PC版「F1 2018」日本(鈴鹿)タイムトライアルに挑戦!目標は26秒台

525_OMEN-by-HP-15-dc0000_F1-2018_1810068_01a_2018100607143468b.png

日本HPの15.6インチ・ゲーミングノート「OMEN by HP 15-dc0000」で、PC版「F1 2018」の日本(鈴鹿)タイムトライアルに挑戦! 目標は26秒台です。リフレッシュレート144Hz対応ディスプレイの使用感もチェックします。


■目次(ページ内リンク)
下記のリンクをクリックすると目的の場所にジャンプします。
※Fire FoxやMicrosoft Edgeは「BackSpace」キーでこの位置に戻ります。
※Google Chomeの場合は「Alt + ←」になります。

◆「F1 2018」のタイムトライアルで使用する15.6インチ・ゲーミングノートについて
◆144Hzディスプレイの性能を活かすためグラフィックスの設定を「ハイ」に設定
◆ゲームパッドは「Xbox Elite ワイヤレス コントローラー」を使用
◆まずは標準のセットアップでどれくらいのタイムが出せるかをチェック
◆セッティングの変更で27秒台フラットまでタイムを伸ばすも26秒台には届かず

◆まとめ:タイムトライアルでは目標タイムには僅かに及びませんでしたが、144Hzディスプレイの描画の滑らかさを実感



 タイムトライアルで使用する15.6インチ・ゲーミングノートについて

OMEN by HP 15-dc0000_0G1A5102-3
 
 日本HPの『OMEN by HP 15-dc0000』は、eスポーツ(esports)向けの15.6インチ・ゲーミングノートです。

6コア12スレッドのインテル Core i7-8750H プロセッサー、超高速な256GB SSD(PCIe NVMe M.2)、大容量の16GBメモリ、GeForce GTX 1070 with Max-Q Designを搭載し、最新3Dゲームを快適にプレイできる性能を備えています。

ディスプレイは最大144Hzのリフレッシュレート(1秒間に144コマの描画が可能)に対応していることが大きな特徴で、画面解像度はフルHD(1920×1080)、視野角が広いIPS方式で、表面処理は「非光沢」、sRGBカバー率は97%(※スクリーンショット)です。

■OMEN by HP 15-dc0000のスペック
・Windows 10  Pro(64bit)
・インテル Core i7-8750H プロセッサー(6コア12スレッド)
・モバイル インテル HM370 チップセット
・16GB DDR4-2666MHz
・256GB SSD(PCIe NVMe M.2)+ 2TB HDD
・GeForce GTX 1070 with Max-Q Design (8GB GDDR5)
・電源200W ACアダプター

【関連記事】
◆徹底レビュー:近未来デザイン「OMEN by HP 15-dc0000」の外観・デザイン
◆ベンチマーク:OMEN by HP 15-dc0000(Core i7-8750H、GTX 1070 with MAX-Q)の性能を検証!



 144Hzディスプレイの性能を活かすためグラフィックスの設定を「ハイ」に設定

F1_2018 2018-10-06 07-40-32-15

ディスプレイは最大144Hzのリフレッシュレートに対応していますが、ゲームの設定画面では143Hzと表示されています。カクツキやティアリング(画面のズレ)などを抑えるVsyncにも対応しているので「オン」に設定。


F1_2018 2018-10-06 07-40-22-23

GeForce GTX 1070 with Max-Q Design グラフィックスを搭載したOMEN by HP 15-dc0000は「F1 2018」のベンチマーク(フルHD・超高・日本GP)で、平均フレームレート80FPS(最高97FPS、最低66FPS)くらい出せる性能がありますが、今回のタイムトライアルではリフレッシュレート144Hzの性能を活かすため、画質設定を超高よりも一つ下の「ハイ」にして、フレームレートが120~144FPSくらい出るような設定にしています。

◆PC版「F1 2018」推奨スペック&実機ベンチマーク




 ゲームパッドは「Xbox Elite ワイヤレス コントローラー」を使用

2017012412050799b_20181006064131565.png

ゲームパッドは「Xbox Elite ワイヤレス コントローラー」を使用しています。コントローラーの裏側に「パドル」でシフトチェンジを行うことができるので、ハンドルコントローラーほどではありませんがレーシングカーのハンドルを操作しているような気分になれます。

【関連記事】
◆Xbox Elite ワイヤレス コントローラーでレースゲームの没入感がUP!


F1_2018 2018-10-06 09-42-58-29

アクセルはトリガーではなく「右スティック」で行います。シフトアップは「B」やシフトダウンは「A」と表示されていますが、実際には裏側のパドルに割り当てています。パドルは新たに追加されたボタンではなく、従来のボタンの代わりに押せるというものです。



F1_2018 2018-10-06 09-45-23-69
 
ステアリングサチュレーションは標準の0でも問題ありませんが、セッティング次第で少し感度が良くなるように調整することもあります。



F1_2018 2018-10-06 09-56-27-50

アシストはすべて「オフ」にしています。




 まずは標準のセットアップでどれくらいのタイムが出せるかをチェック

20181004060210_1.jpg

2018年のFIにはドライバーの頭部や首などを保護するための「HANS(ハンス)」と呼ばれるデバイスが取り付けられています。

ゲームに関しては、セットアップを行う際の操作性が改善されました。前作の「F1 2017」はセットアップを行う際にスタッフからタブレット端末を渡されるという少し煩わしいアニメーションがありましたが、新作の「F1 2018」はタイムなどが表示される前方のディスプレイからセットアップの項目にアクセスできるようになっています。



20181004060220_1.jpg

まずは標準のセットアップ(バランス)で走行して、どれくらいのタイムが出せるのかをチェック。マシンは「フェラーリ    SF71H」を使用します。

セットアップ(バランス
燃料搭載量10KG(※変更不可)
エアロダイナミクス
フロントウィング6 (最小1 - 11最大)
リアウィング6 (最小1 - 11最大)
トランスミッション
デフ:オンスロットル時75%(50 - 100%)
デフ:オフスロットル時75%(50 - 100%)
サスペンションジオメトリー
フロントキャンバー-3.00(最小 -3.50 - 2.50 最大)
リアキャンバー-1.50(最小 -2.00 - 1.00 最大)
フロント・トー0.10(最小 -0.05 - 0.15 最大)
リア・トー0.35(最小 -0.20 - 0.50 最大)
サスペンション
フロントサスペンション6(ソフト 1 - 11 ハード)
リアサスペンション6(ソフト 1 - 11 ハード)
フロント・アンチロールバー6(ソフト 1 - 11 ハード)
リア・アンチロールバー6(ソフト 1 - 11 ハード)
フロント・サスペンション高6(最小 1 - 11 最大)
リア・サスペンション高6(最小 1 - 11 最大)
ブレーキ
ブレーキ圧75%(最小 50% - 100% 最大)
フロントブレーキバイアス60%(最小 50% - 100% 最大)
タイヤ
フロントタイヤ空気23.0 psi (21.0 - 25.0)
リアタイヤ空気圧21.5 psi (21.0 - 25.0)
重量配分
バラスト6(フロント 1 - 11 リア)



20181004062132_1.jpg

フロントブレーキバイアスやデフの効き具合は走行中に変更可能ですが、最初は一切変更しないでタイムを出します。アシストはすべて「オフ」です。



20181004074912_鈴鹿タイムアタック_01b

プリセットの「バランス」は弱アンダーステア気味ですが安定していて乗りやすいセッティングです。

1~2コーナーやS字、逆バンク(実際はほぼフラット)から大きい左カーブのダンロップまでの挙動は安定していて、それなりに良いタイムで走ることができました。最速タイムは1:27.890ですが、最も速いセクタータイムをつなげるとあとコンマ2秒くらい速く走ることができそうです。

ヘアピンやシケインの立ち上がりで余程乱暴なアクセルワークをしない限りマシンが暴れることはありませんでしたが、しっかりとアクセルを踏めるような加速時の安定性が欲しいところです。




 セッティングの変更で27秒台フラットまでタイムを伸ばすも26秒台には届かず

20181005123906_1.jpg

標準的な「バランス」ではまずまずのタイムが出ましたが、よりタイムを伸ばすためにはセッティングを変更する必要がありそうです。



20181005123652_1.jpg
20181005124051_1t.png

このゲームは他の人のセッティングをダウンロードして試すことができますが「自分に合うもの」が見つからなかったので、自分向けのセットアップは走り込んで見つけるしかなさそうです。

「バランス」をベースに少しづつセットアップを変更していき、最速タイムは1:27.028(※タイムを出した時点で5737人中78位、トップは25秒8くらい)を記録。もう少しで26秒台だったのですが、もう少し走り込んでセットアップを煮詰めていけば26秒台を出せそうなところまできました。

セットアップの傾向は、ダウンフォースはやや少な目、曲がりやすくするためにデフは弱め、キャンバーはコーナリングで踏ん張りがきくようにやや多めに付けて、サスはリヤを柔らかめにしてトラクション性能を良くしています。

自分の場合はブレーキの使い方が甘い(弱めに操作する傾向がある)のでブレーキ圧は強めに。フロントブレーキバイアスやバラストはリア寄りにして曲がりやすくなる方向性にセット。タイヤは空気圧を少し下げた方がグリップ感が良かったです。


鈴鹿サーキット:1:27.028
【S1】31.643 【S2】39.022 
【S3】0:16.361
燃料搭載量10KG(※変更不可)
エアロダイナミクス
フロントウィング6 → 4 (最小1 - 11最大)
リアウィング6 → 4(最小1 - 11最大)
トランスミッション
デフ:オンスロットル時75 → 50%(50 - 100%)
デフ:オフスロットル時75 → 56%(50 - 100%)
サスペンションジオメトリー
フロントキャンバー-3.00→-3.20(最小 -3.50 - 2.50 最大)
リアキャンバー-1.50→-1.80(最小 -2.00 - 1.00 最大)
フロント・トー0.10(最小 -0.05 - 0.15 最大)
リア・トー0.35(最小 -0.20 - 0.50 最大)
サスペンション
フロントサスペンション6(ソフト 1 - 11 ハード)
リアサスペンション6 → 3(ソフト 1 - 11 ハード)
フロント・アンチロールバー6(ソフト 1 - 11 ハード)
リア・アンチロールバー6 → 5(ソフト 1 - 11 ハード)
フロント・サスペンション高6 → 3(最小 1 - 11 最大)
リア・サスペンション高6(最小 1 - 11 最大)
ブレーキ
ブレーキ圧75 → 98%(最小 50% - 100% 最大)
フロントブレーキバイアス60 → 55%(最小 50% - 100% 最大)
タイヤ
フロントタイヤ空気圧23.0 → 22.6 psi (21.0 - 25.0)
リアタイヤ空気圧21.5 → 19.9psi psi (21.0 - 25.0)
重量配分
バラスト6→7(フロント 1 - 11 リア)




 目標には僅かに及びませんでしたが、144Hzディスプレイの描画の滑らかさを実感

0G1A7965-2.png

■F1 2018のタイムトライアル(鈴鹿)では目標の26秒台に僅かに届かず
「F1 2018」の挙動はレースシムと呼ばれるものに近くなっているので、ハンドルを切ったら曲がるようなゲームよりもかなり難しくなっています。

今回行った日本(鈴鹿)タイムトライアルで記録したタイムは「27秒台フラット」で、目標の26秒台に僅かに届きませんでした。ゲームパッドではニュートラル付近の微妙な操作が難しいので「自分が操作しやすいセッティング」でアタックしましたが、これ以上タイムを伸ばすには「グイっと」曲がって早くアクセルを踏み込めるようなセッティングにする必要があるのかもしれません。時間があるときにもう少し走り込んで26秒台を目指したいと思います。


■OMEN by HP 15-dc0000に搭載されている144Hzディスプレイについて
GeForce GTX 1070 with Max-Q Design グラフィックスで常時120~140FPS出せるような設定でテストを行いました。ゲーム向けではない普通の60Hzのディスプレイで「F1 2018」をプレイした場合は「ブレ感や残像感」があるのですが、144Hzディスプレイの場合は「速い動きがクッキリとした感じで見える」印象で、60Hzと比較したときの「滑らかさ」の違いがはっきりとわかります。また、ブレ感や残像感が少ないので長時間プレイしたときの目の疲労も少なく感じます。

高速描画性能だけでなく発色も良いので、どのような方にもお勧めできるディスプレイですが、特に速い動きのゲームをプレイする方にに適したディスプレイだと思います。
【メーカー製品詳細ページ】
◆OMEN by HP 15-dc0000 製品詳細icon
◆OMEN by HP 15-dc0000(スペックPDF)

【トラブルシューティング・ドライバー・使用方法など】
◆OMEN by HP 15-dc0000 サポートページicon
◆ユーザーガイドPDF(取扱説明書:コンピューターの概要・使い方)
◆ソフトウェアおよびドライバーのダウンロード

【実機レビュー】
◆速攻レビュー:OMEN by HP 15-dc0000の製品特徴や性能、新旧モデルの違いについて
◆徹底レビュー:近未来デザイン「OMEN by HP 15-dc0000」の外観・デザイン
◆ベンチマーク:OMEN by HP 15-dc0000(Core i7-8750H、GTX 1070 with MAX-Q)の性能を検証!
 
【ゲームベンチマーク】
◆PC版「F1 2018」推奨スペック&実機ベンチマーク
◆OMEN by HP 15-dc0000(GTX 1070 with MAX-Q Design)でPUBGをプレイ!



■レビューについて
※商品仕様/価格については2018年10月6日時点のものです。
※製品仕様やPCパーツのメーカーは販売時期により変更になる場合があります。
※温度や消費電力の測定値は目安です。使用状況や環境によって変わります。
※できるだけ客観的にレビューしようと心がけていますが、実際の商品を見たり使用したときの感じ方には個人差があります。
 
関連記事

テーマ : ゲームパソコン
ジャンル : コンピュータ

お気に入りパソコン.com

◆ホームへ

◆全ての記事を表示する

検索フォーム
最新記事
日本HPのパソコン売れ筋ランキング(2018年10月14日集計) 2018/10/19
日本HPのパソコンをお得に購入できる【7%OFFクーポン】プレゼント! 2018/10/18
GTX 1050Ti 搭載ゲーミングノートでシムズ4(拡張パック全部入れ)をプレイ! 2018/10/13
日本HPのシークレットキャンペーン「秋のお楽しみ福袋」のヒント&予想! 2018/10/12
Pavilion Gaming 15-cx0000(GTX 1050Ti)でPUBGをプレイ時のフレームレートを計測! 2018/10/07
PC版「F1 2018」日本(鈴鹿)タイムトライアルに挑戦!目標は26秒台 2018/10/06
米HPがSpectreシリーズの新モデル「HP Spectre Folio 13」を発表! 2018/10/02
カテゴリ
ソーシャルブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加  


 
 
RSSリンクの表示
プロフィール

お気に入りパソコン.com

Author:お気に入りパソコン.com
長年Macを使ってきましたが、性能面やOSのサイクルが早く安定した環境が構築しにくいなど、次第にMacに対する不満が募り、2011年の秋にメインの作業環境をWindowsPCに移行しました。現在はWindows派で日本HPのデスクトップ、ノートPCを使用しています。

◆免責事項
ブログに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。本ブログの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
【レビュー】HP アクセサリー
250x120_OMEN by HP Gaming Mouse_170113_01b

250x120_HP Z5000 Bluetooth マウス_170113_01c

250x120_HP Spectre レザークラッチバック_170113_01c

VRベンチマーク
CPU/GPU性能比較表
CPUオーバークロックツール
250_CPUオーバークロックツール
「インテル XTU」は、ソフトウェアでCPU倍率設定や電圧などを細かく調整することができるCPUオーバークロックツールです。

■Core i7-5820Kをオーバークロック!
電源管理の設定
【Windows 10】タッチキーボードの無効化
★注目記事ピックアップ
F1 2018
F1 2017
Project CARS 2
250_20171002120011_1.png 『Project CARS2』をプレイしたときのフレームレートを計測しました。

■PROJECT CARS 2の推奨スペック&ベンチマーク
FF14『蒼天のイシュガルド』
ウォッチドッグス2(Watch_Dogs2)
250_WatchDogs22016-12-03t.png
ゲーミングPCでウォッチドッグス2プレイ中のフレームレートを計測!

■Watch_Dogs2の推奨スペック
■Core i7-6700HQ,GTX 1070 Laptop
Grand Theft Auto V
ザ・シムズ 4 (The Sims 4)
ザ・シムズ 3 (The Sims3)
★特別キャンペーン実施中!!
250x600_OMEN-by-HP-Gaming-PC--クーポン_180925_01a
お気に入りパソコン.com QRコード
QR
★日本HPパソコン割引クーポン(個人向け)
250_HP個人向け-7%OFFクーポン_181001_Spectre_03e

当サイトでは、日本HP公式オンラインストア「HP Directplus」で使える7%割引クーポンをプレゼントしています!

個人向けパソコンを12万円以上(税抜)ご購入でご利用可能です。実施期間は 2018年10月31日(水)まで。

◆割引クーポンの詳細・取得はこちらから
★日本HPパソコン割引クーポン(法人向け)
250_HP法人向けクーポン_181001_02a
★日本HPのお得なキャンペーン!
日本HPでは、デスクトップPC、ノートPCのお得なキャンペーン実施中です!

【日本HP公式オンラインストア】
◆実施中のキャンペーン一覧 icon
◆HPプレミアム下取りサービス icon
◆オリコ分割金利手数料0%キャンペーン icon
◆HPの学割!2018 icon
★HP公式ストア注目キャンペーン!
★イベントレポート
【レビュー】Pavilion Gaming 15-cx0000
【レビュー】OMEN by HP 880-100jp
【レビュー】OMEN by HP 15-dc0000
【レビュー】HP Spectre 15 x360
【新製品】HP ENVY 12 x2
【レビュー】HP EliteOne 800 G3 All-in-One
【レビュー】Windows Mixed Reality Headset
【レビュー】HP EliteBook x360 1020 G2
★英語キーボードの使い方
【レビュー】HP Spectre 13-af000
【レビュー】HP Pavilion 27-r079jp
【レビュー】OMEN X by HP 17-ap000
【レビュー】HP Spectre x360 (ローズゴールド)
【レビュー】HP Spectre x360 13-ae000
◆美しく丈夫なプレミアムPC
【レビュー】HP ENVY 13-ad100
【レビュー】HP ENVY 13-ad000
【レビュー】HP EliteBook x360 1030 G2
【レビュー】HP Spectre x2
【レビュー】OMEN by HP 17-an000
【レビュー】OMEN by HP 15-ce000
【法人向け製品】HP Elite Slice
最新 Spectre シリーズ徹底比較
HP Spectre x360 パフォーマンスモデル
HP Spectre x360 13-ac000
Spectre アクティブペン
【アンケート実施中!】
【レビュー】HP Spectre 13-v100
【レビュー】HP EliteBook Folio G1
【レビュー】HP Pavilion Wave 600-a100jp