HP ENVY 750-170jp(GTX980Ti)の性能・消費電力を検証!

468_HP ENVY 750-170jp_レビュー151105_02a

日本HPのハイエンド・ミニタワーPC 『HP ENVY 750-170jp/CT』 の性能、ベンチマーク中の温度・消費電力を測定しました。

【関連記事】
◆HP ENVY 750シリーズ(180jp/170jp)の外観・内部のレビュー

HP ENVY 750-170jp/CT のスペック
 OS  Windows 7 Professional(64bit)
 プロセッサー  インテル Core i7-6700K プロセッサー(水冷クーラー)
 チップセット  インテル Z170 Express チップセット
 メモリ  8GB(8GB×1) PC4-17000 (2133MHz)
 ストレージ  256GB SSD (PCI Express, M.2 )
 1TB ハードディスクドライブ(7200回転)
 グラフィック  NVIDIA GeForce GTX 980 Ti (6GB, GDDR5)※
 電源  500W ATX電源 80PLUS BRONZE
※NVIDIA ドライバーのバージョン 353.62




■目次(ページ内リンク)

下記のリンクをクリックすると目的の場所にジャンプします。
※[BackSpace]キーでこの位置に戻ります。

◆ベンチマークについて
◆インテル Core i7-6700K プロセッサー
◆オーバークロックについて(保証に関すること)
◆オーバークロックの設定方法
◆8GB(8GB×1) PC4-17000 (2133MHz)
◆256GB SSD (PCI Express, M.2 )+1TB HDD (7200回転)
◆ウルトラハイエンドGPU 『NVIDIA GeForce GTX 980 Ti』
◆ベンチマーク(3D MARK)
◆ベンチマーク(CINEBENCH R15)
◆ベンチマーク(FF14:蒼天のイシュガルド ベンチマーク)
◆ベンチマーク(FF14:新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編)
◆ベンチマーク(MHF ベンチマーク 第3弾 【大討伐】)
◆ベンチマーク(PSO2 キャラクタークリエイト体験版 ver.2.0)
◆ベンチマーク中の温度・消費電力
◆ベンチマークのまとめ
  


【実機レビュー:Windows 10 搭載モデル】
◆HP ENVY 750シリーズ(180jp/170jp)の外観・内部のレビュー
◆HP ENVY 750-180jp(Core i7-6700K, GTX 980Ti)の性能・消費電力
◆HP ENVY 750-180jp(Core i7-6700K, GTX 970)の性能・消費電力

【実機レビュー:Windows 7 Pro 搭載モデル】
◆HP ENVY 750-170jp(Core i7-6700K, GTX 980Ti)の性能・消費電力





■ベンチマークについて

  750-170jp_IMG_2265.png 

このテストではHP ENVY 750-170jp/CT(2015年冬モデル)のCore i7-6700K(水冷クーラー)、GeForce GTX 980 Ti 搭載機を使用します。性能比較するためにCore i7-4790K, GeForce GTX 960搭載機(◆HP ENVY 750-080jp 実機ベンチマーク)の数値も掲載しています。

※ベンチマーク中の消費電力はPC本体のみでディスプレイは除いた数値です。
※ベンチマークでは下記のソフト、ツールを使用して計測しています。

CrystalDiskInfo

HDD/SSDの基本情報やS.M.A.R.T.情報(電源投入回数や使用時間、温度など)を確認することができるソフト。

CrystalDiskMark

HDD, SSD, USBメモリ等の速度を測定するベンチマークソフト。

CPU-Z

CPUやマザーボード、メモリなど、ハードウェアの詳細な情報を表示するソフト。

GPU-Z

グラフィックカードの詳細情報、動作中のGPUクロック周波数や温度などを表示してくれるソフト。

HWMonitor

CPUGPUHDDなどの温度を測定するソフト。

Fraps

ゲーム中のフレームレートを表示できるソフト。スクリーンショットを撮ることもできます。

ワットモニター TAP-TST8

消費電力(W)、積算電力量(kWh)、積算時間(Hour)、積算電力料金(円)、二酸化炭素量(kg)の5種類が計測できる検電器です。





468x110_HP ENVY 750-170jp_プロセッサー_01a

HP ENVY 750-170jpは第6世代インテル Core プロセッサー (Skylake)を搭載。Core i7-6700Kは型番の末尾に「K」付くのでオーバークロックが可能ですが、CPUの設定変更は保証対象外となるのでご注意ください◆オーバークロックについて


・インテル Core i5-6400 (2.70‐3.30GHz / 4コア・4スレッド)[標準]
・インテル Core i7-6700 (3.40‐4.00GHz / 4コア・8スレッド)
・インテル Core i7-6700K (4.00‐4.20GHz / 4コア・8スレッド)

※今回のテストでは最上位のCore i7-6700K(◆スペック詳細)を搭載。

このENVY 750 シリーズの2015年冬モデルから冷却性能が高い水冷クーラーが選択できるようになりました。簡易水冷なのでメンテナンスは不要です。


・空冷クーラー [標準]
・水冷クーラー

※今回のテストでは「水冷クーラー」を搭載。
 
■プロセッサー性能比較 PassMark - CPU Benchmark
※スコアはアップデートされたときに多少変動する場合があります。
※ベンチマークスコアはあくまでも目安としてご覧ください。

750-170jp_プロセッサー比較_160407

ハイパースレッディング・テクノロジー(※関連記事)を 搭載している4コア8スレッドのCore i7-6700、Core i7-6700Kは、マルチスレッドに対応しているソフトウェア(動画のエンコード、フォトショップのような画像処理ソフトなど)で高い性能を発揮します。

◆日本HPのデスクトップPC「プロセッサー性能比較表」


下記の性能比較サイトでは、Core i7-6700Kの方がCore i7-4790Kよりも僅かに速い(PassMark以外)という結果が出ています。

【性能比較】
◆Intel Core i7 6700K vs 4790K - CPUBoss

750-170jp_i7-6700K_CPU-Z_01.png

CPU-Zで表示されるCore i7-6700Kの詳細。Core i7-6700Kは、Turbo Boost 時は最大で4.2GHzで動作します。省電力機能を搭載しているのでアイドル時は898MHz前後まで下がり消費電力を抑えます。


■インテルCore i7-6700K プロセッサースペック詳細
ベース動作周波数・・・ 4.0 GHz (アイドル時:898MHz前後)
ターボ・ブースト時の最大周波数・・・4.2GHz
コアの数・・・4
スレッド数・・・8
インテル スマート・キャッシュ・・・8 MB
TDP(CPUの消費電力の目安)・・・91W

■Intel Turbo Boost Technology有効時の動作クロック
1コア ・・・・・最大4.2 GHz
2コア ・・・・・最大4.0 GHz
3コア ・・・・・最大4.0 GHz
4コア ・・・・・最大4.0 GHz

◆インテルターボ・ブースト・テクノロジーの動作周波数一覧
 


750-170jp_i7-6700K_CPU-Z_03.png

マザーボードにはインテル Z170 Express チップセットが搭載されています。

◆インテル Z170 Express チップセットのブロック図・機能などの詳細





■オーバークロックについて

※オーバークロックに起因する故障に関しては製品保証の対象外となります。


750-170jp_オーバークロック_IMG_1457

型番末尾に「K」が付くプロセッサーはオーバークロックが可能です。BIOSの設定画面でコアの倍率上限を変更することができます。

Core i7-6700K(◆スペック詳細)のTurbo Boost 有効時の動作クロック(◆インテルターボ・ブースト・テクノロジーの動作周波数一覧)は下記の設定になっています。

 
1コア ・・・・・最大4.2 GHz 
2コア ・・・・・最大4.0 GHz
3コア ・・・・・最大4.0 GHz
4コア ・・・・・最大4.0 GHz
  

日本HPはCore i7-4790Kをインテルの動作周波数(最大4.4GHz)よりも控えめな設定(最大4.0GHz)で出荷していたのですが、Core i7-6700Kに関してはインテルと同じ動作周波数(最大4.2GHz)に設定されています。

工場出荷状態の設定を変更した場合の保証について日本HPに問い合わせたところ、下記のような回答をいただきました。


【HPの回答】
・メーカーとしてはBIOS設定を変更することを推奨していない。
・BIOSのデフォルト設定を変更した場合は保証の対象外。
・オーバークロックに起因する故障に関しては製品保証の対象外。
・オーバークロック設定方法やツールのサポートなどは行っていない。





■オーバークロックの設定方法

※オーバークロックは保証対象外となるので自己責任でお願いいたします。

750-170jp_オーバークロック_IMG_1446

PCの起動時(あるいは再起動時)に [Esc] キーを押す(タイミングが難しい場合は[Esc] キーを適度に連打する)ことでBIOSメニュー画面が表示されます。[F10]キーを押すとBIOSセットアップに入ります。



750-170jp_オーバークロック_IMG_1454
 
上部メニューの電源>オーバークロックの項目を選択します。



750-170jp_オーバークロック_IMG_1457

コア倍率上限の設定が完了したら「F10」キーを押して了解します。

※オーバークロック設定は100MHz単位で変更可能です。


750-170jp_オーバークロック_IMG_1469

変更した設定を保存する場合は、上部メニューのファイル>「変更を保存して終了」を選択するとWindowsが起動します。

※オーバークロックは保証対象外となるので自己責任でお願いいたします。



468x110_HP ENVY 750-170jp_メモリ_01a

最新世代のDDR4規格に対応した高速メモリPC4-17000 (2133MHz) を採用。カスタマイズで最大32GBまで搭載可能です。


・8GB (8GBx1) PC4-17000 (2133MHz) [標準]
・16GB (8GBx2) PC4-17000 (2133MHz)
・32GB (8GBx4) PC4-17000 (2133MHz)

※今回のテストでは8GB搭載。

どれくらいメモリが必要なのかは用途次第ですが、標準で8GBのメモリを搭載しているので、ウェブサイトの閲覧、動画の視聴、メールなどは余裕ですし、ゲームやグラフィックスソフトなども使用可能な容量です。メモリを大量に使用するグラフィックスソフトを使用するのなら16GB以上搭載をおすすめします。

◆どれくらいパソコンにメモリを搭載すればよいのか?



750-170jp_i7-6700K_CPU-Z_04.png

搭載されているPC4-17000のメモリの詳細。レイテンシ(メモリのデータを転送する時の待ち時間)はCL15と表示されています。




468x110_HP ENVY 750-170jp_ストレージ_01a

HP ENVY 750 シリーズのツールレス・ストレージベイ(※関連記事)にはHDD/SSDを3台まで搭載することが可能です。4つ目のストレージベイにはフロントのパネルを開けるとアクセスすることができます。ストレージの増設や換装は保証対象外となります。

ストレージ(起動ドライブ)のカスタマイズは下記の7種類用意されています。増設用のストレージ(2nd、3rd)はHDDのみ選択可能です。SSDはSATA3.0(6Gbps)接続とPCI Express, M.2接続の2種類あります。SSDはデータの読み書きやランダムアクセス速度が圧倒的に高速なので、HDDよりもOSやアプリケーション起動、操作時のレスポンスなどが良くなります。

※ストレージのメーカーは
販売時期により変更される場合があります。


■ストレージ
・1TBハードドライブ(SATA, 7200rpm)
・2TBハードドライブ(SATA, 7200rpm)
・3TBハードドライブ(SATA, 7200rpm)
・128GB SSD (PCI Express, M.2接続)
・256GB SSD (PCI Express, M.2接続)
・256GB SSD (6Gbps対応)
・512GB SSD (6Gbps対応)

■増設用ストレージ (2nd)
・増設用ストレージ (2nd) なし [標準]
・1TBハードドライブ(SATA, 7200rpm)(2nd)
・2TBハードドライブ(SATA, 7200rpm)(2nd)
・3TBハードドライブ(SATA, 7200rpm)(2nd)

■増設用ストレージ (3rd)
・増設用ストレージ (3rd) なし [標準]
・1TBハードドライブ(SATA, 7200rpm)(3rd)
・2TBハードドライブ(SATA, 7200rpm)(3rd)
・3TBハードドライブ(SATA, 7200rpm)(3rd)

※今回のテストでは256GB SSD (PCI Express, M.2接続)、1TB HDD(7200回転)を搭載。


256GB SSD (PCI Express, M.2接続)
750-170jp_CrystalDiskInfo_SSD 256GB_01

SAMSUNG製の256GB SSDの詳細。型番は MZHPV256HDGL-000H1、ファームウェアは「BXW24H0Q」です。



750-170jp_CrystalDiskMark_SSD 256GB_02

 
Read (リード)・・・読み込み速度
Write (ライト)・・・書き込み速度
Seq (シーケンシャル)・・・連続したデータの読み書き
4KQD32・・・データを最も効率のよい順番に並べ替える機能(NCQ)を使ってランダムアクセスしたときの速度
 

CrystalDiskMarkのベンチマークでは、この256GB SSD (PCI Express, M.2接続) はSATA3.0(6Gbps)接続のSSDよりも圧倒的に速い数値が出ています。

シーケンシャル・リード(読み込み速度)が1500MB/s前後、シーケンシャル・ライト(書き込み速度)が1200MB/s前後出ました。SATA3.0(6Gbps)接続のSSDは速くても500MB/s前半なのでかなり大きな差があり、PCI Express, M.2接続の効果が表れています。512Kリード・ライトも1000MB/sを超えていますし、4Kのテストでもリードが37MB/s前後、ライトが115MB/s前後で良い結果が出ています。

 
■アイドル時の温度(室温26℃)・・・36℃
■3回連続でベンチマークをした時の温度(室温26℃)・・・最大75℃

※今回テストしたPC構成の起動時間は約23秒でした。(※Windows 7 搭載)
 


1TBハードドライブ(SATA, 7200rpm)(2nd)
750-170jp_CrystalDiskInfo_HDD_01.png

CrystalDiskInfoで表示されるWestern Digital製HDDの情報。型番はWD10EZEX-60M2NA0 1000.2 GBで、ファームウェアは「03.01A03」です。

■WD10EZEX-60M2NA0 1000.2 GBのスペック
容量:1TB
回転数:7200rpm
キャッシュ:64MB
インターフェイス:SATA 6Gb/s
規格サイズ:3.5インチ
  

750-170jp_CrystalDiskMark_HDD 1TB_02_室26

 
Read (リード)・・・読み込み速度
Write (ライト)・・・書き込み速度
Seq (シーケンシャル)・・・連続したデータの読み書き
4KQD32・・・データを最も効率のよい順番に並べ替える機能(NCQ)を使ってランダムアクセスしたときの速度
 

CrystalDiskMarkのベンチマークでは、シーケンシャル・リードが200MB/s前後、シーケンシャル・ライトは190MB/s前後で7200回転のHDDとしては標準的な速度です。7200回転のHDDですがベンチマークをした時の温度上昇は少なく発熱も少なめです。

 
■アイドル時の温度(室温26℃)・・・34℃
■3回連続でベンチマークをした時のHDDの温度(室温26℃)・・・35℃
 



468x110_HP ENVY 750-170jp_グラフィックス_01a

HP ENVY 750-170jpには、ワットパフォーマンスに優れている第2世代「Maxwell」アーキテクチャを採用したグラフィックスカードが3種類用意されています。標準のインテル HD グラフィックス 530(プロセッサー内蔵GPU)、ローエンドの GeForce GT 730、ミドルクラスの GTX 960、ウルトラハイエンドのGTX 980 Ti が選択可能です。


・インテル HD グラフィックス 530 (プロセッサー内蔵) [標準]
・NVIDIA GeForce GT 730 (4GB / DDR3)    
・NVIDIA GeForce GTX 960 (2GB / GDDR5)
・NVIDIA GeForce GTX 980Ti (6GB / GDDR5)

※今回のテストではウルトラハイエンドのGTX 980 Tiを搭載。

■グラフィックス性能比較 PassMark - GPU Benchmark
※スコアはアップデートされたときに多少変動する場合があります。
※ベンチマークスコアはあくまでも目安としてご覧ください。

750-170jp_グラフィックス性能比較_160407b

PassMarkのGPUベンチマークでは、GTX 980 Ti は GTX 980 より約2割ほど高いスコアで、GTX 960 との比較では約2倍くらいの性能差になります。

GeForce GT 730はインテル HD グラフィックス 530 と同じくらいのスコアになっているので、性能的には搭載するメリットはあまりないかもしれません。

内蔵グラフィックスはPCのメモリを共有するのでメモリ使用量が少し増えますが、グラフィックスカードを搭載した場合は専用のビデオメモリを使用します。

◆日本HPのデスクトップPC「グラフィックスカード性能比較表」 
 


750-170jp_GTX980Ti_GPU-Z_01_20151104190443f97.png
    

■NVIDIA GeForce GTX 980Ti のスペック
【GPUコア】 GM200
【CUDAコア(シェーダユニット)】 2816
【テクスチャユニット】 176基
【ROPユニット】 96基
【ベースクロック】 1000 MHz
【ブーストクロック】 1076 MHz
【テクスチャ・フィル速度】 176.0 GigaTexels/s
【メモリ データレート】 1753MHz (7012MHz相当)
【メモリ容量 】 6GB GDDR5
【メモリ・インターフェース】 384ビット
【メモリのバンド幅】 336.6GB/秒
【電気接続】 6ピン+8ピン
【最大温度】 92℃
【TDP】 250 W

4K(4096x2160)サポート
デュアルリンク DVI-I ×1
HDMI ×1
DisplayPort ×3

※ブーストクロックは個体差で違いが出るかもしれませんが、今回テストしたGTX 980Ti は1215.4 MHz まで動作周波数が上がりました。





■3D MARK

3D MARK_rogo

DirectX 11、DirectX 9、DirectX 10の機能を使用したベンチマークができるソフトです。Sky Diverが追加されたバージョンでテストします。

◆3DMark-v1-3-708 ダウンロード


 Fire Strike
DirectX 11の機能をフルに使って開発された非常に負荷の高いテスト

750-170jp_3D MARK_Fire Strike

Core i7-6700K (最大4.2 GHz) 
GeForce GTX 980 Ti

Core i7-4790K (最大4.0 GHz) 
GeForce GTX 960
 
スコア:13638スコア:6618
Graphics Score15726
Physics Score 12651
Combined Score
7261
Graphics Score7496
Physics Score 11116
Combined Score
2663


 Sky Diver
DirectX 11世代のグラフィックス機能統合型CPU(=APU)向けのテスト

750-170jp_3D MARK_Sky Diver
Core i7-6700K (最大4.2 GHz) 
GeForce GTX 980 Ti

Core i7-4790K (最大4.0 GHz) 
GeForce GTX 960

スコア:31242スコア:19794
Graphics Score53167
Physics Score 11282
Combined Score21714
Graphics Score23844
Physics Score 10484
Combined Score21023


 Cloud Gate
DirectX 10レベルのグラフィックス機能を用いたテスト

750-170jp_3D MARK_Cloud Gate

Core i7-6700K (最大4.2 GHz) 
GeForce GTX 980 Ti

Core i7-4790K (最大4.0 GHz) 
GeForce GTX 960
 
スコア:31530スコア:22537
Graphics Score105688
Physics Score 9124
Graphics Score48025
Physics Score 7887


 Ice Storm
DirectX 9レベルのグラフィックス機能を用いたテスト

750-170jp_3D MARK_Ice Storm

Core i7-6700K (最大4.2 GHz) 
GeForce GTX 980 Ti

 
Core i7-4790K (最大4.0 GHz) 
GeForce GTX 960

スコア:187610スコア:158163
Graphics Score439131
Physics Score 62439
Graphics Score348541
Physics Score54319


GTX 980 Ti は、Fire Strike、Sky Diver、Cloud GateのグラフィックスのテストでGTX 960の約2倍のスコアが出ましたが、Ice Storm(DirectX 9)のテストは25%くらいの差に縮まっています。

ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 26℃】
 温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、  
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
インテル Core i7-6700K プロセッサー(最大4.2GHz)
 プロセッサーの温度  74.0℃  アイドル時 30.0℃前後
NVIDIA Geforce GTX 980 Ti (6GB)
 GPUの温度  86.0℃  アイドル時 39.0℃前後
 GPU コアクロック  1215.4 MHz  アイドル時 135.0 MHz
 GPU メモリクロック  1752.8 MHz  アイドル時 202.5 MHz
 GPUクーラーのファンスピード  2506 RPM
 アイドル時 1035 RPM
 ビデオメモリ使用量  1702 MB
ベンチマーク中のPC全体の消費電力(モニターを除く)
368 W (最大)
※計測値はテスト環境により若干異なる結果が出る場合があります。





■MAXON CINEBENCH R15

HP OMEN 15-5100_CINEBENCH R15_top

グラフィックカードとCPUの性能テストを行い、コンピュータのパフォーマンスを評価します。

◆MAXON CINEBENCH ダウンロード


750-170jp_CINEBENCH R15_01s

■OpenGL(グラフィックカードの性能 テスト)
カーチェイスによる複雑な3Dシーンを使って、グラフィックカードのOpenGLモードでの性能を調べます。

■CPU(メインプロセッサの性能テスト)
3Dレンダリングを行いプロセッサパワーのすべてを使うテスト。

Core i7-6700K (最大4.2 GHz) 
※1コア動作時 4.2 GHz
※2コア動作時 4.0 GHz
※3コア動作時 4.0 GHz
※4コア動作時 4.0 GHz
GeForce GTX 980 Ti

Core i7-4790K (最大4.0 GHz) 
※1コア動作時 4.0 GHz
※2コア動作時 4.0 GHz
※3コア動作時 4.0 GHz
※4コア動作時 4.0 GHz
GeForce GTX 960
 
OpenGL:130.39OpenGL:126.99
CPU:868 cb
CPU(Single Core):177 cb
CPU:787 cb
CPU(Single Core):156 cb


4コアを使用するCPUテストでは同じ動作周波数(4.0 GHz)になりますが、Core i7-6700KはCore i7-4790Kよりも約10%高いスコアが出ています。

動作周波数が高いCore i7-4790K(4コア動作時 4.2 GHz)と比較しても、Core i7-6700KはCPUテストで約3%高いスコアが出ています。

Core i7-4790K(最大4.4 GHz)※4コア動作時 4.2 GHz
CPU:840 cb
CPU(Single Core):172 cb

◆ENVY Phoenix 810-480jpのベンチマーク

ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 26℃】
 温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、  
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
インテル Core i7-6700K プロセッサー(最大4.2GHz)
 プロセッサーの温度  74.0℃  アイドル時 30.0℃前後
NVIDIA Geforce GTX 980 Ti (6GB)
 GPUの温度  71.0℃  アイドル時 39.0℃前後
 GPU コアクロック  1215.4 MHz  アイドル時 135.0 MHz
 GPU メモリクロック  1752.8 MHz  アイドル時 202.5 MHz
 GPUクーラーのファンスピード  1371 RPM  アイドル時 1035 RPM
 ビデオメモリ使用量  486 MB
ベンチマーク中のPC全体の消費電力(モニターを除く)
OpenGLテスト・・・224 W (最大)、CPUテスト・・・132 W (最大)
※計測値はテスト環境により若干異なる結果が出る場合があります。





■ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク

この「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」ベンチマークは、実際のマップとキャラクターを表示してお手持ちのPCで動作させた場合の指標となるスコアを確認することができます。

◆FF14 蒼天のイシュガルド ベンチマーク ダウンロード


750-170jp_イシュガルド_1920x1080最高フルスク_01

Core i7-6700K (最大4.2 GHz) 
GeForce GTX 980 Ti

256GB SSD (PCI Express, M.2 )

画面解像度・・・1920x1080
最高品質
フルスクリーンモード

Core i7-4790K (最大4.0 GHz) 
GeForce GTX 960
2TB HDD

画面解像度・・・1920x1080
最高品質
フルスクリーンモード

スコア:14982 スコア:7124
評価:非常に快適
平均フレームレート:115.800

ローディングタイム:
  シーン#1    1.136sec
  シーン#2    4.618sec
  シーン#3    3.858sec
  シーン#4    3.362sec
  シーン#5    3.398sec
  シーン#6    1.289sec
 合  計    17.663sec
評価:非常に快適
平均フレームレート:55.111

ローディングタイム:
 シーン#1    2.770sec
 シーン#2    11.032sec
 シーン#3    5.554sec
 シーン#4    5.033sec
 シーン#5    5.467sec
 シーン#6    2.709sec
 合  計    32.569sec


GTX 980 Ti はGTX 960よりも約2倍高いスコアが出ました。ローディングタイムは256GB SSD (PCI Express, M.2 )を搭載しているPCの方が圧倒的に高速です。

ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 26℃】
 温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、  
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
インテル Core i7-6700K プロセッサー(最大4.2GHz)
 プロセッサーの温度  65.0  アイドル時 30.0℃前後
NVIDIA Geforce GTX 980 Ti (6GB)
 GPUの温度  85.0℃  アイドル時 39.0℃前後
 GPU コアクロック  1215.4 MHz  アイドル時 135.0 MHz
 GPU メモリクロック  1752.8 MHz  アイドル時 202.5 MHz
 GPUクーラーのファンスピード  2529 RPM  アイドル時 1035 RPM
 ビデオメモリ使用量  1629 MB
ベンチマーク中のPC全体の消費電力(モニターを除く)
343 W (最大)
※計測値はテスト環境により若干異なる結果が出る場合があります。





■ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編

実際のマップとキャラクターを表示して、「FF14:新生エオルゼア」を動作させた場合の指標となるスコアを確認することができます。

◆FF14ベンチマーク キャラクター編 ダウンロード
※このベンチマークの配信は終了し、蒼天のイシュガルド ベンチマークに差し替えられています。


750-170jp_エオルゼア_1920x1080最高フルスク_01

Core i7-6700K (最大4.2 GHz) 
GeForce GTX 980 Ti


画面解像度・・・1920x1080
最高品質
フルスクリーンモード
 
Core i7-4790K (最大4.0 GHz) 
GeForce GTX 960

画面解像度・・・1920x1080
最高品質
フルスクリーンモード

スコア:19933 スコア:9867
評価:非常に快適
平均フレームレート:187.175
評価:非常に快適
平均フレームレート:86.053


GTX 980 Ti はGTX 960よりも2倍以上高いスコアが出ました。平均フレームレートも飛躍的に伸びています。

ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 26℃】
 温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、  
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
インテル Core i7-6700K プロセッサー(最大4.2GHz)
 プロセッサーの温度  63.0℃  アイドル時 30.0℃前後
NVIDIA Geforce GTX 980 Ti (6GB)
 GPUの温度  84.0℃  アイドル時 39.0℃前後
 GPU コアクロック  1215.4 MHz  アイドル時 135.0 MHz
 GPU メモリクロック  1752.8 MHz  アイドル時 202.5MHz
 GPUクーラーのファンスピード  2380 RPM
 アイドル時 1035 RPM
 ビデオメモリ使用量  967 MB
ベンチマーク中のPC全体の消費電力(モニターを除く)
336 W (最大)
※計測値はテスト環境により若干異なる結果が出る場合があります。





■MHF ベンチマーク 第3弾 【大討伐】

「モンスターハンター フロンティア オンライン」の ベンチマークです。このベンチマークでパソコン性能の目安を知ることができます。※ベンチマークスコアの評価は公表されていないようです。

◆MHF ベンチマーク ダウンロード


750-170jp_MHF_1920x1080フルスク_01

Core i7-6700K (最大4.2 GHz) 
GeForce GTX 980 Ti


画面サイズ: 1920x1080
フルスクリーンモード 

Core i7-4790K (最大4.0 GHz) 
GeForce GTX 960

画面サイズ: 1920x1080
フルスクリーンモード 

スコア:35044スコア:15439


ベンチマーク中のフレームレートは230~440fpsくらいで推移。300fps以上出ているシーンが多く、最大は462fpsでした。
最少値は正確には計測できませんでしたが、瞬間的に大きくフレームレートが下がるシーンは180fpsくらいになります。

ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 26℃】
 温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、  
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
インテル Core i7-6700K プロセッサー(最大4.2GHz)
 プロセッサーの温度  60.0℃  アイドル時 30.0℃前後
NVIDIA Geforce GTX 980 Ti (6GB)
 GPUの温度  85.0℃  アイドル時 39.0℃前後
 GPU コアクロック  1215.4 MHz  アイドル時 135.0 MHz
 GPU メモリクロック  1752.8 MHz  アイドル時 202.5 MHz
 GPUクーラーのファンスピード  2396 RPM  アイドル時 1035 RPM
 ビデオメモリ使用量  557 MB
ベンチマーク中のPC全体の消費電力(モニターを除く)
336 W (最大)
※計測値はテスト環境により若干異なる結果が出る場合があります。





■ファンタシースターオンライン2 キャラクタークリエイト体験版 ver.2.0

『ファンタシースターオンライン2』がどのくらい快適にプレイできるかを点数で評価してくれるベンチマーク機能です。

◆ベンチマーク ダウンロードページ


850-090jp_PSO2_1920x1080_簡易設定5

Core i7-6700K (最大4.2 GHz) 
GeForce GTX 980 Ti

画面解像度・・・1920x1080
簡易描画設定・・・5(最高品質)
フルスクリーン表示

Core i7-4790K (最大4.0 GHz)
GeForce GTX 960
 

画面解像度・・・1920x1080
簡易描画設定・・・5(最高品質)
フルスクリーン表示

スコア:114939スコア:43286
評価:快適に動作すると思われます評価:快適に動作すると思われます


ベンチマーク中のフレームレートは、大体300~500fpsの間で推移。瞬間最大は530fpsでした。最少値は正確には計測できませんでしたが、瞬間的に大きくフレームレートが下がるシーンで大体160fpsくらいになります。

ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 26℃】
 温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、  
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
インテル Core i7-6700K プロセッサー(最大4.2GHz)
 プロセッサーの温度  69.0℃  アイドル時 30.0℃前後
NVIDIA Geforce GTX 980 Ti (6GB)
 GPUの温度  85.0℃  アイドル時 39.0℃前後
 GPU コアクロック  1215.4 MHz  アイドル時 135.0 MHz
 GPU メモリクロック  1752.8 MHz  アイドル時 202.5 MHz
 GPUクーラーのファンスピード  2538 RPM
 アイドル時 1035 RPM
 ビデオメモリ使用量  448 MB
ベンチマーク中のPC全体の消費電力(モニターを除く)
323 W (最大)
※計測値はテスト環境により若干異なる結果が出る場合があります。




468x110_HP ENVY 750-170jp_消費電力_01a

■プロセッサーやGPUの温度(室温26℃)
ベンチマーク中のCore i7-6700K プロセッサーの温度は最高で74℃でした。

GPUの温度(室温26℃)
ベンチマーク中のGTX 980 Ti の温度は最高で86℃でした。最大温度は92℃(◆スペック詳細)なのでまだ少し余裕がありますが、これまでにテストしたGTX 960、GTX 980 などは最大で82℃くらいだったので、GTX 980 Ti は3℃ほど高い温度になります。

■ベンチマーク中の消費電力(PC全体、モニターは除きます)
Core i7-6700K、GTX 980 Ti を搭載したPCの最大消費電力は3D MARKの368Wでした。Core i7-4790K (最大4.4GHz)、GTX980を搭載したPCより90Wほど消費電力が高くなっています。

■最大消費電力の比較

・Core i7-6700K(最大4.2GHz) 、GTX 980 Ti
(消費電力:250W)を搭載したPCは約368W。

・Core i7-4790K (最大4.4GHz)、GTX980(消費電力:165W)を搭載したPCは約280W。

・Core i7-4790K (最大4.0GHz)、GTX980(消費電力:165W)を搭載したPCは約266W。
◆ENVY Phoenix 810-480jp ベンチマーク

・Core i7-4790K(最大4.0GHz) 、GTX960(消費電力:120W)を搭載したPCは約218W。
◆HP ENVY 750-080jpベンチマーク

※消費電力はNVIDIA 公式サイト(◆リンク)のスペックを参考にしています。


■インターネット閲覧中の消費電力・温度(室温26℃)
サイトにアクセスしたりページを移動した瞬間に40~50℃前後(消費電力は50~68W前後)になりますが、ページを見ているだけの状態ではアイドル時に近い30℃前後(消費電力は42W前後)です。

【プロセッサーの温度】 30℃~50℃
【GPUの温度】 40℃前後
【消費電力】 41~62W前後


■YouTube視聴時の消費電力・温度(室温26℃)
Youtubeの動画をフルスクリーンで約30分視聴したときのCPUの温度は最大で48℃前後になりますが、アイドル時に近い温度(30℃前半)で動作していることが多かったです。

【プロセッサーの温度】 30~48℃
【GPUの温度】 40~48℃前後
【視聴中の消費電力】 43~50W
※小さい画面からフルスクリーンに切り替えると数秒間くらい100Wを超えるのですが、しばらくすると48W前後で安定しました。


■DVD視聴時の消費電力・温度(室温26℃)
DVDのコンテンツをフルスクリーンで約30分視聴したときのCPU温度はYouTube視聴時と大体同じです。CPUの温度は最大で48℃前後まで上がりますが、アイドル時に近い温度(30℃前半)で動作していることが多かったです。

【プロセッサーの温度】 30~48℃
【GPUの温度】 41~46℃前後
【視聴中の消費電力】 45~50W 
※小さい画面からフルスクリーンに切り替えると数秒間くらい100Wを超えるのですが、しばらくすると48W前後で安定しました。


ベンチマーク時のPCパーツの最高温度(室温26℃)
 Intel Core i7-6700K (最大4.2GHz)  74℃ (アイドル時30℃前後)
 NVIDIA Geforce GTX 980 Ti (6GB)  86℃ (アイドル時39℃前後)
消費電力(モニターを除く)
 電源OFF時  0.0W 前後
 スリープ時  1.0W 前後
 アイドル時  40W前後
 起動時  157W(瞬間最大)
 ベンチマーク中の最大消費電力  約368W (3D Mark)
※消費電力はPCパーツの構成によって違いが出る場合があります。





■ベンチマークのまとめ

468_HP ENVY 750-170jp_レビュー151105_02a


インテル Core i7-6700K は、フォトショップのような画像処理ソフトや動画のエンコードのような用途で高い性能を発揮します。ウルトラハイエンドのGeForce GTX 980 Ti は、GTA5のような重い3Dゲームを可能な限り高い画質で楽しみたい方向けのグラフィックスカードです。

CINEBENCH R15の3Dレンダリングを行うCPUテスト(マルチスレッド)で、Core i7-6700K は4コア動作周波数が同じ設定(4.0GHz)のCore i7-4790Kよりも10%ほど良いスコアが出ました。Core i7-4790Kと比較するとクロックあたりの性能は向上しています。(◆関連項目:CINEBENCH R15ベンチマーク

PCI Express, M.2 の256GB SSDは、大きいファイルだけでなく4Kのような小さいファイルの転送速度も高速ですが、CrystalDiskMarkベンチマーク中の動作温度は約75℃で、SATA3.0(6Gbps)接続のSSDよりも高い温度になります。◆関連項目:256GB SSD (PCI Express, M.2 )

GTX 980 Ti の3D MARK Fire Strike グラフィックススコア(15726)は、GTX 980 (12045)よりも約30%高いスコアで、GTX 960 (7496)と比較すると約2.1倍の差になります。◆関連項目:ベンチマーク(3D MARK)

GTX 980 Ti (TDP 250W) はGTX 980 (TDP 165W) よりも消費電力が高いので、ベンチマーク中の消費電力は最大で約368Wになります。NVIDIAの推奨電源容量は600Wですが、500Wの電源でもベンチマークやゲーム中の動作は安定していました。通常使用時の消費電力はそれ程高くはなく、インターネットや動画の視聴時は40~110Wくらいで動作します。◆関連項目:ベンチマーク中の温度・消費電力
 
 

【メーカー製品詳細ページ】
◆HP ENVY 750-170jp/CT 製品詳細icon
◆HP ENVY 750-170jp/CT(スペックPDF)

【HP ENVY 750-170jp/CT サポート】
◆ドライバー・ユーザーガイド・トラブルシューティング

【実機レビュー:Windows 10 搭載モデル】
◆HP ENVY 750シリーズ(180jp/170jp)の外観・内部のレビュー
◆HP ENVY 750-180jp(Core i7-6700K, GTX 980Ti)の性能・消費電力
◆HP ENVY 750-180jp(Core i7-6700K, GTX 970)の性能・消費電力

【実機レビュー:Windows 7 Pro 搭載モデル】
◆HP ENVY 750-170jp(Core i7-6700K, GTX 980Ti)の性能・消費電力icon

【関連記事】
◆GTA5ベンチマーク(Core i7-6700K, GTX 980 Ti 搭載)



■レビューについて
※商品仕様/価格については2015年11月6日時点のものです。
※PCパーツのメーカーは販売時期により変更になる場合があります。
※ベンチマークの結果、温度、消費電力などの測定値はPCの使用状況や環境によって異なることがあります。
※できるだけ客観的にレビューしようと心がけていますが、実際の商品を見たり使用したときの感じ方には個人差があります。
※PassMarkベンチマークスコアはPassMark - CPU Benchmarks Video Card Benchmarks から抜粋しています。あくまでも目安としてご覧ください。

関連記事

テーマ : デスクトップパソコン
ジャンル : コンピュータ

お気に入りパソコン.com

◆ホームへ

◆全ての記事(リスト)を表示する

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
プロフィール

お気に入りパソコン.com

Author:お気に入りパソコン.com
長年Macを使ってきましたが、性能面やOSのサイクルが早く安定した環境が構築しにくいなど、次第にMacに対する不満が募り、2011年の秋にメインの作業環境をWindowsPCに移行しました。現在はWindows派で日本HPのデスクトップ、ノートPCを使用しています。

お気に入りパソコン.com インデックス
250_お気に入りパソコンcom_インデックス
当サイトのHPパソコン購入に関すること、PCの性能や増設に関する記事のまとめ。

■お気に入りパソコン.com [インデックス]
OMEN by HP ゲーミングマウス
HP Z5000 Bluetooth マウス
HP Spectre レザークラッチバック
HP プレミアム・バックパック
CPU/GPU性能比較表
250_プロセッサー性能比較表_160404_01a
日本HPのパソコンに搭載されているプロセッサーやグラフィックスの性能比較表です。当サイトで行ったベンチマークテスト(3DMARK、CINEBENCH R15、FF14イシュガルド、PSO2、モンスターハンター、ドラゴンクエストX)の結果も掲載しています。

■【デスクトップ】プロセッサー性能比較表
■【デスクトップ】グラフィックス性能比較表
■【ノートPC】プロセッサー性能比較表
■【ノートPC】グラフィックス性能比較表
ウォッチドッグス2(Watch_Dogs2)
250_WatchDogs22016-12-03t.png
ゲーミングPCでウォッチドッグス2プレイ中のフレームレートを計測!

■Watch_Dogs2の推奨スペック
■Core i7-6700HQ,GTX 1070 Laptop
Grand Theft Auto V
250_GTA5 ベンチマーク_150815_01a
『グランド・セフト・オートV』のベンチマークでフレームレートを計測しました!

■Core i7-6700K,GTX 1080(8GB)
■Core i7-6700K,GTX 980Ti(6GB)
■Core i7-4790K,GTX 980(4GB)
■Core i7-5820K,GTX 960(2GB)
■Core i7-4790K,GTX 960(2GB)
F1 2016
F1 2016 ベンチマーク
「F1 2016」のベンチマークでフレームレートを計測!

■推奨スペック&ベンチマーク(GTX1080,GTX1070,GTX1060)
F1 2015
250_F1 2015 ベンチマーク_03
「F1 2015」のベンチマークです。実際にプレイしたときのフレームレートも計測しています。

■Core i7-6700K, GTX 980Ti
■Core i7-4790K, GTX 960, GTX 980
FF14『蒼天のイシュガルド』
250_ffxiv-heavensward-bench rogo
ファイナルファンタジーXIV『蒼天のイシュガルド』のベンチマークです。ゲーミングPCのスコアを掲載しています。

■FF14『蒼天のイシュガルド』ベンチマーク
ザ・シムズ 4 (The Sims 4)
ザ・シムズ 3 (The Sims3)
バトルフィールド4
250x135_Battlefield 4_01
『バトルフィールド4』をプレイしたときのフレームレートを計測しました。

■Core i7-4790K、GTX 980
■Core i7-4960X-EE, GTX 770
ウォッチドッグス(Watch_Dogs)
250x135_watch_dogs_02b.png
『Watch Dogs』をプレイしたときのフレームレートを計測しました。

■Core i7-4790K, GTX 980
■Core i7-4790, GTX 770
■Core i7-4770, GTX 660
■Core i7-4960X-EE, GTX 770
入力方法の変更
ゲーム中の画面左上の文字_s_250
■PCゲーム中、画面左上に文字が出て操作不能になる問題の対処法
【Windows 10】タッチキーボードの無効化
CPUオーバークロックツール
250_CPUオーバークロックツール
「インテル XTU」は、ソフトウェアでCPU倍率設定や電圧などを細かく調整することができるCPUオーバークロックツールです。

■Core i7-5820Kをオーバークロック!
RSSリンクの表示
◆免責事項
ブログに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。本ブログの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
◆著作権について
コンテンツの著作権は「お気に入りパソコン.com」が所有しています。 このサイト内の画像・イラスト・文章の無断転載を固く禁じます。
ブログのQRコード
QR
Adobe フォトグラフィプラン

フォトグラファー必須のAdobe LightroomとPhotoshopが使える『Creative Cloudフォトグラフィプラン』が月980円(税別)~
Microsoft Office 365 Solo
Microsoft Store (マイクロソフトストア) 最新 2016 年版 Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook などが使える「Office 365 Solo」が1ヵ月毎の更新で1240円~。
マカフィー
マカフィー・ストア
マカフィー2017シリーズ発売記念キャンペーン実施中!
Dropbox Pro
Dropbox Pro 【10,000本限定】どこからでもアクセスできるクラウドストレージサービス「Dropbox Pro 3年版」がお得!24,000円(税抜)
日本HP公式ストアで使える割引クーポン
250_HP 5%OFFクーポン_161201_01c_xmas_05p

当サイトでは、日本HP公式オンラインストアで使える5%割引クーポンをプレゼントしています!個人向けパソコンを8万円以上(税抜)ご購入でご利用可能です。実施期間は 2017年1月15日(日)まで。

◆特別クーポンの詳細・取得はこちらから
日本HPのお得なキャンペーン!
【日本HP公式ストア】注目キャンペーン
【レビュー】OMEN by HP 17-w100
250_OMEN by HP 17 GTX1070_レビュー161127_01c
17.3インチ・ゲーミングノート 『OMEN by HP 17』 の実機レビュー! NEW!

■外観・デザインのレビュー
■性能・消費電力を検証!(GTX 1070)
■Watch_Dogs2をプレイ!(GTX 1070)
【レビュー】HP Pavilion Wave 600
【レビュー】HP Pavilion 24-a100jp
250_HP Pavilion 24-a100jp_02a
超狭額ベゼルを採用したオールインワンPC『HP Pavilion 24-a100jp』の実機レビュー!

■外観・デザインのレビュー
■性能・消費電力を検証!
(Core i7-6700T,GeForce 930MX)

OMEN X by HP Desktop 900
250_OMEN X by HP Desktop 900_IMG_3872_03a_txt_04a
GTX 1080SLIを搭載したフラグシップモデル『OMEN X by HP Desktop 900』

■速攻レビュー(製品特徴・性能について)
【レビュー】OMEN by HP Desktop 870
【新モデル】HP Spectre 13-v100
250_HP Spectre 13-v100TU_02b
第7世代インテル Core プロセッサー(Kaby Lake)搭載した『HP Spectre 13』の新モデルが登場!

■製品特徴・性能・新旧モデル比較
【レビュー】HP Spectre 13-v000
【レビュー】HP ENVY15-as100
【レビュー】HP EliteBook Folio G1
【レビュー】HP Elite x2 1012 G1
250_Elite x2 1012 G1_レビュー160404_03a
美しさと強さを兼ね備えたハイブリットPC『HP Elite x2 1012 G1』の実機レビューです。

■外観・デザインのレビュー
■性能・消費電力を検証!(M3-6Y30)
■性能・消費電力を検証!(M7-6Y75)
【レビュー】OMEN by HP 17-w000
【注目製品】HP Spectre 13-4100 x360
【レビュー】HP Slimline 260-p050jp
250_HP Slimline 260-p050jp_レビュー160914_01a
スリムタイプ「HP Slimline 260-p050jp」の実機レビュー!

■外観・デザインのレビュー
■性能・消費電力を検証!(i5-6400T)
新旧モデルスペック比較
★注目記事ピックアップ
250_HP キャンペーンについて_150828_01a
■日本HPのパソコンの買い時 (キャンペーン開始時期など)

250x70_売れ筋ランキング_01a 毎週更新!日本HPのパソコン売れ筋ランキング☆

250x70_HP工場見学_01a
厳しい品質基準で生産している「日本HP東京 昭島工場」の組み立てから梱包、出荷までの製造プロセスをご紹介します!

250_写真や動画編集におすすめのパソコン_151119_01
写真や動画編集におすすめのパソコンをご紹介!

250_ペイントソフトでCGイラストを描くためのパソコン選び_151123_01
ペイントソフトでCGイラストを描くためのパソコン選び

【レビュー】HP ENVY 750-080jp
ストレージの増設
HP Stream Mini 200-020jp
250_HP Stream Mini 200-020jp_02a_実機

手のひらサイズのミニPC『HP Stream Mini 200-020jp』はメモリや2.5インチストレージを増設することができます。

■『HP Stream Mini 200-020jp』解説