【速攻レビュー】Pavilion Wave 600の製品特徴・性能について

468_HP Pavilion Wave 600_製品特徴_01a-w_C

「HP Pavilion Wave 600」は三角柱型の筐体が特徴的な日本HPの省スペース型デスクトップPCです。この記事では展示機の画像、製品の特徴、デザイン、性能などについて解説しています。



【2016年11月19日】
Wave 600のメモリを増設・交換方法を解説しているページを公開!
◆HP Pavilion Wave 600に32GBメモリ(16GBx2)を増設!

【2016年11月16日】
Wave 600の分解方法を解説しているページを公開しました!
◆省スペースPC『HP Pavilion Wave 600』の分解方法&注意点

【2016年10月26日】
Pavilion Wave 600詳細レビューのページを公開しました!
◆HP Pavilion Wave 600-000jpの外観・デザイン
◆HP Pavilion Wave 600(Radeon R9 m470)の性能・消費電力を検証!

【2016年10月25日】
一部の製品画像を最新のものに差し替えました。

【2016年10月23日】
ドラゴンクエストXのベンチマークを追加しました。

【2016年10月22日】
ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルドのベンチマークを追加しました。
AMD Radeon R9 m470のベンチマーク(FireStrike)のスコアを追加しました。
Pavilion Wave 600の色味の修正。ACアダプターの画像を追加しました。

【2016年10月17日】
HP Pavilion Wave 600-a072jp(Core i7-6700T、Radeon R9 m470搭載)パフォーマンスモデルの販売開始!






■目次(ページ内リンク)
下記のリンクをクリックすると目的の場所にジャンプします。
※[BackSpace]キーでこの位置に戻ります。

◆独創的な三角柱型の筐体 『HP Pavilion Wave 600』 の製品特長
◆HP Pavilion Wave 600 の外観・デザイン
◆HP Pavilion Wave 600 の内部
◆前面/背面のインターフェース
◆ACアダプター
◆プロセッサーの性能について
◆グラフィックスの性能について&ベンチマーク Update!
◆メモリ搭載量について
◆スペック比較(4モデル)
◆【まとめ】リビングに置きたくなるようなデザインのデスクトップPC

 
 


 省スペース型 デスクトップPC 『HP Pavilion Wave 600』 の製品特長

Pavilion Wave 600_a072jp_IMG_6124
 
■HP Pavilion Wave 600-000jpの製品特長

【外観・デザイン】

・マザーボード、グラフィックカード、ストレージをトライアングルのように配置
・ボディにファブリック素材を採用
・内蔵したスピーカーからのサウンドが伝わりやすい設計
・排熱効果と音響効果を両立

【性能面】
・省電力の第6世代インテル Core プロセッサー
・インテル H170 チップセット
・パフォーマンスモデルは128GB M.2 SSD + 2TB HDDを搭載
・グラフィックス搭載モデルは「AMD Radeon R9 m470」を搭載

【使い勝手・機能性・拡張性】
・音が360度に広がる天板のパラボラリフレクター
・Bang & Olufsenのサウンドシステム
・豊富なインターフェイス
・ワイヤレスキーボード(コンパクトタイプ)とマウスが付属

【価格・モデル】
■HP Pavilion Wave 600-a031jp エントリーモデル
(Core i3-6100T、4GBメモリ、1TB HDD、インテル HD グラフィックス 530)
¥64,800 (税抜)~

■HP Pavilion Wave 600-a051jp スタンダードモデル
(Core i5-6400T、8GBメモリ、1TB HDD、インテル HD グラフィックス 530)
¥69,800 (税抜)~

■HP Pavilion Wave 600-a052jp スタンダード(グラフィックス搭載)モデル
(Core i5-6400T、8GBメモリ、128GB M.2 SSD+1TB HDD、Radeon R9 m470)
¥84,800 (税抜)~

■HP Pavilion Wave 600-a072jp パフォーマンス(グラフィックス搭載)モデル
(Core i7-6700T、8GBメモリ、128GB M.2 SSD+2TB HDD、Radeon R9 m470)
¥99,800 (税抜)~

【メーカー製品詳細ページ】
◆HP Pavilion Wave 600 製品詳細icon
◆HP Pavilion Wave 600 (スペックPDF)
 



 HP Pavilion Wave 600 の外観・デザイン

Pavilion Wave 600_a072jp_IMG_6043c

 
「HP Pavilion Wave 600」は従来のデスクトップPCとは異なる外観・デザインの省スペースPCです。

※以前に掲載していた製品画像は照明の関係でボディが明るめに写っていました。特に天面のカラーがシルバーのように見えたので、最新の画像に差し替えました。(2016年10月25日)

◆【詳細レビュー】HP Pavilion Wave 600 の外観・デザイン
 

Pavilion Wave 600_a072jp_IMG_6129
 
トライアングラーフォームと呼ばれる三角柱の筐体が特徴的で、表面の素材には音響効果を考慮したファブリック素材が使われています。サイズは 約 174(幅) × 169(奥行き) × 259(高さ) mm、質量は約3.0kgです。

※天面は光が強く当たっているのでシルバーのように見えますが、実物は少しメタリック感があるブラックです。
 

Pavilion Wave 600_a072jp_IMG_6070
 
天面の素材は樹脂です。カラーは少しメタリック感があるブラックなので、光が当たると星がちりばめられているようにみえます。HPのノートPCでは「トゥインクルブラック」と呼ばれている色です。

天面とボディの間には少し空間があり、360度全方向にわたってサウンドを広げるためのパラボリックリフレクターとして機能します。

Pavilion Wave 600は、プレミアムオーディオ機器の老舗「Bang & Olufsen」のサウンドシステムを搭載。プリインストール済ソフトウェアで自分の好みに応じてチューニングすることができます。
 



 HP Pavilion Wave 600の内部

Pavilion Wave 600_IMG_3764_02b_t_ps

 
内部の熱は底面から上の方に流れて、天面と筐体上部の隙間から排出します。
 

 
Pavilion Wave 600_IMG_3714
 
ボディの取り外しは下部のケーブル類などを外す必要があるので少々手間がかかります。

◆省スペースPC『HP Pavilion Wave 600』の分解方法&注意点
◆HP Pavilion Wave 600に32GBメモリ(16GBx2)を増設!
※本体の分解は保証対象外となります。
 


IMG_3740.png
 
Pavilion Wave 600の内部は「トライアングラーフォーム」と呼ばれる三角柱で構成されていて、3つ目の面にマザーボード、ストレージ、排熱用システムが搭載されています。
 




 前面/背面のインターフェース

Pavilion Wave 600_IMG_3725t_2_C-01b

 
前面にはUSB3.0、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポートのみ搭載。オプティカルドライブ(DVD、ブルーレイなど)は搭載していないので、システム復元のためのリカバリメディアはUSBメモリで作成する必要があります。

■前面のインターフェース

・ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
・USB3.0×1
 


Pavilion Wave 600_IMG_3734t_C-01b
 
電源スイッチは背面にあります。ポート類は豊富で、従来の規格に加えて最新のUSB Type-C 3.1が搭載されています。

■背面のインターフェース
・電源スイッチ
・メディアカードリーダー
・USB Type-C 3.1 ×1
・USB3.0×2
・LANポート
・DisplayPort×1
・HDMI×1
・電源コネクター
 




 ACアダプター

Pavilion Wave 600_a072jp_IMG_6003

 
付属しているACアダプターはノートPCのものよりは大きめです。AMD Radeon R9 m470 グラフィックスカード搭載モデルは180W、非搭載モデル(インテル HD グラフィックス  530)は150Wの電源が付属しています。

【ACアダプターのサイズ】
170mm(幅)×83mm(奥行き)×40mm(厚さ)
 



 プロセッサーの性能について

Intel Core i7-6700T_プロセッサー比較

HP Pavilion Wave 600は、第6世代 インテル Core プロセッサーを搭載。Core i3-6100T、Core i5-6400T、Core i7-6700Tを搭載した3モデルが用意されています。いずれも型番末尾に「T」が付く省電力タイプなので消費電力は少なくなりますが、同じ型番の無印よりも少し性能が低くなります。

Core i3-6100T(最大3.2GHZ、2コア4スレッド)でもインターネットやメール、オフィスソフトなどは快適に使える性能がありますが、高解像度の画像処理や動画のエンコードのようなCPUの負荷が高い作業をするのなら、Core i7-6700T(最大3.6GHZ、4コア8スレッド)を選択したほうが快適に作業することができます。

◆Pavilion Wave 600(Core i7-6700T)の性能・消費電力
◆日本HPのデスクトップPC「プロセッサー性能比較表」

プロセッサー名ベース周波数コア数キャッシュ
Intel Core i7-6700T
◆製品仕様
2.8 GHz48 MB
最大周波数※スレッド数TDP
3.6 GHz835 W
 ※最大周波数・・・ターボ・ブースト利用時

プロセッサー名ベース周波数コア数キャッシュ
Intel Core i5-6400T
◆製品仕様
2.2 GHz46 MB
最大周波数※スレッド数TDP
2.8 GHz435 W
 ※最大周波数・・・ターボ・ブースト利用時

プロセッサー名ベース周波数コア数キャッシュ
Intel Core i3-6100T
◆製品仕様
3.2 GHz23 MB
最大周波数※スレッド数TDP
435 W
 ※最大周波数・・・ターボ・ブースト利用時



 グラフィックスの性能について

HP Pavilion Wave 600はインテル HDグラフィックス 530 (プロセッサー内蔵)とAMD Radeon R9 m470 グラフィックスを搭載したモデルが用意されています。


■インテル HDグラフィックス 530 (プロセッサー内蔵)
ゲーム向けではありませんがインターネットや動画の視聴などの用途では十分な性能があります。ファイナルファンタジーのような3Dゲームをプレイするのは厳しい性能ですが、ドラクエのような軽いゲームはとりあえずプレイ可能です。

◆日本HPのデスクトップPC「グラフィックスカード性能比較表」


■AMD Radeon R9 m470 (2GB, GDDR5)
ライトゲーム向けのグラフィックスです。当サイトの実機テストではGTX 950Mより少し高いスコアが出ています。本格的な3Dゲームを高画質でプレイするのは厳しい性能ですが、ドラクエのような軽めのゲームなら快適にプレイできる性能があります。
本格的な海外製3Dゲームを快適にプレイしたいのならゲーミングPC(※関連記事)をお勧めします。

◆Pavilion Wave 600(Radeon R9 m470)の性能・消費電力



【2016年10月22日追記】

Wave 600-a072jp_GPU-Z_01

Pavilion Wave 600に搭載されているAMD Radeon R9 m470のスペック。



Wave 600-a072jp_Fire Strike_02


 Core i7-6700T
 AMD Radeon R9 m470(2GB,GDDR5)
 メモリ8GB(DDR4-2133MHz)
  
 スコア:3415
 Graphics Score3655

 Physics Score 10190

 Combined Score1372

 
3DMARKのFireStrike(DirectX 11)のグラフィックステストではAMD Radeon R9 m470(2GB,GDDR5)は、GTX 950M(4GB,DDR3L)の115%のスコアが出ましたが、GTX 960M(4GB, GDDR5)と比較した場合83%くらいのスコアです。インテル HDグラフィックス 530と比較した場合は約5.5倍の差になります。

■FireStrike Graphics Score
GeForce GTX 965M(4GB, GDDR5)・・・ 6038 (※ベンチマーク
GeForce GTX 960M(4GB, GDDR5)・・・ 4292 (※ベンチマーク
Radeon R9 m470(2GB,GDDR5)・・・3415
GeForce GTX 950M(4GB,DDR3L)・・・3119 (※ベンチマーク
インテル HDグラフィックス 620・・・1027 (※ベンチマーク
インテル HDグラフィックス 530・・・666 (※ベンチマーク
 


Wave 600-a072jp_イシュガルド_1920x1080最高_01 Wave 600-a072jp_イシュガルド_1920x1080標準_01
 
 
ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルドのベンチマークでは、 1920x1080・最高品質の平均フレームレートが22fps
で、1920x1080・標準画質の場合は約51fpsになります。標準画質でも60fpsには届きませんがそれなりにプレイできそうです。

Radeon R9 m470はGTX 950Mと比較すると108%のスコアが出ましたが、GTX 960Mと比較すると67%くらいのスコアになります。

■1920x1080・最高品質・フルスクリーン
Core i7-6700HQ, GTX 965M(4GB, GDDR5)・・・ 4733 (※ベンチマーク
Core i7-4720HQ, GTX 960M(4GB, GDDR5)・・・ 4325 (※ベンチマーク
Core i7-6700T, Radeon R9 m470(2GB,GDDR5)・・・2900
Core i7-6700HQ, GTX 950M(4GB,DDR3L)・・・2680 (※ベンチマーク
Core i5-7200U, インテル HDグラフィックス 620・・・1027 (※ベンチマーク
Core i5-6400, インテル HDグラフィックス 530・・・666 (※ベンチマーク
 


Wave 600-a072jp_DQX_1920x1080最高品質01

 
ドラゴンクエストXのベンチマークでは、 1920x1080・最高品質で「すごく快適」という評価です。フレームレートは42~152fpsくらいになります。

■1920x1080・最高品質・フルスクリーン
Core i7-6700HQ, GTX 965M(4GB, GDDR5)・・・ 12350 (※ベンチマーク
Core i7-6700T, Radeon R9 m470(2GB,GDDR5)・・・10029
Core i7-6700HQ, GTX 950M(4GB,DDR3L)・・・8500 (※ベンチマーク
Core i5-7200U, インテル HDグラフィックス 620・・・4301 (※ベンチマーク
Core i5-6400, インテル HDグラフィックス 530・・・2227 (※ベンチマーク
 



 メモリ搭載量について

HP Pavilion Wave 600はメモリ容量のカスタマイズはできませんが、DDR4メモリを4GB搭載したエントリーモデル、8GB搭載したスタンダードモデル/パフォーマンス が用意されています。

4GB搭載したモデルは、インターネットやメール、文書作成、オフィスソフトなどを使用する人向けです。年賀状やWeb向けのそれほど大きくない画像などは取り扱うことはできますが、使い方によってはメモリが不足することがあるかもしれません。

使い方次第になりますが、画像処理をするのなら少なくとも8GBは欲しいところです。メモリを必要以上に搭載する必要はありませんが、余裕がある状態で使用したほうが快適ですし、パソコンの動作も安定します。

◆パソコンにどれくらいメモリを搭載すればよいのか?




 HP Pavilion Wave 600 のスペック

Pavilion Wave 600_a072jp_IMG_6051

HP Pavilion Wave 600はプロセッサー、メモリ、ストレージ、グラフィックスなどの構成が異なる4モデルが用意されていますが、PCパーツのカスタマイズはできません。

インテル HD グラフィックス 530(プロセッサー内蔵)を搭載したエントリーモデル、スタンダードモデルの電源は150W AC アダプターですが、AMD Radeon R9 m470グラフィックス搭載モデルには少し容量が大きめの180W AC アダプターが付属しています。




■HP Pavilion Wave 600 エントリーモデル


エントリーモデルは、インターネットやメール、文書作成、オフィスソフトなどを使用する人向けのスペックです。メモリが4GBなのでフォトショップのような画像処理ソフトを使用する場合は不足することがあるかもしれません。


HP Pavilion Wave 600-a031jp
エントリーモデル
OSWindows 10 Home(64bit)
プロセッサーインテル Core i3-6100T プロセッサー
チップセットインテル H170 チップセット
メモリ4GB(4GB×1) PC4-17000 (2133MHz)
グラフィックスインテル HD グラフィックス  530
ストレージ1TB HDD (SATA, 7200回転)
スピーカー55mmビルトインスピーカー(最大7W)
無線LANIEEE 802.11a/b/g/n/ac 、  Bluetooth 4.2
サイズ縦置き : 約 174 × 169 × 259 mm
質量約 3.0kg
キーボードワイヤレス日本語 (109A) キーボード (コンパクトタイプ)
& ワイヤレス光学マウス
インターフェイス
 ■前面
 USB3.0×1、ヘッドフォン出力 /マイク入力コンボポート ×1

 ■背面
 USB3.0×2、USB Type-C 3.1 ×1、メディアカードリーダー×1
 セキュリティロックケーブル用ホール
電源最大 150W AC アダプター
価格(税抜)¥64,800(税抜)~




■HP Pavilion Wave 600 スタンダードモデル

スタンダードモデルはSSDとAMD グラフィックスカードの有無で2モデル用意されています。メモリは8GB搭載しているので、インターネットやメール、文書作成、オフィスソフトなどは余裕をもって使うことができます。使い方次第ですが画像処理も可能な容量です。

SSDはファイルの読み角速度が速いので、起動時間やOSを操作した時の反応が良くなります。AMD Radeon R9 m470は軽めのゲーム向けのグラフィックスカードです。


HP Pavilion Wave 600-a051jp
スタンダードモデル
OSWindows 10 Home(64bit)
プロセッサーインテル Core i5-6400T プロセッサー
チップセットインテル H170 チップセット
メモリ8GB(8GB×1) PC4-17000 (2133MHz)
グラフィックスインテル HD グラフィックス  530
ストレージ1TB HDD (SATA, 7200回転)
スピーカー55mmビルトインスピーカー(最大7W)
無線LANIEEE 802.11a/b/g/n/ac 、  Bluetooth 4.2
サイズ縦置き : 約 174 × 169 × 259 mm
質量約 3.0kg
キーボードワイヤレス日本語 (109A) キーボード (コンパクトタイプ)
& ワイヤレス光学マウス
インターフェイス
 ■前面
 USB3.0×1、ヘッドフォン出力 /マイク入力コンボポート ×1

 ■背面
 USB3.0×2、USB Type-C 3.1 ×1、メディアカードリーダー×1
 セキュリティロックケーブル用ホール
電源最大 150W AC アダプター
価格(税抜)¥69,800(税抜)~

 
HP Pavilion Wave 600-a052jp
スタンダード(グラフィックス搭載)モデル
OSWindows 10 Home(64bit)
プロセッサーインテル Core i5-6400T プロセッサー
チップセットインテル H170 チップセット
メモリ8GB(8GB×1) PC4-17000 (2133MHz)
グラフィックスAMD Radeon R9 m470 (2GB, GDDR5)
ストレージ128GB M.2 SSD(PCIe Gen3x4 NVMe)
 + 1TB ハードドライブ (7200回転)
スピーカー55mmビルトインスピーカー(最大7W)
無線LANIEEE 802.11a/b/g/n/ac 、  Bluetooth 4.2
サイズ縦置き : 約 174 × 169 × 259 mm
質量約 3.0kg
キーボードワイヤレス日本語 (109A) キーボード (コンパクトタイプ)
& ワイヤレス光学マウス
インターフェイス
 ■前面
 USB3.0×1、ヘッドフォン出力 /マイク入力コンボポート ×1

 ■背面
 USB3.0×2、USB Type-C 3.1 ×1、メディアカードリーダー×1
 セキュリティロックケーブル用ホール
電源最大 180W AC アダプター
価格(税抜)¥84,800(税抜)~




■HP Pavilion Wave 600 パフォーマンス(グラフィックス搭載)モデル

インテル Core i7-6700T プロセッサー、AMD Radeon R9 m470を搭載した上位モデル。ストレージはファイルの読み書き速度が速い128GB M.2 SSD(PCIe Gen3x4 NVMe)と、 2TB HDD(7200回転)を搭載! 

プロセッサーは画像処理や動画のエンコードなどをこなせる性能があります。メモリは8GB搭載されているので画像処理は可能ですが、高解像度でレイヤーを多数使用するようなヘビーな使い方をするのなら、メモリを大量に搭載可能なENVY 750シリーズ(※実機レビュー)をお勧めします。

【実機レビュー】
◆HP Pavilion Wave 600-000jpの外観・デザイン
◆HP Pavilion Wave 600(Radeon R9 m470)の性能・消費電力を検証!


HP Pavilion Wave 600-a072jp
パフォーマンス(グラフィックス搭載)モデル
OSWindows 10 Home(64bit)
プロセッサーインテル Core i7-6700T プロセッサー
チップセットインテル H170 チップセット
メモリ8GB(8GB×1) PC4-17000 (2133MHz)
グラフィックスAMD Radeon R9 m470 (2GB, GDDR5)
ストレージ128GB M.2 SSD(PCIe Gen3x4 NVMe)
 + 2TB ハードドライブ (7200回転)
スピーカー55mmビルトインスピーカー(最大7W)
無線LANIEEE 802.11a/b/g/n/ac 、  Bluetooth 4.2
サイズ縦置き : 約 174 × 169 × 259 mm
質量約 3.0kg
キーボードワイヤレス日本語 (109A) キーボード (コンパクトタイプ)
& ワイヤレス光学マウス
インターフェイス
 ■前面
 USB3.0×1、ヘッドフォン出力 /マイク入力コンボポート ×1

 ■背面
 USB3.0×2、USB Type-C 3.1 ×1、メディアカードリーダー×1
 セキュリティロックケーブル用ホール
電源最大 180W AC アダプター
価格(税抜)¥99,800(税抜)~




 【まとめ】リビングに置きたくなるようなデザインのデスクトップPC

468_HP Pavilion Wave 600_製品特徴_01a-w_C

 
「HP Pavilion Wave 600」は独創的な三角柱型の筐体に音響効果を考慮したファブリック素材を使用し、これまでのデスクトップPCとは全く異なるインテリアの様な外観&質感になっています。知らない人が見たらパソコンだとわからないかもしれません。

デスクトップPCは机の下に置かれることが多いかもしれませんが、Pavilion Wave 600は省スペースなので机の上に設定しても場所を取りませんし、むしろ見えるところやリビングなどに置きたいと思うデザインです。天面は少しメタリック感があるブラックで、ファブリック素材のボディもダークなカラーなので落ち着いた雰囲気に見えます。

※以前に掲載していた製品画像は照明の関係でボディが明るめに写っていました。特に天面のカラーがシルバーのように見えたので、最新の画像に差し替えました。(2016年10月25日)

PCパーツのカスタマイズはできませんが、プロセッサー、メモリ、ストレージ、グラフィックスなどの違いで4モデル用意されているので、予算や用途に応じたスペックを選ぶことができます。
 
 
【メーカー製品詳細ページ】
◆HP Pavilion Wave 600-000jp 製品詳細icon
◆HP Pavilion Wave 600-000jp (スペックPDF)

【HP Pavilion Wave 600 サポート】
◆トラブルシューティング・ドライバー・使用方法などicon

【実機レビュー】
◆HP Pavilion Wave 600-000jpの外観・デザイン
◆HP Pavilion Wave 600(Radeon R9 m470)の性能・消費電力を検証!

【関連記事】
◆【速攻レビュー】Pavilion Wave 600の製品特徴・性能について
◆省スペースPC『HP Pavilion Wave 600』の分解方法&注意点
◆HP Pavilion Wave 600に32GBメモリ(16GBx2)を増設!



■レビューについて
※商品仕様/価格については2016年11月4日時点のものです。
※製品仕様やPCパーツのメーカーは販売時期により変更になる場合があります。
※温度や消費電力の測定値は目安です。使用状況や環境によって変わります。
※できるだけ客観的にレビューしようと心がけていますが、実際の商品を見たり使用したときの感じ方には個人差があります。


関連記事

テーマ : デスクトップパソコン
ジャンル : コンピュータ

お気に入りパソコン.com

◆ホームへ

◆全ての記事(リスト)を表示する

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
プロフィール

お気に入りパソコン.com

Author:お気に入りパソコン.com
長年Macを使ってきましたが、性能面やOSのサイクルが早く安定した環境が構築しにくいなど、次第にMacに対する不満が募り、2011年の秋にメインの作業環境をWindowsPCに移行しました。現在はWindows派で日本HPのデスクトップ、ノートPCを使用しています。

お気に入りパソコン.com インデックス
250_お気に入りパソコンcom_インデックス
当サイトのHPパソコン購入に関すること、PCの性能や増設に関する記事のまとめ。

■お気に入りパソコン.com [インデックス]
OMEN by HP ゲーミングマウス
HP Z5000 Bluetooth マウス
HP Spectre レザークラッチバック
HP プレミアム・バックパック
CPU/GPU性能比較表
250_プロセッサー性能比較表_160404_01a
日本HPのパソコンに搭載されているプロセッサーやグラフィックスの性能比較表です。当サイトで行ったベンチマークテスト(3DMARK、CINEBENCH R15、FF14イシュガルド、PSO2、モンスターハンター、ドラゴンクエストX)の結果も掲載しています。

■【デスクトップ】プロセッサー性能比較表
■【デスクトップ】グラフィックス性能比較表
■【ノートPC】プロセッサー性能比較表
■【ノートPC】グラフィックス性能比較表
ウォッチドッグス2(Watch_Dogs2)
250_WatchDogs22016-12-03t.png
ゲーミングPCでウォッチドッグス2プレイ中のフレームレートを計測!

■Watch_Dogs2の推奨スペック
■Core i7-6700HQ,GTX 1070 Laptop
Grand Theft Auto V
250_GTA5 ベンチマーク_150815_01a
『グランド・セフト・オートV』のベンチマークでフレームレートを計測しました!

■Core i7-6700K,GTX 1080(8GB)
■Core i7-6700K,GTX 980Ti(6GB)
■Core i7-4790K,GTX 980(4GB)
■Core i7-5820K,GTX 960(2GB)
■Core i7-4790K,GTX 960(2GB)
F1 2016
F1 2016 ベンチマーク
「F1 2016」のベンチマークでフレームレートを計測!

■推奨スペック&ベンチマーク(GTX1080,GTX1070,GTX1060)
F1 2015
250_F1 2015 ベンチマーク_03
「F1 2015」のベンチマークです。実際にプレイしたときのフレームレートも計測しています。

■Core i7-6700K, GTX 980Ti
■Core i7-4790K, GTX 960, GTX 980
FF14『蒼天のイシュガルド』
250_ffxiv-heavensward-bench rogo
ファイナルファンタジーXIV『蒼天のイシュガルド』のベンチマークです。ゲーミングPCのスコアを掲載しています。

■FF14『蒼天のイシュガルド』ベンチマーク
ザ・シムズ 4 (The Sims 4)
ザ・シムズ 3 (The Sims3)
バトルフィールド4
250x135_Battlefield 4_01
『バトルフィールド4』をプレイしたときのフレームレートを計測しました。

■Core i7-4790K、GTX 980
■Core i7-4960X-EE, GTX 770
ウォッチドッグス(Watch_Dogs)
250x135_watch_dogs_02b.png
『Watch Dogs』をプレイしたときのフレームレートを計測しました。

■Core i7-4790K, GTX 980
■Core i7-4790, GTX 770
■Core i7-4770, GTX 660
■Core i7-4960X-EE, GTX 770
入力方法の変更
ゲーム中の画面左上の文字_s_250
■PCゲーム中、画面左上に文字が出て操作不能になる問題の対処法
【Windows 10】タッチキーボードの無効化
CPUオーバークロックツール
250_CPUオーバークロックツール
「インテル XTU」は、ソフトウェアでCPU倍率設定や電圧などを細かく調整することができるCPUオーバークロックツールです。

■Core i7-5820Kをオーバークロック!
RSSリンクの表示
◆免責事項
ブログに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。本ブログの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
◆著作権について
コンテンツの著作権は「お気に入りパソコン.com」が所有しています。 このサイト内の画像・イラスト・文章の無断転載を固く禁じます。
ブログのQRコード
QR
Adobe フォトグラフィプラン

フォトグラファー必須のAdobe LightroomとPhotoshopが使える『Creative Cloudフォトグラフィプラン』が月980円(税別)~
Microsoft Office 365 Solo
Microsoft Store (マイクロソフトストア) 最新 2016 年版 Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook などが使える「Office 365 Solo」が1ヵ月毎の更新で1240円~。
マカフィー
マカフィー・ストア
マカフィー2017シリーズ発売記念キャンペーン実施中!
Dropbox Pro
Dropbox Pro 【10,000本限定】どこからでもアクセスできるクラウドストレージサービス「Dropbox Pro 3年版」がお得!24,000円(税抜)
日本HP公式ストアで使える割引クーポン
250_HP 5%OFFクーポン_161201_01c_xmas_05p

当サイトでは、日本HP公式オンラインストアで使える5%割引クーポンをプレゼントしています!個人向けパソコンを8万円以上(税抜)ご購入でご利用可能です。実施期間は 2017年1月15日(日)まで。

◆特別クーポンの詳細・取得はこちらから
日本HPのお得なキャンペーン!
【日本HP公式ストア】注目キャンペーン
【レビュー】OMEN by HP 17-w100
250_OMEN by HP 17 GTX1070_レビュー161127_01c
17.3インチ・ゲーミングノート 『OMEN by HP 17』 の実機レビュー! NEW!

■外観・デザインのレビュー
■性能・消費電力を検証!(GTX 1070)
■Watch_Dogs2をプレイ!(GTX 1070)
【レビュー】HP Pavilion Wave 600
【レビュー】HP Pavilion 24-a100jp
250_HP Pavilion 24-a100jp_02a
超狭額ベゼルを採用したオールインワンPC『HP Pavilion 24-a100jp』の実機レビュー!

■外観・デザインのレビュー
■性能・消費電力を検証!
(Core i7-6700T,GeForce 930MX)

OMEN X by HP Desktop 900
250_OMEN X by HP Desktop 900_IMG_3872_03a_txt_04a
GTX 1080SLIを搭載したフラグシップモデル『OMEN X by HP Desktop 900』

■速攻レビュー(製品特徴・性能について)
【レビュー】OMEN by HP Desktop 870
【新モデル】HP Spectre 13-v100
250_HP Spectre 13-v100TU_02b
第7世代インテル Core プロセッサー(Kaby Lake)搭載した『HP Spectre 13』の新モデルが登場!

■製品特徴・性能・新旧モデル比較
【レビュー】HP Spectre 13-v000
【レビュー】HP ENVY15-as100
【レビュー】HP EliteBook Folio G1
【レビュー】HP Elite x2 1012 G1
250_Elite x2 1012 G1_レビュー160404_03a
美しさと強さを兼ね備えたハイブリットPC『HP Elite x2 1012 G1』の実機レビューです。

■外観・デザインのレビュー
■性能・消費電力を検証!(M3-6Y30)
■性能・消費電力を検証!(M7-6Y75)
【レビュー】OMEN by HP 17-w000
【注目製品】HP Spectre 13-4100 x360
【レビュー】HP Slimline 260-p050jp
250_HP Slimline 260-p050jp_レビュー160914_01a
スリムタイプ「HP Slimline 260-p050jp」の実機レビュー!

■外観・デザインのレビュー
■性能・消費電力を検証!(i5-6400T)
新旧モデルスペック比較
★注目記事ピックアップ
250_HP キャンペーンについて_150828_01a
■日本HPのパソコンの買い時 (キャンペーン開始時期など)

250x70_売れ筋ランキング_01a 毎週更新!日本HPのパソコン売れ筋ランキング☆

250x70_HP工場見学_01a
厳しい品質基準で生産している「日本HP東京 昭島工場」の組み立てから梱包、出荷までの製造プロセスをご紹介します!

250_写真や動画編集におすすめのパソコン_151119_01
写真や動画編集におすすめのパソコンをご紹介!

250_ペイントソフトでCGイラストを描くためのパソコン選び_151123_01
ペイントソフトでCGイラストを描くためのパソコン選び

【レビュー】HP ENVY 750-080jp
ストレージの増設
HP Stream Mini 200-020jp
250_HP Stream Mini 200-020jp_02a_実機

手のひらサイズのミニPC『HP Stream Mini 200-020jp』はメモリや2.5インチストレージを増設することができます。

■『HP Stream Mini 200-020jp』解説