復ドライブ作成に必要な容量は機種によって異なります。2022年中盤以降に販売された製品は32GBのUSBメモリが必須になっています。
 
■実際に作成した回復ドライブの使用容量

【ノートPC:個人向け】


HP ENVY x360 13-bf(2022年モデル)
15.1GB(USBメモリの容量28.8GB)※スクリーンショット
※32GBメモリを推奨。16GBメモリの場合はあまり余裕がなさそうです。

HP Spectre x360 16-f1000(2022年モデル)
16.5GB(USBメモリの容量28.9GB)※スクリーンショット
※32GBメモリ必須。使用領域が16GBをオーバーしています。

HP Spectre x360 14-ef0000(2022年モデル)
15.2GB(USBメモリの容量28.8GB)※スクリーンショット
※32GBメモリを推奨。16GBメモリの場合はあまり余裕がなさそうです。

HP ENVY x360 15-ee1000
11.9GB(USBメモリの容量28.9GB)※スクリーンショット

HP Pavilion Aero 13-be0000

11.6GB(USBメモリの容量28.8GB)※スクリーンショット

HP Elite Dragonfly G2
10.7GB(USBメモリの容量28.9GB)※スクリーンショット

HP Spectre x360 14-ea パフォーマンスプラスモデル
11.9GB(USBメモリの容量28.9GB)※スクリーンショット

HP Spectre x360 13-aw パフォーマンスプラスモデル
9.55GB(USBメモリの容量28.8GB)※スクリーンショット

HP Spectre x360 13-ap ベーシックモデル
9.24GB(USBメモリの容量14.6GB)※スクリーンショット

HP Spectre x360 15-eb
11.8GB(USBメモリの容量28.9GB)※スクリーンショット
 
HP ENVY 15-ep0000(海外仕様モデル)
11.3GB(USBメモリの容量28.9GB)※スクリーンショット

HP ENVY x360 13-ay0000(海外仕様モデル)
11.0GB(USBメモリの容量28.9GB)※スクリーンショット

HP Pavilion x360 14-dw0000
10.2GB(USBメモリの容量28.8GB)※スクリーンショット


【ノートPC:法人向け】
HP Elite Folio
7.73GB(USBメモリの容量28.6GB)※スクリーンショット

HP Elite Dragonfly

5.41GB(USBメモリの容量28.9GB)※スクリーンショット

HP ZBook Create G7 Laptop PC
9.03GB(USBメモリの容量28.9GB)※スクリーンショット


【デスクトップPC:個人向け】
HP ENVY Desktop TE02
15.6GB(USBメモリの容量28.8GB)※スクリーンショット
※32GBメモリを推奨

HP ENVY All-in-One 27-b290jp

12.2GB(USBメモリの容量28.8GB)※スクリーンショット

HP ENVY Desktop TE01-1110jp
10.6GB(USBメモリの容量28.6GB)※スクリーンショット


【ゲーミングPC:ノートブック】
OMEN 16-k0000
16.0GB(USBメモリの容量28.8GB) ※スクリーンショット
※32GBメモリを推奨

OMEN 17-ck1000
17.1GB(USBメモリの容量28.6GB)※スクリーンショット
※32GBメモリを推奨

OMEN 17-ck0000
13.9GB(USBメモリの容量28.9GB)※スクリーンショット

Victus 16(AMD)

12.7GB(USBメモリの容量28.9GB)※スクリーンショット

HP Pavilion Gaming 15-cx0000

17.3GB(USBメモリの容量29.3GB)※スクリーンショット

OMEN by HP 15-dc0000 ハイパフォーマンスモデル(GTX 1070 Max-Q)
13.3GB(USBメモリの容量29.0GB)※スクリーンショット
 
OMEN by HP 15-dc0000 ハイパフォーマンスプラスモデル(RTX 2070 Max-Q)
9.86GB(USBメモリの容量29.7GB)※スクリーンショット

OMEN X by HP 2S 15-dg0000
8.70GB(USBメモリの容量29.4GB)※スクリーンショット


【ゲーミングPC:デスクトップ】
OMEN by HP 45L Desktop
12.4GB(USBメモリの容量28.8GB)※スクリーンショット

OMEN by HP 40L Desktop
13.5GB(USBメモリの容量28.8GB)※スクリーンショット

OMEN by HP 25L Desktop(インテル)
11.8 GB(USBメモリの容量28.9GB)※スクリーンショット

OMEN by HP 25L Desktop(AMD)
12.9 GB(USBメモリの容量28.9GB)※スクリーンショット

OMEN by HP 30L Desktop GT13-0704jp エクストリームモデル
9.80GB(USBメモリの容量28.9GB)※スクリーンショット
 
OMEN by HP 30L Desktop GT13-0827jp エクストリームプラスモデル
11.3GB(USBメモリの容量28.6GB)※スクリーンショット
 
Victus 15L Desktop(AMD)
13.3 GB(USBメモリの容量28.9GB)※スクリーンショット

ほとんどの製品は「16GBのUSBメモリ」で回復ドライブを作成することができましたが、HP Pavilion Gaming 15-cx0000は17.3GB、HP Spectre x360 16-f1000(⇒ ◆実機レビュー)は16.5GBを使用。

今のところ16GBをオーバーするケースは少ないのですが、新規で用意するのなら「32GB USBメモリ」の方が無難ですね。
84x84_吹き出し用アイコン-1px_200105_プレミアムPC担当_02a


 


■レビューについて
※商品仕様/価格については最終更新日時点のものです。
※製品仕様やPCパーツのメーカーは販売時期により変更になる場合があります。
 
関連記事