OMEN by HP 870(GTX 1080)の性能・消費電力を検証!

468_OMEN by HP 870_レビュー161101_01b

第6世代インテル Core i7-6700K プロセッサー(Skylake)、512GB SSD(SATA3, TLC)、NVIDIA GeForce GTX 1080を搭載した日本HPのゲーミングPC 『OMEN by HP 870 GTX 1080 モデル』の性能・消費電力を検証しました!


OMEN by HP 870 GTX 1080 モデルのスペック
OSWindows 10 Home (64bit)
プロセッサーインテル Core i7-6700K プロセッサー
チップセットインテル Z170 チップセット
メモリ8GB(8GB×1) PC4-17000 (2133MHz)
ストレージ512GB SSD(SATA3, TLC)
+ 2TB HDD (7200回転)x2
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 1080(8GB GDDR5X)
Founders Edition
※NVIDIA ドライバー 368.25
電源500W ATX電源、80PLUS BRONZE (82%電源変換効率)相当




■目次(ページ内リンク)
下記のリンクをクリックすると目的の場所にジャンプします。
※[BackSpace]キーでこの位置に戻ります。

◆ベンチマークについて
◆プロセッサーの性能について(Core i7-6700K)
◆インテルのCPUオーバークロックツール
◆メモリについて(8GB, PC4-17000, 2133MHz)
◆ストレージの性能について(512GB SSD+ 2TB HDDx2)
◆グラフィックスの性能について(NVIDIA GeForce GTX 1080)
◆ベンチマーク(3D MARK)
◆ベンチマーク(CINEBENCH R15)
◆ベンチマーク(FF14:蒼天のイシュガルド ベンチマーク)
◆ベンチマーク(MHF ベンチマーク 第3弾 【大討伐】)
◆ベンチマーク(PSO2 キャラクタークリエイト体験版 ver.2.0)
◆GTA5(グランド・セフト・オート5)をプレイした時のフレームレート
◆バトルフィールド 1をプレイした時のフレームレート
◆SteamVR Performance Test
◆ベンチマーク中の温度・消費電力
◆ベンチマークテストのまとめ 

 
 

【関連記事】
◆OMEN by HP Desktop 870の外観・デザイン
◆OMEN by HP 870(GTX 1080)の性能・消費電力を検証!
◆OMEN by HP Desktop 870の製品特徴・性能について



 ベンチマークについて


OMEN by HP 870_IMG_6209b_ps

今回のテストで使用するのは日本HPのゲーミングPC 『OMEN by HP 870 GTX 1080 モデル 』です。

オーバークロック向けの第6世代インテル Core i7-6700K プロセッサー(Skylake)、DDR4メモリ8GB 、512GB SSD(SATA3, TLC) + 2TB HDD(7200回転)x2、NVIDIA GeForce GTX 1080 Founders Edition(8GB GDDR5X)を搭載しています。

以前は、PCパーツの温度はHWMonitorで測定し動作中の最大温度のみ記載していましたが、この記事ではHWiNFO64を使用し平均温度を追記しています。

 
※デスクトップPCのベンチマーク中の消費電力は本体のみの数値です。
※ノートPCのベンチマーク中の消費電力はディスプレイを含む数値になります。
※ノートPCのディスプレイの輝度は100%に設定しています。
※ベンチマーク中の温度や消費電力などの計測は下記のソフトやツールを使用。
 

ベンチマークで使用するソフト
 CrystalDiskInfoHDD/SSDの基本情報を確認できるソフト。
 CrystalDiskMarkストレージの速度を測定するベンチマークソフト。
CPU-ZCPUの詳細な情報を表示するソフト。
GPU-Zグラフィックカードの詳細情報を表示するソフト。
HWMonitorPCパーツの温度を測定するソフト。
HWiNFO64PCパーツの温度を測定するソフト。
Frapsゲーム中のフレームレートを表示できるソフト。
ワットモニターTAP-TST8 消費電力(W)測定で使用。



525x110_OMEN by HP 870-000jp_プロセッサー_03c

OMEN by HP Desktop 870 は、第6世代インテル Core i プロセッサー(Skylake)を搭載!カスタマイズは用意されていませんが、プロセッサーが異なる2モデルが用意されています。今回はインテル Core i7-6700K プロセッサー搭載モデルでテスト。
 
・インテル Core i7-6700 プロセッサー
※GTX 1070モデル

・インテル Core i7-6700K プロセッサー
※GTX 1080モデル

 


■プロセッサー性能比較
下記のベンチマークはPassMarkから抜粋したものです。あくまでも目安としてご覧ください。

OMEN by HP 870 プロセッサー比較_passmark_161027_01b_

 
■インテル Core i7-6700K プロセッサー
最大動作周波数4.20GHz, インテルスマート・キャッシュ 8MB, 4コア/8スレッドのプロセッサー。動画のエンコードや画像処理で高い処理能力を発揮します。型番末尾に「K」が付くオーバークロック向けのプロセッサーですが、オーバークロックに起因する故障に関しては製品保証の対象外となります。

■インテル Core i7-6700 プロセッサー
最大動作周波数4.00GHz, インテルスマート・キャッシュ 8MB, 4コア/8スレッドのプロセッサー。こちらはオーバークロックすることはできませんが、体感では上記のCore i7-6700Kとの性能差は感じられないと思います。

◆日本HPのデスクトップPC「プロセッサー性能比較表」
 


OMEN by HP 870-000jp_CPU-Z_01 OMEN by HP 870-000jp_CPU-Z_03

CPU-Zで表示されるインテル Core i7-6700K プロセッサーの詳細。搭載されているチップセットは「インテル Z170 チップセット」です。(※仕様詳細


■インテル Core i7-6700K プロセッサーのスペック
第6世代インテルCoreプロセッサー(Skylake)
・14nmプロセス技術を採用
プロセッサー・ベース動作周波数・・・4.0 GHz (アイドル時:約800MHz)
ターボ・ブースト利用時の最大周波数・・・4.2GHz
コアの数・・・4
スレッド数・・・8
L3キャッシュ・・・8MB
TDP(CPUの消費電力の目安)・・・91W
プロセッサーの内蔵ヒート・スプレッダーで許容できる最大温度・・・64°C

◆インテル Core i7-6700K プロセッサースペック詳細


■Intel Turbo Boost Technology有効時の動作クロック
1コア ・・・・・最大4.2 GHz
2コア ・・・・・最大4.0 GHz
3コア ・・・・・最大4.0 GHz
4コア ・・・・・最大4.0 GHz

◆インテルターボ・ブースト・テクノロジーの動作周波数一覧





■インテルのCPUオーバークロックツール『Intel Extreme Tuning Utility』

Intel Extreme Tuning Utility_core i7-6700K

型番末尾に「T」が付くオーバークロック向けのプロセッサーを搭載したHPのデスクトップPCは、BIOSで動作周波数を変更することができますが、インテルのCPUオーバークロックツールIntel Extreme Tuning Utility(インテル XTU)をインストールすると、動作周波数だけでなく電圧、ブースト時の電力なども設定できるようになります。下記の記事ではCore i7-5820Kを4.4GHzまでオーバークロックしています。

【参考記事】
◆CPUオーバークロックツール「Intel Extreme Tuning Utility」
 
 
※オーバークロックは保証対象外となるので自己責任でお願いいたします。工場出荷状態の設定を変更した場合の保証について日本HPに問い合わせたところ、下記のような回答をいただきました。

・メーカーとしてはBIOS設定を変更することを推奨していない。
・BIOSのデフォルト設定を変更した場合は保証の対象外。
・オーバークロックに起因する故障に関しては製品保証の対象外。
・オーバークロック設定方法やツールのサポートなどは行っていない。
 



525x110_OMEN by HP 870-000jp_メモリ_03c

OMEN by HP Desktop 870 は8GBのDDR4-2133MHzのメモリを標準で搭載。メモリ容量のカスタマイズはGTX 1070モデルが8GB/16GB、GTX 1080モデルは8GB/32GBを選択可能です。今回は8GBメモリ搭載モデルでテスト。


・8GB(4GB×1) PC4-17000 (2133MHz)
※GTX 1070モデル、GTX 1080モデル


・16GB(8GB×2) PC4-17000 (2133MHz)
※GTX 1070モデルのみ

・32GB(8GB×4) PC4-17000 (2133MHz)
※GTX 1080モデルのみ


OMEN by HP 870-000jp_CPU-Z_04
 
搭載されているDDR4-2133MHzメモリの詳細。レイテンシ(メモリのデータを転送する時の待ち時間)はCL15と表示されています。

 
OMEN by HP 870のマザーボードはDDR4のデュアルチャネルに対応しているので、同じメーカー、容量、速度のメモリを2枚差すとメモリの転送速度が速くなります。1枚の場合はシングルチャンネルで動作します。

8GBのメモリは、ウェブサイトの閲覧、メール、文書作成、動画の視聴、オフィスソフトなどの用途なら余裕がある容量です。ゲームなども大抵の場合8GBで問題ないと思われますが、16GB推奨の「バトルフィールド1」のようなゲームも出てきていますので、8GB以上を使用するゲームや高解像度の画像処理をするのなら思い切って16GB以上を選択しても良いと思います。

32GBのメモリは画像処理でもなかなか使いきれない容量ですが、A2サイズ(5787×8185 ピクセル,181MB)の画像で大量のレイヤーを使用してイラストを制作していると20GBくらい使っていることがあります。

◆どれくらいパソコンにメモリを搭載すればよいのか?
 



525x110_OMEN by HP 870-000jp_ストレージ_03c

OMEN by HP Desktop 870 はストレージのカスタマイズはできません。ストレージの容量や構成はモデルによって異なります。今回は1512GB SSD+2TB HDD×2搭載モデルでテスト。


・256GB SSD SATA3 TLC+2TB HDD (3.5インチ SATA, 7200回転)×1
※GTX 1070モデル

・512GB SSD SATA3 TLC+2TB HDD (3.5インチ SATA, 7200回転)×2
※GTX 1080モデル


OMEN by HP 870-000jp_ストレージ空き容量s

※SSDやHDDの実際に使用できる容量はスペックに表記されている数値よりも1割ほど少なくなります。

512GB SSDの実際に使用できる容量は、システムドライブが約462GB(空き容量約427GB)です。リカバリー領域は12.9GB占有します。2TB HDDの空き領域は1.81TBになります。



512GB SSD SATA3 TLC

OMEN by HP 870-000jp_CrystalDiskInfo_512GB SSD

CrystalDiskInfoで表示されるSUMSUNG製SSDの情報。型番はMZ7LN512HCHP-000H1、ファームウェアは「EMT02H0Q」です。

※ストレージのメーカーは販売時期によって異なる場合があります。

 
512GB SSD SATA3 TLCのベンチマークテスト

CrystalDiskMark 3.0.4 x64でストレージの性能を測定することができます。今回のテストは実際の使用で参考になる「ランダム」で行っています。0Fill (1 Fill) のデータは圧縮が容易なので、実際に使用した場合よりも良い結果が出ることがあります。

ランダム・・・0と1がランダムに混ざったデータの読み書き速度を測定。
Read (リード)・・・読み込み速度
Write (ライト)・・・書き込み速度
Seq (シーケンシャル)・・・連続したデータの読み書き
4KQD32・・・データを最も効率のよい順番に並べ替える機能(NCQ)を使ってランダムアクセスしたときの速度

OMEN by HP 870-000jp_CrystalDiskMark_512GB SSD_02
 

CrystalDiskMarkを使用したベンチマークでは、シーケンシャルリードが495MB/s前後、シーケンシャルライトが450MB/s前後でした。SATA3のSSDとしてはそこそこ速い数値が出ています。


■3回連続でベンチマークをした時の温度(室温26℃)
33℃(アイドル時)→約44℃(ベンチマーク中の最大値)

■起動時間(デスクトップ画面が表示されるまで)
約23秒前後
※PCの環境次第で起動時間が長くなる場合があります。




■2TB HDD(3.5インチ SATA, 7200回転)

OMEN by HP 870-000jp_CrystalDiskInfo_2TB HDD_2nd

CrystalDiskInfoで表示されるSeagate製HDDの情報。型番はST2000DM001-ER164 2000.3GB、ファームウェアは「HP51」です。

※ストレージのメーカーは販売時期によって異なる場合があります。

 
■2TB HDD(7200回転)のベンチマークテスト

CrystalDiskMark 3.0.4 x64でストレージの性能を測定することができます。今回のテストは実際の使用で参考になる「ランダム」で行っています。0Fill (1 Fill) のデータは圧縮が容易なので、実際に使用した場合よりも良い結果が出ることがあります。

ランダム・・・0と1がランダムに混ざったデータの読み書き速度を測定。
Read (リード)・・・読み込み速度
Write (ライト)・・・書き込み速度
Seq (シーケンシャル)・・・連続したデータの読み書き
4KQD32・・・データを最も効率のよい順番に並べ替える機能(NCQ)を使ってランダムアクセスしたときの速度

OMEN by HP 870-000jp_CrystalDiskMark_2TB HDD_02
 

CrystalDiskMarkを使用したベンチマークでは、シーケンシャルリードが198MB/s前後、シーケンシャルライトも190MB/s前後でした。 7200回転のHDDとしては標準的な速さです。


■3回連続でベンチマークをした時の温度(室温26℃)
36℃(アイドル時)→約39℃(ベンチマーク中の最大温度)



525x110_OMEN by HP 870-000jp_グラフィックス_03c

OMEN by HP Desktop 870 は最新のGTX10シリーズ(Pascal)を標準搭載!GTX 1070、GTX 1080は、いずれもNVIDIAリファレンスカードのFounders Editionになります。今回はGTX 1080搭載モデルでテスト。

・NVIDIA GeForce GTX 1070(8GB GDDR5)
※GTX 1070モデルのみ

・NVIDIA GeForce GTX 1080(8GB GDDR5X)
※GTX 1080モデルのみ


■グラフィックス性能比較
下記のベンチマークはPassMarkから抜粋したものです。あくまでも目安としてご覧ください。

OMEN by HP 870 グラフィックス比較_passmark_161027_01_
 
 
最新GPUアーキテクチャ「Pascal」を採用したGTX 10 シリーズは、旧世代の「Maxwell」よりも性能や電力効率が大きく向上しています。

■NVIDIA GeForce GTX 1080(8GB, GDDR5X)
GPUクロック(ベース)1607 MHz、メモリインターフェース 256bit、消費電力は180W(最大)です。ビデオメモリは8GBで、高帯域幅のGDDR5Xが搭載されています。

■NVIDIA GeForce GTX 1070(8GB, GDDR5)
GPUクロック(ベース)1506 MHz、メモリインターフェース 256bit、消費電力は150W(最大)です。GTX 1070も8GBのビデオメモリを搭載していますが、こちらは従来のGDDR5が搭載されています。

◆日本HPのデスクトップPC「グラフィックスカード性能比較表」
 

 
OMEN by HP 870-000jp_GPU-Z_01_B

GPU-Zで表示されるNVIDIA GeForce GTX 1080(8GB GDDR5X) の詳細。


NVIDIA GeForce GTX 1080(8GB GDDR5X) のスペック
【GPUコア】 GP104
【CUDAコア(シェーダユニット)】 2560
【テクスチャユニット】 160基
【ROPユニット】64基
【グラフィックス ベース動作周波数】 1607 MHz
【グラフィックス最大動的周波数】 1734 GHz
【テクスチャ・フィル速度】 257.1 GigaTexels/s
【メモリ クロック】 1251 MHz
【メモリ容量 】 8192 MB
【メモリ・インターフェース】 256ビット
【メモリのバンド幅】 320.3GB/秒

◆NVIDIA GeForce GTX 1080 スペック詳細
 

OMEN by HP 870_IMG_6343-2

 
OMEN by HP 870にはNVIDIAのリファレンスカードの「Founders Edition」が搭載されています。GPUクーラーは外排気仕様です。
 



 3D MARK

3D MARK_rogo

DirectX 11、DirectX 9、DirectX 10の機能を使用したベンチマークができるソフト。当サイトではSteamで販売されている有料版でテストしています。

◆3DMark-v1-3-708 ダウンロード


※総合スコアは各スコアの平均になります。
※Graphics Score・・・グラフィック性能を測定するテスト。
Physics Score ・・・CPUの性能測定に特化したテスト。
Combined Score ・・・CPUとGPUを利用したテスト。

 Fire Strike
DirectX 11の機能をフルに使って開発された非常に負荷の高いテスト

OMEN by HP 870_GTX 1080_Fire Strike_161028_01


 Core i7-6700K(最大4.2 GHz)
 8GB(DDR4-2133MHz)
 GeForce GTX 1080
 
 スコア:16539(120%)
 Graphics Score21684
(134%)
 Physics Score 12340
(96.8%)
 Combined Score7289
(103%)
※()内はGTX 980Tiとの比較

 
 Core i7-6700K(最大4.2 GHz)
 GeForce GTX 980 Ti
 32GB(DDR4-2133MHz)
 ※ENVY 750-180jp ベンチマーク
 
 スコア:13778
 Graphics Score16077     
 Physics Score 12739
 Combined Score7066
 
 Core i7-6700K(最大4.2 GHz)
 32GB(DDR4-2133MHz)
 ELSA GeForce GTX 970 S.A.C
 ※ENVY 750-180jp ベンチマーク
 
 スコア:9975
 Graphics Score
11533
 Physics Score
12151
 Combined Score4372


 Sky Diver
DirectX 11世代のグラフィックス機能統合型CPU(=APU)向けのテスト

OMEN by HP 870_GTX 1080_Sky Diver_161028_01

 
 Core i7-6700K(最大4.2 GHz)
 8GB(DDR4-2133MHz)
 GeForce GTX 1080

 
 スコア:33905(107%)
 Graphics Score71867
(138%)
 Physics Score 10549
(91.7%)
 Combined Score20669
(84.6%)
※()内はGTX 980Tiとの比較

 
 Core i7-6700K(最大4.2 GHz)
 32GB(DDR4-2133MHz)
 GeForce GTX 980 Ti
 ※ENVY 750-180jp ベンチマーク
 
 スコア:31659
 Graphics Score51912      
 Physics Score 11500
 Combined Score24422
  
 Core i7-6700K(最大4.2 GHz)
 32GB(DDR4-2133MHz)
 ELSA GeForce GTX 970 S.A.C
 ※ENVY 750-180jp ベンチマーク
 
 スコア:26343
 Graphics Score36393
 Physics Score
11359
 Combined Score :
24121


 Cloud Gate
DirectX 10レベルのグラフィックス機能を用いたテスト

OMEN by HP 870_GTX 1080_Clode Gate_161028_01

 
 Core i7-6700K(最大4.2 GHz)
 8GB(DDR4-2133MHz)
 GeForce GTX 1080

 
 スコア:31786(100%)
 Graphics Score132555
(127%)
 Physics Score 8683
(93%)
※()内はGTX 980Tiとの比較

 
 Core i7-6700K(最大4.2 GHz)
 32GB(DDR4-2133MHz)
 GeForce GTX 980 Ti
 ※ENVY 750-180jp ベンチマーク
 
 スコア:31575
 Graphics Score104364    
 Physics Score
9176
 
 Core i7-6700K(最大4.2 GHz)
 32GB(DDR4-2133MHz)
 ELSA GeForce GTX 970 S.A.C
 ※ENVY 750-180jp ベンチマーク
 
 スコア:28552
 Graphics Score72261
 Physics Score 9160


 Ice Storm
DirectX 9レベルのグラフィックス機能を用いたテスト

OMEN by HP 870_GTX 1080_Ice Storm_161028_01

 
 Core i7-6700K(最大4.2 GHz)
 8GB(DDR4-2133MHz)
 GeForce GTX 1080

 
 スコア:180116(99.9%)
 Graphics Score406086
(100%)
 Physics Score
61106 (99.4%)
※()内はGTX 980Tiとの比較


 Core i7-6700K(最大4.2 GHz)
 32GB(DDR4-2133MHz)
 GeForce GTX 980 Ti
 ※ENVY 750-180jp ベンチマーク
 
 スコア:180209
 Graphics Score402390     
 Physics Score 61452
 
 Core i7-6700K(最大4.2 GHz)
 32GB(DDR4-2133MHz)
 ELSA GeForce GTX 970 S.A.C
 ※ENVY 750-180jp ベンチマーク
 
 スコア:174442
 Graphics Score370071
 Physics Score 61204
 
■Physics Score(プロセッサーのスコア)
プロセッサーは同じ型番のCore i7-6700Kでテストしているのですが、今回テストしたものは少し低いスコアになっています。誤差にしては少し差があるので、8GBのメモリを1枚のみ搭載していることが少し影響しているのかもしれません。

このテストでは8GBあれば十分なのでメモリ容量の違いは関係ないと思われますが、32GB搭載機は8GBを4枚搭載してデュアルチャンネル(同じ容量のメモリを2枚搭載することで転送速度が向上)で動作しています。

■Graphics Score(グラフィックスのスコア)
Fire Strike(DX11)のテストでは、GTX 1080はGTX 980Tiに対して約3割高いスコアが出ていますが、Ice Storm(DX9)ではスコアが伸びずGTX 980Tiと同じくらいなりました。GTX 1080は最新のゲームで高い性能を発揮しますが、DX9の古めのゲームでは旧世代のグラフィックスとあまり変わらないかもしれません。

◆日本HPのデスクトップPC「グラフィックスカード性能比較表」
 
ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 26℃】
温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
※ベンチマーク中の計測値はPC構成や環境で変動する場合があります。
インテル Core i7-6700K プロセッサー
プロセッサーの温度
 【最大温度】 69℃前後
 【平均温度】 52℃前後
 【アイドル時】 32℃前後
NVIDIA GeForce GTX 1080 Founders Edition (8GB GDDR5X)
GPUの温度 【最大温度】 83℃前後
 【平均温度】 69℃前後
 【アイドル時】 36℃前後
GPU コアクロック 【 最大 】  1911.0 MHz
 【アイドル時】  139.0 MHz
GPU メモリクロック 【 最大 】  1251.5 MHz
 【アイドル時】  101.3 MHz
GPUクーラーのファンスピード 【 最大 】  2864 RPM(54%)
 【アイドル時】 1094 RPM(27%)
ビデオメモリ使用量 1818 MB
ベンチマーク中のPC全体の消費電力(モニターを除く)
最大 約287W



 MAXON CINEBENCH R15

HP OMEN 15-5100_CINEBENCH R15_top

グラフィックカードとCPUの性能テストを行い、コンピュータのパフォーマンスを評価します。

◆MAXON CINEBENCH ダウンロード



OMEN by HP 870_GTX 1080_CINEBENCH R15_01_t 
 ■OpenGL
カーチェイスによる複雑な3Dシーンを使って、グラフィックカードのOpenGLモードでの性能を調べます。

■CPU
3Dレンダリングを行いプロセッサパワーのすべてを使う性能テスト。

■CPU(Single Core)
1コアのみで行うプロセッサ性能テスト。
 



 
 Core i7-6700K
 (最大4.2 GHz, 4コア8スレッド)
 
8GB(DDR4-2133MHz)
 GeForce GTX 1080
 
 OpenGL:140.54 fps (145%)
 CPU:870 cb (130%)
 CPU(Single Core):179 cb (116%)
※()内はCore i7-6700Tとの比較 


  Core i7-6700T
 (最大3.6GHz, 4コア8スレッド)
 メモリ8GB(DDR4-2133MHz)
 AMD Radeon R9 m470
 ※Wave 600 ベンチマーク
 
 OpenGL:96.85 fps
 CPU:667 cb
 CPU(Single Core):153 cb
 
■CPUテスト
Core i7-6700Kは性能重視タイプなので、高負荷時では型番末尾に「T」が付く省電力タイプのプロセッサーよりも高い性能を発揮します。プロセッサパワーをすべてを使う(マルチコア)テストでは、Core i7-6700KはCore i7-6700Tよりも約45%高いスコアが出ました。

■CPU(Single Core)テスト
このテストではCore i7-6700KとCore i7-6700Tの差が約16%で、動作周波数の差がそのまま結果に表れています。

◆日本HPのデスクトップPC「プロセッサー性能比較表」
 
ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 26℃】
温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
※ベンチマーク中の計測値はPC構成や環境で変動する場合があります。
インテル Core i7-6700K プロセッサー
プロセッサーの温度 【最大温度】 70℃前後
 【平均温度】 57℃前後
 【アイドル時】 32℃前後
NVIDIA GeForce GTX 1080 Founders Edition (8GB GDDR5X)
GPUの温度 【最大温度】 51℃前後
 【平均温度】 48℃前後
 【アイドル時】 36℃前後
GPU コアクロック 【 最大 】  1911.0 MHz
 【アイドル時】  139.0 MHz
GPU メモリクロック 【 最大 】  1251.5 MHz
 【アイドル時】  101.3 MHz
GPUクーラーのファンスピード 【 最大 】  1355 RPM(34%)
 【アイドル時】 1094 RPM(27%)
ビデオメモリ使用量 487 MB
ベンチマーク中のPC全体の消費電力(モニターを除く
OpenGLテスト・・・最大 約143W、CPUテスト・・・最大 約131W



 ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク

この「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」ベンチマークは、実際のマップとキャラクターを表示してお手持ちのPCで動作させた場合の指標となるスコアを確認することができます。

◆FF14 蒼天のイシュガルド ベンチマーク ダウンロード




OMEN by HP 870_GTX 1080_イシュガルド_1920x1080最高_05 画面サイズ:1920x1080
グラフィック設定:最高品質
フルスクリーンモード
 スコア:17234
 平均フレームレート:138.367
評価:非常に快適
 

【Core i7-6700K,  GeForce GTX 1080のスコア】

1920x1080(フルHD)・最高品質でFF14 蒼天のイシュガルドを快適にプレイするには十分すぎるスペックです。GTX 980Tiと比較すると、平均フレームレートが20fpsくらい向上しています。

◆ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク



【参考:Core i7-6700K・GTX 980Ti 搭載PCのスコア】


1920x1080・最高品質・フルスクリーンモード
スコア:15764
平均フレームレート:117.835
評価:非常に快適

※Core i7-6700K, GeForce GTX 980Ti (※ENVY 750ベンチマーク
 
ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 26℃】
温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
※ベンチマーク中の計測値はPC構成や環境で変動する場合があります。
インテル Core i7-6700K プロセッサー
プロセッサーの温度
 【最大温度】 64℃前後
 【平均温度】 57℃前後
 【アイドル時】 32℃前後
NVIDIA GeForce GTX 1080 Founders Edition (8GB GDDR5X)
GPUの温度 【最大温度】 83℃前後
 【平均温度】 76℃前後
 【アイドル時】 36℃前後
GPU コアクロック 【 最大 】  1911.0 MHz
 【アイドル時】  139.0 MHz
GPU メモリクロック 【 最大 】  1251.5 MHz
 【アイドル時】  101.3 MHz
GPUクーラーのファンスピード 【 最大 】  2888 RPM(55%)
 【アイドル時】 1094 RPM(27%)
ビデオメモリ使用量 1637 MB
ベンチマーク中のPC全体の消費電力(モニターを除く
最大 約286W



 MHF ベンチマーク 第3弾 【大討伐】

「モンスターハンター フロンティア オンライン」の ベンチマークです。

◆MHF ベンチマーク ダウンロード

※ベンチマークスコアの評価は公表されていないようです。




OMEN by HP 870_GTX 1080_MHF_1920x1080_02 画面サイズ:1920x1080
フルスクリーンモード
 スコア:43331
 フレームレート:248~574fps
 

【Core i7-6700K,  GeForce GTX 1080のスコア】

画面サイズ1920x1080・フルスクリーンのテストでは最低でも250fps以上出ています。GTX 980Tiと比較すると、フレームレートが大きく向上しています。

※フレームレートはFrapsで計測(目視)しています。



【参考:Core i7-6700K・GTX 980Ti 搭載PCのスコア】


画面サイズ:1920x1080・フルスクリーンモード
スコア:34553
フレームレート:180~463fps

※Core i7-6700K, GeForce GTX 980Ti (※ENVY 750ベンチマーク
 
ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 26℃】
温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
※ベンチマーク中の計測値はPC構成や環境で変動する場合があります。
インテル Core i7-6700K プロセッサー
プロセッサーの温度 【最大温度】 57℃前後
 【平均温度】 45℃前後
 【アイドル時】 32℃前後
NVIDIA GeForce GTX 1080 Founders Edition (8GB GDDR5X)
GPUの温度 【最大温度】 82℃前後
 【平均温度】 72℃前後
 【アイドル時】 36℃前後
GPU コアクロック 【 最大 】  1911.0 MHz
 【アイドル時】  139.0 MHz
GPU メモリクロック 【 最大 】  1251.5 MHz
 【アイドル時】  101.3 MHz
GPUクーラーのファンスピード 【 最大 】  2189 RPM(54%)
 【アイドル時】 1094 RPM(27%)
ビデオメモリ使用量 709 MB
ベンチマーク中のPC全体の消費電力(モニターを除く
最大 約280W



 ファンタシースターオンライン2 キャラクタークリエイト体験版 ver.2.0

17-n000_PSO2_フレームレートが大きく下がるシーン_01

『ファンタシースターオンライン2』がどのくらい快適にプレイできるかを点数で評価してくれるベンチマーク機能です。

※このベンチマークはフレームレートが一回だけ瞬間的に非常に大きく下がる場面があります。この数値を含めると印象大きく変わるので、瞬間的な最小値は()内に表記しています。

◆ベンチマーク ダウンロード




OMEN by HP 870_GTX 1080_PSO2_1920x1080簡易設定5_03 画面サイズ:1920x1080
簡易描画設定・・・5(最高画質)
フルスクリーン表示
 スコア:120729
 フレームレート:294(216)~589fps
評価:快適
 

【Core i7-6700K,  GeForce GTX 1080のスコア】

1920x1080(フルHD)・簡易描画設定5では最低でも200fps以上出ていて快適にプレイ可能ですが、GTX 980Tiと比較した場合はスコアがあまり伸びませんでした。平均フレームレートはGTX 980Tiの方が少し良かったのだと思います。

※フレームレートはFrapsで計測(目視)しています。性能が低い場合はフレームレートの動きを目視で確認できるのですが、ハイエンドのGPUは非常にフレームレートの動きが速く瞬間的な最高値や最低値が見えないことがあるので、このPSO2のフレームレートはおまかな数値になります。



【参考:Core i7-6700K・GTX 980Ti 搭載PCのスコア】

画面サイズ:1920x1080・簡易描画設定5・フルスクリーン表示
スコア:136428
フレームレート:330(170)~580fps
評価:快適

※Core i7-6700K, GeForce GTX 980Ti (※ENVY 750ベンチマーク
 
ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 26℃】
温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
※ベンチマーク中の計測値はPC構成や環境で変動する場合があります。
インテル Core i7-6700K プロセッサー
プロセッサーの温度 【最大温度】 62℃前後
 【平均温度】 56℃前後
 【アイドル時】 32℃前後
NVIDIA GeForce GTX 1080 Founders Edition (8GB GDDR5X)
GPUの温度 【最大温度】 82℃前後
 【平均温度】 77℃前後
 【アイドル時】 36℃前後
GPU コアクロック 【 最大 】  1898.0 MHz
 【アイドル時】  139.0 MHz
GPU メモリクロック 【 最大 】  1251.5 MHz
 【アイドル時】  101.3 MHz
GPUクーラーのファンスピード 【 最大 】  2864 RPM(54%)
 【アイドル時】 1094 RPM(27%)
ビデオメモリ使用量 639 MB
ベンチマーク中のPC全体の消費電力(モニターを除く
最大 約272W



 GTA5(グランド・セフト・オート5) をプレイした時のフレームレート

2015-04-21_00004.jpg

GTX 1080を搭載したOMEN by HP 870で『グランド・セフト・オート5』のベンチマークやプレイした時のフレームレートを計測しました。

フルHD(1920x1080)・グラフィックスを可能な限り最高に設定した場合は、GTX 1080でも60fpsを切ってしまうことが度々あるのですが、デフォルト設定では60fps以上を維持できそうな結果が出ました。

◆OMEN by HP 870(GTX 1080)でGTA5をプレイ!


■ベンチマーク中のフレームレート(Core i7-6700K, GTX 1080 )

【デフォルト設定60~151fps
ベンチマーク中はだいたい70~110fpsの間で推移。飛行シーンでは110~150fps、飛行から市街地に移行するシーンでは瞬間的に150fpsくらい出ることがありますが、市街地走行中は68~100fpsくらいで推移していました。

【参考】Core i7-6700K, GTX 980Ti ・・・50~153fps



【MSAA X8、FXAA オン】 39~97fps
ベンチマーク中はだいたい50~70fpsの間で推移。飛行シーンでは46~70fps、飛行から市街地に移行するシーンでは瞬間的に90fps以上出ることがありますが、市街地走行中は48~76fpsくらいになります。

最も低いフレームレートを計測したのは「VINE WOOD」の看板があるシーンで、瞬間的に39fps前後まで下がります。最後の車がクラッシュして炎上するシーンは瞬間的に45fpsくらいまで下がることがありました。

【参考】Core i7-6700K, GTX 980Ti ・・・28~69fps
 
 


※GTA5を30時間連続でプレイした時のPCパーツの温度・消費電力を下記の表にまとめました。

ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 26℃】
温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
※ベンチマーク中の計測値はPC構成や環境で変動する場合があります。
インテル Core i7-6700K プロセッサー
プロセッサーの温度 【最大温度】 67℃前後
 【平均温度】 61℃前後
 【アイドル時】 32℃前後
NVIDIA GeForce GTX 1080 Founders Edition (8GB GDDR5X)
GPUの温度 【最大温度】 83℃前後
 【平均温度】 80℃前後
 【アイドル時】 36℃前後
GPU コアクロック 【 最大 】  1911.0 MHz
 【アイドル時】  139.0 MHz
GPU メモリクロック 【 最大 】  1251.5 MHz
 【アイドル時】  101.3 MHz
GPUクーラーのファンスピード 【 最大 】  3534 RPM(55%)
 【アイドル時】 1094 RPM(27%)
ビデオメモリ使用量 4870 MB
ベンチマーク中のPC全体の消費電力(モニターを除く
最大 約279W



 バトルフィールド 1をプレイした時のフレームレート

bf1 2016-10-30 10-37-50-61

バトルフィールド1(Battlefield 1) は、第一次世界大戦をテーマにしたシューティングゲームです。快適にプレイするには高性能なPCが必要なゲームで、推奨スペックがIntel Core i7 4790 プロセッサー、メモリ16GB、NVIDIA GeForce GTX 1060 3GBとなっています。

GTX 1080を搭載したOMEN by HP 870で『バトルフィールド1』をフルHD(1920x1080)・最高設定・DirectX 11でプレイした時に、どれくらいのフレームレートが出るのか試してみました。プレイするには新しいNVIDIAドライバーが必要だったので375.70をインストールしてプレイしています。

◆バトルフィールド1の推奨スペック [Originストア]



bf1 2016-10-30 10-42-47-06

【鋼鉄の嵐】81~170
瞬間的にフレームレートが160fps以上出たのは何かの陰に隠れた時や戦車から砲撃するシーンのみで、戦闘中は大体90~150fpsの間で推移。数回プレイして100fps以上をキープしたままクリアできたことがありましたが、非常に激しい戦闘シーンでは80前後まで下がることがありました。



bf1 2016-10-30 11-35-12-14

【血と泥寧の先に:OVER THE TOP】78~170
瞬間的に170fps近く出たシーンがありましたが、戦闘中は大体90~140fpsの間で推移。激しいシーンでは80~100fps前後になり瞬間的に70fps後半まで下がることがありました。


時間の都合で限られたキャンペーンのみのプレイになりましたが、序盤では大体80~140fpsくらいでプレイ可能でした。1時間連続でプレイしたときのGTX 1080 の温度は80℃前後で、PC全体の瞬間最大消費電力は約290Wになりました。
 


※BF1を1時間連続でプレイした時のPCパーツの温度・消費電力を下記の表にまとめました。

ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 26℃】
温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
※ベンチマーク中の計測値はPC構成や環境で変動する場合があります。
インテル Core i7-6700K プロセッサー
プロセッサーの温度 【最大温度】 70℃前後
 【平均温度】 61℃前後
 【アイドル時】 32℃前後
NVIDIA GeForce GTX 1080 Founders Edition (8GB GDDR5X)
GPUの温度 【最大温度】 83℃前後
 【平均温度】 78℃前後
 【アイドル時】 36℃前後
GPU コアクロック 【 最大 】  1911.0 MHz
 【アイドル時】  139.0 MHz
GPU メモリクロック 【 最大 】  1251.5 MHz
 【アイドル時】  101.3 MHz
GPUクーラーのファンスピード 【 最大 】  2214 RPM(55%)
 【アイドル時】 1094 RPM(27%)
ビデオメモリ使用量 2851 MB
ベンチマーク中のPC全体の消費電力(モニターを除く
最大 約290W



 SteamVR Performance Test

VR test_01

SteamVR Performance Test(※要STEAM)でグラフィックスカードのVR性能を測定することができます。
GTX 1080_VR test_02 VR TEST_GTX 980

GTX 1080(画像左)は平均忠実度が「11(非常に高い)」という結果が出ました。青い線が横一線の状態で安定したパフォーマンスを発揮しているのがわかります。

GTX 980(画像右)の場合は平均忠実度が「8.3(非常に高い)」ですが、青い線が一定ではなくテストによって上下に変動しています。




525x110_OMEN by HP 870-000jp_消費電力_03c

OMEN by HP 870 シリーズは500W ATX電源、Active PFC搭載、80PLUS BRONZE (82%電源変換効率)相当を搭載。デスクトップPCのベンチマーク中の消費電力は本体のみの数値になります。




■インターネット閲覧中の消費電力・温度
プロセッサーの温度は、サイトにアクセスしたりページを移動した瞬間に46℃前後になることがありましたが、ページを見ているだけの状態ではアイドル時に近い33℃前後で推移していました。

※消費電力や温度は、FirefoxでHP公式サイトを閲覧した時の数値。閲覧するWebサイトによっては計測した数値と異なる場合があります。

インターネット閲覧中の消費電力・温度(室温27℃)
プロセッサーの温度32~46℃ 【平均33℃】
GPUの温度36~38℃ 【平均37℃】
消費電力40~74 W前後



■YouTubeの動画を約30分視聴したときの消費電力・温度
Youtubeの動画をフルスクリーンで約30分視聴したときのプロセッサーの温度は、瞬間的に40~47℃まで上がることがあるのですが、大体において35℃前後で推移。GTX 1080は39~40℃で安定していました。
 
YouTubeの動画を約30分視聴したときの消費電力・温度(室温27℃)
プロセッサーの温度34~47℃ 【平均36℃】
GPUの温度39~40℃ 【平均39℃】
消費電力52~60 W前後



OMEN by HP 870_IMG_6325b_ps

OMEN by HP 870は水冷CPUクーラーを搭載しています。ベンチマーク中のプロセッサーの温度は瞬間最大で78℃まで上がりましたが、平均的には50~60℃の間で推移していました。インターネットや動画視聴時は50~66℃くらいになります。インターネットや動画視聴時の消費電力は27~60Wの間で推移していました。

GTX 1080のベンチマーク中の最大温度は83℃まで上がりましたが、動作中の平均温度は5~10℃くらい低くなりますし、最大温度が94℃(※GTX 1080仕様)なのでまだまだ余裕があります。

Core i7-6700K、GTX 1080を搭載したOMEN by HP 870の消費電力はPC全体で最大290Wでした。 Core i7-6700K、GTX 980Tiを搭載したENVY 750(※ベンチマーク)は最大374Wだったので、大幅に消費電力が減っています。
 
ベンチマーク時のPCパーツの最高温度(室温26℃)
インテル Core i7-6700K プロセッサー78℃(アイドル時32℃前後)
GeForce GTX 1080(8GB GDDR5X)
Founders Edition
83℃(アイドル時36℃前後)
ベンチマーク中の消費電力(PC全体)
電源OFF時0.0W 前後
スリープ時0.0W 前後
アイドル時36W 前後
起動時約165W(瞬間最大)
ベンチマーク中の最大消費電力約290W (BF1)
 ※消費電力はPCの使用環境によって違いが出る場合があります。



 ベンチマークテストのまとめ

468_OMEN by HP 870_レビュー161101_01b


■OMEN by HP 870 GTX 1080 モデルのベンチマークテスト
※Core i7-6700KはDDR4のデュアルチャンネルに対応していますが、今回のテストでは8GBのメモリを1枚のみ搭載しているので、ベンチマークによってはスコアに少し影響があるかもしれません。

◆第6世代 インテル Core i7-6700K プロセッサー
型番末尾に「K」が付くオーバークロック向けのプロセッサーです。動画のエンコードや画像処理ソフト、ゲームなどで高い処理能力を発揮します。

◆8GBメモリ DDR4-2133MHz
8GBのメモリはインターネットやメール、文書作成、動画の視聴のような用途では余裕がある容量ですが、非常に大きな画像データを取り扱う画像処理では不足することがあるかもしれません。ゲームも可能ですが、16GB推奨の「バトルフィールド1」のようなゲームをするのなら、16GB以上搭載したほうが良いかもしれません。

◆512GB SSD(SATA3, TLC)+ 2TB HDD(7200回転)x2
本格的な3Dゲームは30GBくらいは当たり前で、中には60GBも使用するゲームもありますが、起動ドライブの512GB SSDには、そのような重いゲームをいくつかインストールすることができます。HDDはRAIDではなく通常の2TB HDDが2台搭載されています。

◆NVIDIA GeForce GTX 1080 (8GB GDDR5X)
最新の3DゲームやVRなどを快適に楽しめるハイエンドグラフィックスカードです。Fire Strike(DX11)のテストでは、GTX 980Tiよりも約3割高いスコアが出ました。

◆ベンチマーク中の消費電力(ディスプレイを含まない)
アイドル時の最小消費電力は36Wくらいで最大は約290Wになりますが、過去にテストしたGTX 980Ti搭載機(最大374W)よりも大幅に消費電力が減っています。
 
 

【メーカー製品詳細ページ】
◆OMEN by HP Desktop 870 製品詳細
◆OMEN by HP Desktop 870(スペックPDF)

【OMEN by HP Desktop 870 サポート】
◆トラブルシューティング・ドライバー・使用方法など
◆アップグレードガイド(PDF)

【実機レビュー】
◆OMEN by HP Desktop 870の外観・デザイン
◆OMEN by HP 870(GTX 1080)の性能・消費電力を検証!
◆OMEN by HP 870(GTX 1080)でGTA5をプレイ!

【関連記事】
◆OMEN by HP Desktop 870の製品特徴・性能について



■レビューについて
※商品仕様/価格については2016年11月2日時点のものです。
※PCパーツのメーカーは販売時期により変更になる場合があります。
※ベンチマークの結果、温度、消費電力などの測定値はPCの使用状況や環境によって異なることがあります。
※できるだけ客観的にレビューしようと心がけていますが、実際の商品を見たり使用したときの感じ方には個人差があります。
※PassMarkベンチマークスコアはPassMark - CPU Benchmarks Video Card Benchmarks から抜粋しています。あくまでも目安としてご覧ください。

関連記事

テーマ : デスクトップパソコン
ジャンル : コンピュータ

お気に入りパソコン.com

◆ホームへ

◆全ての記事を表示する

検索フォーム
最新記事
日本HPのパソコンをお得に購入できる【7%OFFクーポン】プレゼント! Aug 20, 2017
最新ゲーミングPC『OMEN by HP 880』新製品販売開始キャンペーン! Aug 20, 2017
HP Spectre x360のお得なキャンペーン!今ならオフィスソフトが半額! Aug 19, 2017
【比較レビュー】HP Spectre x2 vs Surface Pro(2017) Aug 18, 2017
【速攻レビュー】OMEN by HP Desktop 880の製品特徴・性能について Aug 17, 2017
HP Spectre x2(Core i5-7260U)の性能・消費電力を検証! Aug 08, 2017
プレミアムノート「HP ENVY 13」 の祝!夏! 大盤振舞キャンペーン! Aug 05, 2017
カテゴリ
RSSリンクの表示
プロフィール

お気に入りパソコン.com

Author:お気に入りパソコン.com
長年Macを使ってきましたが、性能面やOSのサイクルが早く安定した環境が構築しにくいなど、次第にMacに対する不満が募り、2011年の秋にメインの作業環境をWindowsPCに移行しました。現在はWindows派で日本HPのデスクトップ、ノートPCを使用しています。

◆免責事項
ブログに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。本ブログの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
Spectre アクティブペンの販売開始!
【レビュー】HP アクセサリー
250x120_OMEN by HP Gaming Mouse_170113_01b

250x120_HP Z5000 Bluetooth マウス_170113_01c

250x120_HP Spectre レザークラッチバック_170113_01c

250x120_HP プレミアムバックパック_170113_01b

CPU/GPU性能比較表
CPUオーバークロックツール
250_CPUオーバークロックツール
「インテル XTU」は、ソフトウェアでCPU倍率設定や電圧などを細かく調整することができるCPUオーバークロックツールです。

■Core i7-5820Kをオーバークロック!
電源管理の設定
【Windows 10】タッチキーボードの無効化
★注目記事ピックアップ
ウォッチドッグス2(Watch_Dogs2)
250_WatchDogs22016-12-03t.png
ゲーミングPCでウォッチドッグス2プレイ中のフレームレートを計測!

■Watch_Dogs2の推奨スペック
■Core i7-6700HQ,GTX 1070 Laptop
Grand Theft Auto V
F1 2016
F1 2016 ベンチマーク
「F1 2016」のベンチマークでフレームレートを計測!

■推奨スペック&ベンチマーク(GTX1080,GTX1070,GTX1060)
FF14『蒼天のイシュガルド』
250_ffxiv-heavensward-bench rogo
ファイナルファンタジーXIV『蒼天のイシュガルド』のベンチマークです。ゲーミングPCのスコアを掲載しています。

■FF14『蒼天のイシュガルド』ベンチマーク
ザ・シムズ 4 (The Sims 4)
ザ・シムズ 3 (The Sims3)
Xbox Elite ワイヤレス コントローラー
日本HP公式サイトで使える7%OFFクーポン
250_HP Spectre x360 クーポン_170801_01c4
お気に入りパソコン.com QRコード
QR
ブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本HP個人向けパソコンで使えるクーポン
250_HP個人向け 7%OFFクーポン_1707801_ENVY 13_000b

当サイトでは、日本HP公式オンラインストアで使える【割引クーポン】をプレゼントしています!
当サイトから日本HPの個人向けパソコンを10万円以上(税抜)購入すると通常価格より7%オフ!。実施期間は 2017年8月31日(木)まで。

◆7%OFFクーポンの詳細・取得はこちらから
日本HP法人向けパソコンで使えるクーポン
250_HP法人向け 7%OFFクーポン_170801_01a
日本HPのお得なキャンペーン!
250x100_デスクトップPCキャンペーン_01a
日本HPでは、デスクトップPC、ノートPCのお得なキャンペーン実施中です!

【日本HP公式ストア】
◆デスクトップPCキャンペーン!icon
◆ノートPCキャンペーン!icon
◆HPプレミアム下取りサービス icon
◆オリコ分割金利手数料0%キャンペーン icon
◆学割キャンペーン icon
【新製品】OMEN by HP Desktop 880
HP Spectre x2 vs Surface Pro
【新製品】HP Spectre x2
【新製品】HP ENVY 13
【レビュー】HP Pavilion 24-a200jp
【法人向け製品】HP Elite Slice
パフォーマンスモデル販売再開!
最新 Spectre シリーズ徹底比較
【注目製品】新型HP Spectre x360
【アンケート実施中!】
HP Spectre x360 vs MacBook Pro
◆美しく丈夫なプレミアムPC
日本HPプレミアムイベント
【レビュー】HP Pavilion Wave 600-a100jp
【レビュー】HP Spectre 13-v100
OMEN X by HP Desktop 900
【レビュー】OMEN by HP Desktop 870
【レビュー】OMEN by HP 17-w100
【レビュー】HP Pavilion 27-a170jp
【レビュー】HP Pavilion Wave 600
【レビュー】HP Pavilion 510-p171jp
【レビュー】HP ENVY15-as100
【レビュー】HP EliteBook Folio G1
【レビュー】HP Elite x2 1012 G1
【レビュー】HP EliteDesk 800 G2
250_EliteDisk 800 G2_レビュー160418_01a
日本HPの法人向け超小型デスクトップPC「HP EliteDesk 800 G2 DM/CT」の実機レビューです。

◆外観・内部のレビュー
◆性能・消費電力を検証(i3-6100T)
ストレージの増設