【速攻レビュー】Spectre 13(2017)の特徴・性能、新旧モデルの違い

HP-Spectre-13(2017年11月モデル)速攻レビュー_171125_01a

2017年11月17日から販売が開始されたHP Spectre 13(2017年11月モデル)の実機を手にとって見る機会があったので、外観やデザイン、2モデルの違いや性能について解説したいと思います。



【2017年12月26日】
・気品があるカラーになった新モデルの魅力を高画質の画像でお伝えします。
◆HP Spectre 13(2017年11月モデル)の外観・デザイン徹底レビュー

【2017年12月19日】
・パフォーマンスモデル(Core i7-8550U搭載)の実機ベンチマーク記事を公開!
◆HP Spectre 13(2017年11月モデル)の性能・消費電力を検証!

【2017年12月16日】
・専用化粧箱&付属品の詳細記事を公開!
◆HP Spectre 13(2017年11月モデル)の専用化粧箱&付属品

【2017年12月13日】
・インテルCore i7-8550Uプロセッサーを搭載したパフォーマンスモデル(13-af019TU)の実機ベンチマークを掲載!
・日本語キーボードの画像を追加。
・512GB SSD (PCIe NVMe M.2)のベンチマークを掲載。


 



■目次(ページ内リンク)
下記のリンクをクリックすると目的の場所にジャンプします。
※[BackSpace]キーでこの位置に戻ります。

◆HP Spectre 13(2017年11月モデル)は魅力的で惹かれる「セラミックホワイト」
◆セラミックホワイトの天面は、塗装面が滑らで指紋が付きにくいアニオン電着塗装」
◆美しいデザインを引き立たせるペイルゴールドのアクセントカラー
◆高級家具からインスピレーションを得て設計されたリングヒンジ
◆タッチ対応になった13.3インチワイド・フルHDディスプレイ&ナローベゼル
◆キーボードはEnterの横に1列がある配置 12月13日:日本語キーボードの画像を追加!
◆背面にUSB Type-C 3.1ポートを3基搭載
◆第8世代プロセッサーの発熱に対応するために吸気口と排気口を大型化し冷却機構を強化!
◆スタンダードモデルとパフォーマンスモデルの違い
◆第8世代インテル Core プロセッサーの性能は?
◆Core i7-8550Uプロセッサーの実機ベンチマーク(CINEBENCH R15) 12月13日追記!
◆512GB SSD (PCIe NVMe M.2)のベンチマーク 12月13日追記!
◆インテル UHD グラフィックス 620の性能について&実機ベンチマーク 12月20日追記!
◆バッテリー駆動時間 12月20日追記!
◆HP Spectre 13 シリーズの新モデル(2017年11月モデル)と従来モデルの違い
◆セラミックホワイト&ペイルゴールドの専用化粧箱&付属品 12月16日更新!
◆まとめ:美しさに磨きがかかりコンパクトなサイズになった新モデル
 




 HP Spectre 13(2017年11月モデル)は魅力的で惹かれる「セラミックホワイト」

HP Spectre 13-af000_0G1A5060_d

HP Spectre 13(2017年11月モデル:HP Spectre 13-af000 シリーズ)は、セラミックホワイト&ペイル(淡い)ゴールドのカラーリングで登場!これまでのSpectre らしいアッシュブラック&ブロンズゴールドの配色から大きくイメージチェンジしました。

◆HP Spectre 13(2017年11月モデル)の外観・デザイン徹底レビュー


HP Spectre 13(2017年11月モデル)_MG_5638c
爽やかで清潔感があるカラーのホワイトと高貴なイメージのゴールドの組み合わせは、これまでに販売された日本HPのプレミアムノートPCにはなかった配色なので、とても魅力的で惹かれるものがあります。


 
HP Spectre 13(2017年11月モデル)_MG_5610b
ペイル)ゴールドの部分は照明の色合いや周囲の色に影響されるので、当サイトの画像よりも濃く見えたり、薄く見える場合があります。

公式サイトのイメージ画像はペイルゴールドの部分がシルバーに近い感じですが、私が実物を見た印象はそれよりもゴールドの色味が入っているように見えました。


HP Spectre 13-af000_0G1A5482t_b
従来のモデルのSpectre 13(※参考画像)のようなピカピカした派手なゴールドではなく、少し光を抑えた表面処理で落ち着いた雰囲気に見えます。




 セラミックホワイトの天面は、塗装面が滑らで指紋が付きにくいアニオン電着塗装」
HP Spectre 13-af000_0G1A5144
セラミックホワイトの天面は8つの工程で造られています。「アニオン電着塗装」は自動車などで使われる塗装で、ひっかき傷に強く指紋が付きにくいのが特徴です。

1)CNC アルミニウム削り出し(アルミニウムの板を削って天面の形にする)
2)バリ取り(削った際に出来る角の出っ張りを取り除く)
3)磨き(表面を滑らかにする)
4)サンドブラスト(研磨剤を吹き付けて表面をより滑らかにする)
5)陽極酸化処理(アルミニウムを電解処理し、人工的に酸化皮膜を生成)
6)アニオン電着塗装(セラミックホワイトに着色)
7)エッジ加工(筐体の内型に向けて縁を斜めに削る)
8)エッジ部分の陽極酸化処理


HP Spectre 13-af000_0G1A5484_t
セラミックホワイトは艶がないマットな仕上がりで、実際に触ってみると滑らかな感触でした。表面に細かい凹凸がありサラサラとした手触りの「梨地処理」とは異なります。




 美しいデザインを引き立たせるペイルゴールドのアクセントカラー

HP Spectre 13-af000_0G1A5060_d
従来モデル(※実機レビュー)のゴールドのアクセントはプレミアムPC向けのスラッシュロゴや背面側のヒンジやインターフェースがある部分のみでしたが、この新モデルはディスプレイやキーボード部分の側面にもペイルゴールドのアクセントカラーが使われています。

※ペイルゴールドの色味は光の当たり方や周囲の色などによって変わります。


HP Spectre 13(2017年11月モデル)_MG_5652c

ボディの周囲にもアクセントを使用することで、内側に向かって斜めに削られたエッジ部分の造形がより美しく引き立つようになりました。


HP Spectre 13-af000_0G1A5426t_2b

斜めに削られたエッジは指の引っかかりが良くなるので、ディスプレイを開けやすくなるという機能性も備えています。




 高級家具からインスピレーションを得て設計されたリングヒンジ

HP-Spectre-13-af000_0G1A5102-2.png
高級家具からインスピレーションを得て設計された「リングヒンジ」は、滑らかな動きでディスプレイの開閉を行うことができます。

【YouTube動画】
◆Spectre 13リング ヒンジ


HP Spectre 13-af000_0G1A5119-2t_b
光沢感があるリングヒンジ。このシリンダーヒンジの内側には、キーボード部分基盤(マザーボード)とディスプレイをつなぐ配線が収められています。


HP Spectre 13(2017年11月モデル)_MG_5634c
リングヒンジは「天面側から見えない」ことが大きな特徴です。




 タッチ対応になった13.3インチワイド・フルHDディスプレイ&ナローベゼル

HP Spectre 13-af000_0G1A5155_b

この新モデルのディスプレイはタッチに対応していますが、Spectre アクティブペンは非対応です。

ディスプレイのサイズは13.3インチワイドで、画面解像度はフルHD(1920x1080)、視野角が広い(斜めから見た時でも色の変化が少ない)IPS方式を採用。発色や色味は一般的な用途では十分なレベルです。光沢なので映り込みがありますが、画像や動画はつや感があるのできれいに見えます。

ナローベゼル(幅が狭いディスプレイの縁)を採用したことで、従来モデル(※実機レビュー)よりも幅が17mmコンパクトなサイズになりました。スタイリッシュさも増しています。




 キーボードはEnterの横に1列がある配置

HP Spectre 13-af000_0G1A5309
2017年2月に販売開始されたSpectre x360(※実機レビュー)で採用されたEnterの横に1列(home,pg up, pg dn,end)があるキーボード配置は、Spectre 13(2017年11月モデル)でも採用されました。ウェブブラウザーのスクロールをするときに便利ですが、慣れるまでは押し間違えてしまうことがあるかもしれません。

キーピッチ約19×19mm、キーストローク約1.3mmで、適度なクリック感がある心地よい打鍵感はこのモデルでも引き継がれています。



Spectre 13-af000_日本語キーボード_0G1A4988
※上の画像は日本語キーボードです。画像をクリックすると拡大表示します。

日本語キーボードは十字キーが押しやすい凸型の配列になっていますが、Enterの横に1列(home,pg up, pg dn,end)がある配置されている点は海外仕様と同じです。




 背面にUSB Type-C 3.1ポートを3基搭載

HP Spectre 13-af000_0G1A5457t_b
 
背面にUSB Type-C 3.1ポートは3基搭載。2つ並んで配置されている2ポートのみThunderbolt 3に対応しています。ACアダプタを3つのポートのどれに差しても充電可能です。

※USB Type-C to USB A変換アダプター(※参考画像)が同梱されているので、従来のUSB機器を接続することができます。
※付属するACアダプタの色は、本体に合わせた「ホワイト」になります。


HP Spectre 13-af000_0G1A5455-2t_b
背面の右側にはヘッドフォン出力/マイク入力コンボポートを1つ搭載。「SPECTRE」の文字も刻まれています。




 吸気口や排気口を大型化し、第8世代プロセッサーの発熱に対応

HP Spectre 13(2017年11月モデル)_MG_5662
新モデルは4コア8スレッドになり高性能化した第8世代インテルCoreプロセッサーの発熱に対応するために、吸気口や排気口を大型化し冷却機構を強化。内部にはデュアルファンが搭載されています。(※内部の分解イラストPDF


HP Spectre 13-af000_0G1A5561
塗装されているので見た目ではわかりませんが、底面の素材はカーボンファイバーです。




 スタンダードモデルとパフォーマンスモデルの違い

HP Spectre 13(2017年11月モデル)_MG_5709_171219_01a

HP Spectre 13(2017年11月モデル)は2モデル用意されています。違いはプロセッサー、メモリやストレージの容量などです。価格の差は3万円になります。

どちらが良いかは使い方次第ですが、インターネットや動画の視聴、オフィスソフトなどがメインの用途ならスタンダードモデルの性能で十分です。

画像処理や写真編集をするのなら、プロセッサーの性能が高くメモリの容量が多いパフォーマンスモデルのの方が快適に作業できると思います。SSDの容量もスタンダードモデルの2倍(512GB)なので、画像や動画をたくさん保存することが可能です。

【Windows 10 Proのメリット】
Windows 10 Proはセキュリティーや管理機能などがWindows 10 Homeよりも強化されていて、リモート操作なども可能です。それ以外では、Windowsの更新を延期できる機能を搭載しています。( ※スクリーンショット

◆Windows 10 HomeとWindows 10 Proの機能比較

 
HP Spectre 13-af000 シリーズ
モデルスタンダードモデル
(13-af018TU)
パフォーマンスモデル
(13-af019TU)
OSWindows 10 Pro (64bit)
プロセッサーCore i5-8250U
 (1.60GHz-3.40GHz,
キャッシュ 6MB,
 4コア8スレッド)
Core  i7-8550U
 (1.80GHz-4.00GHz,
キャッシュ 8MB,
 4コア8スレッド)
カラーセラミックホワイト
メモリ8GB オンボード
 (2133MHz,LPDDR3 SDRAM)
16GB オンボード
 (2133MHz,LPDDR3 SDRAM)
ストレージ256GB SSD (PCIe NVMe M.2)512GB SSD (PCIe NVMe M.2)
グラフィックスインテルUHDグラフィックス620 (プロセッサーに内蔵)
ディスプレイ
13.3インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ
(1920×1080/最大1677万色/ 300nit / 166ppi)
インターフェイスUSB Type-C 3.1 ×3 / 電源オフUSBチャージ機能対応
 (うち2つはThunderbolt 3 対応 )
ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
サイズ約308mm(幅) x 225(奥行)  x 10.4(最薄部)-12.5(最厚部)mm
質量約1.11 kg
バッテリー
駆動時間
約11時間15分
販売価格¥149,800(税抜)~¥179,800(税抜)~




 第8世代インテル Core プロセッサーの性能は?

日本HPのノートPC「プロセッサー性能比較表」_171101_Core i7-8550U_spectre 13_02
※スコアはPassMarkベンチマークから抜粋したものです。あくまでも目安としてご覧ください。

HP Spectre 13(2017年11月モデル)は、省電力の第8世代インテルCore i5/Core i7プロセッサーを搭載。シングルスレッド性能は第7世代と変わりませんが、第8世代は4コア8スレッドになりマルチスレッド性能が大きく向上しています。


Core  i7-8550Uを搭載したENVY 13(※実機ベンチマーク)ではとても良い結果が出ていますが、Spectre 13でどれくらいの性能が発揮できるのかは実際にテストしてみないとわかりません。

この新モデルは吸気口や排気口が大きくなり、従来モデル(※実機レビュー)よりも冷却性能は良さそうですが、プロセッサーの冷却が十分でない場合は、熱によるパフォーマンスの低下(サーマルスロットリング)が発生する可能性があります。実機をテストする機会があったら、性能だけでなく動作中の温度や消費電力なども検証したいと思います。

◆Core i7-8550Uプロセッサーの実機ベンチマーク(CINEBENCH R15) 12月13日追記!
 
スタンダードモデル
Core i5-8250U(1.60GHz-3.40GHz,キャッシュ 6MB, 4コア8スレッド)

パフォーマンスモデル
Core  i7-8550U (1.80GHz-4.00GHz,キャッシュ 8MB, 4コア8スレッド)




 Core i7-8550Uプロセッサーの実機ベンチマーク(CINEBENCH R15)
 
Spectre 13-af000_CINEBENCH R15_CPU_temp22_03t 
 ■OpenGL
カーチェイスによる複雑な3Dシーンを使って、グラフィックカードのOpenGLモードでの性能を調べます。

■CPU
3Dレンダリングを行いプロセッサパワーのすべてを使う性能テスト。

■CPU(Single Core)
1コアのみで行うプロセッサ性能テスト。
 
 
CINEBENCH R15 プロセッサー性能比較
プロセッサーCPU
(マルチコア)
CPU
(シングルコア)
CPU パッケージ
の最大消費電力
Spectre x360 (2017年11月モデル)
Core i7-8550U
(最大4.0GHz, 4コア8スレッド)
544 cb
(166%)
157 cb
(122%)
約29.9W
(200%)
Spectre 13 (2017年11月モデル)
Core i7-8550U
(最大4.0GHz, 4コア8スレッド
519 cb
(159%)
155 cb
(121%)
約28.9W
(193%)
Spectre x360 (2017年2月発売)
Core i7-7500U
(最大3.5GHz, 2コア4スレッド)
354 cb
(108%)
145 cb
(113%)
約18.6W
(124%)
Spectre x360 (2017年2月発売)
Core i5-7200U
(最大3.1GHz, 2コア4スレッド)
326 cb128 cb約14.9W

Spectre 13 (2017年11月モデル)に搭載されているインテルCore i7-8550Uプロセッサーの性能テストを行いました。

Spectre 13は薄型(Spectre x360よりも3mmくらい薄い)のモバイルPCなので内部の空間が狭く冷却に不利な構造なので、「どれくらい性能が発揮できるのか?」が気になると思います。

CINEBENCH R15のベンチマークでは、動作温度はSpectre x360(※2017年11月モデル:実機ベンチマーク)よりも高めです。瞬間的にプロセッサーダイで許容できる100℃に近いところまで上がりますが、熱による性能低下は少なくそれなりに良い結果が出ました。

第7世代のプロセッサー(Core i5-7200UやCore i7-7500Uなど)と比較すると、1コアの性能はそれほど違いませんが、マルチコアの性能は飛躍的に向上しています。インターネットやオフィスソフトでは4コアの性能向上は体感できないかもしれませんが、動画のエンコードや画像処理などでは高い処理能力を期待できそうです。
 

■マルチコアテスト時
最大温度は97℃前後(平均温度は83℃前後)

■シングルコアテスト時
最大温度は99℃前後(平均温度は92℃前後)

実機ベンチマーク】
◆HP Spectre 13(2017年11月モデル)Core i7-8550Uの性能・消費電力を検証!
 




 512GB SSD (PCIe NVMe M.2) のベンチマーク

CrystalDiskMark(バージョン 5.5.0 )でパフォーマンスモデルに搭載されている512GB SSDの性能を測定しました。
 

 
CrystalDiskMark5_512GB SSD_02 2017年12月の時点では、TOSHIBA製のSSDが搭載されています。(型番はTHNSN5512GPUK 512.1GB)

最速クラスのSSDではありませんが、PCを快適に使うには十分な速度があります。10秒以内にPCが起動し、操作したときの反応も速いので快適です。

※ストレージのメーカーは販売時期によって異なる場合があります。
 
  
 

 
実機ベンチマーク】
◆HP Spectre 13(2017年11月モデル)Core i7-8550Uの性能・消費電力を検証!



 インテル UHD グラフィックス 620の性能について&実機ベンチマーク

250_HP ENVY 13-ad100_グラフィックス比較

「インテル UHD グラフィックス 620」は、Core i5-8250UやCore i7-8550Uプロセッサーなどに内蔵されているグラフィックス(GPU)です。

GeForce GTX 1060 with Max-Q Design(※実機ベンチマーク)のようなゲーム向けのグラフィックスではないので、ベンチマークではスコアが低いのですが、インターネットや動画の視聴などは問題なくこなせる性能があります。

 

 
Spectre 13-af000_Sky Diver_temp23_02 Sky Diver
DirectX 11世代の機能統合型CPU(=APU)向けのテスト
 スコア:4016
  Graphics Score3766
 Physics Score 6226
 Combined Score3882



 
Spectre 13-af000_リベレーター_1920x1080最高_temp23_02 画面サイズ:1920x1080
グラフィック設定:最高品質
フルスクリーンモード
 スコア:994
 平均フレームレート:5.921
評価:設定変更が必要
 

 
Spectre 13-af000_DQX_1920x1080最高_temp23_04 画面サイズ:1920x1080
グラフィック設定:最高品質
フルスクリーン表示
 スコア:3892
 フレームレート:17~72fps
評価:普通
 

 
実機のテストでは、ファイナルファンタジーのような3Dゲームをプレイするのは厳しいという結果でしたが、ドラクエのような「軽い」と言われているゲームはフルHDで最高画質でも普通にプレイ可能という評価になります。

実機ベンチマーク】
◆HP Spectre 13(2017年11月モデル)Core i7-8550Uの性能・消費電力を検証!



 バッテリー駆動時間

HP Spectre 13-af000_0G1A5172b

Spectre 13 (2017年11月モデル)でバッテリー駆動時間を検証しました。

YouTubeのフルHD動画を1時間再生したときのバッテリー残量は89%でした。1時間で約11%消費したので、バッテリー残量が0になるまで9時間5分くらい視聴できる計算になります

動画の視聴はプロセッサーの負荷が低いのであまり電力を消費しなかったと考えられますが、ベンチマークや動画のエンコードのような負荷が高い処理では第7世代のプロセッサーよりも消費電力が増えるので、使い方によってはバッテリーの消耗が早くなる可能性があります。
 
当サイトでテストしたノートPCのバッテリー駆動時間の比較

 ■バッテリーの駆動時間は下記の条件で行っています。
 ・YouTubeのフルHD動画を1時間再生
 ・動画はフルスクリーンで表示
 ・ディスプレイの明るさ(輝度)を30%に設定
 ・インターネット接続はWi-Fi経由
 ・WebブラウザはMicrosoft Edge (マイクロソフト エッジ) を使用
 ・バッテリー節約機能ON
 ・キーボードのバックライトをOFF
 ・音量は10に設定
 ・グラフィックス電源プランは「バランスモード」に設定

 ※YouTubeのフルHD動画をフルスクリーンで1時間再生
 ※ディスプレイの明るさは、フルHDが50%、4Kと3K2Kは30%に設定。
 ※バッテリー容量には個体差があるかもしれません。計測はHWiNFO64を使用。
 
モデル名1時間再生時の
バッテリー残量
ディスプレイバッテリー容量
ENVY 13-ad100パフォーマンスモデル
※Core i7-8550U
90%
(約10時間)
フルHD53.700 Wh
ENVY 13-ad000スタンダードモデル
※Core i5-7200U
90%
(約10時間)
フルHD54.216 Wh
ENVY 13-ad000ベーシックモデル
※Core i3-7100U
90%
(約10時間)
フルHD54.216 Wh
Spectre 13 (2017年11月モデル)
※Core i7-8550U
89%
(約9時間5分)
フルHD41.696 Wh
Spectre x360 (2017年11月モデル)
※Core i7-8550U
89%
(約9時間5分)
4K62.093 Wh
Spectre x360 (2017年2月発売)
※Core i7-7500U
88%
(約8時間20分)
フルHD58.397 Wh
Spectre x360 (2017年2月発売)
※Core i7-7500U
85%
(約6時間40分)
4K58.397 Wh
Spectre x2 スタンダードモデル
※Core i5-7260U
76%
(約4時間9分)
3K2K41.149 Wh
Spectre x2 パフォーマンスモデル
※Core i7-7560U
75%
(約4時間)
3K2K40.902 Wh
※プロセッサー名の7xxx番台は2コア4スレッド、8xxx番台は4コア8スレッドになります。




 HP Spectre 13 シリーズの新モデル(2017年11月モデル)と従来モデルの違い

HP Spectre 13-af000_0G1A5482t
2017年11月に発売された新モデルと、2016年に発売された従来モデル(※外観・デザインのレビュー)との違いを簡単にまとめました。

新モデルは性能が良く、ディスプレイがタッチに対応しサイズもコンパクトになっているのですが、ボディの色は「セラミックホワイト」のみです。キーボードが少し特殊な配列になっている点は考慮する必要があると思います。

従来モデルは1年位前の製品なので、キャンペーンで価格でお得になっています。性能面では新モデルよりも劣りますが、インターネットや動画の視聴、オフィスソフトなどの用途では十分な性能があります。薄型なので熱を持ちやすい傾向があります。(※実機ベンチマーク


【新モデルと現行モデルの外観やデザインの違い】
・カラーはセラミックホワイトのみ
・ディスプレイがタッチに対応
ナローベゼルを採用
・スピーカーの穴が、キーボード左右からキーボード上部に移動
キーボードがEnterの横に1列がある配列に変更。
冷却機構の強化(吸気口や排気口の大型化)
・Webカメラが顔認証に対応

新モデルと現行モデルのスペックの違い】
・プロセッサーの性能が向上(第7世代から第8世代に変更)
16GBのメモリを搭載したモデルを選択可
高速なメモリ(2133MHz)を採用

新モデルは現行モデルよりもコンパクトなサイズに】
・幅が325mm→308mmに縮小。
・奥行も229→225mmに縮小。
・最厚部は11.2mm→12.5mmに変更。※タッチパネル化、冷却の強化のため
・上部のベゼルが16.04→9.7mm、左右のベゼルが15.03→5.3mmに縮小。

【バッテリー駆動時間が長くなった新モデル】
・10時間→約11時間15分

【ACアダプター】
ホワイトのACアダプター
・電源容量が45W→65Wに増加
・ダックヘッド(折りたたみ式プラグ)と電源コードが付属


 
HP Spectre 13 シリーズ
モデル200_HP Spectre 13(2017年11月モデル)_MG_5610
HP Spectre 13-af000
2017年11月モデル
200_HP Spectre 13-v000_IMG_1709ps
HP Spectre 13-v100
現行モデル
OSWindows 10 Pro (64bit)Windows 10 Home (64bit)
プロセッサーCore  i7-8550U
Core i5-8250U
Core  i7-7500U
Core i5-7200U
カラーセラミックホワイトダークグレー /
ブロンズゴールド
メモリ8GB/16GB オンボード
 (2133MHz,LPDDR3 SDRAM)
8GB オンボード
 (1866MHz,LPDDR3 SDRAM)
ストレージ256/512GB SSD
(PCIe NVMe M.2)
256/512GB SSD
(PCIe NVMe M.2)
グラフィックスインテルUHDグラフィックス620
(プロセッサーに内蔵)
インテルHDグラフィックス620
(プロセッサーに内蔵)
ディスプレイ
13.3インチワイド
フルHD
光沢
IPSタッチディスプレイ
13.3インチワイド
フルHD
光沢
IPSディスプレイ
インターフェイスUSB Type-C 3.1 ×3/
電源オフUSBチャージ機能対応
 (うち2つはThunderbolt 3 対応 )
ヘッドフォン出力/
マイク入力コンボポート×1
USB Type-C 3.1 ×3 /
電源オフUSBチャージ機能対応
(うち2つはThunderbolt 3 対応)
ヘッドフォン出力/
マイク入力コンボポート×1
サイズ約308mm(幅) x 225(奥行) 
x 10.4(最薄部)-12.5(最厚部)mm
約325(幅) x 229 (奥行)
x 10.4(最薄部)-11.2(最厚部)mm
質量約1.11 kg約1.11 kg
バッテリー
駆動時間
約11時間15分約10時間
販売価格
¥149,800(税抜)~
※スタンダードモデル

¥179,800(税抜)~
※パフォーマンスモデル
 
¥129,800(税抜)~
※スタンダードモデル

¥148,600(税抜)~
※パフォーマンスモデル

※現行モデルのHP Spectre 13-v100は、Spectreデザインのマウスとクラッチバックはセットになったキャンペーン価格を掲載。

【メーカー製品詳細ページ】
◆HP Spectre 13-v100 製品詳細icon



 セラミックホワイト&ペイルゴールドの専用化粧箱

HP Spectre 13-af000_専用化粧箱_0G1A4926

HP Spectre 13(2017年11月モデル)の専用化粧箱は、本体のカラーに合わせたセラミックホワイト&ペイルゴールドになります。

【付属品】
Spectre 13を収納できる専用ケース(グレー)、USB Type-C to USB A、変換アダプター、速効!HPパソコンナビ特別版、ACアダプター、ダックヘッド(コンセント直付け用)、電源コード、保証書等

【関連記事】
◆HP Spectre 13(2017年11月モデル)専用化粧箱&付属品

HP Spectre 13-af000_専用化粧箱_0G1A4962
ACアダプターの色は本体のカラーに合わせた「ホワイト」になります。画像はACアダプター本体(約244g)にプラグ部分を収納できるダックヘッド(コンセント直付け用:約17g)を取り付けた状態で、重さは約261gになります。


HP Spectre 13-af000_専用化粧箱_0G1A4929
電源コードも付属しているので、コンセントの形状や使用状況などに応じて使い分けることができます。重さは約119gです。


0G1A4971.png

 Spectre 13(2017年11月モデル)のインターフェースは最新規格のUSB Type-Cのみですが、同梱されている「USB Type-C to USB A 変換アダプター」で従来のUSB機器を接続することができます。


HP Spectre 13-af000_専用ケース_0G1A5041_m2
Spectre 13専用ケースの色はグレーで、上部には「hp | EST. 1939  CALIFORNIA USA」の文字が刻まれています。Spectre x360 の専用ケースと似たような形ですが、Spectre 13に付属しているケースには蓋がありません。

Spectreの出し入れは抵抗感がある(簡単に抜け落ちないようにするため)ので、すっぽり入るような状態になるまで少し手間取るかもしれません。

【関連記事】
◆HPの歴史について(HPの歩み、バーチャル・ミュージアムなど)
※1939年、ウィリアム・ヒューレットとデビッド・パッカードが、アメリカ合衆国カリフォルニア州パロアルトでヒューレット・パッカード社を創業。




 美しさに磨きがかかり従来モデルよりもコンパクトなサイズになった新モデル

HP Spectre 13(2017年11月モデル)_MG_5652c


Spectre 13シリーズの2017年11月モデルは「セラミックホワイト」で登場しました。Spectreはアッシュブラック&ブロンズゴールドが最もふさわしいと思っていたので、初めてこのカラーを見たときは衝撃的でした。

アッシュブラックはとても精悍でカッコいいというイメージでしたが、セラミックホワイト&淡いゴールドの組み合わせは「とても品格があって美しい」という印象です。他のパソコンにはない「特別な雰囲気」を感じます。

従来モデルのアッシュブラックは手で触った跡が目立ちやすいのですが、このセラミックホワイトは滑らかな手触りで指紋が付きにくかったです。外で持ち運んで使ことが多い方にとっては、「汚れが目立ちにくい」のは大きなメリットになると思います。

このモデルはSpectreシリーズの中では薄型で軽量であることが最も大きな特徴の製品です。約1.11kgの重さは従来モデル(※実機レビュー)と同じですが、ナローベゼルを採用したことで幅が17mm、奥行きが4mmコンパクトなサイズになり、バッグなどへの出し入れがしやすくなりました。

カラーを一新して美しさに磨きがかかった「Spectre 13の2017年11月モデル」はとても魅力的な製品だと思います。

【メーカー製品詳細ページ】
◆HP Spectre 13(2017年11月モデル)製品詳細icon
◆HP Spectre 13(2017年11月モデル)スペックPDF

【トラブルシューティング・ドライバー・使用方法など】
◆HP Spectre 13-af000 Laptop PCシリーズicon
◆HP Spectre 13-af000 Laptop PCシリーズ(ユーザーガイド)

実機レビュー】
◆速攻レビュー:Spectre 13(2017)の特徴・性能、新旧モデルの違い
◆HP Spectre 13(2017年11月モデル)の外観・デザイン徹底レビュー
◆HP Spectre 13(2017年11月モデル)Core i7-8550Uの性能・消費電力を検証!

【関連記事】
◆セラミックホワイトのHP Spectre 13(2017年11月モデル)が新登場!

【プレミアム壁紙】
◆公式サイトからダウンロードできる Spectre シリーズの素敵な壁紙

【専用化粧箱】
◆HP Spectre 13(2017年11月モデル)専用化粧箱&付属品

【純正オプション】
◆HP Spectre レザークラッチバッグの詳細レビュー
 



■レビューについて
※商品仕様/価格については2017年11月25日時点のものです。
※製品仕様やPCパーツのメーカーは販売時期により変更になる場合があります。
※画像の色は実物と異なる場合があります。
※できるだけ客観的にレビューしようと心がけていますが、実際の商品を見たり使用したときの感じ方には個人差があります。

関連記事

テーマ : ノートPC
ジャンル : コンピュータ

お気に入りパソコン.com

◆ホームへ

◆全ての記事を表示する

検索フォーム
最新記事
日本HPのパソコンをお得に購入できる【7%OFFクーポン】プレゼント! 2018/02/19
日本HPのパソコン売れ筋ランキング(2018年2月11日集計) 2018/02/18
HP Spectre 13(2017)Core i5-8250Uの性能・消費電力を検証! 2018/01/30
日本HPのゲーミングPCで「PUBG」プレイ時のフレームレートを計測! 2018/01/25
高性能ゲーミングノート『OMEN X by HP 17-ap000』徹底レビュー! 2018/01/24
インテル Core i7-7820HK プロセッサーのオーバークロックに挑戦! 2018/01/21
OMEN X by HP 17(Core i7-7820HK、GTX 1080)のベンチマーク 2018/01/20
カテゴリ
RSSリンクの表示
プロフィール

お気に入りパソコン.com

Author:お気に入りパソコン.com
長年Macを使ってきましたが、性能面やOSのサイクルが早く安定した環境が構築しにくいなど、次第にMacに対する不満が募り、2011年の秋にメインの作業環境をWindowsPCに移行しました。現在はWindows派で日本HPのデスクトップ、ノートPCを使用しています。

◆免責事項
ブログに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。本ブログの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
【レビュー】HP アクセサリー
250x120_OMEN by HP Gaming Mouse_170113_01b

250x120_HP Z5000 Bluetooth マウス_170113_01c

250x120_HP Spectre レザークラッチバック_170113_01c

250x120_HP プレミアムバックパック_170113_01b

CPU/GPU性能比較表
CPUオーバークロックツール
250_CPUオーバークロックツール
「インテル XTU」は、ソフトウェアでCPU倍率設定や電圧などを細かく調整することができるCPUオーバークロックツールです。

■Core i7-5820Kをオーバークロック!
電源管理の設定
【Windows 10】タッチキーボードの無効化
★注目記事ピックアップ
F1 2017
F1 2016
F1 2016 ベンチマーク
「F1 2016」のベンチマークでフレームレートを計測!

■推奨スペック&ベンチマーク(GTX1080,GTX1070,GTX1060)
Project CARS 2
250_20171002120011_1.png 『Project CARS2』をプレイしたときのフレームレートを計測しました。

■PROJECT CARS 2の推奨スペック&ベンチマーク
ウォッチドッグス2(Watch_Dogs2)
250_WatchDogs22016-12-03t.png
ゲーミングPCでウォッチドッグス2プレイ中のフレームレートを計測!

■Watch_Dogs2の推奨スペック
■Core i7-6700HQ,GTX 1070 Laptop
Grand Theft Auto V
FF14『蒼天のイシュガルド』
250_ffxiv-heavensward-bench rogo
ファイナルファンタジーXIV『蒼天のイシュガルド』のベンチマークです。ゲーミングPCのスコアを掲載しています。

■FF14『蒼天のイシュガルド』ベンチマーク
ザ・シムズ 4 (The Sims 4)
ザ・シムズ 3 (The Sims3)
Xbox Elite ワイヤレス コントローラー
★新生活応援キャンペーン実施中!!
250x500_HP-Spectre-クーポン_180215_01a
お気に入りパソコン.com QRコード
QR
日本HP個人向けパソコンで使えるクーポン
250_HP個人向け-7%OFFクーポン_180219_01c

当サイトでは、日本HP公式オンラインストアで使える7%割引クーポンをプレゼントしています!個人向けパソコンを10万円以上(税抜)ご購入でご利用可能です。実施期間は 2018年2月28日(水)まで。学割との併用は可能です。

◆割引クーポンの詳細・取得はこちらから
日本HP法人向けパソコンで使えるクーポン
250_HP法人向け-7%OFFクーポン_180115_01a
日本HPのお得なキャンペーン!
【日本HP】納品スケジュールのお知らせ
配送について_01a
日本HPパソコンの納品スケジュールのお知らせです。

2月6日(火)からの降雪の影響により、一部地域(2/21の時点では福井県のみ)では製品のお届に遅れが生じています。詳細は下記のお知らせをご確認ください。

【日本HP公式ストア】
◆降雪による納期遅延のお知らせ icon
【レビュー】OMEN X by HP 17-ap000
【レビュー】HP Spectre x360 (ローズゴールド)
【レビュー】HP Spectre 13-af000
【レビュー】HP Spectre x360 13-ae000
【レビュー】HP ENVY 13-ad100
【レビュー】HP ENVY 13-ad000
【レビュー】HP EliteBook x360 1030 G2
【レビュー】HP Spectre x2
【イベントレポート】東京ゲームショウ2017
【レビュー】OMEN by HP 17-an000
【レビュー】OMEN by HP 15-ce000
【レビュー】OMEN by HP Desktop 880
【レビュー】HP Pavilion 24-a200jp
【法人向け製品】HP Elite Slice
パフォーマンスモデル販売再開!
最新 Spectre シリーズ徹底比較
【注目製品】HP Spectre x360
Spectre アクティブペンの販売開始!
【アンケート実施中!】
◆美しく丈夫なプレミアムPC
日本HPプレミアムイベント
【レビュー】HP Pavilion Wave 600-a100jp
【レビュー】HP Spectre 13-v100
【レビュー】HP Pavilion 510-p171jp
【レビュー】HP ENVY15-as100
【レビュー】HP EliteBook Folio G1
【レビュー】HP Elite x2 1012 G1