OMEN by HP Desktop 880 (GTX 1080Ti)の性能・消費電力を検証!

HP 880-000_GTX 1080Ti_170823_01a

日本HPのゲーミングPC 『OMEN by HP Desktop 880 ハイパフォーマンスモデル』の性能・消費電力を検証しました。

ハイパフォーマンスモデルは、オーバークロック向けの第7世代インテル Core i7-7700K プロセッサー(Kaby Lake)、32GBメモリ 、512GB SSD(PCIe NVMe M.2)+2TB HDD、NVIDIA GeForce GTX 1080Tiを搭載! 




■目次(ページ内リンク)
下記のリンクをクリックすると目的の場所にジャンプします。
※[BackSpace]キーでこの位置に戻ります。

◆ベンチマークで使用するパソコンについて
◆ベンチマークの設定・使用するソフトついて
◆プロセッサーの性能について(Core i7-7700K)
◆プロセッサーのベンチマーク(CINEBENCH R15)
◆メモリの仕様・容量について (32GB、PC4-19200、2400MHz)
◆ストレージの性能テスト(512GB SSD+2TB HDD)
◆グラフィックスの仕様・性能について (NVIDIA GeForce GTX 1080Ti)
◆グラフィックス・ベンチマーク(3D MARK)
◆ゲームベンチマーク(ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター)
◆ゲームベンチマーク(PSO2 キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4)
◆ゲームベンチマーク(F1 2017)
◆VR(仮想現実)対応システムのためのベンチマーク
◆ベンチマーク中の温度・消費電力
◆ベンチマークテストのまとめ

 
 



 ベンチマークで使用するパソコンについて

OMEN by HP 880_IMG_9278b
 
 
この記事では、日本HPのゲーミング・デスクトップPC『OMEN by HP Desktop 880 ハイパフォーマンスモデル』の性能や消費電力を検証します。

【実機レビュー】
◆OMEN by HP Desktop 880 シリーズの外観・内部の徹底レビュー
◆OMEN by HP Desktop 880の特徴・性能・2モデルの違いについて
 
 
 
OMEN by HP 880_IMG_9537

OMEN by HP Desktop 880 ハイパフォーマンスモデルのスペック
OSWindows 10 Pro (64bit)
プロセッサーインテル Core i7-7700K プロセッサー
(4.20GHz-4.50GHz、4コア8スレッド、TDP 91W)
チップセットインテル Z270 チップセット
メモリ32GB(8GB×4) PC4-19200 (2400MHz)
ストレージ512GB M.2 SSD(PCIe NVMe)
+ 2TB HDD (SATA, 7200回転)
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 1080Ti
※NVIDIA ドライバー 368.25
電源750W ATX電源、Active PFC搭載、
80PLUS PLATINUM (89%電源変換効率)相当




 ベンチマークの設定・使用するソフトついて

OMEN by HP 880_高パフォーマンス

OMEN by HP Desktop 880は初期の状態で、電源プランが「最大パフォーマンス」に設定されているので、このままの状態でベンチマークテスト(3DMARK、CINEBENCH R15、ゲームベンチなど)を行いますが、インターネットや動画視聴時のテストは「バランス(HP推奨)」に設定しています。

※設定が異なる場合は当サイトのような結果が出ない可能性があります。

 
ベンチマークで使用するソフト
 CrystalDiskInfoHDD/SSDの基本情報を確認できるソフト。
 CrystalDiskMarkストレージの速度を測定するベンチマークソフト。
CPU-ZCPUの詳細な情報を表示するソフト。
GPU-Zグラフィックカードの詳細情報を表示するソフト。
HWMonitorPCパーツの温度を測定するソフト。
HWiNFO64PCパーツの温度を測定するソフト。
Frapsゲーム中のフレームレートを表示できるソフト。
ワットモニターTAP-TST8 消費電力(W)測定で使用。
 ※デスクトップPCの場合は、ベンチマーク中の消費電力はディスプレイを含みません。
 ※ノートPCの場合は、ベンチマーク中の消費電力はディスプレイを含む数値になります。
 ※ディスプレイの輝度は100%に設定しています。
 



525x110_OMEN by HP Desktop 880_GTX 1080Ti_プロセッサー_01a
 
OMEN by HP 880-000jp シリーズは、第7世代インテル Core プロセッサー(Kaby Lake)を搭載!パフォーマンスモデルはCore i7-7700、パフォーマンスモデルモデルにはオーバークロック向けのCore i7-7700Kが搭載されています。
 

・インテル Core i7-7700 プロセッサー (3.6-4.2GHz / 4コア・8スレッド)
※パフォーマンスモデル(空冷クーラー)

・インテル Core i7-7700K プロセッサー (4.2-4.5GHz / 4コア・8スレッド)
※ハイパフォーマンスモデル(水冷式CPUクーラー)


※この記事ではハイパフォーマンスモデルでテスト。
 

OMEN by HP 880_IMG_9515_プロセッサー

ハイパフォーマンスモデルは冷却性能が高い「水冷式CPUクーラー」を搭載。


 
■プロセッサー性能比較
下記のベンチマークはPassMarkから抜粋したものです。あくまでも目安としてご覧ください。実機のテストではグラフのようなパフォーマンスが発揮されない場合があります。

OMEN by HP 880_プロセッサー比較_170817_01c
 
■第7世代 Core プロセッサー(Kaby Lake)
改良された14nmプロセスルールで高いクロック周波数での動作が可能になり、第6世代 Core プロセッサー(Skylake)よりも性能が向上しています。
 


■Core i7-7700Kプロセッサー※製品仕様
最大動作周波数4.5GHz、4コア/8スレッド、キャッシュ8MB、TDP91Wのプロセッサー。

ハイパフォーマンスモデルに搭載されているCore i7-7700Kは、型番末尾に「K」が付くオーバークロック向けのプロセッサーです。個体差があるのでどこまで動作周波数を上げることができるかは試してみないとわかりませんが、「OMEN コマンドセンター」というユーティリティーソフトでオーバークロックの設定を行うことができます。(※オーバークロックによる故障は保証対象外となります。)

動作周波数が最大で4.5GHzなのでTDP(消費電力の目安)はCore i7-7700の65Wよりも高くなります。動作周波数が高くなると発熱も多くなるので、ハイパフォーマンスモデルには「水冷式CPUクーラー」が搭載されています。



■Core i7-7700 プロセッサー※製品仕様
最大動作周波数4.2GHz、4コア/8スレッド、キャッシュ8MB、TDP65Wのプロセッサー。
 
パフォーマンスモデルに搭載されているCore i7-7700はCore i7-7700Kのようにオーバークロックはできませんが、最大動作周波数が4.2GHzで消費電力は少し低い65Wとなっています。動作中の発熱もやや少なくなるので、こちらには「空冷クーラー」が搭載されます。
 
 

■Core i7-7700とCore i7-7700Kの違い

いずれも画像処理や動画のエンコード、負荷が高い3Dゲームなどで高い処理能力を発揮するCore i7プロセッサーで、最も大きな違いは「オーバークロックができるかどうか」、動作周波数、TDP(消費電力の目安)などです。PassMarkのベンチマークではCore i7-7700Kの方がCore i7-7700よりも12%高いスコアが出ています。

◆デスクトップPC「プロセッサー性能比較表」
 

 
OMEN by HP 880_CPU-Z_01 OMEN by HP 880_CPU-Z_03
 
 
 
CPU-Zで表示されるインテル Core i7-7700K プロセッサーの詳細。チップセットはプロセッサーのオーバークロックに対応している「Z270」が搭載されています。
 

■インテル Core i7-7700K プロセッサーのスペック
プロセッサー・ベース動作周波数・・・4.2 GHz
ターボ・ブースト利用時の最大周波数・・・4.5GHz
コアの数・・・4
スレッド数・・・8
L3キャッシュ・・・8MB
TDP(CPUの消費電力の目安)・・・91W
プロセッサー・ダイで許容できる最大温度・・・100°C

■特長
第7世代インテルCoreプロセッサー(Kaby Lake)
・14nmプロセス技術を採用

◆インテル Core i7-7700K プロセッサースペック詳細

 

OMEN コマンドセンター_ベンチマーク測定_コアの設定

「OMEN コマンドセンター」というユーティリティーソフトでCore i7-7700Kプロセッサーのオーバークロック設定が可能です。初期設定は1コア動作時は4.5GHz、2~4コア動作時は4.4 GHzとなっています。

◆OMEN コマンドセンターでCore i7-7700Kのオーバークロックに挑戦!
 
Intel Turbo Boost Technology有効時の動作クロック
Core i7-7700K
1コア動作時最大4.5 GHz
2コア動作時最大4.4 GHz
3コア動作時最大4.4 GHz
4コア動作時最大4.4 GHz
  



 プロセッサーのベンチマーク(CINEBENCH R15)

スクリーンショット 2017-03-07t

グラフィックカードとCPUの性能テストを行い、コンピュータのパフォーマンスを評価します。

◆MAXON CINEBENCH ダウンロード



OMEN by HP 880_CINEBENCH R15_temp26_a_t 
 ■OpenGL
カーチェイスによる複雑な3Dシーンを使って、グラフィックカードのOpenGLモードでの性能を調べます。

■CPU
3Dレンダリングを行いプロセッサパワーのすべてを使う性能テスト。

■CPU(Single Core)
1コアのみで行うプロセッサ性能テスト。
 


 
 
 ◆OMEN by HP 880-000jp
 ・Core i7-7700K
 (最大4.5GHz, 4コア8スレッド)
 ・メモリ32GB(PC4-19200:2400MHz)
 ・NVIDIA GeForce GTX 1080Ti

 
 OpenGL:146.31 fps(104.1%)
 CPU:954 cb(109.6%)
 CPU(Single Core):193 cb(107.8%)
 
 ◆OMEN by HP 870
 ・Core i7-6700K
 (最大4.2GHz, 4コア8スレッド)
 ・メモリ8GB(PC4-17000:2133MHz)
 ・NVIDIA GeForce GTX 1080
 
 OpenGL:140.54 fps
 CPU:870 cb
 CPU(Single Core):179 cb
 

OMEN by HP 880 ハイパフォーマンスに搭載されているCore i7-7700K と、OMEN by HP 870に搭載されているCore i7-6700K (※実機ベンチマーク)の比較をします。

■CPUテスト
プロセッサパワーをすべてを使うCPUテスト(マルチコア)では、両者のスコアは約10%の差です。4コア動作時の動作周波数はCore i7-7700Kが4.4GHz、Core i7-6700Kが4.0GHzなので、動作周波数の差11%に近い結果となっています。高い冷却性能の「水冷CPUクーラー」を搭載しているので、最大温度は約76℃、平均では約66℃でした。サーマルスロットリングは発生せず、ベンチマーク中は4.4GHzをキープしていました。

■CPU(Single Core)テスト

1コアのみの性能を測定するテストでは、両者のスコアは約7.8%の差になっています。このテストでも動作周波数の差(約7%)に近い結果となりました。
 
 
ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 26℃】
温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
※ベンチマーク中の計測値はPC構成や環境で変動する場合があります。
インテル Core i7-7700K プロセッサー
プロセッサーの温度 【最大温度】 76℃前後
 【平均温度】 66℃前後
 【アイドル時】 38℃前後
NVIDIA GeForce GTX 1080Ti
GPUの温度 【最大温度】 50℃前後
 【平均温度】 44℃前後
 【アイドル時】 37℃前後
GPU コアクロック 【 最大 】  1480.0 MHz
 【アイドル時】 139.0 MHz
GPU メモリクロック 【 最大 】  1377.0 MHz
 【アイドル時】 101.3 MHz
GPUクーラーのファンスピード 【 最大 】  1252 RPM
 【アイドル時】 863 RPM
ビデオメモリ使用量 747 MB
ベンチマーク中のPC全体の消費電力(モニターを除く)
OpenGLテスト・・・最大 約142W、CPUテスト・・・最大 約135W




525x110_OMEN by HP Desktop 880_GTX 1080Ti_メモリ_01a

OMEN by HP 880-000jp シリーズは DDR4メモリ(PC4-19200:2400MHz)を搭載。メモリ容量のカスタマイズは用意されていませんが、パフォーマンスモデル、ハイパフォーマンスモデル共に大容量の32GBメモリが搭載されています。


・32GB(8GB×4) PC4-19200 (2400MHz)
※パフォーマンスモデル、ハイパフォーマンスモデル


※この記事ではハイパフォーマンスモデルを使用。
 

 
OMEN by HP 880_CPU-Z_04 
 搭載されているDDR4メモリの詳細。

レイテンシ(メモリのデータを転送する時の待ち時間)はCL-17です。8GBx4の構成なのでデュアルチャネルで動作します。
 
 

■メモリ搭載量について

バトルフィールド1のような16GBメモリ推奨ゲームでも余裕でプレイ可能です。画像処理の場合は使い方次第ですが、複数のアプリケーションを立ち上げたまま高解像度の画像を取り扱ったとしても、かなり贅沢なメモリの使い方をしない限りなかなか使いきれない容量です

◆どれくらいパソコンにメモリを搭載すればよいのか?




525x110_OMEN by HP Desktop 880_GTX 1080Ti_ストレージ_01a

OMEN by HP 880-000jp シリーズは超高速の512GB M.2 SSD(PCIe NVMe)と、画像や動画などを多数保存するための2TB HDD(7200回転)を搭載し速度と容量を両立。


・512GB SSD (PCIe NVMe M.2) +2TB HDD(7200回転)
※パフォーマンスモデル、ハイパフォーマンスモデル


※この記事ではハイパフォーマンスモデルでテスト。


OMEN by HP 880_ストレージ_01t2

OMEN by HP 880-000jpには512GBのSSDが搭載されていますが、実際に使用できる容量は476GB(※そのうち約45GBを使用)になります。2TBのHDDは約1.8TBの容量が使用可能です。

リカバリーイメージが入っているパーティションのサイズは14.9GBで、そのうち13.1GBが使用されているので、リカバリーディスクを作成する場合は16GBのUSBメモリが必要になります。
 
 


512GB SSD (PCIe NVMe M.2) + 2TB HDD

OMEN by HP 880_CrystalDiskInfo_ssd 512GB_02 OMEN by HP 880_CrystalDiskInfo_hdd 2TB_02

CrystalDiskInfoで表示されるストレージの情報。

512GB SSDはSUMSUNG製で、型番はMZVLW512HMJP-000H1、Spectre x2(※実機ベンチマーク)に搭載されているものと同じですが、ファームウェアは一部の文字が異なる「CXY73H1Q」になっています。

2TB HDDはシーゲート製で、型番はST2000DM001-1ER164、ファームウェアは「HP51」です。

※ストレージのメーカーは販売時期によって異なる場合があります。


ストレージのベンチマークテスト

CrystalDiskMark 3.0.4 x64でストレージの性能を測定することができます。今回のテストは実際の使用で参考になる「ランダム」で行っています。0Fill (1 Fill) のデータは圧縮が容易なので、実際に使用した場合よりも良い結果が出ることがあります。

ランダム・・・0と1がランダムに混ざったデータの読み書き速度を測定。
Read (リード)・・・読み込み速度
Write (ライト)・・・書き込み速度
Seq (シーケンシャル)・・・連続したデータの読み書き
4KQD32・・・データを最も効率のよい順番に並べ替える機能(NCQ)を使ってランダムアクセスしたときの速度

OMEN by HP 880_CrystalDiskMark_ssd 512GB_03b OMEN by HP 880_CrystalDiskMark_hdd 2TB_03b
 
OMEN by HP 880-000jp には、「PCIe NVMe M.2」という従来のSATA3よりもデータ転送速度が非常に速い規格のSSDが搭載されています。

512GB M.2 SSD(PCIe Gen3x4 NVMe) は、大きいサイズから4Kのような小さいサイズまで読み書き共に非常に速い数値が出ています。2TB HDD(SATA, 7200回転)はSSDのような速さはありませんが、7200回転のHDDとしては標準的な速度です。
 

■ベンチマーク中の温度(室温26℃)

512GB M.2 SSD(PCIe Gen3x4 NVMe)
39℃(ベンチマーク前)→約62℃(ベンチマーク後)

2TB HDD(SATA, 7200回転)
36℃(ベンチマーク前)→約39℃(ベンチマーク後)


■起動時間(デスクトップ画面が表示されるまで)
約13~14秒
※Windows 10のログインパスワードを設定しない状態での計測。
※PCの環境次第で起動時間が長くなる場合があります。


OMEN by HP 880_CrystalDiskMark5_ssd 512GB_03
 

512GB M.2 SSD(PCIe Gen3x4 NVMe) のベンチマークテストをCrystalDiskMarkの最新バージョン(5.2.2 )で行いました。このテストではSeq Q32T1のテストで3179MB/sを記録。ベンチマークテストによって転送速度が違ってきますが、超高速なSSDであることがわかります。



 
525x110_OMEN by HP Desktop 880_GTX 1080Ti_グラフィックス_01a

OMEN by HP 880-000jpシリーズは、「Pascal」アーキテクチャを採用したGeForce「10シリーズ」の高性能グラフィックスカードを搭載!
 

・NVIDIA GeForce GTX 1070
※パフォーマンスモデル

・NVIDIA GeForce GTX 1080Ti
※ハイパフォーマンスモデル


※この記事ではハイパフォーマンスモデルを使用。
 
OMEN by HP 880_IMG_9897_GTX 1080Ti
 
OMEN by HP 880 ハイパフォーマンスモデルに搭載されているGTX 1080Tiの外観は、NVIDIA公式サイトで公開されているもの(Founders Edition)と異なりますが、GPUのスペックは同じです。



 
■グラフィックス性能比較
※下記のベンチマークはPassMarkから抜粋したものです。あくまでも目安としてご覧ください。実機のテストではグラフのようなパフォーマンスが発揮されない場合があります。

OMEN by HP 880_グラフィックス比較_170817_01b
 
■NVIDIA GeForce GTX 1080Ti

GTX 1080Tiは性能と電力効率に優れている「Pascal」アーキテクチャを採用したフラッグシップ・ゲーミングGPUです。11GBという大容量のグラフィックスメモリには高帯域幅のGDDR5Xを採用。本格的な3D高いゲームでパフォーマンスを発揮します。

◆関連記事:日本HPのノートPC「グラフィックス性能比較表」
 

ベンチマークテストによってグラフィックスの性能差は違ってきますが、日本HP調べのグラフィックスの性能比較(3D MARK - Fire Strike)では上記のPassMarkのベンチマークよりも性能差が大きくなっています。

GTX 980を100%とした場合、GTX 1070 は約2.4倍、GTX 1080Tiは約3.7倍の性能差があります。GTX 1070とGTX 1080Tiの差は約1.5倍くらいになるので、3DゲームではGTX 1080Tiの方がより高いフレームレートでプレイすることができます。

・GeForce GTX 1080Ti 【369%】
(1480MHz, 352bit, 11GB GDDR5X, TDP250W)


・GeForce GTX 1080 【291%】
(1607MHz, 256bit, 8GB GDDR5X, TDP180W)

・GeForce GTX 1070 【243%】
1506MHz, 256bit, 8GB GDDR5, TDP150W)


・GeForce GTX 980 【100%】
1127MHz, 128bit, 2GB GDDR5, TDP120W)

◆グラフィックスの仕様・性能比較/日本HP調べ
 

 
OMEN by HP 880_GTX 1080Ti_GPU-Z_01
 
OMEN by HP 880 に搭載されているGTX 1080Ti のスペック
製品名GeForce GTX 1080Ti
GPUコアPascal (GP102)
CUDAコア数3584
テクスチャユニット224
ROPユニット88
ベースクロック(MHz)1481 MHz
ブーストクロック(MHz)1582 MHz
メモリタイプGDDR5X
メモリクロック1376 MHz
メモリ容量11GB
メモリバス幅352bit
メモリ帯域幅(GB/s)484.4GB/s
DirectX12 API with feature level 12_1
※最大温度91℃
※最大消費電力(W)250W
※最小限必要な電力600 W
※補助電源コネクタ8ピン+6ピン
 

GPUの情報はGPU-Zに表示されているものを記載していますが、最大温度や最大消費電力、最小限必要な電力などの情報はNVIDIA公式サイトの仕様から抜粋しています。GPUのブーストクロックは1582 MHzとなっていますが、当サイトの実機テストでは1898.0 MHzまで伸びました。

◆NVIDIA GeForce GTX 1080Ti スペック詳細
 

 
 
 グラフィックス・ベンチマーク(3D MARK)

スクリーンショット_3Dmark

DirectX 11、DirectX 9、DirectX 10の機能を使用したベンチマークができるソフト。当サイトではSteamで販売されている有料版でテストしています。

◆3DMark-v1-3-708 ダウンロード

 
 
※総合スコアは各スコアの平均になります。
※Graphics Score・・・グラフィック性能を測定するテスト。
Physics Score ・・・CPUの性能測定に特化したテスト。
Combined Score ・・・負荷が高い処理でCPUとGPUの性能を試すテスト。
 
 
 

 
OMEN by HP 880_GTX 1080Ti_Time Spy_01_temp26 Time Spy
DirectX 12世代のGPU性能を計測
 スコア:8082
  Graphics Score8891
 Physics Score 5335
 

 
OMEN by HP 880_GTX 1080Ti_Fire Strike Ultra_02_temp26 Fire Strike Ultra
4K解像度でDirectX 11のGPU性能を計測
 スコア:6437
  Graphics Score6440
 Physics Score 13949
 Combined Score3556

 
 
OMEN by HP 880_GTX 1080Ti_Fire Strike Extreme_01_temp26 Fire Strike Extreme
WQHD(2560×1440)でDirectX 11のGPU性能を計測
 スコア:11720
  Graphics Score12792
 Physics Score 13808
 Combined Score6319
 
 
OMEN by HP 880_GTX 1080Ti_Fire Strike_01_temp26 Fire Strike
DirectX 11レベルのグラフィックス機能を用いたテスト(フルHD)
 スコア:20000
  Graphics Score27176
 Physics Score 14025
 Combined Score8542
 

 
OMEN by HP 880_GTX 1080Ti_Sky Diver_02_temp26 Sky Diver
DirectX 11世代の機能統合型CPU(=APU)向けのテスト
 スコア:40851
  Graphics Score84729
 Physics Score 12736
 Combined Score25977

 
 
OMEN by HP 880_GTX 1080Ti_Cloud Gate_02_temp26 Cloud Gate
DirectX 10レベルのグラフィックス機能を用いたテスト
 スコア:36781
  Graphics Score84729
 Physics Score 12736
 

 
OMEN by HP 880_GTX 1080Ti_Ice Storm_02_temp26 Ice Storm
DirectX 9レベルのグラフィックス機能を用いたテスト
 スコア:189371
  Graphics Score408979
 Physics Score 65768
 

今回行ったGTX 1080Tiのスコアと過去に行ったGTX 1080のスコアを比較してみました。



Fire Strikeのグラフィックステスト(フルHD)ではGTX 1080Tiの方がGTX 1080よりも約25%高く、プロセッサーのテストでは、Core i7-7700KはCore i7-6700Kよりも約13%高いスコアが出ています。

■Core i7-7700K・GeForce GTX 1080Ti
スコア:20000(120.9%)
Graphics Score :27176 (125.3%)
Physics Score :14025 (113.6%)
Combined Score :8542 (117.1%)

■Core i7-6700K・GeForce GTX 1080※実機ベンチマーク
スコア:16539
Graphics Score :21684
Physics Score :12340
Combined Score :7289
 

 
4K解像度のFire Strike UltraのテストではGTX 1080Tiの方がGTX 1080よりも約35%高いスコアが出ており、上記のフルHDのテストよりも差が広がっています。

■Core i7-7700K・GeForce GTX 1080Ti
スコア:6437(134.2%)
Graphics Score :6440(135.0%)
Physics Score :13949(117.2%)
Combined Score :3556(137.3%)

■Core i7-6700K・GeForce GTX 1080
スコア:4796
Graphics Score :4769
Physics Score :11898
Combined Score :2589



DirectX 12世代のベンチマークテストTime Spyでは、GTX 1080TiはGTX 1080よりも約39%高いスコアが出ました。最新世代のテストでもGTX 1080Tiの方が高い性能を発揮しています。

■Core i7-7700K・GeForce GTX 1080Ti
スコア:8082(136.4%)
Graphics Score :8891(139.4%)
Physics Score :5335(126.2%)

■Core i7-6700K・GeForce GTX 1080
スコア:5925
Graphics Score :6378
Physics Score :4225

◆日本HPのノートPC「グラフィックス性能比較表」
 
 
ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 26℃】
温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
※ベンチマーク中の計測値はPC構成や環境で変動する場合があります。
インテル Core i7-7700K プロセッサー
プロセッサーの温度 【最大温度】 82℃前後
 【平均温度】 62℃前後
 【アイドル時】 38℃前後
NVIDIA GeForce GTX 1080Ti
GPUの温度 【最大温度】 85℃前後
 【平均温度】 71℃前後
 【アイドル時】 37℃前後
GPU コアクロック 【 最大 】  1898.0 MHz
 【アイドル時】 139.0 MHz
GPU メモリクロック 【 最大 】  1377.0 MHz
 【アイドル時】 101.3 MHz
GPUクーラーのファンスピード 【 最大 】  2302 RPM
 【アイドル時】 863 RPM
ビデオメモリ使用量 2632 MB ※Time Spy
ベンチマーク中のPC全体の消費電力(モニターを除く)
最大 約359W




 ゲームベンチマーク(ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター)

Pavilion 24-a270jp_リベレーター

この「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター」ベンチマークは、実際のマップとキャラクターを表示してお手持ちのPCで動作させた場合の指標となるスコアを確認することができます。

◆ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク ダウンロード
 

 
OMEN by HP 880_GTX 1080Ti_リベレーター_1920x1080最高_01_temp26画面サイズ:1920x1080
グラフィック設定:最高品質
フルスクリーンモード
 スコア:17653
 平均フレームレート:126.645
評価:非常に快適
 

【Core i7-7700K,  NVIDIA GeForce GTX 1080 Tiのスコア】

フルHD・最高品質のテストでは、平均フレームレートが約126fpsで「非常に快適」という評価になります。ローディングタイムも速いので快適です。

ローディングタイム:
  シーン#1    2.084sec
  シーン#2    2.384sec
  シーン#3    1.991sec
  シーン#4    2.553sec
  シーン#5    4.796sec
  シーン#6    1.179sec
 合  計    14.989sec
 
 
ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 26℃】
温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
※ベンチマーク中の計測値はPC構成や環境で変動する場合があります。
インテル Core i7-7700K プロセッサー
プロセッサーの温度 【最大温度】 74℃前後
 【平均温度】 62℃前後
 【アイドル時】 38℃前後
NVIDIA GeForce GTX 1080Ti
GPUの温度 【最大温度】 84℃前後
 【平均温度】 79℃前後
 【アイドル時】 37℃前後
GPU コアクロック 【 最大 】  1898.0 MHz
 【アイドル時】 139.0 MHz
GPU メモリクロック 【 最大 】  1377.0 MHz
 【アイドル時】 101.3 MHz
GPUクーラーのファンスピード 【 最大 】  2286 RPM
 【アイドル時】 863 RPM
ビデオメモリ使用量 1817 MB
ベンチマーク中のPC全体の消費電力(モニターを除く
最大 約358W
 

 
 
 ゲームベンチマーク(PSO2 キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4)

PSO ep4_ベンチマーク

『ファンタシースターオンライン2』がどのくらい快適にプレイできるかを点数で評価してくれるベンチマーク機能です。

◆ベンチマーク ダウンロード
 


OMEN by HP 880_GTX 1080Ti_PSO2_1920x1080_簡易設定6_03_temp26 画面サイズ:1920x1080
簡易描画設定・・・6(最高画質)
フルスクリーン表示
 スコア:83564
 フレームレート:199~324fps
評価:快適
 

【Core i7-7700K,  NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti のスコア】

GTX 1080 Ti はPSO2のテストでは十分すぎる性能です。フルHD・簡易設定6(最高品質)のテストでは、常時200fps以上の状態で最高フレームレートは324fpsまで伸びました。
 
 
ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 26℃】
温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
※ベンチマーク中の計測値はPC構成や環境で変動する場合があります。
インテル Core i7-7700K プロセッサー
プロセッサーの温度 【最大温度】 76℃前後
 【平均温度】 65℃前後
 【アイドル時】 38℃前後
NVIDIA GeForce GTX 1080Ti
GPUの温度 【最大温度】 84℃前後
 【平均温度】 74℃前後
 【アイドル時】 37℃前後
GPU コアクロック 【 最大 】  1898.0 MHz
 【アイドル時】 139.0 MHz
GPU メモリクロック 【 最大 】  1377.0 MHz
 【アイドル時】 101.3 MHz
GPUクーラーのファンスピード 【 最大 】  2263 RPM
 【アイドル時】 863 RPM
ビデオメモリ使用量 951 MB
ベンチマーク中のPC全体の消費電力(モニターを除く
最大 約325W




 ゲームベンチマーク(F1 2017)

20170826131119_1.jpg

フォーミュラワン ワールドチャンピオンシップ公式ゲームシリーズの最新作「F1 2017」でベンチマークテストを行いました。ベンチマークテストは下記の設定で行っています。



■F1 2017 ベンチマークの設定
解像度:1920x1080
表示モード:フルスクリーン
Vsync:オフ
アンチエイリアス:TAA
異方性フィルタリング:16x
グラフィック設定プリセット:超高
 
 


20170825152753_1_20170825155641429.jpg
 
オーストラリア
最低FPS平均FPS最高FPS
晴天126151181
豪雨100125144
 

 
20170826172925_1.jpg
 
モナコ
最低FPS平均FPS最高FPS
晴天111140179
豪雨89119146
 
 
20170826174710_1.jpg
 
シンガポール
最低FPS平均FPS最高FPS
晴天109135160
豪雨85125144
 

【Core i7-7700K,  NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti のスコア】

F1 2017に収録されている全てのサーキットの中から高いフレームレートが出やすいオーストリア、やや伸びない傾向のモナコやシンガポールなどの市街地をピックアップしました。

大まかな傾向としてはどのサーキットでも「晴天」の方がフレームレートが高く、水しぶきが上がる「豪雨」ではフレームレートが下がりますが、それでも平均FPSは120くらい出ており、最低FPSも60FPS以上をキープしています。
 
 
ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 26℃】
温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
※ベンチマーク中の計測値はPC構成や環境で変動する場合があります。
インテル Core i7-7700K プロセッサー
プロセッサーの温度 【最大温度】 74℃前後
 【平均温度】 69℃前後
 【アイドル時】 38℃前後
NVIDIA GeForce GTX 1080Ti
GPUの温度 【最大温度】 84℃前後
 【平均温度】 79℃前後
 【アイドル時】 37℃前後
GPU コアクロック 【 最大 】  1860.0 MHz
 【アイドル時】 139.0 MHz
GPU メモリクロック 【 最大 】  1377.0 MHz
 【アイドル時】 101.3 MHz
GPUクーラーのファンスピード 【 最大 】  2266 RPM
 【アイドル時】 863 RPM
ビデオメモリ使用量 3736 MB
ベンチマーク中のPC全体の消費電力(モニターを除く)
最大 約360W
 


 
 VRMark:VR(仮想現実)対応システムのためのベンチマーク

VRmark.png

「VRMark」はVirtual Reality(仮想現実)対応システムのためのベンチマークです。このテストはVRヘッドセットがなくてもVR Ready判定テストを行うことができます。テストは2種類用意されており、Orange Roomは現在のVR環境を想定した標準的なテストですが、Blue Roomは将来登場すると思われる負荷が高い環境を想定したテストになっています。
 
 

 
VRMark_Orange Room_01_temp26 ■Orange Room
現在の標準的な負荷でVR性能を調べるテスト。
 スコア:10512
 平均フレームレート:229.17fps
目標フレームレート:109.00fps
 

 
VRMark_Blue Room_01_temp26 ■Blue Room
将来のより高負荷なVR環境を想定したテスト。
 スコア:3001
 平均フレームレート:65.43fps
目標フレームレート:109.00fps
 

【Core i7-7700K,  NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti のスコア】

現在のVR環境でどれくらいの性能かをテストするOrange Roomでは、目標フレームレートの2倍のフレームレートが出ています。

Blue Roomは将来の環境を想定しているテストなので、目標フレームレートを下回る結果になりましたが、現時点では十分にVRを楽しめる性能があります。
 
 
ベンチマーク中のPCパーツの温度・消費電力 【室温 26℃】
温度、クロック周波数、ファンスピードなどはベンチマーク中の最高値、
アイドル時はPCを10分以上使用しない時の最小値を記載しています。
※ベンチマーク中の計測値はPC構成や環境で変動する場合があります。
インテル Core i7-7700K プロセッサー
プロセッサーの温度 【最大温度】 69℃前後
 【平均温度】 59℃前後
 【アイドル時】 38℃前後
NVIDIA GeForce GTX 1080Ti
GPUの温度 【最大温度】 84℃前後
 【平均温度】 63℃前後
 【アイドル時】 37℃前後
GPU コアクロック 【 最大 】  1898.0 MHz
 【アイドル時】 139.0 MHz
GPU メモリクロック 【 最大 】  1377.0 MHz
 【アイドル時】 101.3 MHz
GPUクーラーのファンスピード 【 最大 】  2051 RPM
 【アイドル時】 863 RPM
ビデオメモリ使用量 2308 MB
ベンチマーク中のPC全体の消費電力(モニターを除く)
最大 約332W




525x110_OMEN by HP Desktop 880_GTX 1080Ti_消費電力_01a

OMEN by HP 880 ハイパフォーマンスモデルは750W ATX電源(Active PFC搭載、80PLUS PLATINUM :89%電源変換効率相当)を搭載しています。(※パフォーマンスモデルは500W)


インターネット閲覧中の消費電力・温度(室温26℃)
プロセッサーの温度36~61℃
GPUの温度35~38℃
消費電力43~93 W前後

このテストでは電源オプションを「HP推奨(バランス)」に設定しているので、プロセッサーやGPUの最低温度は「高パフォーマンス」に設定しているゲームベンチマークのアイドル時の温度(プロセッサー38℃、GPU37℃)よりも少し低めになっています。

消費電力はページにアクセスしたときに瞬間的に60~90Wくらいまで上がることがありますが、ページを見ているだけの状態ではアイドル時(38W)よりも少し高い42~45Wくらいになります。
 
 
※消費電力や温度は、Microsoft Edge でHP公式サイトを閲覧した時の数値。
※閲覧するWebサイトによっては計測した数値と異なる場合があります。
※電源オプションは「バランス(HP推奨)」に設定。

 
YouTubeの動画を約30分視聴したときの消費電力・温度(室温26℃)
プロセッサーの温度37~55℃ 【平均38℃】
GPUの温度37~40℃ 【平均38℃】
消費電力48~54 W前後

動画視聴中のプロセッサーの温度は瞬間的に55℃まで上がりましたが、平均的には38℃でほぼアイドル状態に近い温度で動作していました。アイドル時の38Wよりも10Wくらい高い程度で、300Wを超えるようなベンチマークテストと比較するとかなり消費電力は低くなります。
 

 
※消費電力や温度は、Microsoft Edge でYouTubeの動画を視聴した時の数値です。
※音量は10に設定。
※YouTubeのフルHD動画を30分再生
※動画はフルスクリーンで表示
※電源オプションは「バランス(HP推奨)」に設定。
 


HP 880-000_IMG_7958
 



【Core i7-7700Kの温度】
OMEN by HP 880 ハイパフォーマンスモデルに搭載されているCore i7-7700Kには、従来モデル(※OMEN by HP 870)よりも33%大型化した「簡易水冷クーラー」が装着されています。4コア動作時の動作クロックが最大4.4GHzの設定で、高負荷時の温度は最大76℃、平均温度は66℃でした。(※CINEBENCH R15)プロセッサー・ダイで許容できる最大温度の100°Cまでかなり余裕があります。

【GeForce GTX 1080Tiの温度】
GTX 1080Tiは外排気クーラーを搭載しています。高負荷時の温度は最大で85℃くらいまで上がりましたが、平均では70~80℃の間に収まっています。

【内部のエアフロー】
OMEN X by HP 880シリーズは従来モデル(※OMEN by HP 870)よりも15%ほど大型のシャーシを採用し、エアフロー(内部の空気の流れ)が最大で51%向上しています。
 
ベンチマーク時のPCパーツの最高温度(室温26℃)
インテル Core i7-7700K プロセッサー82℃(アイドル時38℃前後)
NVIDIA GeForce GTX 1080Ti85℃(アイドル時37℃前後)
ベンチマーク中の消費電力(モニターを除く)
電源OFF時0.0~0.3W 前後
スリープ時0.9W 前後
アイドル時38W 前後
起動時約132W(瞬間最大)
ベンチマーク中の最大消費電力約360W (F1 2017)
 ※電源オプションは「高パフォーマンス」に設定。
 ※消費電力はPCの使用環境によって違いが出る場合があります。
 ※ディスプレイの輝度を100%に設定してテストしています。
 ※ACアダプターを接続した状態で計測。



 ベンチマークテストのまとめ

OMEN by HP 880_IMG_9291


■OMEN by HP Desktop 880 ハイパフォーマンスモデルのベンチマークテスト

現時点でゲーム用途では申し分のない性能ですが、ハイパフォーマンスモデルは750Wの電源とデュアルグラフィックスに対応したマザーボードを搭載しているので、将来的にさらに高性能化を目指すことができます。

◆第7世代 インテル Core i7-7700K プロセッサー
4コア8スレッドの高性能なプロセッサーです。負荷の高いゲームや画像処理、動画のエンコードなどで高い処理能力を発揮します。

◆32GBメモリ (PC4-19200:2400MHz)
標準で32GBのメモリが搭載されているので、16GBメモリ推奨のゲームにも余裕で対応できる容量です。高解像度のデータを取り扱う画像処理用途でも快適に作業することができます。

◆512GB SSD (PCIe NVMe M.2)+2TB HDD
SSDは起動が速く、操作時のレスポンスも良いので快適です。2TBのHDDも搭載しているので多数の画像や動画ファイルを保存することができます。

◆NVIDIA GeForce GTX 1080Ti
記事掲載時点では最高クラスのグラフィックスカードです。本格的な3Dゲームをきれいな画質で快適にプレイすることができます。GTX 1080と比較した場合、3DMARKではフルHDよりも負荷が高い4K解像度でより高いパフォーマンスを発揮しています。(※ベンチマーク:3D MARK

◆ベンチマーク中の温度・消費電力(ディスプレイを除く)
高負荷時のCore i7-7700Kの温度は最大82℃、GTX 1080Tiの最大温度は85℃まで上がりましたが、平均温度は70~80℃の間くらいになります。PC全体の消費電力は最大で360Wでしたが、ハイパフォーマンスモデルはデュアルグラフィックス(SLI)搭載を想定した750Wの電源を搭載しているのでかなり余裕があります。
 
 
 
【メーカー製品詳細ページ】
◆OMEN by HP Desktop 880 製品詳細icon
◆OMEN by HP Desktop 880(スペックPDF)
※本製品にはキーボード/マウスは付属していません。

トラブルシューティング・ドライバー・使用方法などicon
◆OMEN by HP Desktop 880 ハイパフォーマンスモデル(GTX 1080Ti)サポートicon
◆OMEN by HP Desktop 880 パフォーマンスモデル(GTX 1070) サポートicon
◆アップグレードガイド(PDF)

【実機レビュー】
◆OMEN by HP Desktop 880(ハイパフォーマンス)の外観・内部の徹底レビュー
◆OMEN by HP Desktop 880 (GTX 1080Ti)の性能・消費電力を検証!
◆OMEN コマンドセンターでCore i7-7700Kのオーバークロックに挑戦!

【関連記事】
◆OMEN by HP Desktop 880の製品特徴・性能・2モデルの違いについて

【ゲームベンチマーク】
◆PC版「F1 2017」の推奨スペック&ベンチマーク

【OMEN by HP Gaming シリーズのアクセサリー】
◆OMEN by HP with SteelSeries -全てを意のままに-
 

■レビューについて
※商品仕様/価格については2017年8月26日時点のものです。
※PCパーツのメーカーは販売時期により変更になる場合があります。
※ベンチマークの結果、温度、消費電力などの測定値はPCの使用状況や環境によって異なることがあります。
※できるだけ客観的にレビューしようと心がけていますが、実際の商品を見たり使用したときの感じ方には個人差があります。
※PassMarkベンチマークスコアはPassMark - CPU Benchmarks Video Card Benchmarks から抜粋しています。あくまでも目安としてご覧ください。
 
関連記事

テーマ : ゲームパソコン
ジャンル : コンピュータ

お気に入りパソコン.com

◆ホームへ

検索フォーム
最新記事
【詳細レビュー】スタイリッシュ&上品なシルクゴールドの『HP ENVY 13』 Sep 25, 2017
【東京ゲームショウ2017】初出展の日本HP「OMEN」ブースのレポート Sep 23, 2017
日本HPのパソコンをお得に購入できる【7%OFFクーポン】プレゼント! Sep 19, 2017
OMEN by HP 880の東京ゲームショウ限定セットが最大5万円お得! Sep 18, 2017
ENVY 13ベーシックモデル(Core i3-7100U)の性能・消費電力を検証! Sep 18, 2017
日本HPのパソコン売れ筋ランキング(2017年9月10日集計) Sep 15, 2017
HP Spectre x360のオフィスソフトまたは3年保証が0円キャンペーン! Sep 15, 2017
カテゴリ
RSSリンクの表示
ソーシャルブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加  


 


プロフィール

お気に入りパソコン.com

Author:お気に入りパソコン.com
長年Macを使ってきましたが、性能面やOSのサイクルが早く安定した環境が構築しにくいなど、次第にMacに対する不満が募り、2011年の秋にメインの作業環境をWindowsPCに移行しました。現在はWindows派で日本HPのデスクトップ、ノートPCを使用しています。

◆免責事項
ブログに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。本ブログの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
Spectre アクティブペンの販売開始!
【レビュー】HP アクセサリー
250x120_OMEN by HP Gaming Mouse_170113_01b

250x120_HP Z5000 Bluetooth マウス_170113_01c

250x120_HP Spectre レザークラッチバック_170113_01c

250x120_HP プレミアムバックパック_170113_01b

CPU/GPU性能比較表
CPUオーバークロックツール
250_CPUオーバークロックツール
「インテル XTU」は、ソフトウェアでCPU倍率設定や電圧などを細かく調整することができるCPUオーバークロックツールです。

■Core i7-5820Kをオーバークロック!
電源管理の設定
【Windows 10】タッチキーボードの無効化
★注目記事ピックアップ
ウォッチドッグス2(Watch_Dogs2)
250_WatchDogs22016-12-03t.png
ゲーミングPCでウォッチドッグス2プレイ中のフレームレートを計測!

■Watch_Dogs2の推奨スペック
■Core i7-6700HQ,GTX 1070 Laptop
Grand Theft Auto V
F1 2017
F1 2016
F1 2016 ベンチマーク
「F1 2016」のベンチマークでフレームレートを計測!

■推奨スペック&ベンチマーク(GTX1080,GTX1070,GTX1060)
FF14『蒼天のイシュガルド』
250_ffxiv-heavensward-bench rogo
ファイナルファンタジーXIV『蒼天のイシュガルド』のベンチマークです。ゲーミングPCのスコアを掲載しています。

■FF14『蒼天のイシュガルド』ベンチマーク
ザ・シムズ 4 (The Sims 4)
ザ・シムズ 3 (The Sims3)
Xbox Elite ワイヤレス コントローラー
日本HP公式サイトで使える7%OFFクーポン
250_HP Spectre x360 クーポン_170916_01a
お気に入りパソコン.com QRコード
QR
日本HP個人向けパソコンで使えるクーポン
250_HP個人向け 7%OFFクーポン_170914_spectre x360_03b

当サイトでは、日本HP公式オンラインストアで使える7%割引クーポンをプレゼントしています!個人向けパソコンを10万円以上(税抜)ご購入でご利用可能です。実施期間は 2017年9月30日(土)まで。

◆割引クーポンの詳細・取得はこちらから
日本HP法人向けパソコンで使えるクーポン
250_HP法人向け 7%OFFクーポン_170901_01a
日本HPのお得なキャンペーン!
250x100_デスクトップPCキャンペーン_01a
日本HPでは、デスクトップPC、ノートPCのお得なキャンペーン実施中です!

【日本HP公式オンラインストア】
◆デスクトップPCキャンペーン!icon
◆ノートPCキャンペーン!icon
◆HPプレミアム下取りサービス icon
◆オリコ分割金利手数料0%キャンペーン icon
【イベントレポート】東京ゲームショウ2017
【レビュー】HP ENVY 13
【新製品】OMEN by HP Desktop 880
【レビュー】HP Spectre x2
HP Spectre x2 vs Surface Pro
【レビュー】HP Pavilion 24-a200jp
【法人向け製品】HP Elite Slice
パフォーマンスモデル販売再開!
最新 Spectre シリーズ徹底比較
【注目製品】新型HP Spectre x360
【アンケート実施中!】
HP Spectre x360 vs MacBook Pro
◆美しく丈夫なプレミアムPC
日本HPプレミアムイベント
【レビュー】HP Pavilion Wave 600-a100jp
【レビュー】HP Spectre 13-v100
OMEN X by HP Desktop 900
【レビュー】OMEN by HP Desktop 870
【レビュー】OMEN by HP 17-w100
【レビュー】HP Pavilion 27-a170jp
【レビュー】HP Pavilion Wave 600
【レビュー】HP Pavilion 510-p171jp
【レビュー】HP ENVY15-as100
【レビュー】HP EliteBook Folio G1
【レビュー】HP Elite x2 1012 G1
【レビュー】HP EliteDesk 800 G2
250_EliteDisk 800 G2_レビュー160418_01a
日本HPの法人向け超小型デスクトップPC「HP EliteDesk 800 G2 DM/CT」の実機レビューです。

◆外観・内部のレビュー
◆性能・消費電力を検証(i3-6100T)
ストレージの増設