HP Pavilion Wave 600に32GBメモリ(16GBx2)を増設!

468_Wave 600_メモリの増設_161119_02b

この記事ではHP Pavilion Wave 600のメモリの増設・交換のやり方やメモリの診断方法などをご紹介しています。今回は32GBメモリ(16GBx2、PC4-17000)を増設しました!

本体の分解、メモリやストレージの増設は保証対象外となりますので、あ くまでも自己責任の下で行ってください。この記事を参考にして破損、故障などが起こったとしても当方は一切責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。



目次(ページ内リンク)
下記のリンクをクリックすると目的の場所にジャンプします。
※[BackSpace]キーでこの位置に戻ります。

◆Pavilion Wave 600のメモリを交換または増設するときの注意点
◆分解に必要な工具について
◆メモリの仕様
◆メモリスロットカバーの取り外し
◆メモリの取り外し
◆メモリの取り付け
◆Crucial [Micron製] DDR4 メモリー 32GB(16GBx2)を認識
◆メモリの診断
◆まとめ (メモリの増設は難しくありませんが静電気に注意!)


【関連記事】
◆HP Pavilion Wave 600-000jpの外観・デザイン
◆HP Pavilion Wave 600(Radeon R9 m470)の性能・消費電力を検証!
◆【速攻レビュー】Pavilion Wave 600の製品特徴・性能について
◆省スペースPC『HP Pavilion Wave 600』の分解方法&注意点 NEW!
◆HP Pavilion Wave 600に32GBメモリ(16GBx2)を増設!
NEW!



 HP Pavilion Wave 600のメモリを交換または増設するときの注意点


Pavilion Wave 600_a072jp_IMG_6051

●静電気にご注意ください
メモリやストレージを増設する前に、どこか金属に適当に触って 静電気を放電してから作業をしてください。

●電源コードを外した上で作業してください
感電の恐れがありますので電源コードを外してから分解・増設作業を行ってください。

●マザーボードを傷つけないようにする
工具などでマザーボードや部品を傷つけないようにご注意ください。

●怪我にご注意ください

本体内部には金属製の部品や鋭利な部分がありますので、怪我には十分お気を付けください。



Pavilion Wave 600のメモリを交換または増設するには、まず本体を分解する必要があります。ネジや配線などを外せは分解可能な設計になっていますが、側面のカバーを外せるミニタワーPCのように簡単に内部にアクセスすることはできません。

※分解方法や注意点などは下記の記事をご覧ください。
◆省スペースPC『HP Pavilion Wave 600』の分解方法&注意点

 



 分解に必要な工具について

Pavilion Wave 600_a072jp_IMG_6151

 
底面のネジや3.5インチ・ストレージを固定するためのネジは通常の「プラスドライバー」で回すことができます。分解では先端のサイズが「#2」のプラスドライバーを使用しました。

◆No.333 ソフトラインドライバー #2x300(+)
 


Wave 600-000jp_IMG_7538

 
Wave 600の内部には、一部でヘクスローブレンチの「T15」が必要な特殊なネジが使われていますが、大きめのマイナスドライバーでも代用可能です。この記事ではメモリにアクセスするためのカバーを外すときに使用しています。

◆パソコンの分解で重宝するヘクスローブレンチ
 



 メモリの仕様

Wave 600-000jp_IMG_7567
 
Wave 600で使用できるメモリの仕様は下記の通りです。

・デュアルチャネルメモリアーキテクチャ
・2 x DDR4 UDIMM (288 ピン) ソケット
・PC4-17000 (DDR4-2133) までサポート
・4 GB および 8 GB の UDIMM をサポート
・32 ビットシステムは最大 4 GB をサポート
・64 ビットコンピューターは最大 16 GB (アンバッファード) をサポート

◆HP Pavilion Wave Desktop - 600-a072jp PCの製品仕様

※UDIMM(アンバッファードDIMM)・・・一般的なPCで使用されているメモリで「DIMM」と呼ばれているものです。ワークステーションには、エラー訂正機能が備えられているECC UDIMM(ECC Unbuffered DIMM)やRDIMM(ECC Registered DIMM)などが使用されています。
 



 メモリスロットカバーの取り外し

Wave 600-000jp_IMG_7812_メモリスロットカバー

 
メモリスロットには取り外し可能なカバー付けられています。
 

Wave 600-000jp_IMG_7812_メモリスロットカバー_ネジ
 
はじめにメモリスロットのカバーを固定しているネジ(3カ所)を外します。
 



Wave 600-000jp_IMG_7538_トルクレンチ

 
カバーを固定しているネジ(3カ所)はヘクスローブレンチの「T15」が必要な特殊なタイプですが、大きめのマイナスドライバーでも代用可能です。

◆パソコンの分解で重宝するヘクスローブレンチ
 


Wave 600-000jp_IMG_7816t_02_カバーの取り外し
 
ネジをすべて外したらメモリスロットカバーを矢印の方向にスライドさせます。(※画像はスライドさせた状態)
 


Wave 600-000jp_IMG_7564-2t
 
 
カバーを取り外すとこのようになります。青い基盤メモリが1枚装着されていました。

◆メモリの取り外し
◆メモリの取り付け
 



 メモリの取り外し


Wave 600-000jp_IMG_7569_メモリの取り外し_02b_1c
 
■メモリの取り外し
メモリを取り扱う際は、手を金属部分に触れて静電気を逃がしてから作業を進めてください。

メモリの両端の留め具を外側に倒します。留め具を最大まで倒すとメモリが端子が少し見えるくらいまで浮き上がり、スロットから外れた状態になります。
 


Wave 600-000jp_IMG_7569_メモリの取り外し_02b_2
 
メモリを上の方に引き抜きます。
 


Wave 600-000jp_IMG_7580-2
 
メモリスロットは2つあります。奥の方に見えるのは、プロセッサーやグラフィックスの熱をヒートシンクに伝えるための「ヒートパイプ」です。
 



 メモリの取付け

Wave 600-000jp_IMG_7569_メモリの取り付け_01b

 
■メモリの取り付け
メモリを取り扱う際は、手を金属部分に触れて静電気を逃がしてから作業を進めてください。

メモリを取り付ける前に、メモリスロット両端の留め具を開いた状態にします。この記事ではメモリを1枚取り付けていますが、メモリを2枚取り付ける場合は奥の留め具も開いてからメモリを増設します。
 


Wave 600-000jp_IMG_7569_メモリの取り付け_02c
 
メモリの切り欠き部分をスロットと同じ位置に合わせて、上から(なるべく平行な状態で)挿し込みます。

※違うタイプのメモリは切り欠き位置が異なるので挿すことはできません。
 


Wave 600-000jp_IMG_7569_メモリの取り付け_03
 
メモリをスロットの奥まで挿し込むと、メモリの両端の留め具が「パチッ」とはまります。これでメモリの取り付けは完了です。
 



 Crucial [Micron製] DDR4 メモリー 32GB(16GBx2)を認識

Wave 600-000jp_IMG_7521

 
メモリの最大搭載量はスペックPDFには最大8GBと記載されていますが、今回は32GB(16GBx2)を認識するのかどうか試してみたいと思います。

◆【Amazon.co.jp】Crucial [Micron製] DDR4 デスク用メモリー 16GB x2 ( 2133MT/s / PC4-17000 / CL15 / 288pin / DR x8 Unbuffered DIMM )
 


Wave 600-000jp_IMG_7701-2
 
 
32GB(16GBx2)の取り付けは特に問題ありませんでした。きちんと認識するかどうか・・・。
 



メモリ32GBを認識_02

 
スイッチを入れるとあっさり起動したので少し安心。スペックPDFでは最大8GBと表記されていますが、32GB(16GBx2)を認識しました。
 



 メモリの診断


720_IMG_7671t.png

 
メモリのテストは「起動メニュー」の「F2 システム診断」から行うことができます。「起動メニュー」を表示させるには、起動時(または再起動時)に「Esc」キーを軽く連打します。
 



720_IMG_7673t_201611182320243af.png

 
上記のメニューが表示されたら「コンポーネントテスト」を選択します。
 



IMG_7674t_201611182323307ab.png

 
コンポーネントテストのメニューが表示されたら「メモリ」を選択します。
 



720_IMG_7675t.png

 
メモリテストは、高速テスト、クイックテスト、詳細テストの3種類あります。大量のメモリを搭載して詳細テストを行うと非常に時間がかかるので、今回は「高速テスト」でメモリを診断します。
 



720_IMG_7676t.png

 
「1回実行」をクリックするとメモリテストが始まります。
 



720_IMG_7677t.png

 
32GBのメモリを搭載した場合は「高速テスト」でも44分くらいかかります。
 



720_IMG_7668t_20161118235349bec.png

720_IMG_7668t_2.png

 
メモリ高速チェックに合格! スペックPDFの最大8GBを超える容量の32GB(16x2GB)を搭載してみましたが、とりあえず問題はなさそうです。今のところ安定して動作しています。
 




 まとめ

Wave 600-000jp_IMG_7590


Pavilion Wave 600にメモリを増設または換装する作業は静電気に注意する必要がありますが、これまでにメモリを増設されたことがある方なら苦労することはないと思います。メモリを購入される場合は規格を間違えないようにご注意ください。

標準で8GBx1を搭載しているので、もう1枚8GB追加して16GBにすることも可能ですが、同じメーカで同じ規格・容量のメモリを2枚搭載したほうが安定した動作を望めると思います。違うメーカーのメモリが混在すると相性の問題で動作しない場合があるかもしれません。

必要なメモリの容量は使い方次第になりますが、画像解像度が大きくレイヤーを多数使用してCGイラストを作成するのなら16GBくらいは欲しいところです。今回は更に多い32GBのメモリを搭載しヘビーな画像処理でも使えることを確認しました。

本体の分解、メモリやストレージの増設は保証対象外となりますので、あ くまでも自己責任の下で行ってください。この記事を参考にして破損、故障などが起こったとしても当方は一切責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。

【メーカー製品詳細ページ】
◆HP Pavilion Wave 600-000jp 製品詳細
◆HP Pavilion Wave 600-000jp (スペックPDF)

【HP Pavilion Wave 600-000jp サポート】
◆トラブルシューティング・ドライバー・使用方法など

【実機レビュー】
◆HP Pavilion Wave 600-000jpの外観・デザイン
◆HP Pavilion Wave 600(Radeon R9 m470)の性能・消費電力を検証!

【関連記事】
◆【速攻レビュー】Pavilion Wave 600の製品特徴・性能について
◆省スペースPC『HP Pavilion Wave 600』の分解方法&注意点
◆HP Pavilion Wave 600に32GBメモリ(16GBx2)を増設!



■レビューについて
※商品仕様/価格については2016年11月19日時点のものです。
※PCパーツのメーカーは販売時期により変更になる場合があります。
※ベンチマークの結果、温度、消費電力などの測定値はPCの使用状況や環境によって異なることがあります。
※できるだけ客観的にレビューしようと心がけていますが、実際の商品を見たり使用したときの感じ方には個人差があります。


関連記事

テーマ : デスクトップパソコン
ジャンル : コンピュータ

お気に入りパソコン.com

◆ホームへ

◆全ての記事(リスト)を表示する

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
プロフィール

お気に入りパソコン.com

Author:お気に入りパソコン.com
長年Macを使ってきましたが、性能面やOSのサイクルが早く安定した環境が構築しにくいなど、次第にMacに対する不満が募り、2011年の秋にメインの作業環境をWindowsPCに移行しました。現在はWindows派で日本HPのデスクトップ、ノートPCを使用しています。

お気に入りパソコン.com インデックス
250_お気に入りパソコンcom_インデックス
当サイトのHPパソコン購入に関すること、PCの性能や増設に関する記事のまとめ。

■お気に入りパソコン.com [インデックス]
OMEN by HP ゲーミングマウス
HP Z5000 Bluetooth マウス
HP Spectre レザークラッチバック
HP プレミアム・バックパック
CPU/GPU性能比較表
250_プロセッサー性能比較表_160404_01a
日本HPのパソコンに搭載されているプロセッサーやグラフィックスの性能比較表です。当サイトで行ったベンチマークテスト(3DMARK、CINEBENCH R15、FF14イシュガルド、PSO2、モンスターハンター、ドラゴンクエストX)の結果も掲載しています。

■【デスクトップ】プロセッサー性能比較表
■【デスクトップ】グラフィックス性能比較表
■【ノートPC】プロセッサー性能比較表
■【ノートPC】グラフィックス性能比較表
ウォッチドッグス2(Watch_Dogs2)
250_WatchDogs22016-12-03t.png
ゲーミングPCでウォッチドッグス2プレイ中のフレームレートを計測!

■Watch_Dogs2の推奨スペック
■Core i7-6700HQ,GTX 1070 Laptop
Grand Theft Auto V
250_GTA5 ベンチマーク_150815_01a
『グランド・セフト・オートV』のベンチマークでフレームレートを計測しました!

■Core i7-6700K,GTX 1080(8GB)
■Core i7-6700K,GTX 980Ti(6GB)
■Core i7-4790K,GTX 980(4GB)
■Core i7-5820K,GTX 960(2GB)
■Core i7-4790K,GTX 960(2GB)
F1 2016
F1 2016 ベンチマーク
「F1 2016」のベンチマークでフレームレートを計測!

■推奨スペック&ベンチマーク(GTX1080,GTX1070,GTX1060)
F1 2015
250_F1 2015 ベンチマーク_03
「F1 2015」のベンチマークです。実際にプレイしたときのフレームレートも計測しています。

■Core i7-6700K, GTX 980Ti
■Core i7-4790K, GTX 960, GTX 980
FF14『蒼天のイシュガルド』
250_ffxiv-heavensward-bench rogo
ファイナルファンタジーXIV『蒼天のイシュガルド』のベンチマークです。ゲーミングPCのスコアを掲載しています。

■FF14『蒼天のイシュガルド』ベンチマーク
ザ・シムズ 4 (The Sims 4)
ザ・シムズ 3 (The Sims3)
バトルフィールド4
250x135_Battlefield 4_01
『バトルフィールド4』をプレイしたときのフレームレートを計測しました。

■Core i7-4790K、GTX 980
■Core i7-4960X-EE, GTX 770
ウォッチドッグス(Watch_Dogs)
250x135_watch_dogs_02b.png
『Watch Dogs』をプレイしたときのフレームレートを計測しました。

■Core i7-4790K, GTX 980
■Core i7-4790, GTX 770
■Core i7-4770, GTX 660
■Core i7-4960X-EE, GTX 770
入力方法の変更
ゲーム中の画面左上の文字_s_250
■PCゲーム中、画面左上に文字が出て操作不能になる問題の対処法
【Windows 10】タッチキーボードの無効化
CPUオーバークロックツール
250_CPUオーバークロックツール
「インテル XTU」は、ソフトウェアでCPU倍率設定や電圧などを細かく調整することができるCPUオーバークロックツールです。

■Core i7-5820Kをオーバークロック!
RSSリンクの表示
◆免責事項
ブログに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。本ブログの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
◆著作権について
コンテンツの著作権は「お気に入りパソコン.com」が所有しています。 このサイト内の画像・イラスト・文章の無断転載を固く禁じます。
ブログのQRコード
QR
Adobe フォトグラフィプラン

フォトグラファー必須のAdobe LightroomとPhotoshopが使える『Creative Cloudフォトグラフィプラン』が月980円(税別)~
Microsoft Office 365 Solo
Microsoft Store (マイクロソフトストア) 最新 2016 年版 Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook などが使える「Office 365 Solo」が1ヵ月毎の更新で1240円~。
マカフィー
マカフィー・ストア
マカフィー2017シリーズ発売記念キャンペーン実施中!
Dropbox Pro
Dropbox Pro 【10,000本限定】どこからでもアクセスできるクラウドストレージサービス「Dropbox Pro 3年版」がお得!24,000円(税抜)
日本HP公式ストアで使える割引クーポン
250_HP 5%OFFクーポン_161201_01c_xmas_05p

当サイトでは、日本HP公式オンラインストアで使える5%割引クーポンをプレゼントしています!個人向けパソコンを8万円以上(税抜)ご購入でご利用可能です。実施期間は 2017年1月15日(日)まで。

◆特別クーポンの詳細・取得はこちらから
日本HPのお得なキャンペーン!
【日本HP公式ストア】注目キャンペーン
【レビュー】OMEN by HP 17-w100
250_OMEN by HP 17 GTX1070_レビュー161127_01c
17.3インチ・ゲーミングノート 『OMEN by HP 17』 の実機レビュー! NEW!

■外観・デザインのレビュー
■性能・消費電力を検証!(GTX 1070)
■Watch_Dogs2をプレイ!(GTX 1070)
【レビュー】HP Pavilion Wave 600
【レビュー】HP Pavilion 24-a100jp
250_HP Pavilion 24-a100jp_02a
超狭額ベゼルを採用したオールインワンPC『HP Pavilion 24-a100jp』の実機レビュー!

■外観・デザインのレビュー
■性能・消費電力を検証!
(Core i7-6700T,GeForce 930MX)

OMEN X by HP Desktop 900
250_OMEN X by HP Desktop 900_IMG_3872_03a_txt_04a
GTX 1080SLIを搭載したフラグシップモデル『OMEN X by HP Desktop 900』

■速攻レビュー(製品特徴・性能について)
【レビュー】OMEN by HP Desktop 870
【新モデル】HP Spectre 13-v100
250_HP Spectre 13-v100TU_02b
第7世代インテル Core プロセッサー(Kaby Lake)搭載した『HP Spectre 13』の新モデルが登場!

■製品特徴・性能・新旧モデル比較
【レビュー】HP Spectre 13-v000
【レビュー】HP ENVY15-as100
【レビュー】HP EliteBook Folio G1
【レビュー】HP Elite x2 1012 G1
250_Elite x2 1012 G1_レビュー160404_03a
美しさと強さを兼ね備えたハイブリットPC『HP Elite x2 1012 G1』の実機レビューです。

■外観・デザインのレビュー
■性能・消費電力を検証!(M3-6Y30)
■性能・消費電力を検証!(M7-6Y75)
【レビュー】OMEN by HP 17-w000
【注目製品】HP Spectre 13-4100 x360
【レビュー】HP Slimline 260-p050jp
250_HP Slimline 260-p050jp_レビュー160914_01a
スリムタイプ「HP Slimline 260-p050jp」の実機レビュー!

■外観・デザインのレビュー
■性能・消費電力を検証!(i5-6400T)
新旧モデルスペック比較
★注目記事ピックアップ
250_HP キャンペーンについて_150828_01a
■日本HPのパソコンの買い時 (キャンペーン開始時期など)

250x70_売れ筋ランキング_01a 毎週更新!日本HPのパソコン売れ筋ランキング☆

250x70_HP工場見学_01a
厳しい品質基準で生産している「日本HP東京 昭島工場」の組み立てから梱包、出荷までの製造プロセスをご紹介します!

250_写真や動画編集におすすめのパソコン_151119_01
写真や動画編集におすすめのパソコンをご紹介!

250_ペイントソフトでCGイラストを描くためのパソコン選び_151123_01
ペイントソフトでCGイラストを描くためのパソコン選び

【レビュー】HP ENVY 750-080jp
ストレージの増設
HP Stream Mini 200-020jp
250_HP Stream Mini 200-020jp_02a_実機

手のひらサイズのミニPC『HP Stream Mini 200-020jp』はメモリや2.5インチストレージを増設することができます。

■『HP Stream Mini 200-020jp』解説