OMEN X by HP 17(Core i7-7820HK、GTX 1080)のベンチマーク

OMEN-X-by-HP-17-ap000_レビュー_171017_009b

日本HPの17.3インチ・ゲーミングノートの最上位モデル 『OMEN X by HP 17-ap000』の性能・消費電力を検証しました!CPUのベンチマークテスト(CINEBENCH R15)では、Core i7-7820HKを4.4GHzまでオーバークロックしています。



■目次(ページ内リンク)
下記のリンクをクリックすると目的の場所にジャンプします。
※Fire FoxやMicrosoft Edgeは「BackSpace」キーでこの位置に戻ります。
※Google Chomeの場合は「Alt + ←」になります。

◆ベンチマークで使用するパソコンについて
◆ベンチマークの設定・使用するソフトついて
◆プロセッサーの性能について(Core i7-7820HK)
・簡単にオーバークロックできる「OMEN Command Center」
◆プロセッサーのベンチマーク(CINEBENCH R15) ※4.4GHzまでオーバークロック
◆メモリの仕様・容量について(32GB DDR4-2400MHz)
◆ストレージの性能テスト(512GB SSD+1TB HDD)
◆グラフィックスの性能について (GeForce GTX 1080)
◆ベンチマーク(3D MARK)
◆ゲームベンチマーク(ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター)
◆ゲームベンチマーク(PSO2 キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4)
◆ゲームベンチマーク(ドラゴンクエストX)
◆ゲームベンチマーク(F1 2017)
◆VR(仮想現実)対応システムのためのベンチマーク
◆動作中の温度・消費電力(インターネット、動画視聴、ベンチマーク時)
◆ベンチマークテストのまとめ

 
 



 ベンチマークで使用するパソコンについて
 
OMEN-X-by-HP-17-ap000_0G1A6997.png
 
この記事では、日本HPの17.3インチ・ゲーミングノート 『OMEN X by HP 17-ap000』の性能や消費電力を検証します。このモデルは2017年11月に販売が開始されたOMENシリーズ・ゲーミングノート の最上位モデルで、ステルス戦闘機から着想を得たデザインが特徴的な製品です。

このモデルはオーバークロック向けのインテル Core i7-7820HK プロセッサー、512GB SSD(PCIe NVMe M.2) + 1TB HDD、DDR4メモリ 、NVIDIA Geforce GTX 1080 グラフィックスを搭載。

◆OMEN X by HP 17-ap000の外観・デザイン徹底レビュー!
 
 

OMEN X by HP 17-ap000_0G1A6676_F1
 
 
斜めから見たときの色の変化が少ないIPS方式で、映り込みが少ない「非光沢」パネルを採用した17.3インチのディスプレイは、滑らかな動きでゲームを楽しむことができるリフレッシュレート120Hz に対応。

NVIDIA G-SYNCにも対応しスタッター(画面のカクツキ)やティアリング(画面のズレ)などを最小限に抑えています。
 


OMEN X by HP 17-ap000_0G1A7713t_2
 
プリインストールされている「OMEN コマンドセンター」で、インテル Core i7-7820HK プロセッサーのオーバークロック、ネットワーク環境の最適化、マクロキー設定、天面や後部、キーボードのLEDの色を変更することが可能です。

◆インテル Core i7-7820HK プロセッサーのオーバークロックに挑戦!
 
 

OMEN-X-by-HP-17-ap000_レビュー_0G1A7347
 
メカニカルスイッチを採用したキーボードは「カチッ」とした感触が特徴的です。全キーはロールオーバーとアンチゴースト機能で正確な入力を実現。独立した6個のマクロキーも備えています。

LEDバックライトは「OMEN コマンドセンター」で任意のキーや、よく使用する「WASDキー」の色を変更することができます。
 
 
OMEN X by HP 17-ap000 のスペック
OSWindows 10 Pro (64bit)
プロセッサーインテル Core i7-7820HK プロセッサー
(2.90GHz-3.90GHz、4コア8スレッド、TDP 45W)
チップセットモバイルインテル CM238 チップセット(インテル XMP対応)
メモリ32GB (16GB×2) DDR4-2400MHz (最大32GB)
※2スロット(SO-DIMM)
ストレージ512GB SSD(PCIe NVMe M.2) + 1TB HDD(7200回転)
グラフィックスNVIDIA GeForce GTX 1080 グラフィックス
8GB (GDDR5X)
※NVIDIA ドライバー 390.65
電源330W ACアダプター




 ベンチマークの設定・使用するソフトついて

OMEN X by HP 17-ap000_0G1A7785
 
この記事のベンチマークテスト(3DMARK、CINEBENCH R15、ゲームベンチ)や、インターネットや動画の視聴、バッテリー駆動時間のテストなどは下記の設定で行います。


 
【Windows10のバージョン】
・バージョン 1703
・OS ビルド 15063.850
※Windows 10 Fall Creators Update適用前のバージョンになります。

【Windows10の電源プラン】
・HP推奨 ※デフォルト設定

NVIDIA グラフィックスの電源管理モード】
・「最適電力」※デフォルト設定

NVIDIA グラフィックスのドライバ】
・バージョン:390.65 ※リリース日 2018/01/08


 
※設定が異なる場合は当サイトのような結果が出ない可能性があります。
※ベンチマーク中の温度や消費電力などの計測は下記のソフトやツールを使用。
 
 
ベンチマークで使用するソフト
 CrystalDiskInfoHDD/SSDの基本情報を確認できるソフト
 CrystalDiskMarkストレージの速度を測定するベンチマークソフト
CPU-ZCPUの詳細な情報を表示するソフト
GPU-Zグラフィックカードの詳細情報を表示するソフト
HWMonitorPCパーツの温度を測定するソフト
HWiNFO64PCパーツの温度を測定するソフト
Frapsゲーム中のフレームレートを表示できるソフト
ワットモニターTAP-TST8 消費電力の測定で使用
 ※ノートPCの場合は、ベンチマーク中の消費電力はディスプレイを含む数値になります。
 ※ディスプレイの輝度は100%に設定しています。
 



525x110_OMEN-X-by-HP-17-ap000_GTX-1080_プロセッサー_01a
 
OMEN X by HP 17-ap000は、オーバークロック向けのインテル Core i7-7820HK プロセッサーを搭載!プリインストールされている「OMEN Command Center」で動作周波数を変更することができます。
 

・インテル Core i7-7820HK プロセッサー (2.9-3.9GHz / 4コア・8スレッド)
 

ノートPC_プロセッサー性能比較_180111b

■プロセッサー性能比較
ベンチマークはPassMarkから抜粋したものです。あくまでも目安としてご覧ください。

Core i7-7820HKはノートPC向けのプロセッサーの中では高性能な部類になるので、型番末尾に「U」が付く省電力のプロセッサーよりも負荷が高い処理やゲームなどで高い性能を発揮します。
 

■オーバークロック対応のインテル Core i7-7820HK プロセッサー

型番末尾に「HK」が付くプロセッサーは、ノートPC向けの中では高性能なタイプでオーバークロックに対応。動作周波数を上げる(オーバークロックする)ことで、さらに性能を上げることができます。

◆日本HPのノートPC・タブレット「プロセッサー性能比較表」



 
OMEN X by HP 17-ap000_CPU-Z_01 OMEN X by HP 17-ap000_CPU-Z_03
 
 
 
CPU-Zで表示されるインテル Core i7-7820HK プロセッサーの詳細。チップセットは「モバイルインテル CM238 チップセット」が搭載されています。

 
ゲーミングPCに搭載されているプロセッサーのスペック比較
プロセッサーCore i7-7820HKCore i7-7700HQ
開発コード名Kaby Lake
(第7世代)
Kaby Lake
(第7世代)
プロセス14 nm14 nm
コアの数44
スレッド数88
ベース動作周波数2.90 GHz2.80 GHz
ターボ・ブースト時の最大周波数3.90 GHz3.80 GHz
キャッシュ8 MB6 MB
TDP(CPUの消費電力の目安)45 W45 W
プロセッサー・ダイで許容できる最大温度100°C100°C
オーバークロック不可

Core i7-7820HKはCore i7-7700HQよりも少し動作周波数が高く、キャッシュの容量も増加していますが、最も大きな違いはオーバークロックが可能であることです。Core i7-7700HQはオーバークロックには対応していません。




■簡単にオーバークロックできる「OMEN Command Center」

OMEN Command Center_オーバークロック設定_04_ブースト時の動作周波数

プリインストールされている「OMEN Command Center」でプロセッサーの動作周波数を変更することが可能です。初期設定は下記のようになっています。
 
Intel Turbo Boost Technology有効時の動作クロック
Core i7-7820HK最大動作周波数
1コア動作時3.9 GHz
2コア動作時3.7 GHz
3コア動作時3.6 GHz
4コア動作時3.5 GHz
  

OMEN Command Center_オーバークロック設定_03

「OMEN Command Center」はベンチマークテストでプロセッサーの性能を測定することができます。
初期の設定で行ったテストでは「1189」というスコアが出ました。



オーバークロックOMEN Command Center_オーバークロック設定_05_4GHzに
 
画面では5回分の結果が表示されるので、オーバークロック後にどれくらい性能が向上したのかを確認することができます。1~4コア動作時の設定を4.0GHzに上げてベンチマークを行うと、スコアが1189→1280になりました。この設定で問題なかったので、もう少し動作周波数を上げることができるかもしれません。

【関連記事】
◆インテル Core i7-7820HK プロセッサーのオーバークロックに挑戦!
 

※オーバークロック起因による故障は保証対象外となります。
※オーバークロックに失敗した場合はPCが再起動して初期設定に戻ります。(※スクリーンショット




 プロセッサーのベンチマーク(CINEBENCH R15)

スクリーンショット 2017-03-07t

グラフィックカードとCPUの性能テストを行い、コンピュータのパフォーマンスを評価します。

◆MAXON CINEBENCH ダウンロード



OMEN X by HP 17-ap000_CINEBENCH R15_cpu_03t 
 ■OpenGL
カーチェイスによる複雑な3Dシーンを使って、グラフィックカードのOpenGLモードでの性能を調べます。

■CPU
3Dレンダリングを行いプロセッサパワーのすべてを使う性能テスト。

■CPU(Single Core)
1コアのみで行うプロセッサ性能テスト。
 


 
 
 ◆OMEN X by HP 17-ap000
 ・Core i7-7820HK
 (最大3.9GHz, 4コア8スレッド)

 ・メモリ32GB(DDR4-2400MHz)
 ・GeForce GTX 1080
 
 OpenGL:118.01 fps
 CPU:764 cb
 CPU(Single Core):152 cb
 
CINEBENCH R15 プロセッサー性能比較
プロセッサーCPU
(マルチコア)
CPU
(シングルコア)
CPU パッケージ
の最大消費電力
Core i7-7820HK
(最大4.4GHzにオーバークロック)
※4コア動作時 4.4GHz
921 cb
(125.4%)
184 cb
(116.4%)
約68.7W
(156.8%)
Core i7-7820HK
(最大4.0GHzにオーバークロック)
※4コア動作時 4.0GHz
862 cb
(117.4%)
170 cb
(107.5%)
約61.2W
(140.6%)
Core i7-7820HK
(最大3.9GHz, 4コア8スレッド)
※定格:4コア動作時 3.5GHz
764 cb
(104%)
152 cb
(96.2%)
約40.5W
(93.1%)
Core i7-7700HQ
(最大3.8GHz, 4コア8スレッド)

※4コア動作時 3.4GHz
734 cb158 cb約43.5W
※()内はCore i7-7700HQとの比較


 
■CPUテスト
プロセッサパワーをすべてを使うCPUテスト(マルチコア)では、誤差程度の差ですがCore i7-7820HKの方がCore i7-7700HQよりも少し良いスコアが出ています。
 

 ■CPU(Single Core)テスト
1コアのみの性能を測定するテストではCore i7-7820HKのスコアが少し伸びませんでしたが、Core i7-7700HQとほぼ同じくらいの性能です。


 
■ベンチマーク中の温度
負荷が高いマルチコアテストで最大71℃(平均63℃)でした。冷却性能は問題ありません。プロセッサーダイで許容できる最大温度(100℃)なので、かなり余裕があります。

 

※オーバークロック起因による故障は保証対象外となります。

■Core i7-7820HK プロセッサーをオーバークロック
Core i7-7820HK プロセッサーを4.0GHz(4コア動作時)にオーバークロックしてみました。マルチコアテストではCore i7-7700HQよりも約17%高いスコアで、デスクトップPC向けの定格のCore i7-6700K(※実機ベンチマーク)に匹敵する性能になります。

最大温度は83℃、平均温度は72℃(※スクリーンショット)で定格よりも10℃くらい温度は上がりましたが、しっかりとプロセッサーを冷却できているようです。


■最大4.4GHzまでオーバークロック
動画のエンコードやゲームなどで安定して使えるかどうかわかりませんが、このテストでは最大4.4GHzまでオーバークロックすることが可能でした。定格よりも2割くらい性能が向上し949までスコアが伸びています。OMEN by HP Desktop 880 ハイパフォーマンスモデルに搭載されているCore i7-7700K(※実機ベンチマーク)と同じくらいのスコアです。

【関連記事】
◆インテル Core i7-7820HK プロセッサーのオーバークロックに挑戦!
 
ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 21℃】
温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
※ベンチマーク中の計測値はPC構成や環境で変動する場合があります。
インテル Core i7-7820HK プロセッサー
※4.4GHzにオーバークロック(4コア動作時) 【最大温度】 94℃前後
 【平均温度】 86℃前後
 【アイドル時】 36℃前後
※4.0GHzにオーバークロック(4コア動作時)
 【最大温度】 83℃前後
 【平均温度】 72℃前後
 【アイドル時】 36℃前後
プロセッサーの温度
※定格時(4コア動作時3.5GHz)
 【最大温度】 71℃前後
 【平均温度】 63℃前後
 【アイドル時】 36℃前後
NVIDIA GeForce GTX 1080
GPUの温度 【最大温度】 47℃前後
 【平均温度】 44℃前後
 【アイドル時】 34℃前後
GPU コアクロック 【 最大 】  1468.0 MHz
 【アイドル時】 139.0 MHz
GPU メモリクロック 【 最大 】  1251.5 MHz
 【アイドル時】 101.3 MHz
GPUクーラーのファンスピード 【 最大 】  - RPM
 【アイドル時】 - RPM
ビデオメモリ使用量 531 MB
ベンチマーク中の消費電力(ディスプレイを含む)
CPUテスト(PC全体の消費電力) 最大 約117W 最大4.4GHz
CPUテスト(マルチコア)
 CPUのみ68.7W:最大4.4GHz
 CPUのみ61.2W:最大4.0GHz
 CPUのみ40.5W:定格
CPUテスト(1コア) CPUのみ24.6W:最大4.0GHz
 CPUのみ24.6W:最大4.0GHz
 CPUのみ19.2W:定格
OpenGLテスト 最大 約104W(GPUのみ:55.3W)




525x110_OMEN-by-HP-17-an000_GTX-1070_メモリ_01b

OMEN X by HP 17-ap000は高速なメモリ(DDR4-2400MHz)を32GB (16GB×2) 搭載! 
 

・32GB (16GB×2) DDR4-2400MHz (最大32GB)
 

 
OMEN X by HP 17-ap000_CPU-Z_04 
 搭載されているDDR4メモリの詳細。

レイテンシ(メモリのデータを転送する時の待ち時間)はCL-17です。16GBのメモリを2枚搭載しデュアルチャネルで動作します。(※スクリーンショット:OMEN X by HP 17-ap000の仕様
 
 
 

■メモリ搭載量について

OMEN X by HP 17-ap000は標準で大容量の32GBのメモリを搭載しています。

インターネットや動画の視聴、オフィスソフトなどの用途や、バトルフィールド1のような16GBメモリを推奨するゲームをプレイする場合でもかなり余裕がある容量です。

画像処理用途でも快適に作業するには十分な容量で、複数のアプリケーションを立ち上げたまま作業する場合や、高解像度の画像を取り扱う場合にも対応できます。

◆どれくらいパソコンにメモリを搭載すればよいのか?




525x110_OMEN-X-by-HP-17-ap000_GTX-1080_メモリ_01a

OMEN X by HP 17-ap000は、超高速の512GB SSD(PCIe NVMe M.2)と画像や動画、ゲームなどを多数保存するための1TB HDD(7200回転)を搭載しています。


・512GB SSD (PCIe NVMe M.2) +1TB HDD(7200回転)


ストレージ空き容量_02t_s

512GBのSSDの実際に使用できる容量は476GB(※そのうち約42.4GBを使用)になります。1TBのHDDは約918GBの容量が使用可能です。

リカバリーイメージが入っているパーティションのサイズは12.5GB(11.0GBが使用)なので、リカバリーディスクを作成する場合は16GBのUSBメモリが必要になります。
 
 


512GB SSD (PCIe NVMe M.2)


 
OMEN X by HP 17-ap000_CrystalDiskInfo_512GB SSD_02 CrystalDiskInfo 7.5.1
 CrystalDiskInfoで表示されるストレージの情報。

512GB SSDはSUMSUNG製で、型番はMZVLW512HMJP-000H1 512.1GB、ファームウェアは「CXY73H1Q」です。

※ストレージのメーカーは販売時期によって異なる場合があります。
 
 

 
OMEN X by HP 17-ap000_CrystalDiskMark6_512GB SSD_03 CrystalDiskMark 6.0.0
 このテストでは、シーケンシャルリードが3118MB/s、シーケンシャルライトは1622MB/s前後でした。

転送速度が非常に速い「PCIe NVMe」という規格を採用したSSDの中でも高速な部類になります。
 
  

■CrystalDiskMark 6.0.0 x64で行ったテスト結果
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

   Sequential Read (Q= 32,T= 1) :  3118.663 MB/s
  Sequential Write (Q= 32,T= 1) :  1622.650 MB/s
  Random Read 4KiB (Q=  8,T= 8) :  1058.404 MB/s [ 258399.4 IOPS]
 Random Write 4KiB (Q=  8,T= 8) :  1208.391 MB/s [ 295017.3 IOPS]
  Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) :   523.335 MB/s [ 127767.3 IOPS]
 Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) :   440.587 MB/s [ 107565.2 IOPS]
  Random Read 4KiB (Q=  1,T= 1) :    45.476 MB/s [  11102.5 IOPS]
 Random Write 4KiB (Q=  1,T= 1) :   144.773 MB/s [  35345.0 IOPS]

  Test : 1024 MiB [C: 35.0% (166.4/475.7 GiB)] (x5)  [Interval=5 sec]
  Date : 2018/01/12 15:14:32
    OS : Windows 10 Professional [10.0 Build 15063] (x64)
    SAMSUNG MZVLW512HMJP-000H1


■ベンチマーク中の温度(室温21℃)
512GB SSD(PCIe NVMe M.2)
30℃(ベンチマーク前)→約61℃(ベンチマーク後)

■起動時間(デスクトップ画面が表示されるまで)
約10~11秒
※Windows 10のログインパスワードを設定しない状態での計測。
※PCの環境次第で起動時間が長くなる場合があります。

 


 1TB HDD(7200回転)



 
OMEN X by HP 17-ap000_CrystalDiskInfo_1TB HDD_02 CrystalDiskInfo 7.5.1
 CrystalDiskInfoで表示されるストレージの情報。

1TB HDDはHGST製で、型番はHTS721010A9E630 1000.2 GB、ファームウェアは「JB0OA3T0」です。

※ストレージのメーカーは販売時期によって異なる場合があります。
 
 

 
OMEN X by HP 17-ap000_CrystalDiskMark6_1TB HDD_01 CrystalDiskMark 6.0.0
 このテストでは、シーケンシャルリードが134MB/s、シーケンシャルライトは120MB/s前後でした。SSDとは大きな性能差がありますが、2.5インチのHDDとしては標準的な速度です。
 
 

■CrystalDiskMark 6.0.0 x64で行ったテスト結果
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

   Sequential Read (Q= 32,T= 1) :   134.581 MB/s
  Sequential Write (Q= 32,T= 1) :   120.644 MB/s
  Random Read 4KiB (Q=  8,T= 8) :     1.067 MB/s [    260.5 IOPS]
 Random Write 4KiB (Q=  8,T= 8) :     1.061 MB/s [    259.0 IOPS]
  Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) :     1.054 MB/s [    257.3 IOPS]
 Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) :     1.108 MB/s [    270.5 IOPS]
  Random Read 4KiB (Q=  1,T= 1) :     0.554 MB/s [    135.3 IOPS]
 Random Write 4KiB (Q=  1,T= 1) :     1.122 MB/s [    273.9 IOPS]

  Test : 1024 MiB [D: 2.8% (26.0/919.0 GiB)] (x5)  [Interval=5 sec]
  Date : 2018/01/12 16:26:32
  OS : Windows 10 Professional [10.0 Build 15063] (x64)
  HGST HTS721010A9E630

■ベンチマーク中の温度(室温21℃)
1TB HDD(SATA, 7200回転)
23℃(ベンチマーク前)→約35℃(ベンチマーク後)



 
525x110_OMEN-X-by-HP-17-ap000_GTX-1080_グラフィックス_01a

OMEN X by HP 17-ap000は、高性能なNVIDIA GeForce GTX 1080 グラフィックスを搭載!
 

・NVIDIA GeForce GTX 1080 グラフィックス 8GB (GDDR5X)
 

ノートPC_グラフィックス性能比較_180112
 
■グラフィックス性能比較
※下記のベンチマークはPassMarkから抜粋したものです。あくまでも目安としてご覧ください。実機のテストではグラフのようなパフォーマンスが発揮されない場合があります。

■NVIDIA GeForce GTX 1080 グラフィックス
OMENシリーズの最上位モデル「OMEN X by HP 17-ap000」に搭載されているGPU。上記のベンチマークではGTX 1060よりも約37%高いスコアになります。少し値段が高くてもより高性能なものを求める方向けのスペックです。

■NVIDIA GeForce GTX 1070 グラフィックス
OMEN by HP 17 パフォーマンス・プロモデル(17-an012TX)に搭載されているGPU。上記のベンチマークではGTX 1060よりも約25%高いスコアが出ています。(※実機ベンチマーク

■NVIDIA GeForce GTX 1060 グラフィックス
OMEN by HP 17 スタンダード・プロモデル(17-an011TX)に搭載されているGPU。最新の重い3DゲームをフルHD・最高画質でプレイするには少し非力(60FPS以上を出せない場合がある)ですが、最高画質を少し下げることで快適にプレイできるようになります。

◆関連記事:日本HPのノートPC「グラフィックス性能比較表」



  
OMEN X by HP 17-ap000_GPU-Z_01
 
NVIDIA GeForce GTX 1080 グラフィックス のスペック
製品名GTX 1080
(ノートPC向け)
GTX 1080
(デスクトップ)
GPUコアPascal
(GP104M)
※HWiNFO64
Pascal
(GP104-400)
※HWiNFO64
CUDAコア(シェーダ)数25602560
Pixel Fillrate (GPixel/s)101.2102.8
Texture Fillrate (GTexel/s)253.1257.1
テクスチャユニット(TMUs)160160
ROPユニット(ROPs)6464
ベースクロック(MHz)1582 MHz1607 MHz
ブーストクロック(MHz)1771 MHz1734 MHz
メモリタイプGDDR5XGDDR5X
メモリクロック1251 MHz1251 MHz
メモリ容量8GB8GB
メモリバス幅256bit256bit
メモリ帯域幅(GB/s)320.3GB/s320.3GB/s
DirectX12 API with feature
level 12_1
12 API with feature
level 12_1
最大温度91.0℃94.0℃
Total Graphics Power (W)150 W180 W
 

■OMEN X by HP 17に搭載されているGTX 1080はデスクトップPC向けとほぼ同等のスペック

OMEN X by HP 17-ap000に搭載されているGTX 1080は、上記の比較表ではデスクトップPC向け(※スクリーンショット:GPU-Z)とほぼ同等のスペックですが、細かい部分では少し異なる部分があります。

GPUコアはPascalの「GP104」というタイプになりますが、ノートPC向けは末尾にM(モバイル向けと思われる)が付いた「GP104M」で、デスクトップPC向けは「GP104-400」と表記されています。

ノートPC向けのGTX 1080は、実機ベンチマークテストでは最大温度が80℃前半くらいまで上がるデスクトップPC向けのGTX 1080(※実機ベンチマーク)よりも数度~10℃くらい低めで動作していました。最大パフォーマンスよりも電力効率を重視した設定になっているようです。

下記のベンチマークはテストした時期が大きく違うので単純に比較はできないかもしれませんが、スコアが若干低めになっています。それでも型番末尾に「M」が付くと大きく性能が下がる旧世代のGPUと比較すると、最新世代の「GTX 10 シリーズ」はノートPC向けGPUでもデスクトップPC向けに近い性能があります。

■Fire Strike グラフィックススコア(DX11)
デスクトップPC向けのGTX 1080・・・21684
OMEN X by HP 17に搭載されているGTX 1080・・・・19843(91.5%)

※GPU-Zではブーストクロックが1771 MHzとなっていますが、実機のテストでは1873.0 MHzまで上がりました。
※GPUの情報はGPU-Zに表示されているものを記載しています。
 

 
 
 グラフィックス・ベンチマーク(3D MARK)

スクリーンショット_3Dmark

DirectX 11、DirectX 9、DirectX 10の機能を使用したベンチマークができるソフト。当サイトではSteamで販売されている有料版でテストしています。

◆3DMark-v1-3-708 ダウンロード

 
 
※総合スコアは各スコアの平均になります。
※Graphics Score・・・グラフィック性能を測定するテスト。
Physics Score ・・・CPUの性能測定に特化したテスト。
Combined Score ・・・負荷が高い処理でCPUとGPUの性能を試すテスト。
 
 
 

 
OMEN X by HP 17-ap000_Time Spy_02 Time Spy
DirectX 12世代のGPU性能を計測。画面解像度は2560×1440。
 スコア:6189
  Graphics Score6640
 Physics Score 4471
 

 
OMEN X by HP 17-ap000_Fire Strike Ultra_02 Fire Strike Ultra
4K解像度(3840x2160)でDirectX 11のGPU性能を計測
 スコア:4647
  Graphics Score4644
 Physics Score 11113
 Combined Score2488

 
 
OMEN X by HP 17-ap000_Fire Strike Extreme_02 Fire Strike Extreme
WQHD(2560×1440)でDirectX 11のGPU性能を計測
 スコア:8526
  Graphics Score9300
 Physics Score 11043
 Combined Score4338
 
 
OMEN X by HP 17-ap000_Fire Strike_03 Fire Strike
DirectX 11レベルのグラフィックス機能を用いたテスト。画面解像度は1920x1080。
 スコア:15089
  Graphics Score19843
 Physics Score 11036
 Combined Score6719
 

 
OMEN X by HP 17-ap000_Sky Diver_02 Sky Diver
DirectX 11世代の機能統合型CPU(=APU)向けのテスト。画面解像度は1920x1080。
 スコア:30370
  Graphics Score52626
 Physics Score 10533
 Combined Score22552

 
 
OMEN X by HP 17-ap000_Cloud Gate_02 Cloud Gate
DirectX 10レベルのグラフィックス機能を用いたテスト。画面解像度は1280x720。
 スコア:26963
  Graphics Score84528
 Physics Score 7969
 

 
OMEN X by HP 17-ap000_Ice Storm_02 Ice Storm
DirectX 9レベルのグラフィックス機能を用いたテスト。画面解像度は1280x720。
 スコア:118074
  Graphics Score183270
 Physics Score 52593
 
 
OMEN X by HP 17-ap000_Ice Storm Extreme_02 Ice Storm Extreme
解像度を1920x1080にして負荷を高くしたテスト
 スコア:113102
  Graphics Score169731
 Physics Score 52176
 

【Core i7-7820HK,  GeForce GTX 1080 のスコア】
「最新3Dゲームをどれくらい快適にプレイできるか?」という疑問に対して、参考になりそうなTime Spy(DX12:画面解像度2560×1440)やFire Strike(DX11:画面解像度1920×1080)のテストでは、GTX 1070 Laptop よりも約20%高いスコアが出ています。

Time Spyは画面解像度が高いのでフレームレートが伸びませんが(40FPS前後くらい)、フルHD(1920x1080)でテストを行うFire Strikeでは、グラフィックステスト1では94FPS、負荷が高いグラフィックステスト2でも79FPSくらい出ています。よほど重いものでなければ最新ゲームを60FPS以上で快適にプレイできる性能です。


 
【ベンチマーク中の温度】
Core i7-7820HKプロセッサーは瞬間的に80後半~90℃くらいまで上がることがありましたが、平均では70℃くらいに収まっています。

ノートPC向けのGTX 1080は消費電力や発熱を少し抑えた設定(電力効率重視)になっているようです。負荷が高いテストでも最大温度が70℃前半くらい(平均では60前後)で、デスクトップPC向けのGTX 1080(※実機ベンチマーク)の最大83℃(平均69℃)よりも10℃くらい低い温度になります。


 
■参考:Core i7-7700HQ,  GeForce GTX 1070 Laptop のスコア

Time Spy
スコア:5276
Graphics Score :5498
Physics Score :4298

Fire Strike(DX11)
スコア:13295
Graphics Score :16579
Physics Score :10817
Combined Score :6208

◆OMEN by HP 17-an000(GTX 1070)の性能・消費電力を検証!
 
 
ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 21℃】
温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
※ベンチマーク中の計測値はPC構成や環境で変動する場合があります。
インテル Core i7-7820HK プロセッサー
プロセッサーの温度
※定格(1コア動作時 3.9GHz,、4コア動作時 3.5GHz)
 【最大温度】 91℃前後
 【平均温度】 71℃前後
 【アイドル時】 36℃前後
NVIDIA GeForce GTX 1080
GPUの温度 【最大温度】 72℃前後
 【平均温度】 62℃前後
 【アイドル時】 34℃前後
GPU コアクロック 【 最大 】  1873.0 MHz
 【アイドル時】 139.0 MHz
GPU メモリクロック 【 最大 】  1251.5 MHz
 【アイドル時】 101.3 MHz
GPUクーラーのファンスピード 【 最大 】  - RPM
 【アイドル時】 - RPM
ビデオメモリ使用量 3036MB
 ※Time Spy
ベンチマーク中のP消費電力(ディスプレイを含む)
ベンチマーク中の最大消費電力(PC全体)最大 約248W
※Time Spy
Core i7-7820HK プロセッサーの最大消費電力
※定格(1コア動作時 3.9GHz,、4コア動作時 3.5GHz)
最大 約39.1W
※Sky Diver
GeForce GTX 1080 の最大消費電力最大 約201.9W
※Fire Strike Ultra




 ゲームベンチマーク(ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター)

Pavilion 24-a270jp_リベレーター

この「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター」ベンチマークは、実際のマップとキャラクターを表示してお手持ちのPCで動作させた場合の指標となるスコアを確認することができます。

◆ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク ダウンロード
 

 
OMEN X by HP 17-ap000_リベレーター_1920x1080標準_02画面サイズ:1920x1080
グラフィック設定:標準品質
フルスクリーンモード
 スコア:16569
 平均フレームレート:124.624
評価:非常に快適
 

 
OMEN X by HP 17-ap000_リベレーター_1920x1080最高_03画面サイズ:1920x1080
グラフィック設定:最高品質
フルスクリーンモード
 スコア:14231
 平均フレームレート:101.324
評価:非常に快適
 

【Core i7-7820HK,  GeForce GTX 1080 のスコア】

フルHD・最高画質でも十分快適にプレイできますが、このゲーミングノートは120Hz対応のディスプレイを搭載しているので、フレームレートが120FPS以上出る設定に調整してより滑らかな動きでゲームを楽しむこともできます。

GTX 1070 Laptopを搭載したゲーミングノート(◆実機ベンチマーク)と比較した場合は約10%高いスコアになります。
 

 
【参考:Core i7-7700HQ,  GeForce GTX 1070 Laptopのスコア】

画面サイズ:1920x1080
グラフィック設定:標準品質 フルスクリーンモード
スコア:15004
平均フレームレート:113.019
評価:非常に快適

画面サイズ:1920x1080
グラフィック設定:最高品質 フルスクリーンモード
スコア:12800
平均フレームレート:90.130
評価:非常に快適

◆OMEN by HP 17-an000(GTX 1070)の性能・消費電力を検証!
 
 
ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 21℃】
温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
※ベンチマーク中の計測値はPC構成や環境で変動する場合があります。
インテル Core i7-7820HK プロセッサー
プロセッサーの温度
※定格(1コア動作時 3.9GHz,、4コア動作時 3.5GHz)
 【最大温度】 85℃前後
 【平均温度】 79℃前後
 【アイドル時】 36℃前後
NVIDIA GeForce GTX 1080
GPUの温度 【最大温度】 73℃前後
 【平均温度】 71℃前後
 【アイドル時】 34℃前後
GPU コアクロック 【 最大 】  1860.0 MHz
 【アイドル時】 139.0 MHz
GPU メモリクロック 【 最大 】  1251.5MHz
 【アイドル時】 101.3 MHz
GPUクーラーのファンスピード 【 最大 】  - RPM
 【アイドル時】 - RPM
ビデオメモリ使用量 1801 MB
ベンチマーク中の消費電力(ディスプレイを含む
ベンチマーク中の最大消費電力(PC全体)最大 約235W
Core i7-7820HK プロセッサーの最大消費電力
※定格(1コア動作時 3.9GHz,、4コア動作時 3.5GHz)
最大 約42.1W
GeForce GTX 1080 の最大消費電力最大 約170.9W
 

 
 
 ゲームベンチマーク(PSO2 キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4)

PSO ep4_ベンチマーク

『ファンタシースターオンライン2』がどのくらい快適にプレイできるかを点数で評価してくれるベンチマーク機能です。

◆ベンチマーク ダウンロード
※フレームレートはFrapsで計測(目視で確認)しています。
 

 
OMEN X by HP 17-ap000_pso2_1920x1080簡易設定3_04 画面サイズ:1920x1080
簡易描画設定・・・3
フルスクリーン表示
 スコア:61455
 フレームレート:146~291fps
評価:快適
 

 
OMEN X by HP 17-ap000_pso2_1920x1080簡易設定6_03 画面サイズ:1920x1080
簡易描画設定・・・6(最高画質)
フルスクリーン表示
 スコア:31715
 フレームレート:112~239fps
評価:快適
 

【Core i7-7820HK,  GeForce GTX 1080 のスコア】

フルHD・簡易設定6(最高品質)でも快適にプレイできるフレームレートが出ています。瞬間的に120FPSを下回ることがありますが、ほぼ常時120FPS以上出ているのでリフレッシュレート120Hzのディスプレイの性能(動きの滑らかさ)を十分に堪能することができます。
 
GTX 1070 Laptopを搭載したゲーミングノート(◆実機ベンチマーク)と比較した場合は約14%高いスコア(※フルHD・簡易設定6の設定)になります。
 


【参考:Core i7-7700HQ,  GeForce GTX 1070 Laptopのスコア】

画面サイズ:1920x1080
簡易描画設定・・・6(最高画質)※フルスクリーン表示
スコア:27801
フレームレート:104~227fps
評価:快適

◆OMEN by HP 17-an000(GTX 1070)の性能・消費電力を検証!
 
 
ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 21℃】
温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
※ベンチマーク中の計測値はPC構成や環境で変動する場合があります。
インテル Core i7-7820HK プロセッサー
プロセッサーの温度
※定格(1コア動作時 3.9GHz,、4コア動作時 3.5GHz)
 【最大温度】 84℃前後
 【平均温度】 73℃前後
 【アイドル時】 36℃前後
NVIDIA GeForce GTX 1080
GPUの温度 【最大温度】 70℃前後
 【平均温度】 63℃前後
 【アイドル時】 34℃前後
GPU コアクロック 【 最大 】  1873.0 MHz
 【アイドル時】 139.0 MHz
GPU メモリクロック 【 最大 】  1251.5 MHz
 【アイドル時】 101.3 MHz
GPUクーラーのファンスピード 【 最大 】  - RPM
 【アイドル時】 - RPM
ビデオメモリ使用量 811 MB
ベンチマーク中の消費電力(ディスプレイを含む)
ベンチマーク中の最大消費電力(PC全体)最大 約226W
Core i7-7820HK プロセッサーの最大消費電力
※定格(1コア動作時 3.9GHz,、4コア動作時 3.5GHz)
最大 約27.4W
GeForce GTX 1080 の最大消費電力最大 約163.5W




 ドラゴンクエストX ベンチマーク

DQXベンチマーク

ドラゴンクエストX ベンチマークは、お使いのパソコンで「Windows版ドラゴンクエストⅩ」をプレイすることができるか性能をチェックするためのソフトです。

◆ベンチマーク ダウンロード
※フレームレートはFrapsで計測(目視で確認)しています。


 
※このベンチマークはキャラクターがたくさん出てくるシーンでフレームレートが下がります。画質設定を軽くすると最高フレームレートは向上するのですが、最低フレームレートはあまり向上しません。フレームレートは240FPSが最高値になります。

20151025180444693s_201710150042167f6.png
 
 
 
OMEN X by HP 17-ap000_DQX_1920x1080標準_03 画面サイズ:1920x1080
グラフィック設定:標準品質
フルスクリーン表示
 スコア:19099
 フレームレート:50~240fps
評価:すごく快適
 


OMEN X by HP 17-ap000_DQX_1920x1080最高_03 画面サイズ:1920x1080
グラフィック設定:最高品質
フルスクリーン表示
 スコア:18915
 フレームレート:49~240fps
評価:すごく快適
 

【Core i7-7820HK,  GeForce GTX 1080 のスコア】

フルHD(1920x1080)の最高品質で「すごく快適」という評価になります。フレームレートの限界値が240FPSなので設定を軽くしてもスコアは頭打ちになります。

GTX 1070 Laptopを搭載したゲーミングノート(◆実機ベンチマーク)と比較した場合は約4%高いスコアになります。



【参考:Core i7-7700HQ,  GeForce GTX 1070 Laptopのスコア】

画面サイズ:1920x1080
グラフィック設定:最高品質 フルスクリーン表示
スコア:18136
フレームレート:46~240fps
評価:すごく快適

◆OMEN by HP 17-an000(GTX 1070)の性能・消費電力を検証!
 
 
ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 21℃】
温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
※ベンチマーク中の計測値はPC構成や環境で変動する場合があります。
インテル Core i7-7820HK プロセッサー
プロセッサーの温度
※定格(1コア動作時 3.9GHz,、4コア動作時 3.5GHz)
 【最大温度】 74℃前後
 【平均温度】 64℃前後
 【アイドル時】 36℃前後
NVIDIA GeForce GTX 1080
GPUの温度 【最大温度】 57℃前後
 【平均温度】 52℃前後
 【アイドル時】 34℃前後
GPU コアクロック 【 最大 】  1860.0 MHz
 【アイドル時】 139.0 MHz
GPU メモリクロック 【 最大 】  1251.5 MHz
 【アイドル時】 101.3 MHz
GPUクーラーのファンスピード 【 最大 】  - RPM
 【アイドル時】 - RPM
ビデオメモリ使用量 518 MB
ベンチマーク中の消費電力(ディスプレイを含む)
ベンチマーク中の最大消費電力(PC全体)最大 約157W
Core i7-7820HK プロセッサーの最大消費電力
※定格(1コア動作時 3.9GHz,、4コア動作時 3.5GHz)
最大 約18.5W
GeForce GTX 1080 の最大消費電力最大 約101.7W
 



 ゲームベンチマーク(F1 2017)

20170826131119_1.jpg

フォーミュラワン ワールドチャンピオンシップ公式ゲームシリーズの最新作「F1 2017」でベンチマークテストを行いました。ベンチマークテストは下記の設定で行っています。



■F1 2017 ベンチマークの設定
解像度:1920x1080
表示モード:フルスクリーン
Vsync:オフ
アンチエイリアス:TAA
異方性フィルタリング:16x
グラフィック設定プリセット:超高
 
 


20170825152753_1_20170825155641429.jpg
 
オーストラリア
最低FPS平均FPS最高FPS
晴天96125150
豪雨87115131
 

 
20170826172925_1.jpg
 
モナコ
最低FPS平均FPS最高FPS
晴天99122156
豪雨90109133
 
 
20170826174710_1.jpg
 
シンガポール
最低FPS平均FPS最高FPS
晴天91118136
豪雨7598115
 

【Core i7-7820HK,  GeForce GTX 1080 のスコア】

F1 2017に収録されている全てのサーキットの中から高いフレームレートが出やすいオーストリア、やや伸びない傾向のモナコやシンガポールなどの市街地をピックアップ。

大まかな傾向としてはどのサーキットでも「晴天」の方がフレームレートが高く、水しぶきが上がる「豪雨」ではフレームレートが下がります。

ベンチマークで最も重くなるシンガポールの特定の状況(豪雨&最終ラップの花火)でも60FPS以上をキープ。それ以外の状況では平均フレームレートが100以上出ているので、フルHD・超高(ウルトラ)でも快適にプレイ可能です。リフレッシュレート120Hz対応ディスプレイの動きの滑らかさ(ヌルヌル感)を体感することができます。

◆PC版「F1 2017」の推奨スペック&実機ベンチマーク
 
 
ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 21℃】
温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
※ベンチマーク中の計測値はPC構成や環境で変動する場合があります。
インテル Core i7-7820HK プロセッサー
プロセッサーの温度
※定格(1コア動作時 3.9GHz,、4コア動作時 3.5GHz)
 【最大温度】 90℃前後
 【平均温度】 81℃前後
 【アイドル時】 36℃前後
NVIDIA GeForce GTX 1080
GPUの温度 【最大温度】 74℃前後
 【平均温度】 69℃前後
 【アイドル時】 34℃前後
GPU コアクロック 【 最大 】  1847.5 MHz
 【アイドル時】 139.0 MHz
GPU メモリクロック 【 最大 】  1251.5MHz
 【アイドル時】 101.3 MHz
GPUクーラーのファンスピード 【 最大 】  - RPM
 【アイドル時】 - RPM
ビデオメモリ使用量 3559 MB
ベンチマーク中の消費電力(ディスプレイを含む)
ベンチマーク中の最大消費電力(PC全体)最大 約246W
Core i7-7820HK プロセッサーの最大消費電力
※定格(1コア動作時 3.9GHz,、4コア動作時 3.5GHz)
最大 約33.1W
GeForce GTX 1080 の最大消費電力最大 約170.7W
 


 
 VRMark:VR(仮想現実)対応システムのためのベンチマーク

VRmark.png

「VRMark」はVirtual Reality(仮想現実)対応システムのためのベンチマークです。このテストはVRヘッドセットがなくてもVR Ready判定テストを行うことができます。テストは2種類用意されており、Orange Roomは現在のVR環境を想定した標準的なテストですが、Blue Roomは将来登場すると思われる負荷が高い環境を想定したテストになっています。
 
 

 
39_OMEN X by HP 17-ap000_VR Mark_orange_01 ■Orange Room
現在の標準的な負荷でVR性能を調べるテスト。
 スコア:8647
 平均フレームレート:188.50 FPS
目標フレームレート:109.00 FPS
 

 
39_OMEN X by HP 17-ap000_VR Mark_cyan_01 ■Cyan Room
DirectX 12を利用したアプリケーションがどれくらい快適に動くかをテスト。
 スコア:5932
 平均フレームレート:129.31 FPS
目標フレームレート:88.90 FPS
 
 
39_OMEN X by HP 17-ap000_VR Mark_blue_01 ■Blue Room
将来のより高負荷なVR環境を想定したテスト。
 スコア:2080
 平均フレームレート:45.34 FPS
目標フレームレート:109.00 FPS
 

【Core i7-7820HK,  GeForce GTX 1080 のスコア】

現在のVR環境でどれくらいの性能かをテストするOrange Roomでは目標フレームレートよりも約1.7倍、DirectX 12を利用した環境でも約1.4倍くらい高いスコアが出ています。

Blue Roomは将来の環境を想定しているテストなので目標フレームレートを下回っていますが、現時点の環境では十二分にVRを楽しめる性能です。
 

 
【参考:Core i7-7700HQ,  GeForce GTX 1070 Laptop のスコア】

■Orange Room
スコア:8026
平均フレームレート:174.98fps
目標フレームレート:109.00fps

■Blue Room
スコア:1651
平均フレームレート:36.00fps
目標フレームレート:109.00fps

◆OMEN by HP 17-an000(GTX 1070)の性能・消費電力を検証!
 
 
ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 21℃】
温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
※ベンチマーク中の計測値はPC構成や環境で変動する場合があります。
インテル Core i7-7820HK プロセッサー
プロセッサーの温度
※定格(1コア動作時 3.9GHz,、4コア動作時 3.5GHz)
 【最大温度】 79℃前後
 【平均温度】 68℃前後
 【アイドル時】36℃前後
NVIDIA GeForce GTX 1080
GPUの温度 【最大温度】 64℃前後
 【平均温度】 55℃前後
 【アイドル時】 34℃前後
GPU コアクロック 【 最大 】  1860.0 MHz
 【アイドル時】 139.0 MHz
GPU メモリクロック 【 最大 】  1251.5 MHz
 【アイドル時】 101.3 MHz
GPUクーラーのファンスピード 【 最大 】  - RPM
 【アイドル時】 - RPM
ビデオメモリ使用量 1904 MB
ベンチマーク中の消費電力(ディスプレイを含む)
ベンチマーク中の最大消費電力(PC全体)最大 約245W
Core i7-7820HK プロセッサーの最大消費電力
※定格(1コア動作時 3.9GHz,、4コア動作時 3.5GHz)
最大 約31.4W
GeForce GTX 1080 の最大消費電力最大 約170.3W




525x110_OMEN-X-by-HP-17-ap000_GTX-1080_消費電力_01a

OMEN X by HP 17-ap000は高性能なプロセッサーやGPUを搭載しているので、大容量の330WのACアダプターが付属しています。


インターネット閲覧中の消費電力・温度(室温22℃)
プロセッサーの温度41~60℃
GPUの温度38~42℃
消費電力(PC全体)30~96W前後

プロセッサーの温度や消費電力は、サイトにアクセスしたりページを移動したときに瞬間的に高くなりますが、ページを見ているだけの状態ではアイドル時に近い温度や消費電力になります。

キーボード表面の温度はほんのりと暖かい程度(26~29℃くらい:室温22℃)で、冷却ファンの音も静かです。
 
 
※消費電力や温度は、Microsoft Edge でHP公式サイトを閲覧した時の数値。
※閲覧するWebサイトによっては計測した数値と異なる場合があります。
※電源オプションは「バランス(HP推奨)」に設定。

 
YouTubeの動画を約30分視聴したときの消費電力・温度(室温22℃)
プロセッサーの温度41~52℃ 【平均42℃】
GPUの温度38~39℃ 【平均38℃】
消費電力(PC全体)34~63 W前後

動画視聴中のプロセッサーの温度や消費電力はWebサイトの閲覧よりは少し高めになりますが、負荷が高いベンチマーク時よりはかなり低い温度や消費電力で動作します。

キーボード表面の温度は、Webサイトの閲覧よりも僅かに高くなりますが、ほんのりと暖かい温度(27~30℃くらい:室温22℃)です。

冷却ファンの回転音は音声かき消される程度なのでそれほど気になりません。
 
 
※消費電力や温度は、Microsoft Edge でYouTubeの動画を視聴した時の数値です。
※音量は10に設定。
※YouTubeのフルHD動画を30分再生
※動画はフルスクリーンで表示
※電源オプションは「バランス(HP推奨)」に設定。
 

 
ベンチマーク時のPCパーツの最高温度(室温21℃)
 ※消費電力はPCの使用環境によって違いが出る場合があります。
 ※ディスプレイの輝度を100%に設定してテストしています。
 ※ACアダプターを接続した状態で計測。
インテル Core i7-7820HK プロセッサー
※定格(1コア動作時 3.9GHz,、4コア動作時 3.5GHz)
最大 91℃(アイドル時36℃前後)
NVIDIA GeForce GTX 1080最大 74℃(アイドル時34℃前後)
ベンチマーク中の消費電力
電源OFF時0.02~0.19 W 前後
スリープ時0.06~0.24 W 前後
アイドル時31 W 前後
起動時(瞬間最大)約117 W
ベンチマーク中の最大消費電力(PC全体)約 248 W (3D MARK)
Core i7-7820HK プロセッサーの最大消費電力
※定格(1コア動作時 3.9GHz,、4コア動作時 3.5GHz)
約 42.1 W(リベレーター)
GeForce GTX 1080 の最大消費電力約 201.9 W(Fire Strike Ultra)

【高負荷時の温度】
Core i7-7820HK プロセッサーは負荷が高いベンチマークでは瞬間的に90℃くらいまで上がりますが、平均温度は70~80℃台前半くらいに収まっているので特に問題はありません。

GeForce GTX 1080に関しては、最大パフォーマンスよりも電力効率を重視したノートPC向けのチューニングがされているようで、デスクトップPC向けのGTX 1080(※実機ベンチマーク)よりも最大動作温度が10℃くらい低めになっています。


消費電力について】
最大消費電力は「3D MARK」ベンチマーク時に248 Wを記録しましたが、インターネットや動画視聴時は30~96Wの間で推移していました。


OMEN X by HP 17-ap000_0G1A7423



【高負荷時の冷却性能・エアフローについて】
OMEN X by HP 17-ap000は底面(※参考画像 )の大きな吸気口(メッシュの部分)から吸気して、側面(2か所)と後部の排熱口(2か所)から内部の熱を放出。大型の冷却ファンやヒートパイプ(4x3.5mm)なども搭載し冷却性能を強化しています。

底面のメッシュの部分は小さい三角形の吸気口が多数配置されていて、強度を確保しつつ大量の吸気が可能になっています。

内部のエアフローは、下位モデルの17インチ・ゲーミングノートOMEN by HP 17-an000と比較した場合は55%も高く、大柄なデスクトップ・ゲーミングPCのOMEN by HP Desktop 880と比較しても約半分くらいの性能があります。

OMEN by HP Desktop 880・・・65CFM(※実機レビュー
OMEN X by HP 17-ap000・・・31CFM
OMEN by HP 17-an000・・・20CFM(※実機レビュー

※CFM・・・1分間に1立方フィート(約 30cm3)の体積分の空気が何個分流れたかを示す単位。


OMEN X by HP 17-ap000_0G1A7520b



【OMEN X by HP 17-ap000の内部】
この最上位モデルは、底面の一部に内部が見えるクリアパネルを採用。下位モデルのOMEN by HP 17-an000(※実機レビュー)よりも大型の冷却ファン(93.6x98.7x14.0mmx2)、ベイパーパチャンバーによる効率的な冷却で、PCの温度が高くなる高負荷時でも安定した動作を実現しています。

※内部を分解した詳細画像は下記のサイトで見ることができます。本体の分解は保証対象外となりますのでご注意ください。

◆Product End-of-Life Disassembly Instructions:OMEN X by HP Laptop PC 17



525_OMEN X by HP 17-ap000_0G1A6643




【高負荷時に温度が高くなる場所】
・キーボードの中央付近から左側(スペースキー付近が最も高い温度)
・排熱口付近(4ヶ所)
・ボディの底面など

キーボード面やパームレスト部分には放熱性が高いアルミニウムが採用されています。手に触れるところで高負荷時(ゲームやベンチマークなどを行ったとき)に温度が高くなる場所は、中央付近から左側で、スペースキー付近が最も高い温度になります。矢印キー付近やテンキーの部分はそれほど熱くなりません。


 
キーボード部分の温度:インターネットや文書作成、動画視聴時の温度】
キーボードの中央付近が少し暖かくなりますが、最も温度が高いところでも少し暖かさが感じられる26~29℃くらいでした。(室温22℃)


 
【ゲーム中でも熱くなりにくいキーボード部分】
このOMEN X by HP 17は高負荷時でもキーボード面があまり熱くならないので、ゲームプレイ中のキーボードの操作がとても快適です。

下位モデルのOMEN by HP 17-an000(※実機レビュー)や、OMEN by HP 15-ce000(※実機レビュー)などは、当サイトのテストで「WASDキー」付近が34~36℃くらいになりましたが、今回テストしたOMEN X by HP 17は負荷が高いベンチマーク(Fire Strike)や、PUBGを30分くらいプレイしても、キーボード面の温度が最も高いところ(スペースキー付近)で30~31℃くらいしか上がりませんでした。WASDキー付近はスペースキー付近よりも1~2℃くらい低い温度(27~29℃)で推移していました。(室温22℃)

もっと長い時間ゲームをプレイした場合はもう少し温度が上がるかもしれませんが、下位モデルよりはキーボード面の温度が上がりにくい印象です。
 
OMEN X by HP 17-ap000_0G1A7080




【高負荷時のファンの音】
ベンチマークやゲームなどをするとプロセッサーややグラフィックスの温度が高くなるので、冷却ファンの音はそれなりに大きくなります。

Webサイトの閲覧や動画の視聴時などは、内部の温度がそれほど上がらないのでファンの音は静かです。




 ベンチマークテストのまとめ

OMEN X by HP 17-ap000_0G1A7801
 

■17.3インチ・ゲーミングノートOMEN X by HP 17-ap000のベンチマークテスト

Core i7-7820HK、32GBメモリ、GTX 1080 グラフィックスを搭載したOMEN X by HP 17-ap000は、デスクトップのゲーミングPCに迫るポテンシャルを持ったゲーミングノートです。リフレッシュレート120Hz のディスプレイを搭載しているので、滑らかな動きでゲームを楽しむことができます。

このモデルは、キーボードやパームレスト部の熱をなるべく抑えるように配慮(素材やパーツの構成など)されているので、PCの温度が高くなるゲームプレイ時でも快適にキーを操作することができます。


◆インテル Core i7-7820HK プロセッサー(最大3.9GHz4、コア8スレッド)
負荷の高いゲームや動画のエンコード、画像処理などで高い処理能力を発揮。オーバークロックすることでより高い性能を得ることができます。CINEBENCH R15では最大4.4GHz(4コア動作時)で定格のCore i7-7700Kと同じくらいのスコアが出ました。

◆32GBメモリ ( DDR4-2400MHz)
インターネットや動画の視聴、16GBメモリを推奨するゲームなどではかなり余裕がありますし、大きなデータを取り扱う画像処理でも快適に作業できるくらい大きな容量です。

◆512GB SSD (PCIe NVMe M.2)+1TB HDD
起動やレスポンスが速いSSDと、画像や動画などを多数保存するための1TB HDDを搭載したデュアルストレージ構成です。SSDは512GBの大容量なので30GBのゲームを10本インストールしても少し余裕があります。

◆NVIDIA GeForce GTX 1080 グラフィックス
ノートPC向けのGTX 1080なので少し消費電力が控えめな感じですが、デスクトップPC向け(※実機ベンチマーク)に近い性能があります。Fire Strikeでは91.5%くらいの性能です。フルHD(1920x1080)・ウルトラの場合は、PUBGは70~120FPSくらいでプレイ可能で、F1 2017のベンチマークでは75~156FPSくらいのフレームレートが出ました。

◆ベンチマーク中の温度・消費電力
ベンチマーク中の最大消費電力(PC全体)は約 248 W (3D MARK)。高負荷時のCore i7-7820HKプロセッサーの温度は、瞬間最大では90℃を超えることがありますが平均で70~80℃前半くらいで推移。インターネットや動画の視聴では38~60℃くらいでベンチマークやゲーム時ほど温度は高くなりません。

ノートPC向けのGTX 1080は、負荷の高いゲームでもデスクトップPC向けのGTX 1080よりも動作温度が10℃くらい低く、最大でも74℃に収まっていました。
 
 
 
【メーカー製品詳細ページ】
◆OMEN X by HP 17 製品詳細icon
◆OMEN X by HP 17-ap000(スペックPDF)

【トラブルシューティング・ドライバー・使用方法など】
◆OMEN X by HP 17-ap000 サポートicon
◆OMEN X by HP 17-ap000(ユーザーガイドPDF)
◆内部の分解画像:OMEN X by HP Laptop PC  17(英語版PDF)

【実機レビュー】
◆OMEN X by HP 17-ap000の外観・デザイン徹底レビュー!
◆OMEN X by HP 17-ap000(Core i7-7820HK、GTX 1080)の性能・消費電力を検証!
◆インテル Core i7-7820HK プロセッサーのオーバークロックに挑戦!

【ゲームベンチマーク】
◆日本HPのゲーミングPCで「PUBG」プレイ時のフレームレートを計測!
◆PC版「F1 2017」の推奨スペック&実機ベンチマーク

【HP公式サイト:OMEN by HP Gaming シリーズのアクセサリー】
◆OMEN by HP with SteelSeries -全てを意のままに-
 

■レビューについて
※商品仕様/価格については2017年1月20日時点のものです。
※PCパーツのメーカーは販売時期により変更になる場合があります。
※ベンチマークの結果、温度、消費電力などの測定値はPCの使用状況や環境によって異なることがあります。
※できるだけ客観的にレビューしようと心がけていますが、実際の商品を見たり使用したときの感じ方には個人差があります。
※PassMarkベンチマークスコアはPassMark - CPU Benchmarks Video Card Benchmarks から抜粋しています。あくまでも目安としてご覧ください。
 
■デスクトップやロック画面の背景について
※デスクトップの背景(壁紙)は当サイトで用意したものです。ロック画面の背景はWindows スポットライトで提供されるものを使用しています。

関連記事

テーマ : ゲームパソコン
ジャンル : コンピュータ

お気に入りパソコン.com

◆ホームへ

◆全ての記事を表示する

検索フォーム
最新記事
日本HPのパソコン売れ筋ランキング(2018年4月15日集計) 2018/04/21
日本HPのパソコンをお得に購入できる【7%OFFクーポン】プレゼント! 2018/04/18
HP Spectre x2 スタンダードモデル(Core i5)がクーポンで20%オフ! 2018/04/13
英語キーボードの使い方(入力切替、ひらがな、カタカナ、記号の入力方法) 2018/04/10
【4月23日まで】日本HPが送料無料キャンペーンを実施中! 2018/04/07
HP EliteBook x360 1020 G2(Core i5-7200U)の性能を検証! 2018/04/06
薄型軽量&高い堅牢性の「HP EliteBook x360 1020 G2」徹底レビュー 2018/04/04
カテゴリ
RSSリンクの表示
プロフィール

お気に入りパソコン.com

Author:お気に入りパソコン.com
長年Macを使ってきましたが、性能面やOSのサイクルが早く安定した環境が構築しにくいなど、次第にMacに対する不満が募り、2011年の秋にメインの作業環境をWindowsPCに移行しました。現在はWindows派で日本HPのデスクトップ、ノートPCを使用しています。

◆免責事項
ブログに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。本ブログの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
【レビュー】HP アクセサリー
250x120_OMEN by HP Gaming Mouse_170113_01b

250x120_HP Z5000 Bluetooth マウス_170113_01c

250x120_HP Spectre レザークラッチバック_170113_01c

250x120_HP プレミアムバックパック_170113_01b

CPU/GPU性能比較表
CPUオーバークロックツール
250_CPUオーバークロックツール
「インテル XTU」は、ソフトウェアでCPU倍率設定や電圧などを細かく調整することができるCPUオーバークロックツールです。

■Core i7-5820Kをオーバークロック!
電源管理の設定
【Windows 10】タッチキーボードの無効化
★注目記事ピックアップ
F1 2017
F1 2016
F1 2016 ベンチマーク
「F1 2016」のベンチマークでフレームレートを計測!

■推奨スペック&ベンチマーク(GTX1080,GTX1070,GTX1060)
Project CARS 2
250_20171002120011_1.png 『Project CARS2』をプレイしたときのフレームレートを計測しました。

■PROJECT CARS 2の推奨スペック&ベンチマーク
ウォッチドッグス2(Watch_Dogs2)
250_WatchDogs22016-12-03t.png
ゲーミングPCでウォッチドッグス2プレイ中のフレームレートを計測!

■Watch_Dogs2の推奨スペック
■Core i7-6700HQ,GTX 1070 Laptop
Grand Theft Auto V
FF14『蒼天のイシュガルド』
250_ffxiv-heavensward-bench rogo
ファイナルファンタジーXIV『蒼天のイシュガルド』のベンチマークです。ゲーミングPCのスコアを掲載しています。

■FF14『蒼天のイシュガルド』ベンチマーク
ザ・シムズ 4 (The Sims 4)
ザ・シムズ 3 (The Sims3)
Xbox Elite ワイヤレス コントローラー
ペインター2018
Painter
★特別キャンペーン実施中!!
250x500_HP-Spectre-クーポン_180418_01a
お気に入りパソコン.com QRコード
QR
日本HP個人向けパソコンで使えるクーポン
250_HP個人向け-7%OFFクーポン_180401_spectre_03b

当サイトでは、日本HP公式オンラインストアで使える7%割引クーポンをプレゼントしています! 個人向けパソコンを10万円以上(税抜)ご購入でご利用可能です。実施期間は 2018年4月30日(日)まで。学割との併用で更にお得!

◆割引クーポンの詳細・取得はこちらから
日本HP法人向けパソコンで使えるクーポン
250_HP法人向け-7%OFFクーポン_180401_01a
日本HPのお得なキャンペーン!
【日本HP】納品スケジュールのお知らせ
配送について_01a
日本HPパソコンの納品スケジュールのお知らせです。

ゴールデンウイーク中は通常よりも納期にお時間がかかります。詳細や納期の目安は下記の納期に関するお知らせをご確認ください。

【日本HP公式ストア】
◆納期に関するお知らせ - 日本HP(4/6) icon
【レビュー】HP EliteBook x360 1020 G2
★英語キーボードの使い方
【レビュー】HP Spectre 13-af000
【レビュー】HP Pavilion 27-r079jp
【レビュー】OMEN X by HP 17-ap000
【レビュー】HP Spectre x360 (ローズゴールド)
【レビュー】HP Spectre x360 13-ae000
【レビュー】HP ENVY 13-ad100
【レビュー】HP ENVY 13-ad000
【レビュー】HP EliteBook x360 1030 G2
【レビュー】HP Spectre x2
【レビュー】OMEN by HP 17-an000
【レビュー】OMEN by HP 15-ce000
【レビュー】OMEN by HP Desktop 880
【法人向け製品】HP Elite Slice
最新 Spectre シリーズ徹底比較
HP Spectre x360 パフォーマンスモデル
HP Spectre x360 13-ac000
Spectre アクティブペンの販売開始!
【アンケート実施中!】
◆美しく丈夫なプレミアムPC
日本HPプレミアムイベント
【レビュー】HP Spectre 13-v100
【レビュー】HP EliteBook Folio G1
【レビュー】HP Pavilion Wave 600-a100jp