HP Windows Mixed Reality Headsetの設定方法(使えるまでの流れ)

HP Windows Mixed Reality Headset_IMG_8351b
この記事では、HP Windows Mixed Reality Headsetを使えるようにするまでの流れ(セットアップ)をご説明します。動作確認は日本HPのゲーミングノート、ゲーミングデスクトップPCで行っています。


■目次(ページ内リンク)
下記のリンクをクリックすると目的の場所にジャンプします。
※Fire FoxやMicrosoft Edgeは「BackSpace」キーでこの位置に戻ります。
※Google Chomeの場合は「Alt + ←」になります。

【VRを始めるための準備】
◆HP Windows Mixed Reality Headset(コントローラー付き)について
◆Windows Mixed Realityを快適に楽しめるパソコンは?
◆設定を始める前の準備(PCとヘッドセットの接続、コントローラーの準備)
◆OSはMicrosoft Windows 10 RS3 (Fall Creators Update)以降が必要
◆デスクトップPCの場合はディスプレイとヘッドセットの両方を接続する ※追記4/25

【VRのセットアップ:ノートPCの場合】
◆VRの設定01:システムの確認・ヘッドセットの説明・ヘッドバンドの調節方法
◆VRの設定02:コントローラーのセットアップ(ボタンの説明、bluetoothで接続)
◆VRの設定03:境界の作成(動く範囲の設定)
◆VRの設定04:音声認識の選択

【トラブルシューティング】
◆セットアップ中に「ダウンロードできませんでした」と表示される場合 ※追記4/26

【VRの世界を体験】
◆まずはMixed Reality ポータルでVRを体験

【まとめ】
◆部屋にセンサーを設置する必要がなくセットアップが容易な点がGood!



 HP Windows Mixed Reality Headset(コントローラー付き)について

HP Windows Mixed Reality Headset_IMG_8146-2

HP Windows MR Headset VR1000-123jpは、日本HPから販売されているWindows Mixed Reality対応のVRヘッドセットです。インサイドアウト方式なので外部センサーを設置する必要がなくセットアップが簡単なことが大きな特徴です。ヘッドセットやモーションコントローラ、同梱物のレビューか下記の記事をご覧ください。

【実機レビュー】
◆スタイリッシュなHPのVRヘッドセット(VR1000-123jp)詳細レビュー!



 Windows Mixed Realityを快適に楽しめるパソコンは?

HP-Windows-Mixed-Reality-Headset_IMG_8309_01a_20180422220937da6.png

バーチャルリアリティー(VR:仮想現実)のゲームを快適に楽しむには、高性能なプロセッサーとグラフィックスを搭載したゲーミングPCが最適です。

Windows Mixed Reality Ultra認定PCは、米国マイクロソフト本社が実機検証で動作要件を満たしていることを認定したパソコンなので、この中から予算に応じたパソコンを購入すればVRを快適に楽しむことができます。

下記のPCはいずれも4コア以上のプロセッサー、GTX 1060以上のグラフィックスを搭載しているので問題ありませんが、重めのゲームをプレイする場合はGTX 1070以上のグラフィックスを選択した方が快適です。(※グラフィックス性能比較

■Windows Mixed Reality Ultra認定PC一覧
・OMEN by HP 880 Desktop(※関連記事
・OMEN X by HP Compact Desktop P1000
・OMEN X by HP 17(※実機レビュー
・OMEN by HP 17(※実機レビュー
・OMEN by HP 15(※実機レビュー
・HP Pavilion Power 15

【VR ベンチマーク】
◆VRベンチマーク「VRMark」でゲーミングPCのVR性能をチェック!



 設定を始める前の準備(PCとヘッドセットの接続、コントローラーの準備)

0G1A0876_2018042220092674e.png
ケーブルの長さは約3.6mで、画像の左側のコネクタは「ヘッドセット差込み端子」、2つに分岐しているコネクタはPCに接続するためのUSB 3.0端子とHDMI(2.0)端子になります。

HP Windows Mixed Reality Headset_IMG_8450
ヘッドセット側の端子に「ヘッドセット差込み端子」を接続します。

IMG_8207s.png

USB 3.0端子とHDMI(2.0)端子をPCに接続します。リフレッシュ レートはHDMIのバージョンによって変わります。

※ケーブルのUSB端子はパソコンのUSB3.0端子に接続します。
※HDMI 2.0 ポートをサポートする PC・・・最大 90 Hz のリフレッシュレート
※HDMI 1.4 ポートをサポートする PC・・・最大 60 Hz のリフレッシュレート

HP Windows Mixed Reality Headset_コントローラー_IMG_8219_s
コントローラーに同梱されている電池を取り付けます。Bluetoothのボタンは電池ボックスの下側にあります。

※ヘッドセットとPCの接続とコントローラーの準備が完了したらVRのセットアップに進みます。
◆VRの設定01:システムの確認・ヘッドセットの説明・ヘッドバンドの調節方法



 OSはMicrosoft Windows 10 RS3 (Fall Creators Update)以降が必要

Windows Mixed Reality_windowsの更新
Windows Mixed Reality をプレイするには、Microsoft Windows 10 RS3 (Fall Creators Update)以降のOSが必要です。Fall Creators Update以前のOSがインストールされている場合は、セットアップを始める前にOSをアップデートする必要があります。




 デスクトップPCの場合はディスプレイとヘッドセットの両方を接続する

OMEN by HP 880_IMG_9278b

デスクトップPCの場合は、PCにヘッドセットと外部ディスプレイの両方を接続する必要があります。ヘッドセットのみ接続した状態ではセットアップが進みません。(※セットアップ手順はノートPCと同じです)

GTX 1080TiやGTX 1070などのグラフィックスカードはHDMIx1、DisplayPortx3のディスプレイ端子を搭載しているので、HDMIにヘッドセットを接続し、DisplayPortにはディスプレイを接続します。

ディスプレイ側がDisplayPortを備えていない場合は、DisplayPort→HDMI変換アダプタを使用して接続します。当サイトではサンワサプライの「 DisplayPort HDMI変換アダプタ 0.2m AD-DPHD02」を使用しました。(◆Amazon.co.jp 商品ページ



 VRの設定01:システムの確認・ヘッドセットの説明・ヘッドバンドの調節方法

VR設定_01_開始するをクリック
PCがヘッドセットが接続されていることを認識すると、VRをセットアップするためのアプリケーションが自動的に立ち上がり「Windows Mixed Reality へようこそ」の画面が表示されます。

※「開始する」をクリックして次の手順に進みます。

VR設定_02_同意するをクリック
「設定する」の画面ではVRのセットアップに関することや、利用上の注意点などが表示されます。

※「同意する」をクリックして次の手順に進みます。

VR設定_03_次へをクリック
PCのスペックがVRに適しているかをチェックします。今回は旧モデルとなりますがゲーミングノートのOMEN by HP 17-w105TX(※実機レビュー)を使用。

インテル Core i7-6700HQ プロセッサー、16GBメモリ、256GB SSD(PCIe NVMe M.2)+ 1TB HDD、NVIDIA GeForce GTX 1070を搭載しているので、ゲームやVRを楽しむには十分なスペックを備えています。

※「次へ」をクリックして次の手順に進みます。


VR設定_04_次へをクリック
「HP Windows Mixed Reality Headset をご購入くださいましてありがとうございます。」のメッセージが表示されます。

※「次へ」をクリックして次の手順に進みます。

VR設定_05_次へをクリック
ヘッドバンドの調整はヘッドセット後方のノブを回すことで調節可能です。HDML 2.0/USB 3.0 コネクタに同梱されているケーブルを接続してPCにつなげます。

画像ではわかりにくいのですが、3.5mmオーディオ コンボコネクタはヘッドセット底面の左側にあります。(※参考画像

※「次へ」をクリックして次の手順に進みます。
◆VRの設定02:コントローラーのセットアップ(ボタンの説明、bluetoothで接続)



 VRの設定02:コントローラーのセットアップ(ボタンの説明、bluetoothで接続)

VR設定_06_次へをクリック
「コントローラーをセットアップする」の画面。ここでは設定は行いません。

※「次へ」をクリックして次の手順に進みます。

VR設定_07_次へをクリック
「コントローラーについて知る」の画面では、ボタンの名称や機能が表示されます。

※「次へ」をクリックして次の手順に進みます。

VR設定_09_次へをクリックs
「接続しましょう」の画面ではPCとコントローラー(左右両方)をBluetoothで接続します。

1)Windows ボタンを2秒間長押ししてコントローラーの電源を入れる。
2)ライトが点滅するまで「Bluetooth ペアリング」ボタンを長押しする。
3)接続が完了するとコントローラーが「接続済み」と表示されます。

※接続が完了したら「次へ」をクリックします。
◆VRの設定03:境界の作成(動く範囲の設定)



 VRの設定03:境界の作成(動く範囲の設定)

VR設定_10_あらゆる使い方をクリック
ここから境界の作成(動く範囲の設定)を行います。動き回ってプレイする場合は「あらゆる使い方のためのセットアップ」を、動き回らないでプレイする場合は「座ったり立ったりして使うときのセットアップ」を選択します。

※今回は「あらゆる使い方のためのセットアップ」を選択して次に進みます。

VR設定_11_境界の作成_次へをクリック
境界を作成するための空間に障害物がないことを確認します。

※問題がなければ「次へ」をクリックして次の手順に進みます。

VR設定_12_境界の作成_中央をクリック
この画面ではヘッドセットの中央を設定します。

※ヘッドセットを前に持ちコンピューターの方に向けて「中央」を選択します。

VR設定_13_境界の作成_トレースをクリック
境界をトレースするための手順が表示されます。

※内容を理解したら「トレース」を選択して次の手順に進みます。

VR設定_14_境界の作成_受け入れるをクリックs
何度かやり直しながら境界を作成。2畳くらいのサイズでそれなりに良い形になりました。

※気に入った境界が作成できたら「受け入れる」を選択して次に進みます。
◆VRの設定04:音声認識の選択



 VRの設定04:音声認識の選択

VR設定_15_音声認識_境界の作成_はいをクリック
この画面では音声認識の選択をします。設定は後から変更することができます。

※音声認識する場合は「はい」、音声認識を使わない場合は「いいえ」をクリック。

VR設定_17_準備完了
ヘッドセットの準備が完了しました。次はVRの世界を体験してみます。

◆まずはMixed Reality ポータルでVRを体験

20180426183133548b.png
※準備完了の画面が表示されず「PCを再起動してください」のようなメッセージが表示された場合は指示に従ってPCを再起動してください。

ブルーの画面でWindowsが更新され再びPCが起動した後、再度セットアップすることで設定が完了するはずですが、スペックが十分でない場合や変換アダプターを使用してヘッドセットを接続している場合はうまくいかないかもしれません。

ダウンロードができずセットアップが進まない場合は下記の項目をご覧ください。

◆セットアップ中に「ダウンロードできませんでした」と表示される場合



 セットアップ中に「ダウンロードできませんでした」と表示される場合

【2018/04/26 追記】
セットアップ中に「Windows Mixed Reality ソフトウェアをダウンロードできませんでした」と表示される場合の対処方法を追記しました。


これまでに3台のパソコンでヘッドセットの設定を行っています。2018年4月中旬ごろにセットアップを行った1台は問題ありませんでしたが、4月中旬ごろにセットアップした2台中1台にこのような現象が発生しました。4月下旬ごろに配布されたWindows の更新プログラムが影響している可能性があります。


ダウンロードできませんでした
通常は音声認識の設定が終了すると設定が完了するのですが、環境によっては「Windows Mixed Reality ソフトウェアをダウンロードできませんでした」という表示が出る場合がありました。

PCからヘッドセットを取り外して再度接続したり、PCを再起動して何度もセットアップを試みましたが同じような状況になるので、次の方法(更新プログラムの削除)を試してみました。

ダウンロードできませんでしたの表示が出た場合_02_更新削除_再起動
■コントロールパネルで更新プログラムを削除する手順

1)タスクバーのコルタナに「コントロールパネル」と入力
2)検索結果で表示されるデスクトップアプリの「コントロールパネル」をクリック
3)プログラムの「アンインストール」をクリック
4)「インストールされた更新プログラム」をクリック

今回は「KB4093105」の更新プログラムを削除しました。削除後はPCを再起動します。

※削除するプログラム(KB4093105)をを選択して「アンインストール」をクリックすると削除することができます。

ダウンロードできませんでしたの表示が出た場合_04b
PC再起動後、再度セットアップを行うとこれまでとは違うメッセージが出ました。指示どおりにPCを再起動します。ブルーの画面でWindowsが更新され再びPCが起動します。

ダウンロードできませんでしたの表示が出た場合_06_セットアップ完了s
PC再起動後、もう一度セットアップを行うと「全て完了しました!」のメッセージが表示されて設定が完了しました。

環境によっては同じように更新プログラムを削除してもうまくいかないかもしれませんが、当サイトではこのような方法で問題を解決することができました。



 まずはMixed Reality ポータルでVRを体験

VR設定_18_準備完了_チュートリアル_01
ヘッドセットの準備が完了すると「Mixed Reality ポータル」でVRを体験することができます。

※画面の下に表示されている▷をクリックするとチュートリアルが始まります。

VR設定_チュートリアル_00
チュートリアルではコントローラーの使い方の説明があります。指示に従いながら移動したり、標的を狙い打ったりしながら進めていきます。

VR設定_チュートリアル_01
コントローラーを使い方を覚えるための簡単なチュートリアルが終わると、家のような空間を自由に動き回ることができます。

VR_チュートリアル_02
壺のようなものを持ち上げて移動してみました。

VR_チュートリアル_03
動画を楽しめる雰囲気の部屋も用意されています。

VR_チュートリアル_04
平面の画像では伝わりにくいのですが、VRで風景を見ると本当に奥行きが感じられます。



 部屋にセンサーを設置する必要がなくセットアップが容易な点がGood!

HP Windows Mixed Reality Headset_IMG_8411

今回はHP Windows Mixed Reality ヘッドセットをOMENシリーズのゲーミングノートを使用して、セットアップやバーチャルリアリティーを体験してみました。

セットアップに関しては、外部センサーを設置する必要がない点がとても楽でした。マニュアルは付属していませんが、ヘッドセットをPCに接続すると自動的に立ち上がる「Mixed Reality ポータル」の手順に従って進めるだけで設定することができました。

特定のゲームをプレイしたいのならヘッドセットに対応しているかどうかを確認する必要がありますが、そのような思い入れがなく「手軽にバーチャルリアリティーを体験してみたい」のなら、このWindows Mixed Reality 対応ヘッドセットでも十分楽しめると思います。

【追記:デスクトップPCでのセットアップについて】
※デスクトップPCで動作することを確認しました。ヘッドセットのみ接続した状態ではセットアップが進まなかったのですが、PCにヘッドセットと外部ディスプレイの両方を接続すると無事セットアップを完了することができました。
 

【メーカー製品詳細ページ】
◆HP Windows Mixed Reality Headset(コントローラー付き)製品詳細icon

【サポート・トラブルシューティング】
◆HP Windows Mixed Reality Headset VR1000-123jpicon

【Microsoft サポート】
◆Windows Mixed Reality のヘルプ
◆Windows Mixed Reality の使い方に関する FAQ
◆Mixed Reality ポータルを使う

【実機レビュー】
◆スタイリッシュなHPのVRヘッドセット(VR1000-123jp)詳細レビュー!
◆HP Windows Mixed Reality Headset の設定(使えるまでの流れ)
◆瞳孔間距離 (IPD) を調整する
 ◆HPのVRヘッドセット(Windows MR)でSteamVRのゲームをプレイ!

【VR ベンチマーク】
◆VRベンチマーク「VRMark」でゲーミングPCのVR性能をチェック!



■レビューについて
※商品仕様/価格については2018年4月23日時点のものです。
※製品仕様やPCパーツのメーカーは販売時期により変更になる場合があります。
※温度や消費電力の測定値は目安です。使用状況や環境によって変わります。
※できるだけ客観的にレビューしようと心がけていますが、実際の商品を見たり使用したときの感じ方には個人差があります。


関連記事

テーマ : PC周辺機器
ジャンル : コンピュータ

検索フォーム
ソーシャルブックマーク[シェアボタン]
最新記事
日本HPのパソコンをお得に購入できる【7%OFFクーポン】プレゼント! 2019/01/17
日本HPが抽選でギフト券10,000円分が当たる「お年玉キャンペーン第2弾!」を実施! 2019/01/16
日本HPパソコン売れ筋ランキング(2019年1月6日集計) 2019/01/14
当サイトのすべてのページで常時SSL化を実施します 2019/01/13
【徹底レビュー】デザイン一新で輝きを増した「HP Spectre x360 13-ap0000」 2019/01/11
【速攻レビュー】HP Spectre x360 13-ap0000の製品特徴・新旧モデル比較 2019/01/10
Spectre 2018年10月モデル(Folio 13、x360 13、x360 15)の性能・使い勝手を比較 2018/12/30
★注目記事ピックアップ
メモリ搭載量について
カテゴリ
プロフィール

お気に入りHPパソコン.com

Author:お気に入りHPパソコン.com
長年Macを使ってきましたが、性能面やOSのサイクルが早く安定した環境が構築しにくいなど、次第にMacに対する不満が募り、2011年の秋にメインの作業環境をWindowsPCに移行しました。現在はWindows派で日本HPのデスクトップ、ノートPCを使用しています。

◆免責事項
ブログに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。本ブログの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
CPU/GPU性能比較表
VRベンチマーク
CPUオーバークロックツール
250_CPUオーバークロックツール
「インテル XTU」は、ソフトウェアでCPU倍率設定や電圧などを細かく調整することができるCPUオーバークロックツールです。

■Core i7-5820Kをオーバークロック!
【レビュー】Windows Mixed Reality Headset
F1 2018
ザ・シムズ 4 (The Sims 4)
ザ・シムズ 3 (The Sims3)
★特別キャンペーン実施中!
250x600_OMEN-by-HP-Gaming-PC--クーポン_1900115_02b
お気に入りHPパソコン.com QRコード
QR
人気記事
RSSリンクの表示
★日本HPパソコン割引クーポン(個人向け)
250_HPパソコン割引クーポン_190115_01a

当サイトでは、日本HP公式オンラインストア「HP Directplus」で使える7%OFFクーポンをプレゼントしています!

個人向けパソコンを12万円以上(税抜)ご購入でご利用可能です。実施期間は 2019年1月31日(木)まで。

◆割引クーポンの詳細・取得はこちらから

★日本HPパソコン割引クーポン(法人向け)
250_HP法人向け-7%OFFクーポン_181226_01b
★日本HPのお得なキャンペーン!
日本HPでは、デスクトップPC、ノートPCのお得なキャンペーン実施中です!

【日本HP公式オンラインストア】
◆実施中のキャンペーン一覧 icon
◆【学生の皆様限定】HPの学割! icon
【新製品】OMEN by HP 880-160jp
【レビュー】Spectre x360 13-ap0000
【レビュー】Spectre x360 15-df0000
【レビュー】Spectre Folio 13-ak0000
【レビュー】Pavilion Gaming 15-cx0000
【レビュー】OMEN by HP 880-100jp
【レビュー】OMEN by HP 15-dc0000
【レビュー】HP Spectre 15 x360
【レビュー】HP EliteBook x360 1020 G2
★英語キーボードの使い方
【レビュー】HP Spectre 13-af000
【レビュー】OMEN X by HP 17-ap000
【レビュー】HP Spectre x360 (ローズゴールド)
【レビュー】HP Spectre x360 13-ae000