省スペースPC『HP Pavilion Wave 600』の分解方法&注意点

Wave 600-000jp_IMG_7773

日本HPの省スペース型PC『HP Pavilion Wave 600』はこれまでのデスクトップPCとは異なる個性的な外観をしていますが、「分解はできるの?」、「メモリやHDDの増設や換装はできるの?」と疑問に思っている方が沢山いらっしゃると思いますので、グラフィックス搭載モデル(600-a072jp)を思い切って分解してみました!

本体の分解、メモリやストレージの増設は保証対象外となりますので、あ くまでも自己責任の下で行ってください。この記事を参考にして破損、故障などが起こったとしても当方は一切責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。




目次(ページ内リンク)
下記のリンクをクリックすると目的の場所にジャンプします。
※[BackSpace]キーでこの位置に戻ります。

◆省スペース型PC『HP Pavilion Wave 600』の拡張性ついて
◆Pavilion Wave 600を分解するときの注意点
◆分解に必要な工具について
◆Pavilion Wave 600を分解する手順
◆元の状態に戻す際の注意点
◆まとめ (分解は難しくありませんが、ケーブル類を傷めないように注意)


【関連記事】
◆HP Pavilion Wave 600-000jpの外観・デザイン
◆HP Pavilion Wave 600(Radeon R9 m470)の性能・消費電力を検証!
◆【速攻レビュー】Pavilion Wave 600の製品特徴・性能について
◆省スペースPC『HP Pavilion Wave 600』の分解方法&注意点 NEW!
◆HP Pavilion Wave 600に32GBメモリ(16GBx2)を増設! NEW!



 省スペース型PC『HP Pavilion Wave 600』の拡張性ついて


Pavilion Wave 600_a072jp_IMG_6124

 
この記事では、日本HPの省スペース型PC『HP Pavilion Wave 600』の分解方法や、注意点などをご説明しています。

分解で使用したのは、Core i7-6700T、8GBメモリ、M.2 SSD(PCIe Gen3x4 NVMe)、AMD Radeon R9 m470 グラフィックスを搭載した「HP Pavilion Wave 600-a072jpパフォーマンスモデル」です。

avilion Wave 600の分解はそれ程難しくありませんが、カバーを外すときに配線などが引っかかりやすいので注意が必要です。メモリやストレージの換装は割と簡単にできるのですが、M.2 SSD(PCIe Gen3x4 NVMe)は簡単にアクセスできない部分にあるので、シャシーをさらに分解する必要があります。

※分解や増設は製品保証の対象外となります。
※増設に伴う障害も製品保証の対象外となります。
※日本HPでは、分解や増設に関するサポートはしておりません。
 


 
Wave 600-000jp_IMG_7402_内部

 
内部はトライアングラーフォームと呼ばれる三角柱のシャーシに、マザーボード、ストレージ、冷却ファンを搭載しています。冷却ファンは画像では見えないのですがメモリの上(PCの正面側)にあります。
 


Wave 600-000jp_IMG_7580-2

 
■PC4-17000 (2133MHz) メモリスロット ×2 。
※メモリは標準で4GBx1、8GBx1を搭載していますが、メモリスロットは2つあります。スペックPDFでは最大8GBと表記されていますが、下記の32GB(16GBx2)を認識しました。

◆HP Pavilion Wave 600に32GBメモリ(16GBx2)を増設!


■Wave 600で使用できるメモリの仕様
・デュアルチャネルメモリアーキテクチャ
・2 x DDR4 UDIMM (288 ピン) ソケット
・PC4-17000 (DDR4-2133) までサポート
・4 GB および 8 GB の UDIMM をサポート
・32 ビットシステムは最大 4 GB をサポート
・64 ビットコンピューターは最大 16 GB (アンバッファード) をサポート

◆HP Pavilion Wave Desktop - 600-a072jp PCの製品仕様
 


Wave 600-000jp_IMG_IMG_7719

 
■3.5インチドライブベイ ×1
3.5インチドライブベイは1つしかないので増設はできませんが、最初に搭載されていたHDDを換装することは可能です。(※OSがM.2 SSDにインストールされているモデルの場合)

※OSがHDDにインストールされているモデルのHDDをSSDに換装できるかどうかは未確認です。
 



 Pavilion Wave 600を分解するときの注意点

●静電気にご注意ください
メモリやストレージを増設する前に、どこか金属に適当に触って 静電気を放電してから作業をしてください。

電源コードを外した上で作業してください
感電の恐れがありますので電源コードを外してから分解・増設作業を行ってください。

●マザーボードを傷つけないようにする
工具などでマザーボードや部品を傷つけないようにご注意ください。

●怪我にご注意ください
本体内部には金属製の部品や鋭利な部分がありますので、怪我には十分お気を付けください。


Pavilion Wave 600_a072jp_IMG_6034  

 
Wave 600は購入した状態でそのまま使用する人向けのPCです。ネジなどを外せは分解可能な設計になっていますが、側面のカバーを外せるミニタワーPCのように簡単に内部にアクセスすることはできません。
 


Wave 600-000jp_IMG_7451

 
底面はネジを外せば簡単に取り外すことができるのですが、メモリやストレージの換装をする場合は、筐体のカバーや内部の配線なども取り外す必要があります。
 


Wave 600-000jp_IMG_7470

 
分解途中(画像のような状態)で移動する場合は、必ずシャシー側の下部(天面)を持ってください。外側のカバーを持つとシャシー側が抜け落ちる可能性があります。
 



 分解に必要な工具について

Wave 600-000jp_IMG_7538

 
Wave 600の内部には一部で特殊なネジが使われています。ヘクスローブレンチの「T15」が最適ですが、大きめのマイナスドライバーでも代用可能です。この記事では、メモリにアクセスするためのカバーを外すときに使用しています。

◆パソコンの分解で重宝するヘクスローブレンチ
 


Pavilion Wave 600_a072jp_IMG_6151

 
底面のネジや3.5インチ・ストレージを固定するためのネジは通常の「プラスドライバー」で回すことができます。分解では先端のサイズが「#2」のプラスドライバーを使用しました。

◆No.333 ソフトラインドライバー #2x300(+)
 



 Pavilion Wave 600を分解する手順

Pavilion Wave 600_a072jp_IMG_6062_底面のゴム脚

 
底面のネジは黒いゴム製のカバー(ゴム脚)で隠されています。
 


Pavilion Wave 600_a072jp_IMG_6151

 
ゴム脚は「はめ込み式」です。耳かきのようなものを使うと簡単に外すことができます。ネジは通常のプラスドライバーを使用します。

※プラスドライバーはサイズがあっているものをご利用ください。サイズが合わないドライバーを使用するとネジ山が潰れてしまい、ネジを回すことができなくなるのでご注意ください。
 

Wave 600-000jp_IMG_7392
 
 
底面カバーを取り外した状態。筐体のカバーを外すにはシャシー側のケーブルを4本外す必要があります。
 


Wave 600-000jp_IMG_7413-2_コネクター

 
まずは右側に接続されているコネクターを引き抜きます。

※配線ではなくコネクターの部分を持って外してください。
 


Wave 600-000jp_IMG_7416_コネクターを外した状態

 
コネクターを外した状態。簡単に外すことができました。
 


Wave 600-000jp_IMG_7418_コネクター
 
 
中央のスピーカーに接続されているケーブルを引き抜いて外します。ケーブルが細いのでご注意ください。

※配線ではなくコネクターの部分を持って外してください。
 


Wave 600-000jp_IMG_7419_コネクターを外した状態

 
このケーブルも簡単に外すことができました。
 


Wave 600-000jp_IMG_7430_コネクター

 
小さい基盤に接続されているコネクターは、これまでのように引き抜くのではなく基盤に対して左側の方に外します。

※配線ではなくコネクターの部分を持って外してください。
 


Wave 600-000jp_IMG_7427t_コネクターを外した状態

 
コネクターはこのような形状になっています。外す方向さえ間違えなければ簡単に外すことができます。
 



Wave 600-000jp_IMG_7446_コネクター

 
最後は、基盤に接続されている大きめのコネクターを外します。指が入らない位置にあるので、カバーを少し持ち上げてコネクターが見える状態にしてから外します。
 

Wave 600-000jp_IMG_7427t_大きめのコネクター_カバーを持ち上げる

 
カバーを少し左右に広げながらコネクターが見える位置まで持ち上げます。

※外したケーブル類がカバーに引っかかって破損しないようにご注意ください。
※この状態で移動する場合は、必ず下部(天面)を持ってください。カバーを持つとシャシー側が抜け落ちる場合があります。
 


Wave 600-000jp_IMG_7472-2_コネクター

 
大きめのコネクターを取り外します。

※配線ではなくコネクターの部分を持って外してください。
 


Wave 600-000jp_IMG_7474_コネクターを外した状態

 
大きめのコネクターも簡単に外すことができます。外した後は下の方に押し込んでも問題ありません。
 

Wave 600-000jp_IMG_7760_筐体カバーの取り外し

 
コネクター類を全て外したら、筐体のカバーを左右に広げながら持ち上げて取り外します。

※外したケーブル類がカバーに引っかかって破損しないようにご注意ください。
※この状態で移動する場合は、必ず下部(天面)を持ってください。カバーを持つとシャシー側が抜け落ちる場合があります。
 


Wave 600-000jp_IMG_7773

 
外側のカバーを完全に外した状態。分解はそれ程難しくありませんでしたが、コネクターを外すのが少し面倒でした。
 


Wave 600-000jp_IMG_7743

 
カバーの内側は樹脂で段差がある構造になっています。
 



 元の状態に戻す際の注意点

Wave 600-000jp_IMG_7798_コネクター

 
元の状態に戻す場合は取り外すときの逆の手順になるだけですが、ケーブル類を引っかけて痛めないように注意する必要があります。まずは大きめのコネクターを見える位置に出してから、外側のカバーをかぶせると接続しやすくなると思います。
 


Wave 600-000jp_IMG_7427t_カバーを取り付ける

 
カバーを左右に開きながらを画像の位置までかぶせた後、大きめのコネクターを接続します。その後は完全にカバーを下までかぶせます。


Wave 600-000jp_IMG_7419_コネクターを接続する

 
この2本のケーブルは、スピーカーを固定している部分をくぐらせてから接続します。
 


Wave 600-000jp_IMG_7746

 
ケーブル4本をすべて接続したら底面カバーを取り付けます。
 

Pavilion Wave 600_a072jp_IMG_6147

 
底面カバーをネジで固定して、ゴム足を取り付けると組み立て完了です。ネジは強く締め付ける必要はありません。初期の状態で軽く止まっている状態でした。

※プラスドライバーはサイズがあっているものをご利用ください。サイズが合わないドライバーを使用するとネジ山が潰れてしまい、ネジを回すことができなくなるのでご注意ください。
 

 


 まとめ

Pavilion Wave 600_a072jp_IMG_6155


■分解は難しくありませんが、ケーブル類を傷めないように注意

Pavilion Wave 600の分解はそれ程難しくありませんが、カバーを外すときに配線などが引っかかりやすいので気を付ける必要があります。

コネクターは1つだけ外し方が分かりにくいものがありましたが、いずれも固くてなかなか外せないということはなく簡単に取り外すことができました。

初回は手探り状態で、慎重に作業を進めたので分解するのに少し時間がかかってしまいましたが、やり方がわかるとコネクターを外すのが少し面倒なだけで、分解そのものは簡単にできるようになりました。

メモリやHDDの換装はできますが、M.2 SSDは深い位置にあるので更にシャシーを分解する必要があります。(※SSD搭載モデルの場合)

本体の分解、メモリやストレージの増設は保証対象外となりますので、あ くまでも自己責任の下で行ってください。この記事を参考にして破損、故障などが起こったとしても当方は一切責任を負いません。あらかじめご了承ください。

【メーカー製品詳細ページ】
◆HP Pavilion Wave 600-000jp 製品詳細
◆HP Pavilion Wave 600-000jp (スペックPDF)

【HP Pavilion Wave 600-000jp サポート】
◆トラブルシューティング・ドライバー・使用方法など

【実機レビュー】
◆HP Pavilion Wave 600-000jpの外観・デザイン
◆HP Pavilion Wave 600(Radeon R9 m470)の性能・消費電力を検証!

【関連記事】
◆【速攻レビュー】Pavilion Wave 600の製品特徴・性能について
◆省スペースPC『HP Pavilion Wave 600』の分解方法&注意点
◆HP Pavilion Wave 600に32GBメモリ(16GBx2)を増設!



■レビューについて
※商品仕様/価格については2016年11月17日時点のものです。
※PCパーツのメーカーは販売時期により変更になる場合があります。
※ベンチマークの結果、温度、消費電力などの測定値はPCの使用状況や環境によって異なることがあります。
※できるだけ客観的にレビューしようと心がけていますが、実際の商品を見たり使用したときの感じ方には個人差があります。

関連記事

テーマ : デスクトップパソコン
ジャンル : コンピュータ

お気に入りパソコン.com

◆ホームへ

◆全ての記事(リスト)を表示する

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
プロフィール

お気に入りパソコン.com

Author:お気に入りパソコン.com
長年Macを使ってきましたが、性能面やOSのサイクルが早く安定した環境が構築しにくいなど、次第にMacに対する不満が募り、2011年の秋にメインの作業環境をWindowsPCに移行しました。現在はWindows派で日本HPのデスクトップ、ノートPCを使用しています。

お気に入りパソコン.com インデックス
250_お気に入りパソコンcom_インデックス
当サイトのHPパソコン購入に関すること、PCの性能や増設に関する記事のまとめ。

■お気に入りパソコン.com [インデックス]
OMEN by HP ゲーミングマウス
HP Z5000 Bluetooth マウス
HP Spectre レザークラッチバック
HP プレミアム・バックパック
CPU/GPU性能比較表
250_プロセッサー性能比較表_160404_01a
日本HPのパソコンに搭載されているプロセッサーやグラフィックスの性能比較表です。当サイトで行ったベンチマークテスト(3DMARK、CINEBENCH R15、FF14イシュガルド、PSO2、モンスターハンター、ドラゴンクエストX)の結果も掲載しています。

■【デスクトップ】プロセッサー性能比較表
■【デスクトップ】グラフィックス性能比較表
■【ノートPC】プロセッサー性能比較表
■【ノートPC】グラフィックス性能比較表
ウォッチドッグス2(Watch_Dogs2)
250_WatchDogs22016-12-03t.png
ゲーミングPCでウォッチドッグス2プレイ中のフレームレートを計測!

■Watch_Dogs2の推奨スペック
■Core i7-6700HQ,GTX 1070 Laptop
Grand Theft Auto V
250_GTA5 ベンチマーク_150815_01a
『グランド・セフト・オートV』のベンチマークでフレームレートを計測しました!

■Core i7-6700K,GTX 1080(8GB)
■Core i7-6700K,GTX 980Ti(6GB)
■Core i7-4790K,GTX 980(4GB)
■Core i7-5820K,GTX 960(2GB)
■Core i7-4790K,GTX 960(2GB)
F1 2016
F1 2016 ベンチマーク
「F1 2016」のベンチマークでフレームレートを計測!

■推奨スペック&ベンチマーク(GTX1080,GTX1070,GTX1060)
F1 2015
250_F1 2015 ベンチマーク_03
「F1 2015」のベンチマークです。実際にプレイしたときのフレームレートも計測しています。

■Core i7-6700K, GTX 980Ti
■Core i7-4790K, GTX 960, GTX 980
FF14『蒼天のイシュガルド』
250_ffxiv-heavensward-bench rogo
ファイナルファンタジーXIV『蒼天のイシュガルド』のベンチマークです。ゲーミングPCのスコアを掲載しています。

■FF14『蒼天のイシュガルド』ベンチマーク
ザ・シムズ 4 (The Sims 4)
ザ・シムズ 3 (The Sims3)
バトルフィールド4
250x135_Battlefield 4_01
『バトルフィールド4』をプレイしたときのフレームレートを計測しました。

■Core i7-4790K、GTX 980
■Core i7-4960X-EE, GTX 770
ウォッチドッグス(Watch_Dogs)
250x135_watch_dogs_02b.png
『Watch Dogs』をプレイしたときのフレームレートを計測しました。

■Core i7-4790K, GTX 980
■Core i7-4790, GTX 770
■Core i7-4770, GTX 660
■Core i7-4960X-EE, GTX 770
入力方法の変更
ゲーム中の画面左上の文字_s_250
■PCゲーム中、画面左上に文字が出て操作不能になる問題の対処法
【Windows 10】タッチキーボードの無効化
CPUオーバークロックツール
250_CPUオーバークロックツール
「インテル XTU」は、ソフトウェアでCPU倍率設定や電圧などを細かく調整することができるCPUオーバークロックツールです。

■Core i7-5820Kをオーバークロック!
RSSリンクの表示
◆免責事項
ブログに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。本ブログの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
◆著作権について
コンテンツの著作権は「お気に入りパソコン.com」が所有しています。 このサイト内の画像・イラスト・文章の無断転載を固く禁じます。
ブログのQRコード
QR
Adobe フォトグラフィプラン

フォトグラファー必須のAdobe LightroomとPhotoshopが使える『Creative Cloudフォトグラフィプラン』が月980円(税別)~
Microsoft Office 365 Solo
Microsoft Store (マイクロソフトストア) 最新 2016 年版 Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook などが使える「Office 365 Solo」が1ヵ月毎の更新で1240円~。
マカフィー
マカフィー・ストア
マカフィー2017シリーズ発売記念キャンペーン実施中!
Dropbox Pro
Dropbox Pro 【10,000本限定】どこからでもアクセスできるクラウドストレージサービス「Dropbox Pro 3年版」がお得!24,000円(税抜)
日本HP公式ストアで使える割引クーポン
250_HP 5%OFFクーポン_161201_01c_xmas_05p

当サイトでは、日本HP公式オンラインストアで使える5%割引クーポンをプレゼントしています!個人向けパソコンを8万円以上(税抜)ご購入でご利用可能です。実施期間は 2017年1月15日(日)まで。

◆特別クーポンの詳細・取得はこちらから
日本HPのお得なキャンペーン!
【日本HP公式ストア】注目キャンペーン
【レビュー】OMEN by HP 17-w100
250_OMEN by HP 17 GTX1070_レビュー161127_01c
17.3インチ・ゲーミングノート 『OMEN by HP 17』 の実機レビュー! NEW!

■外観・デザインのレビュー
■性能・消費電力を検証!(GTX 1070)
■Watch_Dogs2をプレイ!(GTX 1070)
【レビュー】HP Pavilion Wave 600
【レビュー】HP Pavilion 24-a100jp
250_HP Pavilion 24-a100jp_02a
超狭額ベゼルを採用したオールインワンPC『HP Pavilion 24-a100jp』の実機レビュー!

■外観・デザインのレビュー
■性能・消費電力を検証!
(Core i7-6700T,GeForce 930MX)

OMEN X by HP Desktop 900
250_OMEN X by HP Desktop 900_IMG_3872_03a_txt_04a
GTX 1080SLIを搭載したフラグシップモデル『OMEN X by HP Desktop 900』

■速攻レビュー(製品特徴・性能について)
【レビュー】OMEN by HP Desktop 870
【新モデル】HP Spectre 13-v100
250_HP Spectre 13-v100TU_02b
第7世代インテル Core プロセッサー(Kaby Lake)搭載した『HP Spectre 13』の新モデルが登場!

■製品特徴・性能・新旧モデル比較
【レビュー】HP Spectre 13-v000
【レビュー】HP ENVY15-as100
【レビュー】HP EliteBook Folio G1
【レビュー】HP Elite x2 1012 G1
250_Elite x2 1012 G1_レビュー160404_03a
美しさと強さを兼ね備えたハイブリットPC『HP Elite x2 1012 G1』の実機レビューです。

■外観・デザインのレビュー
■性能・消費電力を検証!(M3-6Y30)
■性能・消費電力を検証!(M7-6Y75)
【レビュー】OMEN by HP 17-w000
【注目製品】HP Spectre 13-4100 x360
【レビュー】HP Slimline 260-p050jp
250_HP Slimline 260-p050jp_レビュー160914_01a
スリムタイプ「HP Slimline 260-p050jp」の実機レビュー!

■外観・デザインのレビュー
■性能・消費電力を検証!(i5-6400T)
新旧モデルスペック比較
★注目記事ピックアップ
250_HP キャンペーンについて_150828_01a
■日本HPのパソコンの買い時 (キャンペーン開始時期など)

250x70_売れ筋ランキング_01a 毎週更新!日本HPのパソコン売れ筋ランキング☆

250x70_HP工場見学_01a
厳しい品質基準で生産している「日本HP東京 昭島工場」の組み立てから梱包、出荷までの製造プロセスをご紹介します!

250_写真や動画編集におすすめのパソコン_151119_01
写真や動画編集におすすめのパソコンをご紹介!

250_ペイントソフトでCGイラストを描くためのパソコン選び_151123_01
ペイントソフトでCGイラストを描くためのパソコン選び

【レビュー】HP ENVY 750-080jp
ストレージの増設
HP Stream Mini 200-020jp
250_HP Stream Mini 200-020jp_02a_実機

手のひらサイズのミニPC『HP Stream Mini 200-020jp』はメモリや2.5インチストレージを増設することができます。

■『HP Stream Mini 200-020jp』解説