【GeForce RTX 2080 Ti 搭載】OMEN by HP Desktop 880-160jpの性能・新旧モデル比較 | お気に入りHPパソコン

【GeForce RTX 2080 Ti 搭載】OMEN by HP Desktop 880-160jpの性能・新旧モデル比較

OMEN-by-HP-Desktop-880-160jp-製品詳細_181207_01a

2018年12月7日より、日本HPがインテル Core i7- 9700K プロセッサー、NVIDIA GeForce RTX 2080 / RTX 2080 Ti グラフィックスを搭載した新モデル『OMEN by HP Desktop 880-160jp』の販売を開始しました!




■目次(ページ内リンク)
下記のリンクをクリックすると目的の場所にジャンプします。
※Fire FoxやMicrosoft Edgeは「BackSpace」キーでこの位置に戻ります。
※Google Chomeの場合は「Alt + ←」を使用します。

◆ゲーミングデスクトップ「OMEN by HP Desktop 880-160jp」の製品特徴
◆外観・デザインについて
◆ハイパフォーマンスモデル(RTX 2080)とハイパフォーマンスプラスモデル(RTX 2080Ti)の違い
◆新モデル(880-160jpシリーズ)と旧モデル(880-100jpシリーズ)の違い
◆インテル Core i7-9700K プロセッサーの性能について
◆NVIDIA GeForce RTX 2080 / RTX 2080 Ti の性能について

◆まとめ:新旧モデルの大きな違いはプロセッサーとグラフィックスの性能




 ゲーミングデスクトップ「OMEN by HP Desktop 880-160jp」の製品特徴

OMEN by HP 880-100jp_0G1A5573

■OMEN by HP Desktop 880-160jp の製品特徴
※880-160jpシリーズ(第9世代インテル)は2018年12月7より販売開始。

【外観・デザイン】
・西洋式甲冑(かっちゅう)と戦闘機をモチーフにしたアンギュラーフォームの新デザイン
・サイドパネルにシースルードアを採用 
・ドラゴンレッドにく輝くフロントLED(※常時点灯、色などの変更は不可)

【主なスペック
・Intel Core i7 -9700Kプロセッサを搭載
・インテル Z370 チップセット
・冷却性能が高い「水冷CPUクーラー」
・NVIDIA GeForce RTX 2080、RTX 2080 Tiを搭載
・512GB M.2 SSD+3TB HDDを標準搭載
・HyperX FURY DDR4-2666MHz 32GB
・750W ATX電源(GTX1070搭載モデル、GTX1080Ti搭載モデル)

【使い勝手・機能性・拡張性】
・業界標準のコンポーネントを採用
・Micro-ATXのマザーボード
・ストレージの増設や交換を容易にできるドライブアクセスドア
・ドライブベイを4基搭載

【メーカー製品詳細ページ】
◆OMEN by HP Desktop 880-160jp 製品詳細icon
◆OMEN by HP Desktop 880-160jp スペックPDF
※この記事で使用している画像は旧モデルの880-100jpシリーズ(※実機レビュー)です。




 外観・デザインについて

OMEN by HP 880-100jp_0G1A6441-2

■新モデルOMEN by HP Desktop 880-160jpは旧モデルのデザインを引き続き採用

OMEN by HP Desktop 880シリーズは、西洋の甲冑をイメージしたデザインと「レッド」のイルミネーション(※常時点灯)が特徴的な製品です。

実機を見ていないので細かい部分で何か違いがあるかもしれませんが、公式サイトのイメージ画像を見る限り新モデル(880-160jp)のデザインは旧モデル(880-100jp)と同じように見えます。

 
ドライブベイの仕様について日本HP カスタマーセンターに問い合わせたところ、下記の製品の「ドライブアクセスドアの仕様は同じ」という回答をいただきました。

・OMEN by HP 880-160jp
・OMEN by HP 880-100jp


旧モデル(880-100jp)はドライブアクセスドアがある上部のストレージ2基が3.5インチ専用※参考画像)、筐体下部の2基は2.5 / 3.5インチ兼用(※参考画像)だったので、新モデル(880-160jp)も同様の仕様になります。

※上の画像は旧モデルの880-100jpシリーズ(※実機レビュー)になります。

OMEN by HP 880-100jp_0G1A5838
外観はアンギュラーフォーム(角ばった、ごつごつしている)の形状が大きな特徴です。ボディの表面にはカーボン調のテクスチャ(※拡大画像)が施されていて、光が当たると編み込みがとても美しく見えます。



 ハイパフォーマンスモデルとハイパフォーマンスプラスモデルの違い

OMEN by HP 880-100jp_0G1A6348-2tb

■「ハイパフォーマンスモデル」と「ハイパフォーマンスプラスモデル」の違い


OMEN by HP Desktop 880-160jpシリーズは2モデル用意されていますが、スペック異なるのはグラフィックスのみで、プロセッサーやチップセット、メモリやストレージの容量などは同じです。

・NVIDIA GeForce RTX 2080 ※ハイパフォーマンスモデル
・NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti ※ハイパフォーマンスプラスモデル
 
■2モデルで共通になった部分

旧モデルは下記の部分が2モデルで仕様が異なっていた(上位と下位モデルが差別化されていた)のですが、新モデルでは同じ仕様になっています。

・左サイドパネル(シースルー)
・水冷クーラー
・チップセットなど
・筐体上部からストレージの脱着ができるドライブアクセスドア(※上の画像参照)
 
OMEN by HP Desktop 880-160jp 2モデルのスペック比較

60_OMEN Desktop 880_イラスト_170622_01f

OMEN by HP Desktop 880-168jp
ハイパフォーマンスモデル
¥308,000(税抜)~

 
60_OMEN Desktop 880_イラスト_170622_01f
 
OMEN by HP Desktop 880-169jp
ハイパフォーマンスプラスモデル

 ¥358,000(税抜)~
 
【キャンペーン価格】
¥283,400(税抜)~
※2019年3月14日時点
OS
 
Windows 10 Pro(64bit)
 
筐体
 
ミニタワー型( 縦置き)
 
 
 左サイドパネル(シースルー)
 
プロセッサー
  
インテル Core i7-9700K プロセッサー
(3.60GHz-4.90GHz, キャッシュ 12MB, 8コア/8スレッド)
 
チップセット
 
インテル Z370 チップセット
 
プロセッサー冷却方式
 
  水冷クーラー
 
メモリ
 
 HyperX FURY DDR4 メモリ 32GB(16GB×2)2666MHz (最大32GB)
 
メモリスロット
 
4スロット(DIMM)
 
ストレージ
 
512GB M.2 SSD(PCIe NVMe)+ 3TB HDD(7200回転)
 
オプティカルドライブ
 
DVDライター(ウルトラスリム)
 
サウンド
 
DTS Headphone:X
Realtek ALC3863-CG
HighDefinition Audio 準拠
チップセット内蔵
5.1 チャンネルオーディオ対応
 
グラフィックス
 
GeForce RTX 2080
8GB(GDDR6)

 
 
GeForce RTX 2080 Ti
11GB(GDDR6)

 
拡張スロット
 
PCI Express×16×2スロット(空1)
M.2×2スロット(空0)
 
ドライブベイ
 
ウルトラスリムベイ×1(空0)
3.5インチ×4(空3)
 
ネットワークコントローラー
 
10/100/1000 Mbps オンボードネットワークコネクション
 
内蔵無線LAN
 
IEEE802.11a/b/g/n/ac 、Bluetooth 4.2
 
天面のインターフェイス
 
 USB3.1×2、USB Type-C 3.0×2
メディアカードリーダー×1
ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
マイク入力ポート×1
 
 背面のインターフェイス

USB3.0×4、USB2.0×2、
デジタル音声出力端子(光)×1、ライン出力×1、ライン入力×1、
マイク入力×1、セキュリティロックケーブル用ホール
LAN端子
 
サイズ(幅×奥行き×高さ) / 質量
 
約190×482×457mm、約13.95kg
 
電源ユニット
 
750W ATX電源、Active PFC搭載、
80PLUS PLATINUM(89%電源変換効率)相当
 
※仕様や価格は予告なく変更される場合があります。
※この記事で使用している画像は旧モデルの880-100jpシリーズ(※実機レビュー)です。




 新モデル(880-160jpシリーズ)と旧モデル(880-100jpシリーズ)の違い

OMEN by HP 880-100jp_0G1A5838

■新モデルの特徴・旧モデルとの違い


この項目では新モデル(880-160jpシリーズ)と旧モデル(※880-100jpシリーズ)の違いを比較します。

新モデルの外観は従来のデザインをそのまま採用していますが、プロセッサーやグラフィックス、メモリなどが新しい世代のものに変更され、HDDは容量が多いものが搭載されています。


新モデルの特徴・変更点

・OSはWindows 10 Pro(64bit)のみ
・プロセッサーが第8世代→第9世代のCore i7-9700K※製品仕様
・グラフィックスがNVIDIAのGTX 10シリーズ→最新のRTX 20 シリーズ
・メモリがDDR-2400→HyperX FURY DDR4-2666MHz
・HDDの容量が2TB→3TB
 
※チップセットは変更されていませんが、BIOSで第9世代のプロセッサーに対応していると思われます。
 
OMEN by HP Desktop 880-160jpと旧モデル880-100jp)の比較

60_OMEN Desktop 880_イラスト_170622_01f
 
OMEN by HP Desktop 880-160jp
※2018年12月7日より販売開始

 
60_OMEN Desktop 880_イラスト_170622_01f
 
OMEN by HP Desktop 880-100jp
※2018年2月上旬より販売開始
 
標準価格
 
ハイパフォーマンスプラスモデル
(RTX 2080 Ti)
¥358,000(税抜)~

パフォーマンスモデル
(RTX 2080)
¥308,000(税抜)~
 

ハイパフォーマンスモデル
(GTX 1080Ti)
【セール】¥251,800(税抜)~

パフォーマンスモデル
(GTX 1070)
【セール】¥199,000(税抜)~
 
OS
 
Windows 10 Pro(64bit)
 
Windows 10 Home(64bit)
Windows 10 Pro(64bit)
筐体
ミニタワー型( 縦置き)
左サイドパネル(シースルー)

【ハイパフォーマンスモデル】
左サイドパネル(シースルー)

【パフォーマンスモデル】
左サイドパネル(ノーマル)
 
プロセッサー
インテル Core i7-9700K
※最大4.9GHz、8コア8スレッド

【ハイパフォーマンス】
インテル Core i7-8700K
※最大4.7GHz、6コア12スレッド

【パフォーマンス】
インテル Core i7-8700
 ※最大4.6GHz、6コア12スレッド
 
チップセット
 
インテル Z370 チップセット
 
 
【ハイパフォーマンス】
インテル Z370 チップセット
 
【パフォーマンス】
インテル Z370H チップセット
 
マザーボード
Tampa2
◆Tampa2 マザーボードの仕様
※880-168jp製品仕様
 
【ハイパフォーマンス】
◆Tampa2 マザーボードの仕様
 
【パフォーマンス】
◆Tampa2 マザーボードの仕様
 
プロセッサー冷却方式

水冷クーラー
 

【ハイパフォーマンス】
水冷クーラー

【パフォーマンス】
空冷クーラー
 
メモリ
 
32GB(16GB×2)
HyperX FURY DDR4-2666MHz

※最大32GB
 
32GB(8GB×4)
PC4-19200 (2400MHz)
※最大32GB
メモリスロット
 
4スロット(DIMM)
 
4スロット(DIMM)
ストレージ
 
512GB M.2 SSD(PCIe NVMe)
+ 3TB HDD(7200回転)
 
512GB M.2 SSD(PCIe NVMe)
+ 2TB HDD(7200回転)
オプティカルドライブ
 
DVDライター(ウルトラスリム)
 
DVDライター(ウルトラスリム)
サウンド
 
DTS Headphone:X
Realtek ALC3863-CG
HighDefinition Audio 準拠
チップセット内蔵
5.1 チャンネルオーディオ対応
 
 
DTS Headphone:X
Realtek ALC3863-CG
HighDefinition Audio 準拠
チップセット内蔵
5.1 チャンネルオーディオ対応
 
グラフィックス
 
【ハイパフォーマンスプラス】
 GeForce RTX 2080 Ti

【ハイパフォーマンス】
GeForce RTX 2080

 
 
【ハイパフォーマンス】
GeForce GTX 1080Ti

【パフォーマンス】
GeForce GTX 1070
 
拡張スロット
PCI Express×16×2スロット(空1)
M.2×2スロット(空0)

PCI Express x16 × 2スロット (空1)
M.2 × 2スロット (空0)
 
ドライブベイ
 
ウルトラスリムベイx1(空0)
3.5インチ×4 (空3)
 
ウルトラスリムベイ x1(空0)
3.5インチ ×4 (空3)
ネットワークコントローラー
 
10/100/1000 Mbps オンボード
ネットワークコネクション
 
 
10/100/1000 Mbps オンボード
ネットワークコネクション
 
内蔵無線LAN
 
IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
 
IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
天面のインターフェイス
 
 USB3.1×2、USB Type-C 3.0×2
メディアカードリーダー×1
ヘッドフォン出力/
マイク入力コンボポート×1
マイク入力ポート×1
 
 
USB3.1 × 2、USB Type-C 3.0 × 2
メディアカードリーダー×1
ヘッドフォン出力 /
マイク入力コンボポート ×1
マイク入力ポート ×1
 
背面のインターフェイス
 
USB3.0 × 4
USB2.0 × 2
デジタル音声出力端子 (光)×1
ライン出力 ×1
ライン入力 ×1
マイク入力 ×1
セキュリティロックケーブル用ホール
LAN端子
 
 
USB3.0 × 4
USB2.0 × 2
デジタル音声出力端子 (光)×1
ライン出力 ×1
ライン入力 ×1
マイク入力 ×1
セキュリティロックケーブル用ホール
LAN端子
 
サイズ(幅×奥行き×高さ) / 質量
 
約190×482×457mm
約 13.95kg
 
約190×482×457mm
約14kg
電源ユニット
 
750W ATX電源、Active PFC搭載
80PLUS PLATINUM
(89%電源変換効率)相当
 
 
750W ATX電源 Active PFC搭載
80PLUS PLATINUM
(89%電源変換効率)相当
 
※仕様や価格は予告なく変更される場合があります。
※この記事で使用している画像は旧モデルの880-100jpシリーズ(※実機レビュー)です。




 インテル Core i7-9700K プロセッサーの性能について

Core i7-9700K_プロセッサー比較_02a

■「8コア」のCore i7-9700K プロセッサーはハイパースレッディング非対応


インテル Core i7-9700K はメインストリーム向けとして初めての「8コア」プロセッサーです。ハイパースレッディングに対応していないのでスレッド数は8になります。

もう一つの変更点は、CPUのダイとヒートスプレッダの間の熱伝導材が従来のサーマルグリスでななく熱伝導率が高い「ソルダリング」(はんだ付け)になったことです。これによってCPUが冷えやすくなります。

上記のPassMarkベンチマークでは、Core i7-9700Kのマルチスレッド性能はCore i7-8700Kよりも約8%、シングルスレッド性能は約5%向上しています。

Core i7-9700KとCore i7-8700Kのマルチスレッド性能の違いは大きくありませんが、2世代前のCore i7-7700Kと比較した場合は43%も高いスコアになるのでかなり魅力的に見えます。


プロセッサーのスペック比較
動作周波数キャッシュコアスレッドTDP
Core i7-9700K3.60GHz-4.90GHz12MB8895W
Core i7-8700K3.70GHz-4.70GHz12MB61295W
Core i7-87003.20GHz-4.60GHz12MB61265W
Core i7-7700K4.20GHz-4.50GHz8MB4891W




 NVIDIA GeForce RTX 2080 / RTX 2080 Ti の性能について

RTX 2080 Ti_グラフィックス比較

NVIDIA GeForce RTX 2080 / RTX 2080 Ti(◆NVIDIA 公式サイト:GEFORCE RTX 20 シリーズ 製品特徴) は、「リアルタイムレイトレーシング」の処理を行う「RTコア」を搭載していることが大きな特徴です。レイトレーシング(Ray Tracing)は光線を追跡する手法で、光の描写や映り込みなどをリアルに表現することができるようになります。

他には「Tensorコア」を実装したこと、12nmプロセスの採用、GDDR6のビデオメモリ、出力端子にVirtualLink対応USB Type-Cコネクタを搭載、Display Port 1.4aのサポートなどが従来のGTX 10シリーズと異なる点です。

上記のPassMarkベンチマークでは、RTX 2080 Ti のスコアはGTX 1080 Ti よりも20%向上していますが、リアルタイムレイトレーシングやDLSSに対応したゲームで比較した場合は、両者の差は大きく開くかもしれません。

 
■レイトレーシング対応ゲーム(※予定も含む)

有名タイトルをいくつかピックアップしてみましたが、ゲームだけでなくWindows 10もOctober 2018 Updateで「レイトレーシングGPU」に対応しています。

・Battlefield V(バトルフィールド5)
・PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)
・ファイナルファンタジー XV
・ヒットマン2

◆グラフィックスの再創造: レイ トレーシング、AI、高度なシェーディング機能により、まったく新しいゲーム体験を実現
◆DLSS 導入のゲームが続々発表。DLSS の勢いは続きます。



 まとめ:新旧モデルの大きな違いはプロセッサーとグラフィックスの性能

OMEN by HP 880-100jp_0G1A6439-2b

■最新のプロセッサーやグラフィックスを搭載して性能向上を図った新モデル


OMEN by HP Desktop 880シリーズの新モデル(880-160jp)は、第9世代のインテル Core i7-9700K プロセッサー(最大4.90GHz, 8コア8スレッド)と GeForce RTX 2080 / RTX 2080 Ti グラフィックスを搭載したことが旧モデルとの大きな違いです。

旧モデルは「サイドパネルのシースルードア」や筐体上部からストレージの脱着ができる「ドライブアクセスドア」などは上位モデルのみ備えていましたが、新モデルは2モデル共にそれらの機能が使用できるようになっています。

※2019年3月14日時点では、RTX 2080Tiを搭載した最上位モデルは¥358,000(税抜)~、RTX 2080を搭載した「パフォーマンスモデル」はキャンペーン価格の¥283,400(税抜)~で販売されています。
 
私は4コア8スレッドの7700Kを搭載した初代のOMEN by HP 880で作業しているので「8コアのプロセッサーの性能」にとても興味があります。グラフィックスに関しては「レイトレーシング」はとても凄そうな新技術ですが、現時点ではそれにに対応したゲームが少ないので、今後のゲームメーカーの対応に期待したいと思います。
※この記事で使用している画像は旧モデルの880-100jpシリーズ(※実機レビュー)です。

【メーカー製品詳細ページ】
◆OMEN by HP Desktop 880-160jp 製品詳細icon
◆OMEN by HP Desktop 880-160jp スペックPDF
◆880-168jp製品仕様の詳細(マザーボード、プロセッサー、メモリ、ストレージ、グラフィックス、I/Oポート、付属ソフトなど)



■レビューについて
※商品仕様/価格については2019年3月14日時点のものです。
※製品仕様やPCパーツのメーカーは販売時期により変更になる場合があります。
※温度や消費電力の測定値は目安です。使用状況や環境によって変わります。
※できるだけ客観的にレビューしようと心がけていますが、実際の商品を見たり使用したときの感じ方には個人差があります。
 
関連記事


テーマ : ゲームパソコン
ジャンル : コンピュータ

検索フォーム
最新記事
高性能&強力な冷却性能を備えるOMEN X 2S 15(Core i9-9880H、RTX 2080 Max-Q)のベンチマーク 2019/10/16
HPが「OMEN by HP」関連製品が最大39%OFFになる『みんな“39”キャンペーン』を実施中! 2019/10/14
日本HPパソコン最新売れ筋ランキング2019 2019/10/13
【HP ENVY All-in-One 27】256GBのM.2 SSDを大容量の1TBに換装! 2019/10/08
HPパソコンがお得!【7%OFFクーポン】プレゼント 2019/10/06
【HP ENVY All-in-One 27】メモリの換装方法(16GB→32GB) 2019/10/06
『HP ENVY All-in-One 27』の分解方法(底面カバーの取り外し)&内部のレビュー 2019/10/04
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

★注目記事ピックアップ
250_HPパソコンを安く買う方法_190425_04a

250x60_週間売れ筋ランキング_190425_03a

250x60_HPパソコンの納期について_190429_01a

ソーシャルブックマーク【シェアする】
カテゴリ
プロフィール

お気に入りHPパソコン

Author:お気に入りHPパソコン

数あるHPパソコンの中から選りすぐりの製品をご紹介!

以前はMacユーザーでしたがHP製品のデザインの良さに一目ぼれしてWindowsに移行しました。現在は、モバイル用途やコンテンツの作成などでHP製ノートPCやデスクトップPCなどを活用しています。

Twitter
◆美しく丈夫なプレミアムPC
Spectreシリーズの壁紙
メモリ搭載量について
CPU/GPU性能比較表
VRベンチマーク
CPUオーバークロックツール
250_CPUオーバークロックツール
「インテル XTU」は、ソフトウェアでCPU倍率設定や電圧などを細かく調整することができるCPUオーバークロックツールです。

■Core i7-5820Kをオーバークロック!
【レビュー】PCバックパック
ザ・シムズ 4 (The Sims 4)
★秋の特別キャンペーン実施中!
250x600_プレミアムPC_クーポン_191001_02a
お気に入りHPパソコン QRコード
QR
RSSリンクの表示
◆免責事項
ブログに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。本ブログの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。

◆プライバシーポリシー
 
★HPパソコン割引クーポン(個人向け)
250_HP個人向けパソコン割引クーポン_2019年10月_191001_01a_OMEN_a

当サイトでは、日本HPの個人向けパソコンを12万円(税抜)以上ご購入で7%OFFになる「特別割引クーポン」をプレゼントしています!実施期間は10月31日(木)まで。

◆お得なクーポンの詳細・取得はこちら
★HPパソコン割引クーポン(法人向け)
250_HP法人向けクーポン_191001_02a
★注目キャンペーン!
★HP公式ストアのお得なキャンペーン!
★最新HPゲーミングノート
【イベントレポート】東京ゲームショウ2019
【レビュー】HP ENVY All-in-One 27
【レビュー】HP ENVY x360 15-ds0000
【レビュー】HP ENVY x360 13-ar0000
【レビュー】HP EliteBook x360 1040 G5
【レビュー】HP Pavilion 13-an0000
【レビュー】OMEN by HP 15-dc1000
【レビュー】Spectre x360 13-ap0000
【レビュー】Spectre x360 15-df0000
【レビュー】Spectre Folio 13-ak0000
【レビュー】OMEN by HP 15-dc0000
★英語キーボードの使い方
【レビュー】HP Spectre 13-af000