VR Mark

「VRMark」はパソコンのVR性能を測定できるアプリケーションです。この記事では当サイトで行ったテスト結果をまとめています。



最終更新日:2022年7月8日




600_7OFFクーポンQRコード_220805_01_詳しくはこちら 600x12_空白 600_HPパソコンの納期について_2208020_01 600x12_空白 600_お得なキャンペーンについて_220820_01_ピンク 600x12_空白 600x50_お得なキャンペーン_オレンジ_「OMEN 40L」割引クーポン_220912 600x12_空白



■目次(ページ内リンク)
下記のリンクをクリックすると目的の場所にジャンプします。
※Fire FoxやMicrosoft Edgeは「BackSpace」キーでこの位置に戻ります。
※Google Chomeの場合は「Alt + ←」になります。

◆VR(仮想現実:バーチャルリアリティー)のベンチマークについて
◆VR Mark Orange Room(現在の標準的な負荷でテスト) ※7/8更新
◆VR Mark Cyan Room(DirectX 12を利用したVR環境を想定) ※7/8更新
◆VR Mark Blue Room(将来のより高負荷なVR環境を想定) ※7/8更新
 



 VR(仮想現実:バーチャルリアリティー)のベンチマーク「VRMark」について

VR Mark Orange Room
「VRMark」はVirtual Reality(仮想現実)対応システムのためのベンチマークです。Oculus Rift、HTC Vive などのVRヘッドセットでどれくらい快適にVRをプレイできるかを測定します。このテストはVRヘッドセットがなくてもVR Ready判定テストを行うことができます。

テストは下記の3種類用意されています。初期はOrange RoomとBlue Roomの2種類でしたが、2017年11月頃にCyan Roomが追加されています。

【Orange Room】
現在のVR環境を想定した標準的なテスト。

【Cyan Room】
DirectX 12を利用したVR環境でどれくらい快適に動くかをテスト。

【Blue Room】
将来登場すると思われる負荷が高い環境を想定したテスト。



 VR Mark Orange Room(現在の標準的な負荷でテスト)

VR Mark Orange Room_02

「Orange Room」は現在のVR環境を想定した標準的なテストです。
平均フレームレート目標値:109.00 FPS

 
機種名スコアフレームレート
(FPS)

OMEN 45L
※Core i9-12900K,RTX 3090
16327355.43
OMEN by HP 880-100jp
※Core i7-8700K,GTX 1080Ti
11713
255.35
OMEN X by HP 17-ap000
※Core i7-7820HK, GTX 1080
8647188.50
OMEN by HP 15-dc1000
※Core i7-8750H, RTX 2070 Max-Q
8575186.94
OMEN by HP 17-an000
※Core i7-7700HQ, GTX 1070
8026174.98
OMEN by HP 15-dc0000
※Core i7-8750H, GTX 1070 Max-Q
7855171.25
OMEN by HP 17-an000
※Core i7-7700HQ, GTX 1060
6100133.20
OMEN by HP 15-ce000
※Core i7-7700HQ, GTX 1060 Max-Q
5576121.55
HP Pavilion Gaming 15-cx0000
※Core i7-8750H, GTX 1050Ti
347075.66
HP Spectre x360 15-ch000
※Core i7-8705G, Radeon RX Vega M GL
343474.87

これまでにテストした日本HPのゲーミングPCは「目標フレームレート:109.00 FPS」」を上回っています。GTX 1060 with Max-Q Designを搭載したゲーミングノートは目標値の少し上程度ですが、GTX 1080Tiを搭載したゲーミングデスクトップは目標値の約2倍のフレームレートを記録しました。
 
RTX 2070 MAX-Qを搭載したゲーミングノートはGTX 1080に迫るスコアをたたき出しています。
 


 VR Mark Cyan Room(DirectX 12を利用したアプリケーションのテスト)

VR Mark Cyan Room_02

「Cyan Room」はDirectX 12を利用した環境でどれくらい快適に動くかをテストします。
※平均フレームレートの目標値:88.90 FPS

機種名スコアフレームレート
OMEN 45L
※Core i9-12900K,RTX 3090
検証中検証中
OMEN by HP 880-100jp
※Core i7-8700K,GTX 1080Ti
8083176.22 FPS
OMEN X by HP 17-ap000
※Core i7-7820HK, GTX 1080
5932129.31 FPS
OMEN by HP 15-dc1000
※Core i7-8750H, RTX 2070 Max-Q
5865127.85 FPS
OMEN by HP 15-dc0000
※Core i7-8750H, GTX 1070 Max-Q
445797.17 FPS
OMEN by HP 17-an000
※Core i7-7700HQ, GTX 1060
319969.74 FPS
HP Spectre x360 15-ch000
※Core i7-8705G, Radeon RX Vega M GL
225649.19 FPS
HP Pavilion Gaming 15-cx0000
※Core i7-8750H, GTX 1050Ti
200643.73 FPS

「Cyan Room」は2017年11月頃に追加されたテストなので当サイトでの実機のデータは少なめですが、GTX 1080TiとGTX 1080、GTX 1070 with Max-Qを搭載した機種は「目標フレームレート:88.90 FPS」を上回っています。
 
このテストでもRTX 2070 MAX-Qを搭載したゲーミングノートはGTX 1080に近いスコアをたたき出しています。



 VR Mark Blue Room(将来のより高負荷なVR環境を想定)

VR Mark Blue Room_02

「Blue Room」は将来登場すると思われる負荷が高い環境を想定したテストです。
※平均フレームレートの目標値:109.00 FPS

機種名スコアフレームレート
FPS)
OMEN 45L
※Core i9-12900K,RTX 3090
6105133.08
OMEN by HP 880-100jp
※Core i7-8700K,GTX 1080Ti
294464.17
OMEN X by HP 17-ap000
※Core i7-7820HK, GTX 1080
208045.34
OMEN by HP 15-dc1000
※Core i7-8750H, RTX 2070 Max-Q
206745.05
OMEN by HP 17-an000
※Core i7-7700HQ, GTX 1070
165136.00
OMEN by HP 15-dc0000
※Core i7-8750H, GTX 1070 Max-Q
152433.22
OMEN by HP 17-an000
※Core i7-7700HQ, GTX 1060
107523.44
OMEN by HP 15-ce000
※Core i7-7700HQ, GTX 1060 Max-Q
96120.95
HP Pavilion Gaming 15-cx0000
※Core i7-8750H, GTX 1050Ti
69515.16
HP Spectre x360 15-ch000
※Core i7-8705G, Radeon RX Vega M GL
53511.67

「Blue Room」は非常に負荷が高いテストなので、ハイエンドのGTX 1080Tiでも「60fpsを上回るのがやっと」という結果になりました。将来の環境を想定しているので、現時点でこのテストを気にする必要はないと思います。あくまでも参考程度でご覧ください。
 
RTX 2070 MAX-QはGTX 1080にかなり近いスコアを出しています。

■ベンチマークについて

※当サイトで行ったベンチマークの測定値はPC環境によっては異なる結果になる場合があります。あくまでも目安としてご覧ください。
 
関連記事