【速攻レビュー】OMEN by HP 15-dc0000の製品特徴や性能、新旧モデルの違いについて

OMEN-by-HP-15-dc0000_速攻レビュー_180717_03a

この記事では、2018年7月12日より販売開始された日本HPゲーミングノートの新モデル「OMEN by HP 15-dc0000」特徴・性能、新旧モデルの違いなどについて解説しています。
 
【2018年8月11日】
・外観・デザインのレビューを公開しました!
◆【徹底レビュー】近未来デザイン「OMEN by HP 15-dc0000」の外観・デザイン

【2018年7月29日】

・ベンチマークの記事を公開しました!
◆ベンチマーク:OMEN by HP 15-dc0000(Core i7-8750H、GTX 1070 with MAX-Q)の性能を検証!

【2018年7月25日】
・Spyder5 ELETEでディスプレイの色域を測定しました!
・PSO2ベンチマークのスコアを掲載!

【2018年7月23日】
・256GB SSD (PCIe NVMe M.2)と2TB HDDのベンチマークを追加!
・Fire Strike、FF15ベンチマークのスコアを掲載!
・CINEBENCH R15ベンチマークの結果を掲載。Core i7-7820HK(※4.4GHzにオーバークロック)を上回るスコアを記録しました!


■目次(ページ内リンク)
下記のリンクをクリックすると目的の場所にジャンプします。
※Fire FoxやMicrosoft Edgeは「BackSpace」キーでこの位置に戻ります。
※Google Chomeの場合は「Alt + ←」になります。

◆新しくなった15.6インチ・ゲーミングノート「OMEN by HP 15-dc0000」の製品特徴
◆キーボードは日本語配列で26キーロールオーバー・アンチゴースト機能を搭載!
◆リフレッシュレート144Hzの15.6インチワイド・フルHD非光沢・IPSディスプレイ
◆ディスプレイの色域はsRGBカバー率97% 7/25追記
◆再設計された冷却機構。ファンに回転時の摩擦を軽減する流体動圧軸受を採用!
◆冷却ファンは「通常モード」と冷却重視の「パフォーマンスモード」に設定可能 7/23追記

◆6コア12スレッドのインテル Core i7-8750H プロセッサーを搭載!
◆CINEBENCH R15ベンチマークでCore i7-7820HKを上回るスコアを記録! 7/23追記
◆GeForce GTX 1070 with Max-Q Design グラフィックスの性能について
◆Fire Strike ベンチマークのグラフィックススコア 7/23追記
◆FINAL FANTASY XV (ファイナルファンタジー15) ベンチマーク 7/23追記
◆PSO2キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4ベンチマーク 7/25追記

◆2モデルのスペックの違いはグラフィックスの性能のみ
◆超高速な256GB SSD(PCIe NVMe M.2)+ 2TB HDDのベンチマーク 7/23追記
◆大容量の16GBメモリ(DDR4-2666MHz)を搭載!
◆最新規格のBluetooth 5.0について
◆新旧モデルのスペックやサイズなどを比較

◆【まとめ】新モデルはコンパクトサイズでプロセッサーとグラフィックスの性能が大きく向上!



 新しくなった15.6インチ・ゲーミングノート「OMEN by HP 15-dc0000」の製品特徴

OMEN by HP 15-dc0000_0G1A4780

■15.6インチ・ゲーミングノート「OMEN by HP 15-dc0000」の製品特徴

日本HPのゲーミングブランドはカジュアルなゲームを気軽に楽しみたい方向けの「PAVILION GAMENG」がありますが、この「OMEN by HP シリーズ」は本格的にゲームを楽しむ方や、最近耳にすることが多くなった本格的なゲームの大会「e-sports」に参加する方などが満足できるような性能を重視した仕様になっています。

2018年7月12日より販売開始された新モデル「OMEN by HP 15-dc0000」は、ステルス戦闘機をモチーフにしたデザインが特徴的な製品です。快適なゲームをプレイするために、滑らかな動きを表示できるリフレッシュレート144Hz対応ディスプレイや高性能なプロセッサーやグラフィックスを搭載し、インターフェースの配置や冷却性能(エアフロー)などの見直しが図られています。

【新製品の特徴】
・6コア12スレッドの第8世代インテルCore i7-8750Hプロセッサー(ヘキサコア)
・NVIDIA GeForce GTX1060 / GTX1070 with MAX-Q Designグラフィックス
・高速規格DDR4-2666MHzの大容量16GBメモリ(最大32GBまで拡張可能)
・256GB SSD(超高速 PCIe NVMe) + 2TB HDD
・再設計された冷却機構
・冷却ファンの回転を制御するための「3段階駆動モーター」、回転時の摩擦を軽減する「流体動圧軸受けベアリング」を採用

【外観・デザイン】
・ステルス戦闘機から着想を得た近未来的なデザイン
・ヘアライン加工が施されたキーボード面
・イメージパッドの淵にはきらりと輝くダイヤモンドカット加工

【キーボード】
・26キーのロールオーバーとアンチゴースト機能を搭載
・バックライトは4つのゾーンで色変更が可能。

【メーカー製品詳細ページ】
◆OMEN by HP 15-dc0000 製品詳細icon
◆OMEN by HP 15-dc0000(スペックPDF)



 キーボードは日本語配列で26キーロールオーバー・アンチゴースト機能を搭載

OMEN by HP 15-dc0000_0G1A5337-2t

キーボードは日本語配列でテンキーを備えています。ゲーム向けの機能としては「26キーのロールオーバー」と「アンチゴースト」を搭載しているので、正確なキー入力が可能です。




OMEN by HP 15-dc0000_0G1A4404-2b

※上の画像をクリックすると拡大表示します

■キーボードレイアウト
キーピッチ : 約18.6 × 18.6 mm、キーストローク : 約 1.8 mm、JIS標準準拠[105キー]

■26キーのロールオーバー

ロールオーバーとは複数のキーを同時に押した場合、その全てのキー入力が認識される機能です。このモデルの場合は「26キーを同時押し可能」ということになります。

■アンチゴースト
複数のキーを同時に押したこきの「誤入力を防ぐ」機能です。


OMEN コマンドセンター_LEDコントロール_02

バックライトのLEDは4つのゾーン(キャラクターの移動時に使用するWASDと3つのゾーン)に分かれています。それぞれのゾーンの色(色相や明るさ)は、インストールされている「OMEN コマンドセンター」で変更することができます。




 リフレッシュレート144Hzの15.6インチワイド・フルHD非光沢・IPSディスプレイ

OMEN by HP 15-dc0000_0G1A4495_03a

OMEN by HP 15-dc0000に搭載されているディスプレイは「リフレッシュレート144Hz」に対応している点が大きな特徴です。画面サイズは15.6インチワイドで、解像度はフルHD (1920x1080)、斜めから見ても色調や輝度の変化が少ないIPS方式、表面処理は光の反射や映り込みや少ない「非光沢」パネルを採用しています。


■リフレッシュレート144Hzに対応
1秒間に最大144枚の画面を描画することができるので、FPSやアクションゲーム、レースゲームなどをとても滑らかな動きで楽しむことができます。

144Hzのリフレッシュレートを最大限に生かすには、ゲームプレイ中のフレームレートが144FPS以上出るような画質設定にする必要がありますが、例えば100FPSくらい出るような設定でも60Hzのディスプレイ(60FPSまでしか表示できない)よりも滑らかな動きになります。

※動きの滑らかさにこだわらないのなら、画質重視で40FPSしか出ないような設定でもプレイは可能です。
 
OMEN by HP 15-dc0000_0G1A4526_03b

ディスプレイの比較
モデル名OMEN by HP 15-dc0000 NEW!OMEN by HP 15-ce000
画面のサイズ対角 15.6インチ対角 15.6インチ
※参考画像
※実機を入手次第掲載幅294mm、高さ166mm
解像度フルHD(1920x1080)フルHD(1920x1080)
リフレッシュレート144Hz120Hz
駆動方式IPSIPS
表面処理非光沢(ノングレア)非光沢(ノングレア)
輝度(明るさ)300nit300nit
表示色最大1677万色最大1677万色
NVIDIA G-SYNC対応対応

新旧モデルの違いは「リフレッシュレート」です。新モデルは144Hzのディスプレイが採用されていますが、旧モデル(◆OMEN by HP 15-ce000 実機レビュー)の120Hzでも十分滑らかな表示が可能です。

画面のサイズは15.6インチで、リフレッシュレート以外のスペックに新旧モデルの違いはありませんが、新モデルはベゼル(画面の周囲)が細くなっている「狭縁ベゼル」なのでスタイリッシュな印象に見えます。
 
■NVIDIA G-SYNCに対応
画面のカクつき(スタッタリング)や画面のズレ(ティアリング)などを抑える同期技術を搭載し、快適なゲームプレイを実現します。



 ディスプレイの色域はsRGBカバー率97%

OMEN by HP 15-dc0000_sRGB_180725_01a_t

Spyder5 ELETEでディスプレイの色域を測定しました。
 
【赤い三角形】OMEN by HP 15-dc0000に搭載されているディスプレイの色域
【緑の三角形】sRGBの色域
このモデルのディスプレイの色域は赤い三角形で、ほんの少しズレがありますがsRGBの色域(緑の三角形)にかなり近い形をしています。sRGBカバー率は97%と表示されているので、インターネットやゲームなどの用途では十分な色域です。実際に画面を見た印象でもきれいな色味に見えます。




 再設計された冷却機構。ファンに回転時の摩擦を軽減する流体動圧軸受を採用!


※動画は海外仕様になります。

OMEN by HP 15-dc0000は冷却機構(吸気口の大型化や後部の排熱口の形状など)が見直され、旧モデル(◆OMEN by HP 15-ce000実機レビュー)よりも冷却性能が強化されています。

目新しいのは冷却ファン回転部分の「流体動圧軸受」で、回転時の摩擦を大幅に減らすことが可能です。他には、「3段階駆動モーター」なども採用され、冷却ファンの回転をより細かく制御することが可能になっています。



OMEN by HP 15-dc0000_0G1A4464

OMEN by HP 15-dc0000の底面のデザインは旧モデル(※参考画像:旧モデルの底面)と似ていますが、エアインテーク(吸気口)が大きくなり空気を取り入れやすくなるように改良されました。

■取り外しができる底面パネル
底面のパネルはネジ(※一般のプラスドライバーを使用可能)を外すことで取り外しが可能な設計になっています。パーツの換装は保証対象外となりますが、将来的にメモリの増設ができるように設計されています。

下記は海外のユーザーがOMEN by HP 15の分解をしている動画です。ネジは簡単に外すことができますが、底面パネルは「ハメ込み式」になっているので、ヘラのようなものを隙間に差し込んで取り外しています。ヘラの素材はボディをなるべく傷つけないようなものが良さそうです。

【Youtube動画】
◆HP OMEN Teardown Thin Bezel, i7 8750h and GTX 1060!



 冷却ファンは「通常モード」と冷却重視の「パフォーマンスモード」に設定可能

OMEN コマンドセンター_パフォーマンス_02

標準でインストールされている「OMEN コマンドセンター」で、CPUやGPUの温度のモニタリング、ネットワークの最適化、LEDの色や明るさの設定、冷却ファンの動作モードの選択が可能です。

冷却ファンは「通常モード」と「パフォーマンスモード」に設定することができます。プロセッサーやグラフィックスの温度が高くなる状況(ゲームや負荷が高い処理など)に適した冷却重視の「パフォーマンスモード」は、ファンが高回転で動作するので通常よりもファンの音が大きくなりますが冷却性能は向上します。



OMEN by HP 15-dc0000_0G1A5233t_s2

「OMEN コマンドセンター」はスタートメニューから立ち上げることができますが、テンキーの上にあるOMENキーでも起動することができます。こちらの方が簡単で便利です。




 6コア12スレッドのインテル Core i7-8750H プロセッサーを搭載!

ノートPC_プロセッサー性能比較_Core i7-8750H_01s

上記の表はPassMarkのCPUベンチマークから抜粋したもので、スコアが高いほど高性能です。あくまでも目安としてご覧ください。
 
■新モデルのプロセッサーはマルチスレッド性能が大きく向上!
OMEN by HP 15-dc0000に搭載されているインテル Core i7-8750H プロセッサーは、6コア12スレッドなのでマルチスレッド性能が高いことが大きな特徴です。アプリケーションがマルチコアに最適化されていることが前提となりますが、動画のエンコードや画像処理などで高い処理能力を発揮します。

Core i7-8750Hのシングルスレッド(1コアのみの)性能は他と比較して大きな性能差はありませんが、コアが多い方が有利なマルチスレッドテストでは4コア12スレッドのCore i7-7820HK(◆OMEN X by HP 17-ap000ベンチマーク)よりも約2割くらい高いスコアが出ています。

旧モデルに搭載されているCore i7-7700HQ(◆OMEN by HP 15-ce000 ベンチマーク)と比較した場合は、マルチスレッドは約1.4倍、シングルスレッドは約1.18倍くらい良いスコアです。



 CINEBENCH R15ベンチマークでCore i7-7820HKを上回るスコアを記録!
 
Core i7-8750H_CINE BENCH R15_cpu_01t CINEBENCH R15 ベンチマーク

 ■OpenGL:124.99 fps
 
※GPUのOpenGL性能をチェック

 ■CPU:1205 cb
 
※マルチスレッドのテスト

 ■CPU(Single Core):
171 cb
 ※シングルスレッド(1コア)のテスト
 
6コア12スレッドのインテル Core i7-8750H プロセッサーは、CINEBENCH R15のテストで驚異的なスコアを記録しました!

HP公式サイトで公開されているベンチマークでは、Core i7-8750HのマルチスレッドがCore i7-6700HQの174%、シングルスレッドがCore i7-6700HQの120%となっていますが、OMEN by HP 15-dc0000の実機テストでもそれと同じくらいの結果が出ています。

4.4GHzまでオーバークロックしたCore i7-7820HKと比較した場合、シングルスレッドでは動作クロックに準じた結果で92%くらいのスコアでしたが、マルチスレッドは130%のスコアを記録しています。

マルチスレッドテスト時の動作温度(室温26℃)は最大で80℃後半~90℃くらい、平均で70℃後半くらいで、サーマルスロットリングは発生しませんでした。40秒くらいで完了するこのテストでは冷却の問題はなさそうです。


プロセッサーCINEBENCH R15 ベンチマーク
マルチスレッド
(4コア動作時)
シングルスレッド
(1コア動作時)
最大消費電力
(消費電力の目安)
Core i7-8750H NEW!
6コア12スレッド
1205 cb
(3.9GHz)
※6コア動作時
171 cb
(4.1GHz)
約70.8W
(TDP 45W)
Core i7-7820HK
4コア8スレッド
◆OMEN X by HP 17-ap000
921 cb
(4.4GHz)
※オーバークロック
184 cb
(4.4GHz)
※オーバークロック
約68.7W
(TDP 45W)
Core i7-8705G
4コア8スレッド
◆Spectre x360 15-ch000
798 cb
(3.7GHz)
168 cb
(4.1GHz)
約50.0W
(TDP 65W※)
Core i7-7820HK
4コア8スレッド
◆OMEN X by HP 17-ap000
764 cb
(3.5GHz)
152 cb
(3.9GHz)
約40.5W
(TDP 45W)
Core i7-7700HQ
4コア8スレッド
◆OMEN by HP 15-ce000
731 cb
(3.4GHz)
157 cb
(3.8GHz)
約46.5W
(TDP 45W)
Core i7-6700HQ
4コア8スレッド
◆OMEN by HP 17-w105TX
680 cb
(3.1GHz)
147 cb
(3.5GHz)
約46.4W
(TDP 45W)
Core i7-8550U
4コア8スレッド
◆Spectre x360 13-ae000
544 cb
(3.7GHz)
157 cb
(4.0GHz)
約29.9W
(TDP 15W)
 
HP Spectre x360 15-ch000に搭載されているCore i7-8705G(◆実機ベンチマーク)はプロセッサーとRadeon RX Vega M GL グラフィックスが1つのパッケージになっているのでTDP(消費電力の目安)が少し高めになっています。

Core i7-8550UはモバイルPC向けの省電力プロセッサーで消費電力を抑えた設計で、プロセッサーが搭載されているSpectre x360も薄型で冷却性能に限りがあるので、ベンチマークスコアが伸びない傾向があります。4コア動作時の最大動作周波数は3.7GHzまで上がる仕様ですが、負荷が高くプロセッサーの温度が高くなるマルチコアテストでは開始時から20秒くらいは3.0GHz前半で動作しますが、それ以降からテスト終了まで2.2GHzくらいで動作します。

■TDPについて
TDPはThermal Design Powerの略で、プロセッサーの消費電力を表す指標になりますが、実際の消費電力とは異なります。



 GeForce GTX 1070 with Max-Q Design グラフィックスの性能について

ノートPC_プロセッサー性能比較_GTX 1070 with Max-Q Design_01

上記の表は日本HP公式サイトの「Fire Strike」ベンチマークから抜粋したものです。スコアはIntel UHD Graphics 620を100%とした場合の相対値で、スコアが高いほど高性能になりますあくまでも目安としてご覧ください。
 
■2モデルのグラフィックスの性能差は?
ハイパフォーマンスモデルにはGTX 1070 with Max-Q Design、パフォーマンスモデルにはGTX 1060が搭載されていますが、上記のベンチマークでは約10%くらいの差となっています。

旧モデルのOMEN by HP 15-ce000に搭載されているGTX 1060 with Max-Q(◆ベンチマーク)と比較した場合は、GTX 1070 with Max-Q Designが約1.25倍、GTX 1060が1.13倍くらい良いスコアです。

■GeForce GTX 1060にはデスクトップ向けとノートPC向けの2種類あり
メーカーが公表しているスペック表では明記されていませんが、GTX 1060はデスクトップ向けとノートPC向けの2種類あります。ノートPC向けは発熱や消費電力を抑えるため性能も少し低めです。GTX 1070の場合は当サイトのテストで10%くらいの差があったので、GTX 1060もそれくらいの性能差があるかもしれません。





■Fire Strike ベンチマークのグラフィックススコア

【掲載】OMEN by HP 15-dc0000_Fire Stike_02

「Fire Strike」は、DirectX 11レベルのグラフィックス機能を用いたテストで画面解像度はフルHDになります。

新モデルに搭載されているGTX 1060とGTX 1070 with Max-Q Designに関しては、日本HPが公開しているテスト結果を参考にして予想したスコアになります。実機テストでは少し異なる結果になる可能性がありますが、当サイトと日本HPのテスト結果はほぼ同じなので大体の目安にはなると思います。

実機で行ったFire Strikeのテストでは、GeForce GTX 1070 with Max-Q Designのグラフィックススコアは14694でした。予想される結果よりも良い結果です。GTX 1070 Laptopと比較すると約88%のスコアになります。

モデル名Fire Strikeの
グラフィックススコア
OMEN X by HP 17-ap000
(GeForce GTX 1080 Laptop)
◆ベンチマーク
19843(1930%)
OMEN by HP 17-an000
(GeForce GTX 1070 Laptop)
◆ベンチマーク
16579(1612%)
OMEN by HP 15-dc0000 NEW!
(GeForce GTX 1070 with Max-Q)
実機のスコア 14694
(予想
スコア:☆の1259%?)
OMEN by HP 15-dc0000 NEW!
(GeForce GTX 1060)
予想スコア:☆の1138%
OMEN by HP 15-ce000
(GeForce GTX 1060 with Max-Q)
◆ベンチマーク
9859(959%)
HP Spectre x360 15-ch000
(Radeon RX Vega M GL)
◆ベンチマーク
7267(706%)
HP Spectre x360 13-ae000
(Intel UHD Graphics 620)
◆ベンチマーク
☆1028(100%)

上記の表は当サイトで行った実機テストの結果をまとめたものです。

GTX 1060とGTX 1070 with Max-Q Designはゲーム向けGPUの中では「アッパーミドル」クラスで、本格的な3Dゲームをプレイできる性能を備えています。

最高画質で快適に(60FPS以上で)プレイすることができるゲームはありますが、少し重めのゲームでは高画質と高フレームレートの両立はできないので、「最高画質にこだわらずそれなりに良い画質や動きでプレイできれば良い」という方向けになります。

より高画質&高フレームレートでプレイができるゲーミングPCを求めるのなら、少し価格が高くなりますが17.3インチのOMEN by HP 17シリーズ(GTX 1070)や、OMEN X by HP 17-ap000(GTX 1080)の方が適しています。
 
GeForce GTX 1070 with Max-Q Designについて
NVIDIAが提唱する薄型ゲーミングノート向けの仕様です。無印のGTX 1070 グラフィックス(MAX-Q Designと表記されていない)と比較すると少しパフォーマンスは低くなりますが、パフォーマンスよりも電力効率を重視するので高負荷時の発熱や消費電力を抑えることができます。





■FINAL FANTASY XV (ファイナルファンタジー15) ベンチマーク

OMEN by HP 15-dc0000_FF15_1920x1080_高画質_04

GTX 1070 with Max-Q Design グラフィックス搭載機のスコアは、高画質・1920x1080の設定で5970:やや快適という評価になりました。

【高画質・1920x1080でテストした場合のフレームレート】
当サイトの計測では平均フレームレートが62FPS、最高値は90FPS、最低値は40FPSくらいになります。

OMEN by HP 15-dc0000_FF15_1920x1080_標準_02

標準画質・1920x1080の設定にすると7811:快適という評価になりました。高画質よりもフレームレートが高くなるので画面の動きが良くなります。

標準画質・1920x1080でテストした場合のフレームレート】
当サイトの計測では平均フレームレートが80FPS、最高値は99FPS、最低値は59FPSくらいになります。



 PSO2キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4ベンチマーク

OMEN by HP 15-dc0000_PSO2 ep4_1920x1080_簡易設定6_01

PSO2キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4ベンチマークの簡易描画設定6(最も高画質)で「47056」を記録!快適にプレイできるという評価です。

簡易描画設定6・1920x1080でテストした場合のフレームレート】
当サイトの計測では最高値は250FPS、最低値は138FPSくらいになります。快適で滑らかな動きでプレイ可能です。



 2モデルのスペックの違いはグラフィックスの性能のみ
OMEN by HP 15-dc0000_0G1A4812
OMEN by HP 15-dc0000 シリーズはパフォーマンスモデル(15-dc0076TX)とハイパフォーマンスモデル(15-dc0077TX)が用意されていますが、2モデルの違いはグラフィックスのみでプロセッサーやメモリの容量、ストレージの構成などは同じです。


■グラフィックスの性能差
GTX 1060とGTX 1070with Max-Q Designの性能差は、Fire Strikeのベンチマーク(日本HP調べ)で約10%くらいです。体感では違いはわからないかもしれませんが、ノートPCはデスクトップPCのように後からグラフィックスを換装することができないので、予算に余裕があるのならハイパフォーマンスモデルを選択しても良いかもしれません。

【関連項目】
◆GeForce GTX 1070 with Max-Q Design グラフィックスの性能について

OMEN by HP 15-dc0000_0G1A5022-2
OMEN by HP 15-dc0000 シリーズ
モデル名パフォーマンスモデル
15-dc0076TX
ハイパフォーマンスモデル
15-dc0077TX
OSWindows 10 Pro (64bit)
カラーシャドウブラック / ドラゴンレッド
プロセッサーインテル Core i7-8750H プロセッサー
(2.20GHz-4.10GHz,6コア12スレッド,キャッシュ9MB,TDP 45W)
※CPU-Z:スクリーンショット
グラフィックスNVIDIA GeForce GTX 1060
(6GB)
NVIDIA GeForce GTX 1070
with Max-Q Design(8GB)
※GPU-Z:スクリーンショット
メモリ16GB (16GB×1) DDR4-2666MHz (最大32GB)
2スロット (SO-DIMM)
ストレージ256GB SSD(PCIe NVMe M.2)+ 2TB ハードドライブ(5400回転)
ディスプレイ15.6インチワイド・フルHD非光沢・IPSディスプレイ
 (144Hz/1920×1080 / 最大1677万色 / 300nit)
※ NVIDIA G-SYNC 対応
キーボードバックライトキーボード
(日本語配列、テンキー、4ZONE LEDライティング対応)
内蔵無線LANIEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0
 Windows Hello非対応
インターフェース
左側面
 USB 3.1 Gen1
ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート
マイク入力ポート
SDカードスロット
インターフェース
右側面
 USB 3.1 Gen1
電源コネクタ 
インターフェース
背面
 ネットワークポート(LAN端子)
USB3.1 Gen1 (電源オフUSBチャージ機能対応)
HDMI 2.0 出力端子
Mini DisplayPort
USB Type-C 3.1 Gen2
(Thunderbolt 3、電源オフUSBチャージ機能対応)
セキュリティロックケーブル用スロット
オーディオAudio by Bang & Olufsen 内蔵デュアルスピーカー
Realtek HighDefinition Audio準拠
内蔵デュアルマイク
サイズ
(幅x奥行x高さ)
約 360 × 263 × 25.5(最薄部)-30(最厚部)mm
質量約 2.48 kg
ACアダプタ200W ACアダプター
バッテリ駆動時間約6時間約5時間
主なソフトウェアOMEN Command Center
HP Support Assistant
リカバリマネージャ (リカバリメディア作成) など
セキュリティソフト
付属品速効!HPパソコンナビ特別版、ACアダプター、電源コード、保証書 等
標準保証1年間 (引き取り修理サービス、パーツ保証)
標準価格¥199,800(税抜)~¥219,800(税抜)~

※上記の表では標準価格を記載していますが、お得なキャンペーンが実施されている場合があります。最新の価格はメーカー製品詳細ページ(◆OMEN by HP 15-dc0000 製品詳細icon)をご覧ください。




 超高速な256GB SSD(PCIe NVMe M.2)+ 2TB HDDで速度と容量を両立


OMEN by HP 15-dc0000_CrystalDiskMark_256GB SSD_02
256GB SSD(PCIe NVMe M.2)
OMEN by HP 15-dc0000_CrystalDiskMark_2TB HDD_01
2TB HDD(5400回転)

SSDは超高速な規格(PCIe NVMe)を採用しているので、操作時のレスポンスが高速です。PCは9~10秒くらいで起動します。(※起動時間は電源スイッチを押してからデスクトップ画面が表示されるまでを計測)

容量は256GBなので20~30GBもある大容量のゲームや多数の動画などを保存するには少し物足りない容量ですが、そのような多くのデータを保存するために2TBのHDD(5400回転)も搭載しています。

※記事掲載時点(2018年7月23日)では、SSDはSAMSUNG製、HDDは東芝製でしたが、PCパーツのメーカーは予告なく変更される場合があります。




 大容量の16GBメモリ(DDR4-2666MHz)を搭載!

Core i7-8750H_cpu-z_04
標準で16GBのメモリを搭載しているのでインターネットや動画の視聴などでは十分な容量です。ゲームの場合は8GBを推奨しているものが多いのでまだまだ余裕がありますし、今後16GBを推奨するゲームが多くなってきたとしてもプレイすることができます。

画像処理の場合は使い方次第ですが、B3やB2のような大きなデータサイズで、レイヤーを多数使って作業するような使い方をしなければ16GBでも作業は可能です。(◆パソコンにどれくらいメモリを搭載すればよいのか?




 最新規格のBluetooth 5.0について

周辺機器をワイヤレスで接続できるBluetoothの規格は最新の「バージョン5.0」が採用されています。従来のバージョン4.0と比較した場合はデータの転送速度が2倍で通信範囲も4倍に拡大している点が大きな特徴です。





 新旧モデルのスペックやサイズなどを比較

OMEN-by-HP-15_新旧モデル比較_180717_01a

■新モデル「OMEN by HP 15-dc0000」の特徴・旧モデルとの違い
新旧モデルを簡単にまとめてみました。デザインは似ていますが細かい部分で多くの変更点があります。

【外観・デザインの違い】

・ヒンジ部分の形状
・インターフェースの配置
・後部の排熱口の形状
・底面の吸気口の大型化

【キーボードの違い】
・矢印キーの配置(旧モデルは他のキーよりも下に配置 ※参考画像
・LEDは4つのゾーンで色の変更が可能になった。(旧モデルはレッドのみ)

【サイズの違い】
・サイズがコンパクトになった(幅2.8cm、奥行き1.2cm縮小)
・厚みは0.7~1.5mm増している
・重さが約150g軽くなった

【性能やスペックの違い】
・OSはWindows 10 Pro(64bit)のみ ※更新プログラムを一時停止可能
・マルチスレッド性能が高い6コア12スレッドのプロセッサーを搭載
・グラフィックスの性能は10~20%向上
・より高速なDDR4-2666MHzメモリを採用
・HDDの容量が2倍の2TBになった(旧モデルは1TB)

【ディスプレイの違い】
・ディスプレイのリフレッシュレートが144Hzになった(旧モデルは120Hz)
・ベゼルが細くなった(旧モデルよりも縦が32%、横が68% コンパクト)

【インターフェース】
側面は必要最小限のインターフェース(使用頻度の高い端子のみ)で、ディスプレイ端子やLAN端子などは後部に搭載。(旧モデルは背面に一切端子がなく左側面に集中して配置:※参考画像

【Bluetooth】
Bluetooth 5.0を搭載(4.0よりも転送速度が2倍で通信範囲も4倍に拡大)
 
OMEN by HP 15 シリーズ 新旧モデル比較
モデル名OMEN by HP 15-dc0000 NEW!
※2018年7月12日より販売開始
OMEN by HP 15-ce000
※2017年8月17日より販売開始
◆実機レビュー
OSWindows 10 Pro (64bit)Windows 10 Home(64bit)
Windows 10 Pro(64bit)
カラーシャドウブラック /
ドラゴンレッド
シャドウブラック /
ドラゴンレッド
プロセッサーCore i7-8750H
(6コア12スレッド)
Core i7-7700HQ
(4コア8スレッド)
グラフィックス
GeForce GTX 1060
※パフォーマンスモデル

GeForce GTX 1070
with Max-Q Design

※ハイパフォーマンスモデル
 
GeForce GTX 1060
with Max-Q Design
メモリ16GB (16GB×1)
DDR4-2666MHz (最大32GB)
16GB(8GB×2)
DDR4-2400MHz(最大16GB)
メモリスロット2スロット (SO-DIMM)2スロット (SO-DIMM)
ストレージ256GB SSD(PCIe NVMe M.2)
+ 2TB HDD(5400回転)
256GB SSD PCIe NVMe M.2)
+1TB HDD(7200回転)
ディスプレイ15.6インチワイド・フルHD
非光沢
IPSディスプレイ
 リフレッシュレート144Hz
フルHD(1920×1080)
最大1677万色
輝度 300nit
※ NVIDIA G-SYNC 対応
15.6インチワイド・フルHD
非光沢
IPSディスプレイ
 リフレッシュレート120Hz
フルHD(1920×1080)
最大1677万色
輝度 300nit
※ NVIDIA G-SYNC 対応
キーボードバックライトキーボード
(日本語配列、テンキー付き、
4ZONE LEDライティング対応
バックライトキーボード
(日本語配列、テンキー付き)
※参考画像
内蔵無線LANIEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
 Windows Hello非対応非対応
インターフェース
左側面
 USB 3.1 Gen1 × 1
ヘッドフォン出力/
マイク入力コンボポート
マイク入力ポート
SDカードスロット
※参考画像
Mini DisplayPort
HDMI 2.0 出力端子
ネットワークポート(LAN端子)
USB3.1 Gen1 × 1
USB Type-C 3.1 Gen2 × 1
ヘッドフォン出力/
マイク入力コンボポート
マイク入力ポート
※参考画像
インターフェース
右側面
USB 3.1 Gen1 × 1
電源コネクター
※参考画像
SDカードスロット
USB3.1 Gen1 × 2
電源コネクター
※参考画像
インターフェース
背面
 ネットワークポート(LAN端子)
USB3.1 Gen1 × 1
HDMI 2.0 出力端子
Mini DisplayPort
USB Type-C 3.1 Gen2 × 1
※参考画像
なし
オーディオAudio by Bang & Olufsen
内蔵デュアルスピーカー
Realtek HighDefinition Audio準拠
内蔵デュアルマイク
Audio by Bang & Olufsen
内蔵デュアルスピーカー
Realtek HighDefinition Audio準拠
内蔵デュアルマイク
サイズ【幅】360 mm(-28mm)
【奥行】263 mm(-12mm)
【最薄部】25.5 mm(+0.7mm)
【最厚部】30 mm(+1.5mm)

※イメージ画像
【幅】388 mm
【奥行】275 mm
【最薄部】24.8 mm
【最厚部】28.5 mm
※イメージ画像
質量約 2.48 kg(-150g)約 2.63 kg
ACアダプタ200W ACアダプター
※参考画像
200W ACアダプター
※参考画像
バッテリ駆動時間
約6時間
※パフォーマンスモデル

約5時間
※ハイパフォーマンスモデル
 
約 5時間
主なソフトウェアOMEN Command Center
HP Support Assistant
リカバリマネージャなど
OMEN Command Center
HP Support Assistant
リカバリマネージャなど
セキュリティソフトマカフィー リブセーフ(1年版)マカフィー リブセーフ(1年版)
付属品速効!HPパソコンナビ特別版
ACアダプター
電源コード
保証書 等
速効!HPパソコンナビ特別版
ACアダプター
電源コード
保証書 等
標準保証1年間
(引き取り修理、パーツ保証)
1年間
(引き取り修理、パーツ保証)
キャンペーン価格
2018年7月18時点

¥169,700(税抜)~
※GTX 1060

¥175,900(税抜)~
※GTX 1070 with Max-Q

◆製品詳細
icon
 
¥153,980(税抜)~
※Windows 10 Home搭載

¥161,980(税抜)~
※Windows 10 Pro搭載

◆製品詳細icon

■新旧モデルのコストパフォーマンスは?
新モデルの性能の違いは、プロセッサーのマルチスレッド性能が約40%向上(※PassMark)、グラフィックスの性能は構成によりますが10~20%向上(※FireStrike)しています。他にもリフレッシュレートが120から144Hzに向上し、OSのアップデートを延期できるWindows Proが標準でプリインストールされていて、冷却機構の強化やインターフェースなどの配置が見直されている新モデルの方がコストパフォーマンスが良いと思います。




 新モデルはコンパクトサイズでプロセッサーとグラフィックスの性能が大きく向上

OMEN by HP 15-dc0000_0G1A4973

今回登場した新モデル「OMEN by HP 15-dc0000」は、旧モデル(◆OMEN by HP 15-ce000 実機レビュー)サイズが一回り小さくなり、プロセッサーやグラフィックスの性能が向上してより魅力的なゲーミングノートに仕上がっています。特に下記のような方に最適なモデルです。

・コンパクトなゲーミングノートが欲しい。
・滑らかな動きでゲームをプレイしたい。
・最新3Dゲームをプレイしたい。(※最高画質にはあまりこだわらない)
・クリエイティブな用途(画像処理や動画編集など)でも使いたい。

滑らかな動きを表示できるリフレッシュレート144Hz対応のディスプレイや、冷却性能の強化、インターフェース類はあまり使用しない端子を背面に、仕様頻度が高いものを側面に配置して使い勝手を良くしている点も注目ポイントです。
【メーカー製品詳細ページ】
◆OMEN by HP 15-dc0000 製品詳細icon
◆OMEN by HP 15-dc0000(スペックPDF)

【トラブルシューティング・ドライバー・使用方法など】
◆OMEN by HP 15-dc0000 サポートページicon
◆ユーザーガイドPDF(取扱説明書:コンピューターの概要・使い方
◆ソフトウェアおよびドライバーのダウンロード
 
【実機レビュー】
◆速攻レビュー:OMEN by HP 15-dc0000の製品特徴や性能、新旧モデルの違いについて
◆徹底レビュー:近未来デザイン「OMEN by HP 15-dc0000」の外観・デザイン
◆ベンチマーク:OMEN by HP 15-dc0000(Core i7-8750H、GTX 1070 with MAX-Q)の性能を検証!

【ゲームベンチマーク】
◆PC版「F1 2018」推奨スペック&実機ベンチマーク
◆OMEN by HP 15-dc0000(GTX 1070 with MAX-Q Design)でPUBGをプレイ!



■レビューについて
※商品仕様/価格については2018年7月23日時点のものです。
※PCパーツのメーカーは販売時期により変更になる場合があります。
※ベンチマークの結果、温度、消費電力などの測定値はPCの使用状況や環境によって異なることがあります。
※できるだけ客観的にレビューしようと心がけていますが、実際の商品を見たり使用したときの感じ方には個人差があります。
※PassMarkベンチマークスコアはPassMark - CPU Benchmarks Video Card Benchmarks から抜粋しています。あくまでも目安としてご覧ください。
 
関連記事

テーマ : ゲームパソコン
ジャンル : コンピュータ

okiniiripasokon.com

◆ホームへ

◆全ての記事を表示する

検索フォーム
最新記事
HP Spectre Folio 13-ak0000の化粧箱はブラックでまとめた大人な雰囲気 2018/12/18
日本HPのパソコンをお得に購入できる【7%OFFクーポン】プレゼント! 2018/12/17
HP Spectre x360 13-ap0000(Core i7-8565U)の性能や消費電力をチェック! 2018/12/17
HP Spectre Folio 13-ak0000(Core i5-8200Y)の性能や発熱を検証! 2018/12/16
日本HPのパソコン売れ筋ランキング(2018年12月9日集計) 2018/12/15
【速攻レビュー】HP Spectre x360 13-ap0000の製品特徴・新旧モデル比較 2018/12/13
【GeForce RTX 2080 Ti 搭載】OMEN by HP Desktop 880-160jpの性能・新旧モデル比較 2018/12/09
カテゴリ
ソーシャルブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加  


 
 
RSSリンクの表示
プロフィール

お気に入りパソコン.com

Author:お気に入りパソコン.com
長年Macを使ってきましたが、性能面やOSのサイクルが早く安定した環境が構築しにくいなど、次第にMacに対する不満が募り、2011年の秋にメインの作業環境をWindowsPCに移行しました。現在はWindows派で日本HPのデスクトップ、ノートPCを使用しています。

◆免責事項
ブログに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。本ブログの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
【レビュー】HP アクセサリー
250x120_OMEN by HP Gaming Mouse_170113_01b

250x120_HP Z5000 Bluetooth マウス_170113_01c

250x120_HP Spectre レザークラッチバック_170113_01c

VRベンチマーク
CPU/GPU性能比較表
CPUオーバークロックツール
250_CPUオーバークロックツール
「インテル XTU」は、ソフトウェアでCPU倍率設定や電圧などを細かく調整することができるCPUオーバークロックツールです。

■Core i7-5820Kをオーバークロック!
電源管理の設定
【Windows 10】タッチキーボードの無効化
★注目記事ピックアップ
F1 2018
F1 2017
Project CARS 2
250_20171002120011_1.png 『Project CARS2』をプレイしたときのフレームレートを計測しました。

■PROJECT CARS 2の推奨スペック&ベンチマーク
FF14『蒼天のイシュガルド』
ウォッチドッグス2(Watch_Dogs2)
250_WatchDogs22016-12-03t.png
ゲーミングPCでウォッチドッグス2プレイ中のフレームレートを計測!

■Watch_Dogs2の推奨スペック
■Core i7-6700HQ,GTX 1070 Laptop
Grand Theft Auto V
ザ・シムズ 4 (The Sims 4)
ザ・シムズ 3 (The Sims3)
★特別キャンペーン実施中!
250x600_OMEN-by-HP-Gaming-PC--クーポン_181201_xmas_02c
お気に入りパソコン.com QRコード
QR
★日本HPパソコン割引クーポン(個人向け)
250_HP個人向け-7%OFFクーポン_1812021_Spectre_xmas2018_01j

当サイトでは、日本HP公式オンラインストア「HP Directplus」で使える7%割引クーポンをプレゼントしています!

個人向けパソコンを12万円以上(税抜)ご購入でご利用可能です。実施期間は 2019年1月31日(木)まで。

◆割引クーポンの詳細・取得はこちらから
★日本HPパソコン割引クーポン(法人向け)
250_HP法人向け-7%OFFクーポン_181201_02b
【日本HP】納品スケジュールのお知らせ
250_配送について_181208_02b
年末年始にともない納品スケジュールが変更となります。詳細は下記の公式ストア「納品スケジュールについて」をご確認ください。

【日本HP公式オンラインストア】
◆納品スケジュールのお知らせicon
★日本HPのお得なキャンペーン!
日本HPでは、デスクトップPC、ノートPCのお得なキャンペーン実施中です!

【日本HP公式オンラインストア】
◆実施中のキャンペーン一覧 icon
◆HPプレミアム下取りサービス icon
◆オリコ分割金利手数料0%キャンペーン icon
◆HPの学割!2018 icon
日本HP『2019年パソコン福袋』の予想&ヒント
250_hp福袋2019_181203_02a
★【HP公式ストア】注目キャンペーン!
【新製品】OMEN by HP 880-160jp
【新製品】Spectre x360 13-ap0000
【新製品】Spectre x360 15-df0000
【新製品】HP Spectre Folio 13
【レビュー】Pavilion Gaming 15-cx0000
【レビュー】OMEN by HP 880-100jp
【レビュー】OMEN by HP 15-dc0000
【レビュー】HP Spectre 15 x360
【レビュー】HP EliteOne 800 G3 All-in-One
【レビュー】Windows Mixed Reality Headset
【レビュー】HP EliteBook x360 1020 G2
★英語キーボードの使い方
【レビュー】HP Spectre 13-af000
【レビュー】HP Pavilion 27-r079jp
【レビュー】OMEN X by HP 17-ap000
【レビュー】HP Spectre x360 (ローズゴールド)
【レビュー】HP Spectre x360 13-ae000
◆美しく丈夫なプレミアムPC
【レビュー】HP EliteBook x360 1030 G2
【レビュー】HP Spectre x2
【レビュー】OMEN by HP 17-an000
【法人向け製品】HP Elite Slice
【レビュー】HP Pavilion Wave 600-a100jp