ザ・シムズ3を快適にプレイするためのパソコン選び

シムズ3のパソコン選び_150728_02a

ザ・シムズ3(The Sims3)の拡張パックを全て入れてプレイするためには、どれくらいの性能のパソコンが必要になるのかを解説しています。



【2015/10/09】
Core i7-4790K, GTX 960搭載PCでシムズ3をプレイした時のロード時間やフレームレートなどを計測しました。(※記事リンク

【2015/8/19】
※Windows10でシムズ3が動作するか確認しました。

【2015/1/26】
記事を一部修正・加筆しました。

【2014/12/01】
目次(ページ内リンク)を追加しました。

【2014/11/28】
2014年の夏くらいに作成した記事なので内容を少しづつ見直しています。





■目次(ページ内リンク)
下記のリンクをクリックすると各項目にジャンプします。

◆シムズ3の拡張パックを全部入れてプレイするためのパソコン選び
◆シムズ3拡張パック全部入れ推奨スペック
◆シムズ3が重くなる原因について
◆条件を満たしているパソコン選び(拡張パック全部入り)
◆予算をできるだけ抑えたい場合(10万円前後を想定)
◆OSについて(Windows7、Windows8.1)
◆シムズ3はWindows10でプレイ可能か?
◆プロセッサー(CPU)について
◆メモリについて
◆ストレージ(SSD/HDD)について
◆グラフィックカードについて
◆電源について
 





■シムズ3の拡張パックを全部入れてプレイするためのパソコン選び

sims3_ロード画面_01s

「シムズ3」の拡張パック(データセット追加パック)を全て入れた状態で快適にプレイするには、それなりに性能が高いパソコンが必要です。

公式の『ザ・シムズ 3』の必要動作環境は、画質が低めでとりあえず動くというスペックです。拡張パック全部入れるとまともに動かないと思われます。

価格はメーカーやショップで違ってくると思いますが12万円~14万円くらいのパソコンで、FF14新生エオルゼア キャラクターベンチのスコアが8000前後からそれ以上の数値が出るPCが目安になると思います。

コストパフォーマンスも考慮しているので最高の性能ではありませんが拡張パックを全て入れて、フルHD(1920x1080)、画質を全て最高にしてプレイできるスペックの目安です。


sims3 アイコンall_02



■「シムズ3」拡張パック全部入れ推奨スペック
 OS  Windows7 (64bit)または Windows 8.1 (64bit)
 CPU  インテル Core i5-4590 プロセッサー以上
 メモリ  8GB
 ストレージ1  SSD 128GB以上
 ストレージ2  1TB (容量はお好みで)
 オプティカル  DVDスーパーマルチドライブ (種類はお好みで)
 グラフィック  NVIDIA GeForce GTX 660以上 (できればGTX 760以上)
 電源  500W以上

「シムズ3」は3年以上プレイしています。いくつかスペックの違うPCでプレイしたり、いろいろ調べたり、試したりしながら出した結論です。

上記のスペックでもシムがスタックしたり、進行状況によって重くなったり、快適にプレイできない場合があるかもしれませんが、それは性能不足ではなくプログラムの問題だと思われますので、これ以上性能が高いパーツを搭載しても「シムズ3」の快適さが大きく向上することはないと思います。

もっと性能が高いプロセッサーや、GTX770以上のグラフィックスカードを搭載するなら、「シムズ3」以外でどのようなゲームをするのか、PCでどのような使い方をするのかで決めると良いと思います。

下記の記事で「ザ・シムズ3」プレイ時のフレームレートや消費電力、CPUやGPUの温度を計測しています。

◆Core i7-4770K、 Geforce GTX 770で「シムズ3」をプレイ!
◆Core i7 -4770、GeForce GTX 660でシムズ3をプレイ!

Core i7 -4770、GeForce GTX 660でプレイしていた時は、もっと高性能なグラフィックスカードだったら快適になるのかと思っていたのですが、実際に Geforce GTX 770搭載機でシムズ3をプレイしてみると、GTX 660よりも画面の移動や回転時の動きが少し良いという印象で、思っていたよりも大きな差は感じられませんでした。「バトルフィールド4」や「ウォッチドッグズ」のようなゲームの場合は確実に性能差が出ます。





■シムズ3が重くなる原因について

Screenshot-6187.jpg

「ザ・シムズ3」が重くなる原因をいくつかピックアップしました。下記のような現象はGTA5が快適にプレイできる高性能なPCでも発生します。




・シムがスタックする。

・スクロール・回転したときに引っかかりがある。

・作物を大量に所持する(1000個以上)

・大きい区画に複雑な構造の家を作る。

・シーズンズは季節が変わるのでPCのスペックが要求されます。

・アイランドパラダイスの島は、リゾート経営やハウスボートなどが追加されるので重くなります。

・区画に木や花を置きすぎた場合、建築モードに入る時間が長くなります。

・一つのデータで長い期間プレイし続けると、ロードに10分以上かかる場合があります。

・アイテムのテクスチャの変更時の動作が重い。
※拡張パック全てとストアコンテンツほぼ全てインストールした環境で時々発生しています。アイテムが多いほど発生しやすくなるのかもしれません。
 
 

「シムズ3」は古めのゲームなので最新グラフィックスカードに最適化されていません。フレームレートが60fps以上出ていてもスクロールしたときに引っかかりが発生することがあるので、GTA5のような重いゲームが快適に動くPCでプレイしても動作は重い印象です。引っかかりは高性能なGTX 980でも発生します。性能が高い分、引っかかりの頻度は少なくなる印象ですが完全にはなくなりません。

建築モードや町の編集モードの場合は割とスムーズにスクロールできるので、通常プレイ時のスクロール・回転時の引っかかりはシムの処理が関係していると思います。




■条件を満たしているパソコン選び

拡張パックを全部入れてプレイするためのパソコンをご紹介します。メーカーやショップのBTOでは10万円を超えると標準で Core i7を搭載しているモデルが多いので、この記事の推奨スペックのCore i5にこだわる必要はありません。光学ドライブはとりあえずDVDスーパーマルチドライブにしています。

日本HP(日本ヒューレット・パッカード) のパソコンは最小構成からカスタマイズするよりも、セットモデルやゲーム推奨パソコンを選択したほうが、コストパフォーマンスが良いことが多いです。


 日本ヒューレット・パッカード HP ENVY 750-080jp/CT

94_HP ENVY 750_01a HP ENVY 750-080jp/CT
東京生産 鉄板モデル

・Windows 8.1 Update (64bit)

インテル Core i7-4790 プロセッサー
・インテル
Z97チップセット
・16GB メモリ
・2TB HDD
・DVDスーパーマルチドライブ
NVIDIA GeForce GTX 960 (2GB)
・電源容量500W


プロセッサーは最大4.40GHzで動作する Core i7-4790K、SSDの容量は256GB 、512GB、HDDは1TB~3TB、メモリは最大32GBまで、グラフィックスはより高性能なGTX 980選択可能です。

【メーカー製品詳細ページ】
◆HP ENVY 750-080jp/CT(価格・モデル一覧・各部名称)icon
◆HP ENVY 750-080jp/CT(スペックPDF)

【実機レビュー】
◆HP ENVY 750 シリーズの外観・内部のレビュー
◆HP ENVY 750-080jp(Core i7-4790K, GTX 960搭載)のベンチマーク
 
 

750-080jp_FF14エオルゼア_1920x1080最高フルスク_01


■FF14新生エオルゼア キャラクター編ベンチマークスコア
1920x1080 最高品質 フルスクリーン

16168 (Core i7-4790K, GTX 980)
11768 (Core i7-4790, GTX 770)
9867 (Core i7-4790K, GTX 960)
9782(Core i7-4770, GTX 760 256bit)
8065 (Core i7-4790, GTX 760 192bit) ※GTX660相当の性能

◆日本HPのデスクトップPC「グラフィックスカード性能比較表」


TS3W 2015-07-24 16-43-32-03

GTX 960(※スペック詳細)の性能はGTX770とGTX660の間くらいの性能で、GTX 760 (256bit)とほぼ同じスコアになります。実際の使用感も下記の記事と似たような印象で、60fps以上出る場合でも画面をスクロールしたり回転させると引っかかりが出ることがあります。引っかかりが頻度はプレイ状況によって変わります。

ベースゲームの町ではフルHD(1920x1080)・最高画質・天候が晴れの状態で100fps以上は余裕。小さい家を観察する視点では170~200fpsくらい出ますが、雪が降ると少し負荷が高くなるので30~60fpsくらい下がります。それから、大きな区画で構造的に凝った家を自分で作った場合は60fps出ないこともあります。

家などがないマップの端のほうに行くとGTX980は410fpsくらい、GTX 960は270fpsくらいで差が出るのですが、町の中でのフレームレートあまり変わらない印象(10~20fpsくらい)です。(天候が晴れの場合)

引っかかりはGTX980にしても劇的に改善されるわけではないので(多少減る印象ですが)、シムズ3のために無理してGTX980を搭載する意味はあま りないと思います。バトルフィールド4やウォッチドッグス、GTA5 のようなゲームをなるべく高い画質でプレイするならGTX980が良い選択肢になりますが、シムズ3は古いゲームなのでGTX980の性能をあまり活かせないようです。(◆グラフィックカードについて


TS3W 2015-10-09 09-14-33-53

◆Core i7-4790K, GTX 960搭載PCでシムズ3をプレイ!
この記事ではシムズ3のロード時間、プレイ時のフレームレートを計測しています。

◆Core i7-4770K, GTX 770搭載PCでシムズ3をプレイ!
この記事では「パラダイス島」プレイ時のフレームレートを計測しています。

◆Core i7-4770, GTX 660搭載PCでシムズ3をプレイ!
この記事では「パラダイス島」プレイ時のフレームレートを計測しています。


 東京生産 グラフィックスキャンペーンモデル

94_HP ENVY 750_01a
HP ENVY 750-180jp/CT

・Windows 10 Home(64bit)
・インテル Core i7-6700 プロセッサー
・【無料】16GB(8GB×2) ※
・NVIDIA GeForce GTX 960 (2GB / GDDR5)
・1TB HDD
・DVDスーパーマルチドライブ
・電源 500W
・1年間保証
※カスタマイズ画面より選択ください。
122,800円(税抜)~

≪最新2015年冬モデル≫

インテル Core i7-6700 (最大4GHz、4コア/8スレッド)は、シムズ3をプレイするには十分な性能があります。処理能力が高いプロセッサーなので、動画のエンコードやフォトショップのような画像処理ソフトなども快適です。(※プロセッサー性能比較

シムズ3はメモリ8GBで問題ありませんが、無料アップグレードで16GB搭載することができます。16GBあればメモリを大量に消費する画像処理ソフトやペイントソフトなどある程度余裕を持って使うことが可能です。

GTX960はGTA5のような重いゲームを最高画質でプレイするのは厳しいのですが、それなりに良い画質でプレイできる性能があります。(※関連記事

【メーカー製品詳細ページ】
◆HP ENVY 750-180jp/CT 製品詳細
◆HP ENVY 750-180jp/CT(スペックPDF)
 
  





■予算をできるだけ抑えたい場合(10万円前後を想定)

なるべく安く購入したい場合の構成。ある程度快適にプレイするためには、少なくともこれくらいの性能は欲しいので10万円前後になります。BTOオプションでGeForce GTX 660がない場合はGTX 960を選択。

予算が10万円前後の場合はSSDの搭載は厳しいと思いますが、プロセッサーやグラフィックスカードに関しては、最高ではありませんがそれなりに程度性能の良いものを選択することができます。性能的に新モデルとあまり変わらない旧バージョンや旧モデルのセール品などが狙い目です。

 OS  Windows7(64bit)または Windows 8.1 (64bit)
 CPU  インテル Core i5-4460プロセッサー以上
 メモリ  8GB
 ストレージ  500GB以上
 オプティカル  DVDスーパーマルチドライブ (※種類はお好みで)
 グラフィック  NVIDIA GeForce GTX 660以上
 電源  500W以上






■OSについて・・・Windows7またはWindows8、Windows8.1の64bit

Windows8 ロゴ


動作の保証はできませんが、Windows7、Windows8、Windows8.1でプレイできることを確認しています。いずれも32bitよりも64bitの方が多くのメモリを使用可能です。

「シムズ3」プレイ中にメモリが不足すると、「タイプ12エラー」が出てセーブできないことがあります。32bitのOSは4GBまでしかメモリを扱えないので、「タイプ12エラー」が出やすくなります。

64bitのOSでも「タイプ12エラー」が全く出ないわけではありません。メモリが不足するとエラーが出ます。※メモリーの項目で記述しています。

「シムズ3」だけならWindows8.1を選択しても問題なのですが、古めのゲームもプレイするのならWindows7を選択したほうが無難だと思います。





■シムズ3はWindows10でプレイ可能か?

windows10 インストール_sims3 プレイ_05

Windows8.1を搭載しているHP ENVY 750-080jp(※実機レビュー)をWindows10にアップデートして、シムズ3が正常に動作するかどうかを確認しました。

初めてランチャーを起動したときに「ライセンスサーバーに・・・」のようなエラーメッセージが出たのですが、ランチャーを再起動したらそのようなメッセージは出ませんでした。シムズ3はWindows10で動作しましたが、オプションの設定は全てリセットされたので再設定する必要がありました。今のところ問題はなさそうですが、プレイしていて気になる点が出てきたら追記します。

Windows10でシムズ3のパフォーマンスが改善されるわけではないので、無理してアップデートする必要はないと思います。

※HP ENVY 750-080jp(※実機レビュー)で動作確認をしましたが、あらゆる環境での完全な動作保証をするものではございません。

※シムズ3(通常版)はパッケージ版ですが、シリアルコードをOriginに登録しダウンロードしたものです。

◆Originでシリアルコードを利用しましょう



windows10 インストール_sims3 日本語入力_03

共有アイテムやセーブ時の日本語入力も問題なさそうですが、日本語入力でセーブするとPC環境によってはトラブルが発生する可能性があるので、英字入力のほうが良いと思います。





■プロセッサー(CPU)・・・Intel Core i5-4590以上


■プロセッサー性能比較PassMark - CPU Benchmark
※スコアはアップデートされたときに多少変動する場合があります。
※ベンチマークスコアはあくまでも目安としてご覧ください。
プロセッサー性能比較_シムズ3_151018_01a  
プロセッサー性能比較_01_凡例_bak

  

プロセッサーは様々な計算処理を行うパーツで、パソコンの性能に大きく影響します。予算が許す限りできるだけ高性能なものを搭載したほうがよいので、ゲームをするならCore i5以上(可能ならシングルスレッド性能が高いもの)をお勧めします。

シムズ3はマルチスレッドをあまり有効に使えないので、青い棒グラフよりも赤い棒グラフの方が参考になります。動画のエンコードは青い棒グラフの性能が参考になります。動画のエンコードはCore i5よりもCore i7の方が高速です。

型番の末尾に「K」が付くモデルは倍率ロックフリーなのでオーバークロックが可能です。日本HPのパソコンでもCore i7 4790Kを選択できるモデルがありますが、インテルの最大4.4GHzではなく最大4.0GHzに設定して出荷されています。(※関連記事


【インテル公式サイト:製品詳細スペック】
◆Core i7 4790K(4.0 GHz - 4.4 GHz、L3キャッシュ8MB、TDP 88W)
◆Core i7 6700K(4.0 GHz - 4.2 GHz、L3キャッシュ8MB、TDP 91W)
◆Core i7 6700(3.4 GHz - 4.0 GHz、L3キャッシュ8MB、TDP 65W)
◆Core i7 4790(3.6 GHz - 4.0 GHz、L3キャッシュ8MB、TDP 84W)
◆Core i5 4670(3.4 GHz - 3.8 GHz、L3キャッシュ6MB、TDP 84W)
◆Core i5 4590(3.3 GHz - 3.7 GHz、L3キャッシュ6MB、TDP 84W)
◆Core i7 6400(2.7 GHz - 3.3 GHz、L3キャッシュ6MB、TDP 65W)
◆Core i5 4460(3.2 GHz - 3.4 GHz、L3キャッシュ6MB、TDP 84W)





■メモリ・・・8GB以上

sims3_windows8-1_メモリ使用量

シムズ3に関してはメモリを8GB搭載すれば十分です。シムズ3自体は32bitのアプリなので、8GB以上搭載してもメモリを全て使用することはありません。

◆どれくらいパソコンにメモリを搭載すればよいのか?



エラー12s

Windows7(64bit)環境でも、シムズ3のメモリを約3.3GB使用したときにセーブすると「タイプ12エラー」が出たので、シムズ3のために16GBメモリを搭載しても意味はないと思います。

Windows8.1(64bit)環境では、シムズ3のメモリを2.8GB使用した状態でセーブすると「タイプ12エラー」が出ることが多いです。

「タイプ12エラー」が出るようなデータは、世帯の人数が多く、自宅の建物が大きく凝った構造、プレミアムコンテンツ満載のような家でした。プレイしていてすぐにエラーは出ないのですが、建築しながら何度かセーブしていくうちにメモリ使用量が増えて、「タイプ12エラー」が出ることがありました。

Windows10(64bit)環境は2.7GB以下を使用している状態でセーブ可能でしたが、メモリを約3~3.3GB使用したときにセーブすると「タイプ12エラー」が出ました。おそらくWindows8.1(64bit)同じく2.8GB使用した状態でエラーが出ると思われます。





■ストレージ・・・HDD(7200回転)、予算に余裕があるならSSDを

SSDはランダムアクセスがHDDよりも圧倒的に速いので、起動ドライブをSSDにするとHDDとの違いを体感できるのですが、シムズ3に関してはHDD(7200回転)よりもセーブデータやシム作成画面のロードが劇的に速くなることはありませんでした。ランチャーやシムズ3のロード時(初回)はSSDのほうがHDDよりも速いのですが、2回目以降のロードや、プレイ中の服の変更やシム作成時のロード時間は大体同じくらいでした。

SSDを搭載していても、ゲームの進行状況次第ではセーブデータのロードが数分かかる場合があるので、SSDに過度な期待は禁物です。予算がないなら無理してSSDを搭載しなくても良いと思います。

下記の記事でSSDとHDDのロード時間を比較しています。
◆Core i7-4790K, GTX 960搭載PCでシムズ3をプレイ!



■拡張パック、ストアアイテムを全て入れるなら240GB以上のSSD

シムズ3本体と拡張パック全て含めた容量は34.5GB。こちらはOriginのクライアントでインストール先を変更可能です。

ドキュメントのElectronic Arts内の「ザ・シムズ3」フォルダに、セーブデータやストアアイテムほぼ全て(約8GB)、スクリーンショットその他設定ファイルが保存されますが、自分の環境では約30GBになっています。

SSDにシムズ3本体、拡張パック全て(34.5GB)インストールするなら128GBでも足りると思いますが、ストアアイテムも全て入れる場合は合計で60~70GBくらいは使用することになるので、SSDの容量は余裕を持って240GB以上は欲しいところです。






■グラフィックカード・・・GeForce GTX 660 以上を推奨


■グラフィックス性能比較 PassMark - GPU Benc
※スコアはアップデートされたときに多少変動する場合があります。
※ベンチマークスコアはあくまでも目安としてご覧ください。
  

「シムズ3」を最高画質でプレイするには

「シムズ3」のグラフィック設定を「すべて最高」、フルHD(1920x1080)にしてプレイするなら、少なくともGeForce GTX 660以上の性能が必要です。GTX 660がボーダーライン上(ギリギリ)の性能になるので、凝った家を作ったり、ワールドを編集(区画を追加)してプレイするなら、GTX 760以上のほうが良いと思います。

GTX 760より高性能なGTX 770でもスクロール・回転時の「引っかかり」はたまに発生します(GTX 660よりも多少減る印象ですが・・・)。バトルフィールド4のようなゲームならGTX 660とGTX 770の差は確実に出るのですが、「シムズ3」の場合は体感的にGTX 770のほうが「画面を移動したときの動きが多少良いかな」という程度で、GTX 660からGTX 770に買い替えたいと思うほどの性能差を感じませんでした。GTX770以上のグラフィックスカードを搭載するなら、「シムズ3」以外でどのようなゲームをするのかで決めると良いと思います。

2009年発売の古いゲームですしCPUの依存度が高いので、最新のグラフィックスカードを搭載してもプレイ状況やマップによっては動きがカクカクしたりプチフリーズする場合があります。特にアイランドパラダイスのマップがそのような傾向が強くなります。



TS3W 2015-10-09 09-14-33-53

下記の記事でGTX 960 を搭載したPCのフレームレートを計測しています。
◆Core i7-4790K, GTX 960搭載PCでシムズ3をプレイ!

GTX 960はシムズ4推奨のGTX 650よりも性能が高いので、シムズ4をフルHD・最高画質(ウルトラ)で快適にプレイすることができます。(※シムズ4ベンチマーク



高性能グラフィックスカード GTX980
GeForce_GTX_980_20141128084931b40.png
シムズ3はGTX970GTX980のような高性能なグラフィックスカードの性能を生かせないので、そこにお金をつぎ込んでも見返りは少ないと思います。スクロール・回転時の「引っかかり」は減りますが完全になくなることはありません。頻度はマップやプレイ状況に左右されます。バトルフィールド4やウォッチドッグスのような重いゲームをするなら良い選択ですが、シムズ3しかプレイしないのなら GTX 760 くらいで妥協して、他に予算を回したほうがよいと思います。

◆NVIDIA GeForce GTX 980のスペック詳細・ゲームベンチ
◆HP ENVY Phoenix 810-480jp(GTX 980 搭載)ベンチマーク
◆HP ENVY 700-560jp(i7-4790K, GTX 980)ベンチマーク


ビデオカードを認識できませんs

一部のグラフィックスカード(GTX 770やGTX 980など)は上記のようなエラーメッセージが出ることがあります。比較的新しいグラフィックスカードは上記のようなエラーメッセージが出ることがありま す。そのまま進めてプレイできますが、グラフィックス設定が低く調整されてしまうので自分で設定し直す必要があります。




■GTX 660よりも性能が低いグラフィックスカード

スコアだけを見るとGTX 750tiとGTX 660が近い数値ですが、GTX 750tiはメモリーインターフェイスが128bit、GTX 660は192bit、GTX 760は256bitで、実際の使用では超えられない壁があり、負荷の大きいゲームではスコア以上に差が出る場合があります。

性能が高くないグラフィックカードでは、アンチエイリアス(エッジを滑らかにする)をオフにしたり、鏡&水面反射やディテールが細かい区画、木のディテールなどのグラフィック設定を低くする必要があります。

Core i7-2600、GeForce GTX 650ti搭載PCの場合、「エッジを滑らかにする」を「低い」か「オフ」くらいまで下げるとプレイ可能でしたが、フルHD・最高設定では画面を移動・回転・ズームしたときに引っかかりが多く、まともにプレイするのは厳しかったです。


sims3_グラフィックオプションs

高スペックでも動作が重い場合は、下記の項目を少し下げてみてもよいかもしれません。

・画面サイズを小さく(解像度を下げて)してウインドウモード(全画面表示のチェックを外す)にする。
・反射レベル
・エッジを滑らかにする
・木のディテール
・描画範囲
・ディテールが細かい区画

性能が低いグラフィックスカードの場合は全体的に控えめにする必要がありますが、特に「エッジを滑らかにするをオフ」が効果的です。それからウインドウモード(画面サイズを小さく)にすると動作が軽くなる場合があります。





■電源・・・500W以上

GTX 760を搭載するなら500W以上の電源を推奨。後から高性能なビデオカードに交換しようと考えている場合は、電源の容量に注意が必要です。BTOなどで「80PLUS」と表記されている電源は、「交流から直流に変換する際の変換効率が80%以上」で電源効率に優れています。




【シムズ関連記事】

シムズ3の環境再構築_03a 

◆シムズ3の環境再構築・新しいパソコンにデータを移行


500-540jp_sims4_シムに近い視点_05 500-540jp_sims4_シムに近い視点_03
◆「ザ・シムズ4」ベンチマークテスト(推奨スペック)まとめ




■レビューについて
※商品仕様/価格については2015年10月時点のものです。
※PCパーツのメーカーは販売時期により変更になる場合があります。
※温度や消費電力の測定値は目安です。使用状況や環境によって変わります。
※できるだけ客観的にレビューしようと心がけていますが、実際の商品を見たり使用したときの感じ方には個人差があります。


関連記事

テーマ : The Sims3
ジャンル : ゲーム

お気に入りパソコン.com

◆ホームへ

◆全ての記事(リスト)を表示する

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
プロフィール

お気に入りパソコン.com

Author:お気に入りパソコン.com
長年Macを使ってきましたが、性能面やOSのサイクルが早く安定した環境が構築しにくいなど、次第にMacに対する不満が募り、2011年の秋にメインの作業環境をWindowsPCに移行しました。現在はWindows派で日本HPのデスクトップ、ノートPCを使用しています。

お気に入りパソコン.com インデックス
250_お気に入りパソコンcom_インデックス
当サイトのHPパソコン購入に関すること、PCの性能や増設に関する記事のまとめ。

■お気に入りパソコン.com [インデックス]
CPU/GPU性能比較表
250_プロセッサー性能比較表_160404_01a
日本HPのパソコンに搭載されているプロセッサーやグラフィックスの性能比較表です。当サイトで行ったベンチマークテスト(3DMARK、CINEBENCH R15、FF14イシュガルド、PSO2、モンスターハンター、ドラゴンクエストX)の結果も掲載しています。

■【デスクトップ】プロセッサー性能比較表
■【デスクトップ】グラフィックス性能比較表
■【ノートPC】プロセッサー性能比較表
■【ノートPC】グラフィックス性能比較表
ウォッチドッグス2(Watch_Dogs2)
250_WatchDogs22016-12-03t.png
ゲーミングPCでウォッチドッグス2プレイ中のフレームレートを計測!

■Watch_Dogs2の推奨スペック
■Core i7-6700HQ,GTX 1070 Laptop
Grand Theft Auto V
250_GTA5 ベンチマーク_150815_01a
『グランド・セフト・オートV』のベンチマークでフレームレートを計測しました!

■Core i7-6700K,GTX 1080(8GB)
■Core i7-6700K,GTX 980Ti(6GB)
■Core i7-4790K,GTX 980(4GB)
■Core i7-5820K,GTX 960(2GB)
■Core i7-4790K,GTX 960(2GB)
F1 2016
F1 2016 ベンチマーク
「F1 2016」のベンチマークでフレームレートを計測!

■推奨スペック&ベンチマーク(GTX1080,GTX1070,GTX1060)
F1 2015
250_F1 2015 ベンチマーク_03
「F1 2015」のベンチマークです。実際にプレイしたときのフレームレートも計測しています。

■Core i7-6700K, GTX 980Ti
■Core i7-4790K, GTX 960, GTX 980
FF14『蒼天のイシュガルド』
250_ffxiv-heavensward-bench rogo
ファイナルファンタジーXIV『蒼天のイシュガルド』のベンチマークです。ゲーミングPCのスコアを掲載しています。

■FF14『蒼天のイシュガルド』ベンチマーク
ザ・シムズ 4 (The Sims 4)
ザ・シムズ 3 (The Sims3)
バトルフィールド4
250x135_Battlefield 4_01
『バトルフィールド4』をプレイしたときのフレームレートを計測しました。

■Core i7-4790K、GTX 980
■Core i7-4960X-EE, GTX 770
ウォッチドッグス(Watch_Dogs)
250x135_watch_dogs_02b.png
『Watch Dogs』をプレイしたときのフレームレートを計測しました。

■Core i7-4790K, GTX 980
■Core i7-4790, GTX 770
■Core i7-4770, GTX 660
■Core i7-4960X-EE, GTX 770
入力方法の変更
ゲーム中の画面左上の文字_s_250
■PCゲーム中、画面左上に文字が出て操作不能になる問題の対処法
【Windows 10】タッチキーボードの無効化
CPUオーバークロックツール
250_CPUオーバークロックツール
「インテル XTU」は、ソフトウェアでCPU倍率設定や電圧などを細かく調整することができるCPUオーバークロックツールです。

■Core i7-5820Kをオーバークロック!
HP Z5000 Bluetooth マウス
HP Spectre レザークラッチバック
HP プレミアム・バックパック
RSSリンクの表示
◆免責事項
ブログに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。本ブログの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
◆著作権について
コンテンツの著作権は「お気に入りパソコン.com」が所有しています。 このサイト内の画像・イラスト・文章の無断転載を固く禁じます。
ブログのQRコード
QR
Adobe フォトグラフィプラン

フォトグラファー必須のAdobe LightroomとPhotoshopが使える『Creative Cloudフォトグラフィプラン』が月980円(税別)~
Microsoft Office 365 Solo
Microsoft Store (マイクロソフトストア) 最新 2016 年版 Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook などが使える「Office 365 Solo」が1ヵ月毎の更新で1240円~。
マカフィー
マカフィー・ストア
マカフィー2017シリーズ発売記念キャンペーン実施中!
Dropbox Pro
Dropbox Pro 【10,000本限定】どこからでもアクセスできるクラウドストレージサービス「Dropbox Pro 3年版」がお得!24,000円(税抜)
日本HP公式ストアで使える割引クーポン
250_HP 5%OFFクーポン_161201_01c_xmas_05k

当サイトでは、日本HP公式オンラインストアで使える5%割引クーポンをプレゼントしています!個人向けパソコンを8万円以上(税抜)ご購入でご利用可能です。実施期間は 2017年1月15日(日)まで。

◆特別クーポンの詳細・取得はこちらから
日本HPのお得なキャンペーン!
【日本HP公式ストア】注目キャンペーン
【レビュー】HP ENVY15-as100
【レビュー】HP EliteBook Folio G1
【レビュー】OMEN by HP 17-w100
250_OMEN by HP 17 GTX1070_レビュー161127_01c
17.3インチ・ゲーミングノート 『OMEN by HP 17』 の実機レビュー! NEW!

■外観・デザインのレビュー
■性能・消費電力を検証!(GTX 1070)
■Watch_Dogs2をプレイ!(GTX 1070)
【レビュー】HP Pavilion Wave 600
【レビュー】HP Pavilion 24-a100jp
250_HP Pavilion 24-a100jp_02a
超狭額ベゼルを採用したオールインワンPC『HP Pavilion 24-a100jp』の実機レビュー!

■外観・デザインのレビュー
■性能・消費電力を検証!
(Core i7-6700T,GeForce 930MX)

【レビュー】OMEN by HP Desktop 870
【新モデル】HP Spectre 13-v100
250_HP Spectre 13-v100TU_02b
第7世代インテル Core プロセッサー(Kaby Lake)搭載した『HP Spectre 13』の新モデルが登場!

■製品特徴・性能・新旧モデル比較
【レビュー】HP Spectre 13-v000
OMEN X by HP Desktop 900
250_OMEN X by HP Desktop 900_IMG_3872_03a_txt_04a
GTX 1080SLIを搭載したフラグシップモデル『OMEN X by HP Desktop 900』

■速攻レビュー(製品特徴・性能について)
【レビュー】HP Elite x2 1012 G1
250_Elite x2 1012 G1_レビュー160404_03a
美しさと強さを兼ね備えたハイブリットPC『HP Elite x2 1012 G1』の実機レビューです。

■外観・デザインのレビュー
■性能・消費電力を検証!(M3-6Y30)
■性能・消費電力を検証!(M7-6Y75)
【注目製品】HP Spectre 13-4100 x360
【レビュー】HP Slimline 260-p050jp
250_HP Slimline 260-p050jp_レビュー160914_01a
スリムタイプ「HP Slimline 260-p050jp」の実機レビュー!

■外観・デザインのレビュー
■性能・消費電力を検証!(i5-6400T)
新旧モデルスペック比較
★注目記事ピックアップ
250_HP キャンペーンについて_150828_01a
■日本HPのパソコンの買い時 (キャンペーン開始時期など)

250x70_売れ筋ランキング_01a 毎週更新!日本HPのパソコン売れ筋ランキング☆

250x70_HP工場見学_01a
厳しい品質基準で生産している「日本HP東京 昭島工場」の組み立てから梱包、出荷までの製造プロセスをご紹介します!

250_写真や動画編集におすすめのパソコン_151119_01
写真や動画編集におすすめのパソコンをご紹介!

250_ペイントソフトでCGイラストを描くためのパソコン選び_151123_01
ペイントソフトでCGイラストを描くためのパソコン選び

【レビュー】HP ENVY 750-080jp
ストレージの増設
HP Stream Mini 200-020jp
250_HP Stream Mini 200-020jp_02a_実機

手のひらサイズのミニPC『HP Stream Mini 200-020jp』はメモリや2.5インチストレージを増設することができます。

■『HP Stream Mini 200-020jp』解説