【ベンチマーク】Core i7-8550U搭載『HP ENVY 13』は大きく性能向上!

HP-ENVY-13-ad100_レビュー_171113_01b

この記事では、最新の第8世代インテルCore i7-8550Uプロセッサー(Kaby Lake R)を搭載した『HP ENVY 13-ad100 パフォーマンスモデル』のベンチマークテストを行っています。

4コア8スレッドのインテルCore i7-8550Uプロセッサーが、従来の第7世代プロセッサーと比較してどれくらい性能が向上したのかをチェック。消費電力、バッテリー駆動時間なども検証します。



■目次(ページ内リンク)
下記のリンクをクリックすると目的の場所にジャンプします。
※[BackSpace]キーでこの位置に戻ります。

◆ベンチマークで使用するパソコンについて
◆ベンチマークの設定・使用するソフトついて
◆プロセッサーの性能について(Core i5-7200U)
◆プロセッサーのベンチマーク(CINEBENCH R15)
◆メモリの仕様・容量について(8GB オンボード,1866MHz,LPDDR3 SDRAM)
◆ストレージの性能テスト(512GB SSD:PCIe NVMe M.2)
◆グラフィックスの仕様・性能について(インテル UHD グラフィックス 620)
◆グラフィックス・ベンチマーク(3D MARK)
◆ゲームベンチマーク(ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター)
◆ゲームベンチマーク(ドラゴンクエストX)
◆バッテリー駆動時間(YouTubeのフルHD動画を1時間再生)
◆ベンチマーク中の温度・消費電力
◆ベンチマークテストのまとめ 

 




 ベンチマークで使用するパソコンについて

ENVY 13-ad000_IMG_9822b

 
HP ENVY 13-ad100 パフォーマンスモデルは、2017年10月中旬より販売が開始された新モデルで、最新の第8世代インテルプロセッサー(Kaby Lake R)が搭載されています。

スタイリッシュなデザインやシルクゴールドのカラーリング、ディスプレイなどは従来モデルと同じです。外観やデザインのレビューは下記の記事をご覧ください。

【関連記事】
◆スタイリッシュ&上品なシルクゴールド『HP ENVY 13』の外観・デザイン詳細レビュー
 
 

HP ENVY 13-ad100_IMG_4415t_b
 
第8世代のインテルCore i7-8550Uプロセッサーは、第7世代プロセッサーよりもコアやスレッド数が2倍(4コア8スレッド)になっています。マルチスレッド性能の大きな向上が望めそうです。
 
 
HP ENVY 13-ad100 パフォーマンスモデルのスペック
OSWindows 10 Home (64bit)
プロセッサーインテル Core i7-8550U プロセッサー
(1.8GHz - 4.00GHz、4コア8スレッド、TDP15W)
チップセットCPUに統合
メモリ8GB オンボード (1866MHz,LPDDR3 SDRAM)
ストレージ512GB SSD (PCIe NVMe M.2)
グラフィックインテル UHD グラフィックス 620(プロセッサー内蔵)
電源45W ACアダプター



 
 ベンチマークの設定・使用するソフトついて

最大パフォーマンス_AC

この記事のベンチマークテスト(3DMARK、CINEBENCH R15、ゲームベンチ)ではインテルグラフィックスの電源プランを「最大パフォーマンス」に設定しています。(インターネットや動画の視聴、バッテリー駆動時間のテストなどは除く)

※設定が異なる場合は当サイトのような結果が出ない可能性があります。
※ベンチマーク中の温度や消費電力などの計測は下記のソフトやツールを使用。
 
 
ベンチマークで使用するソフト
 CrystalDiskInfoHDD/SSDの基本情報を確認できるソフト。
 CrystalDiskMarkストレージの速度を測定するベンチマークソフト。
CPU-ZCPUの詳細な情報を表示するソフト。
GPU-Zグラフィックカードの詳細情報を表示するソフト。
HWMonitorPCパーツの温度を測定するソフト。
HWiNFO64PCパーツの温度を測定するソフト。
Frapsゲーム中のフレームレートを表示できるソフト。
ワットモニターTAP-TST8 消費電力(W)測定で使用。
 ※デスクトップPCの場合は、ベンチマーク中の消費電力はディスプレイを含みません。
 ※ノートPCの場合は、ベンチマーク中の消費電力はディスプレイを含む数値になります。
 ※ディスプレイの輝度は100%に設定しています。
 



525x110_HP-ENVY-13-ad100_プロセッサー_01a

HP ENVY 13-ad100 シリーズは、コアの数が2倍になった第8世代インテル Core プロセッサー(Kaby Lake R)を搭載!

プロセッサーのカスタマイズはできませんが、Core i5-8250U(※スタンダードモデル)、Core i7-8550U(※パフォーマンスモデル)を搭載した2モデルが用意されています。
  

・インテル Core i5-8250U プロセッサー (1.60GHz-3.40GHz, キャッシュ  6MB)
※スタンダードモデル

・インテル Core i7-8550U プロセッサー (1.80GHz-4.00GHz, キャッシュ 8MB)
※パフォーマンスモデル


※この記事ではパフォーマンスモデル(Core i7-8550U搭載)でテスト。



日本HPのノートPC「プロセッサー性能比較表」_171101_Core i7-8550U_01b
 
■プロセッサー性能比較
下記のベンチマークはPassMarkから抜粋したものです。あくまでも目安としてご覧ください。実機のテストではグラフのようなパフォーマンスが発揮されない場合があります。

■第8世代 Core プロセッサー(Kaby Lake Refresh)
製品の開発コード名は「Kaby Lake R」で、型番は8000番台になります。14nmのプロセスルールは第7世代と同じですが、第8世代はコアの数が2倍になり、キャッシュの容量も増加しています。

■Core i7-8550Uプロセッサー※製品の仕様情報
ベース周波数1.8GHz、最大動作周波数4.0GHz、4コア/8スレッド、キャッシュ8MB、TDP15W。

■Core i5-8250Uプロセッサー※製品の仕様情報
ベース周波数1.6GHz、最大動作周波数3.4GHz、4コア/8スレッド、キャッシュ6MB、TDP15W。

■Core i5-7200U プロセッサー※製品の仕様情報
ベース周波数2.5GHz、最大動作周波数3.1GHz、2コア/4スレッド、キャッシュ3MB、TDP15W。

■Core i3-7100U プロセッサー※製品の仕様情報
ベース動作周波数2.4GHz、2コア/4スレッド、キャッシュ3MB、TDP15W。
 

第8世代(Kaby Lake R)と第7世代(Kaby Lake)プロセッサーの違い

第8世代プロセッサーの大きな特徴は、コアとスレッド数が第7世代の2倍になったことです。コアが増えたことでマルチスレッドの性能が大きく向上しています。特に動画のエンコードや画像処理などで高い処理能力を発揮します。

何かを並行して行う、例えばファイルをダウンロードしながらWebサイトを閲覧するような使い方や、バックグラウンドでウイルススキャンやOSのアップデートが行われたときに、従来の2コアでは余裕がない(100%近く使い切ってしまう)場合がありましたが、4コアの場合はそのような状況でも処理能力に余裕が感じられます。

◆関連記事:日本HPのノートPC・タブレット「プロセッサー性能比較表」
 

 
HP ENVY 13-ad100_CPU-Z_01 HP ENVY 13-ad100_CPU-Z_03
 
 
 
CPU-Zで表示されるインテル Core i7-8550U プロセッサーの詳細。チップセットはプロセッサーに内蔵されています。
 
 

■インテル Core i7-8550U プロセッサーのスペック
プロセッサー・ベース動作周波数・・・1.8 GHz
ターボ・ブースト利用時の最大周波数・・・4.0GHz
コアの数・・・4
スレッド数・・・8
L3キャッシュ・・・8MB
TDP(CPUの消費電力の目安)・・・15W
プロセッサー・ダイで許容できる最大温度・・・100°C

■特長
第7世代インテルCoreプロセッサー(Kaby Lake Refresh)
・14nmプロセス技術を採用
・Intel UHD Graphics 620 を内蔵

■Intel Turbo Boost Technology有効時の動作クロック
※CPUオーバークロックツールのインテル XTU(※関連記事)をインストールできなかったので、2コア、3コア動作時の動作周波数を確認することができませんでしたが、1コア動作時は最大4.0 GHz、4コア動作時は最大3.0GHzで動作していました。

◆インテル Core i7-8550U プロセッサースペック詳細


Core i7-8550U_XTU_02

CPUオーバークロックツールのインテル XTU(※関連記事)をインストールすると、プロセッサーの情報(電圧やターボブースト時の動作周波数など)を確認することができます。Core i7-8550Uはオーバークロック向けではないので動作周波数の変更はできません。
 
4コア動作時は最大3.7 GHzに設定されていますが、実機のテスト(CINEBENCH R15)では4コア動作時で最大3.1GHzくらいでした。型番末尾に「U」が付く省電力タイプは消費電力を抑えた設定(TDP 15W)になっているので、高負荷時に最大3.7 GHzまで動作クロックを上げることができないのかもしれません。


■Intel Turbo Boost Technology有効時の動作クロック
1コア動作時・・・・・最大4.0 GHz
2コア動作時・・・・・最大4.0 GHz
3コア動作時・・・・・最大3.7 GHz
4コア動作時・・・・・最大3.7 GHz




 プロセッサーのベンチマーク(CINEBENCH R15)

スクリーンショット 2017-03-07t

グラフィックカードとCPUの性能テストを行い、コンピュータのパフォーマンスを評価します。

◆MAXON CINEBENCH ダウンロード



HP ENVY 13-ad100_CINEBENCH R15temp24_s 
 ■OpenGL
カーチェイスによる複雑な3Dシーンを使って、グラフィックカードのOpenGLモードでの性能を調べます。

■CPU
3Dレンダリングを行いプロセッサパワーのすべてを使う性能テスト。

■CPU(Single Core)
1コアのみで行うプロセッサ性能テスト。
 


 
 
 ◆ENVY 13-ad100 パフォーマンス
 ・Core i7-8550U
 (最大4.0GHz, 4コア8スレッド)

 ・メモリ8GB(LPDDR3 1866MHz)
 ・インテル UHD グラフィックス 620
 
 OpenGL:45.03 fps(102.5%)
 CPU:536 cb(167.5%)
 CPU(Single Core):148 cb(118.4%)
 
 ◆ENVY 13-ad000 スタンダード
 ・Core i5-7200U
 (最大3.1GHz, 2コア4スレッド)
 ・メモリ8GB(LPDDR3 1866MHz)
 ・インテル HD グラフィックス 620
 
 OpenGL:43.89 fps
 CPU:320 cb
 CPU(Single Core):125 cb
 

第8世代のインテルCore i7-8550Uプロセッサーは、第7世代のCore i5-7200U プロセッサーよりもコア・スレッド数が2倍になり、マルチスレッド性能が大きく向上しています。

■CPUテスト
プロセッサパワーをすべてを使うCPUテスト(マルチコア)では、Core i7-8550UはCore i5-7200Uよりも約68%高いスコアが出ました。コアが倍増してもスコアが2倍にはなりませんが、かなり大きな性能向上です。動作温度も最大で81℃(平均69℃)で、サーマルスロットリング(熱によるパフォーマンスの低下)は発生しませんでした。

4コア動作時のクロック周波数は、テスト序盤は3.1GHzくらいまで上がりますが、中盤には少しづつ周波数が下がり、最終的には2.2GHzで動作していました。

■CPU(Single Core)テスト

1コアのみの性能を測定するテストでは、Core i5-7200Uよりも約18%高いスコアで、クロック周波数の差(約29%)ほどスコアは伸びませんでしたが確実に性能は向上しています。ベンチマーク中の温度は、最大クロック周波数が4.0GHzまで上がる1コア動作時の方がマルチコアテスト時よりも高めの温度で推移していました。
 


【参考:Core i7-7560Uのスコア】
OpenGL:55.58 fps
CPU:348 cb
CPU(Single Core):155 cb
◆HP Spectre x2 12-c000(Core i7-7560U)の性能・消費電力を検証!

【参考:Core i5-7260Uのスコア】
OpenGL:38.22 fps
CPU:335 cb
CPU(Single Core):137 cb
◆HP Spectre x2 12-c000(Core i5-7260U)の性能・消費電力を検証!

【参考:Core i5-7200Uのスコア】
OpenGL:43.89 fps
CPU:320 cb
CPU(Single Core):125 cb
◆HP ENVY 13-ad000(Core i5-7200U)の性能・消費電力を検証!

【参考:Core i3-7100Uのスコア】
OpenGL:38.22 fps
CPU:253 cb
CPU(Single Core):99 cb
◆HP ENVY 13-ad000(Core i3-7100U)の性能・消費電力を検証!
 
 
ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 24℃】
温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
※ベンチマーク中の計測値はPC構成や環境で変動する場合があります。
インテル Core i7-8550U プロセッサー
プロセッサーの温度(マルチコアのテスト時) 【最大温度】 81℃前後
 【平均温度】 68℃前後
 【アイドル時】 38℃前後
プロセッサーの温度(1コアのテスト時) 【最大温度】 88℃前後
 【平均温度】 72℃前後
 【アイドル時】 38℃前後
インテル UHD グラフィックス 620
GPUの温度(OpenGLテスト時) 【最大温度】 86℃前後
 【平均温度】 69℃前後
 【アイドル時】 37℃前後
GPU コアクロック 【 最大 】  1147.5 MHz
 【アイドル時】 300.0 MHz
GPU メモリクロック 【 最大 】  933.3 MHz
 【アイドル時】 - MHz
GPUクーラーのファンスピード 【 最大 】  - RPM
 【アイドル時】 - RPM
ビデオメモリ使用量 649 MB
ベンチマーク中のPC全体の消費電力(モニターを含む)
OpenGLテスト・・・最大 約38.7W
CPUテスト・・・最大 約49W




525x110_HP-ENVY-13-ad100_メモリ_01a
 
HP ENVY 13-ad100 シリーズは LPDDR3 SDRAM(1866MHz)を採用。メモリの容量はスタンダードモデル、パフォーマンスモデル共に8GBを搭載しています。
 

・8GB オンボード (1866MHz,LPDDR3 SDRAM)
※スタンダードモデル、パフォーマンスモデル
 

 
HP ENVY 13-ad100_CPU-Z_04 
 搭載されているLPDDR3メモリの詳細。最新プロセッサーに対応していないのかもしれませんが、メモリの情報は容量のみ表示されています。

レイテンシ(メモリのデータを転送する時の待ち時間)はCL-14(※参考画像)です。4GBx2の構成なのでデュアルチャネルで動作します。

HP ENVY 13-ad100_メモリ仕様
 
 

■メモリ搭載量について

8GBのメモリは、インターネットやメール、文書作成、オフィスソフト、動画の視聴などの用途なら十分ですし、年賀状の作成も可能な容量です。

画像処理用途では使い方次第になりますが、8GBは必要最小限の容量になります。大きなデータや複雑な処理などを行う場合は16GB以上のメモリを搭載したパソコンの方が快適ですが、本格的ではないけれど気軽に画像処理や写真編集などもしてみたい方にとっては8GBのメモリでも十分だと思います。

◆どれくらいパソコンにメモリを搭載すればよいのか?




525x110_HP-ENVY-13-ad100_ストレージ_01a

HP ENVY 13-ad000 シリーズはPCIe接続の超高速SSDを採用! SSDの容量はベーシックモデルが256GB、スタンダードモデルは512GBを搭載しています。
 

・512GB SSD (PCIe NVMe M.2)
※スタンダードモデル、パフォーマンスモデル


※この記事では512GB SSD搭載機でテスト。


ENVY 13-ad007TU_ストレージ容量t
スタンダードモデルは512GBのSSDを搭載していますが、実際に使用できるSSDの容量は465GB(そのうち54.1GBを使用)になります。※Windowsアップデート実行後の容量になります。

リカバリーイメージが入っているパーティションのサイズは13.3GBで、そのうち11.7GBが使用されています。リカバリーディスクを作成する場合は16GBのUSBメモリが必要になります。
 
 


512GB SSD (PCIe NVMe M.2)

ENVY 13-ad007TU_CrystalDiskInfo_256GB SSD

CrystalDiskInfoで表示されるTOSHIBA製SSDの情報。型番はTHNSN5512GPUK TOSHIBA、ファームウェアは「5KHA4102」です。

※ストレージのメーカーは販売時期によって異なる場合があります。


512GB SSD (PCIe NVMe M.2)のベンチマークテスト

CrystalDiskMark 3.0.4 x64でストレージの性能を測定することができます。今回のテストは実際の使用で参考になる「ランダム」で行っています。0Fill (1 Fill) のデータは圧縮が容易なので、実際に使用した場合よりも良い結果が出ることがあります。

ランダム・・・0と1がランダムに混ざったデータの読み書き速度を測定。
Read (リード)・・・読み込み速度
Write (ライト)・・・書き込み速度
Seq (シーケンシャル)・・・連続したデータの読み書き
4KQD32・・・データを最も効率のよい順番に並べ替える機能(NCQ)を使ってランダムアクセスしたときの速度

HP ENVY 13-ad100_CrystalMark3_512GB SSD_05

HP ENVY 13-ad000 シリーズには、従来のSATA3よりもデータ転送速度が非常に速い規格のSSD(PCIe NVMe M.2)が搭載されています。

パフォーマンスモデルに搭載されている512GB SSDのテストでは、シーケンシャルリードが920MB/s前後、シーケンシャルライトは740MB/s前後でした。転送速度は最速の部類ではありませんが、起動時間や操作時のレスポンスは十分速くて快適です。

 

■3回連続でベンチマークをした時の温度(室温24℃)
34℃(ベンチマーク前)→約72℃(ベンチマーク後)

■起動時間(デスクトップ画面が表示されるまで)
約9~10秒
※パスワードは設定しない状態での計測。
※PCの環境次第で起動時間が長くなる場合があります。


HP ENVY 13-ad100_CrystalMark5_5_0_512GB SSD_02


高速なSSD向けのベンチマーク「CrystalDiskMark(バージョン 5.5.0 )」で行ったテストでは、Seq Q32T1で1795MB/sを記録。Sepの項目はCrystalDiskMark 3.0.4と同じくらいの速度が出ています。



 
525x110_HP-ENVY-13-ad100_グラフィックス_01a

HP ENVY 13-ad100 シリーズ(スタンダードモデル、パフォーマンスモデル)のグラフィックスは、 プロセッサーに内蔵されている「インテル UHD グラフィックス 620」です。
 

・インテル UHD グラフィックス 620 (プロセッサーに内蔵)
 

250_HP ENVY 13-ad100_グラフィックス比較

■グラフィックス性能比較
※下記のベンチマークはPassMarkから抜粋したものです。あくまでも目安としてご覧ください。実機のテストではグラフのようなパフォーマンスが発揮されない場合があります。
 

■インテル UHD グラフィックス 620

第8世代インテル Core i7-8550Uプロセッサーに内蔵されているGPU。インターネットや動画の視聴など普通にパソコンを使用するには十分な性能です。

ゲーム向けのNVIDIA GeForce GTX 1060 with Max-Q Design グラフィックス(※実機ベンチマーク)とは大きな性能差があるので本格的な3Dゲームのプレイには向きませんが、ドラクエのような軽めのゲームならとりあえず動かせるくらいの性能はあります。

プロセッサー内蔵グラフィックスは、専用のビデオメモリを搭載していないのでメインメモリと共有します。

ベンチマークのスコアは、パソコンに搭載されているメモリの種類(DDR4やDDR3など)によって少し差が出る場合があります。

◆日本HPのノートPC「グラフィックス性能比較表」
 

 
HP ENVY 13-ad100_GPU-Z_01 
 GPU-Zで表示される「インテル UHD グラフィックス 620」の詳細。

※Core i7-8550Uに内蔵されているインテル UHD グラフィックス 620 はCore i5-7200U(インテル HD グラフィックス 620)よりもブースト時のグラフィックス最大動的周波数が150 MHz 高くなっています。

【ブースト時の最大動作周波数】
インテルUHDグラフィックス 620・・・1150 MHz
インテルHDグラフィックス 620・・・1000 MHz
 
 

■インテル UHD グラフィックス 620 のスペック
【GPUコア】 Kaby lake GT2
【シェーダユニット】 24
【テクスチャユニット】 16基
【ROPユニット】8基
【グラフィックス ベース動作周波数】 300 MHz
【グラフィックス最大動的周波数】 1150 MHz
【テクスチャ・フィル速度】 2.4GigaTexels/s
【メモリ クロック】 933MHz
【メモリ容量 】 メインメモリと共有
【メモリ・インターフェース】 128ビット
【メモリのバンド幅】 29.9GB/秒

◆インテル Core i7-8550U プロセッサースペック詳細
 

 
 
 ベンチマーク(3D MARK)

スクリーンショット_3Dmark

DirectX 11、DirectX 9、DirectX 10の機能を使用したベンチマークができるソフト。当サイトではSteamで販売されている有料版でテストしています。

◆3DMark-v1-3-708 ダウンロード

 
 
※総合スコアは各スコアの平均になります。
※Graphics Score・・・グラフィック性能を測定するテスト。
Physics Score ・・・CPUの性能測定に特化したテスト。
Combined Score ・・・CPUとGPUを利用したテスト。
 
 

 
HP ENVY 13-ad100_Fire Strike_temp24_02 Fire Strike
DirectX 11レベルのグラフィックス機能を用いたテスト(フルHD)
 スコア:945
  Graphics Score1018
 Physics Score 7442
 Combined Score332
 

 
HP ENVY 13-ad100_Sky Diver_temp24_01 Sky Diver
DirectX 11世代の機能統合型CPU(=APU)向けのテスト
 スコア:3910
  Graphics Score3606
 Physics Score 6998
 Combined Score3801


 

 
HP ENVY 13-ad100_Cloud Gate_temp24_01 Cloud Gate
DirectX 10レベルのグラフィックス機能を用いたテスト
 スコア:7528
  Graphics Score8354
 Physics Score 5593

 

 
HP ENVY 13-ad100_Ice Storm_temp24_01 Ice Storm
DirectX 9レベルのグラフィックス機能を用いたテスト
 スコア:61453
  Graphics Score72154
 Physics Score 40455
 

【Core i7-8550U,  インテル UHD グラフィックス 620のスコア】

ENVY 13 パフォーマンスモデルのCore i7-8550U(4.0GHz、4コア8スレッド)は、ENVY 13 スタンダードモデルのCore i5-7200U(3.1GHz、2コア4スレッド)よりもプロセッサーのテストで大きくスコアを伸ばしています。

■プロセッサーの性能テスト
Core i5-7200Uと比較した場合、Ice Stormのテストでは6%程度しかスコアが伸びませんでしたが、ほかのテストでは1.4~1.6倍くらい高いスコアが出ています。

グラフィックスの性能テスト
Core i7-8550Uのインテル UHD グラフィックス 620は、Core i5-7200Uのインテル HD グラフィックス 620と比較すると大きな性能向上は見られませんでした。ほぼ同じくらいか少し良い程度のスコアです。

■ベンチマーク中の温度について
負荷が高いFire Strike では瞬間的に90℃まで上がりましたが、サーマルスロットリングは発生していませんでした。平均では71℃くらいなので、高負荷時時の冷却性能は特に問題ないと思います。

◆日本HPのノートPC「グラフィックス性能比較表」
 
 
ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 24℃】
温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
※ベンチマーク中の計測値はPC構成や環境で変動する場合があります。
インテル Core i7-8550U プロセッサー
プロセッサーの温度 【最大温度】 90℃前後
 【平均温度】 71℃前後
 【アイドル時】 38℃前後
インテル UHD グラフィックス 620
GPUの温度 【最大温度】 80℃前後
 【平均温度】 69℃前後
 【アイドル時】 37℃前後
GPU コアクロック 【 最大 】  1147.2 MHz
 【アイドル時】 300.0 MHz
GPU メモリクロック 【 最大 】  933.3 MHz
 【アイドル時】 - MHz
GPUクーラーのファンスピード 【 最大 】  - RPM
 【アイドル時】 - RPM
ビデオメモリ使用量 1694 MB
ベンチマーク中のPC全体の消費電力(モニターを含む)
最大 約41.6W


 
 
 ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター

Pavilion 24-a270jp_リベレーター

この「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター」ベンチマークは、実際のマップとキャラクターを表示してお手持ちのPCで動作させた場合の指標となるスコアを確認することができます。

◆ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク ダウンロード
 

 
HP ENVY 13-ad100_イシュガルド_1280x720標準_temp24_01 画面サイズ:1280x720
グラフィック設定:標準(ノートPC)
ウインドウモード
 スコア:3538
 平均フレームレート:24.076
評価:快適



HP ENVY 13-ad100_イシュガルド_1920x1080標準_temp24_01 画面サイズ:1920x1080
グラフィック設定:標準(ノートPC)
フルスクリーンモード
 スコア:1927
 平均フレームレート:12.387
評価:設定変更を推奨



HP ENVY 13-ad100_イシュガルド_1920x1080最高_temp24_02 画面サイズ:1920x1080
グラフィック設定:最高品質
フルスクリーンモード
 スコア:936
 平均フレームレート:5.520
評価:動作困難
 


【Core i7-8550U,  インテル UHD グラフィックス 620のスコア】

画面サイズ1920x1080では、最高品質・標準品質のいずれの場合でも画面がコマ送りの状態になるので快適にプレイすることはできません。1280x720・標準品質に設定すれば平均フレームレートが24くらいになるのでとりあえず動くようになりますが、画面の動きは少しぎこちなさが感じられます。

Core i5-7200Uに内蔵されているインテル HD グラフィックス 620 と比較した場合、同じくらいか少し良いくらいのスコアになります。


【参考:Core i5-7200U,  インテル HD グラフィックス 620 のスコア】

画面サイズ:1280x720
グラフィック設定:標準(ノートPC)、ウインドウモード
スコア:3106
平均フレームレート:21.428

評価:快適

画面サイズ:1920x1080
グラフィック設定:標準(ノートPC)、フルスクリーンモード
スコア:1861
平均フレームレート:12.164

評価:普通

画面サイズ:1920x1080
グラフィック設定:最高品質、フルスクリーンモード
スコア:938
平均フレームレート:5.544

評価:設定変更が必要

◆HP ENVY 13-ad000(Core i5-7200U)の性能・消費電力を検証!
 
 
ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 24℃】
温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
※ベンチマーク中の計測値はPC構成や環境で変動する場合があります。
インテル Core i7-8550U プロセッサー
プロセッサーの温度 【最大温度】 83℃前後
 【平均温度】 71℃前後
 【アイドル時】 38℃前後
インテル UHD グラフィックス 620 (プロセッサー内蔵)
GPUの温度 【最大温度】 83℃前後
 【平均温度】 71℃前後
 【アイドル時】 37℃前後
GPU コアクロック 【 最大 】  1147.8 MHz
 【アイドル時】 300.0 MHz
GPU メモリクロック 【 最大 】  933.3 MHz
 【アイドル時】 - MHz
GPUクーラーのファンスピード 【 最大 】  -
 【アイドル時】 -
ビデオメモリ使用量 1642 MB
ベンチマーク中のPC全体の消費電力(モニターを除く
最大 約44.3W
 



 ドラゴンクエストX ベンチマーク

DQXベンチマーク

ドラゴンクエストX ベンチマークは、お使いのパソコンで「Windows版ドラゴンクエストⅩ」をプレイすることができるか性能をチェックするためのソフトです。

◆ベンチマーク ダウンロード
 
 
※このベンチマークはキャラクターがたくさん出てくるシーンでフレームレートが下がります。画質設定を軽くすると最高フレームレートは向上するのですが、最低フレームレートはあまり向上しません。
 
 


HP ENVY 13-ad100_DQX_1280x720標準_temp24_02 画面サイズ:1280x720
グラフィック設定:標準品質
ウインドウ表示
 スコア:7684
 フレームレート:23~157fps
評価:とても快適



HP ENVY 13-ad100_DQX_1920x1080標準_temp24_02 画面サイズ:1920x1080
グラフィック設定:標準品質
フルスクリーン表示
 スコア:4569
 フレームレート:20~90fps
評価:普通



HP ENVY 13-ad100_DQX_1920x1080最高_temp24_01 画面サイズ:1920x1080
グラフィック設定:最高品質
フルスクリーン表示
 スコア:3645
 フレームレート:17~68fps
評価:普通



【Core i7-8550U,  インテル UHD グラフィックス 620のスコア】

フルHD(1920x1080)では、最高品質、標準品質ともに「普通」で、このままでもプレイ可能ですが少し設定を調整したほうが快適という評価になります。1280x720・標準品質に設定した場合でも、キャラクターが多数登場するシーンではあまりフレームレートは伸びませんが、フルHDよりもフレームレートが高めで推移するので画面の動きはより滑らかになります。

インテル HD グラフィックス 620と比較した場合は、1280x720・標準品質のスコアが少し伸びませんでしたが、フルHD(最高品質、標準品質)ではほぼ同じくらいのスコアが出ています。

※フレームレートはFrapsで計測(目視)しています。
 

【参考:Core i5-7200U,  インテル HD グラフィックス 620のスコア】

画面サイズ:1280x720 ウインドウ表示
グラフィック設定:標準品質
スコア:8190
フレームレート:28~150fps
評価:とても快適

画面サイズ:1920x1080 フルスクリーン表示
グラフィック設定:標準品質
スコア:4584
フレームレート:18~90fps
評価:快適

画面サイズ:1920x1080 フルスクリーン表示
グラフィック設定:最高品質
スコア:3483
フレームレート:
14~65fps
評価:普通
 
 
ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 24℃】
温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
※ベンチマーク中の計測値はPC構成や環境で変動する場合があります。
インテル Core i7-8550U プロセッサー
プロセッサーの温度 【最大温度】 82℃前後
 【平均温度】 69℃前後
 【アイドル時】 38℃前後
インテル UHD グラフィックス 620 (プロセッサー内蔵)
GPUの温度 【最大温度】 82℃前後
 【平均温度】 68℃前後
 【アイドル時】 37℃前後
GPU コアクロック 【 最大 】  1147.8 MHz
 【アイドル時】 300.0 MHz
GPU メモリクロック 【 最大 】  933.3 MHz
 【アイドル時】 - MHz
GPUクーラーのファンスピード 【 最大 】  - RPM
 【アイドル時】 - RPM
ビデオメモリ使用量 286 MB
ベンチマーク中のPC全体の消費電力(モニターを含む)
最大 約35W
 


 バッテリー駆動時間(YouTubeのフルHD動画を1時間再生)
 
 
スクリーンショット_バッテリー駆動時間_171113_01a
 
 
HP ENVY 13-ad100 シリーズのディスプレイはフルHD(1920x1080)で第8世代のインテル Core i7-8550U プロセッサー(4コア8スレッド)を搭載。ディスプレイの明るさ(輝度)を50に設定してバッテリー駆動時間のテストを行います。
 
 

【YouTubeのフルHD動画を1時間再生したときのバッテリー残量】 90%
※1時間で約7%消費するので、バッテリー残量が0になるまで10時間くらい視聴できる計算になります。

第8世代のインテル Core i7-8550U プロセッサーは4コア8スレッドになったので、高負荷時の消費電力はCore i5-7200U(2コア4スレッド)の1.6倍くらいに増えましたが、この動画の視聴テストに関しては同じくらいの駆動時間になりました。

動画視聴のような負荷が低い状況では、低めのクロック周波数で消費電力を抑えることができますが、4コアをフルに使うような負荷が高い処理(動画のエンコードや画像処理など)を行った場合は、Core i5-7200U搭載機よりもバッテリー駆動時間が短くなる可能性があります。


バッテリーの駆動時間は下記の条件で行っています。
・YouTubeのフルHD動画を1時間再生
・動画はフルスクリーンで表示
・ディスプレイの明るさ(輝度)を50%に設定
・インターネット接続はWi-Fi経由
・WebブラウザはMicrosoft Edge (マイクロソフト エッジ) を使用
・バッテリー節約機能ON
・キーボードのバックライトをOFF
・音量は10に設定
・グラフィックス電源プランは「バランスモード」に設定

【参考】
ENVY 13-ad000スタンダードモデル(フルHD)・・・90%(約10時間)※実機レビュー
ENVY 13-ad000ベーシックモデル(フルHD)・・・90%(約10時間)※実機レビュー
Spectre x360 スタンダードモデル(フルHD)・・・88%(約8時間20分)※実機レビュー
Spectre x360 パフォーマンスモデル(4K)・・・85%(約6時間40分) ※実機レビュー
Spectre x2 パフォーマンスモデル(3K2K)・・・75%(約4時間)※実機レビュー
 

※「nit」輝度(明るさの度合い)を示す単位
※動画によっては上記とは異なる結果になるかもしれないので、あくまでも参考としてご覧ください。


HP ENVY 13-ad100_バッテリー容量
 
今回テストで使用したENVY 13 ad-100 パフォーマンスモデルのバッテリー容量は53.700 Whでした。(※バッテリー容量には個体差があるかもしれません。計測はHWiNFO64を使用。)

ENVY 13ad-100 パフォーマンスモデル・・・53.700 Wh
ENVY 13ad-000 スタンダードモデル・・・55.078 Wh
ENVY 13ad-000 ベーシックモデル・・・54.046 Wh
Spectre x2 パフォーマンスモデル・・・40.902 Wh
Spectre x360のバッテリー・・・58.397 Wh



スクリーンショット_プロセッサー設定


■バッテリーの持ちを良くするには?

バッテリーの持ちを良くするためには下記のように消費電力を抑える設定が有効です。

・ディスプレイの輝度を下げる
・キーボードのバックライトをOFFにする
・電源プランを「省電力」にする
・プロセッサーの最大動作周波数を低めに制限する

機種によっては設定できないかもしれませんが、プロセッサーの最大動作周波数を制限して消費電力を抑えるという方法があります。

ENVY 13ad-100 パフォーマンスモデルはプロセッサーの動作周波数を設定することが可能です。動作周波数は任意の数値に設定できるので、2.5GHzで動作させたい場合は2500と入力します。

バッテリー駆動時とACアダプター接続時の設定が可能なので、ACアダプター接続時は最大パフォーマンスでCore i7-8550Uの性能を十分に発揮できる設定に、バッテリー駆動時は動作周波数を低めに設定にして消費電力や発熱を抑える設定にすることができます。

◆プロセッサーの消費電力や発熱を抑える方法
 
  



525x110_HP-ENVY-13-ad100_消費電力_01a

HP ENVY 13-ad100 シリーズ(スタンダードモデル、パフォーマンスモデル)には45WのACアダプターが付属しています。


インターネット閲覧中の消費電力・温度(室温22℃)
プロセッサーの温度41~63℃
GPUの温度41~51℃
消費電力6.2~32 W前後

サイトにアクセスしたときやページを移動した瞬間に温度が高くなる場合がありますが、ページを見ているだけの状態ではアイドル時に近い温度(39~41℃前後)で推移。

消費電力もページを移動した瞬間に高くなり30Wを超えることがありましたが、ページを眺めているだけで何もしない状態ではアイドル時に近い6.2~10W前後くらいでした。

インターネット閲覧中の冷却ファンの音はとても静かで、キーボード部分はほんの僅かに暖かい程度(28℃くらい)になります。
 
 
※消費電力や温度は、Microsoft Edge でHP公式サイトを閲覧した時の数値。
※閲覧するWebサイトによっては計測した数値と異なる場合があります。
※このテストではディスプレイの輝度を100%に設定。
※グラフィックス電源プランは「バランスモード」に設定。
※ACアダプタを接続してテスト

 
 
YouTubeの動画を約30分視聴したときの消費電力・温度(室温22℃)
プロセッサーの温度【最大温度】 59℃
【平均温度】 41℃
GPUの温度【最大温度】 50℃
【平均温度】 40℃
消費電力7.7~17 W前後

動画視聴中のプロセッサーの温度は瞬間的に59℃くらいまで上がることがありましたが、平均温度は41℃でアイドル時よりも少し高いくらいの温度です。ファンの音はほとんど聞こえないくらい静かでした。キーボード部分は少し温かさが感じられるくらいの温度(32℃前後)になります。
 
 
※消費電力や温度は、Microsoft Edge でYouTubeの動画を視聴した時の数値です。
※音量は10に設定。
※YouTubeのフルHD動画を30分再生
※動画はフルスクリーンで表示
※このテストではディスプレイの輝度を100%に設定。
※グラフィックス電源プランは「バランスモード」に設定。
※ACアダプタを接続してテスト
 


ENVY-13-ad000_IMG_1621_s.png



【高負荷時の冷却性能】

ENVY 13 シリーズは底面からの吸気効率を良くするために、ディスプレイを開くとキーボードの部分が持ち上がる「リフトアップ・ヒンジ」という仕組みを採用しています。

アイドル時は38~40℃(室温24℃)くらいです。インターネットや動画視聴時は瞬間的に50℃を超えることがありましたが、大体においてアイドル時よりも少し高いくらいの温度で動作していました。

負荷が高いゲーミングPC向けのベンチマーク(3D MARKのFire Strike)では、Core i7-8550Uの温度は最大で90℃くらいまで上がりましたが、平均では71℃くらい(室温24℃でテスト)に収まっています。 プロセッサー・ダイで許容できる最大温度の100°Cまではかなり余裕がある状態です。

今回の数分程度のベンチマークでは熱によるパフォーマンスの低下(サーマルスロットリング)はほとんど発生していませんでしたが、連続で高い負荷をかけ続ければもう少し温度が上がる(90℃以上になる)場合があります。

冷却が厳しいノートパソコンは高い負荷をかけた瞬間から90℃以上になり、サーマルスロットリングが発生してパフォーマンスが低下してしまうのですが、ENVY 13に関してはそのようなことはなく、しっかりとプロセッサーを冷却することができているようです。
 

525_ENVY 13-ad000_IMG_8172-3a
 



【高負荷時に温度が高くなる場所】

・キーボードの中央付近~上側
・キーボードの上側(メッシュがある部分)
・ボディの底面など


負荷が低いWebサイトの閲覧や文書作成などではプロセッサーの温度があまり上がらないので、キーボード部分の表面温度は中央付近がほんのり暖かい程度で約28℃くらい、動画視聴時は少し暖かさが感じられる30~33℃くらいになりました。(室温24℃)

ゲームやベンチマークをした場合は少し温度が上がりますが、ファイナルファンタジーXIV 紅蓮のリベレーター終了時は、最も温度が高くなる中央付近が39℃くらいになりました。(室温24℃)

ベンチマークやゲームなどをしていなくても、下記のような状況はプロセッサーの負荷が高くなるので、パソコンが少し熱を持つことがあります。

・充電しながら使用する場合
・OSのアップデート
・オンラインストレージでファイルの同期
・バックグラウンドでウイルススキャンが動作している場合


【高負荷時のファンの音】
個体差があるかもしれませんが、ファンの音はCore i5-7200U搭載機よりも少し甲高くなっています。4コア8スレッドになったCore i7-8550Uを冷却するためには、高回転でファンを回す必要があるのだと思われます。

ファンはメリハリがある制御で、冷却が必要なときのみスイッチが入ったように高回転になりますが、インターネットや動画視聴時はとても静かで、アイドル時は無音に近い状態です。
 
ベンチマーク時のPCパーツの最高温度(室温24℃)
インテル Core i7-8550U プロセッサー90℃(アイドル時38℃前後)
インテル UHD グラフィックス 62083℃(アイドル時37℃前後)
ベンチマーク中の消費電力(ACアダプタ接続時、モニターを含む)
電源OFF時0.3W 前後
スリープ時0.5W 前後
アイドル時6.1W 前後
起動時約36W(瞬間最大)
ベンチマーク中の最大消費電力約49W (CINEBENCH R15)
 ※消費電力はPCの使用環境によって違いが出る場合があります。
 ※ディスプレイの輝度は100%に設定。
 ※ACアダプターを接続した状態で計測。




 ベンチマークテストのまとめ

HP ENVY 13-ad100_IMG_4379


■HP ENVY 13-ad100 パフォーマンスモデルのベンチマークテスト

Core i7-8550Uを搭載した新モデルは4コア8スレッドになったことで、従来の第7世代プロセッサーを搭載したモデルよりも飛躍的に性能が向上しています。


◆第8世代 インテル Core i7-8580U プロセッサー(4コア8スレッド)
CINEBENCH R15のマルチスレッドテストでは、Core i5-7200Uよりも約1.7倍高いスコアをマーク。価格に見合ったパフォーマンスを期待できると思います。

◆8GBメモリ (1866MHz,LPDDR3 SDRAM)
インターネットや文書作成、オフィスソフト、動画の視聴、年賀状作成のような使い方では十分な容量です。非常に大きなデータを取り扱う場合は十分ではないかもしれませんが、ちょっとした画像処理や写真編集なども可能です。

◆512GB SSD (PCIe NVMe M.2)
容量が512GBなので、多数の画像や動画を保存することができます。電源スイッチを押してからあっという間の10秒起動&レスポンスも良いのでPCの操作が快適です。

◆インテル UHD グラフィックス 620(プロセッサー内蔵)
第7世代のインテル HD グラフィックス 620よりも少しブースト時の動作周波数が上がっていますが、ゲームベンチでは大きなスコアの向上はありませんでした。本格的な3Dゲームをプレイするのは厳しい性能ですが、軽めのドラクエXはフルHD・最高画質で「普通」という評価になります。(ドラゴンクエストX ベンチマーク

◆ベンチマーク中の温度・消費電力(ディスプレイを含む)
従来の2倍のコア(4コア8スレッド)になった第8世代のインテル Core i7-8550U プロセッサーを搭載したことで高負荷時の発熱が気になるところですが、実機のテストでは高負荷時の熱の問題はありませんでした。

バッテリー駆動時間は当サイトの動画視聴時間テストでは良い結果が出ていますが、4コアをフルに使うような処理を行った場合は、第7世代のインテルプロセッサーを搭載したモデルよりも最大消費電力が1.6倍に増えているので、使い方次第ではバッテリー駆動時間が短くなる可能性があります。

冷却ファンの音は、高負荷時はそれなりに大きくなりますが、負荷が低い状況(インターネットや動画の視聴など)ではファンが回転しているのかわからないくらいとても静かです。
 
 
 
【メーカー製品詳細ページ】
◆HP ENVY 13 シリーズ製品詳細icon
◆HP ENVY 13-ad100 シリーズ※第8世代インテル(スペックPDF)

【トラブルシューティング・ドライバー・使用方法など】
◆HP ENVY 13-ad100 Laptop PC サポート
◆HP ENVY 13-ad100 シリーズ(ユーザーガイドPDF)

【実機レビュー】
◆スタイリッシュ&上品なシルクゴールド『HP ENVY 13』の外観・デザイン詳細レビュー

【ベンチマーク】
◆HP ENVY 13-ad100 パフォーマンスモデル(Core i7-8550U)の性能・消費電力を検証!
◆HP ENVY 13-ad000 スタンダードモデル(Core i5-7200U)の性能・消費電力を検証!
◆HP ENVY 13-ad000 ベーシックモデル(Core i3-7100U)の性能・消費電力を検証!

【関連記事】
◆シルクゴールドが美しい日本HPプレミアムノート『ENVY 13』速攻レビュー!
◆HP ENVY 13(Core i7-8550U 搭載モデル)の製品特徴・性能について



■レビューについて
※商品仕様/価格については2017年11月13日時点のものです。
※PCパーツのメーカーは販売時期により変更になる場合があります。
※ベンチマークの結果、温度、消費電力などの測定値はPCの使用状況や環境によって異なることがあります。
※できるだけ客観的にレビューしようと心がけていますが、実際の商品を見たり使用したときの感じ方には個人差があります。
※PassMarkベンチマークスコアはPassMark - CPU Benchmarks Video Card Benchmarks から抜粋しています。あくまでも目安としてご覧ください。
 
関連記事

テーマ : ノートPC
ジャンル : コンピュータ

お気に入りパソコン.com

◆ホームへ

◆全ての記事を表示する

検索フォーム
最新記事
日本HPのパソコンをお得に購入できる【7%OFFクーポン】プレゼント! 2017/11/21
日本HPのパソコン売れ筋ランキング(2017年11月12日集計) 2017/11/20
【アンケート】Spectre x360(2017年11月モデル)の色はどれが好き? 2017/11/18
公式サイトからダウンロードできる Spectre シリーズの素敵な壁紙 2017/11/18
4コア8スレッドのプロセッサーを搭載したHP Spectre x360が販売開始! 2017/11/18
セラミックホワイトのHP Spectre 13(2017年11月モデル)が新登場! 2017/11/17
【ベンチマーク】Core i7-8550U搭載『HP ENVY 13』は大きく性能向上! 2017/11/14
カテゴリ
RSSリンクの表示
プロフィール

お気に入りパソコン.com

Author:お気に入りパソコン.com
長年Macを使ってきましたが、性能面やOSのサイクルが早く安定した環境が構築しにくいなど、次第にMacに対する不満が募り、2011年の秋にメインの作業環境をWindowsPCに移行しました。現在はWindows派で日本HPのデスクトップ、ノートPCを使用しています。

◆免責事項
ブログに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。本ブログの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
【レビュー】HP アクセサリー
250x120_OMEN by HP Gaming Mouse_170113_01b

250x120_HP Z5000 Bluetooth マウス_170113_01c

250x120_HP Spectre レザークラッチバック_170113_01c

250x120_HP プレミアムバックパック_170113_01b

CPU/GPU性能比較表
CPUオーバークロックツール
250_CPUオーバークロックツール
「インテル XTU」は、ソフトウェアでCPU倍率設定や電圧などを細かく調整することができるCPUオーバークロックツールです。

■Core i7-5820Kをオーバークロック!
電源管理の設定
【Windows 10】タッチキーボードの無効化
★注目記事ピックアップ
F1 2017
F1 2016
F1 2016 ベンチマーク
「F1 2016」のベンチマークでフレームレートを計測!

■推奨スペック&ベンチマーク(GTX1080,GTX1070,GTX1060)
Project CARS 2
250_20171002120011_1.png 『Project CARS2』をプレイしたときのフレームレートを計測しました。

■PROJECT CARS 2の推奨スペック&ベンチマーク
ウォッチドッグス2(Watch_Dogs2)
250_WatchDogs22016-12-03t.png
ゲーミングPCでウォッチドッグス2プレイ中のフレームレートを計測!

■Watch_Dogs2の推奨スペック
■Core i7-6700HQ,GTX 1070 Laptop
Grand Theft Auto V
FF14『蒼天のイシュガルド』
250_ffxiv-heavensward-bench rogo
ファイナルファンタジーXIV『蒼天のイシュガルド』のベンチマークです。ゲーミングPCのスコアを掲載しています。

■FF14『蒼天のイシュガルド』ベンチマーク
ザ・シムズ 4 (The Sims 4)
ザ・シムズ 3 (The Sims3)
Xbox Elite ワイヤレス コントローラー
日本HP公式サイトで使える7%OFFクーポン
250_HP Spectre x2 クーポン_171101_01a
お気に入りパソコン.com QRコード
QR
日本HP個人向けパソコンで使えるクーポン
250_HP個人向け-7%OFFクーポン_171121_Spectre-13_xmas2017_01c

当サイトでは、日本HP公式オンラインストアで使える7%割引クーポンをプレゼントしています!個人向けパソコンを9万円以上(税抜)ご購入でご利用可能です。実施期間は 2017年11月30日(木)まで。

◆割引クーポンの詳細・取得はこちらから
日本HP法人向けパソコンで使えるクーポン
250_HP法人向け 7%OFFクーポン_171101_03a
OMENゲーミング祭り!
250_OMENゲーミング祭り_171025_01a
日本HPのお得なキャンペーン!
日本HPでは、デスクトップPC、ノートPCのお得なキャンペーン実施中です!

【日本HP公式オンラインストア】
◆デスクトップPCキャンペーン!icon
◆ノートPCキャンペーン!icon
◆HPプレミアム下取りサービス icon
◆オリコ分割金利手数料0%キャンペーン icon
【イベントレポート】東京ゲームショウ2017
【新製品】HP Spectre x360 13-ac000
【新製品】HP Spectre 13-af000
【レビュー】HP ENVY 13-ad100
【レビュー】HP ENVY 13-ad000
【レビュー】OMEN by HP 17-an000
【レビュー】OMEN by HP 15-ce000
【レビュー】HP EliteBook x360 1030 G2
【レビュー】OMEN by HP Desktop 880
【レビュー】HP Spectre x2
【レビュー】HP Pavilion 24-a200jp
【法人向け製品】HP Elite Slice
パフォーマンスモデル販売再開!
最新 Spectre シリーズ徹底比較
【注目製品】新型HP Spectre x360
Spectre アクティブペンの販売開始!
【アンケート実施中!】
◆美しく丈夫なプレミアムPC
日本HPプレミアムイベント
【レビュー】HP Pavilion Wave 600-a100jp
【レビュー】HP Spectre 13-v100
OMEN X by HP Desktop 900
【レビュー】OMEN by HP 17-w100
【レビュー】HP Pavilion 27-a170jp
【レビュー】HP Pavilion 510-p171jp
【レビュー】HP ENVY15-as100
【レビュー】HP EliteBook Folio G1
【レビュー】HP Elite x2 1012 G1