HP Pavilion 570-p000jpの製品特徴・新旧モデル比較

525_HPデスクトップ_新旧モデル比較_Pavilion 570-p000jp_01a

この記事では、新モデルのHP Pavilion 510-p100jpと旧モデルHP Pavilion 510-100jp(※実機レビュー)の違いや性能について解説しています。




■目次(ページ内リンク)
下記のリンクをクリックすると目的の場所にジャンプします。
※[BackSpace]キーでこの位置に戻ります。

◆HP Pavilion 570-p000jp (第7世代インテル)の特徴
◆新モデル Pavilion 570-p000jp の主な変更点
◆新モデル Pavilion 570-p000jp と旧モデル Pavilion 510-p100jp のスペック比較
◆プロセッサーの性能比較
◆グラフィックスの性能比較
◆メモリ搭載量について
◆【まとめ】新モデルはSSDやGTX 1050搭載モデルが追加され性能が向上!
 
 



 HP Pavilion 570-p000jp (第7世代インテル)の特徴

HP Pavilion 570-p000jp_IMG_0150_02a_t
 

■HP Pavilion 570-p000jp(第7世代インテル)の特徴
※2017年4月24日より販売開始。製品画像はイメージです。

【外観・デザイン】
・立体的なドットテクスチャ、メタルコーティングが施されたフロントパネル
・はブリザードホワイトのフロントパネル

【性能面】
・第7世代インテル Core プロセッサー(kaby lake)
・インテル H270 チップセット

・SSD搭載モデルは256GB M.2 SSD(PCIe NVMe) + 2TB HDDを搭載
・パフォーマンス(SSD搭載)モデルはNVIDIA GeForce GTX 1050を搭載
・8GB(8GB×1) PC4-19200 (2400MHz) ※最大16GB
・ブルーレイディスクドライブ(BDXL対応)を標準搭載
・内蔵無線LANはIEEE 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2
・180W ATX電源

【使い勝手・機能性・拡張性】
・USB Type-C 3.0 × 1を前面に搭載
・オーディオはB&O Playのサウンドテクノロジー(最大5.1チャンネルオーディオ対応の外部端子)を搭載
・USB接続のキーボード&マウスが付属(※キーボードレイアウト

【価格・モデル】
価格は記事掲載時点(2017年4月25日)のものです。仕様や価格は予告なく変更される場合があります。

■HP Pavilion 570-p031jp エントリーモデル
¥79,800(税抜)~

■HP Pavilion 570-p052jp スタンダードモデル
¥89,800(税抜)~

■HP Pavilion 570-p053jp スタンダード(SSD搭載)モデル
¥99,800(税抜)~

■HP Pavilion 570-p072jp パフォーマンスモデル
¥99,800(税抜)~

■HP Pavilion 570-p073jp パフォーマンス(SSD、GTX 1050搭載)モデル
¥109,800(税抜)~

【メーカー製品詳細ページ】
◆HP Pavilion 570-p000jp 製品詳細icon
◆HP Pavilion 570-p000jp(スペックPDF)
 
 



 新モデル Pavilion 570-p000jp の主な変更点

525_HP Pavilion 570-p000jp_IMG_0243b


■新モデル Pavilion 570-p000jp と旧モデルPavilion 510-p100jpとの違い
※製品画像はイメージです。

【プロセッサー】
・第6世代(Skylake)から第7世代(Kaby Lake)に変更。
・型番末尾に「T」が付く省電力タイプではなく通常版を搭載。

【チップセット】
・インテル H170チップセット→ インテル H270チップセットに変更。

【メモリ】
・PC4-17000(2133MHz)→PC4-19000(2400MHz)に変更。
・メモリは全モデル8GB搭載。容量のカスタマイズはできません。

【ストレージ】
・SSD搭載モデルは256GB M.2 SSD(PCIe NVMe) + 2TB HDD(5400回転)を搭載。

【グラフィックス】
・パフォーマンス(SSD搭載)モデルはNVIDIA GeForce GTX 1050(2GB, GDDR5)を搭載。

【前面インターフェース】
・USB2.0×2 →USB3.0 × 1、USB Type-C 3.0 × 1に変更。

【オプティカルドライブ】
・ブルーレイディスクドライブ(BDXL対応、DVDライター機能搭載)を搭載。

【拡張スロット】
M.2 x1スロット→M.2 x2スロットに変更。

【内蔵無線LAN】
IEEE802.11b/g/n、Bluetooth 4.0→
IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2に変更。
 
 




 新モデル Pavilion 570-p000jp と旧モデル Pavilion 510-p100jp のスペック比較

新モデル Pavilion 570-p000 はPCパーツのカスタマイズはできませんが、プロセッサーやストレージ、グラフィックスの構成が異なる6モデルが用意されています。モニター、オフィスソフト、保証などは購入時にカスタマイズが可能です。


新旧モデルスペック比較
 
100x60_HP Pavilion 510-p100jp_01a
HP Pavilion 570-p000jp NEW!
 
 
100x60_HP Pavilion 510-p100jp_01a
HP Pavilion 510-p100jp(※レビュー
 
価格(※2017年4月28日の時点)
 
【エントリーモデル】
¥79,800(税抜)~

スタンダードモデル
¥89,800(税抜)~

スタンダード(SSD搭載)モデル
¥99,800(税抜)~

【パフォーマンスモデル
¥99,800(税抜)~

【パフォーマンス(SSD搭載)モデル】

¥109,800(税抜)~

【パフォーマンス(GTX1050/SSD搭載)モデル】
¥129,800 (税抜)~
 
【エントリーモデル】
¥57,800(税抜)~

【スタンダードモデル】
¥64,800(税抜)~

【パフォーマンスモデル】
¥79,800(税抜)~

オペレーティングシステム
 
Windows 10 Home(64bit)
 
Windows 10 Home(64bit)
フロントパネルカラー
 
ブリザードホワイト
 
ブリザードホワイト
プロセッサー
 
【エントリーモデル】
Core i3-7100

【スタンダードモデル】
Core i5-7400

【パフォーマンスモデル】
Core i7-7700
 
【エントリーモデル】
Core i3-6100T

【スタンダードモデル】
Core i5-6400T

【パフォーマンスモデル】
Core i7-6700T
チップセット
 
インテル H270 チップセット
 
インテル H170 チップセット
プロセッサー冷却方式
 
空冷クーラー
 
空冷クーラー
メモリ
PC4-19200 (2400MHz)
8GB(8GB×1)
※最大16GBをサポート
 
【エントリーモデル】
PC4-17000(2133MHz)
4GB(4GB×1)
※12GBにカスタマイズ可

【スタンダードモデル】
8GB(8GB×1)
※16GBにカスタマイズ可

【パフォーマンスモデル】
8GB(8GB×1)
※16GBにカスタマイズ可
 
メモリスロット
 
2スロット(DIMM)
 
2スロット(DIMM)
ストレージ
 
【エントリーモデル】
1TB HDD (SATA, 7200回転)

【スタンダードモデル】
2TB HDD (SATA, 7200回転)

【スタンダード(SSD搭載)モデル】
256GB M.2 SSD(PCIe NVMe)
+ 2TB HDD (5400回転)


【パフォーマンスモデル】
2TB HDD (SATA, 7200回転)

【パフォーマンス(SSD搭載)モデル】
256GB M.2 SSD(PCIe NVMe)
+ 2TB HDD (5400回転)


【パフォーマンス(GTX1050/SSD搭載)モデル】
256GB M.2 SSD(PCIe NVMe)
+ 2TB HDD (5400回転)

 
1TB HDD (7200回転)
※エントリーモデル
※スタンダードモデル

2TB HDD (7200回転)
※パフォーマンスモデル
増設用ストレージ(2nd)
 
ブルーレイディスクドライブ
(BDXL対応、DVDライター機能搭載)
(ウルトラスリム)

 
DVDスーパーマルチドライブ
(ウルトラスリム)
サウンド
 
ALC3863-CG
HighDefinition Audio準拠
チップセット内蔵
5.1チャンネルオーディオ対応
 
ALC3863-CG
HighDefinition Audio準拠
チップセット内蔵
5.1チャンネルオーディオ対応
グラフィックス
 
インテル HD グラフィックス 630

NVIDIA GeForce GTX 1050
パフォーマンス(グラフィックス/
SSD搭載)モデルのみ

 
インテル HD グラフィックス 530
拡張スロット
 
PCI Express x16×1スロット
M.2 x2スロット
 
PCI Express x16×1スロット
M.2 x1スロット
ドライブベイ
 
ウルトラスリムベイx1
3.5インチ/2.5インチ兼用×1
 
 
ウルトラスリムベイx1
3.5インチ/2.5インチ兼用×1
 
ネットワークコントローラー
 
10/100/1000 Mbps
オンボードネットワークコネクション
 
10/100/1000 Mbps
オンボードネットワークコネクション
内蔵無線LAN
 
IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2

 
IEEE802.11b/g/n
Bluetooth 4.0
前面インターフェイス
 
USB3.0 × 1
USB Type-C 3.0 × 1

メディアカードリーダー×1
ヘッドフォン出力/
マイク入力コンボポート×1
 
USB2.0×2
メディアカードリーダー×1
ヘッドフォン出力/
マイク入力コンボポート×1
背面インターフェイス
 
USB3.0×2、USB2.0×2
ライン出力×1
ライン入力×1
マイク入力×1
 
 
USB3.0×2、USB2.0×2
ライン出力×1
ライン入力×1
マイク入力×1
 
サイズ(幅×奥行き×高さ) / 質量
 
約164×322×322 mm
約 5.3 kg
 
約164×322×322 mm
約 5.3 kg
電源
 
180W ATX電源
 
180W ATX電源


 
 プロセッサーの性能について

525_Core i7-7000_プロセッサー性能比較_02

新モデルPavilion 570-p000jpと旧モデルのPavilion 510-p100jpは、いずれも第7世代のインテルプロセッサー(Kaby Lake)を搭載。新モデルは型番末尾に「T」が付く省電力タイプではなく通常タイプを搭載しているので、TDP(消費電力の目安)は少し高くなりますが性能も向上しています。

■Core i7-7700 (3.6 ‐4.2GHz / 4コア8スレッド, TDP 65W)
ハイパースレッディング・テクノロジーを搭載し、動画のエンコードやフォトショップのような画像処理ソフトで高い性能を発揮します。

■Core i5-7400 (3.0 - 3.5GHz, 4コア4スレッド, TDP 65 W)
インターネットやメール、オフィスソフトなどの用途では十分な性能ですが、動画のエンコードのようなマルチスレッド性能が要求される処理では、上位のCore i7-7700と比較すると少し性能差があります。

■Core i3-7100 (3.9GHz, 2コア4スレッド, TDP 51 W)
インターネットやメール、文書作成、動画の視聴、オフィスソフトなどの用途では十分な性能ですが、コアの数が少ないのでマルチスレッドのスコアはCore i7-7700の半分くらいになります。動画のエンコードでは非力さを感じるかもしれません。
 
【関連記事】
◆日本HPのデスクトップPC「プロセッサー性能比較表」
 
プロセッサー名ベース周波数コア数キャッシュ
Intel Core i7-7700
◆製品仕様
3.6 GHz48 MB
最大周波数※スレッド数TDP
4.2GHz865 W
 ※最大周波数・・・ターボ・ブースト利用時
 
 
プロセッサー名ベース周波数コア数キャッシュ
Intel Core i5-7400
◆製品仕様
3.0 GHz46 MB
最大周波数※スレッド数TDP
3.5 GHz465 W
 ※最大周波数・・・ターボ・ブースト利用時
 
プロセッサー名ベース周波数コア数キャッシュ
Intel Core i3-7100
◆製品仕様
3.9 GHz23 MB
最大周波数※スレッド数TDP
-451 W
 ※最大周波数・・・ターボ・ブースト利用時


 
 グラフィックスの性能について

525_デスクトップPC_グラフィックス性能比較_170427_gtx1050_d

■NVIDIA GeForce GTX 1050
デスクトップPC向けのゲーム用グラフィックスカードで、パフォーマンス(グラフィックス/SSD搭載)モデルにのみ搭載されています。PassMarkのベンチマークテストでは、OMEN by HP Desktop 870(※製品特徴・性能について)に搭載されているGTX1080の約40%、GTX1070の約44%、Radeon RX 480の約60%くらいの性能になります。

GTX 10シリーズの中ではローエンドのグラフィックスなので、GTA5のようなゲームをより高画質・高フレームレートでプレイしたいのなら、OMEN by HP Desktop 870を検討してみても良いかもしれません。


■インテル HDグラフィックス 630
ゲーム向けではありませんがインターネットや動画の視聴などの用途では十分な性能です。第7世代のインテル Core プロセッサー(kaby Lake)に搭載されているビデオエンジンは、第6世代よりも動画を処理するハードウェアの機能が向上し4K HEVC 10-bitビデオのデコード/エンコードなどに対応しています。

【関連記事】
◆日本HPのデスクトップPC「グラフィックス性能比較表」
◆OMEN by HP 870(GTX 1080)の性能・消費電力を検証!
◆HP Pavilion 510-p171jp(インテル HDグラフィックス 530)の性能・消費電力を検証!


 
 メモリ搭載量について
400x146_メモリー_140317_01a

HP Pavilion 570シリーズはPC4-19200 (2400MHz) のメモリを搭載しています。全モデル8GBで容量のカスタマイズはできません。

8GBのメモリは、インターネットや動画の視聴、オフィスソフトなどの用途なら十分な容量です。画像処理の場合は使い方次第になりますが、画像サイズがA4程度でレイヤーを多用しないのなら作業可能な容量です。

スペックPDFではメモリは最大16GBまでサポートされていますが、メモリを自分で交換・増設する場合は保証対象外となります。

【参考記事】
◆パソコンにどれくらいメモリを搭載すればよいのか?


 
 【まとめ】新モデルはSSDやGTX 1050搭載モデルが追加され性能が向上!

525_HPデスクトップ_新旧モデル比較_Pavilion 570-p000jp_01a

 
新モデルのHP Pavilion 570シリーズは、旧モデルのPavilion 510シリーズよりも性能面で大きく進化しました。

プロセッサーやメモリ、ストレージなどのカスタマイズはできませんが、PCの起動や操作時のレスポンスが速いSSD搭載モデルや、ゲーム向けのGeForce GTX 1050を搭載したモデルが用意され、用途に応じた選択肢が増えました。

前面にUSB Type-C 3.0 × 1を搭載しているのでインターフェース部分が少し異なっていますが、フロントパネルや筐体のデザインは基本的に旧モデルと同じです。

旧モデルは型番末尾に「T」が付く省電力タイプのプロセッサーを搭載していたのですが、新モデルは通常タイプのプロセッサーを採用しWave 600シリーズ(※実機レビュー)との差別化が図られています。
 
 
【メーカー製品詳細ページ】
◆HP Pavilion 570-p000jp 製品詳細icon
◆HP Pavilion 570-p000jp(スペックPDF)
 
【HP Pavilion 570-p000jp サポート】
◆ドライバー・ユーザーガイド・トラブルシューティング
◆HP Pavilion 570-p000jp(アップグレードガイドPDF)
◆マザーボードの仕様(570-p072jp)



■レビューについて
※商品仕様/価格については2017年4月29日時点のものです。
※製品仕様やPCパーツのメーカーは販売時期により変更になる場合があります。
※温度や消費電力の測定値は目安です。使用状況や環境によって変わります。
※できるだけ客観的にレビューしようと心がけていますが、実際の商品を見たり使用したときの感じ方には個人差があります。
※イラストはイメージです。実際の製品とは異なる場合があります。

テーマ : デスクトップパソコン
ジャンル : コンピュータ

お気に入りパソコン.com

◆ホームへ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
プロフィール

お気に入りパソコン.com

Author:お気に入りパソコン.com
長年Macを使ってきましたが、性能面やOSのサイクルが早く安定した環境が構築しにくいなど、次第にMacに対する不満が募り、2011年の秋にメインの作業環境をWindowsPCに移行しました。現在はWindows派で日本HPのデスクトップ、ノートPCを使用しています。

◆免責事項
ブログに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。本ブログの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
【レビュー】HP アクセサリー
250x120_OMEN by HP Gaming Mouse_170113_01b

250x120_HP Z5000 Bluetooth マウス_170113_01c

250x120_HP Spectre レザークラッチバック_170113_01c

250x120_HP プレミアムバックパック_170113_01b

CPU/GPU性能比較表
CPUオーバークロックツール
250_CPUオーバークロックツール
「インテル XTU」は、ソフトウェアでCPU倍率設定や電圧などを細かく調整することができるCPUオーバークロックツールです。

■Core i7-5820Kをオーバークロック!
ウォッチドッグス2(Watch_Dogs2)
250_WatchDogs22016-12-03t.png
ゲーミングPCでウォッチドッグス2プレイ中のフレームレートを計測!

■Watch_Dogs2の推奨スペック
■Core i7-6700HQ,GTX 1070 Laptop
Grand Theft Auto V
F1 2016
F1 2016 ベンチマーク
「F1 2016」のベンチマークでフレームレートを計測!

■推奨スペック&ベンチマーク(GTX1080,GTX1070,GTX1060)
FF14『蒼天のイシュガルド』
250_ffxiv-heavensward-bench rogo
ファイナルファンタジーXIV『蒼天のイシュガルド』のベンチマークです。ゲーミングPCのスコアを掲載しています。

■FF14『蒼天のイシュガルド』ベンチマーク
ザ・シムズ 4 (The Sims 4)
ザ・シムズ 3 (The Sims3)
Xbox Elite ワイヤレス コントローラー
【Windows 10】タッチキーボードの無効化
★注目記事ピックアップ
日本HPの7%OFFクーポン!
250_HP Spectre x360 クーポン_170601_01a
お気に入りパソコン.com QRコード
QR
日本HP個人向けパソコンで使えるクーポン
250_HP個人向け 7%OFFクーポン_170621_spectre x360_01b

当サイトでは、日本HP公式オンラインストアで使える【割引クーポン】をプレゼントしています!

当サイトを経由して日本HPの個人向けパソコンを10万円以上(税抜)購入すると通常価格より7%オフ!。実施期間は 2017年6月30日(金)まで。

◆特別クーポンの詳細・取得はこちらから
日本HP法人向けパソコンで使えるクーポン
250_HP法人向け 7%OFFクーポン_170601_01b
日本HPのお得なキャンペーン!
250x100_デスクトップPCキャンペーン_01a
日本HPでは、デスクトップPC、ノートPCのお得なキャンペーン実施中です!

【日本HP公式ストア】
◆デスクトップPCキャンペーン!icon
◆ノートPCキャンペーン!icon
◆HPプレミアム下取りサービス icon
◆オリコ分割金利手数料0%キャンペーン icon
◆学割キャンペーン icon
【法人向け製品】HP Elite Slice
パフォーマンスモデル販売再開!
Spectre アクティブペンの販売開始!
最新 Spectre シリーズ徹底比較
【注目製品】新型HP Spectre x360
【アンケート実施中!】
HP Spectre x360 vs MacBook Pro
◆美しく丈夫なプレミアムPC
日本HPプレミアムイベント
【レビュー】HP Pavilion Wave 600-a100jp
【レビュー】HP Spectre 13-v100
OMEN X by HP Desktop 900
【レビュー】OMEN by HP Desktop 870
【レビュー】OMEN by HP 17-w100
【レビュー】HP Pavilion 27-a170jp
【レビュー】HP Pavilion Wave 600
【レビュー】HP Pavilion 510-p171jp
【レビュー】HP Pavilion 24-a100jp
【レビュー】HP ENVY15-as100
【レビュー】HP EliteBook Folio G1
【レビュー】HP Elite x2 1012 G1
【レビュー】HP EliteDesk 800 G2
250_EliteDisk 800 G2_レビュー160418_01a
日本HPの法人向け超小型デスクトップPC「HP EliteDesk 800 G2 DM/CT」の実機レビューです。

◆外観・内部のレビュー
◆性能・消費電力を検証(i3-6100T)
ストレージの増設