525_Pavilion-Gaming-15-cx0000_PUBG_181007_02a.png

インテル Core i7-8750H プロセッサー、16GBメモリ、GeForce GTX 1050Ti を搭載した日本HPの15.6インチ・ゲーミングノート「HP Pavilion Gaming 15-cx0000」で、PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)をどれくらい快適にプレイできるのかをチェックします。



600x100_クーポンバナー_spectre_191201_03a_QR






 PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)について

525_TslGame 2018-09-28 09-34-19-54

PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)は、プレイヤー(最大100名)が孤島で、武器や装備アイテム、車両などを使い、最後の1人が生き残るまで戦うバトルロイヤルゲームです。時間が経つと安全地帯内(プレイできる範囲)が狭まっていき緊張感あふれる戦いが繰り広げられます。

PUBGの推奨スペックはミドルクラスのプロセッサーとグラフィックス、16GBのメモリを搭載したPCで、64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要になります。
 
 PUBG 推奨スペック
 64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
 OS 64bitの Windows 7, Windows 8, Windows 10
 プロセッサー Intel Core i5-6600K / AMD Ryzen 5 1600
 メモリー 16 GB RAM
 グラフィック  NVIDIA GeForce GTX 1060 3GB / AMD Radeon RX 580 4GB
 DirectX Version 11
 ネットワークネットワーク ブロードバンドインターネット接続
 ストレージ 30GB の空き容量
 サウンドカード 記載なし

◆Steam:PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS 詳細ページ




 テストで使用するゲーミングノート「Pavilion Gaming 15-cx0000」について

pavilion_gaming_15_cx0000_0G1A6865_2018100712325993f.png

日本HPの15.6インチ・ゲーミングノート「Pavilion Gaming 15-cx0000」は、気軽にゲームを楽しみたい方向けの製品です。この記事で使用するモデルは、インテル Core i7-8750H プロセッサー、16GBメモリ、GeForce GTX 1050Ti を搭載しています。

プロセッサーやメモリ容量はPUBG の推奨スペックを十分に満たしていますが、グラフィックスは推奨のGTX 1060 よりも少し低い性能になります。(◆ノートPC・タブレットPC「グラフィックス性能比較表」

ディスプレイのサイズは15.6インチワイドで、画面解像度はフルHD(1920×1080)、非光沢、視野角は広いIPS方式で、リフレッシュレートは60Hz(1秒間に60コマの描画が可能)です。
 
■HP Pavilion Gaming 15-cx0000のスペック
・Windows 10  Pro(64bit)
・インテル Core i7-8750H プロセッサー(最大4.1GHz, 6コア/12スレッド)
・モバイル インテル HM370 チップセット
・16GB DDR4-2666MHz
・128GB SSD(PCIe NVMe M.2)+ 1TB HDD
・NVIDIA GeForce GTX 1050Ti (4GB GDDR5)
・電源150W ACアダプター

【実機レビュー】
◆スタイリッシュな「HP Pavilion Gaming 15-cx0000」の外観・デザイン徹底レビュー!
◆ベンチマーク:HP Pavilion Gaming 15-cx0000(Core i7-8750H, GTX 1050Ti 搭載)



 画質設定やフレームレートの計測について

PUBG_GTX 1050Ti_設定_01

画面解像度はフルHD(1920x1080)で画質設定は「中」でテストします。垂直同期やモーションブラー、鮮明度などは「オフ」の状態です。

フレームレートの表示は「Fraps」を使用。どのような場面でフレームレートが高くなる(または低くなる)のかを確認するため、目視でフレームレートをチェックします。
 
ベンチマークソフトのようにプレイ状況が一定ではないので、フレームレートは「あくまでも目安」となります。予めご了承ください。



 フルHD(1920x1080)画質設定「中」でプレイしたときのフレームレート

525_TslGame 2018-10-07 11-48-16-79

ゲームスタート直後の飛行機に乗っているシーンでは100FPS以上出る場合があります。フレームレートはマップによって変わる場合がありますが今回は118FPSが最高値でした。



525_TslGame 2018-10-07 11-48-45-11

飛び降りる瞬間は90FPS以上出ていましたが、地面に近づくにつれてフレームレートが少しづつ下がっていきます。ある程度地面が近づいてきたときに60FPS前後まで下がりました。



525_TslGame 2018-10-07 11-49-33-15

水があるところに着地した瞬間は52FPSくらいまで下がりましたが、地上は草が少ない場所だったので90FPSくらい出ています。



525_TslGame 2018-10-07 11-51-14-95

武器を拾うため建物がある場所に向かいます。少し草木がある場所でのフレームレートは60後半~80FPSの間くらいになります。



525_TslGame 2018-10-07 11-52-54-68b

先ほどの建物で待ち伏せされてしまったので、ここからは観戦モードでフレームレートをチェックします。草木が多い場所ではフレームレートがやや下がり50前半~60後半の間で推移していました。


 
TslGame 2018-10-07 11-53-17-95

建物の中はフレームレートが高めで80FPS近く出る場合がありますが、周囲に草木が多い場合は60FPSくらいしか出ないこともありました。



525_TslGame 2018-10-07 12-00-57-77

次は車で草が多い場所を走ります。フレームレートは50前後~60FPS台でした。最低値は瞬間的に48FPSを記録。



525_TslGame 2018-10-07 12-08-00-53

建物や草木が多めの場所では50~60FPS中盤くらいで推移していました。




 GTX 1050Ti搭載ゲーミングノートはフルHD・画質設定「中」で快適にプレイ可能

525_TslGame 2018-10-07 12-03-06-27
インテル Core i7-8750H プロセッサー、16GBメモリ、GeForce GTX 1050Tiを搭載した「Pavilion Gaming 15-cx0000」は、PUBGをフルHD・画質設定「中」で大体48~90FPSくらいでプレイ可能でした。

今回テストしたマップは、草木が少なめの場所では70~90FPSくらいまでフレームレートが伸びましたが、草木の多い場所では50前後~60FPS台くらいまで下がりました。より草木やオブジェクトが多い場所やプレイ状況によってはもう少しフレームレートが下がる場合があるかもしれません。

常時60FPSを出すのならもう少し画質設定を下げる必要がありますが、高画質や高フレームレートにこだわりがなければ画質設定「中」でも十分にプレイ可能です。

※地上に降りた瞬間からフレームレートを計測した場合。
※フレームレートは「あくまでも目安」となります。予めご了承ください。
【実機レビュー】
◆スタイリッシュな「HP Pavilion Gaming 15-cx0000」の外観・デザイン徹底レビュー!
◆ベンチマーク:HP Pavilion Gaming 15-cx0000(Core i7-8750H, GTX 1050Ti 搭載)
 


■レビューについて
※商品仕様/価格については2018年10月7日時点のものです。
※製品仕様やPCパーツのメーカーは販売時期により変更になる場合があります。
※温度や消費電力の測定値は目安です。使用状況や環境によって変わります。
※できるだけ客観的にレビューしようと心がけていますが、実際の商品を見たり使用したときの感じ方には個人差があります。
 
関連記事

タグ